ms481522_10151275752554857_525555788_n

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【MOON SAFARI】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JOHAN WESTERLUND OF MOON SAFARI !!

ms1240620_10151830102569857_1323889561_n

 JOHAN WESTERLUND OF MOON SAFARI TALKS ABOUT THEIR UPCOMING ALBUM “HIMLABACKEN VOL.2”, JAPAN, PROG SCENE AND MORE !!

スウェーデンの新世代プログバンド MOON SAFARI には停滞気味の所謂”プログレ”シーンに新風を吹き込み、活性化させる事が大いに期待されています。別段、何か新しい事をやっている訳ではありませんし、演奏技術が特別優れているわけでもありません。ただ彼らの生み出すメロディーは BILLY JOEL や ELTON JOHN といったポピュラー音楽稀代のメロディーメイカー達に勝るとも劣らないほどのクオリティーを誇っています。瑞々しく爽やかで突き抜けるような美しいメロディーに強力なコーラスワーク。これをプログロックのフィールドで具現化出来ているバンドは他に A.C.T くらいではないでしょうか。今回弊誌ではベーシストの JOHAN に新作 “HIMLABACKEN VOL.2”, 「YOUは何しに日本へ」で生歌まで披露した日本についてなど語っていただきました。

【INTERVIEW: JOHAN WESTERLUND】

ms425363_10150658351179857_655267174_n

Q1: How was the Japan tour 2014? Also, you appeared on Japanese TV program. Did you enjoy that?,haha.

【JOHAN】: It was really great. This was our second time in Tokyo and the first time with just us on the bill, last time, in 2013, we played a festival with The Flower kings, Anekdoten and Trettioåriga Kriget at Club Citta. But this was better cause this time we knew the people who came, they came just for us. Very humbling to know that we have an audience in Japan, they are some of the most devoted music lovers we’ve met so far.
Yeah, being on TV in Japan was a strange experience, we didn’t think much of it until people started sending us links to clips from the program. And I think we found a few new fans as well, that’s always good! 

Q1: 昨年の日本ツアーはいかがでしたか?日本のテレビ番組にも出演されていましたが楽しめましたか?(笑)

【JOHAN】: 本当に素晴らしいツアーだったよ。2回目の東京で、僕達だけが出演するライブは初めてだったね。2013年の前回は、THE FLOWER KINGS, ANEKDOTEN, TRETTIOARIGA KRIGET と共演したチッタのフェスだったからね。今回の方が良かったよ。来てくれる人たちは全員僕たち目当てな訳だからね。日本にオーディエンスがいる事が判ってとても良かったよ。彼らは僕たちが今まで会った中でも最も音楽に愛情を注いでいる人たちだね。うん、日本のテレビ番組に出演するのは不思議な経験だったよ。ファンのみんなが番組のクリップのリンクを送ってくれるまでそれについてあまり考えていなかったんだけどね。新しいファンも増えたみたいだし良かったんじゃないかな。

Q2: So. I think you are making “Himlabacken Vol.2” now. Is that right? And musically, what kind of album will it be?

【JOHAN】: It will be Moon Safari for sure, probably a bit of a blend between Blomljud and Himlabacken Vol. 1, some longer tracks with more challenging instrumental parts but also some shorter, more direct tracks that we hope can work on the radio. It’s going to be a nice mix of pop and prog, as always. We are not rushing the recording process this time, it’ll come out when it’s ready, but hopefully late 2015 or early 2016, again I don’t want to set a date cause right now we’re just making music and trying to figure out the composition of the album, we have about 60 minutes in demos, but we’ll see where it ends up. 

Q2: 現在は新作の “HIMLABACKEN VOL.2” を製作中だと思いますがどの様なアルバムになりそうですか?

【JOHAN】: 勿論 MOON SAFARI らしいアルバムになるよ。おそらく “BLOMLJUD” と “HIMLABACKEN VOL.1” を合わせたようなアルバムになるだろうね。長い曲が数曲あってよりチャレンジングなインストパートがあるんだ。同時に短い、よりダイレクトな曲もいくつかあってラジオでかかればいいなと思っているんだ。いつもの通り、ポップスとプログを上手くミックスしたものになるだろうね。今回はレコーディングを急いでいなくて、準備が出来ればリリースしようと思っている。まあできれば2015年の後半から2016年初頭にはリリース出来たら良いね。ただ何度も言うけど日にちは設定したくないんだ。今はただ音楽を作って、アルバムについて理解したいからね。60分のデモがあるんだけど、まあどうなるか見てみようじゃないか。

ms74214_470526819856_4865797_n

Q3: Anyway, “Lover’s End” continued to PT 3. So, we expect “Himlabacken” to continue till Vol 3 or much longer. Would you talk about the story? Will the story be end on “Himlabacken Vol.2”?

【JOHAN】: Haha, we’ll start with Vol.2 and then work from there. We’re definitely staying close to home thematically on Vol. 2, but it’s a loose theme, we’re not really sure where we’ll end up. It’s in a way a broader theme than on Lover’s End, which had a love story theme through-out. This is more about how to live life to be happy and finding a way to cut through all the noice to get to what’s really important. That’s an on-going process for everyone, so like I said: we’ll see where we end up. 

Q3: “LOVER’S END” は PT 3 まで話が続きました。”HIMLABACKEN” に関してはどうでしょう?現在ストーリーはどのくらい進んでいますか?

【JOHAN】: はは(笑) これから取り掛かるところなんだ。完全に VOL.2 のテーマは理解しているけどね。ただ抽象的なテーマだからどのように終幕を迎えるかは判らないなあ。”LOVER’S END” は全編ラブストーリーだった。そういう意味ではより幅広いテーマだと言えるね。幸せに、くだらない出来事を避けて、本当に重要なものを得るという生き方のススメなんだ。みんなが試行錯誤している事柄だよね。さっきも言ったけどどうなるか見てみようよ。

Q4: All member of Moon Safari can sing and vocal harmony is identity of the band. I think lead vocal is Simon and Petter. How does the band use properly their vocals?

【JOHAN】: Yes, Simon and Petter are the two main voices in Moon Safari. I’ve personally always loved bands that have that dynamic vocally, Beatles, Pink Floyd etc. Different voices also means you can tell stories in a different way, like actors on a stage, you don’t want just a monologue, it’s in the dialogue where things really evolve. Also, that’s why we’re a band as well, we’re not solo artists when we’re in Moon Safari, the strength of the band is in many ways that disparate truth you get when different people gives their perspective on basically the same thing, you can shine a stronger light on things that way. Like in a discussion in general. 

Q4: MOON SAFARI は全員が歌えますし、ボーカルハーモニーはバンドの個性だと思います。リードボーカルは SIMON と PETTER だと思いますがどのように使い分けているのですか?

【JOHAN】: そうだね、MOON SAFARI には SIMON と PETTER という2人のメインボーカルがいるよ。個人的には BEATLES, PINK FLOYD のようなダイレクトなボーカルのバンドが好きなんだ。ボーカルが複数いればストーリーを違ったやり方で伝えられる。俳優がステージに何人かいるようにね。一人芝居じゃなくて実際に会話を行えるんだ。それが僕たちがバンドでいる理由だよ。MOON SAFARI にいる限りソロアーティストじゃない。基本的に同じ事についてでも、色々と違った物の見方、異なった真実を得られるというのがバンドの強みだよね。そうやって物事に強い光を当てる事が出来るんだ。一般的にはディスカッションと呼ばれている方法でね。

ms1044454_10151669500514857_549926093_n

 

Q5: Moon Safari is often called as Prog band. Do you think that is proper to express the music of Moon Safari? And are you still listen to or inspired by legendary prog bands?

【JOHAN】: Well, that’s always a very central question, it seems. Like in life in general, people love to label things, ideas and people so they can know what’s what. Not sure why that’s so important, but I do it to. Genre-wise, I don’t think there is any other good word for it right now, and we have listened to more challenging music like the classic prog bands in the past, more so ten years ago than now, but still we love to not have to think about the rules and just let things flow. But we’re equal parts classic pop and classic Prog musically, however in terms of where we have the most of our fans and what type of shows and festivals we’ve played we’re definitely active in the Prog genre. But people are can call us what they want, that’s the listeners perogative. We are what you want us to be I suppose. Once we’re released the music it’s not really just ours anyway, it belongs to us in relation to the listener. It’s a great thing. 

Q5: MOON SAFARI はプログバンドと呼ばれる事が多いですよね。その呼称は正しく MOON SAFARI の音楽を伝えていると思いますか?

【JOHAN】: うん、それは思うに常に重要な、核心となる問題だね。人生においても、一般的に人間は物事、考え方、人物にレッテルを貼るのが大好きだよね。なぜそれが重要なのか判らないんだけど、僕だってそうしている。ジャンル的には、今現在、プログより適当な言葉がないと思うんだ。10年ほど前にはもっとチャレンジングなクラッシックなプログバンドも聴いていたしね。今だってルールや難しい事を考えないで聴く分には大好きだよ。ただ音楽的に僕たちはクラッシックなポップスとプログ要素を等しく併せ持っているんだ。最も多くのファンがいて参加するフェスやショーの多くがプログというジャンルなだけなんだよ。ファンはどう呼んだっていいと思う。それが彼らの特権だからね。一度音楽がリリースされるとそれはもう僕たちだけの物ではなくなって、僕たちとファンの間に属するようになる。素晴らしい事だね。

Q6: My favorite Moon Safari’s song is “Lover’s End PT 3”. The song has everything I want to listen to. The art work of “Lover’s End” is so impressive. How and why did you choose that artwork?

【JOHAN】: Good choice, everyone in the band loves that track too :) That’s all Petter’s good work, he painted it, as he did with the all our artwork up until Lover’s End. I think he had a few different female faces as inspiration for that cover, who they are remains his secret :) 

Q6: 私は “LOVER’S END PT 3.” が大好きです。完璧な曲だと思っています。その EP の前のアルバム “LOVER’S END” のアートワークはとても印象的でしたね。

【JOHAN】: 良いチョイスだね。バンド全員その曲が大好きだよ。”LOVER’S END” のアートワークは PETTER の作品なんだ。彼が描いたんだよ。”LOVER’S END” までのアートワークは全て彼の作品さ。おそらく何人かの女性の顔をインスピレーションにして描いたんだと思うよ。誰かは彼の秘密さ(笑)

Q7: You are one of the full of promising young prog band. Are there any other young prog bands that you have strong sympathy with?

【JOHAN】: Abolutely, Beardfish is probably our favorite “young” band in the genre. 

Q7: MOON SAFARI は将来を約束された若手プログバンドです。共感を持っている若手バンドはいますか?

【JOHAN】: 勿論だよ。おそらくこのジャンルでは、 BEARDFISH は僕たちの大好きな”若手”バンドだよ。

【FIVE ARTISTS】

JOHAN WESTERLUND’S FIVE ARTISTS THAT CHANGED HIS LIFE !!

Hmm, this would have to be just for me. I think more of artist than albums. They have definitely shaped me as a listener and also as a musician.

IRON MAIDEN

msiron-maiden

BRUCE SPRINGSTEEN

msbruce-springsteen

TOM PETTY

mstompetty

MARILLION

msmarillion1

KINGS OF LEON (FIRST 4 ALBUMS)

ms100563-kings_of_leon_617_409

【MESSAGE FOR JAPAN】

ms996708_10151650329139857_497881525_n

Hope to see you soon again, we promise that when we come back it’ll be with a great new album full of classic Moon Safari sounds and songs!

早く日本のみんなに会いたいよ。次に日本に行くときには MOON SAFARI らしいサウンドと楽曲を満載した素晴らしい新作を発表しているよ!

JOHAN WESTERLUND

MOON SAFARI FACEBOOK PAGE
http://www.moonsafari.se/

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

 

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です