385e7026-836e-4a08-bcb5-3d69fe6900b5

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GHOST BATH : STARMOURNER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DENNIS MIKULA OF GHOST BATH !!

3ee8dfac-dbc6-4514-bace-97bd10f6fcb4

The Most Mysterious Black Metal 2nd Generation, Ghost Bath Mixed DSBM And Japanese Video Game Music With Their Newest Album “Starmourner” !!

DISC REVIEW “STARMOURNER”

インパクトと芸術性、そして崇高さを内包する多種多彩なブラックメタル第二世代の中でも、一際ミステリアスな存在として異彩を放つ GHOST BATH。彼らがリリースした最新作 “Starmourner” は、DEAFHEAVEN や ALCEST, LITURGY が押し広げたジャンルの壁をさらに拡張する、遠大な可能性に満ちた作品に仕上がりました。
GHOST BATH は当初、中国出身のバンドだと考えられていました。メンバーの顔を伏せた上で “鬼浴” と名乗り、アルバムをリリースしたレーベル、そしてバンドのロケーションも中国としていたのですからそれも当然です。しかしインタビューにもあるように、実際はノースダコタに拠点を置くアメリカのバンドだったのです。
Bandcamp にロケーションを要求された時、”No Location” が受け入れられなかったため、地球の反対側にある中国を何となく選んだら中国のレーベルからコンタクトが来たというのがどうやら真相のようですね。Dennis はそういった一連の流れについて「人間よりも音楽それ自体により直接コネクトして欲しかった」からと説明してくれました。
しかし、2ndアルバム “Moonlover” のヒットとそれに伴うメガレーベル Nuclear Blast との契約により全てを秘匿することが困難になったバンドは、メンバーの顔写真とロケーション、そして首謀者 Dennis Mikula の名前だけは明らかにすることとなったのです。(とは言え現在でも公式にはその名前は “Nameless” とされていますが。)
そういった経緯を経てリリースされた3rdアルバム “Starmourner” は、インタビューで Dennis が語ってくれた通り、”Moonlover” を序章とするトリロジーの第2章。バンド名が象徴するように、DSBM (デプレッシブスイサイダルブラックメタル) を自称する GHOST BATH ですが、天国や天使にフォーカスしたというアルバムはポジティブでハッピーとさえ言えるサウンドを前面に押し出し、デプレッシブなムードと夢幻に対比させた異例のブラックメタル作品となりました。
作品は天駆けるピアノが流麗な旋律を紡ぐ “Astral” でその幕を開けます。他のブラックメタル第二世代と比較して GHOST BATH をさらに特異な存在としているのは、明瞭でキャッチーなメロディーがアルバムの主役となっている点でしょう。”Seraphic” のパワーメタル的とさえ言える優美で凛々しいメロディーの洪水と、そのカウンターパートとして示されるダークでヒステリックなブラストの海原が手を取り合い創造する類希なるカタルシスは決定的にユニークで、バンドの新たなチャプターの始まりを告げています。
勿論、アルバムには DEAFHEAVEN に通じるようなインディー、シューゲイズからの影響も存在します。”Luminescence” を聴けば GHOST BATH がパワーメタルの手法を周到にその光の世界へと取り入れていることが伝わるでしょう。同様のチャレンジを試みる ASTRONOID と現在ツアーを行っていることは、決して偶然ではありません。
アルバムを語る時、Dennis の日本に対する愛情を欠かすことは出来ませんね。実は以前弊誌に登場いただいた時点で、日本に新婚旅行で訪れることを誇らしげに伝えてくれていた Dennis。すでに簡単な日常会話はマスターしており、本気でこの国に移住を考えていると言うのですから、日本のメタルファンにとってそれは大きな、そして喜ばしいサプライズに違いありません。
Dennis の日本とその文化に対する真情は “Celestial” に結実しています。彼が愛してやまない、日本のロールプレイングゲームに起因する勇壮なファンファーレがブラックメタルのタッチで描かれた時、リスナーはノスタルジーと共に生じる多幸感、恍惚感が新鮮な情動であることに気づくでしょう。その場所からさらに楽曲は、ULVER が “Perdition City” で見せたシンセワークとアトモスフィアを伴って静謐でプラトニックな “Angelic” へと歩みを進めて行くのです。その神聖なまでに巧みな構成力はまさに別世界の高みにあると言えるでしょう。
「ブラックメタルとゲーム音楽を融合させる。」  “Thrones”, “Elysian” と聴き進める内に、リスナーはその野望が完遂されたことを知るでしょう。そこには “Final Fantasy”、”ゼルダの伝説” といった私たちのクラッシックが見事に GHOST BATH のブラックメタルとして新たな生を与えられているのですから。今回も Dennis がほぼ1人で制作したアルバムは、狂気とアトモスフィア、耽美と悲愴を携えた、新鮮で文字通りプログレッシブな音楽として世界に衝撃を与えることでしょう。
70分を超える壮大な神曲は、ジブリの世界観を宿し、不思議に悲哀を称えた鍵盤とドラムスのピース “Ode” で静かに幕を閉じます。
今回弊誌では、Dennis Mikula にインタビューを行うことが出来ました。6月には Ward Records から日本盤の発売も決まっています。どうぞ!!

1000x1000-2

GHOST BATH “STARMOURNER” : 9.7/10

INTERVIEW WITH DENNIS MIKULA

14457375_1519131664779814_1651438479370331354_n

Q1: Hi, Dennis! First of all, I was really surprised that you are very good at Japanese. And It seems you’ve been to Japan on a trip. How do you like our culture, music? What made you learn Japanese?

【DENNIS】: I had a great time in Japan. I went in 2015 for a month in 東京 and 京都. I loved everything about it from the music, to the culture, to the people. I went to a Babymetal concert in Chibi and that was a lot of fun as well.
It is my plan to learn the language fully and move to Japan in a few years.

Q1: あなたが日本語がお上手なことにまず驚きましたよ。日本には旅行でもいらしてましたよね?

【DENNIS】: 日本では素晴らしい時間を過ごしたよ。2015年に、一月ほど東京と京都に滞在したんだ。
音楽から文化、そして日本の人たち。全てが大好きだよ。千葉で BABYMETAL のコンサートに行ったのも楽しかったね。日本語を完璧に習得して、数年の内に日本へ移住する計画だよ。

Q2: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about your mysterious band? Your band name “Ghost bath” is a term for committing suicide by submerging oneself in a body of water. What made you choose this name for your band?

【DENNIS】: We play depressive suicidal black metal. And so the name comes from a famous poet named Sylvia Plath. She attempted suicide by walking into the ocean until she drowned. I feel that the name fits our depressive feeling to the music.

Q2: 過去に1度ご登場いただきましたが、インタビューは初となります。まずはミステリアスなあなたのバンドについて聞かせてください。”Ghost Bath” というタームは自らを水中に沈めて行う自殺の方法ですが、なぜこれをバンド名に選んだのでしょう?

【DENNIS】: 僕たちがプレイしているのは、デプレッシブスイサイダルブラックメタル (DSBM) だからね。だからバンド名は有名な詩人 Sylvia Plath にちなんでつけたんだよ。
彼女は溺れるまで海に歩いて入って自殺を試みているからね。つまり僕たちの音楽のデプレッシブなフィーリングにフィットすると感じたんだ。

Q3: Fans around the world as well as Japan believed you were from China. But actually, it revealed that you were from North Dakota, US. When I heard that, I thought “Cool!!”, haha. But what happened there? How was the reactions at that time?

【DENNIS】: I did not want to reveal our actual location at first and so I picked somewhere on the other side of the world to put as where we were from. We also released 2 albums on chinese record labels: Solitude and Pest Productions.

Q3: ファンやメディア全員が GHOST BATH は中国のバンドだと思っていました。しかし実際は US、ノースダコタ出身であることが明らかになりましたね?

【DENNIS】: 最初、僕は実際の所在地を明かしたくなかったんだよ。だから僕たちのいるアメリカと反対側の場所から選んで Bandcamp に登録したんだ。それで中国のレーベル Solitude and Pest Productions から2枚のアルバムをリリースすることになったんだけどね。

Q4: I think that it is “Nameless” that makes the band more mysterious presence. OK, you know, lot’s of fans remind another “Ghost” from “Nameless”, haha. But, why do not you reveal names or responsible instruments?

【DENNIS】: My basic premise for doing that is to allow people to connect more directly with the music itself and not with indivuals or names or people. I wanted to created a more pure experience for the listener.

Q4: バンドのメンバー名を”Nameless” として公開せず、担当楽器も明らかにしないことで GHOST BATH はさらにミステリアスな存在になっていますね?

【DENNIS】: このバンドを始めるに当たって設けた基本的な前提。それが、ファンに音楽それ自体により直接コネクトしてもらうという試みだったんだ。
つまり個人、名前、人間性にフォーカスするのではなくね。僕はより純粋な体験をリスナーのために作り出したかったんだよ。

13996036_1475420819150899_6247798897661706784_o

Q5: So, let’s talk about your newest record “Starmourner”. You know, I really impressed by unique approach, great quality of composition, amazing artwork and deep, particular worldview of “Starmourner”. When you named it “Starmourner”. what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of the record?

【DENNIS】: ありがとうございます! Starmourner is the second part of a trilogy (Moonlover is the first). Starmourner explores the heavens (天国?) And angels, joy, ecstasy, and free will. It also is loosely based on Dante’s Paradiso, an epic poem/story that explores an afterlife.
I wanted it to sound happy, but at the same time, have a dark undertone. .

Q5: では最新作 “Starmourner” について話しましょう。ユニークなアプローチ、コンポジションの高いクオリティー、美しいアートワーク、そして深遠な世界観。作品には本当に感銘を受けましたよ。アルバムのコンセプトや歌詞のテーマについて教えていただけますか?

【DENNIS】: ありがとうございます!”Starmourner” は “Moonlover” から続くトリロジーの第2章なんだ。”Starmourner” では、天国、天使、喜び、エクスタシー、そして自由意志について探究しているんだよ。同時に、おおまかにだけどダンテの神曲をモチーフにしているんだ。死後の世界を探求したエピックな叙事詩だね。
だからアルバムはハッピーなサウンドにしたかったんだけど、同時に潜在的な暗さを内包しているよ。

Q6: I must say that it is even a bit much to call this album black metal as it differs so much from what we’re used to. Very unique, very unique, and flesh! Adding that, “Starmourner” is definitely different from your previous release “Moonlover”. Do you agree that? If so, what is the reason of “Change” or “Evolution”?

【DENNIS】: I didn’t want to make another Moonlover. I have a full vision for all three of these records in the trilogy and they all have something unique to offer. I think it is boring when a band puts out the same sounding record over and over.

Q6: “Starmourner” は私たちが慣れ親しんだ “Black Metal” とは明らかに異なりますね。さらに言えば前作 “Moonlover” とも趣を異にする作品だと言えます。

【DENNIS】: “Moonlover” パート2を作りたくはなかったんだ。僕はトリロジーとなる3枚のレコード全てについて完璧にビジョンを持っているんだよ。そして3枚ともにユニークな部分が存在するんだ。同じようなサウンドのレコードを何度も何度もリリースするのは退屈だと思うからね。

Q7: I love amazing melodies of “Starmourner”. It can be said cinematic, and sometimes reminds me even Japanese video game musics like “Final Fantasy” or “Zelda”. Do you think one of the influence of “Starmourner”? If so, what made you mix Black metal elements and that influence?

【DENNIS】: Yeah, I can definitely see that. I grew up with a lot of japanese video games and I was always fascinated by the melodies of the music. I think they have a really unique sound to them that’s hard to explain.
I think the mix of black metal and that sort of sound just came naturally for me with what I was trying to accomplish with this record.

Q7: “Starmourner” を司るメロディーの数々は実に芳醇です。シネマティックで、時にファイナルファンタジーやゼルダの伝説など日本のゲームミュージックを想起させます。ブラックメタルとゲーム音楽のミックスは非常にユニークですね?

【DENNIS】: うん、まさにその通りだよ。僕はたくさんの日本のゲームに囲まれて育ったし、いつもそのメロディーに魅了されて来たからね。本当に日本のゲームは、説明し難いくらいユニークなサウンドを持っているよね。
だから、このレコードで成し遂げたかったことによって、ブラックメタルとゲーム音楽を融合させることが僕にはいたって自然と浮かんできたんだと思うな。

Q8: Recently, lot’s of bands try to push the limits of Black Metal. Off course, you are. Therefore, you are often compared with “Post-black” acts like Deafheaven, Alcest. What do you think about them? Are you comfortable with the comparison?

【DENNIS】: I enjoy both bands. My main influences are Agalloch, Germ, Austere, ect. I also really enjoy a japanese band called envy. Their record, Recitation, is one of my favorite records ever.

Q8: ブラックメタルの領域を押し広げるという意味では、DEAFHEAVEN, ALCEST などと比較されることも多いですよね?

【DENNIS】: その2つのバンドは好きだよ。僕の主な影響元は、AGALLOCH, GERM, AUSTERE なんかだよ。あとは日本の envy は本当に大好きなんだ。彼らの “Recitation” はフェイバリットの一つだね。

14468414_1519088641450783_6464012116697340054_o

FIVE ALBUMS THAT CHANGED DENNIS’S LIFE

AGALLOCH “MARROW OF THE SPIRIT”

220px-Agalloch_-_Marrow_of_the_Spirit

SIGUR ROS “()”

Sigurros()

DIMMU BORGIR “DEATH CULT ARMAGEDDON”

Dimmuborgir_deathcultarmageddon

SILENCER “DEATH, PIERCE ME”

silencersw_deathpierc

envy “RECITATION”

Envy_recitation

 

MESSAGE FOR JAPAN

13497955_1421327081226940_1407791264804543842_o

ありがとうございました!
Thank you for all the support! I hope to come tour Japan soon. You can pick up our record on June 9th from Ward Records. We will also be on TV on Masa Ito’s Rock City!
日本は好きだよ!さようなら!

ありがとうございました!サポートをありがとう!日本ツアーを近々行えることを望むよ。6/9には Ward Records から日本盤もリリースされるからね。マサ伊藤の Rock City にも出演するからね!日本は好きだよ!さようなら!

DENNIS MIKULA

GHOST BATH Facebook Page
GHOST BATH Bandcamp
NUCLEAR BLAST “Starmourner”
WARD RECORDS “Starmourner” 日本盤

IMG_20170413_092007

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です