11096726_426325554209345_7139141196296386706_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【WITH THE DEAD】LEE DORRIAN TALKS ABOUT HIS NEW BAND !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH LEE DORRIAN OF WITH THE DEAD !!

lee-dorrian-2

Legend is baaaaack!! ex- CATHEDRAL, DOOM master, LEE DORRIAN talks about his new band WITH THE DEAD, CATHEDRAL, and his big love with Japan !!

伝説の帰還です。もはや説明は不要でしょう。世界で最も有名なドゥームバンド CATHEDRAL の顔として、またカルトなバンドを集めたレーベル RISE ABOVE RECORDS の首領として、日本のファンにもお馴染み Lee Dorrian 総帥が遂に新たなバンド WITH THE DEAD を率いてシーンに戻って来ました!!
メンバーは Lee に加えてあの ELECTRIC WIZARD 創立メンバーの Tim と Mark。世界で最も Doomy なスーパーバンドと言えるのではないでしょうか?実際、彼らがリリースしたデビューアルバム “With The Dead” は徹頭徹尾ヘヴィーでスロウ、完璧なドゥームレコードに仕上がっています。
“Forest of Equilibrium” と “Dopethrone”。前述の2バンドが残したドゥーム史に残る傑作のハイブリッドという表現も決して的外れではないと思いました。ただ、Lee のボーカルは当時の荒々しく邪悪な雰囲気ではなく、成熟した近年の路線を引き継いでいるため聴きやすさはかなり増していますね。ただし、プロダクションはかなり生々しくギターもファズを効かせまくっているので、マッシュールーム度は満点です。同時に、Lee の敬愛する PENTAGRAM, TROUBLE, WITCHFINDER GENERAL といったバンドたちのスピリットも強く感じられるドゥーム愛に溢れた作品と言えるでしょう。
最終作 “The Last Spire” は歴史の総まとめ的な意味合いがあったので別としても、後期 CATHEDRAL の作品は総じて非常にプログレッシブでした。しかし”With The Dead” で Lee は、そういった実験性から距離を置きシンプルでストレートなドゥームを再度追求するつもりなのかも知れませんね。シンプルでストレートとはいえ、アルバムはバラエティーに富んでいて、リフやコンポジションもベテランらしく巧みなのでリスナーを飽きさせることはありません。最高の復帰作になったのではないでしょうか。
今回弊誌では Lee 総帥にインタビューを行うことが出来ました。リップサービスではない、彼の正直な日本への愛が強く感じられると思いますよ。どうぞ!!

12140819_501992549975978_5291104351463074404_n

MMM RATING

WITH THE DEAD “S.T” : 9,2/10

【INTERVIEW WITH LEE DORRIAN】

dorriancover2

Q1: Hi, Lee! Thanks a lot for giving us this great opportunity! So, at first, I’d like to ask you one question. Looking back now, do you think it was right decision to close the book of CATHEDRAL?

【LEE】: Hi Sin, thankyou – it’s my pleasure. Yes, it was definitely the right decision to close the book of Cathedral. The story at reached its end and all good things must come to an end at some point. It was a tale of many ups and downs, filled with heartache and joy. It was never always easy being in Cathedral, as we had to struggle to survive most of the time. Having said that, we feel that we achieved many great things during our time together and just thought we couldn’t go any further, without compromising the bands legacy, so it was the right thing to do.

Q1: まずはこの質問をさせてください。今振り返ってみて、CATHEDRAL を終わらせた決断は正しかったと思いますか?

【LEE】: うん、CATHEDRAL を終わらせたことは間違いなく正しい決断だったね。CATHEDRAL の物語は終章に到達していたし、どんな良いものにもどこかで終わりが来るんだ。浮き沈みはあったし、辛いことも楽しいこともあったね。常に CATHEDRAL であることは簡単ではなかったよ。だからほとんどの時間を生き残るために費やしたんだ。それでもやはり、僕たちは共にある間に、偉大なことをたくさん成し遂げたと感じているよ。だからバンドの伝説を汚すこと無く幕を引こうと考えたのさ。正しいことをしたんだよ。

Q2:Now, you’ve just opened up your new chapter. What made you start WITH THE DEAD?

【LEE】: Yes, I am very excited by this new chapter. Well, I didn’t exactly start With The Dead, as Tim Bagshaw and Mark Greening had been jamming together on the project, after Tim had written all of the material. They asked me to join and I was a bit hesitant at first, mainly due to my commitments with running my record label, Rise Above Records. Also, after the death of Cathedral, I was in no real rush to join or form another band. Having said that, the material that Tim was coming up with was so killer that I just couldn’t say no!

Q2: そして遂にあなたの新しい章が幕を開けましたね。WITH THE DEAD を始めようと思ったきっかけを教えてください。

【LEE】: うん、この新しいチャプターにとても興奮しているよ。正確には、WITH THE DEAD は僕が始めたという訳じゃないんだ。というのも、Tim Bagshaw と Mark Greening がこのプロジェクトでジャムっていて、その後 Tim が全てのマテリアルを書いたんだからね。彼らが僕に参加してくれないかな?って頼んできた時も、最初は少しためらっていたんだ。僕は自分のレコードレーベル RISE ABOVE RECORDS を運営しなければならない立場にあるのがその主な理由だったんだけどね。まあ CATHEDRAL を終わらせてから、他のバンドに加入したり、結成することを全く急いでなかったというのもあるんだけど。そうは言っても、Tim の書いたマテリアルは最高だったから、NO とは言えなかったんだけどね!

Q3:WITH THE DEAD is three piece band. Tim and Mark are ex-Electric Wizard. So, this is the doomest band in the world, I think. Anyway, Why did you choose them?

【LEE】: We are old friends and I always liked them as musicians. As I said, I didn’t choose them, they were already there really when I was asked to join. When I agreed to join I said there is only one rule and that is that we make the most intense, heavy and uncompromising record we can possibly make. For live performances Tim will play guitar and somebody else will play bass.

Q3: なるほど。Tim と Mark は ex-ELECTRIC WIZARD ですし、世界で最も DOOM なスリーピースと言えそうですね?

【LEE】: 僕たちは昔からの友達なんだよ。そして彼らのことは常にミュージシャンとしても好きだったね。言えるのは、僕が彼らを選んだ訳じゃなくて、彼らは僕が誘われるまでもすでに2人でやっていたってことだよ。加入を決めた時、僕は1つだけルールがあるって言ったんだ。最高に激しく、ヘヴィーで、全く妥協のないレコードを作るんだってね。ライブでは Tim がギターを弾くから、誰か探してベースを頼むよ。

Q4:So, your amazing debut album “With the Dead” is just out now!! Your band name WITH THE DEAD becomes album title, and the words are used in the song called “Living With The Dead”. What do the words mean to you?

【LEE】: With The Dead stands for a general affinity with all things dead, as well as living. Sometimes you can feel very isolated and alone in this world, despite having to share it with billions of other people. Sometimes you just don’t relate to the things going on around you, which can make you feel that you’re out on your own. The way people are towards each other in society, in terms of selfishness and being greedy can be very disheartening. Living With the Dead is a metaphor for sometimes having to bear witness to the soulless way in which a lot of people live their lives under the dictations of society.

Q4: 実際、デビューアルバム “With the Dead” は仰る通り素晴らしくヘヴィーなアルバムに仕上がりました。バンド名、アルバムタイトル、そして曲中にも出てくる “With The Dead” というワードにはどういった感情が込められているのでしょう?

【LEE】: “With The Dead” とは世間一般の人たちは生きていると同時に死んでいるも同じという意味なんだ。君だって、こういう記事をインターネットで何10億という人たちにシェアしているにも関わらず、時々は世界からとても孤立して1人ぼっちだって感じることがあるだろう?時には、君の周りで起きていることに関われなくて、孤独を感じることもあるだろうね。社会で人と関わる時には、ワガママだったり強欲さに酷く落胆させられることだってあるよ。”Living With The Dead” とは、多くの人が時には社会の指示に従って抜け殻のように生きていることの証を隠喩しているんだよ。

Onkel Tom

Q5:The final period of CATHEDRAL has lots of Progressive rock aspects. (But “The Last Spire was little bit different.) That was really attractive. But WITH THE DEAD is different from that type of music. I felt it’s much more simple and straight Doom album. Do you agree that? Did you want to keep a distance from that kind of experimental music?

【LEE】: I didn’t want With The Dead to be some kind of continuation of where Cathedral left off – Cathedral is now dead. With The Dead is a brand new band and was approached that way. There are no rules in what we do, in the same way that there were no real rules in Cathedral, that is the only real similarity when approaching new material. Who know what the next WTD album will sound like….?

Q5: “The Last Spire” は少し意味合いが異なりますが、後期 CATHEDRAL の作品は非常にプログレッシブでしたね。WITH THE DEAD はそれとは全く異なり、シンプルでストレートな DOOM レコードだと感じました。ああいった実験性とは距離を置きたかったのでしょうか?

【LEE】: 僕は WITH THE DEAD を CATHEDRAL が残したものの続きにはしたくなかったんだ。CATHEDRAL はもう終わったんだよ。WITH THE DEAD は全く新しいバンドで、ああいうアプローチなんだ。CATHEDRAL に全くルールがなかったように、WITH THE DEAD にもルールはないよ。それが新しいマテリアルに取り掛かる時、唯一似ている部分かな。次の WITH THE DEAD のアルバムがどうなるかは誰にもわからないよ。

Q6:It’s not very secret that you love PENTAGRAM. This record reminds me good old PENTAGRAM, WITCHFINDER GENERAL’s first record, and TROUBLE. Did you have these band and their spirit in your mind when you were in the writing process?

【LEE】: Well, the much of those bands has been with us so long, that it’s in our blood. So naturally when you’re making Doom Metal music the spirit of those bands will ride through it in some way or another. Having said that, we had no intention to copy or mimic any of those great bands.

Q6: あなたが PENTAGRAM に傾倒していることは秘密でも何でもありません。このレコードは古き良き PENTAGRAM, TROUBLE, そして WITCHFINDER GENERAL のファーストアルバムを想起させます。

【LEE】: そういったバンドたちはいつも僕たちの側にあったし、血肉になっているね。だから、DOOM メタルを作る時は自然とどこかに彼らのスピリットを受け継いでいる部分はあるだろうね。だからといって、そういったバンドたちをコピーしようとした訳ではないよ。

Q7: Anyway, we, Japanese fans, love CATHEDRAL since “Hopkins” or “Midnight Mountain” era. Do you think CATHEDRAL never come back again? And which one is your favorite record of CATHEDRAL?

【LEE】: Unfortunately Cathedral will never come back – when we decided to end the band, it was a tough decision but it was one that we meant. Japan was a very special place for Cathedral because we were always made to feel very welcome there. In fact, it was always our favourite place in the world to visit and perform. We have some amazing memories from our days spent in Japan, which will remain in our hearts forever.
There is only one way that that Cathedral would ever perform again, and that would be if we got offered the world tour with Black Sabbath BUT only on the condition that Bill Ward was playing drums….. So, it seems like this wil never happen.

Q7: 特に日本のファンは “Hopkins” や “Midnight Mountain” 時代から CATHEDRAL を愛して来ました。もう CATHEDRAL が蘇ることはないのでしょうか?

【LEE】: 残念ながら、CATHEDRAL は2度と蘇ることはないよ。バンドを終わらせるのはタフな決断だったけど、それが僕たちの出した答えだったんだ。日本は CATHEDRAL にとってとても特別な場所だったね。なぜなら、訪れるといつもとても歓迎されているって感じられたんだから。事実、僕たちにとって日本は常に世界中で一番ライブで訪れるのが好きな場所だったんだよ。日本で過ごした日々でいくつかの素晴らしい思い出が出来たね。それは永遠に僕たちの心に在り続けるよ。もし BLACK SABBATH とのワールドツアーのオファーを受けたとしたら、それが唯一 CATHEDRAL が復活する道だろうね。だけど、Bill Ward がドラムスではなくてはならないよ。だからそんなことは起こり得ないと思うな。

282438_10151308191514265_4744980_n

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED LEE’S LIFE!!

For various reasons, I would say the following records changed my life, though they are not all necessarily my favourite Lps of all time.
人生を変えた5枚であって、必ずしもオールタイムフェイバリットという訳ではないよ。

SEX PISTOLS “NEVER MIND THE BOLLOCKS”

41F9F3J8CWL

BLACK SABBATH “MASTER OF REALITY”

Black_Sabbath_-_Master_of_Reality

CRASS “STATIONS OF THE CRASS”

51Mb7nhae-L

ABTISECT “IN DARKNESS THERE IS NO CHOICE”

41oPPneiXUL

MELLOW CANDLE “SWADDLING SONGS”

510DKAKFC6L

I listen to so much stuff but, if I am honest, not much new stuff, other than the releases we put out on Rise Above. I was just again listening to an album by Australian band Tamam Shud from 1970 called Goolutionites and the Real People. It’s a great one!
僕は沢山の音楽を聴いているけど、正直に言って RISE ABOVE でリリースするもの以外、新しいものはそんなに聴かないんだ。ちょうどオーストラリアのバンド TAMAM SHUD が1970年にリリースした “GOOLUTIONITES AND THE REAL PEOPLE” を聴き直していたんだけど、実に素晴らしいね!

【MESSAGE FOR JAPAN】

11096726_426325554209345_7139141196296386706_n

Japan, I love you. I can’t wait to visit again one day, hopefully with my new band, or just as a visitor. Thanks again for all of the special support you have given to me and the bands I have been in over the years. It means a great deal. Always Stay Heavy!!!

日本のみんな。愛してるよ。いつかもう一度訪れる時が待ちきれないよ。僕の新しいバンドで行けたら良いし、ただの旅行者としてでもいいな。もう一度、僕と僕が何年も所属したバンドにスペシャルなサポートをしてくれてありがとう。本当に大きな意味があったんだ。Always Stay Heavy!!!

LEE DORRIAN

WITH THE DEAD FACEBOOK PAGE
RISE ABOVE RECORDS FACEBOOK PAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です