INTERVIEW WITH COLIN BASS 【CAMEL】JAPAN TOUR 2016 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH COLIN BASS OF CAMEL !!

Camel-2013-620x400

Legendary Prog Rock Band from UK, CAMEL set to return to Japan since 2000 !! Don’t miss “CAMEL goes to our town” !!

英国プログロックの至宝、CAMEL が2000年以来16年振りに待望の来日を果たします!!5/22に日比谷野音で行われる PROGRESSIVE ROCK FES 2016 で STEVE HACKETT とステージを分け合います。舞台は整いました。
ブルージーでありながらメロディアスなギターと、ファンタジックなキーボードをミックスして、独自のプログロックを守り続けて来た CAMEL。時に最も英国らしいバンドと称されるように、彼らの叙情的で、ポップで、少し陰のあるメロディーには確かな説得力がありますね。静と動、陰と陽の使い分けが非常に巧みなバンドでもあります。バンドの中心人物 Andrew Latimer が長年苦しんでいた重病から回復を遂げたことは本当に喜ばしいですね。
初期の傑作と言えばやはり2013年にリレコーディングまでされた “The Snow Goose” でしょう。この Paul Gallico の短編小説を元にしたコンセプトアルバムは、全てインストのみで構成されていながら、小説をそのまま映画化したかのような色彩豊かな作品です。フックに富んでいて、ページをめくるたびに新たな展開が用意されているんですよね。Andrew Latimer のイマジネイティブなレスポールサウンド、Peter Bardens が繰り出すムーグ、エレピ、シンセの絶妙な音色たち、そしてそれを支える Andy Ward と Doug Ferguson の多彩なリズム隊。バンドのマイルストーン的な作品です。
その後、CAMEL は KING CRIMSON の Mel Colins や CARAVAN のメンバーを加入させていく中で、オリジナルメンバーは Andrew ただ1人になってしまいます。ただ、だからといって音楽の”質”が低下したかというと、そんなことは全くありません。むしろ Andrew Latimer が中心となって、新旧メンバーから時代に合わせて必要な人材を配しつつ CAMEL のファンタジックな世界観を再現し続けて来たという風に言えるのかも知れませんね。フュージョン CAMEL にも、AOR CAMEL にも根底には彼らのアイデンティティが存在していたのです。
中でも後期の重要作品が “Dust and Dreams” ではないでしょうか。こちらもスタインベックの”怒りの葡萄”をモチーフとしたコンセプトアルバムなのですが、プロデュース技術の進化と円熟の域に達した作曲術により生み出された、ロマンティックなシンフォニーとさえ言えるでしょう。この名作でベースを担当しているのが、今回インタビューを快諾していただいた Colin Bass 氏。CAMEL への初参加が1979年ですから、不参加の作品、CAMEL自体が活動休止していた時期もありますが、30年近くバンドを支えて来たことになりますね。フレットレスベースを多用し、彼のボーカル共々独自の味を持ったプレイヤーです。ワールドミュージックにも精通していて、彼のソロや 3 MUSTAPHAS 3 では東南アジアやバルカン、アフリカからの影響を披露していますね。CAMEL は元より、昨年リリースされた素晴らしいソロアルバム “At Wild End” についても語ってくれました。インタビューです。どうぞ!!

camel_1383571156

【INTERVIEW WITH COLIN BASS】

10502303_899377476780650_7506229341875135298_n

Q1: Camel’s appearance on Progressive Rock Fes 2016 Japan is just announced! It was 2000 Camel came to Japan last time. So, 16 years have passed. How are you feeling now? And what made you return to Japan this year?

【COLIN】: I’m feeling fine Sin, thanks for asking! Well, nothing made me return. I don’t have any involvement in where we will play. There is an agent who organizes the tours and Andrew decides when he is ready to go and play. He just calls me up and says ‘what are you doing in May? How about playing in Japan?’ – and I say, that sounds good. I always love to visit Japan.

Q1: 日本で行われる Progressive Rock Fes 2016 に CAMEL の出演がアナウンスされましたね!最後の来日が 2000年でしたから16年が過ぎたことになります。今回の来日はどういった経緯で決まったのでしょう??

【COLIN】: 僕に決定権はないんだよ。どこでライブを行うかの選択に僕は関わっていないんだ。ツアーをオーガナイズするエージェントがいて、Andrew がどこでプレイするか決めるのさ。彼は僕に「5月は何をやってるのかな?日本でライブをやるのはどう?」って電話してくるだけだよ。僕は「いいね!」って答えたよ。日本を訪れるのはいつだって大好きだからね。

Q2: So, you’ve been to Japan four times with Camel. What kind of memories do you have?

【COLIN】: Yes and I also played with 3 Mustaphas 3 in Japan, I think in 1990. Well of course my memories go back a few decades now and the world changes rapidly. We’re all running faster in the human race. I’m looking forward to see what’s happened since 2000. I always try to find some time to go walking in the streets, see what I find by chance and enjoy the culinary delights of Japanese cuisine.

Q2: CAMEL としては4回来日をされていますね。どのような思い出がありますか?

【COLIN】: うん。3 MUSTAPHAS 3 でも日本に行っているよ。確か1990年だったかな。そうだね、勿論、僕の思い出は何十年か遡らなければならないからね。世界は急速に変化を遂げている。現代人は凄い速度で生きているんだよ。2000年から日本がどう変わっているか楽しみにしているんだ。いつも時間を作って街を散策することにしているからね。それで偶然に入ったお店なんかで日本食を楽しむのが好きなんだよ。

Camel3-620x350

Q3: Anyway, Camel re-recorded masterpiece, “The Snow Goose” on 2013. What made you so? And is there any possibility that you’ll play entire “The Snow Goose” album in Japan?

【COLIN】: I think these are questions that you really should ask Andrew! I can say that we are still discussing what we shall play. It will have to be a surprise!

Q3: CAMEL は2013年に傑作 “The Snow Goose” をリレコーディングしましたね。今回の来日で、その完全再現を行う可能性はありますか?

【COLIN】: それは Andrew に聞いた方がいいね!ただ言えるのは、僕たちは何をプレイするべきか話し合っているところだということだね。サプライズもあると思うよ!

Q4:Except for “The Snow Goose re-recorded”, “A Nod and A Wink” is the latest studio album of Camel. You know, it was dedicated to Peter Bardens…So, more than 10 years have passed. Do you have a plan to making original Camel album near future?

【COLIN】: I hope so.

Q4: “The Snow Goose” の再録を除けば “A Nod and A Wink” が CAMEL の最新作ですね。そろそろ新作を期待してしまいますが?

【COLIN】: 僕もそうなれば良いと思っているよ。

11700818_1000375803347483_2721841771918150775_n

Q5:You are the oldest member of Camel except for Andrew. So, what’s Andrew Latimer to you? Andrew had a serious health issue. Did your relationship change after that?

【COLIN】: That’s an interesting question. We’ve certainly been through a few adventures together and I consider Andrew as a great friend. He went through a hard time with his illness, which could have killed him but he got through it and made what is really a remarkable recovery and I’m very glad he did

Q5: Andrew を除けばあなたが CAMEL で最も昔からバンドにいるメンバーとなります。Andrew が健康の問題を抱えてから、彼との関係は変わりましたか?

【COLIN】: 興味深い質問だね。間違いなく僕たちはいくつかの冒険を共に行って来たよね。そして彼のことを偉大な友達だと思っているんだ。死の可能性すらある病気のために大変な時間を過ごしてきたけど、彼はそれを乗り越え目を見張るような回復を見せているね。僕はそれをとても嬉しく思っているんだ。

Q6: So, You dropped long awaited your solo record “At Wild End” last year. I really love the record. I felt it was close to Camel’s music. Off course, Andrew and Dave Stewart played in the album, and it was the part of reason of that. But, did you intend to making Camel like music from the writing process?

【COLIN】: Glad you like the record. I didn’t intend to make a ‘Camel-like’ album and I don’t think that it is! Of course Andrew always sounds like Andrew, very distinctive. But for me it’s a look back at my various musical experiences. That of course includes Camel but I also wanted to revisit the days of ‘pub-rock’ in London in the 70s when I was playing with my band Clancy – which was influenced by Bob Dylan and The Band, rock’n’roll and Van Morrison – as well as taking inspiration from my later experiences playing with Indonesian, Balkan and African musicians as well as British folk music. And you may be interested to know that the poems in ‘Up At Sheep’s Bleat’ were inspired by some Japanese poetry I had been reading.

Q6: あなた自身も昨年、長年待たれていたソロアルバム “At Wild End” をリリースしましたね。素晴らしい作品ですね!Andrew と Dave Stewart が参加しているからというのもあるでしょうが、CAMEL の音楽性に近いようにも感じました。作曲過程で意識していましたか?

【COLIN】: 気に入ってくれて嬉しいよ。僕自身は CAMEL のような作品を作ろうと意図してはいないし、CAMEL のようだとも思っていないよ!勿論、Andrew には彼にしか作り得ない独特のサウンドがあるけどね。だけど、僕は自分の様々な音楽遍歴を作品に注いだつもりだよ。その中に CAMEL は当然含まれるけどね。
ただ、基本的には僕が CLANCY というバンドでプレイしていた頃、70年代のロンドンを再訪したかったんだ。”Pub-Rock”というやつだよ。Bob Dylan, THE BAND, Van Morrison, それにロックンロールに影響を受けた音楽さ。後はインドネシア、バルカン、アフリカのミュージシャンたちと共演した後期の音楽体験も反映されているよ。ブリティッシュフォークと同じくらいにね。

Q7: You are also known as world music player. What did Indonesian music attract you? And are you interest in Japanese traditional music?

【COLIN】: I went on a holiday to Bali in 1988 and kept hearing this very melancholic gamelan music that really appealed to something within me. I found out it was actually music from West Java called Degung. So the following year I went to Java to find out more. I got an opportunity to record with some musicians in Jakarta so I quickly wrote a song to play with them. That was ‘Denpasar Moon’. While I was in Japan in 1992 on the Camel ‘Dust and Dreams’ tour, I called up a friend from Wave Records for whom I had done some recording with The Rinken Band from Okinawa. I knew they had been doing some recordings in Indonesia with Makoto Kubota producing, so I gave him a copy of ‘Denpasar Moon’ and said I’d like to make an album like that in Jakarta.They said ok and in 1993 I went back to Jakarta with producer Kensuke Shiina and made my ‘Denpasar Moon’ album. Meanwhile someone from Sony Japan heard the song and recorded it with a young singer from the Phillipines named Maribeth. They used it in an advert for Sony hi-fis on Indonesian TV and it suddenly became this massive hit. There’s been more than 50 different cover versions of that song. So anyway, it made me a lot of friends there and I recorded two more albums in Bandung, West Java with musicians from the great Sambasunda orchestra. I have just compiled a ‘best of’ album from those three albums. You can find it here: https://colinbass.bandcamp.com/album/the-best-of-the-indonesian-sessions
And yes, I’m very interested in Japanese traditional music. I have a lot of shakuhachi and koto music in my record collection and my friend Makoto Kubota has kept me up to date with music of Okinawa and the fascinating story of the music of the Ainu people. I’m also a big fan of classic Japanese pop. I love Hibari Misora and I’ve got all The Spiders albums! Looking forward to hitting a record store in Tokyo.

Q7: お話にも出ましたが、あなたはワールドミュージックの演奏家でもあります。インドネシアなどの音楽にはどういった魅力があるのでしょうか?また日本の伝統音楽に興味がありますか?

【COLIN】: 1988年にバケーションでバリに行ったんだ。ガメランのメランコリックな響きをずっと聴いていたよ。僕の中の何かが本当に魅了されたんだ。それは西ジャワの Degung という音楽だと分かったんだけどね。だから翌年にはジャワ島に行ってさらに多くの音楽を聴いたよ。ジャカルタのミュージシャンたちとレコーディングする機会も貰えたから、すぐに共演用の楽曲を書いたんだ。それが “Denpasar Moon” だよ。
1992年に CAMEL の “Dust and Dreams” ツアーで日本にいる間、僕が沖縄の りんけんバンド とレコーディングした時に知り合った Wave Records の友達に電話したんだ。彼らが久保田麻琴プロデュースで、インドネシアでレコーディングしたことを知っていたからね。だから Wave Records に “Denpasar Moon” のコピーを渡して、こういうアルバムをジャカルタで作りたいと言ったのさ。彼らからOKが出たから、僕は1993年にプロデューサーの椎名謙介さんとジャカルタに戻って “Denpasar Moon” のアルバムを制作したんだ。
その間に、Sony Music Japan の誰かがその曲を聴いて、フィリピンの若いシンガー “Maribeth” とレコーディングすることになったんだ。すると”Denpasar Moon”がインドネシアで Sony hi-fis のCMに起用されてね。突然大ヒットしたんだ。この曲には50以上のカバーバージョンが存在するくらいさ。またそれによって沢山友達も出来たからね。僕は Bandung, 西ジャワで Sambasunda オーケストラの素晴らしいミュージシャンたちとさらに2枚のアルバムを制作したのさ。ちょうどその3枚のベストアルバムを完成させたところなんだ。https://colinbass.bandcamp.com/album/the-best-of-the-indonesian-sessions
うん、日本の伝統音楽にとても興味があるよ。僕のレコードコレクションの中には沢山の尺八や琴の作品があるよ。それに、友人でもある 久保田麻琴さんが沖縄の音楽や魅力的なストーリーのアイヌの音楽を教えてくれるからね。日本のクラッシックなポップミュージックも大好きなんだよ。美空ひばりさんが大好きだし、THE SPIDERS のアルバムは全部持っているよ!東京のレコード店に行くのが楽しみだね。

Q8: In Camel’s long history, what’s your favorite albums and songs?

【COLIN】: A difficult question. I like something from all of them, including the ones I don’t play on, there’s lots of great pieces. But for me I think the two albums that are just great from start to finish are Dust and Dreams and Harbour of Tears. As complete compositions I think these are Andrew’s greatest works.

Q8: CAMEL の長い歴史の中で、フェイバリットな作品を教えて下さい。

【COLIN】: 難しい質問だね。全ての作品に好きな部分はあるよ。僕がプレイしていない作品でもね。偉大な楽曲が沢山存在するよ。ただ、僕にとって、最初から最後まで素晴らしいと感じるのは “Dust and Dreams” と “Harbor of Tears” の2枚なんだ。完璧な作曲だし、この2枚こそ Andrew の最高傑作だと思うな。

【FIVE ALBUMS】

13 ALBUMS THAT CHANGED COLIN’S LIFE!!

BOB DYLAN “FREEWHEELIN'”

Bob_Dylan_-_The_Freewheelin'_Bob_Dylan

THE BEATLES “REVOLVER”

61I5KdinQlL

THE YARDBIRDS “FIVE LIVE YARDBIRDS”

61SmeChnT9L

THE WHO “MY GENERATION”

51LiOKk1FuL

JIMI HENDRIX “ARE YOU EXPERIENCED?”

51c34jArEaL

THE BAND “MUSIC FROM BIG PINK”

Bigpink

JONI MITCHELL(WITH JACO PASTORIOUS) “HEJIRA”

c840bc2978e9034d263a6c7296cdd322

MILES DAVIS “IN A SILENT WAY”

MI0002320321

FELA KUTI “SHAKARA”

Shakara_(album)

FAIRPORT CONVENTION “UNFALFBRICKING”

ac25-fc-Unhalfbricking

KING CRIMSON “IN THE COURT OF CRIMSON KING”

61FTYY6ZP3L._SY355_

BOB MARLEY & THE WAILERS “CATCH A FIRE”

41RMJHDB68L

FRANCO & JOSKY ET LE TPOK JAZZ “CHACUN PIUR SOI”

hqdefault

【MESSAGE FOR JAPAN】

Camel-3a

Once again I say, I’m really looking forward to come to Japan again, to immerse myself in the atmosphere and to meet as many as possible of the fans who have stayed with us for so long. Thank you very much!

もう一度言わせて欲しいんだけど、日本をまた訪れるのを本当に楽しみにしているんだ。日本の雰囲気にどっぷりと浸かりたいし、出来るだけ多くの、長年応援し続けてくれたファンのみんなに会いたいんだよ。本当にありがとう!!

COLIN BASS

Print

詳細はこちらから
CAMEL FACEBOOK PAGE
COLIN BASS FACEBOOK PAGE
camel

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です