NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【QUASARBORN : A PILL HARD TO SWALLOW】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH QUASARBORN !!

“I’d Like To Get As Far Away As Possible From Any Bands, And Develop a Style Of Music Which Will Make You Go: “Yup, That’s Quasarborn!” Like, When You Hear The Intro To “Reign in Blood”, or “South of Heaven”, You Just Know It’s Slayer.”

DISC REVIEW “A PILL HARD TO SWALLOW”

「自分も含めて、セルビアの人々は東洋と西洋の価値観やライフスタイルの間で、本当に引き裂かれていると思う。この地域全体が20世紀の戦争に引き裂かれたままで、政治はばかげていて、本当にひどいリアリティ番組を思い起こさせるね。」
SPACE EATER の灰から生まれたブラックホール、QUASARBORN は東欧のメロディーと西欧のテクニックを交差させるスラッシュメタルの新宇宙。同様に、コロラドで叙情と技巧をスラッシュの衝動に落とし込み喝采を得た、HAVOK の最新作 “V” に対する欧州からの強烈な回答です。
「できるだけどのスラッシュバンドからも離れた音楽のスタイルを展開していきたいと思っているよ。”そうだ、これが QUASARBORN だ!” と思わせるような音楽をね。例えば “Reign in Blood” や “South of Heaven” のイントロを聴いた時に、曲を知らなくても SLAYER だと分かるようにね」
METALLICA の王道、SLAYER の邪悪、MEGADETH の知性、ANTHRAX の奔放、EXODUS の暴力、TESTAMENT の美麗。
かつてのスラッシュメタルは、ジャンルの特性を超越してありあまるほど、戦士に宿る個性が魅力となり群雄割拠のメタル地図を形成していました。QUASARBORN の最新作 “A Pill Hard to Swallow” には、そんな定型を突破し自由を謳歌するあの時代の野心が投影されているのです。
メタルのエッジが鋭く研ぎ澄まされる開幕の “Mamula” では、熱狂的スピードとスラッシュのキックドラムでアドレナリンを沸騰させながら、東欧の影を深く織り込んだメランコリーでバンドのヘヴィーなペルソナを強調します。
PAIN OF SALVATION を思わせる捻くれた静寂で対比の美学を成立させ、アンセム感を際立たせたタイトルトラックでも、PANTERA 化した SKID ROW と形容したくなるメタリックパンキッシュな “Bastion” でも、ベイエリアの空気を胸いっぱいに吸い込んだ “Identity Crisis” でも、リスナーを導く灯火とはるのはシンガロングを誘う強力な哀愁ライン。
「僕の最大の夢は、世界最高のバンド VOIVOD のオープニングを務めることなんだ。」
一方で、VOIVOD を敬愛するバンドのプログレッシブな側面を象徴するのが、9分を超える陰鬱 “Stalemate With Suicide” でしょう。METALLICA の “One” のようにリアルに、THE BEATLES のようにサイケデリックに幕を開けるエピックは、トランペットの慕情や不協和のカオスを見事に制御しながら無慈悲にも、生への執着を徐々に奪っていくのです。
そうしてアルバムは、スラッシュメタルの特性の中で最大限の複雑性とドラマ性を実現させた “The Humbling” でその幕を閉じるのです。
今回弊誌では、QUASARBORN にインタビューを行うことができました。「僕は幼い頃、よく父と David Maxim Micic と釣りに行っていたよ。それから大人になって、彼のバンド DESTINY POTATO を発見したんだ。とても気に入ったよ。」 どうぞ!!

QUASARBORN “A PILL HARD TO SWALLOW” : 10/10

INTERVIEW WITH QUASARBORN

Q1: When it comes to Serbian metal, the Japanese-influenced Senshi and the technical guitarist David Maxim Micic are well known in Japan. What do you know about them?

【LUKA】: I really respect both Senshi and David, but I can’t say I’ve listened to their music a lot. Senshi was quite a boom when they came out with their first single, and not many bands played anything similar in a long time in Serbia, so they were really fresh, especially with the Japanese influences. I know David personally, and I know he really respects what we’re doing as well.

【DIMITRIJE】: I used to go fishing with my father and David when I was a little kid, when I was older I discovered his band Destiny Potato and I liked it very much.

【TOMAS】: I’ve known David Maxim Micic’s work since he started Destiny Potato which made a great impact on the music world in general. I was really impressed and blown away by the musicianship. Even today I listen to his solo albums and enjoy them very much.
As for Senshi goes I remember my friend from work sent me their videos and I found it interesting how vibrant they were and how they were able to present that Japanese style and vibe.

Q1: セルビアのメタルといえば、日本では我が国の文化に大きな影響を受けている SENSHI や、凄腕ギタリスト David Maxim Micic が有名だと思います。彼らのことは知っていますか?

【LUKA】: SENSHI も David も本当に尊敬しているけど、彼らの音楽自体はあまり聴いてはいないんだよ。SENSHI は1stシングルを出した時にかなりのブームになっていたね。セルビアでは長い間彼らのようなバンドはほとんどいなかったし、特に日本の影響を受けていて本当に新鮮だったからね。
僕は個人的に David を知っているんだけど、彼も僕らがやっていることを本当に尊重してくれていると思っているよ。

【DIMITRIJE】: 僕は幼い頃、よく父と David と釣りに行っていたよ。それから大人になって、彼のバンド DESTINY POTATO を発見したんだ。とても気に入ったよ。

【TOMAS】: David Maxim Micicの仕事は、音楽界全般に大きな影響を与えた DESTINY POTATO を立ち上げた時から知っているよ。その音楽性には本当に感銘を受け、ぶっ飛ばされたね。今でも彼のソロアルバムを聴いてとても楽しんでいるんだ。
SENSHI については、職場の友人が彼らのビデオを送ってきてくれたのを覚えているけど、彼らが生き生きと、日本のスタイルや雰囲気を表現していて興味深いと思ったね。

Q2: How did you find metal in Serbia and get into it? What is the metal scene like in Serbia?

【LUKA】: The brother of my elementary school best friend played Slipknot to me when I was 9. At first I was repulsed, as I was into hip-hop and breakbeat music, but soon I found myself listening to tons of nu metal. At one point he said to me: “You should stop listening to all that commercial crap.”, and handed me “Leprosy” by Death, I was 12 at the time, and had no idea about any domestic bands.
The scene was really rich with many, many great bands, and new talent was emerging everyday until recently. The problem was always the finances, and the lack of support by the media. And recently, less and less kids are founding new bands, but at least the older ones are still keeping it alive somewhat.

【TOMAS】: I didn’t know it existed until I’ve found a Demo on myspace from a band called “Centurion” and basically it all started from that point. The metal scene in Serbia has a lot to offer to say the least and I think it will be on the map in the coming time.

【DIMITRIJE】: My best friend from junior school showed me his older sisters metal band Jenner and I saw them live when I was 13 or 14 years old, and it just went on from there.

Q2: セルビアでメタルに目覚めたのは、何がキッカケだったんですか?セルビアのメタルシーンについても教えてください。

【LUKA】: 9歳の時に小学校の親友の兄貴に SLIPKNOT を聴かせてもらったんだ。ヒップホップやブレイクビーツが好きだったから、最初は抵抗感があったものの、すぐに Nu-metal を聴くようになったね。ある時、彼は私に「コマーシャルなクソなんてもう聴くな」 と言って DEATH の “Leprosy” を渡してきたね。当時12歳だった僕は、国内のバンドのことは何も知らなかったんだ。
だけどセルビアのシーンは本当に豊かで、たくさんの素晴らしいバンドがいて、最近まで毎日のように新しい才能が生まれていたんだよ。問題は常に財政面と、メディアのサポート不足だったね。
最近では、新しいバンドを結成する子は少なくなってきているけど、少なくとも年配のバンドマンたちは、活動を多少なりとも維持しているよ。

【TOMAS】: 僕は “Centurion” というバンドのデモをmyspaceで見つけるまで、セルビアのメタルの存在を知らなかったんだけど、基本的にはそこから全てが始まったんだ。この国のメタルシーンは、控えめに言っても、提供するものがたくさんあると思うよ。

【DIMITRIJE】: 小学校の親友が、姉のバンド JENNER を教えてくれてね。13か14の時ライブを見に行って、そこから始まったんだ。

Q3: When I had an interview with David Maxim Micic, He said that Serbia is a place where the West meets the East. What do you think about the country, its culture, it’s history and its politics?

【LUKA】: Honestly, that’s a perfect description. This might be my personal view, but I think people are really torn between eastern & western values and lifestyles, myself included. The culture is very rich, although somewhat conservative, and the people are really friendly and social, but are often badly influenced by misinterpretations of western culture, as is described in Archibald Reiss’ book “Listen Serbs!” The entire region is still torn by the 20th century wars, and the politics are ridiculous, the whole thing reminds me of a really bad reality TV show.

【TOMAS】: You can say with confidence that Serbia is a small country by its borders but with a big and proud History and Culture. Politics are the blame for many faults in the past years but in my opinion it shouldn’t cast a shadow over how beautiful our country is..

Q3: David Maxim Micic にインタビューを行った際、彼はセルビアとは西洋と東洋が出会う場所だと語ってくれました。

【LUKA】: 正直に言って、完璧な表現だと思う。僕の個人的な見解かもしれないけど、自分も含めて、人々は東洋と西洋の価値観やライフスタイルの間で、本当に引き裂かれていると思う。
アーチボルト・ライスの著書 “Listen Serbs!” にもあるように、この地域の文化は非常に豊かで、やや保守的だけど、人々はとてもフレンドリーで社交的。だけど、この地域全体が20世紀の戦争に引き裂かれたままで、政治はばかげていて、本当にひどいリアリティ番組を思い起こさせるね。

【TOMAS】:セルビアは国境に面した小さな国だけど、ビッグで誇り高い歴史と文化を持つ国さ。政治は過去数年間の多くの欠点があり非難されているけど、僕の意見では、それがこの国の美しさに影を落とすべきではないんだよ…

Q4: What’s the meaning behind your band name, Quasarborn?

【DIMITRIJE】: I have no fucking idea.

【TOMAS】: Basically, we made up a conjunction of two words ‘Quasar’ and ‘Born’. Quasars are powered by supermassive black holes and they radiate enormous amounts of energy, like our music. Our past band was called ‘Space Eater’ which is a term for a black hole. So in short you could say we are born out of a Quasar.

Q4: QUASARBORN というバンド名には、どんな意味が込められているのですか?

【DIMITRIJE】: あんまり意味なんて考えたことないな。

【LUKA】: 基本的には “クエーサー” と “ボーン” という2つの言葉を組み合わせて作ったんだ。クエーサーは超巨大なブラックホールを動力源としていて、僕らの音楽のように膨大なエネルギーを放射している。
僕たちの過去のバンドは “スペースイーター” って名前だったんだけど、これはブラックホールを意味する言葉だ。だから要するに、僕らはクエーサーか”生まれた” と言えるかもしれないね。

Q5: The artwork for “A Pill Hard to Swallow” is beautiful, but What is the theme of the record? It seems that you sometimes use Serbian language, right?

【LUKA】: Thank you! The artwork is the work of our drummer, Marko Danilović Tihi. The theme of the record is kind of turning inward, introspection, dealing with stuff like depression, searching for personal identity, fighting for oneself and just about the inner world of a human being.

Q5: アートワークも印象的な “A Pill Hard to Swallow” ですが、どういったテーマが存在するのでしょう?

【LUKA】: ありがとう!アートワークはドラマーの Marko Danilović Tihi が担当しているんだ。このアルバムのテーマは、内向きになること、内省すること、鬱のようなものに対処すること、自分のアイデンティティを探すこと、自分自身のために戦うこと、つまり人間の内面の世界そのものなんだ。

Q6: I really love the album. It’s generally regarded as thrash metal, but the vocals and guitars are very melodic and technical, right? It makes us want to sing along, haha.

【LUKA】: Thank you! Well, people label us as a thrash metal band because of our past and our influences, but I’d say we’re just a “metal” band. If you take a look at Metallica, Slayer, Anthrax, they were influenced by NWOBHM, Dead Kennedys, AC/DC, and they forged a completely new sound and identity. As for the melodic vocals, that’s really my thing, I always wanted to hear a band that played intense death metal like Dying Fetus, but with really clean, melodic and interestingly arranged vocals on top!

【TOMAS】: It’s a part of our style, I suppose, that the music is really intense with lots of changes and then there are these melodic vocals that guide you through.

Q6: スラッシュメタルに分類されることが多い QUASARBORN ですが、この作品はメロディアスなボーカルやギターに溢れ、非常にテクニカルでもありますね。

【LUKA】: ありがとう!そうだね、僕らの過去や影響を受けたバンドからスラッシュメタルだと言われているけど、僕らはただの “メタル” バンドだと言ってもいいと思う。
METALLICA, SLAYER, ANTHRAX を見てみると、彼らは NWOBHM、DEAD KENNEDYS, AC/DCに影響を受けていて、そこから全く新しいサウンドとアイデンティティーを作り上げたんだ。メロディックなヴォーカルに関しては、それは本当に僕の好みだね。

【TOMAS】: まあ、僕らのスタイルの一部だよね。おそらく、僕たちの音楽は様々な変化がインテンスを生んでいるから、メロディックなボーカルが楽曲の案内を受け持っているのかもね。

Q7: “Stalemate With Suicide” is a very progressive epic, and I can even hear melodies and harmonies that remind me of the Beatles at times. The influences of the band seem to be very diverse, don’t they?

【DIMITRIJE】: Stalemate was my favorite song since the first time I’ve heard it. Everybody else hated that song.

【TOMAS】: I don’t wanna talk about it….

【LUKA】: That song came out at one of the most depressing times of my life, and Tomas really felt that as we were really close at the time (as we are now). It is supposed to tell the story of two people who love, but misunderstand each other, and they stalemate in their relationship and lose their identity, and ultimately the will to live. Đorđe (our former guitar player) is a huge Beatles fan, and he really tried to push that onto me, and I guess it did somewhat rub off.
Yes, our influences are insanely diverse. First, there’s the metal and punk side, and we also listen to a ton of other music which we incorporate into our stile as well. I’ll just name a few so you get the picture: First there’s the thrash metal that we talked about, but then there’s Cannibal Corpse, Guano Apes, Voivod, Oasis, Converge, The Mars Volta, Dying Fetus, Jojo Meyer, Uriah Heep, At the Gates, Minor Threat, Wu-Tang Clan, Mladen Vojičić Tifa and hundreds of other artists and bands.

Q7: “Stalemate With Suicide” は実に多様なプログエピックですよね。THE BEATLES の影響まで感じられます。

【DIMITRIJE】: 最初にこの曲を聴いた時から僕のフェイバリットだよ。周りからは嫌われているけどね。

【TOMAS】: この曲についてはあまり話したくないな…

【LUKA】: あの曲は僕の人生の中で最も憂鬱な時期に生まれた曲で、あの時 TOMAS とは本当に仲が良かったから(今もそうだけど)彼はそれを感じて話したくないんだろう。
この曲は、愛しているけどお互いを誤解している二人の物語で、二人の関係は膠着状態に陥り、自分のアイデンティティを失い、最終的には生きる意志を失ってしまうというものだった。Đorđe(元ギタリスト)はビートルズの大ファンで、彼はそれを僕にプッシュしていたんだね。だからその影響がいくらか出たんだろうな。
実際、僕たちの影響は非常に多岐にわたっている。まず、メタルやパンクの面もあるし、他にもたくさんの音楽を聴いていて、それを自分たちのスタイルに取り入れているんだ。いくつか挙げてみよう。
最初にスラッシュメタルの話をしたけど、それ以外にも CANNIBAL CORPSE, GUANO APES, VOIVOD, OASIS, CONVERGE, THE MARS VOLTA, DYING FETUS, JOJO MAYER, URIAH HEEP, AT THE GATES, MINOR THREAT, Wu-Tang Clan, Mladen Vojičić Tifa、他にも何百ものアーティストやバンドを聴いているからね。

Q8: Thrash metal is still dominated by the big four of Metallica, Megadeth, Slayer, and Anthrax; you can add Exodus, Testament, and Coroner, but which of those bands would you like to be closer to?

【LUKA】: Personally, I’m a big fan of Anthrax, because their style of metal is so high-energy and down-to-earth, and not “dark and evil”, but I’d like to get as far away as possible from any bands, and develop a style of music which will make you go: “Yup, that’s Quasarborn!” Like, when you hear the intro to “Reign in Blood”, or “South of Heaven”, you just know it’s Slayer, even if you don’t know the songs. Having our own identity as a band and songwriters is one of the most important things to me.

【DIMITRIJE】: I am a huge fan of all of the bands above, but my biggest wish is to be a opening act for a best band in the world, Voivod.

Q8: スラッシュメタルと言えば、今も METALLICA, SLAYER, MEGADETH, ANTHRAX のBIG4が大きな影響力を持っていますよね。
そこに EXODUS, TESTAMENT, CORONER を加えても構いませんが、どのバンドを目標としていきたいですか?

【LUKA】: 個人的には ANTHRAX 大ファンなんだ。彼らのメタルのスタイルは非常にハイエナジーで、地に足の着いたもので、”ダークで邪悪” なものではないからね。だけど、できるだけどのバンドからも離れた音楽のスタイルを展開していきたいと思っているよ。”そうだ、これが QUASARBORN だ!” と思わせるような音楽をね。
例えば “Reign in Blood” や “South of Heaven” のイントロを聴いた時に、曲を知らなくても SLAYER だと分かるような。バンドとして、ソングライターとしての自分たちのアイデンティティを持つことは、僕にとって最も重要なことの一つなんだ。

【DIMITRIJE】: どのバンドも大ファンだよ。でも僕の最大の夢は、世界最高のバンド VOIVOD のオープニングを務めることなんだ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED QUASARBORN’S LIFE

ANTHRAX “AMONG THE LIVING”, SLIPKNOT “SLIPKNOT”, MEGADETH “KILLING IS MY BUSINESS, AND BUSINESS IS GOOD”, MAYHEM “DE MYSTERIIS DOM SATHANAS”, CULT “DREAMTIME”

(LUKA)

BLIND GUARDIAN “NIGHTFALL IN MIDDLE EARTH”, IRON MAIDEN “DANCE OF DEATH”, MEGADETH “RUST IN PEACE”, OASIS “DEFINITELY MAYBE”, WHITESNAKE “1987”

(TOMAS)

VOIVOD “OUTER LIMITS”, KILLSWITCH ENGAGE “ALIVE OR JUST BREATHING”, ANNIHILATOR “SET A WORLD ON FIRE”, ONYX “BACDAFUCUP”, MASTODON “ONCE MORE AROUND THE SUN”

(DIMITRIJE)

MESSAGE FOR JAPAN

Dimitrije: Hayao Miyazaki and Ghibli studios saved my life, thank you for giving birth to one of the greatest artist to every walk the world.

Luka: Thank you for your support, and we’ll surely see you as soon as possible!

Tomas: ‘My soldiers rage, My soldiers scream, My Soldiers Fight!’ Erwin Smith, AOT See you soon Japan!

Dimitrije : 宮崎駿とスタジオジブリは僕の命を救った。世界で最も偉大なアーティストの一人を産んでくれてありがとう。

Luka: サポートをありがとう。なるべく早く会いに行くよ!

Tomas: 兵士よ怒れ!兵士よ叫べ!兵士よ戦え!(エルウィン・スミス、進撃の巨人) 日本で会おう!

QUASARBORN

QUASARBORN Facebook
QUASARBORN Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です