22540113_1451003611634977_5745782468387801329_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BELL WITCH : MIRROR REAPER】2017 X’MAS SPECIALL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DYLAN DESMOND OF BELL WITCH !!

21994060_1432087200193285_7588211872295704232_o

Seattle Based Doom-duo, Bell Witch Takes You Poetic And Philosophical Deathly Journey With Timless Masterpiece “Mirror Reaper” !!

DISC REVIEW “MIRROR REAPER”

シアトルに居を置くベース/ドラムスのドゥームデュオ BELL WITCH が、1曲83分の暗重なる叙事詩 “Mirror Reaper” をリリースしました!!生と死を投影する難解なるあわせ鏡は、昨年逝去した前ドラマー Adrien Guerra へ捧げるトリビュートとしてその崇高なるメランコリー、哀しみの影を増しています。
紫煙のヘヴィートリオ SLEEP が1曲が一時間にも及ぶスロウでアトモスフェリックな反芻の集合体 “Dopesmoker” をリリースして以来、ドゥーム/スラッジ/ドローンのフィールドはメタルの実験性を最も反映する先端世界の一つとして、創造性のリミットを解除し、定石を覆しながらその歩みを続けて来ていました。
勿論、JESU や BORIS のエピカルな長編も、ジャンルの音楽性とは対極に位置する瑞々しくも天真爛漫なムードを追い風に創造された濃厚なサウンドスケープであったに違いありませんね。それでも、BELL WITCH の新たなチャレンジ、1曲83分の野心は想像を遥かに超えるサプライズでした。
“Mirror Reaper” を形作る要素自体は、前作から大きく変化を遂げてはいません。確かにヘヴィーなレコードですが、ランニングタイムの大半はラウドでもブルータルでもなく非常にオープンでスペーシー。ベース、ドラムス、ボーカルにハモンドB3が生み出すその空間に巣食うは巨大な絶望、悲哀と、全てを掻き集めても片手で掬い取れるほど希少なる希望。
しかし Dylan が 「誰にでも簡単に作れるようなレコードにする必要は全くないと決めたんだよ。楽曲を別々に分けてしまうと、説得力が失われる気がしたんだ。」 と語るように、48分の “As Above” と35分の “So Below” が自然と連続して織り成す構成の進化、常識の破壊は、より妥協のない緻密なコンポジション、Adrian の死に手向けるメランコリックな花束と共に、生と死の安直でステレオタイプな二分法へ疑問を投げかけ、”死のメディテーション” を指標しているのです。
アルバムは、アトモスフィアの波に溺れる6弦ベースの幽玄な調べで幕を開けます。実際、「Michael Hedges のギタープレイは実に参考になったね。」 と語るバンドのマスターマインド Dylan Desmond のベース捌きは驚異的で卓越しています。
左手のみならず、右手を強い感情と共にフレットへと叩きつけ、時に滑らし、時に揺らして生み出すトーンは唯一無二。
ギタリストの不在を感じさせない、むしろそれを不必要と思わせる、独特のウォームでメロディックなマルチディメンショナルサウンドは、新たなベースヒーローの誕生を強くアピールし、同時に崇高な意思と純潔なるムードをアルバムにもたらしていますね。
加えて、地を這うグロウルとミスティックな詠唱のコントラスト、SIGUR ROS を想起させるファルセットのハーモニー、ハモンドオルガンのオーガニックなサステイン、Jesse のセットから流れ出すシンバルの漣。アルバムは、瞑想の荒野、空虚な嵐、美麗なる責め苦を経て、いつしか全てが緩やかな生命と音の大河に注がれドゥームの奇跡、反復の魔術を完璧に創出します。そして挿入される亡き Adrian のボーカルは、”生と死の間に存在する共通要素” “ゴースト” を信じるバンド独特の素晴らしきトリビュートなのでしょう。
NEUROSIS, SWANS などと共闘を続ける鬼才 Billy Anderson のインプットにも触れない訳にはいきませんね。Billy ほど暗闇と混沌、そして壮大なサウンドを巧みに精製するプロデューサーは決して多くはないでしょう。そしてこの作品ほど、型破りで威厳を湛えたアンタッチャブルなメタルレコードも実際ほとんど存在しないはずです。
時間、場所、もしかしたら自分自身さえも忘れてただ広大な闇の迷宮で彷徨うだけの地獄、もしくは天国。コマーシャルと最も遠い場所にあるアートのエリジウム。
そして、詩的で哲学的な “死の旅路” は、作品で最も哀しく最も愛すべきポートレート、バンドのコラボレーター Erik Moggridge の消え入るような歌唱で幕を閉じるのです。
今回弊誌では、Dylan Desmond にインタビューを行うことが出来ました。海外メタル誌では軒並みベストの上位に撰されている傑作。そして弊誌にとっては、最もクリスマスらしい作品です。どうぞ!!

22540113_1451003611634977_5745782468387801329_n-2

BELL WITCH “MIRROR REAPER” : 10/10

INTERVIEW WITH DYLAN DESMOND

Bell_Witch_4_525x439

Q1: This is the first interview with you. First of all, could you tell us about yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【DYLAN】: Thank you for the interview! I own a bar/music venue in Seattle Washington and play in a few bands. One is Bell Witch, the other is a death metal band, and one other is a goth/experimental band. I grew up in a very small town in the middle of the US. My father was a professional musician, and we listened to a lot of rock and roll, country, and R&B when I was young. There was an older kid that lived nearby who would sometimes watch over me when my parents were away at work. He introduced me to bands like The Scorpions, Judas Priest, Megadeth, and Slayer when I was very young.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドについて話していただけますか?

【DYLAN】: インタビューをありがとう!僕はワシントン州のシアトルにライブバーを持っていて、そこでいくつかのバンドでプレイしているんだ。その内の一つが BELL WITCH なのさ。他にはデスメタルバンドや実験的なゴシックバンドもやっているよ。
僕はアメリカ中部のとても小さな街で育ったんだ。父はプロのミュージシャンで、僕が子供の頃はロックやカントリー、R&B なんかを一緒に良く聴いていたね。
両親が仕事で家を離れる時は、近所に住んでいた年上の子供が時々面倒を見てくれていたんだ。そして彼が僕に、SCORPIONS, JUDAS PRIEST, MEGADETH, SLAYER なんかを教えてくれたのさ。本当に幼い頃の話だね。

Q2: So, Dylan, your six-strings bass sound and playing is very unique. I can’t believe Bell Witch is consisted by only two musicians, and there is no guitar. So, What inspired you to start playing bass guitar? Who was your bass hero at that time?

【DYLAN】: My father always told me that if I wanted to join bands, I should play either the bass or the drums, as those were the two positions bands always needed. I chose the bass. I learned about a guitarist named Michael Hedges who used both of his hands to play the guitar. He sounded like three people at once. Sometimes the style of music he played wasn’t my favorite, but his talent and skill are unmatched.

Q2: それにしても、あなたの6弦ベースプレイとサウンドは実にユニークですね。BELL WITCH の音楽がギターレスだとはとても信じられませんでした。あなたのベーステクニックはどのように形作られたのでしょう?

【DYLAN】: 父はいつも僕に、もしバンドに入りたいなら、ベースかドラムをプレイするべきだと言っていたんだ。なぜなら、その二つはバンドにいつも必要とされているポジションだからってね。僕はそれでベースを選んだんだ。
Michael Hedges のギタープレイは実に参考になったね。彼は両手タッピングを自在に使いこなすんだ。まるで3人が一度にプレイしているように聴こえるんだよ。
彼がプレイしていた音楽自体は僕の好みではない時もあるんだけど、その才能とスキルは本当に比類がないよ。

Q3: But lot’s of metal band has guitar player, and there are few metal bands consisted by only two instruments, bass and drums (Off course, sometimes organ is used though). What made you choose that kind of “Duo” style?

【DYLAN】: Bell Witch started when our different band’s guitarist moved out of town. That left just the drummer and I. A local promoter asked us to play a show she was setting up. We declined, because we had no guitarist. She said “just play without a guitarist!.” I think we both enjoyed the challenge, so we worked together some songs I had been working on for a death/doom project. Those turned into our first two songs called “I Wait” and “Rows (of endless waves).” We were happy with the results, so we kept moving forward with the arrangement.

Q3: では、多くのメタルバンドがギターを擁するのに対して、BELL WITCH がベース/ドラムスのデュオに拘っているのはなぜでしょう?

【DYLAN】: そもそも BELL WITCH は、前身バンドのギタリストが引越した時に始まったんだ。それで残されたのが僕とドラマーだった訳だよ。
ちょうどプロモーターが、彼女が主催するショウに出演しないか聞いて来てね。最初は断ったんだ。ギタリストがいないからってね。だけど彼女は、「じゃあギタリスト抜きでプレイすればいいだけじゃない!」 って。
結果として、僕たち2人はそのチャレンジを楽しんだんだ。だから、そのまま僕がデス/ドゥームプロジェクト用に書いていた何曲かを一緒にやってみたんだよ。そしてそのマテリアルが、バンドの最初の2曲、“I Wait”, “Rows (of endless waves)” になったんだ。僕たちはその結果に満足し、続けることを決めたんだ。

Q4: Let’s talk about your newest release “Mirror Reaper”. You suggested “The title ‘Mirror Reaper’ is indicative of the Hermetic axiom ‘As Above, So Below,’ written with two sides to form one whole.”. Bell Witch has always focused on “Life/Death” matter. In the theme, what did you emphasized particularly this time?

【DYLAN】: This record was intended to explore the identical elements between life and death. The “mirror reaper” is intended to be a living reflection of death to show that they are, in a perspective, two parts of one whole.

Q4: では最新作 “Mirror Reaper” について話しましょう。BELL WITCH は常に生と死にフォーカスしてきましたね。今回特に強調したテーマを教えていただけますか?

【DYLAN】: このレコードは、生と死の間に存在する同一の要素を探究することを意図しているんだ。”Mirror Reaper” とは、死を反映して生きることを意味しているのさ。
つまりその二つは表裏一体なんだよ。そしてそういった観点から、二つのパートを一つにしてリリースしたんだ。

15873059_1185766311492043_1157127251991394552_n

Photo by Samantha Marble
Q5: Surprisingly, “Mirror Reaper” has only one song, and it’s 83 minutes long. It seems unprecedented challenge in the metal history. Definitely, it’s ambitious approach for the scene. What made you create such a long epic?

【DYLAN】: Our original idea was the write two movements with 7 sub movements. As the song began to come together, it became clear to us that it was best handled as one arrangement as opposed to smaller sections. Personally, I appreciate music that challenges me when I listen to it. I want something that is difficult. I would say the same of Jesse. We decided that there was nothing about this record that needed to be made easy for anyone.It was difficult for us, and to present it differently would be taking away it’s potency.

Q5: その二つのパートを一つにする試みは、1曲83分のモンスターを生み出しました。実に野心的なアプローチですね?

【DYLAN】: もともとのアイデアは、七つのサブパートから成る二つの楽章を書く予定だったんだ。ただ楽曲が纏まってくると、小さなセクションに分割せず、一つの楽曲としてアレンジするべきだと分かって来たんだよ。
個人的に僕は、聴くことが一つのチャレンジであるような音楽に感謝するね。結局、難解なものを欲しているんだろうね。そして Jesse もきっと同じことを言うだろうな。僕たちは、誰にでも簡単に作れるようなレコードにする必要は全くないと決めたんだよ。
確かに大変だったけど、楽曲を別々に分けてしまうと、説得力が失われる気がしたんだよ。

Q6: Anyway, we lost founding Bell Witch drummer and vocalist Adrian Guerra in May 2016. It seemed to be during the writing process of “Mirror Reaper”. How did his passing change the record?

【DYLAN】: Jesse Shreibman and I had finished composing roughly 1/2 of the record at the time of Adrian’s death. When he died, the writing process slowed down very much. Adrian was my best friend for many years, but we had been fighting and disagreeing with each other. Likewise, Jesse and Adrian were also great friends. Jesse and I both needed time to process what had happened after his death. When a few months had passed, we returned to the writing process with a new determination to finish the record. I believe we both wanted to make it extra special for both Adrian and ourselves.

Q6: BELL WITCH は昨年、創立メンバーでドラム/ボーカルの Adrian Guerra を亡くしました。おそらく、”Mirror Reaper” のライティングプロセスの最中でしたよね?

【DYLAN】: Adrian が亡くなった時、僕と Jesse Shreibman は大まかにレコードの作曲を半分ほど終わらせていたんだ。彼の死によって、ライティングプロセスはとても停滞してしまったね。
Adrian は何年間も僕の親友だったんだけど、お互いに意見を違えて喧嘩をしてしまっていたんだ。同様に、新メンバーの Jesse と Adrian も仲の良い友達だったんだ。だから、Jesse と僕は彼の死の後、気持ちを整理する時間が必要だったのさ。
何ヶ月か経って、僕たちはレコードを完成させるため、新たな決意と共にライティングプロセスへ戻ったね。僕は二人共、Adrian と僕たち自身にとってこのレコードを本当に特別なものにしたいと思っていたと信じているよ。

Q7: “Mirror Reaper” was engineered and mixed by veteran producer Billy Anderson. Off course, he was involved in Swans, Sleep, Neurosis’s masterpieces. What did he bring to your masterpiece?

【DYLAN】: Billy Anderson is a genius. He has such unique vision and so many ideas about how to manipulate sounds. When I hear a record he’s been working on I can always hear what he did because it’s so unique to him. Billy contributed countless things to this record. One, he found and edited Adrian’s vocals that are used in the middle of the song. Two, he helped me manipulate and piece together a noise track that was played to the length of the album. With it, he took pieces and made preliminary placement in the section we reserved for it. He did a magnificent job. Third, he spent a lot of time editing things with us to try out a million ideas. He is very patient. I could go on forever to explain all the brilliance of Billy Anderson.

Q7: SWANS, SLEEP, NEUROSIS などを手がけてきたベテランプロデューサー Billy Anderson がアルバムのプロダクションを受け持ちました。彼がこの傑作に持ち込んだものは決して少なくないですよね?

【DYLAN】: Billy Anderson は天才だよ。サウンドを操作するための、とてもユニークなヴィジョンと沢山のアイデアを持っているんだ。
彼が手がけてきたレコードを聴けば、僕はいつも彼のサウンドを感じ取ることが出来るんだ。実にユニークだからね。
Billy はこのレコードにも数え切れないほどの貢献を残してくれたね。第一に、彼が発見し、編集してくれたアルバム中盤の Adrian のボーカル。
第二に、彼は僕がアルバムの長さに合わせて演奏したノイズトラックを操作し、一緒に纏めるのを助けてくれたね。それに際して、彼は各ピースを取り出し、適切なセクションに適切な配置をしてくれたんだ。素晴らしい仕事だったな。
第三に、彼は百万のアイデアを試すために、多くの時間を私たちと共に過ごし編集を受け持ってくれたね。彼はとても我慢強くもあるんだ。とにかく僕は、Billy Anderson の素晴らしさなら、永遠に説明することが出来るよ。

Q8: From artwork, music to concept, “Mirror Reaper” is perfect art for me. But maybe, this 83 minutes epic is not “Commercial”. Why are you keep staying in this dark, slow, and heavy “Doom World”?

【DYLAN】: The band started in this world and it will always stay in it. We chose this style because we wanted to work within it. While I think our musical style will expand and let in new room for more things complimentary to it, those things will always reside in a very uncommercial fashion.

Q8: 最後に、アートワーク、コンセプト、そして音楽。”Mirror Reaper” は完璧なアートですが、決して “コマーシャル” とは言えません。それでもこのダークでスロウ、ヘヴィーな “ドゥームワールド” に留まる理由は何ですか?

【DYLAN】: バンドがまさにその世界から始まったからだよ。そして、そこに留まり続けるのさ。僕たちがこのスタイルを選んだのは、そこが気に入ってその世界で作品を作りたかったからなんだよ。
同時に僕たちの音楽スタイルは拡大し続け、賞賛と共に新たな要素を取り入れる柔軟さを身につけていると思うんだ。確かに僕たちの音楽性はコマーシャルとは程遠いけどね。

Bell-Witch-interview-2-960x640

FIVE ALBUMS THAT CHANGED DYLAN’S LIFE

WORSHIP “DOOOM”

20121231_abc642

TOWNES VAN ZANDT “OUR MOTHER THE MOUNTAIN”

Ourmother1

MOURNFUL CONGREGATION “THE MONAD OF CREATION”

61947

CORRUPTED “EL MUNDO FRIO”

220px-El_mundo_frio

BOLT THROWER “… FOR VICTORY”

220px-...For_Victory_(Bolt_Thrower_album)_cover_art

MESSAGE FOR JAPAN

Bell-Witch-interview-1420x946

We’re hoping to come there sooner than later! We’re very big fans of many Japanese bands and can’t wait to finally come visit!

いつか日本へ行きたいと思っているよ!僕たちは多くの日本のバンドの大ファンだし、待ちきれないね!

DYLAN DESMOND

BELL WITCH Facebook Page
BELL WITCH Bandcamp
BELL WITCH Twitter
PROFOUND LORE RECORDS Facebook Page
PROFOUND LORE RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です