NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【RIOT V : ARMOR OF LIGHT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NICK LEE OF RIOT V !!

28058994_10156239178579914_6586146902039305188_n

The Pride of NYC, Legend of Metal History, Riot V is Still Alive And Kickin’!! “Armor Of Light” Unites Their Early Hard Rock Sounds With The Magic Of Power Metal ! Shine on!

DISC REVIEW “ARMOR OF LIGHT”

不撓不屈の不沈獣、終天のメタルウォーリアー RIOT V が、ハードロックの血潮とパワーメタルの魔法を等しく装填した光の英雄譚 “Armor of Light” をリリースしました!!メタルの教科書 “Thundersteel” 30周年に刻む新たな闘志の刻印は、40年のキャリアで通過した嵐、凪、そして帰天まで全ての逆境を力に変える躍動と眩耀に満ちています。
ブラックビューティ、黒のレスポールを抱えて独特の艶美な憂いと異国の薫りを奏でた Mark Reale はまさにバンドの心臓でした。2012年、Mark の逝去を受けて RIOT の存続を信じたファンは決して多くはなかったはずです。しかし絶佳なる遺言 “Immortal Soul” “不滅の魂” に Mark が刻んだ通り、バンドが立ち止まることは決してありませんでした。
70年代に生を受け、英国ハードロックにアメリカンな風を吹き込んだ RIOT のターニングポイントは徹頭徹尾パワーメタルへと変貌を遂げた “Thundersteel” だったと言えます。そして類稀なる鋼鉄の “道標” リリース時のベーシスト Don Van Stavern と、89年に加入して以降、Mark と共に流麗なツインリードでクラシカルオリエンタルのカタルシスを提供し続けたトリッキーなギターの名手 Mike Frintz は英雄抜きでバンドの存続を決断します。
MOON TOOTH でモダンなヘヴィープログレッシブを追求する Nick Lee、Tony Moore をフレキシブルに進化させた Todd Michael Hall、VIRGIN STEEL のダイナモ Frank Gilchriest を加えて2014年に日本以外では RIOT V の名でリリースされた復活作 “Unleash the Fire” には確かに Mark の魂が深く宿った鎮魂の焔でした。そして完全に RIOT V 名義でリリースされた “Armor of Light” は亡きギタリストと共に歩む新たなる歴史の幕開けです。
IRON MAIDEN の “Trooper” をイメージさせるエナジーに満ちた勝利のギャロップ “Victory”、ボーカル/ギターハーモニーが正しい場所に正しく配置されたウルトラキャッチャーで由緒正しき哀愁の”リアリズム” “End of the World”、”Thundersteel” のスピードデーモンに真っ向から立ち向かう “Messiah”。オープニングの三連撃はまさにアザラシ無双。KORN の最新作等でエンジニアを務めた Chris “The Wizard” Collier を得て SABATON にも匹敵する現代的なメタルプロダクションを纏った RIOT V は、目まぐるしくもダイナミックなパワーメタルの大斧で作品の冒頭を切り裂きます。
一方で、「Mike と Donnie は Mark の遺産を称えながら素晴らしい仕事を果たしていると思うな。楽曲やリフ、メロディーの中に初期 RIOT のハードロックサウンドと、後期のパワーメタルサウンドをミックスしながらね。」と Nick が語るように、新生 RIOT V の肝は初期と後期の融合。右手にパワーメタルの斧を握りしめ、左手にハードロックのシールドを携えたジョニーの勇姿はさながら無敵の獣神。
奇しくも今年は JUDAS PRIEST の “Firepower”、SAXON の “Thunderbolt”、そして RIOT V の “Armor of Light” と長年メタルを支え続けたベテランが、初期のキャッチーなハードロックテイストをナチュラルに復刻し復活の狼煙を上げています。
実際、後期 RAINBOW を彷彿とさせるロマンティックな “Burn the Daylight”、THIN LIZZY の美学を受け継ぐ神秘的な “Set the World Alight”、初期の RIOT らしいブルーズな響きとホーンセクションが溶け合った “Caught in the Witches Eye” など作品にはオーガニックでユーティリティーな色彩が調和し魅惑のコントラストが渦巻いているのですから。
それにしても、威風堂々の新たなアンセム “Angel’s Thunder, Devil’s Reign” や “Heart of Lion” を聴けば、ツインリードとボーカルハーモニーに加えて、リズムを捻ったクールなキメフレーズの数々がバンドのトレードマークであることを改めて再確認できますね。
後期 RIOT のアイデンティティーともなった、フォークトラッド、クラシカル、ケルトの響きを堪能できるドラマティックな “San Antonio” や “Ready to Shine” も出色の出来。そうしてアルバムは瑞々しい “Thundersteel” の再創生で大円団を迎えます。
まさに珠玉の逸品。今回弊誌では、バンドのレガシーを受け継ぐギタリスト Nick Lee にインタビューを行うことが出来ました。意外にも Sargent House の作品が並ぶプレイリストにも注目です。「アザラシのパワーを感じるんだ!」弊誌2度目の登場。どうぞ!!

28168098_10156239163414914_5425781835158314507_n-2

RIOT V “ARMOR OF LIGHT” : 10/10

INTERVIEW WITH NICK LEE

Riot_V_-_Nick_Lee_–_Headbangers_Open_Air_2014_02

Q1: First of all, how was the “Thundersteel 30th Special in Japan” in March? Actually, the title track “Thundersteel” is re-recorded in your new record. What’s the album “Thundersteel” to you?

【NICK】: The Anniversary shows were amazing! Both nights where really special and it was really cool to not only play the entire Thundersteel album but also debut two new songs from our new album Armor of Light. The Japanese fans are always so courteous and amazing and the Japanese stage crews are always the absolute best!
Yes we did a fun modern spin on the song as a bonus track for the new album ‘Armor of Light’. Thundersteel is the best and most important power metal record in history, hands down! And it is the record I spent the most time with getting ready for my first shows with Riot V back in 2014.

Q1: まずは、3月に日本で行われた “Thundersteel 30th Special in Japan” の感想から聞かせていただけますか?新作でも名曲 “Thundersteel” が再録されていますか、あのレコードはあなたにとってどのような意味を持つのでしょう?

【NICK】: あのアニバーサリーショウは素晴らしかったね。両日とも本当に特別な夜になったよね。ただ “Thundersteel” の完全再現を行うだけじゃなくて、新作 “Armor of Light” から2曲を初披露出来たのも実にクールだったからね。日本のファンはいつだってとても親切で最高だし、ステージクルーも間違いなくベストだね!
うん、僕たちは “Thundersteel” に楽しくモダンな感覚を与えて新作にボーナストラックとして収録したんだ。”Thundersteel” というアルバムは、メタル史において最高で最も重要なパワーメタルレコードなんだよ。疑いようもなくね!それに、2014年に僕が RIOT V に加入して最初のショウのために最も聴き込んだ作品でもあるね。

Q2: Six years have passed since Mark Reale passed away. You joined in the band as a successor of him and have played in the band five years. So. when you played the songs he wrote in this past 5 years, have you reconfirmed the wonderfulness of his composition, melody and legacy?

【NICK】: To be clear, Mike Flyntz really assumed Mark Reale’s role in the band, taking his leads and his parts. I took Mike’s parts when I joined the band in 2014. While I write my own guitar solos and I contribute ideas where I can, the bulk of the music is written by Donnie and Mike. I think they do an incredible job of honoring Mark’s legacy and including songs, riffs, and melodies that honor both the early Riot hard rock sound and the later power metal sound,

Q2: バンドの中心人物だった Mark Reale が亡くなってもう6年になりますね。あなたは彼の後任としてバンドに加入したわけですが、実際に RIOT V として活動を続ける中で Mark Reale のコンポジションやメロディーの素晴らしさを再確認することもありそうですね?

【NICK】: 一つ明らかにしておきたいのは、Mike Flyntz がバンドの中で Mark Reale の役割を引き継いでいるんだよ。Mark のリードやパートをね。だから2014年に加入した時点では、僕は Mike のパートを担当したことになるね。
そうして、創作活動に入っていく中で僕は自分のギターソロを書いて、可能な限り楽曲のアイデアを出しているんだよ。もちろん、音楽の大部分は Donnie と Mike が書いているんだけどね。
彼らは Mark の遺産を称えながら素晴らしい仕事を果たしていると思うな。楽曲やリフ、メロディーの中に初期 RIOT のハードロックサウンドと、後期のパワーメタルサウンドをミックスしながらね。

Q3: As a guitar player, what’s the difference between you and Mark Reale or Mike Frintz?

【NICK】: I aspire one day to be able to write guitar solos like Mark and Mike can. I’ve learned a lot from studying them and learning from Mike my whole life but I am still blown away by the world class caliber of their solos. I think I bring something new to the table because I grew up more influenced by thrash metal, death metal, sludge, punk, and noise rock. I like to think I bring a heavier, rhythm-focused intensity to the band.

Q3: Mark や Mike と比較して、あなたはどんなギタープレイヤーなのでしょう?

【NICK】: 僕はいつか Mark や Mike のようにギターソロを書きたいと切望しているんだよ。彼らのプレイを学ぶことで本当に沢山のことを吸収したし、Mike はギターの先生でもあったから人生の全てまで学んだ感じだね。今でも彼らのワールドクラスで熟練したソロを聴けばぶっ飛ぶしね。
ただ、僕は新たな風をバンドにもたらしていると思うんだ。というのも、僕は世代的によりスラッシュメタル、デスメタル、スラッジ、パンク、ノイズロックに影響されて育ったからね。だからよりヘヴィーでリズムにフォーカスしたインテンスをバンドにもたらしていると思うんだ。

Q4: OK, let’s talk about your newest record “Armor of Light”. Definitely, it’s new masterpiece not only for Riot V, but also entire metal scene. What made you choose this title for the album? Is there any concept or lyrical themes?

【NICK】: Thank you! Donnie came up with the name. I think it ties in with the “shine on” slogan that the band has used from the early days. There is not one lyrical theme but many. There are songs about real events in history, fantasy, and plenty about battling for what is right no matter what the cost!

Q4: では、最新作 “Armor of Light” について話しましょう。間違いなくバンドの、そしてメタルシーン全体の新たなマスターピースとなりましたね。まずはタイトルや歌詞のテーマについて教えていただけますか?

【NICK】: ありがとう!Donnie がタイトルを思いついたんだけど、”Armor of Light” とはバンドの象徴であり初期から使用している “Shine On” スローガンと結びついているんだよ。
歌詞のテーマは様々な話題に及んでいるよ。歴史上のリアルな出来事からファンタジーまで、多くの場合何を犠牲にしても正しさのために戦うことについてさ。

RiotV-Featured

Q5: Off course, Riot V is very popular in Japan. But also, “Johnny” is big name in our country, haha. This time, Johnny armed and ready with iron shield and massacre. Also, we are really surprised at lot’s of Johnny in the artwork. Johnny isn’t only one character, right?

【NICK】: The seal-man’s real name is The Mighty Tior but people call him Johnny because Riot has a running saga of songs about a soldier named Johnny so people sometimes call him Johnny. I love the seal! People are always asking me what that’s all about but I think it’s the most recognizable and original band mascot in metal! Feel the seal power!!!

Q5: もちろん、RIOT V は日本で絶大な人気を誇りますが、バンドの名物キャラクター “ジョニー” も同様にビッグネームだと言えます。(笑)今回彼は鉄のシールドと斧で武装していますが、驚くことにアートワークには様々なジョニーが出現していますね?ジョニーは多数存在するのですか?

【NICK】: あのアザラシ男の本名は “The Mighty Tior” (バンドのローディーだった Mike “Mighty” Tior から命名されたよう) って言うんだけどみんなは彼をジョニーと呼ぶね。なぜなら RIOT はジョニーという戦士のサーガを綴ってきたから、時に混同してジョニーと呼んでしまうんだね。まあとにかく僕はこのアザラシが大好きなんだ!
みんなはいつも僕に、あれはいったい何なんだい?って聞くんだけど、彼こそがメタルで最も認知されていてオリジナルなバンドのマスコットに違いないでしょ?!アザラシのパワーを感じるんだ!!!

Q6: Songs like “Heart of Lion”, “Burn the Daylight” and “Set the World Alight” have more progressive, complex phrases than Riot’s previous works, I feel. Your another band Moon Tooth has more progressive aspects, so I think these songs may have your inputs. How was the writing process?

【NICK】: With this album I got to influence some of the riffs a little more. I took a few riffs and made them crazier! Like the one in Heart of a Lion I changed a bit to add all the pull-offs and flashiness. I just think sometimes it’s more fun to play and to listen to if it’s challenging musically. I always want to push myself to be a better player so my way of doing that is writing riffs that are hard are next to impossible to play so I HAVE to practice! The other songs you mentioned were all Flyntz! Him and Donnie wrote some insane riffs for this one!

Q6: “Heart of Lion”, “Set the World Alight” といった楽曲では普段の RIOT よりもプログレッシブで複雑なフレーズが聴けるように思います。あなたの別バンド MOON TOOTH はプログレッシブなバンドなので、あなたのインプットがあったのではと推測しますが。

【NICK】: このアルバムで僕が、いくつかのリフに影響を及ぼしたのは確かだね。よりクレイジーに変更を施したんだ!その内の一つが、君の指摘した “Heart of Lion” だね。僕が少し変更を行い、全てのプリングオフとフラッシーな感覚を加えたんだよ。
僕は、音楽的にチャレンジングな方が、ただ時にはプレイするのも聴くのもより楽しいだろうと思うだけなんだけどね。いつだってより良いプレイヤーになるため自分をプッシュしているんだ。僕のやり方は、難易度が高くほとんどプレイが不可能なリフを書くことなんだけどね。だから練習しなきゃ!
他に君が言及したリフは全て Flyntz 流さ!彼と Donnie がこのアルバムに狂気のリフを用意したんだよ。

Q7: With Chris “The Wizard” Collier, production is so polished and become modern. It seems one of the big difference between Riot and Riot V. Do you agree that?

【NICK】: I think that Immortal Soul’s production was very modern sounding but beyond that album, you are correct. It was important that this record sounded modern, intense, and in your face so it kind of forced you to sit down and listen. Some people will prefer the classic, organic sound and I think Riot V should try that again in the future but I also think Armor of Light needed to be recorded and produced the way it is. It just made sense for the band right now.

Q7: Chris “The Wizard” Collier をプロデューサーに起用することでサウンドは磨き上げられモダンな薫りを帯びました。RIOT と RIOT V の違いはそういった部分にもありそうですね?

【NICK】: 僕は “Immortal Soul” のプロダクションはとてもモダンなサウンドだったと思うんだけど、あの作品以外で言えば君は正しいね。このレコードのサウンドをモダンでインテンスに満ち、大胆不敵にすることは重要だったんだよ。そうすることで、リスナーを惹きつけることが出来るからね。
もちろん、クラッシックでオーガニックなサウンドを好むリスナーもいる訳で、RIOT V は将来的にはまたそういったサウンドに回帰するべきだとも思うんだけどね。ただ、”Armor of Light” はこういったモダンなサウンドで録音されプロデュースされる必要があったんだ。今現在の、バンドの存在意義を映し出すためにね。

Q8: Also, you seem to making new Moon Tooth record. Could you tell us about that?

【NICK】: We are almost done recording our second LP, and the follow up to 2016’s ‘Chromaparagon’. We worked with two producers who were in or worked with bands we totally idolized growing up so it’s been an amazing process so far. The album is a huge step in a stronger, more mature direction for all of us as musicians and songwriters. We did preproduction with those producers in Virginia and we have done most of the tracking at our drummer Ray’s own Westfall Recording Company here on Long Island, NY where we live. By June we’ll be shopping it to labels and we’ll soon be releasing details and eventually songs but for now it’s still a secret! Keep an eye out for it!

Q8: MOON TOOTH の新作もレコーディングを行なっているようですね?

【NICK】: 2016年のデビュー作 “Chromaparagon” に次ぐセカンドアルバムのレコーディングはほぼ完了しているんだ。2人のプロデューサーを起用したんだけど、彼らは僕たちが完全にアイドル視して育った人物だから、今のところ素晴らしいプロセスだと言えるね。
このアルバムはミュージシャン、ソングライターとしての僕たち全員がより強くなり、成熟するための大きなステップだと思う。彼らとのプレプロダクションはヴァージニアで行い、トラッキングの大半は僕たちの住むニューヨーク、ロングアイランド、僕たちのドラマー Ray が所有する Westfall Recording Company で行ったんだ。6月にはレーベルに提出し、それからすぐに詳細を公開して楽曲を披露していこうと思っているよ。今のところは秘密だけどね!新作の情報から目を離さないで欲しいね!

21752332_10155823071599914_2637784197722952149_n

NICK LEE’S PLAY LIST

YASHIRA “SHRINE”

a2496524348_16

CHELSEA WOLFE “HISS SPUN”

220px-Hiss_Spun-CW

DYLAN CARLSON “CONQUISTADOR”

105557

SLEEP “THE SCIENCES”

220px-The_Sciences_(2018)

MELVINS “PINKUS ABORTION TECHNICIAN”

Melvins-pinkus-abortion-technician

MESSAGE FOR JAPAN

riot-v

Thank you for being kind to me and welcoming me into the Riot family. Thank you for keeping Riot alive for so long! We love you!

僕に親切にしてくれて、RIOT ファミリーの一員として迎えてくれてありがとう!RIOT がこれだけ長く続いているのは君たちのおかげだよ!愛しているよ!

Nick Lee

RIOT V Facebook Page
RIOT V Official Site
NUCLEAR BLAST Facebook Page
NUCLEAR BLAST Official Site
MOON TOOTH Facebook Page
“ARMOR OF LIGHT” 日本盤ご購入はこちら。WARD RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です