0011387920_10

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DAVE KERZNER : STATIC】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DAVE KERZNER !!

DKB-Band-Shot-for-CTTE17-1-800x500

One Of The Most Creative Artists In The Progressive Rock World Now, Dave Kerzner Becomes A Bridge From Retro to Modern, With His Most Ambitious Work, “Static” !!

DISC REVIEW “STATIC”

レトロとモダン、そして米国と英国の架け橋を演ずる、マイアミのプログレッシブコンダクター Dave Kerzner が濃密なるロックオペラ “Static” をリリースしました!!”アクセシブル” を座右の銘とする天分豊かなコンポーザー/マルチプレイヤーは、現代社会の混沌と真なる幸福の追求をそのキャッチーなサウンドデザインで雄弁に語り尽くします。
近年のプログシーンで、Dave ほど八面六臂な活躍を見せるタレントはいないでしょう。Steven Wilson のマスターピース “Grace For Drowning” にサウンドデザインで貢献し、Steve Hackett の “Genesis Revisited II” にも参加。その GENESIS、Phil Collins の息子 Simon Collins と結成した SOUND OF CONTACT でベストニューカマーを受賞する一方、MOSTLY AUTUMN の才媛 Heather Findlay と結成した MANTRA VEGA でも高い評価を勝ち取ります。
何より、亡き Keith Emerson もゲスト参加した 2014 年のソロデビュー作品 “New World” で提示した壮大なコンセプトと世界観、美麗なメロディーと緻密なデザインは、多くのプログロックファンを魅了したのです。
二年の月日を経て届けられた新作ソロアルバム “Static” も同様に近未来の重厚なコンセプトを内包しています。ただし、”New World” が砂漠化した世界での冒険譚、躍動する物語であったのに対して “Static” はより人間の内面へと深くフォーカスしているのです。
Dave は短絡的かつ享楽的な SNS や TV、ドラッグやアルコールに捌け口を求める現代社会を嘆き、 「最近は誰もが自分が正しいと思う傾向があって、とにかく自分の意見を主張するね。僕たちすべてが偽善者であることも、不快な真実の一つだよ。僕だって時には偽善者だし。それはほとんど不可避なことに思えるよ。」 とその混沌を自らの罪も交えて語ります。しかし同時に、その事実を認識し、日常生活のバランスを考慮することから幸福の価値を変えていこうとも提案しているのです。
妖しくも印象的なプレリュードで幕を開けるアルバムは、”Hypocrites” で人間のエゴイスティックな内面を露わにします。オルタナティブなエッジとダークなムードはまさにアルバムの皮肉なコンセプトを体現し、同時に甘美で気怠いメロディーがリスナーをディストピア “遊園地の街” へと誘います。
Dave Gilmour が憑依したかのような Kerzner のボーカルに、幾重にもコーラスをレイヤーする巧みな手法は Alan Parsons にも似て、まるで砂糖のコーティングの如くスイートでスーパーキャッチーな瞬間をもたらしていますね。
Dave のピアニストとしての実力が遺憾無く発揮された “Static”, “Trust” では、彼のソフィスティケートされた作曲術、スキルが自身の理想と呼応し見事に開花しています。あくまでプログロックの枠組みの中で “アクセシブル” 受け入れ易い音楽性や歌詞に拘るコンポーザー Dave Kerzner は同時に、アルバムを映画に見立てて全体のムードにプライオリティーを置くある意味ディレクター的なポジションをも兼ねています。
「実際、より明るく高揚した楽曲を何曲か、ただフィットしないからという理由で外さなければならなかったくらいさ。」 と語る通り、音楽監督が望んでメランコリックな一面を強調した美麗なる調べのバラードは、アルバムを一つのアートと捉えた GENESIS や PINK FLOYD の創造性と Steven Wilson や ANATHEMA のアトモスフィア、そしてコンテンポラリーなメインストリームの魅力を同時に従えシーンの過去と現在の架け橋となっているのです。勿論、チェロを効果的に使用したドリーミーな “Trust” では特に John Lennon へのリスペクトが深い愛情と共に表層化していることも記しておくべきですね。
同様に、BIG BIG TRAIN の Nick D’Virgilio と GENESIS の Steve Hackett がゲスト参加した “Dirty Soap Box” は顕著ですが、アルバムを通してエレクトロニカサウンドやノイズを縦横無尽に張り巡らせ、効果的にディストピアを演出するそのアイデアからも彼の豊かなイマジネーションを感じ取ることが出来るのです。
75分の壮大なるプログレッシブオペラは、17分に及ぶラストエピック “The Carnival of Modern Life” でその幕を閉じます。よりカオティックに “Hypocrites” のテーマへと回帰する実にプログロックらしいこのクローザーを聴けば、メロディー、ハーモニー、オーケストレーション、ダイナミズム、そしてエモーションをどれ一つ欠くことなく細部にまで情熱と知性を注ぐ Dave の類稀なる才能が伝わるはずです。「僕は現実を砂糖でコーティングするような真似はあまりしたくないんだ。」と語る Dave の音楽はどこまでも真摯で正直にその進化を続けていくのです。
今回弊誌では Dave Kerzner にインタビューを行うことが出来ました。様々な音楽プロジェクトを抱えながら、二つの会社で CEO を務める多能な才気。どうぞ!!

a0129160493_10

DAVE KERZNER “STATIC” : 9.9/10

INTERVIEW WITH DAVE KERZNER

Dave-Kerzner

Q1: Hi, Dave! This is the first interview with you. First of all, could you tell us about yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【DAVE】: I’ve been a musician since I was 7 years old starting off on the piano and eventually playing guitar and singing. I grew up listening to bands like Genesis, Yes, Pink Floyd, ELP, The Police, Led Zeppelin, The Beatles and other classic and progressive rock. I had a great record collection. At age 14 my parents bought me my first synthesizer and I started my own garage band and often played with musicians 10 years older than me. I haven’t stop playing rock music since then.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドについて話していただけますか?

【DAVE】: 僕は7歳の時からミュージシャンを続けているんだ。まずはピアノを始めて、だんだんとギターをプレイしたり、歌ったりするようになったんだよ。クラッシックロックやプログロックを聴いて育ったんだ。GENESIS, YES, PINK FLOYD, ELP, THE POLICE, LED ZEPPELIN, THE BEATLES のようなね。最高のレコードコレクションを持っていたなあ。
14歳の時に、両親が初めてのシンセサイザーを買ってくれたから、ガレージバンドを始めて、よく10歳も年上のミュージシャンたちとプレイしていたんだ。それ以来、僕はロックをプレイすることを止めたことがないね。

Q2: You are really multi-talented musician. What inspired you to start instruments like keyboard, drums, guitar and composition? I feel Genesis and Pink Floyd seemed to influenced you somehow, but who was your musical heroes at that time?

【DAVE】: Thank you! I always loved rock music even when I was young so I knew I wanted to be in a rock band at an early age. When I saw Tony Banks of Genesis surrounded by keyboards as well as other bands like Yes and Kansas, I decided I wanted to be a keyboardist myself with every cool keyboard they had. I also love acoustic guitar oriented music like CSNY, America, Nick Drake and others so that was my inspiration to play acoustic guitar. I’ve always liked the production of bands like Pink Floyd and Alan Parsons Project so that inspired me to want to be a producer. My musical heroes were the musicians of these and other bands. People like Tony Banks, Steve Hackett, Peter Gabriel, David Gilmour, Keith Emerson, Greg Lake, John Wetton and many more.

Q2: お話にも出ましたが、あなたはマルチな才能を持った偉大なアーティストです。シンセサイザーやギター、作曲を始めるきっかけとなった当時のヒーローを教えてください。

【DAVE】: ありがとう!僕は幼い時から、いつだってロックを愛して来たんだ。だから、その頃からロックバンドでプレイしたいと思っていたんだよ。YES や KANSAS, それに GENESIS の Tony Banks がキーボードに囲まれているのを見た時に、僕はキーボーディストになろうと決めたんだ。彼らの持っているキーボードを全部集めてやろうってね。同時に僕は、アコースティックギターをベースとした音楽も大好きなんだ。CSNY, AMERICA, Nick Drake なんかだよ。そういった音楽が僕がアコースティックギターをプレイするきっかけとなったね。
後は、PINK FLOYD とか ALAN PARSONS PROJECT のプロダクションはいつだってお気に入りで、僕をプロデューサーになりたいと思わせてくれたね。
だから僕のヒーローはそういったミュージシャンたちだったね。Tony Banks, Steve Hackett, Peter Gabriel, David Gilmour, Keith Emerson, Greg Lake, John Wetton みたいな人たちだよ。

Q3: You look so busy, because you have three musical projects, Dave Kerzner, Sound of Contact, and Mantra Vega. Also, you are CEO of Sonic Reality INC. I think Sonic Reality INC is very important company for music scene. Could you please talk about Sonic Reality?

【DAVE】: It’s true I am busy. I do have many musical projects but some projects are just an album without ongoing work. Mantra Vega was that kind of project whereas Sound of Contact is currently making a new album and that’s a lot of work to do just on the heals of releasing my latest solo album. Sonic Reality is a sound development company that has created sounds for most of the major keyboard and software instrument manufactures over the years. We also create products with some legendary musicians and producers including one called “Nick Mason Drums”, a recorded/sampled drum library that I used on the title song of my new album “Static”. For that product I recorded Nick Mason of Pink Floyd in the studio with Alan Parson. That itself was a dream come true for me to work with some of my heroes. Through Sonic Reality, and another company called IK Multimedia, I’ve had the chance to work with all sorts of artists and bands like Genesis which was another dream of mine. That led to me meeting Phil Collins’ son Simon and that turned into is forming Sound of Contact! We’ve also recorded people like Neil Peart of Rush, Billy Cobham, Terry Bozzio and many more.

Q3: Dave Kerzner, SOUND OF CONTACT, MANTRA VEGA。あなたは三つのバンドに所属する傍らで、Sonic Reality INC の CEO を務めています。とても忙しそうですね?

【DAVE】: 本当にね。とても忙しいよ。確かに僕は沢山のプロジェクトを抱えているけど、そのいくつかは進行中ではなくアルバムだけのものなんだよ。MANTRA VEGA はまさにそういったプロジェクトだったね。一方で SOUND OF CONTACT は現在新作を制作中で、僕のソロアルバムのリリースとも相まって仕事が沢山あるんだよ。
Sonic Reality はサウンドデベロッピングカンパニー。何年もメジャーなキーボードやソフトウェア楽器のマニュファクチャラーへサウンドを提供して来たんだ。
僕たちは他にも、伝説的なミュージシャンやプロデューサーの製品も作っているんだよ。新作のタイトルソング “Static” でも使用したドラムサンプルのライブラリーは、”Nick Mason Drums” と呼んでいるんだ。この製品のために、僕は Alan Parsons と共にスタジオで、 PINK FLOYD の Nick Mason のプレイをレコーディングしたんだよ。僕のヒーローたちと仕事が出来たんだから、まさに夢が叶ったとも言えるね。
Sonic Reality, そして別会社の IK Multimedia での活動を通して、僕は様々なアーティストやバンドと仕事をして来たんだ。GENESIS との仕事はもう一つの夢が叶った瞬間だったね。
そして GENESIS との仕事は、Phil Collins の息子である Simon との出会いにも繋がったんだよ。そこから SOUND OF CONTACT の結成へと進んだ訳さ!僕たちは他にも、RUSH の Neil Peart, Billy Cobham, Terry Bozzio といった人たちと仕事をして来たんだんだ。

Q4: Let’s talk your fantastic new record “Static”. Definitely, It’s a perfect “progressive rock opera”. The words in the artwork “Fake News Station”, “Faceboot Camp” is typically, “Static” seems to be about the chaos in everyday life, modern society. Do you agree that?

【DAVE】: Thank you. Yes that’s the theme of the concept album and each song tells a different story of how this clutter and noise interferes with our happiness and well being individually or in society today. The artwork of the album, which was a collaboration with Ed Unitsky, depicts a carnival city of a dystopian not-so-distant future. Everyone is walking around with TV set heads with static on them and holding some sort of additional distracting device such as a smart phone. All sorts of characters and images on the front and back cover relate to the songs on the album. There’s a bit of dark humor and sarcasm throughout the album and also on the cover with certain plays on words like you mentioned and more. Each song deals with a different subject or set of characters and profiles certain personalities. For example, in the song “Reckless” there is a character named “Shady” who is distracted by his need to get a thrill by risking his own life and others in an almost comical tragic way. He likes to get wasted and drive 135 miles per hour in his sports car on the opposite lane so he can “feel alive”. In the song “Millennium Man” we get another character who is the modern day “extreme narcissistic anti-hero” who manages to have fans while being a jerk putting down others and boasting about himself all the time. That too has a bit of dark humor to it as well which was inspired by my former band mate Kevin Gilbert. There’s so much to say about each song but it’s also nice for the listener to make their own interpretations of the music. But, there’s a lot of meaning and “accessible poetry” on the album blended with a wide range of dynamics and moods. I say “accessible poetry” because some progressive rock music is cryptic and so “out there” to the point where you wonder if it’s supposed to actually mean anything. My music is usually something you can relate to yet it’s still told in a creative poetic way.

Q4: では、最新作 “Static” について話ましょう。まさに完璧な “プログレッシブオペラ” ですね!アートワークの “Fake News Station”, “Faceboot Camp” といった言葉が象徴するように、アルバムは現代社会における、日常生活の混沌を表現しているように感じます。

【DAVE】: ありがとう。まさにそれこそがこのコンセプトアルバムのテーマだよ。各楽曲は、今日の社会における混乱と騒音がいかに僕たちの幸せや自己実現を妨げているのかについて別々のストーリーで語っているんだ。
Ed Unitsky とのコラボレートで生まれたアートワークは、遠くない未来のディストピア、遊園地の街を描いているんだよ。みんなが電源の入ったテレビのヘッドセットで歩いているね。それでいて、手には気晴らしのためのスマホなんかを持っているんだ。つまり、アルバム全体には、ダークなユーモアや皮肉が散りばめられているんだよ。それにアートワークには君が指摘したような言葉遊びも描かれているしね。
それぞれの楽曲は、異なる題材を扱い、キャラクターを提示しそのパーソナリティをプロファイルしているよ。例えば “Reckless” では、”Shady” というキャラクターなんだけど、彼は自分の命を危険に晒すようなスリルで気晴らしをしているんだ。135マイルで反対車線をスポーツカーでぶっ飛ばしてはじめて生きていると実感する訳さ。
“Millennium Man” では別のキャラクターが、”究極のナルシズムアンチヒーロー”を演じているよ。ワガママでいつも自分の自慢ばかりすることが楽しみな男さ。前のバンドメイト Kevin Gilbert にインスパイアされた少しダークなユーモアだね。
まあ、他の楽曲にも言及したいけど、リスナーが独自の解釈をするためのスペースも残して置かないとね。
ただ、幅広いダイナミクスとムードをブレンドしたアルバムには、多くの意味と “アクセシブルな詩”があるよ。僕が “受け入れ易い歌詞” と言うのは、プログレッシブなロックミュージックには秘密的で、本当に何を意味するのか疑問に思う歌詞が多いからなんだ。僕の音楽は、基本的に共感しやすいと思うからね。とは言え、それでも創造的で詩的な方法を取っているけどね。

12963700_1399855753374019_9145286432739349299_n

Q5: Sometimes ethereal, sometimes dark, sometimes atmospheric, sometimes heavy. “Static” have very rich, deep and epic world. But on the whole, I feel “Static” is darker, heavier, and more melancholic than your previous release “New World”. Does the dark mood reflect the theme or story of “Static”?

【DAVE】: Yes that’s true it is darker and actually I had to take a few songs off the album that were more cheerful and triumphant sounding which just didn’t fit. I look at a concept album a bit like a movie. There’s a vibe, an atmosphere, a message, a story or group of stories with a common thread. I care a lot about the “album listening experience” and what it has to offer the listener as a whole as well as from individual songs. Overall, you could definitely say it’s a bit more dark, heavier and cynical than I’ve done before. But, it’s also just very honest about the state of things today which we have to admit are quite chaotic. I didn’t want to sugar coat reality too much. I want people to be honest with themselves and realize we’re all distracted and bombarded with chaos daily through either social media, television, news, politics, relationship dramas, alcohol or drugs, technology or even just the clutter of thoughts in our heads. Also, everyone tends to think they’re right these days and preaches their point of view. It’s also an uncomfortable truth that we’re all hypocrites. Even I’m a hypocrite sometimes. It’s almost unavoidable. But, being aware of these things is the first step toward shifting the balance so day to day life is more in the favor of your individual and our mutual happiness.

Q5: 歌詞とリンクするように、その音楽性も前作 “New World” よりヘヴィーでメランコリックになっていますよね?

【DAVE】: うん、その通りだよ。このアルバムはよりダークな作品さ。実際、より明るく高揚した楽曲を何曲か、ただフィットしないからという理由で外さなければならなかったくらいさ。僕はコンセプトアルバムを少し映画のように考えているんだよ。そこには共通のヴァイブや雰囲気、メッセージ、ストーリーが存在するからね。僕は “アルバムを通して聴く体験” を重要視しているし、だからこそ個々の楽曲にも増してアルバム全体をリスナーへと届けたいんだよ。
君が言うように、”Static” は以前より間違いなくよりダーク、ヘヴィーでシニカルなアルバムだよ。だけど同時にとても正直な作品だよ。今日の世界は非常にカオティックだと認めざるを得ないからね。僕は現実を砂糖でコーティングするような真似はあまりしたくないんだ。
僕たちは SNS, TV, ニュース、政治、ドラマ、アルコールやドラッグ、テクノロジーに、自分自身の頭の中でさえ、混沌とした日常を暮らして気晴らしや発散をしているね。僕はその事実をみんなに正直に受け入れて欲しいんだ。
また、最近は誰もが自分が正しいと思う傾向があって、とにかく自分の意見を主張するね。僕たちすべてが偽善者であることも、不快な真実の一つだよ。僕だって時には偽善者だし。それはほとんど不可避なことに思えるよ。
だけどね、これらのことを認識することはバランスを変えるための第一歩なんだ。つまり、日々の生活は、個人のそして相互の幸福にとってより重要なんだよ。

Q6: From nostalgic, classic rock/prog sounds to modern alternative rock edges, electronic soundscape. Musically, “Static” is wide and diverse record. Also sound wise, Static (Hi Res 24 Bit 96K Edition) is prepared. When you were in writing process, what was your perspective about the balance between nostalgia and modern?

【DAVE】: I think some of the best rock albums ever made were done in the 60s, 70s and early 80s. So, I like to keep some of the qualities I love about that music alive through my music where I balance a “vintage/retro sound” with a more modern alt rock or mainstream kind of sound. I’m actually more eclectic than that because I’ll pool from classical and film score influences as well as ambient music, folk, jazz and other styles to use as the vehicle for my stories and musical expression. To me, these styles and sounds are all ingredients I can use to cook up something new that has a balance between comfortable familiarity and something fresh you’ve never heard before in this particular way. Sometimes I sound very close to my influences, especially Pink Floyd and Genesis. But, those are just sonic flavors I like to use in new original songs that hopefully bridge listeners who love those bands to a new generation of music they can enjoy. There’s always a blend of these things so there’s never actually a song that’s too close to what any of my influences would have done on their own. That mix of recognizable and new exploratory styles and sounds combined with a new unique lyrical message is what characterizes my music for the most part.

Q6: ノスタルジックなクラッシックロックの暖かみ、オルタナティブでモダンなエッジ、エレクトロニカのサウンドスケープ。多様な音楽性を誇る “Static” で、レトロとコンテンポラリーのバランスについてはどう配慮しましたか?

【DAVE】: 僕は、ベストなロックアルバムのいくつかは60年代から80年代の初めにかけて作られたと思っているんだ。だからそういった愛する作品のクオリティーを僕の音楽にも生かせたらと思うよ。ただ、レトロなサウンドと、よりモダンなアートロックやメインストリームのサウンドとバランスを取りながらね。
実際の僕はもっとエクレクティックなんだよ。アンビエント、フォーク、ジャズと同様に、クラッシックや映画のサウンドトラックなんかの影響を、僕の物語や音楽表現の “乗り物” として使用するつもりさ。僕にとってこういったスタイルやサウンドは、新たな音楽を作り出すための材料なんだ。慣れ親しんだサウンドとフレッシュな感覚のバランスを取りながらね。
時には僕が受けた影響、特に PINK FLOYD, GENESIS にとても近いサウンドを作ることもあるよ。ただ、そういったサウンドを僕の新たなオリジナルソングの中に響かせることで、フロイドやジェネシスのファンが新世代の音楽を楽しむための架け橋になれればと思うんだ。僕はいつもこれらの要素をミックスしているから、受けた影響のどれかに近すぎる曲は実際にはないんだよ。
認識可能な部分と、新しい探索的なスタイルをミックスしたサウンドを、ユニークで叙情的なメッセージに融合させたものこそが僕の音楽の大部分を特徴づけているよ。

a3641948392_10

Q7: From Pink Floyd, Genesis, to Big Big Train, Porcupine Tree, There have been few albums that such a wonderful musicians got together in the prog history. Could you tell us about the impressions of guest players?

【DAVE】: I’m very fortunate to work with some extremely talented and versatile musicians like Fernando Perdomo who is my main collaborator on both New World and Static. For my solo work, he’s the one I go to the most for guitar, bass and he even played some of the drums on Static. On Static, I also co-wrote some of the music with Fernando, Randy McStine and Derek Cintron through “improvisational band jams” we did together after one of the Cruise To The Edge shows we did. I also have the McBroom sisters, Durga and Lorelei, who sang with Pink Floyd back again on Static as they were a bit part of New World as well. I like to work with my former Thud band mate, Nick D’Virgilio, who to me is one of the best drummers in the world. Another special guest is Steve Hackett of Genesis who has played now on both of my studio solo albums. The amazing thing about Steve is that we work so well together because I’ve grown up being influenced by his music and playing. It’s a very natural fit and we both love working together. There’s a nice cross-generational collaboration I have with various musicians I look up to. I’ve dreamed of working with musicians of this caliber all my life. Now, because of a lot of hard work getting here and earning these musicians’ respect and appreciation for my art, I am able to write and produce albums that I enjoy and can be proud to release to the world.

Q7: PINK FLOYD から BIG BIG TRAIN に PORCUPINE TREE。前作もそうでしたが、ここまで豪華なゲストプレイヤーを起用したアルバムもなかなかないですよね?

【DAVE】: 僕は究極に才能を持ち、多様なミュージシャンたちと仕事が出来て本当に幸せだよ。Fernando Perdomo のようなね。彼は “New World”, “Static” のメインコラボレーターなんだ。僕のソロ作品では、ギターやベースの大半を頼むし、”Static” ではドラムスも時にプレイしてくれたね。Fernando, それに Randy McStine, Derek Cintron とは共作もしているんだ。Cruise To The Edge のショウの後行った “improvisational band jams” を通してね。
PINK FLOYD で歌っていた Durga と Lorelei の McBroom 姉妹も参加しているよ。”New World” にも少し参加していたんだけどね。
THUD のバンドメイトで現在は BIG BIG TRAIN のドラマー Nick D’Virgilio とプレイするのは大好きさ。彼は僕にとって世界でベストのドラマーの一人なんだ。
両方のソロアルバムでプレイしてくれた GENESIS の Steve Hackett はまさにスペシャルゲストだね。僕は Steve の音楽や演奏に影響されて育ったから、本当に彼とは息がピッタリでね。とても自然にフィットするし、お互いに共演するのが大好きなんだよ。
僕のソロアルバムでは、世代を超えて様々な尊敬するミュージシャンとコラボレートする事が出来たね。ずっと夢見て来たからね。沢山のハードワークがあってここまで来られたんだ。僕のアートに対して、遂にこういったミュージシャンたちのリスペクトと賞賛を得られたんだよ。僕は自分が楽しめるアルバムを書き、プロデュースし、世界にリリースすることが出来て誇りに思っているよ。

Q8: So, I also love Mantra Vega’s “The Illusion’s Reckoning”. And you rejoined Sound of Contact in 2015. Is there any plan to release of these two band or another project?

【DAVE】: I collaborated with Heather Findlay as a fun experiment with the goal to make an album with her writing most of the lyrics and me writing most of the music. Since it was different than her solo work, we decided to give it a band name from the beginning and that’s Mantra Vega. But, we’ve never toured as Mantra Vega. She plays those songs with her solo band. I like the album too but I find that I can relate more to an album artistically if I’m writing a majority of the lyrics. So for that and other reasons I don’t think there will be another Mantra Vega album. We consider it a “one off” and it’s a cool novelty as such. It’s a hybrid between the “Sound of Contact keyboardist/songwriter and the ex-Mostly Autumn front woman/lyricist”.
I will be releasing more music that features the rhythm section of Mantra Vega, though, as I’ve recorded a lot with Alex Cromarty and Stuart Fletcher. They also toured with me in Europe and are featured on the “New World Live” album and concert video. The song “Chain Reaction” from my album “Static” was almost on the Mantra Vega album and features the same rhythm section. I felt that song and others that I was planning to sing lead on and wrote the lyrics for were better suited on my solo albums.
Sound of Contact has reformed with the original 4 members who made the album “Dimensionaut”. I’m heading back over to England next week to finish the lyrics with Simon Collins and hopefully record all of the vocals as well! I think we’ll be releasing a new SOC album some time in 2018. But, I’ve also already started on my next solo album and I have at least 4 Sonic Elements tribute albums I’m hoping to release next year as well!

Q8: SOUND OF CONTACT など、他のプロジェクトの予定についても話していただけますか?

【DAVE】: Heather Findlay とのコラボレートは楽しい経験だったね。彼女が歌詞の大半を書き、僕が音楽の大半を書いてアルバムを作ることが目標だったんだ。彼女のソロ作品とは異なっているから、僕たちは最初からバンド名をつけて MANTRA VEGA としたんだよ。だけど MANTRA VEGA としてツアーを行ったことはないんだ。彼女はソロバンドであの作品の楽曲をプレイしているよ。僕もあのアルバムは気に入っているんだけど、もし僕が歌詞の大半も書いていたら、もっとアルバムにアーティスティックに関われていただろうと思うんだ。そんな理由もあって MANTRA VEGA のアルバムはもう出ないと思う。
僕たちは MANTRA VEGA を1度きりだと考えているし、まあクールな記念品のような感じだよ。つまり、SOUND OF CONTACT のキーボード/ソングライターと、MOSTLY AUTUMN のフロントウーマン/作詞家のハイブリッドだったんだよ。
だけど、MANTRA VEGA のリズムセクションをフィーチャーした作品はもっとリリースする予定だよ。Alex Cromarty, Stuart Fletcher とは沢山レコーディングして来たからね。彼らは僕とヨーロッパをツアーし、”New World Live” のアルバムとDVDでもプレイしているよ。”Static” の “Chain Reaction” はほとんど MANTRA VEGA のアルバムに収録されそうだったんだ。同じリズムセクションをフィーチャーしているよ。この曲や他にも、僕が歌い歌詞を書くつもりになったものは、僕のソロアルバムによりフィットすると感じた訳さ。
SOUND OF CONTACT は、”Dimensionaut” を作った4人のオリジナルメンバーで再編成されたんだ。来週、僕はイングランドへと戻り、Simon Collins と歌詞を仕上げる予定なんだ。出来れば全てのボーカルもね!2018年には新しい SOUND OF CONTACT のアルバムをリリース出来ると思うよ。だけど、僕はすでに次のソロアルバムの制作を始めているんだ。それに少なくとも4枚の Sonic Elements トリビュートアルバムも来年リリースする予定さ!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED DAVE’S LIFE

GENESIS “THE LAMB LIES DOWN ON BROADWAY”

The_Lamb_Lies_Down_on_Broadway-2

PINK FLOYD “THE DARK SIDE OF THE MOON”

220px-Dark_Side_of_the_Moon-2

YES “CLOSE TO THE EDGE”

Yes-close-4

SUPERTRAMP “CRIME OF THE CENTURY”

Supertramp_-_Crime_of_the_Century

TEARS FOR FEARS “THE SEEDS OF LOVE”

Seeds_of_LoveLP

MESSAGE FOR JAPAN

18198534_1923361084356814_5529988551377469568_n

To Japan! I have visited Tokyo before and had an amazing time there. I had sushi at the opera house downtown and a shabu shabu dinner where I ate a live snail. But, I’ve never performed live in Japan. I would love to someday!

日本のみんな!僕は以前東京を訪れたことがあるんだけど、素晴らしい時間を過ごしたよ。下町の歌舞伎座で寿司を食べて、ディナーはしゃぶしゃぶだったな。そこで生きた貝を食べたんだよ。だけど、日本でライブをしたことはないから、いつかやりたいな!

DAVE KERZNER

DAVE KERZNER Facebook Page
DAVE KERZNER Official Site
DAVE KERZNER Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です