10418497_10153383774629166_5242692122698119632_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE DEAR HUNTER : ACT Ⅳ: REBIRTH IN REPRISE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CASEY CRESCENZO OF THE DEAR HUNTER !!

the-dear-hunter-1

Progressive/Post Hardcore act from US, THE DEAR HUNTER has just released amazing Rock Opera “Act Ⅳ: Rebirth in Reprise”! Yes, they returned to “Act” series !!

US産 プログロック/ポストハードコアバンド THE DEAR HUNTER が新作 “Act Ⅳ:Rebirth in Reprise” をリリースしました!!
THE DEAR HUNTER は元々、THE RECEIVING END OF SILENCE に所属していた Casey Crescenzo のソロプロジェクトとして始まりました。彼は THE DEAR HUNTER という自身をモチーフにした主人公が、生まれてから死ぬまでの人生譚を”Act” シリーズとして壮大な6章のレコードとして綴っているのです。COHEED & CAMBRIA は5枚のアルバムでSFを完成させましたが、彼は6枚の予定で今作はその4枚目。
実は “Act” シリーズのリリースは3枚目でしばらく頓挫していました。Ⅲ がリリースされたのは2009年。6年の間に彼は、9色の色に対応する9枚のコンセプトEPシリーズ “Colour Spectrum” や、ソロ名義でシンフォニーアルバム “Armor and Attrition” をリリースしていました。今回、帰って来た “Act” シリーズの新作 “Rebirth in Reprise” はそういった経験が見事に生きた74分のドラマに仕上がっていますね。
非常にシアトリカルで、エモーションとフィロソフィーに満ちたレコードです。完成されたパズルのように、全てが収まるべき場所に収まったロックオペラ。特筆すべきはやはり、Casey のボーカルです。ジャジーにスウィングしたり、美しく歌い上げたり、激しくロックしたり、ダンサブルなグルーヴを表現したり。素晴らしくキャッチーなメロディーたちが彼の声によって命を吹き込まれます。日本のプログロックファンならば、美麗でビッグなコーラスワークと時に70/80’s的なメロディーラインから A.C.T や MOON SAFARI に例える人も多いでしょう。ただ、THE DEAR HUNTER は彼らと異なり、楽曲にオルタナティブやポスト・ハードコアの要素を巧みに取り入れていて、リスナーに新鮮味をも感じさせることに成功しています。MUSE や COLDPLAY のようなメジャー感すら感じさせますね。
今回から、他のメンバーたちも作曲にも関わっているため、ピアノ、オーケストラサウンド、そしてそれに協調する楽器たちのアレンジメントも実に見事で、非常にバンドらしいサウンドに進化している点も記して置くべきでしょう。74分というランニングタイムながら、カラフルで常に耳を惹くアルバムは彼がフェイバリットアルバムで挙げている The BEATLES の “Abbey Road” にも例えることが出来そうな傑作と表現せざるを得ないですね。今回弊誌では、バンドの中心人物 Casey Crescenzo にインタビューを行うことが出来ました。どうぞ!!

10418497_10153383774629166_5242692122698119632_n

MMM RATING⭐️

THE DEAR HUNTER “ACT Ⅳ: REBIRTH IN REPRISE” : 9,8/10

【INTERVIEW WITH CASEY CRESCENZO】

1425571984944

Q1: This is our first interview with you. So, at first, could yot tell us about the band? I think The Dear Hunter started as your side project. How did the band come to be?

【CASEY】: The Dear Hunter was originally just a name I used for any music I wrote, starting at 17/18. I kept it with me for the music I would write while I was in The Receiving End of Sirens. After we completed our first record, in that group, I spent some time at my parents home in late 2004 and wrote a story based in part on my life, but heavily fictionalized. I was working on my first EP when I was asked to leave TREOS, but I immediately had the support of our booking agent and label owner to pursue The Dear Hunter. I finished recording the EP, assembled a band for touring, and released Act I in 2006.
Since then, the band’s lineup had been constantly shifting until 2011. This iteration has been together since then.

Q1: 初インタビューです。まずはバンドについて聞かせてください。THE DEAR HUNTER はあなたのソロプロジェクトとして始まったと思いますが、その経緯を教えていただけますか?

【CASEY】: THE DEAR HUNTER とは元々、17,18才の頃から、僕が書いた音楽全てで使っていたただの名前だったんだ。THE RECEIVING END SILENCE に所属していた間にも、その名前で書き続けていたよ。あのバンドのファーストアルバムを作り終えた頃、2004年の後半だったかな、僕はしばらく両親の家で過ごしたんだ。その時に、一部僕の人生を元にした、だけどかなりの部分はフィクションの物語を書いたんだよ。あのバンドを辞めてくれって言われた時、僕はファーストEPを制作していたんだ。だけどすぐに THE DEAR HUNTER は僕たちのブッキングエージェンシーとレーベルオーナーからサポートを受けることが出来たんだ。EPのレコーディングを終えると、僕はツアーのメンバーを集めて “ACT Ⅰ”を2006年にリリースしたんだよ。2011年まで、メンバーは流動的だったんだけど、それからは固定されてきたね。

Q2: Anyway, your newest album “Act Ⅳ: Rebirth in Repries” is just out now! It’s really incredible concept record. How are you feeling now? And how are the reactions so far?

【CASEY】: I am incredibly happy with the response the record has seen. It’s impossible to express how grateful I am to everyone who waited patiently for 6 years to see Act IV finally see a release.
This is the first time, in a long time, that people are coming to shows wanting us to play more and more new material. That is the most exciting thing.

Q2: 新作 “Act Ⅳ: Rebirth in Repries” がリリースされましたね!素晴らしいコンセプトアルバムです。今のお気持ちを聞かせてください。またこれまでの反響はいかがですか?

【CASEY】: この作品への反響には信じられないくらい喜んでいるよ。”Act Ⅳ” を6年も我慢強く待っていてくれたみんなにどれだけ感謝しているか、言葉に出来ないくらいだね。長い間やっているけど、ショーに来てくれるファンが、もっと新作からやって欲しいと言ってくれるのは初めてのことなんだ。これは最高にエキサイティングな出来事だね。

Q3: “Act” series are based on concept of your original story about a boy known as “The Dear Hunter”. And it has six chapters. Could you tell us about the story briefly? And what does “Rebirth in Repries” mean in entire story?

【CASEY】: The simplest synopsis of the story is: the story of a man from his birth, to his death, and everything in between.
At this specific point in the story, “Rebirth in Reprise” explains the basic frame of mind the main character is in. It’s a renewed sense of self from revisiting the things from your youth which you may have forgotten, or moved on from. Specifically, he has returned to a familiar place with a foreign perspective.

Q3: “Act” シリーズは “The Dear HUNTER” と呼ばれている少年についての物語です。全部で6章になる予定だそうですね。今回リリースされた4章は、物語全体の中でどういった役割を持っているのですか?

【CASEY】: 簡潔に言うと、ある男が生まれてから死ぬまでの全てを物語にしているんだよ。”Rebirth in Reprise” では基本的に主人公の気持ちについて説明しているんだ。忘れてしまっていたり、そこから旅立っていた若かりし日の場所や物を訪ねることで、気持ちを新たにする。厳密に言うと、彼は異邦者の視点で慣れ親しんだ場所に帰ったんだ。

Q4: You released “Act Ⅲ: Life and Death” on 2009. After that, you released two albums that is in no way with the story line of Act series. Why did you stop releasing Act series once, and what made you come back the story line?

【CASEY】: At the point that I finished Act III, I was very exhausted with the series. I was looking at my body of work as a songwriter/producer, and seeing that if I didn’t branch out, it would reduce to one dimension. I also felt that it would be a disservice to the story itself if I just barreled through it. The gap of time between act III and IV was important, and I felt I needed to continue to grow musically, and emotionally, before I wrote it.
After “Migrant”, I had a momentary lapse in judgement where I thought I should write a pop record. After a bit of frustration, I realized that wasn’t what The Dear Hunter was about, and found myself incredibly inspired to return to the Act series.
I’ve always relied on passion to steer me creatively, and as soon as I felt passionate about Act IV, I knew it was time.

Q4: 先程お話にも出ましたが、”Act Ⅲ” のリリースは6年前、2009年でしたね。あなたはその後 “Act” シリーズとは無関係の2枚のアルバムをリリースしました。なぜ1度 “Act” シリーズから離れたのですか?

【CASEY】: “Act Ⅲ” を終えた時、僕はこのシリーズにとても疲れてしまったんだ。そしてソングライター/プロデューサーとしての自身を見つめ直したんだけど、他にも何かやらないと小さくまとまってしまうと分かったんだ。そのまま続けるのは物語自体にも申しわけない気がしたしね。”Act Ⅲ” から “Act Ⅳ” まで時間を置いたことは重要だったね。音楽面でも感情面でも成長を続ける必要があったと感じたんだ。”Migrant” の後、僕は一時的に判断力を失って、POP なレコードを作るべきだと思ったんだ。葛藤の後、それは The DEAR HUNTER じゃないと気づいたよ。同時に信じられないくらい “Act” シリーズへのインスピレーションが湧いてきたんだ。僕の創造性は情熱に左右されるんだ。”Act Ⅳ” に情熱を感じたから、時が来たと分かったのさ 。

The-Dear-Hunter-@-The-Troubadour-18

Q5: Anyway, is this the first time the rest of band members has been involved in the writing process? Do you think The Dear Hunter become more “band” than before ?

【CASEY】: I would definitely say this is the first time that the members had been involved to the level they were. It was exciting to see everyone as invested in the story, the concept, and the dedication to the music as I am. Because of that, I definitely feel this is more of a “band” than ever before; but I’m not looking to jinx anything. I know we are all adults with different criteria and necessities in our daily lives- so while I adore what has been happening, I’m not going to say this is how it would always be.

Q5: 他のメンバーが作曲に関わったのは今回が初めてではないですか?そういった意味ではよりバンドらしくなったように思いますが。

【CASEY】: うん、これはハッキリと言って置きたいんだけど、他のメンバーがここまで作曲に関わったのは今回が初めてなんだ。他のメンバーがストーリーやコンセプトを理解し、僕と同じように音楽に貢献するのを見るのはエキサイティングだったね。だから以前よりバンドらしくなったと強く感じているよ。悪いことだとは思っていないんだ。もうみんな分別のある大人だからね。

Q6: So, musically, The Dear Hunter has lot’s of aspects. Sometimes prog rock, and sometimes post hardcore, sometimes alternative, and sometimes symphonic elements comes from your music. I think you have same spirit with Porcupine Tree, Coheed & Cambria or The Marz Volta. What do you think about your “genre”? Do you feel sympathy with these two bands?

【CASEY】: I definitely feel a kinship with these bands, but it has less to do with concepts and genres and more to do with the fact that they’re bands doing what they want.
I firmly believe The Dear Hunter has no genre. I don’t see a need to have one- and I don’t cater to any. The best thing about the people who listen to our band, is that they do it out of 100% interest in music. It’s not a result of piggybacking on the success of a genre, or having a flash in the pan single. It’s the result of slowly gaining momentum with people who just like music.

Q6: 音楽的に THE DEAR HUNTER は非常にエクレクティックですよね? プログロック、ポストハードコア、オルタナティブなど様々な影響が感じられます。PORCUPINE TREE, COHEED & CAMBRIA, THE MARS VOLTA といったバンドに共感を覚えますか?

【CASEY】: その3つのバンドとは間違いなく似ている部分があるね。ただコンセプトやジャンルはあまり関係がないし、さらに言うと彼らは彼らのやりたいことをやっているだけなんだからね。僕は THE DEAR HUNTER にジャンルは存在しないと堅く信じているんだ。僕たちのバンドを聴いてくれる人たちに は、100%音楽だけに集中するのがベストだと思うよ。僕たちの成功は決してジャンルやシングル一発によるものじゃないからね。真の音楽ファンを少しづつ増やしていったんだ。

Q7: You released Symphony album “Armor and Attrition” last year. Do you think that experience influenced “Act Ⅳ”?

【CASEY】: Definitely. Not only did it influence my desire to write more symphonic elements into my music, but it also changed the way I view arrangement in all music. Having that newfound perspective was very exciting.

Q7: あなたは昨年、シンフォニーアルバム “Armor and Attrition” をリリースしましたね。あの経験は今回の作品に反映されていますか?

【CASEY】: 間違いなくね。もっとシンフォニックな要素を取り入れたいという欲求だけじゃなく、音楽全てのアレンジに関する視点が変わったんだよ。新しい視点を持つというのはエキサイティングなことだよ。

Q8: You played the entire “Colour Spectrum” album in one show. How was the experience? And do you have a plan to play entire “Act” story after they are all done?

【CASEY】: Playing that show was an absolute joy. It was an intense physical challenge, but an incredibly rewarding one.
As far as an “act” show, we recently did a tour of Act II and III. It was very fun, and well received. The problem is that when we finish the entire series, it will probably be between 7-8 hours long… And I can’t imagine a show like that!.

Q8: “Colour Spectrum” アルバムの完全再現ライブを行いましたね。では “Act” のストーリーを書き上げた後、全てを完全再現することも期待出来るのでしょうか?

【CASEY】: “Colour Spectrum” の完全再現は最高に楽しかったよ。肉体的には厳しかったけど、信じられないくらい報われたね。”Act” の完全再現に関しては、”Act” ⅡとⅢ のツアーは最近やったんだ。楽しかったし非常に好評だったね。問題は、いつシリーズを書き終えるのかと、おそらく全部で7,8時間にもなってしまうことなんだ…さすがにそんなライブは想像できないよ!

The Dear Hunter cont

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED CASEY’S LIFE!!

THE BEATLES “ABBEY ROAD”

AbbeyRoad

BJORK “VESPERTINE”

BjorkVespertine

MR.BUNGLE “CALIFORNIA”

MrBungle-California

JIMI HENDRIX “ARE YOU EXPERIENCED?”

51in64jyXLL

BRIAN WILSON “SMILE”

51GulsPnzzL

【MESSAGE FOR JAPAN】

dhblog-580

We, as a band, would absolutely love to travel to you, and play our music for you. For as long as I can remember, my goal was to play in Europe, and Japan- and we just made it to Europe after 10 years of trying. Now I have my sights on Japan, and it would be a dream come true.
Thank you so much to anyone who listens to our music!

THE DEAR HUNTER は心から日本に行って君たちのためにプレイしたいんだ。覚えている限り、僕のゴールはヨーロッパと日本に行ってプレイすることだった。10年の努力でヨーロッパは叶えたんだ。後は日本だね。そうすれば夢が叶うんだ。僕たちの音楽を聴いてくれてありがとう!

CASEY CRESCENZO

THE DEAR HUNTER FACEBOOK

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です