NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ALARUM : CIRCLE’S END】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MARK PALFREYMAN OF ALARUM !!

“Bands Like Atheist And Cynic Were Big Influences On Our Band And Helped Inspire Us To Explore What We Could Do With Music. They Both Covered a Lot Of Ground And Continue To Do So.”

DISC REVIEW “CIRCLE’S END”

「僕たちが楽しんで聴いている音楽には、これまであまりヘヴィな音楽には混ざっていなかったスタイルがたくさんあるんだよね。だから様々な音を混ぜ合わせた音楽を書くのは、今でも楽しくてやりがいがあるよ。これからさらにドラスティックになるんじゃないかな…」
タイトで正確で、ブラストビートからメロディックな遊覧飛行、さらにフュージョンの小宇宙まで、すべてを備えたメルボルンのベテランプログデス ALARUM の帰還はあまりに鮮烈でした。
「ATHEIST や CYNIC のようなバンドは、僕らに大きな影響を与えてくれたし、音楽で何ができるかを探求するためのインスピレーションを与えてくれたんだ。彼らは共に多くの分野をカバーしてきたし、今もそうしている。」
近年、モダンプログ/メタルの聖地として活況を呈するオーストラリア。ただし、90年代から活動を続けるメタルアクトは決して多くはありません。ALARUM はそんな稀有な存在の一つです。
さらに驚くべきは、彼らが当時からモダンメタルの多様な精神を宿していたことでしょう。CYNIC, ATHEIST, PESTILENCE, DEATH といった勇敢な登山家たちを崇拝し、オンタイムでその挑戦心を抱きしめていたわけですから不思議ではありませんね。そうして特筆すべきは、ALARUM がオーストラリアの燦々とした陽光を全身で浴びている点でしょう。
「”Crystals” は何か違うものだよね。僕たちの歌詞の多くはより高揚感のあるものだから、それを反映した音楽を取り入れるのは自然なことなんだ。」
自己実現や宇宙、科学をテーマとした “Circle’s End” において、やはり際立つのはそのアップリフティングな音の葉でした。アルバムの中盤に現れる “Crystal” は、女性ボーカルを配し、軽快で知的、80年代のジャパニーズフュージョンのようなパステルカラーを纏うインタルード。そこから異能の冒険 “Sand” を導きます。
Devin Townsend が放つ壮大なサウンドスケープを彷彿とさせながら、メタルの壁とフュージョン壁をいとも容易く溶解し時に対比させ、13thコードを STRAPPING YOUNG LAD へも突きつけます。ヘヴィーなセクションから舞い上がるコーラスパートはキーボードの陽光が降り注ぎ、CACOPHONY の重なるギターラインまで追体験させる多様な砂嵐。
フュージョンといえば、Pat Metheny を見るまでもなく、ワールドミュージックへの憧憬が重要なインスピレーションとなっていますが、ALARUM のメタルも世界を巡る旅行記の様相を呈します。
“War of Nerves” では大胆なサンバのリズムとパーカッションでリオのカーニバルを訪れ、”In Spiral” ではカリブ海でラテンのダンスに興じ、さらには “Thoughts to Measure” で東欧チェコの山々まで訪れポルカのワルツで邪悪を踊るのです。ただし、冒険の中においても、デスメタルの獰猛や暗闇、ハイテクニックを一握りも失わず、斬新な世界観やエセリアルな情景とコントラストを描くのが彼らのやり方です。
そうしてアルバムは、CYNIC の宇宙的アトモスフィアを再創造する “Sojourn” でその幕を閉じるのです。
今回弊誌では、ボーカル/ベースのフロントマン Mark Palfreyman にインタビューすることができました。「MESHUGGAH が自分たちのスタイルを形成してきた方法が本当に好きだし、他の多くの人に影響を与えて、よりテクニカルなリズム/パルスやフォームを音楽に取り入れてきたのは素晴らしいことだよ。彼らはそのメソッドやテクニックの王様だよ。」 どうぞ!!

ALARUM “CIRCLE’S END” : 10/10

INTERVIEW WITH MARK PALFREYMAN

Q1: I understand that you guys formed in 1992, right? At that time there were not many bands in Australia playing progressive/technical death metal like you do, would you agree?

【MARK】: Alarum originally formed around 1992. Starting as a high school metal band, it became death metal after some line-up changes.
The vocalist Luke Morris got throat nodules, the band had some other issues and by 1995 had stopped/went into hiatus.
I was playing in a couple of bands since the late 80’s, early 90’s – Chaos Mongers (thrash/crossover/punk) and Evil Mist (Tech/Prog Thrash) and was friends with original Alarum vocalist/bassist Stephen Wattie.
He mentioned to me in 1995 that drummer Matt Racovalis was looking to start a new band after Alarum and was looking for a bass player.
His school mate Scott Young was on guitar and the 3 of us started jamming.
We jammed songs by Pantera, Alice In Chains, Satriani, Sepultura, Kreator, Faith No More, Metallica etc and started writing original material.
It was clear that we all had a broad range of influences and were interested in playing more than just death metal.
Friends and previous Alarum members watched us rehearse and it was decided late 1995 to restart Alarum with Scott on guitar, Matt on drums, myself on bass, Mark Evans on guitar and Luke on vocals.
As we began writing songs we all realised a mutual love of bands such as Death, Atheist, Cynic, Pestilence, Satriani etc so we set out to explore writing music that was open to bringing in different elements to combine with metal.
We did one show in Jan 1996 as a 5-piece band.
When recording a demo mid 1996, Luke decided to leave the band and I took over on vocal duties.
At that time, there weren’t many bands playing progressive/technical metal and we got out and played shows with many different bands. Our shows were well received however at the time our music went over a lot of people’s heads.
Some other Australian bands from late 80’s/90’s/early 2000’s that played a more progressive/technical style of metal were Taramis, Alchemist, Vanishing Point, Omnium Gatherum (Omnium), Death’s Boundaries & Psycroptic.

Q1: ALARUM の結成は1992年でかなりのベテランと言えますよね。
当時あなたたちのようなプログ/テクニカルテスメタルをプレイするバンドは、オーストラリアにはほぼいなかったと思うのですが。

【MARK】: ALARUM は1992年頃に結成された。高校生のメタルバンドとしてスタートして、何度かのメンバーチェンジを経てデスメタルになったんだ。ボーカルの Luke Morris が喉の結節を患い、他にもいくつかの問題を抱え、1995年にはバンドは活動を停止し、活動休止状態に陥ったんだ。
僕は80年代後半から90年代前半にかけて CHAOS MONGERS(スラッシュ/クロスオーバー/パンク)や EVIL MIST(テック/プログスラッシュ)といったバンドでプレイしていて、オリジナルの ALARUM のボーカリスト/ベーシストである Stephen Wattie とは友人だった。彼は1995年にドラマーの Matt Racovalis が ALARUM の後に新しいバンドを始めようとしていてベーシストを探していることを僕に話してくれたんだ。
そこでは彼のスクールメイトの Scott Young がギターを弾いていて、3人でジャムを始めたんだよ。PANTERA, ALICE IN CHAINS, Joe Satriani, SEPLTURA, KREATOR, FAITH NO MORE, METALLICA などの曲をジャムって、オリジナル曲を書き始めた。僕たちは皆、幅広い影響を受けていて、ただのデスメタル以上のものをプレイすることに興味を持っていることは明らかだったね。
友人や以前の ALARUM のメンバーが僕たちのリハーサルを見ていたからね。それで、1995年の終わりにギターの Scott、ドラムの Matt、ベースの僕、ギターの Mark Evance、ボーカルの Luke で ALARUM を再開することが決定したんだよ。
曲を書いていくうちに、DEATH, ATHEIST, CYNIC, PESTILENCE, Satrani みたいなバンドが好きだということにみんなが気付いたんだね。1996年1月に5人組バンドとしてはじめてのライヴを行った。1996年の半ばにデモを録音した時、Luke がバンドを脱退することを決めて、俺がヴォーカルも担当することになったんだ。
当時はプログレッシヴ/テクニカルメタルを演奏しているバンドがあまりいなかったから、僕らは様々なバンドとライブを行ったよ。僕たちショーは評判が良かったけど、ただ当時は僕たちの音楽は多くの人の想像を超えたものだったからね。
80年代後半/90年代/2000年代前半のオーストラリアで、よりプログレッシブ/テクニカルなスタイルのメタルを演奏していたのは、TARAMIS, ALCHEMIST, VANISHING POINT, OMNIUM GATHERUM, DEATH’S BOUNDARIES, PSYCROPTIC なんかだね。

Q2: Your musicianship and high technique is phenomenal. When you first started playing your instrument, what musicians were your heroes?

【MARK】: Thank you for your kind words!
When I started playing bass and singing around 1987, my heroes were (and still are) Cliff Burton (Metallica), Dan Lilker (S.O.D/Nuclear Assault), Tom Araya (Slayer), Phil Rind (Sacred Reich), Rob Nicholson (Cryptic Slaughter), Chuck Schuldiner (Death), Schmier (Destruction) & Louis Johnson. As I grew older and discovered other music beyond thrash metal/crossover the hero list expanded much more.

Q2: あなたたちのミュージシャンシップやテクニックは驚異的ですね。楽器をはじめたときのヒーローは誰だったんですか?

【MARK】: どうもありがとう。1987年頃にベースと歌を始めた頃、僕のヒーローはCliff Burton (METALLICA), Dan Lilker (S.O.D/NUCLEAR ASSAULT), Tom Araya (SLAYER), Phil Rind (SACRED REICH), Rob Nicholson (CRYPTIC SLAUGHTER), Chuck Schuldiner (DEATH), Schmier (DESTRUCTION) そして Louis Johnson だったね。今もそうなんだけど。そして大人になり、スラッシュメタル/クロスオーバーを超えた他の音楽を発見するにつれ、ヒーローのリストはさらに拡大していったんだ。

Q3: It has been nine years since your last album “Natural Causes”. Why did it take so long?

【MARK】: There are many reasons.
Shortly before releasing Natural Causes, guitarist Mark left.
John Sanders joined Alarum at that point and after the Natural Causes album release, years were spent touring and working on writing/demoing Circle’s End material.
A few different line-up changes occurred during the process (including Ryan Williams/guitar, Rob Brens/drums leaving) which added delay as we went through some stop and start stages.
Scott had re-joined Alarum in late 2012 and drummer Ben Hocking from The Levitation Hex (another band Scott & I play in) helped us record the drums in 2017.
Once drums were recorded we spent a couple of years recording the rest of the album and producing/mixing it together with Neil Kernon.
Once completed, another year passed until it’s release (delayed with label shopping and our original release date being pushed back 4 months due to delay with album manufacturing/ album tour cancelation and covid issues).
Time flies when you’re having fun!

Q3: 前作’ “Natural Causes” をリリースしてから、9年という長い時間が経ちました。

【MARK】: 理由はいろいろあるんだ。まず “Natural Causes” をリリースする少し前にギタリストの Mark が脱退した。John Sanders はこの時点で ALRAUM に加入していて、”Natural Causes” のリリース後、ツアーや “Circle’s End” の曲作り、デモに何年も費やしたんだ。その過程で何度かラインナップの変更があり(Ryan Williams (ギター)、Rob Brens (ドラムス)の脱退を含む)、そのために何度かの中断と再開を経て、さらに遅れをとってしまったんだね。
Scott は2012年後半に ALRAUM に再加入し、2017年には THE LEVITVION HEX(スコットと私がプレイしている別のバンド)のドラマー Ben Hocking がドラムのレコーディングを手伝ってくれた。ドラムが録音されると、僕たちは数年かけてアルバムの残りの部分を録音し、Neil Kernon と一緒にプロデュース/ミックスを行なったんだ。
完成すると、リリースまでにさらに1年が経過したね(当初のリリース予定はアルバム製造の遅れやツアーのキャンセル、コロナの問題で4ヶ月延期された)。まあ楽しんでいると、時間が経つのは早いものさ!

Q4: In order to immerse myself more deeply into the world of “Circle’s End”, could you tell us about the concept of the album and the theme of the lyrics?

【MARK】: Firstly, we really wanted to stay true to the themes the band had touched on previously.
Self-realization, self-improvement, the search for understanding, meaning and purpose in life, humanities place in the universe, science and even pseudo-science.
Then it started to come together during the course of several discussions regarding how long John had been in the band without releasing anything he had actually played on or written and the fact that much of the material Scott and I were contributing was written before Natural Causes was released.
In the case of Scott, he had quit the band in 2007 when Natural Causes was starting to be put together. He had originally hoped to use most of this material on that album.
So, for Scott and myself this was somewhat a closing of a chapter or coming to an end of that particular era.
Then in terms of John, it was the beginning of a new era in the band for him where he would actually be playing material he had written.
What ends where it begins? Or begins where it ends? – a circle.
Scott had wanted to use the title Circle’s End since he had come across the band of the same name in 2008 and now this felt like the perfect fit.
Because this felt like it was both an end and a beginning we decided to reflect the artwork from the previous releases in this artwork. If people look closely they may be able to find references to the first three albums.

Q4: “Circle’s End” の世界へより没入するため、アルバムのコンセプトについて伺いたいのですが?

【MARK】: まず第一に、僕たちはバンドがこれまでに触れてきたテーマに忠実でありたいと思っていたんだ。自己実現、自己改善、人生における理解、意味、目的の探求、宇宙における人文科学の位置、科学、さらには疑似科学。
それから、John がこのバンドにいながら実際に演奏したり書いたりしたものをリリースしていない期間がどれだけ長かったか、また、Scott と僕が貢献した曲の多くが “Natural Causes” がリリースされる前に書かれていたという事実について何度か議論をしているうちに、構想がまとまり始めたんだ。
Scott の場合は、”Natural Causes” が完成し始めた2007年にバンドを脱退していたんだけど、元々は、”Circle’s End” のほとんどを “Natural Causes” で使いたいと思っていたんだ。だから、Scott にとっても僕にとっても、これはある特定の時代の終わりを告げるものだったんだよ。
John にとっては、彼が書いた曲を実際に演奏するという新しい時代の始まりだったんだ。
始まる場所で終わるのか?それとも終わりから始まるのか?それがサークルの意味なんだ。
Scott は2008年に同名のバンドに出会って以来、”Circle’s End” というタイトルを使いたいと思っていた。このアルバムは終わりでもあり始まりでもあるように感じられたから、アートワークには過去のリリースからのアートワークを反映させることにしたんだ。よく見ると、最初の3枚のアルバムを参照しているのが分かるかもしれないね。

Q5: Bands like Atheist and Cynic, for example, show influences from the cosmic atmosphere and jazz/fusion, but your approach is more daring and drastic, would you agree?

【MARK】: Bands like Atheist and Cynic were big influences on our band and helped inspire us to explore what we could do with music. They both covered a lot of ground and continue to do so.
There’s so many styles of music that we enjoy listening to and which have not often been mixed in with heavy music by many.
It is still fun and challenging for us to write music that blends different sounds together, let’s see how much more daring and drastic we can get…

Q5: 例えば ATHEIST や CYNIC のようなバンドは、コズミックなアトモスフィアとジャズ/フュージョンからの影響を提示していましたが、あなたたちはもっとドラスティックに大胆にその側面を活用していますよね?

【MARK】: ATHEIST や CYNIC のようなバンドは、僕らに大きな影響を与えてくれたし、音楽で何ができるかを探求するためのインスピレーションを与えてくれたんだ。彼らは共に多くの分野をカバーしてきたし、今もそうしている。
僕たちが楽しんで聴いている音楽には、これまであまりヘヴィな音楽には混ざっていなかったスタイルがたくさんあるんだよね。だから様々な音を混ぜ合わせた音楽を書くのは、今でも楽しくてやりがいがあるよ。これからさらにドラスティックになるんじゃないかな…

Q6: Because in the realm of death metal where darkness reigns, ethereal and uplifting sounds like “Crystals” are really rare, right? It’s a truly unheard of contrast, isn’t it?

【MARK】: It is something different that’s for sure.
A lot of our lyrics are of a more uplifting nature so it comes naturally that we incorporate some music to reflect this.
Crystals is an idea which John bought in and helps break up the heavier side of our music.
It also features some guest musicians which was something new for us to try.
On our previous 3 albums, we did have parts of the albums which were more ethereal and uplifting also.
Interludes are something we also like to include as part of the listening journey.

Q6: ダークなデスメタルの世界において、”Crystals” のようなエセリアルでアップリフティングな音の葉は非常にレアですよね。これまで聴いたことのないようなコントラストが生まれていますよ。

【MARK】: 確かにあれは何か違うものだよね。僕たちの歌詞の多くはより高揚感のあるものだから、それを反映した音楽を取り入れるのは自然なことなんだ。
“Crystals” は、John が持ち込んでくれたアイデアで、僕らの音楽のヘビーな側面を打ち破るのに役立っている。それに、何人かのゲストミュージシャンが参加しているけど、これは僕たちにとって新しい試みだったね。これまでの3枚のアルバムでは、よりエフォートレスで高揚感のある部分もあったんだ。
インタールードもまた、リスニングにおける旅の一部として取り入れたいと思っているんだよ。

Q7: “Sand” is my fave! I felt the influence of Larry Carlton, Lee Ritenour, and also more specifically Japanese Fusion like Casiopea. Do you listen to Japanese fusion music?

【MARK】: Sand has had some great feedback from listeners and reviews. A song John bought in also. It’s the first album that he has been on since joining the band around 9 years ago so great to have our music out which he is a part of. I am not familiar with Japanese Fusion music myself. I will be checking it out and listening now though, thanks for heads up.

Q7: “Sand” は私のフェイバリットですよ。ラリー・カールトンや、もっと言えば CASIOPEA のような日本のフュージョンにも通じる雰囲気を感じました。

【MARK】: たしかに “Sand” は、リスナーからの評価やレビューがとても良かったね。これも John が持ち込んだ曲。彼が9年ほど前にバンドに加入して、初めてのアルバムだから、彼が参加している僕らの音楽が出てくるのは嬉しいよね。
僕自身、日本のフュージョン音楽にはあまり馴染みがないんだけど、これからチェックして聴いてみようと思うよ。教えてくれてありがとう。

Q8: While you were sleeping, there was a djent movement that originated from Meshuggah, right? How do you feel about their methods and techniques?

【MARK】: Meshuggah are pioneers, I was a big fan of Contradictions Collapse and Destroy Erase Improve when they came out.
John is a big fan of all their music.
I really like how they formed their own style and it’s awesome that they’ve influenced so many others to get more technical rhythms/pulses and forms into music. They are the kings of those methods and techniques.
As for the djent movement, it’s not something I listen to much though. There are some bands that I hear that I like some of their music, overall, it’s not a style of music that I connect to a lot or enjoy listening to often.

Q8: ALRAUM が眠っている間に、プログシーンには MESHUGGAH を由来とする djent のムーブメントが到来していましたね。彼らのメソッドやテクニックにはどう感じていますか?

【MARK】: MESHUGGAH はパイオニアで、僕は彼らが現れた時、 “Contradictions Collapse “と “Destroy Erase Improve “の大ファンだったね。John は彼らの音楽の大ファンなんだ。
彼らが自分たちのスタイルを形成してきた方法が本当に好きだし、他の多くの人に影響を与えて、よりテクニカルなリズム/パルスやフォームを音楽に取り入れてきたのは素晴らしいことだよ。彼らはそのメソッドやテクニックの王様だよ。
djentのムーブメントに関しては、僕はあまり聴かないんだけどね。いくつかのバンドを聴いていて、彼らの音楽が好きだと思うことはあるけど。全体的には、僕がよく聴く音楽のスタイルではないんだよね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED MARK’S LIFE

DEATH “SCREAM BLOODY GORE”

This release had me hooked on the band Death and love everything they did after this album also. I could not believe what I was hearing when Scream Bloody Gore first came out in 87.
I did a school music project on it where we had to review the music form and lyrics to a song, I picked Death – Regurgitated Guts.
Some fellow students in the class were not so impressed hahaha.

このリリースで DEATHというバンドにはまってしまったし、このアルバム以降の彼らの活動も全て好きになってしまった。87年に初めて “Scream Bloody Gore” が発売された時は信じられなかったよ。
私は学校の音楽プロジェクトで、曲の形と歌詞を見直さなければならなかったけれど、彼らの “Regurgitated Guts” を選んだよ。クラスの何人か、仲間の生徒たちはあまり感銘を受けていなかったけどね。

FORBIDDEN “TWISTED INTO FORM”

The musicianship and song writing blew me away, progressive/technical metal interest engaged.
In an interesting twist, our guitarist John grew up in USA and his band then Sinister Slam played shows with Forbidden back in the day.

音楽性と曲作りに圧倒され、プログレッシブ/テクニカルメタルに興味が湧いた。
興味深いことに、ギタリストの Johnはアメリカで育ったんだけど、当時の彼のバンドである SINISTER SLAM は当時の FORBIDDENとショーを行っていたんだよね。

ATHEIST “PIECE OF TIME”

When I first heard On They Slay on local radio it really blew me away.
Heavy, catchy, technical, and the bass was audible up in the mix.
We covered the song Piece of Time and in 2006 were very fortunate that Kelly Shaefer got up and sang it live with us in Florida while we were touring the USA with Necrophagist, Cattle Decapitation, Arsis & Neuraxis.
It was before the Atheist reformation shows and it was the first time Kelly had sung it live in 13 years. A very special moment for us also.

地元のラジオで “On They Slay” を初めて聴いた時は本当に感動したよ。
ヘヴィーでキャッチーでテクニカルで、ベースがミックスの中で聴こえてくるようなサウンドだった。
この曲をカバーしたんだけど、2006年に NECROPHAGIST, CATTLE DECAPITATION, ARSIS, NEURAXIS とツアーした時、Kelly Shaefer がフロリダでこの曲を一緒にライブで歌ってくれたのはとても幸運だった。
それは ATHEIST 再結成ライヴの前のことで、彼がこの曲を生で歌うのは13年ぶりのことだった。僕たちにとっても特別な瞬間だったよ。

ACID BATH “WHEN THE KITE STRING POPS”

I am a big D.R.I fan and used to buy their t-shirts from the band through their mail order forms on the records in the late 80’s.
One day I received a postcard in the mail about a new band and album produced by D.R.I guitarist Spike. I ordered a copy without hearing it. So glad I did.
Mind blown.
Blending different styles with contrast, it opened the doors of exploration for me.

僕は D.R.I の大ファンで、80年代後半のレコードではよく彼らのTシャツを通販で買っていたんだ。
ある日、郵便物の中に D.R.I のギタリスト、Spike がプロデュースした新しいバンド、アルバムの案内のハガキが届いた。僕はそれを聞かずに注文したんだ。聴いてよかった。
感動したよ。異なるスタイルを対比させながら融合させたこのアルバムは、僕にとって探求の扉を開いてくれた。

DAVE WECKL “MASTER PLAN”

First heard this when jamming with Matt and Scott in 1995.
This inspired me to listen to more than just metal and to explore more.
Alarum got to see Weckl play live in Melbourne and was an amazing show.

1995年に Matt と Scottとジャムをしていた時に初めて聴いた。これをきっかけに、僕はメタルだけではなく、もっと色々なものを聴きたいと思うようになったんだ。
メルボルンで Weckl のライブを見たが、素晴らしいショーだったね。

MESSAGE FOR JAPAN

Alarum are yet to make it Japan to play our music although you are on the top of our list of the places we would like to get to.We will continue to work on getting over there and hope to make that possible sometime soon.
Our website www.alarum.com has links to all our music, social media sites, webstore and more. Please check it out.
Thanks for your interest, time and support.

ALARUM はまだ日本には行ったことがないけど、行ってみたい場所のリストのトップに載っているよ。僕たちのウェブサイト http://www.alarum.com には、僕たちの音楽、SNS、ウェブストアなどへのリンクがあるよ。ぜひチェックしてみてね。
興味を持ってくれて、時間をとってくれて、応援してくれてありがとう。

MARK PALFREYMAN

ALARUM Facebook
ALARUM Official
Alarum Bandcamp

 

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です