NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【RICHARD HENSHALL (HAKEN) : THE COCOON】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH RICHARD HENSHALL OF HAKEN !!

“With The Digital Revolution And The Advent Of Streaming, The Musical Market Has Become Extremely Oversaturated, Which Can Often Make It a Little Overwhelming When Looking For New Music. However I Do Think There’s Wealth Of Great Music Out There If You Dig Deep Enough. I’m Always Hugely Appreciative That Anyone Gives Their Precious Time To Listen To Our Music, Especially Since There’s Some Much Amazing Stuff Out There.”

DISC REVIEW “THE COCOON”

「作曲に関して僕たちは、これがプログなのかメタルなのか考えすぎて特定の方向性へ舵を切ったりはしないようにしているよ。特定の影響に重きを置かないことが重要なんだ。ただ自分たちが聴きたい音楽を書いて、ただ望むのはファンが楽しんでくれることだけなのさ。」
今年の Progressive Music Awards で “UK Band of the Year” を獲得したもはやプログレッシブ世界を代表するバンド HAKEN。精密と重猛の並行世界を実現するプログ最後の希望を牽引するギターヴァーチュオーゾ Richard Henshall は、ソロプロジェクトの船出に “The Cocoon” 実験の “繭” の名を与えました。
Richard が RADIOHEAD を引き合いに出した様に、プログレッシブの言霊が例えばブラックメタル、スラッジ、オルタナティブ、ジャズといった異世界によりフィットするようにも思える現代において、クラッシックなプログの鼓動を21世紀にアップデートする HAKEN のレトロフューチャーな音楽観は実に貴重で尊い孤高です。プログサウンドの海に漂うアンビエント、djent, ソウル、ジャズ、ミニマリズム、シンセポップの漂流物は、音の航海を退屈から程遠い冒険へと導いています。
「ここ何年か、HAKEN は作曲の面で以前よりもメンバー間のコラボレートが増えているんだ。だから “The Cocoon” をリリースする完璧なタイミングに思えたんだよ。」
2013年のマイルストーン “Mountain” を境に、歌詞、そして音楽の面でもコラボレートを進めてきた HAKEN はバンドとして絶対的な完成の域へと達しています。ただし、故に創立者 Richard でさえ、創造物全てを吐き出すことはもはや許されないほどに高潔な存在へと進化したのかもしれませんね。だからこそこの “繭” の羽化は Richard 自身の解放であり、自由な羽ばたきです。
「ピアノは僕が初めて恋に落ちた楽器だし、創造性の解放を求める時しばしば重点を置く楽器でもあるんだよ。同時に、家にあったアコースティックギターでギターの基礎を学んで行ったんだ。」
不穏なピアノの絶景から荒れ狂ポリリズムギターの雪崩へと繭を開くオープナー “Pupa” はプレイヤー、コンポーザーの両面から Richard のユーティリティー性を描写する絶佳の招待状です。
演奏者としてのハイブリッドな才能は続くタイトルトラック “Cocoon” で一層露わになります。「僕は BON IVER や James Blake の大ファンなんだけど、彼らからボコーダーのインスピレーションを得たんだよ。」Richard を歌の地平へと駆り立てたのは、真のプログレッシブを音楽面、テクノロジーの面でも開拓するコンテンポラリーなアーティストでした。
「作曲やレコーディングにおいて、音楽の境界を少しでも広げるなら、僕はモダンなテクノロジーも楽しんで使用しているんだ。」その言葉は CHON のチルグルーヴを帆に受ける “Silken Chains”、アンビエントやエレクトロニカを存分に抱きしめた風光 “Limbo”、hip-hop を咀嚼する “Lunar Room” が証明しています。
同時に “Cocoon” の繭は彼の中の “ジャズ” を開花させました。敬愛する DREAM THEATER のトリッキーで複雑怪奇な遺伝子を受け継ぎながら、Eric Dolphy のサクスフォンで21世紀のプログメタル異常者を演じる Richard の異能、インテンスのダンスは THANK YOU SCIENTIST と肩を並べます。
「僕は別バンド NOVA COLLECTIVE ではよりジャズの方向を目指していて、HAKEN はもちろんプログメタルの領域にあるね。だからこのソロプロジェクトで両方の影響を等しく祝えるのはクールだよね。」
そうして、彼の中のジャズとプログメタルを並列に並べたパラレルワールド “Twisted Shadows” はまさしく現在の Richard を投影した交差する音影だと言えるでしょう。”Djent Reinhardt” よろしくメタルとジャズを交互に繰り出す Richard の両刃は、鍵盤の魔術師 Jordan Rudess のロックなアグレッションとしなやかに同化し未曾有のカタルシスを創出します。さらに HAKEN の盟友 Ross Jennings の憂いを帯びた “ゴキブリ王” の歌唱と LEPROUS を想起させるシンコペーションのリズムを伴った楽曲は、21世紀プログメタルの理想形とも言える多様性と冒険心を具現化していくのです。
David Maxim Micic, Marco Sfogli といったモダンギターヒーロー、新進気鋭 BENT KNEE のメンバー、さらに CYNIC の新ドラマーに任命された Matt Lynch の参加によって、”The Cocoon” が一際強力な現代プログレッシブの怪気炎、目眩く桃源郷となっていることを付け加えて置きましょう。
今回弊誌では、Richard Henshall にインタビューを行うことができました。「僕はいつだって貴重な時間を割いて僕たちの音楽を聴いてくれる誰にでも大きな感謝を捧げているんだよ。だって世界は素晴らしい音楽に充ちていて、その中から選んでくれているんだからね。」 どうぞ!!

RICHARD HENSHALL “THE COCOON” : 10/10

INTERVIEW WITH RICHARD HENSHALL

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【RICHARD】: I was lucky enough to grow up in a musical environment. My Mum was a piano teacher, so I naturally owe a lot of my musical growth to her. I vividly remember waking up at the weekends to the soothing tones of Chopin, Bach and Debussy being taught downstairs, which most certainly got the musical cogs turning in my head. I would say this is essentially where my relationship with music started. I soon moved on to some heavier influences through digging around in my Dad’s record collection. He regularly listened to large amount of Queen, Pink Floyd and Led Zeppelin, which undoubtedly inspired me to pursue a career in a band.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【RICHARD】: 僕はかなり恵まれた音楽環境で育ったんだ。母はピアノの先生だったから、彼女から自然と多くの音楽的な素養を学ぶこととなったね。
今でも鮮明に覚えているけど、週末の朝目覚めると下の階から母がショパンやバッハ、ドゥビッシーを教えている心地よい音が聴こえてくるんだよ。間違いなく頭の中を巡る音楽の歯車を形成したね。音楽との関係を始めるにあたって不可欠な影響だったよ。
そこからすぐに、父のレコードコレクションからよりヘヴィーな領域を探り始めたんだ。彼はいつも QUEEN, PINK FLOYD, LED ZEPPELIN を沢山聴いていたからね。バンドでキャリアを追求するにあたってあの時期が大きなインスピレーションになったのは疑う余地もないね。

Q2: Actually, I’m also big To-Mera fan and you were keyboard player there. What inspired you to start playing guitar, keyboard and using Strandberg? Who was your musical hero at that time?

【RICHARD】: It’s great to hear that you’re a fan of To-Mera! Unfortunately, due to life getting in the way, it’s been quite a while since we’ve been active, but I have fond memories of playing with those guys. It was great to be in a band where I could focus solely on my keyboard playing and not worry about jumping between instruments. As I mentioned before, Piano was my first love with music and is often something I gravitate toward when I’m looking for some kind of creative release. When growing up, I also had an acoustic guitar lying around in my house, which I ended I ended up using to teach myself the basics. When I was around 16 I discovered the likes of Dream Theater and Opeth and decided to take the guitar more seriously in a disciplined, samurai-like fashion. John Petrucci’s Rock Discipline and Guthrie Govan’s Creative Guitar books were instrumental in my musical growth around that time. Over the last five years I’ve been using Strandberg Guitars and I couldn’t be happier. They are incredibly light and ergonomic which suits my style of playing perfectly. I also love how portable they are, which is perfect for the amount of travelling I do.

Q2: 私は TO-MERA の大ファンでもあるのですが、あなたはあのバンドではキーボードをプレイしていましたよね?

【RICHARD】: 君が TO-MERA のファンだと聞けて嬉しいよ。残念ながら色々と障害があって、かなり長い間活動はしていないんだけど彼らとプレイしていた思い出は大事にしているよ。楽器を行ったり来たりせず、キーボードだけに集中出来るバンドに加われて良かったよ。
さっきも言ったけど、ピアノは僕が初めて恋に落ちた楽器だし、創造性の解放を求める時しばしば重点を置く楽器でもあるんだよ。同時に、家にあったアコースティックギターでギターの基礎を学んで行ったんだ。
16歳くらいの頃、DREAM THEATER や OPETH を発見してより真剣にギターに取り組むことを決めたんだ。それこそ侍のように訓練を重ねてね。John Petrucci の “Rock Discipline” と Guthrie Govan の “Creative Guitar Books” はあの頃の僕の音楽的な成長にとって重要な役割を果たしたね。
ここ5年ほどは Strandberg のギターを使っていてとても満足しているんだ。信じられないくらい軽くて人間工学に基づいているから、僕のプレイスタイルに完璧にフィットするんだよ。それに持ち運びしやすくて、旅行に適しているのも気に入っているよ。

Q3: Definitely you are the moving spirit of Haken. So, I think you can do almost everything you want in the band. But what made you making your solo record this time now?

【RICHARD】: Making a solo record is something that’s been bubbling away in my brain for some time now. Over the last few years Haken has started to collaborate a lot more with the writing, so it felt like the perfect time to release ‘The Cocoon’. I’ve been working a lot of the ideas for around 4 years in the small pockets of time between all the touring I’ve been doing recently, and have recently found the inclination and drive to bring it to fruition over the last year or so. Not working to any specific deadline and having no one to bounce the ideas off was definitely a double-edged sword. On one hand, it allowed me to fully engross myself in the music and be as creative and elaborate with my ideas as desired, but on the other hand, it was often difficult to know when a song was finished! Ultimately, I found the process extremely liberating.

Q3: もちろん、あなたは HAKEN の中心人物で原動力です。音楽的な望みは HAKEN でほぼ叶うようにも思えるのですが、なぜこのタイミングでソロアルバムを制作したのでしょうか?

【RICHARD】: ソロアルバムのアイデアはしばらく前から僕の頭の中をふつふつと巡っていたんだ。ここ何年か、HAKEN は作曲の面で以前よりもメンバー間のコラボレートが増えているんだ。だから “The Cocoon” をリリースする完璧なタイミングに思えたんだよ。
僕は4年間、忙しいツアーの合間を縫って沢山のアイデアを試していたんだ。昨年かそのくらいから、アルバムを制作しようという意欲を得たんだよ。
特別な締め切りもなく、アイデアを否定する人がいないって状況は間違いなく諸刃の剣だったね。一方では、音楽に夢中になり、思い通りに創造力を発揮し、アイデアに精通することができたんだけど、その反面、楽曲の完成を判断するのが難しくてね! 最終的に、このプロセスは非常に自由で解放的だと気づいたんだ。

Q4: I really love Eric Dolphy-esque saxophone in “Cocoon” and Djenty Django like jazz guitar in “Twisted Shadows”. Actually, “The Cocoon” is one of the most perfect record mixing jazz and prog/metal, I think. What’s your perspective about that?

【RICHARD】: Thanks so much. I was totally going for that vibe with ‘Twisted Shadows’. I wanted there to be a strong sense of juxtaposition between the quirky jazz sections and the hard hitting metallic parts, so I tried to emphasise them as much as possible for dramatic effect. I’m glad it came across well. I’ve always enjoyed injected some zanier, experimental influences in my music, and I’ve definitely have channelled a lot of that stuff into this track.
The Saxophone solo in ‘Cocoon’ by Adam Carrillo is one of my favourite parts of the album. He added a looser dimension to the music, which really helped take it to some unchartered territories. I will definitely be exploring this freer approach as I move forward with the next album. My other band Nova Collective leans more toward the jazz end of the spectrum, and Haken in arguably more in the prog/metal camp, so it was cool to have this project where I could celebrate all my influences equally.

Q4: 例えば、”Cocoon” の Eric Dolphy ライクなサクスフォンや、”Twisted Shadows” の Djenty な Django といった趣のギターリックを聴けば、”The Cocoon” がジャズとプログメタルの完璧なミックスだと感じます。

【RICHARD】: どうもありがとう。僕は “Twisted Shadows” で間違いなくそういったヴァイブを求めていたね。つまり風変わりなジャズセクションと、ハードなメタリックパートを強く並列に置きたかったんだよ。だからその対比を強調してドラマティックな効果を可能な限り生みたかったんだ。だからそういった印象を与えられて嬉しいよ。僕はいつも風変わりだったり、実験的な影響を音楽に抽出して楽しんでいるんだ。特にこの曲には、間違いなく多くの挑戦的なマテリアルを組み込んだよ。
“Cocoon” のサックスソロは Adam Carrillo がプレイしていて、アルバムの中でもフェイバリットパートの一つだよ。彼はアルバムによりゆったりした次元を加えてくれたね。そうして未踏の領域へ進む手助けをしてくれたんだ。次のアルバムでは、間違いなくより自由な領域へと進むつもりだよ。
僕は別バンド NOVA COLLECTIVE ではよりジャズの方向を目指していて、HAKEN はもちろんプログメタルの領域にあるね。だからこのソロプロジェクトで両方の影響を等しく祝えるのはクールだよね。

Q5: Sometimes, there is vocoder like effect, but your voice adds great atmosphere to this record. Maybe, singing is new challenge for you, right?

【RICHARD】: I’m relieved to hear that the vocals have come across well. I’ve never really seen myself as a vocalist; so diving headfirst into something like this pushed me completely out of my comfort zone. I’ve sung backing vocals live for Haken over the last few years, but recording lead vocals for a full album was an entirely different ball game. I definitely found the whole process challenging and a little daunting, but it ultimately became extremely rewarding in the end. I’m huge fan of Bon Iver and James Blake, which is where I got the inspiration for the vocoder effects. I’ve generally always enjoyed embracing modern techniques when it comes to composition and recording as it allows you to push the musical boundaries a little further.

Q5: 時にボコーダーのエフェクトを纏ったあなたの声もアルバムに異質なアトモスフィアを加えています。
ボーカルもあなたにとっては新たなチャレンジですよね?

【RICHARD】: 僕のボーカルが機能していると聞いて安心したよ。まあ自分のことをボーカリストだと思ったことはないんだけどね。だから頭からダイビングするように完全に未知の領域へと飛び込んでいったんだよ。
ここ何年か、HAKEN ではライブのバッキングボーカルはやっていたんだけど、アルバムを通してリードボーカルを歌うのは全く別のチャレンジだからね。全てが困難な挑戦だと悟ったよ。だけど最終的には究極に報われたんだ。
僕は BON IVER や James Blake の大ファンなんだけど、彼らからボコーダーのインスピレーションを得たんだよ。作曲やレコーディングにおいて、音楽の境界を少しでも広げるなら、僕はモダンなテクノロジーも楽しんで使用しているんだよ。

Q6: Jordan Rudess played in “Twisted Shadows”. Also, you played Mike Portnoy’s Shattered Fortress before. So, it seems you have good connection with Dream Theater members now. What’s playing with them to you?

【RICHARD】: Dream Theater have been a huge influence on me over the years. They were essentially one of the reasons we decided to form Haken. Jordan’s first album with them was ‘Scenes from a Memory’, and it still remains one of my favourites of all time. His writing and playing has certainly had a huge impact on me, so to have him on one my own tracks is the greatest honour.
Same goes for Mike. Some of my fondest memories of seeing them live were with Mike in the band at Hammersmith Apollo in London. Mike always projected so much passion into his performance, which is something I always strive to achieve. Being invited to play some of my favourite songs with him was a dream come true. It was amazing to share and celebrate Dream Theater’s amazing music with the fans.

Q6: “Twisted Shadows” では DREAM THEATER の Jordan Rudess がプレイしていますね。
あなたは以前 Mike Portnoy の SHATTERED FORTRESS でプレイしていましたし、DREAM THEATER との繋がりも深いようですね?

【RICHARD】: DREAM THEATER は僕に何年もずっと巨大な影響を与え続けてきたね。実際、僕たちが HAKEN を結成した不可欠な理由の一つが DREAM THEATER なんだから。Jordan が DT に加入してはじめてのアルバムが “Scenes From A Memory” だったね。そしてあのアルバムは今でも僕のフェイバリットの一つなんだ。彼の作曲と演奏は、間違いなく僕に大きなインパクトを与えたよ。だから僕のアルバムの一曲に彼が参加してくれてとても光栄なんだ。
同じことは Mike にも言えるね。彼らのライブを見た思い出の中で最高なものが、彼がいた時代のロンドンのハマースミスアポロだから。Mike はいつも溢れる彼の情熱をそのパフォーマンスに投影していたね。その姿はいつも僕が追い求めているものなんだ。
僕の大好きな DT の楽曲を彼とプレイする機会が得られたことは、まさに夢が叶ったって感じだったね。ファンと DT の素晴らしい音楽をシェアし祝えて最高だったよ。

Q7: Guest appearance, Marco Sfogli and David Maxim Micic are new generations of guitar hero as well as you. From your perspective, what’s the difference between you three?

【RICHARD】: David and Marco are two of my favourite guitarists so to have them feature on ‘The Cocoon’ was a huge honou. I first became aware of David’s work after hearing his mind blowing Bilo 3 album. It’s an incredibly dynamic musical odyssey that really completely grabbed my attention. I’ve since recorded on a couple of his releases, so it was great to finally have him on something I’ve written.
I first heard Marco’s jaw dropping guitar work on James Labrie’s solo album, ‘Elements of Persuasion’, and soon after heard his insane fusion chops on ‘Ego’ by Alex Argento. I finally met him on Cruise to the Edge last year, when he joined Haken on stage for a cover of 21st Century Schizoid Man. They’re both inspiring players and I couldn’t be happier with their performances on ‘The Cocoon’.

Q7: さらに Marco Sfogli と David Maxim Micic のゲスト参加で、あなたを含め新世代ギターヒーロー揃い踏みの作品にもなっています。プレイヤーとしての3人にはどの様な特徴がありますか?

【RICHARD】: David と Marco は僕のフェイバリットギタリスト2人なんだ。だから彼らを “The Cocoon” にフィーチャー出来てとても光栄だよ。僕がはじめて David を知ったのはあの素晴らしき “Bilo 3” アルバムだったね。信じられないくらいダイナミックなミュージカルオデッセイで、完全に僕の心を掴んだんだ。それから何度か彼の作品に参加したから、遂に今度は彼を僕の作品に招くことができて嬉しいね。
Marco の驚異的なギターワークをはじめて聴いたのは、James Labrie のソロアルバム “Elements of Persuasion” だったね。それからすぐ、Alex Argento との狂気のフュージョン “Ego” を聴いたんだ。昨年の Cruise to the Edge で遂に彼と会うことができて、あの時は彼が HAKEN に加わって “21st Century Schizoid Man” をプレイしたんだよ。
両者からインスパイアされているし、アルバムでの彼らのパフォーマンスにはとても満足しているんだ。

Q8: So, it seems Haken and you are last hope of prog scene. Most of prog giants are getting older, and the term “Progressive” fits more to other genre’s young stars like Black metal, Sludge metal, Alternative, and Jazz. Do you want to prog rock/metal great again?

【RICHARD】: Thanks for your kind words! It’s great to know that people are supporting what we’re doing. The continued support we’ve from our fans over the years is something we’re hugely grateful for. When it comes to writing, we try not to steer the music in any specific direction by thinking too much about whether it’s “prog” or “metal”. It’s important to us that we don’t let any weight of expectation influence our music, we just write want we want to hear and can only hope that people will enjoy it.
With the digital revolution and the advent of streaming, the musical market has become extremely oversaturated, which can often make it a little overwhelming when looking for new music. However I do think there’s wealth of great music out there if you dig deep enough. I’m always hugely appreciative that anyone gives their precious time to listen to our music, especially since there’s some much amazing stuff out there.

Q8: プログの巨人たちは歳を重ね、さらに “プログレッシブ” という言葉自体も現在は他のジャンルにこそよりフィットするようにも思えます。そんな中、HAKEN はプログワールド最後の希望ではないでしょうか?

【RICHARD】: ありがとう!みんなが僕たちの活動を支持してくれていて嬉しいね。何年にも渡ってファンから受けているサポートには、本当に感謝しているんだよ。作曲にかんして僕たちは、これがプログなのかメタルなのか考えすぎて特定の方向性へ舵を切ったりはしないようにしているよ。特定の影響に重きを置かないことが重要なんだ。ただ自分たちが聴きたい音楽を書いて、ただ望むのはファンが楽しんでくれることだけなのさ。
デジタル革命とストリーミングの進化によって、音楽マーケットは究極に過飽和の状態になっていて、新たな音楽を探す時に少し圧倒されたりもするよね。だけど、充分に深くディグれば、必ず豊富な偉大な音楽と出会えると信じているんだ。
だから、僕はいつだって貴重な時間を割いて僕たちの音楽を聴いてくれる誰にでも大きな感謝を捧げているんだよ。だって世界は素晴らしい音楽に充ちていて、その中から選んでくれているんだからね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED RICHARD’S LIFE

This is a tricky one! My music tastes are always changing but here are five albums that have really inspred me over the years:

OPETH “STILL LIFE”

Still life is a masterclass in juxtaposition and balance that is realised in such a clean and precise way. It’s been 18 years since I first heard Still Life, and it continues to inspire me each time I hear it.

精密でクリーンに並行性とバランスを実現したマスタークラスのレコード。初めて聴いてから18年経つけど今でも聴くたびにインスパイアされつづけているね。

TIGRAN HAMASYAN “SHADOW THEATER”

‘Shadow Theater’ is a polyrhythmic jazz odyssey that continues to melt my brain time after time in the best possible way.

ポリリズミックなジャズオデッセイで、僕の脳を最高のやり方で溶かしつづけているよ。

DEVIN TOWNSEND “TERRIA”

‘Terria’ is a broad, multifaceted and deeply atmospheric record that always evokes a number of emotions in me, which is why it will always be one of my favourite albums of all time.

幅広く、マルチな顔を持つアトモスフェリックなレコード。いつも沢山の感情を掻き立ててくれるね。だからこそオールタイムフェイバリットの一つなのさ。

RADIOHEAD “KID A”

Kid A really embodies the limitless and viciously experimental spirit of Radiohead’s music, which is what I essentially find so appealing about them. It’s a special album that came at just the right time for me.

限界なき Radiohead ミュージックの実験的な精神を体現しているね。それは僕にとって彼らの音楽に欠かせないものだ。人生の完璧なタイミングに現れた特別なアルバムさ。

DREAM THEATER “METROPOLIS PT.2: SCENES FROM A MEMORY”

Scenes from a Memory is a perfectly realised prog album that continues to inspire me. It’s undoubtedly their piece de resistance!

完璧なプログアルバムを体現して僕をインスパイアし続けている。疑いようもなく彼らの反抗の証しさ!

MESSAGE FOR JAPAN

Thanks you for reading. I travelled around Japan for a month last year with my family and fell in love with your culture and jaw dropping landscapes. It definitely left a lasting impression on me. I would love to one day and play some music for you guys!

インタビューを読んでくれてありがとう!昨年僕は一月ほど家族と日本を旅行して、文化や素晴らしい景観の虜になったんだ。間違いなく僕の中に不朽のインパクトを残したね。いつか君たちのためにプレイしたいよ!

RICHARD HENSHALL

RICHARD HENSHALL Facebook Page
RICHARD HENSHALL Bandcamp
HAKEN Facebook Page
HAKEN Official Site
INSIDE OUT MUSIC

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です