タグ別アーカイブ: Sithu Aye

SITHU AYE SENPAI EXPLAINS IT ALL !! 【SENPAI EP Ⅱ: THE NOTICING】


So fast forward 1 year and 7 months and I have released “Senpai EP II: The Noticing”, the follow up to the first EP. It continues to follow the story of these three girls in the style of a slice of life anime. 

“Senpai EP” から1年7ヵ月ぶりに “Senpai EP Ⅱ: The Noticing” をリリースしたよ!!この作品でも、女の子3人の物語を日常系アニメのスタイルで追っているんだ。

unnamed-14

(There’s a new girl in there – we’ll get to her later! Artwork by me)

RECAP OF “SENPAI EP”

To start with, a little bit of a recap of the first Senpai EP and an introduction to the characters. Senpai EP follows the adventures of 3 girls who love to play progressive metal music and is heavily influenced by slice of life anime, especially K-On!. The main character is Megumi Uehara (上原めぐみ) who is nicknamed Prog-chan (プログちゃん), a 17 year old 2nd year in high school who loves to play the guitar. All Prog-chan wants to do is to have fun and to play music with her friends. Her childhood friend (幼馴染) Hanako Todoroki (轟花子) is also 17 and in her 2nd year of high school and plays bass. She is also her class rep and top student in her year. Finally, we have Mari Matsumoto (松本まり) who is 16 and in her 1st year of high school. She idolises Megumi as her guitar playing Senpai. The first Senpai EP followed the idea of slice of life anime, where it followed a day in the life of the girls. It starts with Megumi being late for school (Oh Shit, I’m Late For School! (やだ、遅刻しちゃう!)), Mari trying to get Megumi-senpai to notice her (Senpai, Please Notice Me! (先輩、私に気付いて下さい!)) and a dream Megumi has while asleep in class where she and her friends are magical girls (魔法少女) trying to battle evil guitar frets (The Power of Love and Friendship! (愛と友情のパワー! )). I hoped to parody anime tropes, yet also convey the feeling you get while listening to anime music with this EP. It also established these three as characters that would appear again in Senpai EP II.

“Senpai EP Ⅱ” の解説を始めるにあたって、まず少しだけ “Senpai EP” のおさらいと、キャラクター紹介をしておこう。
“Senpai EP” はプログメタルをプレイするのが大好きな3人の少女が繰り広げるアドベンチャーで、日常系アニメ、特に “けいおん!” に強く影響を受けていたんだ。
メインキャラクターは上原めぐみ、17歳の高校2年生。プログちゃんと呼ばれているようにギターが大好きな女の子さ。楽しく友達と音楽をプレイしたいと望んでいるんだ。
めぐみの幼馴染み、轟花子も17歳の高校2年生で、ベースをプレイするよ。花子はめぐみと同じクラスで学期委員長。学年でもトップの成績を誇るんだよ。
そして3人目が松本まり。16歳の高校1年生。めぐみのことをギターが上手い先輩としてアイドル視しているんだ。
“Senpai EP” の1作目は、日常系のアニメにアイデアを得て、彼女たちの日常を追ったものだったんだ。EP はめぐみが学校に遅刻しそうな場面から始まるよ (Oh Shit, I’m Late For School! (やだ、遅刻しちゃう!) )。
まりはめぐみ先輩に気づいてもらおうとしていてね (Senpai, Please Notice Me! (先輩、私に気付いて下さい!))。
めぐみが授業中に居眠りしていて見た夢は、彼女と友達が魔法少女となり悪のギターフレットとバトルするものだったんだ (The Power of Love and Friendship! (愛と友情のパワー! ))。
つまり僕は、この作品でアニメのトロープスをパロディーすることで、アニソンを聴いている時の感覚を伝えることが出来ればと思ったんだよ。”Senpai EP Ⅱ” にも登場する3人のキャラクターを確立することも出来たしね。

unnamed-13

(The three girls, from left to right: Mari (まり), Megumi (めぐみ) and Hanako (花子). Artwork by Ulrich)

SUMMER BREAK!

unnamed-16

The first track, Summer Break! (夏休み!) is about how as soon as the summer holidays start, Megumi makes a plan for her and her friends to have fun in the summer. This is her plan:

アルバムオープナー、”Summer Break! (夏休み!)” では、夏休みが始まるやいなや、めぐみが友人たちと夏を満喫出来るように夏休みの計画を立てるんだ。これが彼女のプランだよ。

unnamed-15

Like in so many anime, they go to the beach, go to a summer festival and similar to K-On!, they have a summer band training camp. Except at the camp they don’t practise and just play all the time! At the end of the summer holidays Megumi releases that she hasn’t done her homework! All standard fare for slice of life anime. (All artwork is by me unless otherwise stated)

多くのアニメと同様に、彼女たちはビーチへと出かけ、夏祭りにも参加するよ。”けいおん!” に似ているね。夏のバンド合宿も行うんだ。合宿以外では、練習なんてしないでずっと遊んでいるんだよ!
夏休みの終わりになると、めぐみは宿題が終わっていないことを発表するんだ!全てが日常系アニメのスタンダードだね。

unnamed-17

unnamed-18

unnamed-19

IT’S THE SECOND SEASON, SO WE NEED A NEW CHARACTER AFTER ALL!

The second track, It’s the Second Season, So We Need a New Character After All! (もう2クール目だし、新キャラ登場させなきゃね!) is very long! It’s meant to be a parody of very long light novel titles, like KonoSuba: God’s Blessing on this Wonderful World! (この素晴らしい世界に祝福を!) and Shimoneta: A Boring World Where the Concept of Dirty Jokes Doesn’t Exist (下ネタという概念が存在しない退屈な世界 ). It’s a bit of a joke at how light novel and anime based on light novels are so long! There isn’t much in the story, I just wanted to draw the girls in silly disguises doing the famous ‘Gendo Ikari pose’ from Neon Genesis Evangelion. They are pretending to be board members of an anime company trying to make a successful second season to an anime.

セカンドトラック、”It’s the Second Season, So We Need a New Character After All! (もう2クール目だし、新キャラ登場させなきゃね!)” はとても長いタイトルだね!
これはね、とても長いタイトルのライトノベルのパロディーなんだよ。”このすば” (この素晴らしい世界に祝福を!) とか、”下セカ “(下ネタという概念が存在しない退屈な世界 ) のようなね。いかにライトノベルや、それをベースとしたアニメのタイトルが長いかという、ちょっとしたジョークなんだよ!
この曲にはあまりストーリーは存在しないんだ。キャラクターたちを “新世紀エヴァンゲリオン” の有名な “碇ゲンドウポーズ” のバカげた仮装で描きたかっただけなんだよね。彼女たちは、アニメのセカンドシーズンを成功させようとしているアニメ会社の会議を再現しているのさ。

unnamed-20
unnamed-21
(The famous Gendo Ikari pose I wanted to parody!)

But at the end of the song, we see a new character appear! And she seems to want to confront Megumi for some reason!

楽曲の最後には、新たなキャラクターが登場するよ!しかも彼女は訳あってめぐみと対決したがっているように見えるね!

unnamed-22

This new character is called Reina Sugiyama (杉山玲奈), who is 17 years old and in her second year of high school. She went to middle school with Megumi and Hanako and was amazed by Megumi’s guitar playing. She was a very shy and awkward girl however, and thought that she couldn’t be friends with Megumi unless she could learn to play guitar as well as Megumi. This poor girl really just wants to make friends, but she doesn’t really know how.

新たなキャラクターは、杉山玲奈。17歳の高校2年生。彼女はめぐみ、花子と同じ中学に通っていて、めぐみのギタープレイに魅了されたんだ。
だけど玲奈はとてもシャイで引っ込み思案な女の子だったから、めぐみと同じくらいギターが上達しなければ友達になれないと思ったんだよ。この子はただ友達が欲しかっただけなんだけど、その作り方が分からなかったのさ。
玲奈は “このすば” のゆんゆんがベースとなったキャラクターなんだ。

unnamed-23

A RIVAL APPEARS!

This brings us to our third track, A Rival Appears! (ライバル出現!). Reina appears out of nowhere and challenges Megumi to a guitar battles. In the years since middle school, Reina has become very tsundere and changed her image after going to a different high school to Megumi and Hanako!

3曲目は “A Rival Appears! (ライバル出現!)”。玲奈がどこからともなく現れ、めぐみにギターバトルを挑むんだ。玲奈はめぐみ、花子と別々の高校に進んでいるんだ。中学の頃とはイメージが変わって、めちゃくちゃツンデレになったんだね。

unnamed-24

However, unfortunately for Reina, Megumi’s memory for anything other than guitar is terrible. Reina is not pleased by this.

玲奈にとっては残念なことに、めぐみの中学時代の記憶は、ギターに関すること以外は酷いものだったんだ。忘れられていたんだね。玲奈が嬉しい訳はないよね。

unnamed-25

unnamed-26

So the girls eventually have their guitar battle and it turns out that Reina is very, very bad at guitar. Her excuse is that she’s actually a drummer and that she thought she needed to become good at guitar to be friends with Megumi. Megumi, Hanako and Mari need a drummer in their band so they get excited and ask if she really can play the drums. Reina is happiest when she is playing drums so she can’t help but glow and show her love for the instrument. This endears her to Megumi who immediately asks her to be their friend and join their band. Reina is very bad at making friends, so she can’t help but be very happy that she somehow made new friends despite appearing as a rival to Megumi!

そして遂に2人はギターバトルに臨むんだ。そこで判明したのは、玲奈がとてもギターが下手だということ。彼女の言い訳は、実は自分はドラマーで、ギターはめぐみと友達になりたかったからプレイしていたというものだったんだ。
めぐみ、花子、まりはバンドにドラマーを必要としていたから、興奮して本当にドラムが叩けるのか尋ねたよ。玲奈はドラムをプレイしている時が一番幸せだから、その楽器に対する輝きと愛情を隠すことは出来なかったね。
めぐみはすぐ玲奈に、友達になってバンドに加入してくれるようお願いしたんだ。玲奈は友達を作るのがとても苦手だから、めぐみのライバルとして登場したにも関わらず、何とか新しい友人を作ることが出来てとても幸せになったよ。

unnamed-27

unnamed-28

THE NOTICING!

The fourth track is The Noticing! (ザ・ノーティシング!), where the girls try to practise but fail!

4曲目は “The Noticing! (ザ・ノーティシング!)”。彼女たちは練習しようとするんだけど、やっぱり無理なんだ!

unnamed-29

The main part of the story in the song is when Megumi says to Mari that she’ll be playing half of the guitar solos in the band from now on. Megumi realises how good a player Mari and thinks her talent is wasted just playing rhythm. Mari is incredibly excited as her senpai who she idolises has finally noticed her!

この曲のストーリーのメインパートは、めぐみがまりに、これからはギターソロの半分を担当してと言う場面なんだ。めぐみはまりがいかに優れたプレイヤーであるか理解していて、ただリズムをプレイしているだけでは才能の無駄遣いだと思ったんだよ。
まりはとても興奮したよ。だって、アイドル視している先輩に遂に気づいてもらえたんだからね!

unnamed-30

unnamed-31

ANIME AS LEADERS (THE WOVEN WEEAB)

The final song Anime as Leaders (The Woven Weeab) is a play on Animals as Leaders and their song The Woven Web. I thought it would be funny to change Animals to Anime and Web to Weeab. In English slang, we call non-Japanese people who are obsessed with anime weeaboos, weeabs or weebs. In the song I try to use Tosin Abasi’s signature thump technique while still trying to retain the upbeat feel of anime music. In the story of the song, Anime as Leaders is a huge band that Megumi and her friends go to see live.

アルバムクローサー、”Anime as Leaders (The Woven Weeab)” は ANIMALS AS LEADERS と彼らの楽曲 “The Woven Web” で言葉遊びをしてみたんだ。Animal を Anime に、Web を Weeab に変えたら面白いと思ったんだよ。英語のスラングでは、日本人じゃないアニメオタクのことを weeaboos, weeabs, weebs と呼ぶんだ。
この楽曲では、Tosin Abasi のトレードマークであるスラップのテクニックを、アニメミュージックのアップビートな雰囲気を保ちながら取り入れてみたよ。
ストーリーは、めぐみと彼女の友達が偉大なバンドである “ANIME AS LEADERS” のライブに行くという話だよ。

unnamed-32

unnamed-33

So that’s the story of Senpai EP II! It’s just a few high school girls who love prog metal wanting to have fun. They also make a new friend along the way as well! Hope you all enjoy listening to Senpai EP II: The Noticing and watching the story on the YouTube video!

これが “Senpai EP Ⅱ”の全てだよ!プログメタルを愛する女子高生たちの物語。新しい友達も増えたね!みんなが “Senpai EP II: The Noticing” を楽しんでくれたら嬉しいな。YouTube のストーリービデオもチェックしてみてね!

14680897_10153885849802190_7449889699607204205_o

SITHU AYE Facebook Page
SITHU AYE Official Site
SITHU AYE Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SITHU AYE : SET COURSE FOR ANDROMEDA】JAPAN TOUR 2016 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SITHU AYE !!

12187714_10156225237590581_5851660646082224988_n-2

One of the most important release of Instru-Metal scene in this year !! Sithu Aye set to release magnificent double album “Set Course for Andromeda” on 5/4!!

DISC REVIEW “SET COURSE FOR ANDROMEDA”

我らが “先輩” こと、グラスゴーが生んだ才気あふれる新世代ギタリスト Sithu Aye。5/13から始まる初の日本ツアーに先駆けて、5/4に新作 “Set Course for Andromeda” をリリースします!
フルアルバムとしては2012年の “Invent the Universe” 以来となる新作は、ダブルアルバム、76分の壮大なエピックに仕上がりました。同時に、最も重要な今年の Instru-Metal 作品になることは間違いないでしょう。
近作では、コラボレートも行った PLINI と路線を同じくするような、メロディー重視でフュージョン要素の濃い音楽性にフォーカスしていた Sithu Aye ですが、”Set Course for Andromeda” では “Invent the Universe” 以前のようなヘヴィーグルーヴやテクニカルな展開を大幅に復活させており、改めて彼のアイデンティティーを強く印象付けています。同時に、ジャズ、オーケストラ、シンセサイザーといった幅広い要素も巧妙に使用されており、多様性に富んだ現代的なアルバムとも言えるでしょう。
ゲストソロイストも実に豪華。同志 Plini をはじめ、David Maxim Micic (DESTINY POTATO), Aaron Marshall (INTERVALS), Mark Halcomb (PERIPHERY), Yvette Young (Covet), THE HELIX NEBULA というモダンギターシーンを象徴するようなプレイヤーたちが集結し作品に色を添えています。
チップチューン的イントロが印象的な “Set Course for Andromeda!!!” 、”Constants and Variables”, “Transient Transistors” のヘヴィーグルーヴはまさに初期 Sithu Aye ですし、驚くほどジャズな “Spiral” まで Disc 1の多様性はカラフルな万華鏡のよう。ただ、Disc 1では全ての楽曲にゲストを配しているのに対して、Disc 2、29分の大曲 “The Andromedan” は彼1人で作曲、ソロ、プロデュースを全てこなしていることを考えれば、作品のキモは Disc 2 にあるようにも思えます。
実際、大曲の第一楽章 “PT1: A Single Step” は、新しいことに挑戦したかったと語る Sithu の意志を体現したかのような楽曲です。ジブリ作品を想起させる雄大でオリエンタルなメロディーが、ストリングス(二胡)とアコースティックギターを伴って紡がれる美しい楽曲は、彼の新しい1面を伝えると共に、代表的な1曲となる可能性を秘めています。
さらに見事なのは、”The Andromedan” 自体も、”A Single Step” で提示したオリエンタルなテーマを巧妙に変化させつつ使用しながら、彼の様々な魅力を引き出し伝えている点です。”PTⅡ: Mystic Village” でのミニマルなポストロック、”PTⅣ: The Darkness Within” から “PTⅤ: Rebirth” にかけての Djent + Dream Theatre 的ダークでテクニカルな展開、そしてオーケストラルな大円団 “PTⅥ: Mother of Creation” まで、息つく間もないほど濃厚な音楽世界はリスナーを壮大な宇宙旅行へと誘います。
さらに、ソロイストとしての Sithu も素晴らしく円熟して来たように感じます。見事なコール&レスポンス、リックの豊富さ、そして強烈なエモーション。楽曲のレベルを一段引き上げるようなソロワークが秀逸なギターアルバムでもありますね。
今回弊誌では Sithu さんに3度目のインタビューを行うことが出来ました。テクノロジーコンサルタントという仕事を辞して、フルタイムミュージシャンとして挑む彼の新たな出発は、野心的でキャッチーで多様性に富んだ素晴らしいレコードと共に始まります。どうぞ!!

1918366_10156631545605142_1573221703835400586_n

SITHU AYE “SET COURSE FOR ANDROMEDA” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SITHU AYE : SET COURSE FOR ANDROMEDA】JAPAN TOUR 2016 SPECIAL !!

MMM READER’S POLL 2K15 【NEXT THREE’S (SITHU AYE, PLINI, JAKUB ZYTECKI) CHOICE】


SITHU AYE, PLINI, JAKUB ZYTECKI ARE NEXT THREE OF MODERN PROG / INSTRU-METAL GUITAR SCENE !! DO NOT MISS THIER FAV ALBUMS OF 2015 !!

unnamed

2015年は MODERN PROG /INSTRU-METAL シーンにとって実りの多い年になりました。
POLYPHIA, CHON という期待の若手は本格的にブレイクを果たしましたし、弊誌で扱うことの出来た INTERVALS, POMEGRANATE TIGER, SCALE THE SUMMIT, JOHN BROWNE, YVETTE YOUNG, DAVID MAXIM MICIC といった新進気鋭のアーティストたちも素晴らしい作品をリリースしましたね。日本に話を移すと、界隈で今最も注目を集めるギタリスト PLINI が DISPERSE のヤングヒーロー JAKUBU ZYTECKI を伴って来日公演を果たし、最高の演奏を見せたことは一つの”事件”だったと思います。
そして 2016年。今年は我らが”先輩”、SITHU AYE の来日公演も決定しているのです!! 勿論、PLINI にはデビューフルが、Jakub には DISPERSE の新作が控えています。
今回弊誌では、”MMM READER’S POLL 2015″ の一環として、彼ら”NEXT THREE”に 2015年のベストアルバムとメッセージをいただくことが出来ました。勿論、PROG-CHAN たちも SITHU 先輩の書き下ろしですよ。どうぞ!!

【SITHU AYE’S BEST ALBUMS 2015】

12187714_10156225237590581_5851660646082224988_n

続きを読む MMM READER’S POLL 2K15 【NEXT THREE’S (SITHU AYE, PLINI, JAKUB ZYTECKI) CHOICE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SITHU AYE : SENPAI EP】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SITHU AYE !!

10298749_10155935695815142_603261566663275250_n

“I-i-it’s not like I wanted to hear “SENPAI EP” or Anything!!” One of the top modern prog guitarist, SITHU AYE has just released incredible Anime-Prog new record “SENPAI EP”!! Readers! Please notice SITHU-SENPAI!!

スコットランドから彗星の如く現れた才能溢れるモダンプログギタリスト SITHU AYE。インターネットの普及により誰もが音楽を発信出来るようになった現代の音楽シーン。彼はまさにそういったDIYミュージシャンの代表格的な存在だと思います。
インタビュー中でも触れていますが、BULB (MISHA MANSOOR) や BEN SHARP は勿論その分野のパイオニアです。ただ、兄貴感のある彼にインスパイアされて音楽を発信し始めたアーティストも多いのではないでしょうか?「作曲もギターもレコーディングもプログラミングもプロデュースもやろうと思えば一人で出来るんだ。」彼がモダンプログ/ギタリスト界隈に与えた影響は決して少なくありません。
そんな偉大な男 SITHU AYE が新作をリリースしました!”SENPAI EP”。アートワークからコンセプトまでどう見ても”OTAKU”!!そう、彼は偉大な”オタク”だったのです。ただ、内容は実に素晴らしいですね。勿論、コンセプトが「アニメのOPテーマのようなEP」なので以前よりキャッチーでファンシーになっている部分はあります。キラキラしたキーボードやシャムシェイドかよ!と突っ込まざるを得ないシンコペーションリフなどはやはり驚きです。しかしむしろそれがSITHU のプログ/フュージョン的ギターと未然の化学反応を引き起こし、何度もリピートせずにはいられない中毒性を生み出しています。
初期の SITHU の作品はより “DJENTY” な音作りやプログメタルの複雑さを強く内包していましたが、作品を重ねるに連れてどんどんメロディー重視の方向性にシフトしています。PLINI と波長が合い2人でEP”I”をリリースしたのも納得ですが、彼の中でそういったアニメのテーマソングのような強烈なキャッチーさに憧れる気持ちが膨らんで、遂に爆発したのかも知れませんね。勿論、彼の流暢でジャジーな独特のシュレッドは健在。ギタリストからモダンプログファン、そしてアニメファンまで幅広くアピールする作品に仕上がったのではないでしょうか?!?!
今回弊誌では SITHU AYE にインタビューを行うことが出来ました。読者の皆さん、ぜひ SITHU 先輩に気づいて下さい!

12039659_10156062425135142_518984851872773320_n

MMM RATING⭐️

SITHU AYE “SENPAI EP” : 9,8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SITHU AYE : SENPAI EP】