12096613_10153308970943212_4164493978451826892_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TEXTURES : PHENOTYPE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BART HENNEPHOF OF TEXTURES!!

464883_10151440344958212_640872628_o

One of the greatest pioneer of Modern Metal/Prog band from Netherlands, Textures has just released their conceptual masterpiece “Phenotype !!

オランダが産んだモダンメタル/モダンプログの革命児 TEXTURES が新作 “Phenotype” をリリースしました!この作品は一つのコンセプトのもと制作された2枚組の大作 “Phenotype/Genotype” の前編で、後半の “Genotype” は来年のリリースを予定しています。
ボーカルとキーボードが交代した前作 “Dualism” はキャッチーなメロディー、幾重にもレイヤードされたアトモスフェリックなシンセサウンドを大胆に導入し、シーンに強い影響を与えた一枚でした。今作ではバンドの創立メンバーである、ギタリストの Jochem が脱退し、Joe Tal なる人物が加入。インタビューで自己紹介をしてくれていますが、アルバムを聴く限りかなりの実力者のようですね。結論から言うと、”Phenotype” は “Dualism” で減少したメタリックな要素、リズム面のチャレンジを最高のバランスで復活させつつ、Post-Djent サウンドを一層進化させた素晴らしい1枚に仕上がっていると感じました。
例えば “New Horzon” はまさに “Dualism” サウンドの正統進化形ですし、成熟したシンセサウンド、美しいコーラス、アトモスフェリックな静パートを兼ね備えたプログレッシブな “Illuminate the Trail” などは新たなマイルストーンにも成りうる見事なチャレンジです。
対して、”Shaping A Single Grain of Sand” の MESHUGGAH もしくは GOJIRA を想起させる アグレッション、ヘヴィーなグルーヴは強烈で、後半のメタルコア的なパートも含めて初期 TEXTURES のメタリックな一面を愛するファンを歓喜させるに違いありません。
また今回は、全てのメンバーが作曲に参加しており、ドラムスとアンビエントなノイズで構成される “Meander”、美しいピアノのアルペジオとシンセサイザーが織り成す “Zman” といった短くも印象深いインタルードはまさにバンドメンバー各自の個性が遺憾無く発揮され結実した成果だと思います。そして、その “Zman” に導かれるように始まる “Timeless” は、徐々に DEAFHEAVEN も真っ青な美しい Post-Black 成分を増し行く実に劇的な新機軸。楽曲がピアノのC#で未解決なまま終焉を迎えるのは続編の存在を提示しているのでしょうね。
最後に前作から加入した Daniel de Jongh の変幻自在に進化したボーカルについても記して置かねばならないでしょう。PANTERA? STRAPPING YOUNG LAD? などと例えたくなるようなオープニングトラック “Oceans Collide” ですら、彼のクリーンが切り込むと途端にその雰囲気を変えます。LEPROUS の Einar は勿論モダンプログ界隈の声とも言える存在ですが、”New Horzon” では彼を想起させるほどキャッチーで見事な歌唱を披露していますね。とにかくモダンメタル/プログ界隈にまたしても衝撃を与える作品であることに間違いはありません。今回弊誌ではギタリストで中心メンバーの Bart HENNEPHOF に話を聞くことが出来ました!どうぞ!!

textures-phenotype-650

TEXTURES “PHENOTYPE”: 9.9/10

【INTERVIEW WITH BART HENNEPHOF】

181207_402211209898440_2130972472_n

Q1: Your awesome new album “Phenotype” is just out now!! How are you feeling now?

【BART】: Feeling great, we`re really excited!

Q1: 新作”Phenotype” がリリースされました!実に素晴らしい出来ですね!!今はどういったお気持ちですか?

【BART】: 最高さ。本当に興奮しているよ!

Q2: Five years have passed since you released “Dualism”. What’s the reason of this long interval?

【BART】: In 2013 half of the band became parents. Reality became that we could`t multi-task as we could in the past, for example, preparing for a tour and writing an album at the same time. We needed to take time off the road and only concentrate on new material. This time everybody in the band wrote for the album, it took us a while to find a system in which we could process all the different music from everybody in the band, eventually we did and writing the album took around 10 months, that`s actually not so long but the planning around it took a while.

Q2: 前作”Dualism”から5年の歳月を要しました。新作リリースになぜこれ程長く時間を要したのですか?

【BART】: 2013年に、バンドメンバーの半分に子供が産まれたんだ。だから現実的に、昔のようにツアーとアルバム制作を同時にこなすといったいくつかのタスクを抱えることが出来なくなったのさ。ツアーから離れて新しいマテリアルに集中する必要があったね。
今回はメンバー全員がアルバムの作曲に関わったんだよ。全員の異なる音楽性をまとめる過程を構築するのに時間がかかったけどね。結局はそれをやり終えて、アルバムは10ヵ月程で制作したんだ。制作期間自体はそんなに長いものではないんだけど、それまでのプロセスに時間がかかったね。

980385_10151497672213212_466562115_o

Q3: “Phenotype”/”Genotype”, two new records set up around one concept. Could you tell us about the concept? What’s the meaning of “Phenotype”/”Genotype”?

【BART】: I`ll keep it light: Phenotype/Genotype are terms which you`ll encounter in biology studies, specifically DNA/genetic codes. The idea and our concept is that the environment, climates and the society you grew up in are embedded in your DNA and therefore will always have an effect on you and your choices in life.

Q3: “Phenotype” は “Phenotype” / “Genotype” という2枚組の前編で、一つのコンセプトのもとに制作された作品だそうですね。

【BART】: 簡単に説明すると、”Phenotype/Genotype”という言葉は生物学を学ぶ時、目にするだろうね。特に言うと、DNA/Geneticのコードなんだ。今回の2枚組のコンセプト、アイデアは、環境、気象、そして君たちが育つ社会といったものは DNA に刻まれているから、君や君の人生の選択に常に影響を及ぼすってものなんだ。

Q4: “Genotype” seems to be 45 minutes one song. Is that right? So, why did you separate this concept album and release date in two?

【BART】: Yes , it will be a single long track. We didn`t wanted to release just a double album. We think that if you release a double album you throw so much information on the listener (in our genre especially) and we felt that Phenotype was pretty much enough material for one album/musical statement. We think its a bit more special this way.

Q4: 来年にリリースが予定される続編”Genotype”は一曲で45分という作品だそうですね。なぜ2枚組を2つに分け、別々にリリースすることを決めたのでしょう?

【BART】: うん、長い1曲になるよ。ただ単にダブルアルバムという形でリリースしたくはなかったんだ。2枚組のアルバムって往々にして情報過多になってしまいがちでしょ?僕たちのジャンルなんて特に。”Phenotype”だけで一つのアルバムには充分すぎるほどのマテリアル、情報量があるんだよ。だからより特別な形でリリースすることにしたんだ。

1555549_10151966364563212_359389883_n

Q5: Co-founder of Textures, Jochem Jacobs left the band. But he remains writing and producing with the band. What made him so? Also, Joe Tal joined in the band. Could you introduce him? What did he deliver your new record?

【BART】: Jochem understands our music more than anyone else, he knows the band extremely well naturally and shares our vision sound wise which is an organic, dynamic and heavy sounding production. Jochem was not involved song writing, he mixed and mastered the album, the drums, guitars and bass were recorded in his studio in Amsterdam.
Joe here, so i`ll introduce myself: I`m an all around guitar player but my main passion is Metal. I have have a master degree in Jazz from the music academy in Amsterdam (Conservatorium van Amsterdam). I have played in many bands in all sorts of different styles such as Jazz, fusion, world music, Pop, Hard Rock, Technical Death Metal and more…..
During the writing process I`ve shamelessly tried to push the band in a heavier direction by bringing mostly heavy riffs, I`m glad it worked out. Also, there are guitar solos again.

Q5: TEXTURES 創立メンバーの1人である Jochem Jacobs がバンドを離れました。とはいえ、彼は楽曲制作やプロデュースで関わっているようですが。そして Joe Tal が加入しましたね?

【BART】: Jochem は誰よりも僕たちの音楽を理解しているんだよ。彼はバンドを究極に良く、自然体で分かっているし、オーガニックでダイナミックでヘヴィーなサウンドプロダクションというヴィジョンを分かちあっているからね。ただ、Jochem は作曲には関わっていないんだ。彼はアルバムのミキシングとマスタリングを担当したんだよ。ドラムス、ギター、ベースはアムステルダムの彼のスタジオで録音したんだ。ちょうど Joe がいるから彼に自己紹介してもらうね。
-JOE- 僕はオールラウンドなギタープレイヤーなんだ。ただ、情熱の大部分はメタルに注いでいるよ。アムステルダムのミュージックアカデミー(Conservatrium Von Amsterdam)ではJazzの博士号を取っているんだ。沢山のバンドでプレイして来たし、Jazz, Fusion, World Music, Pop, Hard Rock, Tech-Death など様々なスタイルをこなして来たね。
-BART- 作曲過程では、ちょっとエゴイスティックなんだけど、ヘヴィーなリフを多く提示して、バンドをよりヘヴィーな方向にプッシュしたんだ。上手く行って嬉しいよ。ギターソロもあるしね。

Q6:”Dualism” was game changing record. Synthesizer, Catchy melody, and Clean voice played an important role in the album. I think “Phenotype” goes ahead with these aspects. “New Horizon” shows straightforwardness of “Dualism”, and “Illuminate the Trail” has layered synth sound and very prog aspect. Do you agree that?

【BART】: Yes I agree, although Phenotype is much heavier than Dualism, there is a bit of Dualism in Phenotype.

Q6: “Dualism” は革新的なアルバムでしたね。シンセサイザー、クリーンボイス、そしてキャッチーなメロディーが重要な役割を果たしていました。”Phenotype” はそういった要素をさらに進化させたように感じます。
“New Horzon” はまさに “Dualism” の音楽性を受け継いでいますし、”Illuminate the Trail” のシンセサウンドやプログ要素も実にモダンですね。

【BART】: うん、同意するよ。同時に “Phenotype” は “Dualism” をよりヘヴィーにしているんだよ。ただ確かに “Phenotype” には少し”Dualism” の感覚が存在するね。

Q7:So, off course, you are one of the originator of “Djent”. How do you feel if “Phenotype” sounds are called or categorized “Post-Djent”? For example, TesseracT also found atmospheric new sounds. What do you think about the comparison with TesseracT?

【BART】: People have always had a hard time defining our music and we have heard many different definitions over the years like: Progressive Metalcore, Mathcore, Math-Thrash and since a few years Djent. It`s ok, we don`t see ourselves as a Djent band but we`re ok with people always trying to label our music, so Post-Djent? fine!
TesseracT are good friends of ours and we`ve shared stages many times but I think us and them have evolved in different directions. I think TesseracT`s music became a lot more accessible than Textures` music. However, there are similarities when it comes to song/album titles:
Textures – Polars (2004) and TesseracT – Polaris (2015)
Textures – Messengers (2008) and TesseracT – Messenger (2015)
Textures – Singularity (2011) and TesseracT – Singularity (2013)
There`s more…..but we make fun about it,haha.

Q7: 勿論、TEXTURES は Djent と呼ばれるジャンルのオリジネーターの一つですが、シンセサイザーやクリーンボイス、アトモスフェリックな要素を含む新作 “Phenotype” の音楽を “Post-Djent” と呼ばれる事に対してはどう思いますか?
例えば TesseracT なども典型的な Djent サウンドからは脱却していますが。

【BART】: みんな僕たちの音楽を定義するのが大変みたいだね。何年もの間に様々な呼び方をされて来たよ。Progressive Metalcore, Metalcore, Math-Thrash, そしてここ何年かは Djent だ。別に良いと思うよ。僕たち自身は自分たちを Djent だと思ったことはないけどね。何と呼ばれようと構わないよ。Post-Djent? 良いんじゃない?
TesseracT とは良い友達で、ステージを何度も分け合って来たんだけど、僕たちと彼らは違う方向に進化していると感じるね。TesseracT の音楽は TEXTURES より大衆向けになっていると思うんだ。それにしても、僕たちは楽曲やアルバムのタイトルが似ているよね。
Textures – Polars (2004) and TesseracT – Polaris (2015)
Textures – Messengers (2008) and TesseracT – Messenger (2015)
Textures – Singularity (2011) and TesseracT – Singularity (2013)
他にもまだあるよ…まあ面白いから良いんだけどね(笑)

Q8: As you say, “Phenotype” is much heavier than “Dualism”. “Shaping A Single Grain of Sand” is the heaviest moment of “Phenotype”. You know, this type of polyrithmic heavy-groovy song is often compared with Meshuggah. What is Meshuggah to you?

【BART】: Meshuggah have started a spark which caused a revolution in modern metal. We respect them very much.

Q8: 確かに “Phenotype” は前作よりヘヴィーな要素も増えていますね。”Shaping A Single Grain of Sand” などはアルバムで最もヘヴィーな楽曲でしょう。
こういったポリリズミックでグルーヴィーな楽曲はどうしても MESHUGGAH と比較されますよね?

【BART】: うん、MESHUGGAH は導火線さ。彼らがモダンメタル革命を起こしたんだよ。とてもリスペクトしているよ。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED BART’S LIFE!!

METALLICA “…AND JUSTICE FOR ALL”

Metallica_-_...And_Justice_for_All_cover

MEGADETH “RUST IN PEACE”

Megadeth-RustInPeace-3

FRANK ZAPPA “JOE’S GARAGE”

Zappa_Joe's_Garage

DEATH “SYMBOLIC”

616

TOOL “LATERALUS”

Tool_-_Lateralus-2

【MESSAGE FOR JAPAN】

10001224_10152042098938212_1654616665_o

We really really really want to come to Japan! Please invite us! We heard great things about Japan from friends who have been there. Enjoy our new album Phenotype and see you soon hopefully.

僕たちは本当に本当に本当に日本に行きたいんだ!ぜひ招聘して欲しい!!日本を訪れた友人たちから日本の素晴らしさを耳にしているんだ。新作”Phenotype”を楽しんで欲しいな。すぐに会えることを望むよ。

BART HENNEPHOF

TEXTURES FACEBOOK PAGE
TEXTURES OFFICIAL SITE
NUCLEAR BLAST: TEXTURES

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です