NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SCALE THE SUMMIT : SUBJECTS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHRIS LETCHFORD OF SCALE THE SUMMIT !!

“You Have To Diversify Your Income. The Days Of Musicians Making a Living Off Of Just Their One Band Is Long Over, It Was Over Even When We Started Our Band In 2005.”

DISC REVIEW “SUBJECTS”

「6枚のアルバムをリリースし、世界中でツアーを行ってきた。たけど楽器の演奏や作曲に少し飽きていたこと、バンドの規模が大きくなってきたこともあり、お気に入りのシンガーに声をかけてみようと考えるようになったんだ」
かつて、インストでなければ SCALE THE SUMMIT ではないとまで言い切った、ギター世界のミッシングリンク Chris Letchford は実際、彼の言葉通り LIQUID TENSION EXPERIMENT と ANIMALS AS LEADERS をつなぐインストゥルメンタルの覇道を突き進む数少ない才能の一人と目されていました。
シュレッドよりも楽曲にフォーカスし、プログ・メタルの標準的なクリシェを排除。ワイルドで目的のないシュレッドの代わりに、まるで弦が声であるかのように、冒険的でメロディックなリードを自らのジャガーノートとして積み上げてきたのです。一方で、Chris の中で、インストの商業的限界、壁を打ち破れない苛立ちとマンネリの幻影が日に日に膨らんでいたのも事実でしょう。
「8人の異なるシンガーを起用したことで、シンガーと本格的に活動していくことが自分のやりたいことだと気づくことができたんだ。音楽を作ることへの情熱が再び蘇ったんだよ」
前作 “In A World of Fear” で各楽曲にソリストを招聘し、新たな “色” を加える試みが一つの導火線となったのでしょうか。SCALE THE SUMMIT は遂にインストゥルメンタルの旗手という地位を捨て去り、新たな航海に出ることを決意します。船に乗り込むのは8人の多種多様なボーカリストたち。
アルバムは Mike Semeski(ex-INTERVALS)をフィーチャーした “Form and Finite” で幕を開けます。猛烈な勢いのギター・ストリームはそれだけで十分にプログで刺激的ですが、ボーカルが加わることでさらなる波が加えられ、最後に鬼才 Andy James がゲストとして花火のごとき流麗なリードを披露し、新生 SCALE THE SUMMIT号は完璧な条件での船出を迎えます。
Chris Letchford は、数年前にソロプロジェクト ISLANDS で、ボーカルとの婚姻を予見していました。アルバム “History of Robots” にはボーカル曲が2曲収録されていたのですが、そこで歌っていた REIGN OF KINDO の Joey Secchiaroli は “Subjects” でも崇高な “Jackhammer Ballet” に登場しています。煩雑なギターワークとジャジーなボーカルの蜜月。”Subjects” にはインストゥルメンタル・バージョンも存在しますが、STS の新章は、独創的なギターと各ボーカリストの優れたパフォーマンスの組み合わせで、ネクスト・レベルへと進化を遂げたのです。
HAKEN の Ross Jennings をフィーチャーした “Daggers and Cloak” で既存のファンの溜飲を下げる一方で、バンドは新たな海域にも進出していきます。今最も注目されているバンドの一つ、SPIRITBOX から Courtney LaPlante を呼び寄せた “The Land of Nod” は STS のヘヴィーとメロディック双方の最高到達点を更新したような珠玉。
「彼の死は本当に衝撃的だった。アルバムの完成後、Garrett とは誰もあまり話をしていなかったんだ。だからアルバムの発表日に SNS にみんながタグ付けして、その時にはじめて彼が亡くなったことを知ったんだよね。辛かったね…」
アルバムのハイライトは、Garrett Garfield をフィーチャーした “Don’t Mind Me” でしょう。Chris のトレードマークであるクリーントーンのタッピングが、Garrett のソウルフルな歌声とデュエットを繰り広げるような夢見心地。 残念ながら、Garrett は昨年11月に鬱に飲み込まれてこの世を去ってしまいました。Garrett の心の痛みや喪失感を反映した感情の灯火は、インストゥルメンタルでは到達できなかった境地なのかもしれませんね。「うつ病や不安、ストレスに悩んでいる人には食事と運動の改善をお勧めするよ。自分で調べてみるのが大事だよ!」
今回弊誌では、Chris Letchford にインタビューを行うことができました。「ミュージシャンを目指すなら、収入を多様化しなければならないよ。ミュージシャンが一つのバンドだけで生計を立てていた時代はとっくに終わったんだ。2005年に僕らがバンドをはじめた時には、すでに終わっていたんだから」二度目の登場。どうぞ!!

SCALE THE SUMMIT “SUBJECTS” : 10/10

INTERVIEW WITH CHRIS LETCHFORD

Q1: Your new signature model looks great, the LED lights work in tandem with your playing. You still believe in the evolution and potential of the guitar, would you agree?

【CHRIS】: Thanks a lot! I don’t really think there is much left for pushing the boundaries of the electric guitar when it comes to building them. Besides adding that fully programmable and customizable LED fingerboard there really isn’t much left to change. I don’t think there is really anything that needs improving when it comes to the playability or the overall tone of the instrument. Im of course a fan of the headless guitars, so it will be interesting to see if they prove me wrong and come up with something I would never see coming!

Q1: あなたの新しい Kiesel シグネチャーモデルのギターはクールですね。LED がプログラムされていて、指と光がシンクロしています。
まだまだギターの進化、ポテンシャルを信じているようですね?

【CHRIS】: どうもありがとう!ただ僕は、エレクトリック・ギターを作るという意味では、その限界を超えることはもうあまりできないと思っているんだ。完全にプログラム可能でカスタマイズできる LED フィンガーボードを追加する以外には、あまり変更することは残されていないよ。楽器の演奏性や全体的なトーンに関しては、特に改善すべき点はないと思っているからね。
もちろん、僕はヘッドレス・ギターのファンだから、メーカーが僕が間違っていたことを証明してくれるか、私が予想もしなかったことを実現してくれれば興味深いけどね!

Q2: In our previous interview, you said “It (adding vocals) just wouldn’t have been Scale The Summit anymore.”. But this time, “Subjects” features vocals, right? Did you change your mind?

【CHRIS】: The only reason I said it at the time was really to just get people to stop asking if and when we would do it haha. At the creation of STS, before we even completed an album or played a live show we did experiment with a singer. Unfortunately being so unknown at the time made it really difficult to get anyone involved that had real talent. After 6 albums now and touring all around the world, and a little bit of me just being bored with playing and writing instrumentals I figured that now the band would be big enough where I could reach out and actually get some of my favorite singers. I was a little doubtful it would work out just because of the logistics of making it happen with 8 different singers and then if it would even fit musically, but I’ve always been a “at least give it a try” type of person. Out of the 10 people I asked to take part in this album, only 1 said no, and 1 didn’t reply. I took that as a major win. I was expecting a lot more to not be interested.

Q2: 前回のインタビューであなたは、「ボーカルを加えればもはや SCALE THE SUMMIT ではなくなってしまう」と話していましたよね。
ただ、今回の最新作 “Subjects” ではボーカルを全面にフィーチャーしています。

【CHRIS】: 当時、僕がそう言ったのは、もしボーカルを入れたらとか、いつボーカルを入れるのかという質問をやめてもらいたかったからなんだ (笑)。SCALE THE SUMMIT の制作時には、アルバムを完成させる前、ライブを行う前に、シンガーを実験的に起用することがあってね。残念ながら、当時僕たちは無名だったから、才能のある人を参加させるのはとても難しかった。
そうして6枚のアルバムをリリースし、世界中でツアーを行ってきた。だけど楽器の演奏や作曲に少し飽きていたこと、バンドの規模が大きくなってきたこともあり、お気に入りのシンガーに声をかけてみようと考えるようになったんだ。
8人ものシンガーを起用するのは大変だし、音楽的に合うかどうかも疑問だった。だけど僕は常に “ダメもとでもやってみる” タイプの人間だからね。このアルバムへの参加をお願いした10人のうち、断られたのは1人だけ、返事がなかったのも1人だけだったよ。これは大きな収穫だと思うね。もっと多くの人が興味を示さないと思っていたから。

Q3: I guess there was another way to release the “Subjects” other than Scale The Summit, but it turned out to be the right choice! The album has been very well received, and I think it’s a complete Scale the Summit production, including the instrumental version, right?

【CHRIS】: I agree with you, and usually those types of opinions would come down to assumptions anyway. Fans or people that aren’t fans of the band made the assumption that the writing style would change. I actually finished this album as an instrumental and then decided to add vocals. So all in all, everyone received a 100% Scale The Summit album. There were only 2 songs where I removed a guitar solo from the vocal edition simply because the singers asked, which I was totally fine with.

Q3: ボーカルが参加したことで SCALE THE SUMMIT 以外の名前でリリースする選択肢もあったと思うのですが、結果として大成功でしたね!非常に評価も高く、多くのリスナーも気に入っているようです。
ただ、インストバージョンまで含めての完成品だとも感じました。

【CHRIS】: 僕もそう思うよ。別の名前でリリースしろなんて意見は、たいてい思い込みに起因しているからね。ファンや、バンドのファンでさえない人たちが “作曲スタイルが変わる” と思い込んでしまうわけさ。
実はこのアルバムは、まずインストゥルメンタルとして完成させてから、ボーカルを入れることにしたんだよ。だから、全体的に見れば、全員が100%の SCALE THE SUMMIT のアルバムを受け取っていることになる。ボーカル版でギターソロを削除したのは2曲だけで、これはボーカルからの要望だったから、全く問題なかったしね。

Q4: Why did you bring together so many vocalists instead of one vocalist for the album?

【CHRIS】: I think it was more for me to experiment with what style would work best for the band. I had always thought what if we did a singer full time and this album was kind of a test run. In a way it sort of back fired on me because I love what each singer brought to the album so much, there was no clear cut favorite for me. I had expected to at least receive a couple that I didn’t think worked over the music, but that didn’t happen. So in doing the 8 different singers its made me realize that moving forward with a singer full time is what I want to do now. It helped to revive my love for creating music again.

Q4: 一人のボーカリストでアルバムすべてを録るのではなく、たくさんのゲストを呼んだのはなぜだったんですか?

【CHRIS】: たくさんのゲストシンガーを起用したのは、バンドにとってどのようなスタイルがベストなのかを試すためだった。僕はいつも、もしシンガーをフルタイムで起用したらどうだろうと考えていたんだけど、このアルバムはそのテストのようなものだったんだ。
ある意味では、それが裏目に出たとも言える。というのも、それぞれのシンガーがアルバムにもたらしたものをとても気に入っていて、僕にとって一つの明確なお気に入りがなかったからね。少なくとも、この音楽に合わないと思うシンガーが何人かいるだろうと思っていたんだけど、そうはならなかった。
だけど、8人の異なるシンガーを起用したことで、シンガーと本格的に活動していくことが自分のやりたいことだと気づくことができたんだ。音楽を作ることへの情熱が再び蘇ったんだよ。

Q5: I was really touched by “Don’t Mind Me”. Unfortunately, Garrett Garfield, who sings on this song, passed away last year… It’s a song that makes us think deeply about the depression and mental illness that are prevalent in the music world, would you agree?

【CHRIS】: Yes, that one really hit me hard. We had finished the album in the summer of 2019, and once it was finished we kind of all went our separate ways working on other projects, and then of course the pandemic started and the industry was shut down. None of us had really talked much with Garrett since the completion and what really got me was tagging everyone on the album announce day and actually finding out about his passing then. It was rough. I have lost a few friends to suicide and they are all different and very complicated situations to comprehend, leaving you with so many questions. It seems high in the music industry but its really high in areas of life and the world. Im not sure really what needs to change in order for us to make progress with mental health. I am a strong believer in diet and exercise helping with metal health. Not just through personal experience but through countless studies I have read through out the past 10 years. I kind of went down the health rabbit hole and uncovered a lot of helpful and useful things. I highly recommend this for anyone struggling with depression, anxiety or stress. Do some research for yourself!

Q5: “Don’t Mind Me” には心を動かされましたよ。あの曲で歌っていた Garrett Garfield は、残念ながら昨年亡くなってしまったそうですね…あの曲は音楽世界に巣食うメンタルの問題、鬱について深く考えさせますね…

【CHRIS】: そうだね、彼の死は本当に衝撃的だった。僕たちは2019年の夏にアルバムを完成させ、完成後はみんなそれぞれ別のプロジェクトに取り組んでいたんだけど、パンデミックが始まり、業界は閉鎖されてしまったんだ。完成後、Garrett とは誰もあまり話をしていなかったんだ。だからアルバムの発表日にみんながタグ付けして、その時にはじめて彼が亡くなったことを知ったんだよね。辛かったね…
僕は何人かの友人を自殺で亡くしているんだけど、どのケースも違っていて、理解するにはとても複雑な状況で、多くの疑問が残っている。音楽業界では多いようだけど、人生や世界の中でも本当に多く存在する問題だよ。メンタルヘルスの問題を解決するためには、何を変えればいいのか。正直よくわからないね…。僕は、食事と運動が心の健康に役立つということを強く信じているんだけどね。個人的な経験からだけでなく、過去10年間に読んだ数え切れないほどの研究からも参考にしてね。
僕は健康には非常に探求熱心だから、多くの役立つ有益なことを発見している。だから、うつ病や不安、ストレスに悩んでいる人には食事と運動の改善をお勧めするよ。自分で調べてみるのが大事だよ!

Q6: Scale the Summit is classified as a prog/metal album, but this album, especially the songs sung by Courtney from Spiritbox, seems like it could be a radio hit or a major chart hit, I feel. Do you have any ambition to break out of these narrow boundaries?

【CHRIS】: I don’t worry about branding of the band in any genre or where the music is played. I just sit down and write the music I write and what comes out, comes out. If one of my songs were to be a radio hit, no complaints will be heard from me lol. Im not a person to look at success as “selling out”. I have crossed paths with many musicians who just consider a band signing to a record label, even an indie one, as selling out. It would be great to have the band push into having more radio play, so maybe then we can break our 15 year drought of never playing Japan!

Q6: SCALE THE SUMMIT はプログメタルに分類されることが多いですが、例えば SPIRITBOX の Courtney が歌った曲などはラジオのヒットやメインストリームでの成功も夢ではないように思えます。
プログという狭い檻からの脱出についてはどう思っていますか?

【CHRIS】: 音楽を聴く時、どんなジャンルのバンドだとか、どこで演奏されているかというブランディングについて、僕は気にしていないんだ。僕はただ座って、自分が書く音楽を書くだけで、そこから生まれたものが僕の音楽だよ。まあもし僕の曲がラジオでヒットしたとしても、何の文句もないけれど (笑)。
僕は、成功することを “セルアウト” とは見なさない人間なんだ。これまで多くのミュージシャンと接してきたけど、彼らはバンドがレコード会社と契約することを、たとえインディーズであってもセルアウトことだと考えていたね。でも僕は、バンドがもっとラジオでかかるようになれば、15年間続いた日本公演のない状況を打破できるかもしれないし良いと思うけどね。

Q7: Periphery’s Misha says that in this day and age, musicians need to use their brains and think of different ways to make money. And Trivium’s Matt is actually making more money than just music on Twitch. Do you have any ideas on how musicians can survive in a time when CDs are not selling well and pandemics are making gigs impossible?

【CHRIS】: Yes of course. Misha, really all of the guys in Periphery, understood that from the very beginning. I remember having a talk with him about this long before either of us had really any success in the music industry. You have to diversify your income. The days of musicians making a living off of just their one band is long over, it was over even when we started our band in 2005. Its simply do to the fact that the entire industry is over saturated with bands now. Anyone, even your smallest garage band can record an album for very little money (usually in their bedroom or inexpensive home studio), and then release it across all digital platforms and even print cds and vinyl very easily. Then if you have just a small amount of marketing education, which you can find for free. You can advertise and promote your album with just a couple clicks over social media. Then when it comes to fans, they simply can not afford to support all of the bands that they like now, and they shouldn’t be asked to. Its unrealistic. The best they can do is pay for a streaming service and then listen to all their music on those outlets. For me personally, Im in a bit of a unique situation now when it comes to my income. I use to make all of my living spread across touring, releasing albums, teaching private lessons, doing clinics, instructional books and having paid endorsements. For the last 6 years I haven’t taught a lesson, only released 2 albums, only a handful of tours and no new instructional books or clinics. I actually took a step back with my own career to focus on helping my wife’s career writing romance novels (no I haven’t helped her write any of the books haha). She always had a love for writing and at the time her “day job” felt like it was also my day job. So I told her to quit one day and focus on her writing. I took over handling all of her marketing and advertising as I had self educated myself on this over the course of 10 years when I started STS. Her career in just a couple years really took off so it relieved a lot of pressure on myself to have to tour so much in order to make a living. Though I miss the stage and can’t wait to tour again some day, we both like me being at home. So besides her being the main breadwinner in our house I also dabbled in remodeling and flipping houses over the past 6-7 years as well as fixing up and selling the houses we have lived in over the past 10 years for a profit. We have moved something like 6 times now in the last 10 years from just flipping the houses we lived in. Its been a wild but really fun ride.

Q7: PERIPHERY の Misha はよく、今の時代のミュージシャンは頭を使って収入の多様化をはかるべきだと語っていますね。実際、TRIVIUM の Matt などは音源よりも Twitch の方が収入が多いという話もあります。

【CHRIS】: うん、もちろんそう思うよ。Misha はもちろん、 PERIPHERY のメンバー全員が、最初からそのことを理解していたよね。僕たちが音楽業界で成功を収めるずっと前に、彼とこのことについて話したことを覚えているよ。ミュージシャンを目指すなら、収入を多様化しなければならないよ。ミュージシャンが一つのバンドだけで生計を立てていた時代はとっくに終わったんだ。2005年に僕らがバンドを始めたときには、すでに終わっていたんだよ。
まずは、業界全体がバンドで飽和状態になっていることが原因だよね。誰でも、どんなに小さなガレージバンドでも、わずかなお金でアルバムを録音でき(たいていは寝室や安価なホームスタジオで)、それをすべてのデジタルプラットフォームでリリースし、非常に簡単にCDやレコードをリリースすることができる。そして、もしマーケティング教育を受けたいなら、無料で受けることができるしね。SNS で数回クリックするだけで、アルバムを宣伝することもできるし。
ファンにしてみれば、自分が好きなバンドのすべてをサポートする余裕はないだろうし、それを求めるべきでもないだろう。非現実的だからね。彼らにできるのは、ストリーミングサービスにお金を払って、その中ですべての音楽を聴くことくらいだよ。
僕個人としては、収入面ではちょっと特殊な状況にあるんだ。以前は、ツアー、アルバムのリリース、プライベートレッスン、クリニック、教則本、そして有料のエンドースメントなどで生活のすべてをまかなっていた。だけど、この6年間は一度もレッスンをしていなくて、アルバムも2枚しかリリースしていない。ツアーも数回しか行っていないし、新しい教則本やクリニックも手掛けていないんだ。
実は、妻がロマンス小説を書く仕事を手伝うために、自分のキャリアを一歩後退させていたんだよね。妻が本を書くの自体を手伝ったわけではないよ (笑)。彼女はもともと文章を書くのが好きだった。だから僕は、彼女にある日突然彼女の仕事を辞めて、執筆に専念してみたらと言ったんだ。僕は、STSを始めた10年前から独学でマーケティングと広告のすべてを担当し学んできたからね。
わずか数年で彼女のキャリアは飛躍的に伸びて、僕も生計を立てるために多くのツアーをしなければならないという自分へのプレッシャーから解放されたよ。もちろん、ステージは恋しいし、いつかまたツアーをしたいと思っているけど、二人とも家にいるのが好きなんだよね。だから、彼女が家計を支えることに加えて、僕は過去6~7年の間、家のリフォームやリノベーションに取り組み、過去10年間に住んだ家を修理して売って利益を得ることもやってきたんだ。この10年間で、住んでいた家をリフォームしただけで、6回ほど引っ越しをしたよ。ワイルドだけど本当に楽しい旅だったな。

Q8: I know it’s early days, but will you be using vocals on the next album as well? Or will you go back to instrumentals?

【CHRIS】: Yes, I decided after making Subjects, and how much I loved the music with vocals that Im going to pick one singer to have full time for the band moving forward. We will of course always release instrumental versions of each future record but this is where Im currently at. Its a nice change to keep things fresh and exciting.

Q8: ちょっと気が早い話ですが、次のアルバムもボーカルを起用したいと考えていますか?

【CHRIS】: そうだね、”Subjects” を作ってみて、ボーカル入りの音楽がとても気に入ったから、今後は一人のシンガーを選んでフルタイムでバンドを続けていこうと思っているよ。
もちろん、今後も各レコードのインストゥルメンタル・バージョンは常にリリースしていくけど、これが現在の状況かな。これは、物事を新鮮でエキサイティングに保つための良い変化だと思うよ。

WHAT’S YOUR RECENT PLAYLIST?

I actually haven’t really been listening to many full albums, especially in my own genre. I just have really long playlists which usually consist mostly of Rap music haha.

最近、メタルやプログでフルアルバムはほとんど聴いていないね。ほとんどがラップで占められた長いプレイリストを聴いているからね (笑)

MESSAGE FOR JAPAN

I hope that after 15 years of releasing albums now that we can come over for our first time ever soon!

15年もアルバムをリリースしてきたんだ。そろそろ日本に呼んでくれてもいいだろ?

CHRIS LETCHFORD

SCALE THE SUMMIT Facebook
SCALE THE SUMMIT Official

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です