be10672383_871940956161721_80836025072859459_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BARREN EARTH : ON LONELY TOWERS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KASPER MARTENSON OF BARREN EARTH !!

be1526439_674075139281638_661554500_n

BARREN EARTH, MODERN AND TRADITIONAL PROG DEATH METAL BAND FROM FINLAND, HAS JUST RELEASED THEIR AWESOME THE NEWEST ALBUM “ON LONELY TOWERS” !!

ex-AMORPHIS の OLI-PEKKA LAINE, KASPER MARTENSON, KREATOR, WALTALI の SAMI YOLI-SIRNIO, MOONSORROW の MARKO TARVONEN をメンバーに擁するフィンランドのプログデスバンド BARREN EARTH。彼らの新作 “ON LONELY TOWERS” がリリースされました。本当に素晴らしいアルバムです。デビュー作 “CURSE OF THE RED RIVER” は OPETH + AMORPHIS などと称され各所で高評価を得て BRIGHTEST HOPE にも選されていましたが、前作 “THE DEVIL’S RESOLVE” では少し伸び悩んだ感もありました。SWALLOW THE SUN のボーカル MIKKO KOTAMAKI が脱退し、心機一転 HAMFERO のJON ALDARA を迎えた今作。まずそのボーカル交代が吉と出ました。MIKKO も勿論素晴らしいボーカルですが、このバンドにはイカにもメロデス然としたクリーンよりも JON の芯が通った個性的でシアトリカルなボーカルの方がよりフィットしているように感じました。メロディーも一際劇的、扇情的になっており時に勇壮とさえ例えられるほど。 OPETH が “STILL LIFE” で目指していたものに AMORPHIS のトラディショナルなフォーク、サイケ成分を加えたような見事なアルバムです。 AMORPHIS の “TALES OF THE THOUSAND LAKES” を名作たらしめた影の主役 KASPER のキーボードはプレイ、色とりどりで豊かな音色の使い分け共実に素晴らしく JON の深みのある声質とも相まってプログデス界の DOORS と称したくなりました(実際当時 LIGHT MY FIRE をカバーしていますしね)。その KASPER がアルバムについて語ってくれました。

be10672383_871940956161721_80836025072859459_n

 

【INTERVIEW: KASPER MARTENSON】

be10561761_768377756518042_6845690400270835077_n

Q1: Your 3rd album  “On Lonely Towers” is just released ! How are you feeling now? And how are the reactions so far?

【KASPER】: We feel it’s our strongest effort so far. It is also the most ambitious one. There is always a nice tingle of anticipation just before the album is out. And now that it in fact is out we’ve had the first reactions coming in. They are pretty much as expected. Naturally there are some who have difficulty in grasping the changes which have taken place since the last album, namely the change of singer as well as some stylistic changes. But overall it seems that most people are welcoming the changes, which is nice!

Q1: 3rd アルバム “ON LONELY TOWERS” がリリースされましたね。どういったお気持ちですか?また反響はいかがですか?

【KASPER】: 今のところ僕たちの最高傑作だと感じているよ。最も野心的な作品でもあるね。アルバムがリリースされる直前にはいつも武者震いのような感覚があるんだ。そして今実際にリリースされて最初に反響を貰った訳だけど、だいたい期待通りだね。前作からの変化、すなわちいくつかのスタイリスティックな変化と同様に起こったシンガーの交代を受け入れられない人がいるのはわかるよ。だけど全体的には概ね受け入れてくれているようで素晴らしいね!

Q2: As you say, singer has changed. Mikko left the band, and Jon Aldara are in. Jon is really great. His deep voice reminds me Jim Morrison. Also, he can sing like opera singer, and has strong growl. How did the change happen? And how are they different ?

【KASPER】: Basically, Mikko left because of scheduling conflicts between BE and Swallow the Sun. Funnily enough, it was Mikko who suggested that Jon should apply for the vocalist job! But we had already met Jon before. He came to see our show in summer 2013. Jon is an exceptionally versatile singer. Anything from growls to operatic wails and emotional crooning, he does it all. Mikko’s style was more minimalistic, but that worked well also, of course.

Q2: 仰る通りシンガーが代わりましたね。MIKKO が脱退し JON ALDARA が加入しました。素晴らしいシンガーですね。JIM MORRISON のようなディープボイスにオペラ的歌唱、強力なグロウルも持っています。

【KASPER】: MIKKO は BARREN EARTH と SWALLOW THE SUN のスケジュールが合わなくて脱退したんだ。奇しくも JON を新ボーカルにオススメしてくれたのは MIKKO だったんだ!ただ以前僕たちはすでに JON とは会っていてね。2013年夏のライブに来てくれていたんだ。JON は非常に汎用性の高いシンガーだね。グロウルからオペラ的に泣き叫んだり、エモーショナルに低くソフトに歌う事だって全て出来るよ。MIKKO はもっとミニマリスティックなスタイルだったね。勿論それはそれで良かったけど。

be10492042_768377749851376_5122420680633693673_n

Q3: So, When you named this great album “On Lonely Towers”, What’s in your mind? Does it has conceptual story, or lyrical themes?

【KASPER】: Yes there is a story. This album really is a concept album. The songs on the album are all connected in some way and tell a few stories that are intertwined. These stories focus on a runaway young girl who has suffered abuse from her parents and a feral man who has been mortally wounded by wild beasts. They meet in a vast field where ancient battle towers stand in ruins.  As they share their stories a bond is made between them, and the girl swears to aid the man with his injury and hopefully save him from imminent death. He goes along with it, but the girl does not know that he has already contemplated his demise to a point where he is ready to let go.
There are a few different themes coursing through the songs, ranging from the magnetic nature of conformity and the alluring draw of faith to the acceptance of death without having resolved your doubts. 

Q3: タイトルを “ON LONELY TOWERS” とした理由を教えて下さい。アルバムにコンセプトはありますか?

【KASPER】: うん、アルバムにはストーリーがあるよ。まさしくコンセプトアルバムだね。アルバムの楽曲は全て何かしら繋がったり絡み合ったりしているよ。物語は両親からの虐待に苦しみ逃げ出した女の子と、野獣に致命傷を追わされた野生の男の話。彼らは古の崩壊しそうなバトルタワーのある広大な荒野で出会った。お互いの身の上を話すうち、2人には絆が生まれる。少女は男の傷を癒し命を救うと誓ったんだ。彼はそれに同意したけど、少女は男がすでに終焉を迎える準備が出来ている事を知らない。歌詞のテーマは様々だよ。磁場の一致から疑問を解決しないまま死を受け入れる事の魅力についてだね。

Q4: Anyway, “On Lonely Towers” is really awesome. If compare in one sentence, I’d like to say it’s “Amorphis + Opeth + Camel”. Do you agree that? And I think “On Lonly Towers” has two aspects. These are typical Barren Earth and evolved Barren Earth. Would you tell us about evolved Barren Earth?

【KASPER】: Kind of, but not necessarily in that order!Some of the tunes contain elements hitherto unheard of on BE records. Particularly the title track, Set Alight and The Vault. They are also the most progressive tracks on the record, and consequently also the least heavy and brutal. We have felt it good to stretch out in other directions as well. Because there are so good players in the band, you might as well challenge them, and make them play something a bit more complex, and that’s exactly what’s going in in the middle part of The Vault. 

Q4: “ON LONELY TOWERS” は素晴らしいアルバムですね!一言で表すなら AMORPHIS + OPETH + CAMEL といった感じです。これまでの BARREN EARTH には見られなかった要素もありますね。

【KASPER】: そうかもね。その順番である必要はないけどね!!!何曲か、従来の BARREN EARTH では聴けなかった要素を含んだ楽曲があるね。典型的なのはタイトルトラックと “SET ALIGHT” “THE VAULT” だ。この3曲はこのレコードで最もプログレッシブで、それ故にヘヴィーでもブルータルでもない。他の方向性を試すのも面白いと思ったんだ。バンドにはとても良いプレイヤー達がいるんだから、もっと複雑なものに挑戦するのは当然さ。”THE VAULT” の中間セクションが如実に物語っていると思うよ。

Q5: Oli and Kasper are ex-Amorphis. And Amorphis and Barren Earth have an aspect of traditional ethnic / folk music. What do you think about Amorphis at the moment? Do you have a plan to use Kalevala?

【KASPER】: I can not really answer that because I have not listened to their new records. This year, though, they are playing Tales From The Thousand Lakes, and that one I have listened to, haha! It is pretty good. Barren Earth is not going to use the Kalevala.

Q5: OLI とあなたは元 AMORPHIS です。AMORPHIS, BARREN EARTH ともにトラディショナルな民族音楽を使用していますが、現在の AMORPHIS についてどう思っていますか?また BARREN EARTH がカレワラを題材に扱う事はあるでしょうか?

【KASPER】: それについてはちゃんと答えられないな。というのも僕は彼らの新しいレコードたちを聴いていないんだ。だけどアレだ、今年彼らは “TALES FROM THE THOUSAND LAKES” をプレイしていたなあ。アレなら聴いた事があるよ(笑)!!とても良かったんじゃない?BARREN EARTH がカレワラを扱う事はないと思うよ。

Q6: Barren Earth has two really talented guitarists and Sami is doing lot’s of projects. And off course, he is official member of Kreator and Waltari. Do you think he will be able to continue tours and recordings of Barren Earth?

【KASPER】: Yes. But it has happened a few times that we’ve had to use a replacement for him for some shows. Everybody is aware that he can’t always make it. But we have some good replacements for him if need be. Actually, Sami is not in Waltari anymore, even though he makes a guest appearance on their new record. He left Waltari about a year ago. 

Q6: BARREN EARTH には2人の才能あるギタリストがいます。特に SAMI は多数のプロジェクトを手掛けていますし、勿論 KREATOR, WALTARI のメンバーでもありますね。BARREN EARTH の活動に支障はないのでしょうか。

【KASPER】: 大丈夫だよ。何度かライブで彼の代役を立てざるを得なくなった事はあったけどね。みんな彼がいつもは参加出来ない事は知っているさ。必要な時は何人か良い代役もいるし。あと SAMI はもう WALTARI のメンバーじゃないんだ。新作はゲスト参加なんだよ。一年くらい前にバンドを離れたんだ。

【FIVE ALBUMS】

KASPER MARTENSON’S FIVE ALBUMS THAT CHANGED HIS LIFE !!

LED ZEPPELIN “LED ZEPPELIN Ⅱ”

be878

YES “CLOSE TO THE EDGE”

beダウンロード

THE BEATLES “HELP!”

beArticleSharedImage-19126

VAN DER GRAAF GENERATOR “THE LEAST WE CAN DO IS WAVE TO EACH OTHER”

becover_11118582008

AC/DC “BACK IN BLACK”

be51dSOH7LIjL._SL1000_

【MESSAGE FOR JAPAN】

be1488836_674075019281650_470765775_n

The Japanese version of the album contains a bonus track, In Flight. It is a song only available in Japan. It is not a leftover track, but a song specifically written for the Japanese audience. It is very good. I should know since I wrote it!

日本盤には “IN FLIGHT” というボーナストラックが収録されているよ。日本だけで聴ける曲なんだ。余った曲を収録した訳じゃなくて日本のファンのために特別に書いたんだよ。スゴく良いよ。僕が書いた曲の中でもピカイチだと思う!!

KASPER MARTENSON

BARREN EARTH FACEBOOK PAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

 

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です