Io836tIh

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CyHra : LETTERS TO MYSELF】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JESPER STRÖMBLAD & EUGE VALOVIRTA FROM CyHra !!

CYHRA-05787_preview-768x512

The Term “Supergroup” Is Definitely Justified Here. CyHra Has Just Released Fantastic Debut-full, Modern Metal Bible “Letters to Myself” !!

DISC REVIEW “LETTERS TO MYSELF”

IN FLAMES の崇高と誉を築いた二人の英傑、Jesper Strömblad と Peter Iwers が再び鼓動を重ね共闘を決意した新バンド CyHra。さらに ex-AMARANTHE の Jake E、ex-SHINING の Euge Valovirta、LUCA TURILLI’S RHAPSODY の Alex Landenburg で集成したバンドは、メンバーの過去と未来を率直に投影した “Letters to Myself” でその鮮烈なる月明かりを世界へと降り注ぎます。
Jesper と Peter の再結集に、あの慟哭と扇情の “メロデス” サウンドを期待し望むファンも多いでしょう。しかし、グロウルの存在しない CyHra は当然 “メロデス” ではありません。
勿論、時に Jesper のトレードマークである重厚でメロディックなギターハーモニー、トーン、リフワークは “Colony”/”Clayman” さらにはよりコンテンポラリーな傑作 “Come Clarity” の面影を効果的に感じさせますが、バンドの本質は Jake の伸びやかでエモーショナルな歌声を軸としたウルトラメロディックなモダンメタルに在ります。
実際、近年の IN FLAMES、そして AMARANTHE には不可欠な要素であるエレクトロニカをはじめ、ストリングス、ラップ、バラードなど多様な影響を自然に配したカラフルなアルバムは、メロデスの威風にメインストリームの風格すら携えてフレッシュな未来の息吹を湛えているのです。
オープナー、”Karma” からアルバムはエナジーとインテンスに満ちています。激動のエレクトロビートに Jesper と Euge のハーモニーリフが重なるエキサイティングなキックオフは、”Letter to In Flames” と形容可能なほどに扇情的。同時に、Jake E のキャッチーとエモーションの狭間で揺らぐ伸びやかな歌声は、Iwers/Landenburg の生み出すタイトなリズムとも完璧にシンクロし、Jesper の深いカルマさえも抱きしめて、リスナーの心を揺らしバンドの個性を主張します。
「実際、もうその話はしたくないんだ。だって僕が昔のバンドについて語るたびに、その内容は捻じ曲げられて伝えられるんだからね。」 Jesper が抱える IN FLAMES への想いは複雑でしょう。おそらくは、彼の中のジギルとハイドがせめぎ合っている最中なのかも知れません。故に、”Karma” とはまさに Jesper と Peter 2人が過去のバンドに抱えている”業”であり、この素晴らしきモダンメタルチューンは彼らの業を解き放つ勇壮な決意のステートメントであると信じます。
狂おしいまでにメランコリックな Jake の絶唱が胸を抉る “Heartrage”、Jesper お得意のクリーンギターが冴える “Here to Save You” は、共に静と動の見事なコントラストが北欧らしい澄んだ空気、アトモスフィアに映えるバンドの代名詞的な佳曲。実際、LINKIN PARK のスケール感をも想起させる彼らに、多くのメディアが IN FLAMES と AMARANTHE の “Hybrid Theory” と評する事実にも頷けます。
一方で、バンドは想像以上の驚きをもファンへ届けます。フォルクローレとターンテーブルが出会うパワーバラード “Closure”、ゴシックとエレクトロニカが交差する耽美な双極 “Closure”、オーガニックなストリングスとデジタルサウンドが厳かにに融合する静謐の “Inside a Lullaby”、さらには “Dead to Me” で見せるメインストリーム的なラップ。
「僕たちは、”一次元的” なアルバムは作りたくないんだよ。」 そう Euge は語ります。カラフルに彩られた43分のスペクタクルは、多様=モダンなメタルシーンにおいてバンドの豊潤なる可能性を明瞭に指し示しているのです。
「君は僕たちを葬ろうとしたね。だけど僕たちは最後の一日まで立ち続けるよ。」アルバムを締めくくる日本盤ボーナストラック “Forever” で Jake はそう歌い紡ぎます。ビッグバンドから離れたメンバーが大半を占める CyHra。彼らが過去の自分に送る手紙は、間違いなくその前向きな離脱を後押しするエールでしょう。
今回弊誌では、Jesper & Euge のギターチームにインタビューを行うことが出来ました。「僕たちはただ頭に思い浮かんだ楽曲を書いているだけさ。」 どうぞ!!

COVER-final-europe-CD-web

CyHra “LETTER TO MYSELF” : 9.9/10

INTERVIEW WITH JESPER & EUGE

CYHRA-05969_preview-768x512

Q1: First of all, how did CyHra come to be? It seems natural that you and Peter get together again, but where did the idea of Jake E’s joining come from?

【JESPER】: It started out with me and Jake having a coffee, talking about our dogs. One thing led to another and soon we started to talk about our careers, I started talking about my solo album that has been an idea I’ve had for a long time and I wanted Jake to sing on a song or two.
Jake was apparently going in the same thoughts as he had decided to leave Amaranthe at this point of our meeting.
The funny thing was that he wanted me to play guitar on his album, haha.
One thing lead to the other and we said that isn’t it better if we do an album together then two separate ?
This was on a friday and the Monday after we sat down in Jake’s studio and wrote the first song. It turned out to be “letters to myself” which also got to be the title track of the whole album.

Q1: まずは、CyHra 結成の経緯から聞かせていただけますか? Jesper と Peter の再集結はある意味自然に思えますが、Jake E はどのように加わったのでしょう?

【JESPER】: 実はこのバンドは、僕と Jake がコーヒーを飲みながらお互いの飼い犬の話をしている時に始まったんだよ。そこからあれやこれやで、すぐに僕たちのキャリアの話になったんだ。僕は長い間温めていたソロアルバムのアイデアを話したんだよ。1曲か2曲で Jake に参加して欲しいと思っていることも。
Jake は明らかに僕に同意してくれたようだったよ。なぜなら、あのミーティングの時点で彼は AMARANTHE を離れることを決めていたからね。面白いことに、彼も自分のソロアルバムで僕にギターを弾いて欲しいと思っていたんだ(笑)。
それならば、別々に作るよりも一緒に作った方が良いんじゃない?という事になったんだよ。
あのミーティングが金曜日で、月曜日には Jake のスタジオで最初の楽曲を書いていたよ。そのマテリアルが “Letters to Myself” になって、最終的にはアルバム全体のタイトルにもなったんだ。

Q2: CyHra started four piece, and Euge joined the band later. Why did the band need Euge? And what did Euge think when you heard the offer?

【EUGE】: Since Jesper is mainly a rhythm player he and Jake asked if I could do some leads to the album. They liked a lot what I did and I ended up doing almost all of the leads and doubling Jesper’s rhythm guitars also. And since the guitar arrangements are for two guitars if was quite natural that the guys asked me to play live also and join the band. I was really excited and honoured! And I still am, haha.

【JESPER】: We already knew from the start that we were gonna need a second guitar player live. But our initial idea was to just have it that way. A 5th live player. But Euge used his charm to make us like him too much so we decided pretty early on that he was gonna be a member instead, haha.

Q2: バンドは4ピースとして始まりましたが、後に SHINING に所属していた Euge が加入し5人組になりましたね?

【EUGE】: Jesper は基本的にリズムプレイヤーだから、彼と Jake が僕にアルバムでいくつかリードを弾いてくれないかと頼んで来たんだよ。2人は僕のプレイをとても気に入ってくれてね。結局、アルバムのリードほとんどと、Jesper のリズムに重ねるリフもプレイすることになったんだ。
まあ、もともとアレンジメントはツインギターを想定して書かれていたし、だから彼らが僕にライブの参加やひいてはバンドへの加入も依頼して来たのはとても自然な流れだったね。ただ、僕は本当に光栄に感じたし興奮したよ!今でもそうなんだけど(笑)。

【JESPER】: 僕たちは、最初からライブでもう1本ギターが必要だと分かっていたんだよ。ただ、ライブだけ5人目のメンバーを入れるというのが最初のアイデアだったんだ。
だけど、Euge が魅力的すぎて、僕たちは彼が大好きになってね。だから、早い段階で彼に正式にメンバーになってもらったんだ(笑)。

Q3: I think maybe it’s almost the first band that have no growl for both of you in your professional carriers. How do you feel playing with all clean voice?

【EUGE】: Actually Cyhra isn’t the first at least for me, hehe. I played many years in a band called Suburban Tribe which we called it quits in 2011 and we had all clean singing. We were quite popular in Finland and had a few number one singles and albums. For some reason we never made it big internationally.

【JESPER】: And I used to be in Hammerfall, hahaha. no growls there either, hehe.

Q3: お二人にとって、クリーンボイスのみを使用するバンドは、プロフェッショナルなキャリアにおいてはほとんど初めてだと思いますが?

【EUGE】: 実は CyHra が初めてという訳ではないんだよ(笑)。僕は SUBURBAN TRIBE というバンドで長年プレイしていてね。2011年に解散したんだけどね。あのバンドは全てがクリーンボイスだったんだ。
SUBURBAN TRIBE はフィンランドではとても人気があって、いくつか No.1 シングルとアルバムを生んでいるんだよ。いろいろな理由で国際的にはビッグになれなかったけどね。

【JESPER】: 僕も HAMMERFALL にいたからね(笑)あのバンドもグロウルはなかったよ(笑)。( Jesper はドラムスとして HAMMERFALL を創設するも、アルバムではプレイしていない。)

Q4: Where did your band name CyHra come from? And what inspired you to name your fantastic debut “Letters to Myself”?

【EUGE】: I believe “cyra” means “moon” in Persian and we just added the “h” letter there to make it more unique. I believe Jake came up with the name and the idea. I guess the idea naming our debut “Letters To Myself” came that what a person would say / write to a younger self if it would be possible. We all have made mistakes and acted bad and fought with our demons in the past so like I said; what one could say to younger self to give some guidance, advice etc. At least this is the way I think about this.

Q4: ではバンド名 CyHra、そして記念すべきデビュー作品 “Letters to Myself” のタイトルに込められた意味を教えてください。

【EUGE】: ペルシア語で “Cyra” とは月を意味するんだけど、よりユニークにするため僕たちは “h” の文字を加えたんだ。Jake がバンド名とそのアイデアを思いついたんだったと思うけど。
アルバムのタイトルのアイデアは、もし可能なら僕たちは、過去の若い自分にアドバイスしたり、手紙を書いたりするだろうってこと。
僕たちはみんな過ちを犯すし、悪い態度も取るよね。そうやって、過去の悪魔と戦って来た訳だよ。だから、若い自分に何かしらの導きやアドバイスを出来たらなって思うんだ。少なくとも僕はそう思うよ。

CYHRA-05845_preview-768x512

Q5: So, Jesper, recently you spoke to Metal Wani “To be honest, I think they should actually change the name, because it’s such a huge, huge difference from the beginning”. Adding that, I think In Flames without Jesper is no longer In Flames. And definitely, CyHra have your own melancholy and dynamism. What’s your perspective about that?

【JESPER】: I don’t wanna discuss that actually, Because everytime I say something about my old band it gets twisted out of context.

Q5: 過去の悪魔ではないですが、Jesper が最近 IN FLAMES について語った “彼らは名前を変えた方が良い” という言葉には驚きました。勿論、理解出来る部分も多いですが。

【JESPER】: 実際、もうその話はしたくないんだ。だって僕が昔のバンドについて語るたびに、その内容は捻じ曲げられて伝えられるんだからね。

Q6: So, Euge, you have belonged to Shining for five years until recently. Why did you left the band? And how do you feel about being guitar partner with Jesper?

【EUGE】: I had a great 6 years with the band and I wrote 2 albums (the latest coming out in Jan 2018) with Niklas but I just felt that I wanna do something else. And when this Cyhra thing came I was like “OK this is a thing” ‘cos I had thought about leaving Shining for a while. We’re still good friends with Niklas & the rest of the Shining guys and they understood and supported me when I told them that I’m leaving.
Oh man it’s amazing. In Flames has been one of my favourite bands for many years and I feel blessed & honoured to play with Jesper.

Q6: Euge は最近まで SHINING の一員でしたが、なぜバンドを離れたのでしょう?また、Jesper とギターチームを組むのはどんな気持ちですか?

【EUGE】: 僕は SHINING で素晴らしい6年間を過ごして、Niklas と2枚のアルバムを作ったよ。最新作は来年の1月に出るんだけどね。
だけど、ただ何か他のことをやりたいと感じたんだ。だからちょうど、CYHRA の話が舞い込んで来て、「よし、これをやってみよう。」 って感じだったんだよ。しばらくの間 SHINING を離れることを考えていたからね。
僕と Niklas、そして SHINING の他のメンバーは今でも良い友達だよ。僕がバンドを離れると言った時も、彼らは理解しサポートしてくれたんだから。
Jesper とプレイするのは本当に最高だよ。IN FLAMES は長年僕のフェイバリットバンドの一つだったし、彼とプレイ出来て光栄なんだ。

Q7: CyHra has lot’s of synth or electronic elements. So, lot’s of your fans may think it’s a “Hybrid Theory” between In Flames and Amaranthe. Do you think the expression barely represents the music of CyHra?

【EUGE】: I can’t help what people think about our music but I guess the expression represents us a bit ;-). I mean Jesper & Jake wrote the album’s songs and they’ve written a lot of songs for the aforementioned bands as well. But I honestly think that we have our own unique sound.

【JESPER】: We wrote what came to our heads. And we never had any intentions of mixing the elements. But I have my way of writing and so does Jake.

Q7: CyHra の、シンセやエレクトロニカサウンドをふんだんに散りばめたメランコリックなメタルサウンドは、時に IN FLAMES と AMARANTHE の “Hybrid Theory” などとも例えられていますね?

【EUGE】: みんなが僕たちの音楽をどう捉えようと構わないんだけど、まあその表現は僕たちの音楽を少しだけ表していると思うな(笑)つまり、Jesper と Jake がこのアルバムの楽曲を書いていて、勿論彼らは同時に IN FLAMES と AMARANTHE でも沢山の楽曲を書いていた訳だから。ただ、正直に言って僕たちは独自のユニークなサウンドを持っていると思うよ。

【JESPER】: 僕たちはただ頭に思い浮かんだ楽曲を書いているだけさ。何かの要素をミックスしようなんて初めから考えちゃいないんだ。ただ、僕には僕の作曲術があって、それは Jake も同様なんだよ。

Q8: Musically, “Letters to Myself” is very diverse and rich record. Aspects like strings, rap, ballad should have surprised your fans. Apparently, the band seems to like surprise, right? What kind of surprise is waiting for the next?

【EUGE】: Thanks! We didn’t just wanna do a “one dimensional” album but “diverse and rich” like you said. It wouldn’t be a surprise if we’d tell you, haha. But seriously we haven’t thought about the next album yet since we’re just starting to tour for this one.

Q8: 多様でリッチな “Letters to Myself” には、ストリングス、ラップ、バラードなど数々の素晴らしいサプライズが用意されていました。次はどんな驚きが待っているのでしょうか?

【EUGE】: ありがとう!僕たちは、”一次元的” なアルバムは作りたくないんだよ。君が言うように、”多様でリッチ” なアルバムを創造したいね(笑)
だけど、今言っちゃうとサプライズにならないじゃない?(笑)
まあ、真面目な話、まだ次のアルバムについては考えていないんだ。まだ、このアルバムのツアーが始まったところだからね。

CYHRA-05841_preview-768x512

FIVE ALBUMS THAT CHANGED EUGE’S LIFE

BRUCE SPRINGSTEEN & THE E STREET BAND “LIVE 1975-85”

Bruce_Springsteen_Live_75-85

LYNARD SKYNARD “ONE MORE FROM THE ROAD”

OneMoreFromTheRoad_LynyrdSkynyrdalbum

OZZY OSBOURNE “TRIBUTE”

Tribute_crop

OZZY OSBOURNE “NO MORE TEARS”

Ozzy_Osbourne_-_No_More_Tears

METALLICA “MASTER OF PUPPETS”

Metallica_-_Master_of_Puppets_cover-9

MESSAGE FOR JAPAN

CYHRA-05794_preview-768x512

We met Japanese fans after the our first show and got some really nice presents from them! WOW! That was amazing! We can’t wait to come to your beautiful country and meet all the fans and play there. Domo arigato! (Euge)

I can’t wait to come back to Japan soon enough! I have always loved Japan and I am so excited to come play the Cyhra songs for you guys! I hope it will be soon! (Jesper)

ヘルシンキで行った僕たちの最初のショウには遠く日本からファンが来てくれて、本当に素敵なプレゼントを手渡してくれたんだ!凄いね!信じられないよ!だから、僕たちは君たちの美しい国へ行って、ファンのみんなに会い、プレイするのが待ちきれないんだ!どうもありがとう!(Euge)
早くまた日本に戻るのが待ちきれないね! 僕はいつも日本を愛して来たから、君たち日本のファンの前で CyHra の楽曲をプレイ出来るのはとても興奮するよ!きっとすぐ行くよ! (Jesper)

JESPER & EUGE

CyHra Facebook Page
CyHra Official Site
CyHra Instagram
SPINEFARM RECORDS Facebook Page
SPINEFARM RECORDS Official Site
日本盤のご購入はこちら。UNIVERSAL MUSIC JAPAN

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です