a2823426355_10

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NOVALLO : NOVALLO Ⅱ】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NOVALLO !!

543123_623154917710435_1542564218_n

Talented Moden Prog Outfit, NOVALLO has just released awesome eclectic new EP “Novallo Ⅱ” !!

US産 モダンプログの新鋭 NOVALLO が素晴らしい新作EPをリリースしました!!
PERIPHERY を筆頭とした所謂 Djent バンドの系譜に連なる NOVALLO ですが、彼らの優れている点はそのエクレクティックな音楽性にあると思います。Jazz/Fusion, エレクトロニカ、ファンク、といった多様な音楽を独自のやり方でプログメタルに落とし込んでいるのです。同時に非常にキャッチーで優れたメロディーを各所に配置し、Djent/モダンプログの新しい形を提示しています。
よく比較されるのがその PERIPHERY なのですが、理由の1つは Sam のボーカルでしょう。驚異的な声量で歌い上げる美しく情熱的なクリーントーンは確かに PERIPHERY の Spencer を想起させます。ただ、Sam は SYSTEM OF THE DOWN のようなエキセントリックな唱法やラップを取り入れるなど間口の広さが魅力的です。
またグルーヴィーな演奏にキャッチーなメロディーを巧みに乗せているところも比較される所以でしょう。より DJENTY な PERIPHERY に対して、NOVALLO はそのメロディーやグルーヴによりダンサブルな要素を強く感じさせますね。例えば Michael Jackson, Jamiroquai,Justin Timberlake であったり、最近では Lady Gaga のようなテイストすら味わうことが出来ます。
エレクトロニカやゲーム音楽、Chiptune への造詣の深さも耳を惹きます。”White Phoenix” の8bitなイントロや “I Am” のゲーム音楽風バッキングは非常に特徴的で彼らならではと言えるでしょう。シンセサウンドと独特のギタートーンが素晴らしいですね。
NOVALLO はユニークな実験性を保ちながら、前作よりキャッチーな作品を制作するという離れ業をやってのけているのです。今回の記事では、弊誌のインタビューにNOVALLOのメンバー全員が考えた回答を寄せていただきました。どうぞ!!

12004827_1217614588264462_4456771982130980346_n

YOU CAN STREAM AND BUY “NOVALLO Ⅱ” HERE !!

MMM RATING⭐️

NOVALLO “NOVALLO Ⅱ” : 9,6/10

【INTERVIEW WITH NOVALLO】

547975_517566148269313_1892729137_n

Q1: This is our first interview with you. So, at first, could you tell us about the band? How Novallo come to be? And what’s the meaning behind your band name, Novallo?

【NOVALLO】: Novallo began in a very raw form about ten years ago, when some of our current & former members started to casually jam and write music together in grade school. It was initially very world-influenced, but was still modified metal music. Big initial influences included Tool and System of a Down. These and other powerful musical forces brought Nick (drums) over to Gino’s (guitar) basement one day for a jam. To Nick’s surprise, his best friend Brandon (bass) was already there, by chance. It was love at first jam. Throughout the years we’ve had several band members come and go, so, I think we like to say we officially started the band when Sam (vocals) joined. We’re not ashamed to say that we started in a gritty basement, and still churn out our best work there! The word “Novallo” is a mash-up of two latin/greek words – “novus” (meaning “new”) and “Apollo” (the god of music). So we interpret it as “The New God of Music”.

Q1: 初インタビューです。まずはバンドについて聞かせてください。NOVALLO 結成の経緯とバンド名の意味を教えていただけますか?

【NOVALLO】: NOVALLO が始まったのは約10年前。今のメンバーと元メンバーの何人かが小学校でジャムったり、曲を一緒に書いたりしていたんだ。最初はとても未熟な感じだったね。元々はワールドミュージックの影響が強かったんだけど、後にメタルっぽくなったんだ。TOOL と SYSTEM OF A DOWN の影響は大きかったよ。そういった音楽の力がある日 Nick(Drums)を Gino(Guitar)の地下室に誘ったんだ。ニックはそこに親友の Brandon(Bass)がいてビックリしたんだけどね。とにかく最高のジャムだったんだ。それから何年かの間にメンバーも入れ替わったりしたから、正式にバンドが始まったのは Sam(Vocal)が加入した時と言えるだろうね。別にホコリまみれの地下室から始まったことを恥じてはいないよ。今でもそこで最高のものを生み出しているんだからね!NOVALLO っていう名前だけど、ラテン語の”Novus”(New)とギリシャ語の “Apollo”(音楽の神) をマッシュアップしたんだ。だから”新しい音楽神”という意味になるね。

Q2: Anyway, your newest EP “Novallo Ⅱ” is just out now! How are you feeling now? And how are the reactions so far?

【NOVALLO】: We feel amazing. It’s been a long time coming and we’re all very proud of ourselves and each other. We are very satisfied with the final product, and the fact that it’s being received so well brings us only more joy. Feedback from our own fanbase and even newcomers has been overwhelmingly positive. It’s very pleasing to know that in this day, when so much art and music has become extremely generic and homogenized, that there is indeed a vocal portion of people who warmly embrace something new and different. We think that many people want something new, something that makes a concerted effort to be meaningful. There is no better feeling than being recognized positively for being different.

Q2: 最新EP “Novallo Ⅱ” がリリースされましたね。今はどういったお気持ちですか?またこれまでの反響はいかがですか?

【NOVALLO】: 最高の気持ちだよ。リリースに長い時間かかったし、自分自身とお互いをとても誇りに思っているんだ。完成した作品にはとても満足しているし、好評なことも喜ばしいね。ファンベースや新しいファンからのフィードバックは想像以上だったんだよ。今日、ほとんどのアートや音楽は一般化、均質化されている。だからボーカルが一部しかないような新しくて変わった音楽は暖かく迎えられるんだ。みんな新しくて意味のある音楽が聴きたいんだろうな。変わっていることがポジティブに評価されるなんて最高だね。

Q3: About three years have passed since you’ve released your debut EP “Novallo”. What caused this long interval?

【NOVALLO】: First and foremost, we’ve struggled with personal hardships. We’ve had a succession of significant losses and grief over the past 3 years. We’re all so close that each and every one of us is affected when there’s a loss in the family or someone has a personal conflict. Also, we’re all perfectionists. We wanted to define our sound, take a new direction, and step outside the realm of traditional metal. We each have a lot of creative freedom in this project, so, we want our individual parts to be flawless and extraordinary, but still have the music as a whole make sense.

Q3: リリースには3年もの時間を要しましたね。

【NOVALLO】: 一番の大きな理由は、個人的な困難と戦っていたからなんだ。重要な人たちを次々と亡くして悲しみに暮れていたんだ。僕たちはとても仲が良いから、誰かが家族や親しい人を亡くすと同情するんだよ。同時に、僕たちはみんな完璧主義者だから、新たに自分たちのサウンドを定義し、新しい方向性をとって、トラディショナルなメタルの限界から一歩踏み出そうとしたかったんだ。このバンドではお互いが音楽的に自由だから、個々のパートは完璧で驚異的だけど、全体として音楽的に意味を成すようにしたかったのさ。

Q4: “Novallo Ⅱ” is really great record. I’ve heard it again and again! So, how was the writing process? It starts from “wake”, and end to “Sleep”. Do you have any concept in this EP?

【NOVALLO】: Many thanks. We’ve noticed that general themes/concepts running through an album/EP as a whole almost birth themselves from the beginning to the end of the writing process. It’s almost spooky how this happens! Each song is very special. The inception of each song is embraced with an open mind, via which ideas flow naturally & organically from a subconscious (sometimes conscious!) space. We vaguely refer to this source of inspiration as a sort of “stream” of thoughts/ideas, without actually labeling it too directly. Concerning this new release, a listener might notice recurring themes such as flight/levitation, death/suicide, rebellion, awakening, altered states of consciousness, energy, otherworldly entities, and more. As always, we actively seek answers to fundamental questions regarding reality – those of an esoteric nature. We love theoretical physics & science – the fringes of which hold a great fascination for us, like many others in the world.

Q4: 実際、素晴らしいアルバムですね。作曲のプロセスはどうでしたか?”Novallo Ⅱ”は “Wake” で始まり “Sleep” で終わりますが、アルバムにコンセプトはありますか?

【NOVALLO】: ありがとう。EPを通してのコンセプト/テーマは、作曲過程において自ずとほとんど誕生していたことに気づいたよ。そんなことが起きるなんてちょっと気味が悪いくらいだよね!どの楽曲も特別なんだ。アイデアは心を開いていると、無意識下(時には意識下)から自然で有機的に流れ出てきたんだよ。僕たちは漠然とこのインスピレーションの源を”アイデアの流れ”と呼んだりしているんだ。新作に関して言えば、リスナーのみんなは”飛行/浮遊”、”死/自殺”、反乱、目覚め、意識変容状態、エナジー、空想といったテーマが循環していることに気づくだろうね。常に僕たちは真実を追い求めているのさ。深遠なる自然界のね。理論物理学や科学を愛しているし、そういった”フリンジ”にとても魅了されているんだ。

10448182_891054187587172_8612729307360878817_n

Q5: “Novallo Ⅱ” has elements of jazz/fusion, funk, and electronica together with technical progressive sound. In “White phoenix”, you use even 8bit chiptune. Definitely, there is no such a mixture modern prog band like you. What made you take in such a number of genres?

【NOVALLO】: Thank you! It’s not always intentional, and again, as musicians, and moreover as artists, we believe it is our obligation to invent something different – uniqueness is the epitome of creativity. For example, this music is guitar-driven, but Gino wanted the guitar to be as transparent as possible. By merely changing the tone, we afforded ourselves the opportunity & freedom to transcend musical styles/genres. With this mindset, we were able to present a song like, for example, “Sideways Bird” next to “Give Gravity a Choice”, and still have something that feels cohesive in the context of the EP. Inevitably, we hear things we like and just adopt them (not wanting to stick to one sound), incorporating them into a progressive metal/rock foundation as seamlessly as possible. So it’s very important for us to not just clumsily slap things together simply because we think they’re cool on their own. It’s like compositing visuals – if you add a face or creature into an image, you then have to carefully assimilate it into that environment via color balance, equal lighting, contrast, etc., until it looks as though it was actually conceived within that environment, and is one with it. Even the album cover is a perfect example of this. Once again, this speaks to a larger philosophical question, that is, what really makes one “thing” different than another “thing”? Inevitably we find that everything is interconnected, and that’s another important theme we play with in this band.

Q5: “Novallo Ⅱ” は Jazz/Fusion、Electronica, Funk などの要素をプログメタルに取り込んだような多彩なサウンドです。”White Phoenix” のイントロでは8bitサウンドまで聴くことが出来ますね。

【NOVALLO】: ありがとう!別に意図的にやっている訳ではないんだけど、さっきも言ったようにミュージシャンとして、それ以上にアーティストとして何か異なったものを生み出すことこそ僕たちの喜びなんだよ。ユニークであることは想像性の母なんだ。例えば僕たちの音楽はギターがドライブするようなものだけど、Gino は出来るだけクリーントーンを使いたがっているんだ。トーンを変えるだけで、音楽のスタイル/ジャンルに関して自由や機会が増えるんだよ。”Sidways Bird” と次の “Give Gravity To Choice” はそういった考え方で生まれたし、このEPで達成出来たことでもあるね。必然的に、僕たちは好きな音楽を聞いて、それを取り入れている訳だけど(一つのジャンルに拘ったりはしないよ)、シームレスにプログメタル/ロックの形態に合わせるようにしているんだ。これはとても重要なことで、無造作に不器用に取り入れている訳じゃないよ。だってそれ自体でもクールなんだからね。絵を書く時と似ているかもしれないね。顔や生き物を絵に加える時、注意深く周りの色のバランスや光の加減、コントラストなんかを調整するはずだよ。アルバムのアートワークがいい例だね。哲学的な質問になるけど、”物事”と”物事”を隔てているものはなんだろうね?僕たちは全てがお互いに繋がっていると感じているし、それはこのバンドのテーマの1つでもあるんだ。

Q6: But also, Novallo always has extreme popness. And that made you special. Is “stay pop” important for Novallo? How do you fuse pop and experimental?

【NOVALLO】: We do see the “pop” aspect in our music, and to us that just means staying sonically interesting, sometimes being catchy/simplistic, and being aware of current tastes in music – while not getting swept away in them. We make it work for us and our sound. After all, there is a negative aspect to some pop music which can, unintentionally or not, become superficial, and that’s never been congruent with our ideas or purposes. The fusion occurs organically; you dynamically combine disparate musical elements, sometimes gently, sometimes with great force, where needed. Gino has increasingly shown a great knack for this multi-genre infusion with pop sensibilities, and will no doubt continue to conceive songs with that same spirit. Frankly, we’ve seen pop be more experimental in the past, especially in the 80’s and 90’s – see Bjork (a huge influence for us)! More recently, an artist like Kimbra has broken the mold consistently, showing that you can deviate from the norm, be unorthodox, and still be a pop artist. If anything, we’re just trying to show that pop can have a unique personality and character again… it can throw away the formula and successfully stand on its own legs. Sometimes, simplicity is the key; just being able to get anyone up and groove can be just as important as technicality. Inevitably, we just want to write good songs, that’s really it. The bigger takeaway is that being harmlessly different can always be embraced – whether by one person or many.

Q6: 同時に、NOVALLO は究極にPOPな感覚も持っていますね。それが NOVALLO を特別なバンドにしていると思います。

【NOVALLO】: 僕たちの音楽には確かに POP な要素があるね。ただ僕たちにとってそれは、音響的に興味深く、時々シンプルでキャッチーに、そしてトレンドに気をつけるといった意味なんだよ。決してそれにのめり込んだりはしないんだ。自分たちのサウンドにするからね。結局、意図的であれそうでなかれ、POPミュージックにはネガティブな面があって、表面的な音楽になってしまうんだよ。そしてそれは僕たちの理念とは相容れないものだね。融合は有機的に起こるものだよ。ドラマティックに異なる音楽を合わせるときの反応は穏やかだったり力強かったりする。Gino はこういった様々なジャンルをポップな感覚と共に融合させるやり方がどんどん巧みになっているね。そして疑うことなく、これからもそういった楽曲を創造し続けるだろう。率直に言って、過去の POPミュージックはもっと実験的だったよ。特に80年代から90年代はね。僕たちに大きな影響を与えた Bjork を見てみなよ!最近では Kimbra のようなアーティストは正統派のPOPから逸脱し金型を壊し、にも関わらずPOPアーティストとして存在しているね。いずれにしても、僕たちはPOPがユニークな性格とキャラクターを持つことが出来るともう一度示したいんだよ。単純さがキーになるだろうね。グルーヴを感じさせることはテクニカルであることと同じくらい重要だから。僕たちはただ良い曲を書きたいだけなんだ。それだけなんだよ。

Q7: I think Periphery is the most popular band in this genre. You are often compared with them. What do you think about that? And do you think you are involved in Djent movement?

【NOVALLO】: It is flattering, and at some point in our past, there was such an influence, rather by a number of great bands in that movement. This was an important catalyst for changes in our musical growth. However, for years now, we’ve been most influenced by sound itself and/or groups of sounds as a unified whole, not so much by specific genres or their sonic tendencies. We may be somewhat associated with the Djent movement – if only on the periphery 😉 Of course, people are free to draw whatever conclusions they want, but at this point, we don’t actively pursue any specific trend or genre for the sake of conforming to it, or earning a label that makes us more palatable for certain people. We are at odds with this type of thinking. We think that there are many, many fantastic forms of expression that can manifest themselves in our sound and art, hopefully in a way that strikes the heart.

Q7: このジャンルでは PERIPHERY が有名ですが、あなたたちは彼らとよく比較されますね?

【NOVALLO】: 嬉しいことだよね。過去のある時点において、DJENT の偉大なバンドたちよりも PERIPHERY から大きな影響を受けたのは間違いないね。彼らは僕たちの音楽的成長における変化のための重要な触媒だったんだ。だけど何年か経った今は、特定のジャンルという訳ではなくて、もっとサウンド自体に影響を受けるようになったね。僕たちはいくらかは DJENT ムーブメントに関連付けられるだろうね。PERIPHERY だけじゃなくて(笑)勿論、みんなが好きなように結論づければ良いんだけど、今現在は特定のトレンドやジャンルに所属するために積極的に音楽を追ったり、特定の人たちを喜ばせるためにジャンル分けをされようとはしていないんだ。そういった考え方はしていないんだよ。僕たちのサウンドやアートには様々な素晴らしい表現方法が現れていると思うんだ。この方法が心を打てば良いんだけどね。

Q8: So, we can’t wait your debut full album. When & what kind of album will it be?

【NOVALLO】: We don’t yet know when or what type of full length will be released, but suffice it to say that it will be the biggest adventure yet! Hopefully it will be huge in breadth, rich in concept, and accessibly weird (that’s an ongoing thing for us). We have many songs stored in the Novallo vault :)

Q8: デビューフルアルバムが待ちきれません!!

【NOVALLO】: 僕たちもいつ、どのような形でリリースするかは分からないんだ。ただ、最高のアドベンチャーになることは間違いないね。幅広くて、コンセプト豊かで、キャッチーだけどちょっと変わっている。そんなアルバムになるよ。NOVALLO クオリティの楽曲は沢山ストックしているんだ(笑)

394195_517984414894153_149933177_n

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED NOVALLO’S LIFE!!

CHIMP SPANNER “IMPERIUM VORAGO”

45053

SYSTEM OF A DOWN “TOXICITY”

SystemofaDownToxicityalbumcover

JUDAS PRIEST “SAD WINGS OF DESTINY”

Sad_wings_of_destiny_cover

MICHAEL JACKSON “OFF THE WALL”

Off_the_wall

FOO FIGHTERS “THE COLOUR AND THE SHAPE”

the-colour-and-the-shape

【MESSAGE FOR JAPAN】

734375_623154531043807_1861975217_n

Well… we love Japan! Your art and culture are very beautiful, and we highly respect and value it. We think your anime works are unparalleled in depth & visual aesthetics, and we’re big fans. Above all else, we’ve experienced nothing but positivity and warmth from Japanese fans, and are grateful for that. We would be honored to tour your country. Cheers!

えっと…日本が大好きだよ!君たちの芸術と文化はとても美しいね。僕たちはとてもリスペクトしているんだよ。君たちのアニメは無比の深さと審美を湛えているね。大ファンだよ。何よりも、日本のファンはポジティブで暖かいんだよね。感謝しているよ。日本をツアーできたら光栄だね。ありがとう!

NOVALLO

NOVALLO FACEBOOK
NOVALLO BANDCAMP

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です