タグ別アーカイブ: Mongol

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NINE TREASURES : AWAKENING FROM DUKKHA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ASKHAN AVAGCHUUD OF NINE TREASURES !!

“I Start Practicing Since 2018, Because I Had Pretty Negative Life Before That. I Wanted To Pool Out Myself From Anxiety And I Found That Buddhism Is Very Suit For Me.”

DISC REVIEW “AWAKENING FROM DUKKHA”

「実際のところ、僕たちの曲のほとんどは、モンゴルの歴史や神話をテーマにしたものではないんだよね。古い神話にインスパイアされた曲もあるんだけど、ほとんどの曲は、僕の考えや頭の中にある何かを表現したいと思って書いたものなんだ」
大草原、砂漠、馬、そして匈奴やモンゴル帝国といった母国の自然と歴史、神話をテーマにメタルを侵略したモンゴルのハン、THE HU, TENGGER CAVALRY。一方で、同じく蒙古の血を引く内モンゴルのフォーク・メタルバンド、NINE TREASURES は伝統を次の時代へ導く九連宝燈です。
「僕は内モンゴルのとても小さな街で生まれたんだ。間違いなく、確実にメタルにとっても “砂漠地帯” のね。まあそれでも、かろうじてメタルの CD はお店で買えたんだよね。信じられないだろうけど。僕は、人間はみんな自分の愛する音楽に出会う運命があると信じているんだ。僕にとってその運命の出会いが HURD をはじめて聴いた時だったんだ」
中国の内モンゴル自治区、小さな草原の街で中学教師の息子として育った Askhan Avagchuud は、METALLICA よりも影響を受けたという HURD の音楽を聴いてメタルに目覚めます。HURD はモンゴルにメタルを伝導した偉大なバンド。そうして彼は首都フフホトの大学に通いながら、北京に移ってからは働きながらメタルの道を追求していきました。
「バンドで生活費を稼げるようになるまで、両方を同時に続けるのはとても大変だったよ。世界の他の地域と同じように、中国でもライブだけで生活できるメタルバンドは少ないし、ここではまだアンダーグラウンドな市場なんだ」
転機が訪れたのは2013年。ドイツの名高いメタル・フェス “Wacken Open Air” のバンドバトルで2位を獲得したのです。モンゴルの代名詞とも呼べるモリンホール、そしてウクライナ発祥ロシアの叙情バラライカ。2つの伝統楽器を優美に奏でながら、朴訥としたエピック・メタルを熱演する NINE TREASURES の情熱は、いつしか南は台湾から北はウランバートルまでツアーを行うほどにその人気を確固たるものにしていきました。自然を呼び覚ますメタルのダンスでありながら、TOOL の知性や IN FLAMES の哀愁、時に琴の音色までを盛り込みながら。
「ほとんどのモンゴルのフォークバンドがホーミーの技術を使っているから、逆に僕は自分の歌い方を守った方がいい。そうすれば、観客に違う選択肢を与えることができるからね」
インタビューから伝わるように、Askhan は他のモンゴル由来のバンドほど母国の文化や伝統を重要視はしていません。それでも、神話や歴史を時に引用する彼の重厚な唸りは、モンゴル語の自然なトリルと有機的に結合し、得も言えぬ中毒性、草原絵巻をリスナーへと届けていきます。
「仏教に改宗するまではかなりネガティブな人生を送っていたんだ。だから2018年から仏門の修行を始めたんだよ。不安から解放されたいと思っていたところで、仏教がとても自分に合っていることに気づいたからね」
“Awakening From Dukkha” “一切皆苦からの目覚め” と題された NINE TREASURES の新たな作品は、ネガティヴに生きてきた Askhan が仏教に改宗し新たな世界観でフィルターをかけた、バンド再生のリレコーディング・アルバムです。古代モンゴルの詩に登場する9つの要素をその名に掲げた歴戦の勇者は、達磨に学ぶことで不安や社会、批判といった苦しみから解放されて、真の自由を感じることができました。
つまり “Awakening from Dukkha” は、彼らがこれまで丹念に作り上げてきたメタルとモンゴル、ロシア、中国のフュージョンを、清らかに血の通った仏の門で蒸留した未来への意思表明なのでしょう。きっと、自ら命を絶った TENGGER CAVALRY, NATURE G. の魂を携えながら。
今回弊誌では、Askhan Avagchuud にインタビューを行うことができました。「最近僕は日本語を学んでいて、来年日本に行く予定なんだ。2年前に日本でマネージャーを見つけたので、うまくいけば彼が日本に連れてきてくれるだろうね。とても興奮しているよ」 どうぞ!!

NINE TREASURES “AWAKENING FROM DUKKHA” : 9.9/10

INTERVIEW WITH ASKHAN

Q1: First of all, could you tell us how you got into metal in Inner Mongolia, a place maybe where metal is not so popular?

【ASKHAN】: こんにちは. Thank you so much for interviewing me. I was born in very small town in Inner Mongolia, definitely a desert for metal music for sure. But we still can buy metal CDs in music store, can you believe it. I think everybody will have the fate to meet their favorite music, to me when I was first listen to the music of HURD, I just immediately sold out. I don’t even know what was a guitar back then.

Q1: まずは、内モンゴルという、おそらくメタルに馴染みのない場所でメタルにハマった経緯からお話ししていただけますか?

【ASKHAN】: こんにちは。まずはインタビューをありがとう。 僕は内モンゴルのとても小さな街で生まれたんだ。間違いなく、確実にメタルにとっても “砂漠地帯” のね。まあそれでも、かろうじてメタルの CD はお店で買えたんだよね。信じられないだろうけど。
僕は、人間はみんな自分の愛する音楽に出会う運命があると信じているんだ。僕にとってその運命の出会いが HURD をはじめて聴いた時だったんだ。すぐにのめり込んだね。当時僕はギターが何かさえ知らなかったのに。

Q2: The Hu has been a worldwide success, but it can’t be easy to start and run a metal band, can it? How do you feel about the metal scene in China and Inner Mongolia?

【ASKHAN】: They did a really great job, I’m so proud of them. For us it was really difficult, I was a roto artist(part of the film industry) in Beijing back in 2010, I started Nine Treasures while I’m working daily. I was really hard for me to keep them both at the same time until the band start to earn some money for my living. Not much metal bands can live only playing live shows in China just like the rest of the world, it still an underground market here.

Q2: THE HU が世界的な成功を収めたとはいえ、モンゴルや中国でメタルバンドを続けることは簡単ではないでしょうね?

【ASKHAN】: THE HU は本当に素晴らしい仕事をしてくれたよね。とても誇りに思うよ。僕たちにとって活動の継続はとても難しいことだったよ。僕は2010年に北京でロートアーティスト(映画産業の一部)をしていたんだけど、毎日仕事をしながら NINE TREASURES を始めたんだ。
バンドで生活費を稼げるようになるまで、両方を同時に続けるのはとても大変だったよ。世界の他の地域と同じように、中国でもライブだけで生活できるメタルバンドは少ないし、ここではまだアンダーグラウンドな市場なんだ。

Q3: It seems your band name refers to the nine elements extolled in ancient Mongolian poetry, right? What is it all about?

【ASKHAN】: It is about favoring luck and greatness.

Q3: NINE TREASURES とはモンゴルの古い伝承、9つのエレメントに由来するそうですね?

【ASKHAN】: そうだね、幸運と偉大さについての伝承だね。

Q4: Nine Treasures’s signature sound is colored by plucked melodies on the Russian balalaika and bowed accompaniment on the Mongolian morrn khuur, or horse head fiddle. You know, that’s really interesting! Why did you decide to bring both Russian and Mongolian blood into the metal?

【ASKHAN】: The MorinKhuur is kind of a represents of our culture. Everyone knows this one here. The Balalaika is of course a Russian one, the reason we using is because I found it in my aunts house 10 years ago just right before the NT start. And one of our friend is wanted to join in the band, but we already full. But he saw my Balalaika and he said this one is sounding really good you should add it in your band and I can play it for you. Then Nine Treasures pretty much had all the elements at that time.

Q4: 興味深いことに、NINE TREASURES の音楽は、モリンホールのようなモンゴルの伝統楽器を使用したモンゴルのメロディーに加えて、ロシア(ウクライナ発祥)のバラライカにも彩られていますね?

【ASKHAN】: モリンホールは、僕たちの文化の代表のようなものだよ。ここでは誰もが知っているものだからね。バラライカはもちろんロシアのものだ。なぜこれを使っているかというと、10年前、NINE TREASURES が始まる直前に叔母の家で見つけたからなんだ。そんなとき、友人の一人がバンドに参加したいと言っていたんだけど、僕のバンドはすでに満員でね。でも彼は僕のバラライカを見て、これはとてもいい音がするから君のバンドに加えるべきだ、僕が演奏してあげようと言ったんだ。そうして、NINE TREASURES には全ての要素が揃うことになったのさ。

Q5: I was probably the last person to interview Nature.G from Tengger Cavalry and he said “Our music is all about Shaman, nature. horse and warrior spirit.”. How do you feel about his way of thinking and his death?

【ASKHAN】: Until now I still don’t know how to face with his death, it’s so unfortunate. He was a really great guy, a guy that have fully passion for Tengger Cavalry and his music. He could’ve done more great things in his life. But you know, things are not like what we expected at always.

Q5: おそらく、私はTENGGER CAVALRY の Nature G. にインタビューを行った最後の人間です。彼は「僕たちの音楽はシャーマン、自然、馬、そして戦士の魂で構成されている」と語ってくれましたよ。

【ASKHAN】: 今になっても、彼の死をどう受け止めればいいのかわからないんだ。とても残念だよ。彼は本当に素晴らしい人物で、TENGGER CAVALRY と彼自身の音楽に完全な情熱を持っていたんだ。
彼はその人生でもっともっと素晴らしいことができたはずなんだ。だけど、物事は常に僕たちが望むようにはならないからね…

Q6: “Awakening from Dukkha” seems to be a re-recording of a song from before your conversion to Buddhism? Can you tell us why you turned to Buddhism and what has changed since then?

【ASKHAN】: I start practicing since 2018, because I had pretty negative life before that. I wanted to pool out myself from anxiety and I found that Buddhism is very suit for me. My grandma often take me to the lama temple and do prays when I was a child. But I don’t know what was that all about back then. Maybe because of that fate I had the opportunity to practice it. After 3 years of practicing I’m feeling free now, free from anxiety, society, criticism and more. Of curse it means I’m a happier person right now.

Q6: “Awakening From Dukkha” はあなたが仏教に改宗する前の楽曲を、再度レコーディングした作品のようですね?なぜ仏教へと改宗し、その教えがどのようにあなたの人生を変えたのでしょう?

【ASKHAN】: 本当に、仏教に改宗するまではかなりネガティブな人生を送っていたんだ。だから2018年から仏門の修行を始めたんだよ。不安から解放されたいと思っていたところで、仏教がとても自分に合っていることに気づいたからね。
子供の頃、おばあちゃんに連れられてよくラマ寺に行き、お祈りをしていたんだ。だけど、当時の僕にはそれが何なののかわからなかったんだよね。そんな縁もあってか、僕は仏教を実践する機会に恵まれたんだ。3年間の実践を経て、僕は今、不安や社会、批判などから解放され、自由を感じている。もちろんそれは、今の僕がより幸せな人間であることを意味しているんだよ。

Q7: Your lyrics mine Mongolian myth and history with Mongolian language. Are these themes sometimes connected to contemporary social issues of our time?

【ASKHAN】: Actually most of our songs are not about Mongolian history or myth, we have some songs inspired of old myths. But the most of the songs are my thoughts on things and something in my head that I want to express. Like the song called <Don’t Want to Dance>, I just remember when I was in primary school being forced to learn some stupid dance for the anniversary of the school show. I really hated that dance because we need to practice it after class, normally I will spent that time to watch some nice Japanese cartoon on tv. I don’t like to write some serious topics on lyrics, because it’s gonna hurt my brain, and I’m not a historian, haha.

Q7: あなたの歌詞は、モンゴルの神話や歴史をモンゴル語で綴ったものだと聞きましたが、時に現代社会と繋がる部分もあるのでしょうか?

【ASKHAN】: 実際のところ、僕たちの曲のほとんどは、モンゴルの歴史や神話をテーマにしたものではないんだよね。古い神話にインスパイアされた曲もあるんだけど、ほとんどの曲は、僕の考えや頭の中にある何かを表現したいと思って書いたものなんだ。
例えば、”Don’t Want to Dance” という曲は、小学生の頃、学校のショーの記念日のために、くだらないダンスを覚えさせられたことを思い出したとかね。僕はそのダンスが本当に嫌いだったんだ。というのも、授業の後にそのダンスを練習しなければならないのだけど、普段はその時間をテレビで素敵な日本のアニメを見るために使っていたからね。
僕は歌詞に深刻なテーマを書くのは好きではないんだよ。頭が痛くなるし、僕は歴史家ではないからね。

Q8: When I had an interview with The Hu about Throat-singing, they told us “It’s who we are, it’s what we know, it’s where we come from. It comes from an honest human place that we are proud of and comfortable with.” What does throat singing mean to you?

【ASKHAN】: To be honest I can’t do throat singing at all, some of our members does. I tried to learn it, but I’m a really lazy guy that don’t want to practice it every day. Almost every Mongolian folk bands using this technic, so I better keep my own way of singing. Cause it will give the audience some different choice.

Q8: 以前、THE HU にインタビューを行った時、彼らは「ホーミーこそが自分たちの存在証明だ」といった内容を話してくれました。

【ASKHAN】: 正直なところ、僕はホーミーを全く歌うことができないんだよ。メンバーの中にはホーミーを歌う人もいるけどね。僕もホーミーをを学ぼうとしたんだけど、本当に怠け者で、毎日練習したくなかったんだよね。
ほとんどのモンゴルのフォークバンドがこの技術を使っているから、逆に僕は自分の歌い方を守った方がいい。そうすれば、観客に違う選択肢を与えることができるからね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ASKHAN’S LIFE

HURD “ODOR SHONO”

METALLICA “MASTER OF PUPPETS”

IN FLAMES “CLAYMAN”

KILLSWITCH ENGAGE “AS DAYLIGHT DIES”

ALL TOOL ALBUMS

MESSAGE FOR JAPAN

It’s a really great opportunity to have connection with Japanese metal fans, we have some really good news for you. I’m learning Japanese lately and planing to go to Japan next year. We found a manager in Japan two years ago, he will bring us there if everything works well. I’m so excited for this~

日本のメタルファンとつながりを持てるのは本当に素晴らしいことだね。本当に良いニュースがあって、最近僕は日本語を学んでいて、来年日本に行く予定なんだ。2年前に日本でマネージャーを見つけたので、うまくいけば彼が日本に連れてきてくれるだろうね。とても興奮しているよ。

ASKHAN

NINE TREASURES Facebook
NINE TREASURES Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE HU : THE GEREG】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH THE HU !!

“Our Message To The World Via Our Music Is Reminding The Importance Of Showing Gratitude To Your Parents, Loving Your Homeland, Protecting The Nature, Loving And Respecting Women, Respecting Your Country History And a’ncestors, And Finally Giving Individuals An Inner Power And Belief For Their Future.”

DISC REVIEW “THE GEREG”

「僕たちの音楽を通して送る世界へのメッセージ。それは両親への感謝、生まれ育った地を愛する心、自然の保護、女性への愛と敬意、母国の歴史や祖先への愛などの重要性を思い起こさせることなんだよ。そうして最終的には、リスナーそれぞれの内なる力を目覚めさせ、未来を信じられるようにしたいんだ。」
モンゴルの大草原に示現したロックの蒼き狼は、遊牧民のプライドと自然に根差す深い愛情、そして西洋文明に挑む冒険心全てを併合する誇り高き現代のハーンです。
80年代後半から90年代にかけて、ソヴィエト連邦の崩壊と共にそのサテライトであったモンゴルにも、西側からの影響が津波のように押し寄せました。そうしてモンゴルの音楽家たちは、伝統を保護しつつ否応無しに新たな波への適応を迫られたのです。
エスニックなプライドと冒険のダンス。社会的、政治的、そしてもちろん音楽的にもモンゴリアンミュージックはその両極を自らの舞踏に組み込み進化を続けて来ました。それは西欧音楽のコピペではなく、ルーツを大樹に影響の枝葉を伸ばすアジアの審美。
「”Hu” という言葉をバンド名に選んだのは、それが包括的には自然を意味するからなんだ。誰も除外することなく、世界中全ての “人間” に僕たちの音楽をシェアしたかったからね。」
まるで英雄チンギスハーンのように、登場から僅かな時間で西洋を飲み込んだ THE HU は間違いなく現代モンゴル音楽の最高傑作と言えるでしょう。
東洋と西洋、伝統と革新の過激なコントラストが世界を惹きつけたのは確かです。一つ “Yuve Yuve Yu” (“What’s Going On?)” のMV は象徴的でしょう。「偉大なモンゴルの祖先の名を抱きながら、長い間無意味に暴飲暴食を貪るだけ。裏切り者よ、跪け!」現代文明とモンゴルの大自然は皮肉と共に相対し、モンゴルの伝統楽器や彼ら自身は意図的にロックの煌びやかなイメージに彩られています。もちろん、かつてのモンゴル帝国がアジアとヨーロッパの大半を支配下に置いていたのはご存知の通り。
そう、THE HU は西洋に端を発するロック/メタルのフォーマットにありながら、ドラムス以外のクラッシックなロックインストゥルメントを極力廃しています。
官能的な西洋のアピアランスを与えられたモリンホールやトップシュールは、ギターの嗎をアグレッシブに、フォーキーに、美麗にモンゴルの流儀で世界に響かせ、さらに伝統的な喉歌ホーミーはハーモニーの恩恵を与えながらメタルのグロウルを代弁してアジアの歴史、底力を伝えるのです。そうして生まれるは異国情緒のダイナミズム。
「ホーミーとは、僕たちが誰なのか、僕たちが何を知っているのか、僕たちがどこから来たのか指し示すものさ。ホーミーは “正直な人間の地” から来ていて、それこそが僕たちにとって心地よく誇れるものなんだ。」
THE HU が提示する “Hunnu Rock” “匈奴ロック” の中で主役にも思えるホーミーは、もしかすると西洋文明に潜む欺瞞や差別を暴く “正直な” メッセージなのかも知れませんね。なぜなら彼らは、”誰も除くことなく世界中全ての人間に” 自らの音楽、モンゴルの魂を届けたいのですから。
デビューアルバムのタイトル “The Gereg” とは、モンゴル帝国のパスポートを意味しています。多くのモンゴル人にとって、ロマンチックに美化された騎馬の遊牧民や自由を謳歌するモンゴル帝国のヒーローは西洋のストーリーテラーによって描かれた征服者のフィクションなのかも知れません。
しかし、ステレオタイプなメタルファンを惹きつけるそのイメージを入り口に、THE HU は “The Gereg” をパスポートとして、モンゴル本来のスピリチュアルで愛と敬意に満ちた美しき文化、景色、音の葉を少しづつでも伝えていきたいと願っているのです。
今回弊誌では THE HU にインタビューを行うことが出来ました。「祖先から受け継がれるホーミーを僕たちは真にリスペクトしていて、このテクニックをマスターする時は光栄な気持ちになるんだよ。」一人ではなく、メンバー全員からの回答と表記して欲しいとのこと。YouTube 動画再生数は3000万を軽くオーバーするモンスター。どうぞ!!

THE HU “THE GEREG” : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE HU : THE GEREG】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TENGGER CAVALRY : NORTHERN MEMORY, VOL.1】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NATURE G. OF TENGGER CAVALRY !!

“The Whole World Know About The Mongol Invasion To Asia. But They Don’t Know That Long Before Mongolia, Countless Nomads Has Been Doing That, Meaning Invading And Immigrating To Northern China for Centuries. We Would Like To Bring Some Light To This Forgotten History To People.”

DISC REVIEW “NORTHERN MEMORY, VOL.1”

2017年の12月。遊牧民のメタルを世界に誇示する TENGGER CAVALRY の “ハン” Nature G. は、ニューヨークにそびえ立つ摩天楼の屋上に佇んでいました。
「実は元所属していたレーベルから法的な脅しのメールを受け取っていたんだ。まるで独裁者のような態度で、僕たちの10枚のアルバムの権利全てを彼らのものにしようとしてね。クソッタレさ。」
酒に酔い、惨めな気持ちでスマートフォンを眺めていた Nature G. は、自然に溢れ慣れ親しんだ内モンゴルから、現代的で雑然としたニューヨークへと居を移した憂鬱、そしてレーベルの過度な要求によるストレスが重なり自殺を試みようとしたのです。
現れた警官たちは、真摯に彼を心配していました。少しだけ救われたような気持ちで自殺を思い直した Nature G. は、そうして SNS に事の顛末をポストしたのです。
その投稿は大きな反響を呼びました。何より、Nature G. 宛に送られた300通を超えるメッセージは、その全てが同様に自殺を考えたり試みた経験のある友人やファンからだったのですから。
当時のインタビューで Nature G. は大きなショックを受けたことを明かしています。「みんな表面上は口にしないんだよ。完璧な人間であるかのように振舞ってね。だけど実際は、誰もが苦しんでいる。」
変化の必要性を痛感した Nature G. は決断を下します。現所属の老舗レーベル Napalm Records の助力とアドバイスを得て、問題を引きずっていたバンドを一旦解散すると、彼はオースティンへと旅立ちます。オースティンの優しいムードは Nature G. を惹き付け、風薫る草原は故郷モンゴルを思い起こさせました。そうして彼は里帰りの旅を決意するのです。
故郷で出会った力強い馬と人との営みは、Nature G. が TENGGER CAVALRY を結成した原点を見つめ直し、創造性の復活に大きな役割を果たしました。
「結局、馬を中心とした文化にインスパイアされているんだ。それがルーツなんだよ。動物と自然を愛する人達のための音楽さ。それが僕が音楽を書いている理由なんだからね。」
故に復活を遂げた TENGGER CAVALRY にとって、モンゴルへの報恩は当然、最優先事項となりました。実際、Nature G. はヴァイキングメタルの英雄たちが、祖国の遺産を誇りを持ってメタルと融合させていることにインスピレーションを受け、そのメンタリティーに賛辞を惜しみません。
「全世界が、モンゴル帝国のアジアへの侵攻を知っているよね。だけど、それ以前のモンゴルについてはよく知られていない訳だよ。無数の遊牧民族が何世紀にも渡って跋扈し、侵略し、中国北部に移住していったんだ。だから僕たちは、この忘れられた歴史に光を当て、みんなに知ってもらいたかったんだよ。」 そうして届けられた最新作 “Northern Memory, Vol.1” は、誇り高き遊牧民のレガシーを現代へと伝える高潔な絵巻物。
モンゴル帝国かつての栄華を誇示するように、繰り広げられるエピックはバンドのトレードマークであるモンゴル、中国の伝統音楽のみならず、中央アジアのフォークミュージックまでをも抱きしめています。
“砂漠のサウンド” と Nature G. が語るように、これまでのフォーキーなメロデスサウンドにマシナリーで無慈悲なイメージを加えた新生 TENGGER CAVALRY のサウンドスケープは、まさしく、広大なアジアが湛える荒涼と哀愁の一面まで素晴らしくカバーしているのです。
それは RAMMSTEIN の復活にも呼応する、伝統音楽とメタル、アジアと欧米、優雅と獰猛、自然と科学技術、古と現代、そして人の心、魂を巡る旅。時おり耳を捉える、ホーミーの響きも胸を抉ります。
今回弊誌では、Nature G. にインタビューを行うことが出来ました。「僕たちはいつも、ヘヴィーメタルと僕たちの文化を融合させたいと思っていたんだ。北京と内モンゴルは深く成熟した文化と遊牧民の歴史をシェアしているからね。」 どうぞ!!

TENGGER CAVALRY “NORTHERN MEMORY, VOL.1” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TENGGER CAVALRY : NORTHERN MEMORY, VOL.1】