12806237_797297320375034_7896022598985086161_n-3

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CYBORG OCTOPUS : LEARNING TO BREATHE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DAVID WU OF CYBORG OCTOPUS !!

Bm36Xnj5sK2M

The Brightest Hope Of Modern Prog Metal 2016, CYBORG OCTOPUS Has Just Released Their Debut Full-length “Learning To Breathe” !! Hentai Tentacle Assault You !!

“LEARNING TO BREATH” REVIEW

文字通り、タコの触手のように様々なジャンルを股に掛ける、USの新鋭プログメタル CYBORG OCTOPUS がデビューフルレングス “Learning To Breathe” をリリースしました!!
ジャンルの垣根を易々と崩壊させる傑出したアルバムは、例えば昨年の NATIVE CONSTRUCT を想起させるような、2016年の最もユニークで印象的なデビュー作品となるでしょう。
CYBORG OCTOPUS の特徴は、先に挙げた NATIVE CONSTRUCT、もしくは HAKEN, EARTHSIDE といったモダンプログメタルの新鋭たちと比較して、よりヘヴィーでメタルコアの遺伝子を多分に受け継いでいる点にあります。
アルバムオープナー “Data_M1nefield” は、キーボード、ボコーダーの使用法やミドルセクションのラテンなパートこそ実にプログレッシブで変態的ですが、その実、楽曲の土台は THE BLACK DAHLIA MURDER, CONDUCTING FROM THE GRAVE といったブラストやトレモロを駆使したモダンなメタルコア / エクストリームメタルに在ることがわかります。アルバムを通してその土台は存在し続け、そこに様々な要素を加えることで、CYBORG OCTOPUS の奇妙で魅力的な音楽が形作られているのです。
例えば、クラシカル/オペラに特化した “Divine Right (In D Minor) は、クラッシックギターやオペラティックな歌唱が効果的に使用され、フレット上を縦横無尽に駆け巡るクラシカルなギタープレイと併せて究極にヘヴィーでドラマティックに仕上がっていますし、”Baptism of Clay” のシタールまで使用したオリエンタルな世界観も、強烈なアグレッションとの対比があってこそ。同時に、パンキッシュでカオティックな”Shark Pit” を聴けば、彼らのルーツに PROTEST THE HERO が含まれることが明らかになりますね。
中でも、最も驚くべきは “Discobrain!” でしょう。バンドの”最も魅力的な”メンバー Patrick のサクスフォンは間違いなくバンドの重要なアイデンティティーの1つとなっていますが、この楽曲ではほとんどメイン楽器として使用されています。バンド全体が生み出すグルーヴも最凶にファンキーで、ここまで Tech Metal meets Funk をやり切った楽曲はほとんど聴いたことがないように感じます。そして何と言っても、ただ実験的なだけではなく、その突進力が素晴らしいカタルシスを生んでいることが重要ですね。
東洋的でオリエンタルなムードをテーマとした大曲 “Epiphany” でアルバムを締めくくるまで、凄まじいテンションと驚異的な展開力は全く止むことがありません。
今回弊誌では、バンドの設立者でギタリストで “The Most Attractive” 最も魅力的なメンバー、 David Wu にインタビューを行うことが出来ました。変態らしく、久々にわりとハッチャけた回答をいただけましたよ。どうぞ!

12806237_797297320375034_7896022598985086161_n-2

CYBORG OCTOPUS “LEARNING TO BREATHE” : 9.1/10

【INTERVIEW WITH DAVID WU】

12801486_794789583959141_4534609375192597848_n

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band? How did Cyborg Octopus come to be? And what’s the meaning behind your odd band name “Cyborg Octopus”?

【DAVID】: Hey Sin! Thanks so much for reaching out to us! Japan is one of my favorite places to go and I would absolutely love to go back soon!
Cyborg Octopus came to be 2 years after I “left” music and playing in bands for “good”. During this period of time, I wrote music on my laptop purely for my own enjoyment and had the liberty to be as selfish as I wanted. It eventually came to a point in my life where I was fed up and feeling uninspired by both life and the quality of music that was coming out at the time. Once this happened, me and some other like-minded musicians took a musical laxative and let loose our metal diarrhea.
Well the name “Cyborg Octopus” was actually inspired by hentai. Tentacle stuff? yeah. I’ll leave your imagination to do the rest.

Q1: 本誌初登場です!まずはバンド結成の経緯と、一風変わった “Cyborg Octopus” というバンド名の由来について教えていただけますか?

【DAVID】: まずは、インタビューを行ってくれてありがとう!日本には行ったことがあるんだけど、大好きなんだ。本当にすぐ戻りたいよ!
CYBORG OCTOPUS は2年前に、僕が音楽を”離れた”後、バンドで”良いもの”を追求するために始めたんだ。それまで僕は、PCで純粋に自分が楽しめる音楽を書いていたんだ。1人だといくらでもワガママになる自由があったからね。だけど、徐々に飽きてしまって、その当時の生活や音楽のクオリティーにインスパイアされないようになってしまったんだよ。そうなったから、僕と、心を許せるミュージシャン達は、音楽の”下剤”を摂取して、メタルを垂れ流す事にしたんだよ。メタル下痢状態だね。
CYBORG OCTOPUS という名前は、実際、”変態”にインスパイアされているんだ。触手モノにかって??残りは君たちの想像に任せるよ。

Q2: It’s rare for the metal band has member of Saxophone. And that’s one of your important identity. Do you agree that?

【DAVID】: Yeah! Patrick is a phenomenal musician and the most attractive member who get’s all the attention. When people think of us, they’re typically thinking about him.
I was always personally extremely inspired by bands like Avenged Sevenfold who utilized a bunch of unconventional instruments in their music. In the least pretentious way possible, I feel like a lot of metal musicians tend to see music in terms of black and white. There is an extremely wide color spectrum of sounds and tones that can be utilized to create a song and tell a story; more than anything, we’ve always wanted to remind people of that. Almost every song on the album has a different instrumental theme.

Q2: メンバーにサクスフォン奏者を擁するメタルバンドは珍しいですよね?

【DAVID】: まさしく!Patrick は驚異的なミュージシャンで、全部持っていってしまうくらい魅力的なんだよ。バンドで1番魅力的なメンバーさ。CYBORG OCTOPUS と言えば Patrick というくらいにね。
個人的には、AVENGED SEVENFOLD のようなバンドにとてもインスパイアされているんだ。思い上がりでも何でもないんだけど、大多数のメタルミュージシャンたちは黒か白かで音楽をみてしまいがちだと感じるね。楽曲を制作し、ストーリーを語る時、サウンドやトーンは実に幅広い色を使用出来るんだよ。僕は何よりも、みんなにそのことを気づいてもらいたいと思っているんだ。アルバムのほとんどの楽曲は異なるテーマを持っているよ。

12513488_773047802799986_7869346222832063405_o

Q3: So, your debut full-length album “Learning to Breathe” is just out now! How are you feeling now?

【DAVID】: It’s kind of funny actually, people would typically feel cathartic after releasing something that they’ve been working on for 2-3 years, however, since we’ve always been a ‘keep your head down, work and pay your dues’ type of band, I feel more comfortable scheming and plotting out our next devious plan to take over the world. Mwuahaha.
I can’t speak for the other guys though. I know George is busy studying for finals and sending us pictures of dogs. By the way, he’s absolutely the most attractive member of the band.

Q3: お話にも出ましたが、デビューフルレングス “Learning To Breathe” がリリースされましたね!

【DAVID】: 実際、面白いことに、普通のバンドは2、3年もかけた音源をリリースするとカタルシスを感じるものなんだけど、僕達は自重し、働いて、義務を果たすタイプのバンドだから、次の世界征服への計画を立てている方がワクワクするんだ。ムハハハハ。
他のメンバーに関してはわからないけど、George は卒業試験で忙しいし、犬の写真を送りまくってくるよ。とにかく George こそバンドで最も魅力的なメンバーだよ。

Q4: When you named this great album “Learning to Breathe”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of the album?

【DAVID】: Ironically, we weren’t going for a concept album at all. In fact, I remember SPECIFICALLY stating during the writing process that I didn’t want it to be a concept album as I thought too many bands were doing that. However, after taking a look at how all of the songs lyrically fit in together, it was very obvious to us that there was a story.
The concept for the artwork / album was more of Ian (our vocalist/most attractive member)’s idea and he could explain it in his own words a lot better, but essentially this album details negativity surrounding his life, bringing him to the lowest of lows. Fortunately, he had an epiphany through a life-changing acid-trip and has since moved forward as a significantly happier and more centered person. It get’s a bit deeper than that and our execution is definitely unorthodox, but that’s the overall idea..

Q4: タイトルを “Learning To Breathe” に決めた理由は何ですか?併せて、アルバムのコンセプトも教えてください。

【DAVID】: 皮肉なことに、僕たちは全くコンセプトアルバムを作ろうとは思わなかったんだ。事実、作曲を始めた時僕は、この作品をコンセプトアルバムにはしたくないと思ったことを、特に覚えているよ。コンセプトアルバムを作っているバンドが多すぎるよ。ところが、注意深く全ての楽曲を眺めてみると、歌詞が見事にフィットしていてね。そこにストーリーが存在することは明らかだったんだよ。
アルバムのコンセプト、アートワークは Ian (ボーカリスト / 最も魅力的なメンバー) のアイデアか中心だから、彼の言葉で説明した方が良いんだろうけど、アルバムの要点は彼の人生を取り巻くネガティブさと、最底辺に落ちてしまうこと。幸運なことに、彼は人生を変えるようなアシッドトリップを通して、洞察力を発揮していたから、かなり幸せでより中心人物の方向に向かえていったのさ。アイデアはさらに深くなり、僕たちのやり方は完全に異端だったんだけど、それが全体のコンセプトさ。

13102633_829970343774398_216889649916552833_n

Q5: Also, the artwork is very impressive. You know, deep sea is above the land. We feel like it’s upside down. Does it have to do with the concept?

【DAVID】: “Learning To Breathe” is very much a statement of self-discovery and becoming present and in the moment. The artwork abstractly illustrates what that feels like, fighting to reach air, struggling to realize the beauty that is literally in front of our face.

Q5: アートワークも、深海が陸上に現れる不思議な構図になっていますね?

【DAVID】: “Learning To Breath” は自己発見の強いステイトメントだし、現在という瞬間を表しているんだ。アートワークはそれについて僕達がどう感じているか完璧に描かれているよ。空気にたどり着くために戦い、美を実現するために闘争する。文字通りね。

Q6: “Learning to Breathe” is definitely highly diverse record. We can hear lot’s of influences like Jazz, Latin, Funk, Dubstep, Classical, and more. What inspired you to make such a eclectic music?

【DAVID】: In art, and especially in ‘Progressive’ music, Pushing limits, taking risks and being different is paramount. Writing in different styles and genres that we are uncomfortable with is how we, as musical thrill-seekers, get our fix. I’m fairly certain that if we were to write a ‘normal’ song, we would be bored to death haha.

Q6: 音楽的には、非常に多様性に富んだレコードです。ジャズ、ラテン、ファンク、ダブステップにクラッシック。実にエクレクティックな作品ですね?

【DAVID】: 芸術において、特に”プログレッシブ”な音楽では、限界までプッシュし、リスクを犯し、異なる山頂を目指す必要があるね。異なるスタイルやジャンルで作曲を行うことこそ僕等なんだよ。音楽的なスリルを追い求めるためにね。
僕たちが”普通”の楽曲を書いたとしたら、退屈で死んでしまうよ(笑)

Q7: Like Sitar, Niko (Chinese folk instrument), folk instruments becomes nice accent of the album. Did you play them? And do you have another surprise in the album?

【DAVID】: Yeah! I played the sitar. I greatly under-estimated the difficulty of picking up the sitar. In fact, I cut my hand and drew blood. I wanted to punch it but unfortunately it wasn’t mine and I had to give it back.
As far as other instrumental surprises go…. Hmm. well I had my dad come in and play violin during a few sections in ‘Epiphany’ so that was cool. We used some tastefully auto-tuned talking parts, grand-piano, female whispering parts, slight tuvan throat-singing, and some opera-classical singing. Sax is no longer our weird instrument haha.

Q7: シタールや二胡といった民族楽器の使用も効果的ですよね?

【DAVID】: まさに!僕がシタールをプレイしたよ。シタールをプレイする難しさを甘く見ていた面はあるね。実際、手を切って血を流したくらいさ。シタールをぶん殴りたかったけど、残念ながら僕の楽器じゃなかったからね。
他にも、僕の父が “Epiphany” のいくつかのパートでヴァイオリンをプレイしてくれてクールだったね。グランドピアノ、女性ボーカル、トゥヴァの歌唱、オペラティックな歌唱なども使用したよ。サックスはすでに変わった楽器ではないからね(笑)

Q8: What do you think about you are often compared with the bands like Between the Buried And Me, or The Black Dahlia Murder?

【DAVID】: Truthfully I don’t really listen to either of those bands hahah. Ironically enough, Cyborg’s music was written to fill the gaps that bands like them weren’t filling for us. I respect and look up to them for their respective musical pursuits as they do them very well, however, the movements that followed those bands were lacking what I believe Cyborg brings to the table.
On the other hand though, since between the buried and me is arguably the most prolific prog-metal band out there that switches genres frequently, I get that it’s kind of one of the few comparisons you could make to someone who’s never heard us before.

Q8: BETWEEN THE BURIED AND ME, THE BLACK DAHLIA MURDER などと比較されることについてはどう思いますか?

【DAVID】: 正直、その2つは聴いたことがないんだよ(笑) いや、皮肉なことに、CYBORG OCTOPUS の音楽はそういったバンドが埋めきれないギャップを埋めるために書かれているんだ。僕は彼らを、自身の音楽を見事に追求しているという点で尊敬しているけど、CYBORG OCTOPUS が新たに持ち込んだ要素は備えてはいないよね。
とは言え、BTBAM はジャンルを股に掛けるプログメタルの中では最も多産なバンドだし、僕たちを聴いたことのない人に説明するために比較出来る数少ないバンドの1つだとは思うよ。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED DAVID’S LIFE!!

MUSE “ABSOLUTION”

Muse_-_Absolution_Cover_UK

PROTEST THE HERO “KEZIA”

Kezia_(Protest_the_Hero_album_-_cover_art)

EMINEM “SLIM SHADY LP”

Eminem_-_The_Slim_Shady_LP_CD_cover

PINK MARTINI “EUGENE!”

Hey-Eugene-cover-mid-size

FALLUJAH “THE HARVEST WOMBS”

Fallujah_The_Harvest_Wombs

【MESSAGE FOR JAPAN】

Cyborg-Octopus-2-e1461496561743

Oh man. I would love to look cool and say something cool in Japanese to end the conversation but I can’t! I even took three years of japanese in high school damn near forgot all of it. In light of my horrible memory, I’ll just say that I absolutely love Japan! You guys have an amazing music scene which makes me uniquely happy! Touring in Japan would be the ABSOLUTE DREAM. Japanese bands! Take us on tour with you!
Sayonara!

何か日本語で言えたらクールなんだろうけど無理なんだ!高校で3年も日本語の授業を取っていたのに、ほとんど全部忘れてしまったよ。ただ言えるのは、僕はとても日本を愛しているということ!ユニークで楽しい素晴らしい音楽シーンがあるね!日本ツアーは究極の夢だよ。日本のバンドさん、ツアーに誘ってください!さよなら!

DAVID WU

CYBORG OPCTOPUS Facebook Page
CYBORG OPCTOPUS Bandcamp Page
CYBORG OPCTOPUS ITunes

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です