NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ARCTIC SLEEP : KINDRED SPIRITS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KEITH D OF ARCTIC SLEEP !!

“So Much Metal Out There These Days Just Sounds Like a Bunch Of Random Riffs Pasted Together, With No Concern For Melody Or Song Structure Or Dynamics. It’s Just Not Memorable And So Much Of It Sounds The Same To Me.”

DISC REVIEW “KINDRED SPIRITS”

「僕は自分の音楽を表現する時、”ビタースイート” って言葉をよく使うんだけど、それは僕の音楽が憂鬱や悲しみと、心地よさや慰めのコンビネーションだからだと思う。」
“プログレッシブアトモスフェリックドゥーム”。ARCTIC SLEEP の音楽は、その耳慣れないラベルに反して実に雄弁です。スロウ&ドゥームとプログレッシブ&ビューティフル。相反する真逆の理念を見事に調和させるパラドックスの具現化は、ARCTIC SLEEP が結成当時からビッグテーマとする “生と死” を投影した対比の美学を源流としています。
ミルウォーキーのマルチ奏者 Keith D のソロプロジェクトとして2005年に産声をあげた ARCTIC SLEEP は、バンドとなり様々な紆余曲折、メンバーチェンジを繰り返して今再び Keith の手中へと戻ってきました。
ボーカル、ギター、ベース、チェロ、キーボード、ジャンベ、パーカッションなど多種多様な楽器をほぼ一人でこなす鬼才は、もはや人事やコミュニケーションに割く時間すらも惜しみながら荘厳壮大なエピックの建築を続けています。
「僕と愛猫 Yoda はとても強い絆で結ばれていたんだ。その絆がアルバムに影響を及ぼしているね。ただ、このテーマを世界中で “喪失” に苦しんでいる全ての人に届けたいという思いもあるんだよ。」
そうして完成をみた7枚目のフルアルバム “Kindred Spirits” は、亡き Keith の愛猫 Yoda に捧げられた作品であり、”喪失” に苦しむ全ての人々へ差し伸べられた救いの精神。そして、彼の根幹である “生と死” を再度見つめ直すレコードに添えられたアートワークの崇高美は、そのまま音の景色へと反映されているのです。
「僕はスロウでヘヴィーな音楽を愛している。だけど同時に、メロディックでキャッチーなソングライティングも愛しているんだ。」 暗くドゥーミーに沈み渡るリフの波、雲間をかき分け差し込むメロディーの光明、荘厳なるチェロの響き、そして押し寄せるハーモニーの洪水。バンド史上最も “聴きやすい” と語るアルバムにとって、明確なコントラストとフックを宿すオープナー “Meadows” は完璧な招待状となりました。
ANATHEMA の多幸感と KATATONIA の寂寞を同時に抱きしめるタイトルトラックで独特の牛歩戦術を披露して、OPETH の静謐を深々と “Connemara Moonset” に委ねたバンドは、8分のエピック “Cloud Map” でアートワークの黒烏と美姫の逢引を素晴らしく音で描いてみせました。それは例えば PORCUPINE TREE と ALICE IN CHAINS の理想的な婚姻。幽玄でどこか危うく、美麗でしかし憂鬱な交わりの音の葉は、全てを黒と白に決して割り切ることのできないあやふやで愛すべき世界の理をも投影しながらリスナーの感情を穏やかに喚起するはずです。
今回弊誌では、Keith D にインタビューを行うことができました。「最近は沢山のリフをランダムにコピペしたようなメタルバンドが多いけど、彼らはメロディーや構成、ダイナミズムには無関心だよ。だから記憶に残らないし、僕にとっては全部同じように聴こえるんだ。」 どうぞ!!

ARCTIC SLEEP “KINDRED SPIRITS” : 10/10

INTERVIEW WITH KEITH D

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about yourself and your band? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【KEITH】: I’ve been obsessed with music for as long as I can remember. I grew up in the 80s, so as early as age 6, I was obsessed with Michael Jackson’s “Thriller” and Van Halen’s “1984” in particular. The first time I heard “Money For Nothing” by Dire Straits, that was when I started daydreaming of playing guitar. I remember jumping around on the living room furniture playing air guitar to that stuff. Then I got into all the 80s hair metal bands, and later I discovered progressive rock when I started listening to Rush. I still love all that stuff.

Q1: 本誌初登場です。まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【KEITH】: 思い出せるかぎり、ずっと音楽と共にあったよ。僕は80年代に育ったから、6歳のころにはすでに Michael Jackson の “Thriller” と VAN HALEN の “1984” にハマっていたね。DIRE STRAITS の “Money for Nothing” を初めて聴いた時、ギターを始めたいと思うようになったんだ。曲にあわせて、リビングの家具を飛び回ってエアギターしていたのを覚えているよ。
それから80年代の全てのヘアメタルバンドにハマったんだ。後に RUSH を聴き始めてプログロックを発見したね。そういったバンドは今でも愛しているよ。

Q2: It seems Arctic Sleep returned to your solo project. Could you tell us about the story behind that?

【KEITH】: Yeah, you know… band members change. For all kinds of different reasons. It’s really difficult to keep something solid together. Everyone has different priorities and shit going on in their lives. I’ve never let anything like that stop me though. I’ve always made full albums even if I can’t find the right players to work with, and I’ll continue to do so. Although I did all writing for this album completely on my own, I was joined by some excellent talent in the recording studio, including Nick Smalkowski on drums, and also backing vocals from Craig Cirinelli and Bridget Bellavia. They helped make this album sound amazing.

Q2: ARCTIC SLEEP はあなたのソロプロジェクトとして始まり、バンドとなり、今はまたソロプロジェクトに戻ったようですね?

【KEITH】: うん、そうだね…メンバーが変わったというのかな。様々な理由でね。ソリッドなバンドで居続けるのは本当に難しいんだよ。
全員のプライオリティーは異なるし、人生も続いていく。僕はそういった要因に左右されたくないんだよ。一緒にプレイするメンバーが見つからなくたって、僕はいつもフルアルバムを作っているからね。そしてそうし続けるよ。
ただ、このアルバムは完全に僕一人で書いているけど、スタジオでは素晴らしい才能に加わってもらっている。ドラムスの Nick Smalkowski、バックボーカルの Craig Cirinelli と Bridget Bellavia。彼らの手助けでアルバムのサウンドがより素晴らしくなったんだ。

Q3: In “Kindred Spirits”, surprisingly, you play Vocals, Guitars, Bass, Cello, Keyboard, Djembe, and Percussion. How did you learn such a many instruments?

【KEITH】: I’m a classically trained cellist originally, I started playing the cello when I was 8 years old and I took private lessons and played in the orchestra all throughout my school years. That gave me a really solid foundation to branch off in all kinds of directions. I’m very grateful that I stuck with it. With that skill set, I found I could pick up almost any stringed instrument and kind of figure it out. I have to admit, though, that I can barely play the keyboard, haha! I can form chords and that’s it, nothing fancy. I also did take singing lessons for about 4 years which has been really helpful. When I was younger, I couldn’t find anyone to be in a band with me so I started making all kinds of recordings on my own.

Q3: 驚くことに、”Kindred Spirits” であなたはボーカル、ギター、ベース、チェロ、キーボード、ジャンベ、パーカッションなど多くの楽器を一人でプレイしていますね?

【KEITH】: もともと僕は、クラッシックの教育を受けたチェロ奏者なんだ。8歳の時にチェロのプライベートレッスンを始めて、学生時代はずっとオーケストラに入っていたからね。
その強固な基盤があったから、音楽的にあらゆる方向へと分岐することもできたんだ。感謝しているよ。チェロのスキルを使えば、ほとんどどんな弦楽器もとりあえずはこなすことができるからね。ただし、キーボードはほとんど使えないことも認めなきゃいけないね(笑)。コードくらいしか弾けないよ。
あとは、4年ほど受けている歌のレッスンも本当に助けとなっているよ。結局若いころ、誰も僕とバンドをやってくれなかったから、レコーディング全てを一人でやり始めたんだよ。

Q4: “Life & death” is the big running theme throughout Arctic Sleep‘s lyrics. And it seems you lost your loved snowshoe cat named Yoda, and “Kindred Spirits” is kind of a tribute to him, right?

【KEITH】: Yes. Him and me were really closely bonded. That was the influence for the album, but it’s also meant to reach out to anyone in the world dealing with the feelings of loss.

Q4: “生と死” は ARCTIC SLEEP にとって大きなテーマですが、昨年あなたは愛猫 Yoda を亡くし、”Kindred Spirits” はそのトリビュートとして制作されたそうですね?

【KEITH】: うん。僕と彼はとても強い絆で結ばれていたんだ。その絆がアルバムに影響を及ぼしているね。
ただ、このテーマを世界中で “喪失” に苦しんでいる全ての人に届けたいという思いもあるんだよ。

Q5: The mood of Artwork has been changed since “Passage of Gaia”. And I really love the beautiful taste. Does the artwork reflect the lyrical theme or concept of “Kindred Spirits”?

【KEITH】: It does. The artist, Jennifer Weiler, is one of my favorite artists of all time. Her talent is unbelievable. I gave her the album title, and suggestions for a few elements to include, and then I let her have complete creative control beyond that point. I think it’s the most amazing album art I’ve ever seen.

Q5: アートワークのムードは 前作 “Passage of Gaia” からガラリと変わりました。実に美しいですね?

【KEITH】: そうなんだ。僕のフェイバリットアーティストの一人、Jennifer Weiler が手がけてくれているよ。彼女の才能は信じ難いね。
彼女にはアルバムタイトルと、いくつか含めてほしい要素を伝えただけなんだ。そこから創造性のコントロールはすべて彼女に任せたからね。僕が見てきた中でも、最も素晴らしいアートワークだと思う。

Q6: Musically, this is the most ethereal, moody, harmonic, and deep record in your works. In other words, it’s less aggressive maybe. If so, what made you change the direction?

【KEITH】: It’s just a reflection of where my head was at the time. I think this album is comforting to listen to, and maybe that’s just what I was in need of at the time. I use the word “bittersweet” to describe my music a lot, because it’s a combination of depressive sadness and also comfort & solace.

Q6: 音楽的には、ARCTIC SLEEP 史上最もムーディーでエセリアル、ハーモニックな作品だと感じました。

【KEITH】: それは製作時の僕の頭の中を反映しているからだろうね。僕はこの作品は聴きやすいと思っていて、その聴きやすさは当時僕が必要としていたものなんだろうな。
僕は自分の音楽を表現する時、”ビタースイート” って言葉をよく使うんだけど、それは 僕の音楽が憂鬱や悲しみと、心地よさや慰めのコンビネーションだからだと思う。

Q7: You are sometimes labeled as prog doom, prog sludge, or whatever. In other words, you are slow & doomy, but progressive & beautiful. That contrast is really new to metal world and creates outstanding emotion. But what made you mix these aspects?

【KEITH】: I love slow, heavy-sounding music, but I also love melodic & catchy songwriting. So much metal out there these days just sounds like a bunch of random riffs pasted together, with no concern for melody or song structure or dynamics. It’s just not memorable and so much of it sounds the same to me. While there’s a few exceptions here and there, for the most part I can’t stand screaming vocals… I enjoy some Cookie Monster here and there, but a lot of the other stuff sounds like a little kid throwing a temper tantrum or something. No thanks. I like good singing in the music I listen to. Good vocals and good memorable songs are what I’m into. So I try to make music that’s got all the elements of heavy metal that I like, but also good melodies that tug at your heartstrings. I employ a lot of major-key stuff in my songs, because I just thing it sounds epic and triumphant. It’s all about contrast. I don’t know if any of that makes sense.

Q7: まさにそういった対比の美学が、ARCTIC SLEEP を “プログドゥーム” “プログスラッジ” と呼ばしめ、際立った感情を創出する理由だと感じます。

【KEITH】: 僕はスロウでヘヴィーな音楽を愛している。だけど同時に、メロディックでキャッチーなソングライティングも愛しているんだ。最近は沢山のリフをランダムにコピペしたようなメタルバンドが多いけど、彼らはメロディーや構成、ダイナミズムには無関心だよ。だから記憶に残らないし、僕にとっては全部同じように聴こえるんだ。
いくつかの例外はあるけどほとんどの場合、僕はスクリームのボーカルが耐えられないんだ…クッキーモンスターみたいなのは楽しめるけど、大半の小さな子供が癇癪を起こしているようなのは無理だね。ノーサンクスだ。
やっぱり良い歌唱の音楽を聴くのが好きだよ。良いボーカルと記憶に残る楽曲こそ僕がハマるものなんだ。だから僕は大好きなメタルの要素全てを持っているだけでなく、リスナーの心を惹きつける良いメロディーも持っている音楽を作ろうとしているんだ。
沢山のメジャーキーを取り入れるのも、エピカルかつ意気揚々としたサウンドも求めているからだよ。全てはコントラストのためさ。

Q8: So, in recent metal/prog scene, is there any band you are emphasized with?

【KEITH】: I’m obsessed with the new Devin Townsend album “Empath.” I’m completely new to his stuff, this is the first of his albums I’ve heard, and it absolutely blew me away. I’m going to go see him in concert in Sweden later this year, so I’m really looking forward to that.

Q8: 先程、最近のメタルバンドは似通っていて記憶に残らないと仰いましたが、近年のメタル/プログシーンで共感できるバンドはいますか?

【KEITH】: Devin Townsend の新作 “Empath” は大好きだね。実は彼のアルバムは今まで聴いたことがなくて、完全に白紙の状態で入ったわけさ。完全にぶっとばされたね!今年の後半、スウェーデンのコンサートで彼を見るんだけど本当に楽しみだね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED KEITH’S LIFE

PINK FLOYD “THE WALL”

SEPULTURA “ARISE”

NED’S ATOMIC DUSTBIN “ARE YOU NORMAL?”

DINOSAUR JR. “WHERE YOU BEEN”

SPACE NEEDLE “THE MORAY EELS EAT THE SPACE NEEDLE”

MESSAGE FOR JAPAN

I am going to visit your beautiful country someday.

いつかきっと君たちの美しい国を訪れるよ。

KEITH D

ARCTIC SLEEP Facebook Page
ARCTIC SLEEP Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です