17799446_280607719052348_7126269121912767328_n-2

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ETERNITY FOREVER : FANTASY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BEN ROSETT OF ETERNITY FOREVER !!

15356590_220423855070735_1151837294685536294_n

Dance Gavin Dance, Chon And Strawberry Girls Get Together !! The Super Group, Eternity Forever Mixed Prog Rock And R&B With Their Amazing Debut EP “Fantasy” !!

DISC REVIEW “FANTASY”

ex-DANCE GAVIN DANCE, A LOT LIKE BIRDS の Kurt Travis、ex-CHON の Brandon Ewing、そして STRAWBERRY GIRLS で活躍する Ben Rosett という類い稀なる駿才が集結した新たなファンタジー、ETERNITY FOREVER が鮮烈なデビューEP “Fantasy” をリリースしました!!メンバーが誇る芳醇なキャリアを引き継ぎながらも、新たな冒険へと誘う作品は、近年稀に見る衝撃を伴って永遠に愛される不朽のエバーグリーンとなるはずです。
インタビューにもあるように、ETERNITY FOREVER の物語は昨年行われた CHON と STRAWBERRY GIRLS、そして POLYPHIA が一堂に会した “Super Chon Bros” ツアーから始まりました。
全世界で30万枚のセールスを上げる US インディーの雄 LOCAL NATIVES のベースプレイヤー Nick Ewing を兄に持つ Brandon は当時、CHON の一員としてツアーに帯同していました。Sumerian と契約し今や飛ぶ鳥を落とす勢いで邁進する、カリフォルニアの日差しを全身に浴びたマスマティカルでポジティブなプログレッシブ集団は、Camarena 3兄弟の次男が脱退したためベーシストを必要としていたのです。
一方、Ben Rosett が所属する STRAWBERRY GIRLS は、日本ではまだあまり馴染みのないバンドかも知れませんね。彼らもインストゥルメンタルを主戦場とする実験的なトリオ。ex-DANCE GAVIN DANCE のギタリスト Zachary Garren 率いる異能の集団は、可能性を発掘することにかけては定評のある Tragic Hero Records からダーク&セクシーな名作群をリリースしています。
ポストハードコア、マスロック、プログレッシブが魅力的に交差したツアーで Brandon と Ben は意気投合。Blue Swan, Equal Vision をセンターとしたシーンの中でもずば抜けた歌唱力を有する Kurt Travis との邂逅により、バンドはまさにスーパータレントブラザーズとしての生を受けたのです。
デビューEP “Fantasy” は4曲という僅かなボリュームにもかかわらず、圧倒的な躍動感と無限の可能性を感じさせる作品に仕上がりました。
アルバムオープナーでタイトルトラック、”Fantasy” の幕が上がるとリスナーは、Brandon が奏でる透明で繊細なギターの音色に酔いしれるでしょう。
ビビッドでリリシズムを湛えたその思索的な響きは、アイデアの潮流に乗り、宵闇の風に帆をはらませ無上のサウンドスケープを運びます。確かにここには CHON や DANCE GAVIN DANCE が持つ複雑にして軽快、難解にして耳馴染みの良い、モダンでイマジネーティブなセンスが開花しています。Brandon がベースのみならず、ギターのマイスターでもあることがここに証明されたと言えますね。
Kurt Travis の鮮烈で “黒い” ファルセットが切り込むと、楽曲は新たな顔を啓示しバンドの個性を主張し始めます。Prince を想わせるシルクのように滑らかで心地よいそのファルセットは、彼らの “Fantasy” に濃厚なブラックミュージックの風を誘います。Kurt が過去にどのバンドでも見せることのなかったその切り札は、プログレッシブでマスマティカルなロックとエモーショナルでトライバルな R&B やソウルが遂に溶け合うための重要な魔法の触媒となっているのです。
“Movies” の郷愁と慕情が入り混じった美しきポストロックのキャンパスが、Kurt のソウルフルな黒い歌唱で染めあげられ、未だ見ぬ奇跡の景色を宿す様はまさに ETERNITY FOREVER の真骨頂だと言えるでしょう。
4曲15分のEPを通して流れるのは、作品のプロデュース、ミキシング、マスタリング全てを手がけた Ben Rosett のイデオロギーかも知れませんね。STRAWBERRY GIRLS ではあの Kendrick Lamar のカバーも披露しているように、オープンで瑞々しい感性を持つ彼のアンテナは “Jazz The New Chapter” のマインドと通じます。
Hip Hop やネオソウルに接近し、ジャズの領域をブラックミュージックへと浸透、拡大。インプロビゼーションよりも、明確でソフィスティケートされたプロデュースを主張する Robert Glasper や HIATUS KAIYOTE の方法論を、Ben はプログレッシブロックの分野でチャレンジしたように感じられます。そして彼らの “New Chaper”は、コンパクトでキャッチー、エキサイティングで新鮮な、プログレッシブワールドの稀有なる地殻変動として”永遠永久に”歴史に刻まれることでしょう。
今回弊誌では Ben Rosett にインタビューを行うことが出来ました。今年一番のサプライズ。どうぞ!!

17799446_280607719052348_7126269121912767328_n

ETERNITY FOREVER “FANTASY” : 10/10

INTERVIEW WITH BEN ROSETT

12898295_1002241873156513_7248815556628432844_o

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about your band? You know, Eternity Forever is definitely super band. ex-Dance Gavin Dance, ex-Chon, and Strawberry Girls got together. How did Eternity Forever come to be?

【BEN】: Strawberry Girls toured with CHON in 2016. That’s where I met Brandon, who was playing bass for CHON at the time. I didn’t even know he played guitar. We became friends and started talking about collaborating together. Eventually, Brandon drove to my studio to record his solo guitar music, which he wanted me to play drums on. After we recorded the drums and guitar, we sent some rough mixes to Kurt Travis. He loved what he heard and the trio was born.

Q1: ETERNITY FOREVER は DANCE GAVIN DANCE, CHON の元メンバー、そして STRAWBERRY GIRLS のメンバーが集結したスーパーバンドです。まずはバンド結成に至る経緯を話していただけますか?

【BEN】: 2016年に STRAWBERRY GIRLS は CHON とツアーを行ったんだ。そこで僕は Brandon と会ったんだよ。当時彼は CHON でベースをプレイしていたからね。その時は彼がギターも弾けるなんて知らなかったんだよ。
僕たちは友達になり、それからコラボレーションについて話し始めたんだ。Brandon は彼のギター作品をレコーディングするために、僕のスタジオまでドライブして来たね。ドラムスは僕に頼みたかったんだ。
ドラムスとギターをレコーディングした後、ラフミックスのいくつかを Kurt Travis に送ってみたんだよ。彼はとても気に入ってくれて、このトリオが誕生したんだ。

Q2: Actually, Eternity and Forever seems to be almost same meaning. What made you choose “Eternity Forever” for your band name?

【BEN】: Brandon’s brother plays bass in Local Natives. We wanted a “redundant” name similar to that. I went through my list of band names on my phone and found Eternity Forever. We all liked it and so that became the band name.

Q2: バンド名は “永遠” という意味の似た単語を組み合わせた ETERNITY FOREVER になりましたね?

【BEN】: 実は、Brandon の兄弟は LOCAL NATIVES のベースプレイヤーなんだよ。僕たちも、似たような”冗長な”名前が欲しかったんだ (Local と Native が似た意味であるため)。
僕は携帯を使って、バンド名のリストを検討していったんだよ。ETERNITY FOREVER はそうやって見つけた名前なんだ。全員が気に入ったから、バンド名に決めたんだよ。

Q3: You know, Brandon plays guitar and bass. And sometimes, Ben plays bass. Off course, I think you could add other members, but why did you choose “Trio”?

【BEN】: the less members the better. It’s hard to have lots of people in a band because you have more scheduling conflicts and you get less money per person.

Q3: バンドは Brandon がギターとベースをプレイし、時にはあなたがベースをプレイしている楽曲もあります。メンバーを増やす選択もあったと思いますが、なぜトリオに拘ったのでしょう?

【BEN】: メンバーが少ない方がベターなんだよ。バンドにたくさんのメンバーがいると、スケジュールが衝突したり、一人一人の収入が減ってしまうからね。

Q4: Anyway, your amazing debut EP “Fantasy” is just out now! When you named it “Fantasy”, what was in your mind?

【BEN】: we just wanted a word that had a similar vibe to eternity Forever and “fantasy” has that magical, mystical, beautiful vibe to it.

Q4: 素晴らしいデビューEP “Fantasy” がリリースされましたね!タイトルを “Fantasy” としたのはなぜですか?

【BEN】: ETERNITY FOREVER というバンド名が持つヴァイブと似たような言葉にしたかったんだ。”Fantasy” はまさにそのマジカルで、ミステリアスで美しい感覚を持っていたからね。

11046425_951372471553973_8131152781439310371_o

Q5: When I first listened to “Fantasy”, I reminded D’angelo, or Prince. But, R&B, Soul is not everything of “Fantasy”. Also, here is exciting, technical instrumental parts. And your way of mixing these two elements is very unique. I feel it made “Fantasy” great. Do you agree that? What was the inspiration of this album?

【BEN】: I absolutely love D’angelo and Prince. And of course I love technical progressive rock as long as it makes sense melodically and harmonically. The inspiration for this album was to make an EP that everyone could love. It just requires very good and fitting tones and quality production. I spent about two weeks on each song, editing and mixing until they were perfect.

Q5: 最初に “Fantasy” を聴いた時感じたのは、D’angelo や Prince に似た感覚でした。ただ R&B やソウルだけが “Fantasy” の全てではありませんね?作品では、エキサイティングでテクニカルなインストパートも重要な役割を果たしています。

【BEN】: まさに僕は D’angelo と Prince を敬愛しているんだよ。同時に、勿論テクニカルなプログロックも愛しているんだ。メロディーとハーモニーを壊さない限りね。
この EP を作ろうと思ったのは、つまりどちらのファンも気に入る、みんなが愛せる作品を生み出したかったからなんだ。そのためには、極上のトーンとプロダクションのクオリティーが要求されたね。僕はどの楽曲にも2週間ほど費やし、完璧になるまでミキシングと編集を繰り返したんだ。

Q6: Do you think “Fantasy” is different from member’s discography? or continuation of Dance Gavin Dance, Chon and Strawberry Girls to a certain extent?

【BEN】: Eternity Forever is its own thing. Of course there are similarities to each of our respective bands, but we tried to make it unique and different. It’s honestly right up my alley. I love the music we created. It’s probably my favorite thing I’ve ever done.

Q6: “Fantasy” はメンバーの過去の冒険の続きですか?それとも全く新しい船出ですか?

【BEN】: ETERNITY FOREVER は独自のものだよ。勿論、僕たちの過去のバンドとの類似点はあるけど、ユニークで異なるものにしようとしたんだ。
正直に言って、このバンドの音楽は僕の好みにピッタリなのさ。作品を本当に気に入っているよ。おそらく、僕が今まで作ったものの中でもフェイバリットだよ。

Q7: I feel your music can be compared with Hiatus Kaiyote, Robert Glasper, and Flying Lotus. I mean, there is kind of eclectic, new jazzy feelings. Do you have an empathy with “Jazz the New Chapter” artists?

【BEN】: I love Haitus Kaiyote a lot and they were definitely an inspiration during the recording process. I’m not super into jazz, unless it’s catchy, produced well, and NOT jammy. I like stuff that is written out and thought about. Freestyle stuff can be good, but I’d rather listen to something that someone actually took the time to figure out and be intentional about.

Q7: 作品のエクレクティックな感覚は HIATUS KAIYOTE や Robert Glasper のような “Jazz The New Chapter” にも通じるように思いますが?

【BEN】: HIATUS KAIYOTE は本当に大好きだよ。彼らはレコーディングプロセスの間、間違いなくインスピレーションとなっていたね。
とは言え、僕はあまりジャズにのめり込んではいないんだ。キャッチーだったり、良くプロデュースされていたり、ジャムっぽくないものは別だよ。つまり僕はしっかりと構成されて考えられている音楽が好きなんだ。
フリースタイルのジャムも悪くはないけど、それよりも作者がしっかりと時間をかけて練り上げた作品を聴く方が良いね。

Q8: So, what’s next? Do you have a plan for making full-length album, and live performance?

【BEN】: we are planning on recording another EP in July. Hopefully it will have 5 songs at least. We are all really excited to get back in the studio and create some more magic.

Q8: 次の計画はフルアルバムでしょうか?

【BEN】: 僕たちは、7月からもう1枚 EP をレコーディングする予定なんだ。次は少なくとも5曲は収録したいね。バンド全員が、スタジオに戻って新たなマジックを創造することにエキサイトしているよ。

a3876697617_16

FIVE ALBUMS THAT CHANGED BEN’S LIFE !!

THE FALL OF TROY “THE FALL OF TROY”

Fall_of_troy-st

FACING NEW YORK “FACING NEW YORK”

Facing_New_York_(album)

D’ANGELO “VOODOO”

homepage_large.8f50f1bb

KENDRICK LAMAR “TO PIMP A BUTTERFLY”

Kendrick_Lamar_-_To_Pimp_a_Butterfly

HIATUS KAIYOTE “CHOOSE YOUR WEAPON”

81KYvR+CgJL._SY355_

MESSAGE FOR JAPAN

15123254_221048255008295_7396101545858311172_o

hopefully one day we’ll get the opportunity to tour Japan! It’s just really expensive. But it would be awesome if it happened one day.

いつか日本をツアーするチャンスが来れば良いね!日本ツアーは本当にお金がかかるんだよ。だけど実現したら本当に素晴らしいだろうな。

BEN ROSETT

ETERNITY FOREVER Facebook Page
ETERNITY FOREVER Bandcamp
SPIRIT VISION RECORDS Facebook Page
STRAWBERRY GIRLS Facebook Page

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です