368f0955d57fd55786b1867749e92966

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VOIVOD : POST-SOCIETY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DANIEL “CHEWY” MONGRAIN OF VOIVOD !!

Voivod

Canadian Sci-fi Metal legend, VOIVOD set to release their newest EP “Post-Society” in 2/26 !!
The soul of Piggy lives on within the music of the band…But also, the new members have brought flesh feeling into the sound of Voivod!!

プログレッシブでアグレッシブなカナダの Sci-fi メタルバンド VOIVOD が新EP “Post-Society”を2/26にリリースします!
VOIVOD は2005年に、長年バンドの顔であり、シーンにおいても唯一無二の存在だったギタリストの Piggy を結腸癌で亡くしました。バンドにはパンキッシュだったり、スラッシーだったり、プログレッシブだったりと様々な音楽性の時期が存在しますが、常に Piggy の不協和音や不協和音スレスレの自らが構築したコードワーク、高音で複数弦を使用した独特のリフワークがトレードマークとなっていましたね。彼を失ってからバンドはPiggy が残した音源を使用した “Katroz”, “Infini” という2枚のアルバムをリリースしましたが、これは Piggy 抜きで続けることは不可能という意思表示であり、実際この2作でバンドはその歴史に幕を引く予定だったのです。
しかしながら、2008年からライブで起用していた MARTYR のギタリスト Daniel Mongrain がバンドにフィットし、VOIVOD は Piggy 抜きで初めての作品を制作することを決意。2013年に “Target Earth” をリリースしました。”Katroz” はまだしも “Infini” は、当たり前ですが、アイデアの枯渇が目立っていた上に、VOIVOD にしてはストレートな音楽性であったため終焉やむ無しと感じていたファンは多かったと思います。しかし奇跡の人材 Daniel, いや Chewy が VOIVOD に新たな生命を吹き込みました。仕上がった “Target Earth” はまさにそこに Piggy が存在するかのような見事に “Voivodian” でプログレッシブアグレッシブな作品だったのです。
それから3年。”Post-Society” の充実ぶりはバンドの好調を伝えてくれます。オリジナルベーシストの Blacky がバンドを離れましたが、新メンバー Rocky も実力者で問題は無いようですね。アルバムオープナー “Post-Society” はテンポチェンジを多用したダークでSF感満載のまさに “Voivodian” な1曲。ドライブするベースの上で、不快一歩手前の切り裂くようなコードワークが踊る様にはカタルシスを禁じ得ません。勿論 Piggy の魂は健在!
同時に、新メンバーたちがもたらしたサウンドも重要な役割を果たしています。この楽曲以外にも、EPを通して美しいとさえ言ってしまいたくなるような、知的でアトモスフェリックな静のパートが実に効果的に使用しされていますね。
また、ギターソロではホールズワーステイストの滑らかなレガートプレイなども炸裂。決してソリストではなかった Piggy と比較してより整合性の高い Chewy らしさも発揮されつつあると感じました。そして、それらがおそらくは VOIVOD の未来への重要なヒントとなっているはずです。
加えて、出色な出来の HAWKWIND のカバー “Silver Machine” が素晴らしい Lemmy へのトリビュートとしてEPを特別なものにしていますよ。
今回弊誌では、ギタリストの Daniel “Chewy” Mongrain に話を聞くことが出来ました。日本語を学んでいるそうで、可能な限り日本語で答えてくれました!どうぞ!!

552371

VOIVOD “POST-SOCIETY”: 9,5/10

【INTERVIEW WITH DANIEL “CHEWY” MONGRAIN】

9245327896_8e1ef53d59_b

Q1: Hi, Chewy! Konnichiwa! It seems you are studying Japanese. Is that true?
Q1: Chewy さん、こんにちは!日本語を勉強されているそうですね?

【CHEWY】: こんにちは!はい、1年ぐらい前から日本語の勉強をしています。とてもむずかしいですが、おもしろくて楽しいです。日本語は私の耳が好きな音楽です。子どもの時、テレビに日本語クラスがありました。そして、兄といっしょに見ました。楽しかったです!子どもの時も、じゅうどうをしました。たぶんじゅうどうで日本語 にきょうみがありました。2年前にヴォイヴォドは日本で2回目のコンサートに行きました。それから日本語を勉強しました。

Q2: Your newest EP “Post-Society” set to be released on 2/26! How are you feeling now? And what’s the meaning behind the album title “Post-Society”?

【CHEWY】: Its very exciting to put out new music again,It is a wonderful time for Voivod, writing music is fun and easy when communication is good and friendship is strong in a band.We feel we have still lots of music inside of us for Voivod and playing the new songs live is very fresh and exciting, the crowd seems to dig it which is a bonus! The “Post Society” meaning to me, is a state of chaos caused by nature and/or human actions and conflicts.A state of survival ,struggle and will to live both physically and emotionally as an individual and as a whole despite individuality.A kind of chaotic clean state but with reminders of the actions that led to it.If you ever saw the Mad Max movies or the ending of the first Planet of the Apes,that’s pretty much the vibe “Post Society” suggest.

Q2: VOIVOD の最新EP “Post-Society” が2/26にリリースされますね!今はどういったお気持ちですか?またアルバムタイトルにはどういった意味が込められていますか?

【CHEWY】: また VOIVOD の新しい音楽をリリース出来て興奮しているよ。VOIVOD は素晴らしい時を迎えているんだ。良くコミュニケーションを取って、バンドの友情も強固になっているから、作曲も楽しいし簡単なんだよ。まだまだ VOIVOD のための音楽を沢山内に秘めているし、だから新曲をライブでプレイしてもフレッシュでエキサイティングなんだ。それをオーディエンスが気に入ってくれたらボーナスだっていうくらいに VOIVOD をエンジョイしているよ!
僕にとって、”Post-Society” とは、災害もしくは人間の紛争によって引き起こされたカオスな状態の社会だよ。個人として、肉体的にも感情的にも生き残らなければならないサバイバル状態なんだ。新しいカオティックな世界だけど、混乱を引き起こした原因の名残も残っているよ。”Mad Max” や” 猿の惑星” のエンディングを見たことがあるなら、それらは “Post-Society” のヴァイブをとても良く示していると思うな。

Q3:”Post-Society” contains five studio tracks. Two songs are released previously as split EPs with At The Gates, and Napalm Death. What inspired you to start this collaboration? And after the collaboration, what made you release “Post-Society”?

【CHEWY】: Well we had been touring a lot with Napalm Death for the last couple of years and we get along really well and dig each other’s music!So we felt it was a good timing to do a collaboration and Away did the artwork for both bands for each split Eps.We also cross path with At the Gates in Chile when Opening for Megadeth in 2014.While each band on the split Eps has its own sound and aesthetic it makes it even more interesting to jump from a universe to another on the same medium.After the splits, we wrote a 2 other songs and went to record them in studio and did the Hawkwind cover as well.Then We thought we had a good EP to put out!

Q3: “Post-Society” には5曲のスタジオトラックが収録されています。内2曲は AT THE GATES と NAPALM DEATH との Split EP ですでにリリースされていますね。彼らとのコラボレーションは何がきっかけだったのでしょう?またそこからこのEPに発展した経緯を教えて下さい。

【CHEWY】: NAPALM DEATH とはここ2年間、良く一緒にツアーを行っていたんだ。それで仲良くなって、お互いの音楽も好きになったんだよ!だからコラボレートする良いタイミングだと感じたんだよ。Away がお互いの Split のアートワークを手がけたんだ。AT THE GATES とも2014年に、チリで MEGADETH のオープニングを務めた時に一緒になったね。どちらのバンドも独自のサウンドや感覚を持っているから、同じCDなのに宇宙から違う宇宙にジャンプするくらい面白いEP2枚になっているよ。
それらをリリースした後、僕たちはさらに2曲書いてスタジオに入り、HAWKWIND のカバーも仕上げたんだ。良い EP に仕上がったと思うよ!

Q4:”Silver Machine” of Hawkwind is included in the EP. Off course, you didn’t know Lemmy’s death when you decided to record the song, but it becomes very fantastic tribute to Lemmy. This song make “Post-Society” special. Isn’t that?

【CHEWY】: It’s kind of strange in a good way that at the last minute we thought about doing a cover song and choose the Hawkwind “silver machine” song.We listened to it a few times and came up with this Voivodian arrangement pretty quickly.We did like 3 takes and that was it! Very Spountaneously! We did it months prior to Lemmy’s passing, although we knew he was not feeling very good, we never expected him passing anytime soon and were all in shock when it happened. It then changed the meaning to a deeper level as a posthumous tribute to him as he has been a huge influence for Voivod and thousands of other bands and millons of people.

Q4: お話にも出ましたが、新作には HAWKWIND のカバー “Silver Machine” が収録されています。勿論、収録を決めた時点では Lemmy の死を知っていた訳ではないでしょうが、素晴らしいトリビュートになっていますね。

【CHEWY】: うん、カバー曲を収録しようと思い、HAWKWIND の “Silver Machine” に決めたのはギリギリだったから、良い意味で変わった感じだったよ。楽曲を何度か聴いて、すぐに “Voivodian” なアレンジを施したのさ。3テイク録ってこれだ!ってなったよ。とてもスポンティニュアスだよね!
この曲は Lemmy が亡くなる何ヶ月か前に収録したんだ。彼の体調があまり良くないというのは知っていたけど、まさかこんなにも早く逝ってしまうとは全く思っていなかったから、全員がショックを受けたよ。彼が亡くなった後、僕たちのカバーが持つ意味は変わり、Lemmy に対する深いトリビュートとなったんだ。彼は VOIVOD は勿論、他にも何1000というバンドたち、何100万という人たちに多大な影響を与えて来たんだからね。

11021406_10152644921910925_1922674084009061337_o

Q5: Blacky, original member of Voivod, left the band, and Rocky joined. Why did Blacky leave the band? And what did Rocky bring the band?

【CHEWY】: Blacky left basically cause he didn’t agree about how the band was managed.We had to find a replacement very fast cause we had big festivals already booked.So,I thought about an old friend of mine, from my hometown,Dominic “Rocky” Laroche.I knew he was the perfect fit as he is a great bass player,a longtime Voivod fan and a very good person!It happened very fast but he fitted in pretty instantly, he made us play better and the vibe in the band is now very peaceful and healthy!

Q5: オリジナルメンバーのベーシスト Blacky がバンドを離れ、Rocky が加入しましたね。

【CHEWY】: Blacky が脱退したのは、基本的にはバンドのマネージメントに納得行かなかったからなんだ。彼が脱退した時、すでに大きなフェスに出演することが決まっていたから、早く代役を見つける必要があってね。それで僕は故郷の古い友人、Dominic “Rocky” Laroche のことを思い出したんだ。彼は素晴らしいベーシストで、ずっと VOIVOD のファンで、人間性も最高だから、バンドにフィットすることは分かっていたよ!実際、瞬く間の出来事だったけど、彼は驚異的にフィットしたね。彼のお陰で僕たちのプレイも良くなったし、今はバンド内のヴァイブも平和で健康的だよ。

Q6:Anyway, I think “Target Earth” was the record you composed music that Voivod fans wanted to hear. It’s really like Piggy’s spirit was there. But, “Post-Society” is different from that. Off course, this is definitely Voivod record, but you added your own color much more. Do you agree that? What’s the difference between these two record for you?

【CHEWY】: Its hard for me to tell really cause I don’t think about it when I compose.I didn’t change my approach to composition that much but I think the new chemestry is also part of the change.Everybody participates actively to the compositions wich makes it much more interesting and leads to places we never thought about in the first place!It is a true teamwork from the first riff to the final note of the songs.And no egos gets in the way.Once an idea is given,it does’nt belong to anybody anymore but belong to the creation,wich is the song.The song is its own entity and in the end it is this entity which decides what is best for itself.We have to bring up what it demands almost as an actual being.So composition wise, It’s all a matter of following your instinct as a group whithout much thinking.Improvisation has always been a big part of Voivod’s sound too.Recording Jams and go from there to structure a song and so on…it gives a fresh spontaneity to it!

Q6: 前作 “Target Earth” でのあなたは VOIVOD ファンが望むようなプレイ、楽曲を提供していたように感じました。まさに Piggy の魂がそこに在るかのように。対して、”Post-Society” にはよりあなた自身の色を加えていますよね?

【CHEWY】: 作曲する時にそういったことは考えないから、2作の違いを伝えるのは本当に難しいね。アプローチはほとんど変えていないんだ。
ただ、新しいケミストリーが生まれたことは変化の1部だろうね。今回はバンド全員が作曲に関わったから、それがEPをさらに興味深く、最初は考えもつかなかった場所にバンドを導いたんだろうね!レコードの最初のリフから最後の音まで、本物のチームワークが発揮されているよ。エゴなんて微塵も存在しなかったね。1度アイデアが生まれると、それは誰かのものではなく、楽曲の創造に使用されるんだ。楽曲だけが独自性を持ち、結果として楽曲のみがそれ自身にとって最高の選択をするんだよ。僕たちはそれが要求するものを育てるだけなんだ。だから作曲に関しては、あまり考えずにグループとしての直感に従っただけなんだよ。
同時にインプロビゼーションは常に VOIVOD サウンドの核であり続けて来たよね。レコーディングのジャムから楽曲のストラクチャーを構成して行く…それによってフレッシュでスポンティニュアスなフィーリングが生まれるんだよ。

Q7: So, what is Piggy to you? Were you acquainted with him? And when you are invited as his successor, what was in your mind?

【CHEWY】: ピギーは私のギターヒーローです。11さいから、ヴォイヴォドは私の大好きなヘビーメタルバンドです。ピギーと 2、3かいだけ 会いました。かれは、とても けんきょな人でした。まいかい、わたしたちは音楽のはなしをちょっとしました。たのしかったですが、私はとてもナーバスでした、ミュージカルヒーローに会いましたから!
He influenced me more as a composer than a guitar player,the music complexity and dissonant chords was the first thing to catch my attention.Often playing riffs in the hi register of the guitar as the bass played a 2nd guitar role in the harmony or almost as an “in-between” instrument like a baritone guitar in some parts.The counter melody complementary roles of bass and guitar always astonished me.The way he and Voivod created this very unique musical universe is oustanding. When I had the call to play with the band,I could’nt believe it…It was totally surreal.It was supposed to be just a one time thing, to play a huge Metal Festival in Montreal (Heavy Mtl) in 2008 with Iron Maiden and Motley Crue…Just to say Hi to the fans…Then the offers kinda came in and we played Monster of Rock with Ozzy in Calgary(Canada),then Opening for Judas Priest in Montreal and then Kawasaki’s Club Citta in Japan.This was so special and unbelievable…I have very good memories of that year! Playing with my favorite band,sharing the music I always loved with the world…I still can’t believe it!Then 5 years later we started writing new music together.It was special because it was the first time for the band to write music whithout Piggy.Target Earth Was out in 2013 and was very well received by the fans and the critics.8 years later now in 2016 we have more new songs and Voivod is moving forward despite the line-up changes.I’m very proud,honored and thankful to be part of this journey with my heroes!There is no words to describe it!

Q7: Piggy はあなたにとってどんな存在ですか?実際に会ったことはありますか?彼の後任として VOIVOD に招かれた時はどう思いましたか?

【CHEWY】: “ピギーは私のギターヒーローです。11さいから、ヴォイヴォドは私の大好きなヘビーメタルバンドです。ピギーと 2、3かいだけ会いました。かれは、とてもけんきょな人でした。まいかい、わたしたちは音楽のはなしをちょっとしました。たのしかったですが、私はとてもナーバスでした、ミュージカルヒーローに会いましたから!”
彼はギタリストとしてよりもコンポーザーとしてより影響を与えてくれたね。複雑な音楽性と不協和音がまず僕の興味を惹いたんだよ。時おり、ギターは高いレンジでリフをプレイし、ベースがハーモニーの中でセカンドギターのような役割を果たす。ある部分ではほとんど”中間の”楽器、バリトンギターのようだね。ベースとギターが織り成す複数のカウンターメロディーにはいつも感嘆していたよ。彼と VOIVOD が作り上げたこのユニークな音楽世界は本当に際立っているね。
バンドに声をかけられた時は信じられなかったよ…完全に非現実的だったね。最初は1回だけのことだろうと思っていたんだ。IRON MAIDEN, MOTLEY CRUE も出演した、2008年にモントリオールで行われた大きなメタルフェス(Heavy MTL)でプレイして、ファンに挨拶するためだろうってね。だけどオファーは続いて、カナダの Monster of Rock では Ozzy とプレイしたし、モントリオールで JUDAS PRIEST のオープニングを務め、日本ではクラブチッタ川崎でプレイしたね。本当にスペシャルで信じられないね…この年は最高の思い出ばかりだよ!大好きなバンドでプレイして、愛して来た音楽を世界中にシェア出来たんだからね!今でも信じられない位さ。
それから5年経って、僕たちは新しい音楽を共に作り始めたんだ。Piggy なしで作曲を行うのはバンドにとって初めてのことだったから、特別な出来事だったと思う。そうして制作されたレコード “Target Earth” は2013年にリリースされ、ファンやメディアから絶賛されたんだ。
そして8年経った今、2016年、僕たちはさらに新しい楽曲を制作したよ。メンバーチェンジにもかかわらず、VOIVOD は前に進み続けている。僕は自分のヒーローたちとのこの旅路に参加することが出来て、とても誇らしく、感謝しているんだ!表現のしようが無いくらいにね!

Q8: Anyway, I really love Martyr, and especially “Warp Zone”!! I think the band is in the long hiatus. Is there any possibility of re-start the band near future?

【CHEWY】: Thanx I appreciate it! I don’t think this band will ever reform, it is kind of sad that now people recognize the band once its over.It would have been great to be able to tour and have a decent record label.I guess we were not existing in a good timing.Having said that…never say never…

Q8: あなたが過去に所属していたバンド MARTYR も素晴らしいバンドで、特に”Warp Zone” は大好きなアルバムでした。バンドは長く活動を休止しているようですが、近い将来、復活する可能性はありますか?

【CHEWY】: ありがとう、感謝するよ!バンドの状況が改善するとは思わないなあ。バンドが終わったと思われているのは悲しいけどね。ツアーが出来て、しっかりしたレコードレーベルが見つかれば良いんだけど。僕たちは存在するタイミングが悪かったように思うね。つまり…Never Say Never ってことさ。

10603741_10152227645390925_2338609891974161018_n

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED CHEWY’S LIFE!!

Its very hard to choose only 5 albums out of the wide variety of music I listen to.I would mention Stranvinsky (the rites of spring) Béla Bartok (the marvelous mandarin) ,The Police Live,Michael Jackson (Thriller), among others…

VOIVOD “KILLING TECHNOLOGY”

Killing_Technology

CARDIACS “THE SEASIDE”

220px-Seasidebandw

ALLAN HORDSWORTH “I.O.U”

Allan_Holdsworth_-_I.O.U._album_cover

DEATH “INDIVIDUAL THOUGHT PATTERNS”

Individual_Thought_patterns

JACO PASTOROUS “S.T.”

Jaco_Pastorius_(1976)

【MESSAGE FOR JAPAN】

Voivod_2016-480x322

Yes I’ve been in Japan Twice With Voivod.First time in 2008.It was soo amazing…I always dreamed to travel outside of Canada and North America.I didn’t know what to expect but I really enjoyed Japan and I couldn’t wait to go there again.It took 5 years before we went back in 2014 but since then, I went back twice for personal travel and vacation around Kansai prefecture,Wakayama city, Osaka,  Kyoto, Koyasan, Sasuke,Yokohma and Tokyo.I enjoyed every moment.I was in good company, I met lots of very friendly and open minded people, fishermens,doctors, workers… from any society class, I tasted the most delicious food and learned how to cook some japanese food the right way (nattou,okonomiyaki,tako,ika,misoshiru,adzuki,kinpiragobo,norimaki etc…) I still cook japanese food every week when I’m home.I visited many temples, kofun,sake and shouyu factory…I miss japan and I miss the people that I’ve met a lot already and I’m gonna go back soon I hope!! With Voivod and on vacation ,hopefully both!
みなさんへ 日本にとても帰りたいです!じかいたくさんのまちでコンサートをしたいです。すぐ行きたいです!じかいみなさんと会って話しましょう、おねがいします!またこんど!どうもありがとう ございます!ダニエル 「忠威」モングラン

僕は VOIVOD で2回日本に行っているね。
最初は2008年。最高だったよ!僕はカナダ、北米から出て旅をすることを夢見ていたんだ。何が待っているのか全く分からなかったんだけど、日本を本当に楽しんだし、次に行くのが待ちきれなかったよ。
2014年に再び訪れるまで5年かかったね。だけど、実はそれ以降、2回個人旅行で来日しているんだよ。関西も和歌山や大阪、京都、高野山を訪れたし、Sasuke Park, 横浜、東京も楽しんだね。最高の時を過ごしたよ。良い仲間がいるんだ。とてもフレンドリーでオープンマインドな人たちにも沢山会えたね。漁師に医者、サラリーマンなど色々な職業の人たちにね。
食べ物も最高に美味しくて、日本食の正しい作り方も学んだよ。納豆、お好み焼き、タコ、イカ、味噌汁、小豆、きんぴらごぼう、のり巻きなんかをね。家にいる時は、今でも毎週日本食を作っているんだ。お寺や古墳、酒や醤油の工場なんかも沢山訪れたなあ。日本とそこで出会った人たちが恋しいよ。きっとすぐにまた行くからね!VOIVOD でも休暇でも。両方なら最高だね(笑)!!
“みなさんへ 日本にとても帰りたいです!じかいたくさんのまちでコンサートをしたいです。すぐ行きたいです!じかいみなさんと会って話しましょう、おねがいします!またこんど!どうもありがとうございます!ダニエル 「忠威」モングラン”

DANIEL “CHEWY” MONGRAIN

VOIVOD FACEBOOK PAGE
DANIEL MONGRAIN FACEBOOK PAGE
VOIVOD OFFICAIL SITE
“POST-SOCIETY” CENTURY MEDIA DISTRO

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です