NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DIAMOND HEAD : THE COFFIN TRAIN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BRIAN TATLER OF DIAMOND HEAD !!

“Once I Had Heard Some Of The Other NWOBHM I Usually Thought We Were Better. We Compared Ourselves To The Biggest Rock Bands In The World Not Just To The Bands In This New Movement. Even Now I Try To Write a ‘Great’ Song.”

DISC REVIEW “THE COFFIN TRAIN”

「今でも俺は “偉大な” 楽曲を書こうとしている。過去の焼き直しを行わず、ダイナミズムをアレンジに持ち込もうとしているんだ。」
来年、自主制作のデビューアルバム “Lightning to the Nations” リリース40周年を迎える NWOBHM レジェンド DIAMOND HEAD は、ほぼ半世紀の活動を経てもその創造性、野心、チャレンジングスピリットに陰りを見せず進化を続ける稀有なるバンドです。
70年代後半、世界を支配していたパンク/ニューウェーブへのカウンターとして勃興した NWOBHM。しかし、”オールドウェーブ” として追いやられていたハードロック/メタルの圧倒的な逆襲には、振り返ると “典型的” なメタルサウンドを掲げるバンドは少なく、重金属のユニークなおもちゃ箱の様相を呈していたようにも思えます。
IRON MAIDEN のプログレッシブな感性、DEF LEPPARD のメジャーなセンス、ANGEL WITCH, WITCHFINDER GENERAL のドゥームな息吹、そしてエクストリームミュージックの雛形となった偉大なる VENOM。ムーブメントに兆したメルティングポットの理念は、今日のモダンメタルの地平まで受け継がれています。
あの Steve Harris をして “Next Zeppelin” と言わしめた DIAMOND HEAD の才能は、新たな波においても抜群の光芒と独自性を放っていました。Lars Ulrich も認める “スラッシュのオリジネーター” Brian Tatler が生み出すヘヴィーなリフの数々は 「俺自身はプログバンドの大ファンだった」 と語る通り BUDGIE のごとく見事に屈折し、Sean Harris のオジーが ZEP をソウルフルに歌ったような不思議な歌唱と不思議にマッチすることで、メタル本来のミステリアスでダークなカタルシスを創生していたのです。
ブームの終焉と共に消えてしまったバンドは、METALLICA によるクールなカバーと Dave Mustaine の助力により復活を遂げます。オリジナルメンバーは Brian のみとなってしまいましたが、ポジティブに新たな血を取り入れ最高傑作とも言える “The Coffin Train” を2019年に完成へと導きました。
バンドのトレードマークであるエキサイティングな暴走特急 “Belly of the Beast” で発車する “柩列車” はしかしタイトルトラック “The Coffin Train” でその色を変えます。
「Ras のおかげで DIAMOND HEAD は新たな地平を拡大して、よりモダンなサウンドを得ることができたんだ。この作品は、言ってみれば21世紀のための DIAMOND HEAD さ。」
そう、Brian が語るようにこれは21世紀の NWOBHM そのものです。デンマークに生まれロンドンを拠点とする加入2作目のシンガー Rasmus Bom Andersen の類稀なる才能と Brian のプログレッシブな理想はここで奇想天外に噛み合いました。
ダークでムーディー、そして重くプログレッシブな曲調は、Ras の Chris Cornell を想起させる卓越した歌唱を導き絶大なるエモーションを創出します。実際、Ras が披露するレンジの広さと豊かな声量、込められた感情の素晴らしさ、さらにコンポーザー&プロデューサーとしての高い技量は Chris の正当後継者として完璧な資質を備えていますね。
「俺はこういった、70年代のクラッシックロックにインスピレーションを得たエピックを愛しているし、DIAMOND HEAD がデビュー以来やり続けてきたことでもあるね。俺は “Kashmir”, “Child in Time”, “Victim of Changes”, “Xanadu”, “Watcher of the Skies” といったエピックを聴いて育ったんだから。」
事実、”The Coffin Train” はエピックの宝庫です。オーケストレーションを施した “The Sleeper”、”Until We Burn” のフックに満ちた英国のドラマ性、叙情性は筆舌に尽し難く、その陰影のダンスは Brian が楽曲に最も求めるダイナミズムを濃密に映し出しているのです。
さらに、オリエンタルな “Shade of Black”, グランジーな “Serrated Love” では、オルタナティブやインディーまで新鋭のサウンドもしっかり受け止める Brian の包容力と、瑞々しい感性で SOUNDGARDEN, Chris を愛する Ras のモダンな感覚が完璧に融合し、NWOBHM のユニークな精神を現代へと昇華することに成功しています。
偉大なバンドの偉大なレコード。今回弊誌では、伝説 Brian Tatler にインタビューを行うことが出来ました。「NWOBHM は DIAMOND HEAD にとって便利なムーブメントだった。当時他の NWOBHM バンドを聴くと、俺は大抵俺らの方が良いなと思っていた。と言うよりも、あの新たなムーブメントの中にいるバンドより、世界でもビッグなバンドと比肩していると考えていたんだよな。」 どうぞ!!

DIAMOND HEAD “THE COFFIN TRAIN” : 10/10

INTERVIEW WITH BRIAN TATLER

Q1: First of all, “The Coffin Train” is definitely a masterpiece in your works! I can’t believe you made your best record in 2019! How do you feel now?

【BRIAN】: Thank you for saying that. It is unusual to have a forty-year career and still be making good, original music, I did not think that was possible. I am very happy that fans and journalists alike have taken to this new album. It’s always a bit nerve wracking to release an album and to see if anyone will like it.
I still do what I have always done which is to write guitar riffs and work on arrangements. Now I have a singer who can sing on anything I throw at him. I sometimes keep a riff for years until the right song and vocal line comes along, this has been the case with a couple of songs on The Coffin Train. Ras has made a huge difference to the line-up. He is not only a great singer and writer he has also produced the record and mixed it.

Q1: 長いキャリアを持ちながら、2019年に最高傑作とも言える “The Coffin Train” を完成させたバンドのエナジーは素晴らしいですね!まず、今のお気持ちから聞かせてください。

【BRIAN】: ありがとう。確かに40年のキャリアを持ちながら、今でもオリジナルで良い音楽を作っているのは稀なケースかもしれないね。そんなことが可能だなんて自分でも思ってもいなかったよ。だからファンやジャーナリストがこの新作を気に入ってくれてとても嬉しいね。いつだってアルバムをリリースして、みんなの反応を見る時は少しナーバスになるからね。
今でも俺はこれまでと同じようにギターリフを書き、アレンジメントを行なっているだけさ。ただ違いと言えば、俺が投じるマテリアルなら何でも歌えるシンガーを得たことだろうな。俺は時に、正しい楽曲、ボーカルラインが浮かぶまでリフを何年もキープすることがあるんだ。”The Coffin Train” にはそういった眠っていたリフも使用されているんだよ。
ボーカルの Rus はラインナップに劇的な変化を加えてくれた。彼は偉大なシンガー、ソングライターであるだけでく、レコードをプロデュースしミキシングも行ったからね。

Q2: So, after the self-titled “Diamond Head”, what made you choose “The Coffin Train” for the title of your new record?

【BRIAN】: The Coffin Train song and album title came from Ras. He had a dream/nightmare about a train coming towards him and all the carriages were shaped like coffins. When it came time to select a title for the album so that we could begin the artwork, this was easily the strongest image. We made some sketches and took some images from the internet and sent them to a UK artist. He made a first draft which was ok but then Dave Mustaine recommended Travis Smith from California. We sent him all our ideas and he came up with a brilliant front cover and a lot of great images that we were able to use throughout the CD booklet. I think it’s the best album cover Diamond Head have ever had, definitely the best since Borrowed Time back in 1982.

Q2: 2016年にセルフタイトルのアルバムをリリースした後、今回 “The Coffin Train” をタイトルに選んだのはなぜですか?

【BRIAN】: “The Coffin Train” という楽曲とアルバムのタイトルは Ras が思いついたんだ。彼は列車が迫ってくる悪夢を見たんだけど、その悪夢では全ての貨物車が棺の形をしていたんだよ。だからそのイメージを元にしてアートワークの制作を始めたのさ。強烈なイメージだったから想像するのは容易かったね。
いくつかスケッチを書いたり、ネットで画像を見つけたりして、UK のアーティストに送ったよ。そうして彼は最初の案を送り返してくれて良い出来だったんだけど、そんな時 Dave Mustaine がカリフォルニアのアーティスト Travis Smith を推薦してくれたんだ。
だから俺らは Travis にアイデアを全て送ったよ。彼は素晴らしいフロントカバーを思いついて、他にもブックレットに使用出来るイメージを沢山送ってくれたのさ。
俺は DIAMOND HEAD 史上最高のアートワークだと思うね。うん、1982年の “Borrowed Time” 以来間違いなくベストなアートワークだ。

Q3: The title track, “The Coffin Train” is one of the best metal song in 21st century for me! It’s really emotional and dramatic. Of course, Diamond Head have not always created “straight metal songs”, but it seems “The Coffin Train” is new challenge for the band. Do you agree with that?

【BRIAN】: Thank you for saying that. It’s my favourite song on the album, I love its dynamics and it’s a great vocal from Ras. I had not thought of it as a new challenge, but I try to not repeat myself and that song feels a little different to anything off our previous albums. It’s an idea I have had for awhile, but I had to re-write it again for it to reveal its potential. I also added the dropped C# chorus which was new to the song. All the end section was created during a writing session at Ras’s home studio in London. We have not played it live yet, but we are hoping to once we start doing our own shows rather than supports slots or festivals.

Q3: そのタイトルトラック “The Coffin Train” は私にとって21世紀ベストメタルソングの一つです!実にダークでエモーショナル、かつドラマティックですね。
もちろん、DIAMOND HEAD はいつも “ストレートな” メタルを創造してきたわけではありませんが、バンドにとって新たな領域を開拓したように思えます。

【BRIAN】: ありがとう。実は俺にとってもアルバムで1番好きな曲なんだ。この曲が持つダイナミズムを愛しているし、もちろん Ras の偉大なボーカルもだ。
俺はこの曲を新たなチャレンジだとは思っていないんだけど、ただ過去の自分を繰り返したくはないと思っている。だからこの楽曲が以前の作品とは少し違って聴こえるんじゃないかな。
この曲のアイデアはしばらく前からあったんだ。けどそのポテンシャルが露わになると再度書き直す必要があったね。それに新たにドロップ C# のコーラスも加えたんだ。最後のセクションは全て、ロンドンにある Ras のホームスタジオでライティングセッション中に書き上げたよ。
この曲はまだライブでプレイしていないんだけど、サポートやフェスじゃなくヘッドライナーのツアーでお披露目したいね。

Q4: The symphonic arrangement on “The Sleeper” is also incredible! Compared with the more aggressive “Belly of the Beast”, you could not write epic songs like “The Sleeper”, “The Coffin Train”, “Until We Burn” without Rasmus’s wide range of vocal, right?

【BRIAN】: That’s right, Ras allows Diamond Head to expand to new places and sound more modern. It’s like Diamond Head for the 21st century. The orchestration on The Sleeper and Until We Burn was composed by Ras, he did it all at home with a keyboard and orchestral samples, but it sounds very real. He is a talented guy. I have always loved epic songs and it’s something Diamond Head have always done since our debut album, taking my inspiration from the classic 70s bands. I grew up listening to songs like Kashmir, Child in Time, Victim of Changes, Xanadu and Watcher of the Skies. All the songs start life the way they always have in Diamond Head which is: I come up with a riff and it grows from there. I still have cassettes of Diamond Head from when we started in 1976. Occasionally I will go through my riff tapes and re-work an old riff, there are a couple of old riffs on The Coffin Train but mainly its new material that began life in 2016. I have a ProTools LE rig and I will make demos at home before passing them onto Ras.

Q4: “The Sleeper” のシンフォニックなアレンジも素晴らしいですね!
例えば、アグレッシブな “Belly of the Beast” と比較して “The Sleeper”, “The Coffin Train”, “Until We Burn” といった楽曲は、先程お話しにも出ましたが、Ras のワイドなボーカルなしでは完成し得なかったのではないですか?

【BRIAN】: その通りだよ。Ras のおかげで DIAMOND HEAD は新たな地平を拡大して、よりモダンなサウンドを得ることができたんだ。この作品は、言ってみれば21世紀のための DIAMOND HEAD さ。”The Sleeper”, “Until We Burn” のオーケストレーションは Ras が持ち込んだものだよ。彼はキーボードとオーケストラのサンプルを使用し、自宅のスタジオでこのアレンジ全てを、完成させたんだ。サンプルだけど実にリアルだよね。本当に才能のある男さ。
俺はこういった、70年代のクラッシックロックにインスピレーションを得たエピックを愛しているし、DIAMOND HEAD がデビュー以来やり続けてきたことでもあるね。俺は “Kashmir”, “Child in Time”, “Victim of Changes”, “Xanadu”, “Watcher of the Skies” といったエピックを聴いて育ったんだから。
そういった全ての楽曲はまさに DIAMOND HEAD の流儀で生命を得るよ。まず俺がリフを思いついてそこから育っていくんだ。
俺は今でも、1976年にバンドを始めて以来録り貯めてきたカセットテープを持っていてね。だから、時にはそのリフテープを聴いて昔のリフを再構築することもあるよ。アルバムにもそういった古いマテリアルは確かに入っている。だけどメインは2016年から生命を得始めた新たなマテリアルだよ。ProTools LE のリグを持っているから、自宅でデモを作って Ras に渡すんだ。

Q5: “Serrated Love” reminds me Soundgarden like dark, grange sound. Are you sometimes influenced by bands coming out behind you?

【BRIAN】: Ras is a huge fan of not just Soundgarden but Chris Cornell as a singer, writer and artist. The song Shades Of Black is a homage to Chris, Ras was devastated when he died in 2017 and wrote that lyric as a way of grieving. I have been a fan since I heard Badmotorfinger, it’s a great album with some killer songs on it. I went to see Soundgarden when they played in Birmingham around 1991/92. I do like ‘new’ ish bands in the 90s I liked The Wildhearts, R.A.T.M, Nirvana, Radiohead and Jeff Buckley. In the 00s I got into Muse, Biffy Clyro, System of a Down and The White Stripes and recently I have been listening to Monster Truck, The Amazons, Raven Eye and Scorpion Child. I am still mainly a 1970s guy, I think that decade was the best for music in my opinion, I was a teenager in the 70s and it had a huge impact on my adolescent life, it was a very inspiring time, with so many great rock bands around.

Q5: “Serrated Love” は SOUNDGARDEN を想起させるダークでグランジーな楽曲です。そういったあなたより若い世代のアーティストから影響を受けることはありますか?

【BRIAN】: Ras は SOUNDGARDEN の大ファンで、シンガー、ライター、アーティストとして Chris Cornell を大いにリスペクトしているんだ。”Shades Of Black” は Chris へのオマージュなんだよ。Ras は2017年に Chris が亡くなって打撃を受け、この歌詞を葬いとして書いたんだ。俺も “Badmotorfinger” を聴いて彼らのファンになったね。いくつかキラーソングが収録された偉大な作品だったね。
俺は1991か92年にバーミンガムでプレイする SOUNDGARDEN を見にいったんだ。うん、そういった “新しい” 90年代のバンドも気に入っているよ。THE WILDHEARTS, RAGE AGAINST THE MACHINE, NIRVANA, RADIOHEAD, Jeff Buckley とかね。00年代に入ると、俺は MUSE, BIFFY CLYRO, SYSTEM OF A DOWN, THE WHITE STRIPES といったバンドにのめり込んだね。最近良く聴いているのは、MONSTER TRUCK, THE AMAZONS, RAVEN EYE, SCORPION CHILD だね。
まあそうは言っても、今でも基本的に俺は70年代の男だよ。あの10年は音楽にとって最良の時だったと思っているんだ。当時俺は10代で、青年期に巨大なインパクトを受けたんだよ。偉大なロックバンドがひしめいた、とてもインスパイアされた時代だったね。

Q6: Of course, you are one of the “NWOBHM” legend. But compared with other bands, it seems you are more progressive, more challenging, more evolving. What’s your driving force in your musical endeavour?

【BRIAN】: NWOBHM was a convenient movement for Diamond Head, we had grown up listening to all the Rock and Prog Rock bands of the 70s everything from Gentle Giant to Motorhead, I was a big fan of Prog bands but also liked Punk when that happened in 1977. I felt we had to give something back to the style of music that we loved, so we aimed very high and wanted to be ‘The Next Led Zeppelin’. This was never going to happen, but it showed the scale of ambition and self-belief within the group. Once I had heard some of the other NWOBHM I usually thought we were better. We compared ourselves to the biggest rock bands in the world not just to the bands in this new movement. Even now I try to write a ‘great’ song. I try not to repeat myself and I always try to bring dynamics into the arrangements. To me Zeppelin were the masters of dynamics and are never likely to be beaten.

Q6: もちろん DIAMOND HEAD は NWOBHM レジェンドの一つですが、他の NWOBHM バンドと比較して、あなたたちは今でもよりプログレッシブで、挑戦的で、進化を続けているように感じます。

【BRIAN】: NWOBHM は DIAMOND HEAD にとって便利なムーブメントだったね。俺らは70年代全てのロック、プログバンドを聴いて育ったんだ。それこそ、GENTLE GIANT から MOTORHEAD まで全てをね。俺自身はプログバンドの大ファンだったけど、77年に始まったパンクだって聴いていたんだ。
だから俺はこのバンドはそういった愛するバンドのスタイルを還元しなければならないと考えていたね。志は高かったし、言ってみれば “Next Led Zeppelin” を目指していたのさ。結局そうはならなかったけど、その表現から当時の DIAMOND HEAD の野心や自身が垣間見えると思う。
当時他の NWOBHM バンドを聴くと、俺は大抵俺らの方が良いなと思っていた。と言うよりも、あの新たなムーブメントの中にいるバンドより、世界でもビッグなバンドと比肩していると考えていたんだよな。
今でも俺は “偉大な” 楽曲を書こうとしている。過去の焼き直しを行わず、ダイナミズムをアレンジに持ち込もうとしているんだ。俺は LED ZEPPELIN こそがダイナミズムのマスターだと思っているし、彼らを打ち負かすことは不可能だね。

Q7: Regarding “NWOBHM”, maybe Iron Maiden, Judas Priest, Saxon, and Def Leppard have got big success after the movement. Have you ever felt envious of them?

【BRIAN】: Not at all, they all worked VERY hard for their success. It’s a shame that Diamond Head didn’t have professional management, but I also don’t think the four of us were driven enough. We would rehearse one, maybe two days a week, some bands would rehearse 5 or even 6 days a week. When the going got tough Diamond Head split up.What we should have done is ride out the bad times and keep going. Nowadays we are good problem solvers and we make things happen. We are careful planers and leave few things to chance. We should also have toured the US in the 80s and 90s, Diamond Head never set foot in the US until 2002 and that was a mistake.

Q7: NWOBHM といえば、ムーブメントを経由した IRON MAIDEN, DEF LEPPARD, JUDAS PRIEST, SAXON といったバンドは後に大きな成功を収めましたね。彼らに対して、羨ましく思うことはありましたか?

【BRIAN】: 全くなかったよ。彼らはその成功のために “とてつもない” 努力を重ねていたからね。残念ながら DIAMOND HEAD はプロフェッショナルなマネージメントを持っていなかったけど、それでも俺はバンドの4人が充分に努力したとは思っていないんだ。
俺らは当時、週に1日か2日リハーサルを行っていた。だけど週に5日、6日リハーサルを行うバンドもいたからね。それでタフな状況になって解散してしまった。俺らが本当にやるべきだったのは、悪い時期を乗り越え、バンドを続けることだったのにね。
今の俺らは問題の良い解決者で注意深き計画者だよ。そうそう、80年代、90年代にアメリカをツアーしておくべきだったよね。2002年まで DIAMOND HEAD はアメリカに足を踏み入れていなかったんだから。あれは間違いだったよ。

Q8: Perhaps, Metallica changed the band’s destiny. What’s your perspective about their cover version and their respect to Diamond Head?

【BRIAN】: I only ever see this as a positive. 1, Metallica are a great band and they recorded really good versions of my songs. 2, Because they have become the biggest metal band of all time they have helped spread the word about Diamond Head to all corners of the globe. They have namechecked Diamond Head in hundreds of interviews for thirty years and performed Am I Evil? Over 750 times live all around the world. They were promoting Diamond Head in the US long before the band ever set foot there. I feel very flattered that they chose to cover four Diamond Head songs on a variety of albums, singles and DVDs.

Q8: アメリカと言えば、METALLICA は DIAMOND HEAD の運命を変えたバンドと言えるかもしれませんね。彼らのカバーバージョンやバンドに対するリスペクトにはどう思っていますか?

【BRIAN】: ただポジティブに考えているよ。まず METALLICA は偉大なバンドで、俺らの楽曲も素晴らしくカバーしてくれた。そしてその世界最大のメタルバンドが、世界の隅々まで DIAMOND HEAD を広めてくれたんだから。
彼らは30年間、何百にも渡るインタビューで DIAMOND HEAD の名前を挙げ、世界中、750回以上のライブで “Am I Evil?” をプレイし続けてくれているんだよ。
まさに彼らは俺らがアメリカに足を踏み入れるより先に、あの国でプロモートしてくれていたんだ。アルバム、シングル、DVD で俺らの4曲をカバーしてくれて本当に光栄だよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED BRIAN’S LIFE

LED ZEPPELIN “LED ZEPPELIN Ⅱ”

Led Zeppelin II, this was the first album I boughtand it obviously had a big effect on me and what I wanted to do for the rest of my life. I was probably about 12 or 13 years old when I bought it and still at school. It was still a dream to be a musician or a ‘Rock Star’ as I secretly hoped. I had read about ‘Rock Stars’ and seen pictures of them in my brother’s music paper called Melody Maker, I thought I sounded and looked like a good job. Some incredible riffs on this like Heartbreaker, Whole Lotta Love, Ramble on & The Lemon Song. It’s a brilliant combination or Blues/Rock/Dynamics and Sex.

最初に買ったアルバムだから明らかに大きな影響を受けているし、人生でやりたいと思ったことが詰まっている。買ったのは12, 13 歳の時だったかな。俺は密かにミュージシャンとか”ロックスター”になりたかったんだ。兄のメロディーメーカー誌で彼らの写真を見ていたよ。まあ俺は見た目もサウンドも良い線いっていたんじゃないかな。”Heartbreaker”, “Whole Lotta Love”, “Lamble on”, “The Lemon Song”。驚異的なリフだよ。ブルース、ロック、ダイナミズム、そしてセックスの素晴らしきコンビネーションさ。

DEEP PURPLE “MACHINE HEAD”

Machine Head by Deep Purple. This was the second album I ever bought and after hearing Ritch Blackmore’s solos on songs like Highway Star, Lazy, Pictures of Home etc. I knew I wanted to be a lead guitarist. This album gave me the impetus and desire to practice every day and get good. My brother Dave played guitar in a local pub rock band so I had access to his equipment. I began using his old £14 second hand guitar once he bought a new Gibson cherry red SG. I tried and tried to work out the solo to Highway star but it was beyond me as a teenager, it’s still a struggle now!

次に買ったレコードだよ。”Highway Star”, “Lazy”, “Pictures of Home” といったリッチーのソロを聴いた後にね。この作品で俺はリードギタリストになりたいと思ったんだ。毎日練習して上手くなりたいと思わせてくれたね。兄の Dave は地元のパブでギターを弾いていたから、彼の機材が使えたんだ。兄がチェリーレッドのギブソンSGを買ったから古い14ユーロのギターが使えたんだよ。”Highway Star” のソロを何度も何度も練習したけど、難しかったね。今でも難しいよ!

BLACK SABBATH “MASTER OF REALITY”

Master of Reality, Black Sabbath. The power of the riff came through to me. This is another classic 70s album full of killer riffs. Children of the Grave, Into the Void, After Forever, Sweet Leaf, Lord of this World. I stole lots of things from Sabbath and this album in particular. I loved the way the riffs churned on while Ozzy would sing a brilliant top line over the top. This was very influential to Diamond Head. The whole album is in dropped C# tuning, I had no idea back in the 1970s when I first heard it, I think Sabbath were the first band to tune down like that.

リフのパワーを教えてくれた。”Children of the Grave”, “Into the Void”, “After Forever”, “Sweet Leaf”, “Lord of this World”。キラーリフに彩られた70年代のクラッシックさ。サバスからは沢山盗んだし、このアルバムは特にだ。リフとオジーの絡みが大好きだよ。DIAMOND HEAD に多大な影響を与えているね。アルバムはドロップ C# のチューニングを使っている。ダウンチューンを使ったのはサバスが最初のバンドだったんじゃないかな。

LED ZEPPELIN “PHYSICAL GRAFFITI”

Physical Graffiti. This is, in my opinion, the greatest album of all time. It contains Kashmir which is my favourite song of all time. I have been worshipping this mighty track for over forty years. I never get tired of it. It’s a wonderful album with many styles of music on it. No-one records albums like this anymore. People are too afraid of stepping outside of their recognised style in case they lose fans, or critics think they have lost direction. Few bands have the balls to experiment like Led Zep did.
Consider the variety of different styles across their catalogue, for e.g. In my Time of Dying, The Rain Song, Good Times Bad Times, Going To California, D’yer Maker, South Bound Suarez, Black Dog, Down By The Seaside. No two songs alike. This was influential to the young Diamond Head, we thought it would be ok to experiment ‘Like Zep do’… Alas you need to have a huge following to be so bold and we soon came unstuck.

最も偉大なアルバムだと思う。”Kashimir” は俺のフェイバリットソングだよ。40年以上この驚異的な楽曲を崇拝してきたんだから。飽きることはないね。様々なスタイル、バラエティーに富んだ素晴らしいアルバムだよ。こんなアルバムは誰にも作れないだろうね。

METALLICA “GARAGE INC.”

Garage Inc by Metallica. This album came out in 1998 and has sold over 5 million copies. It contains four Diamond Head songs and the royalties have changed my life a lot. I bought a nice house with my wife Rachel and the constant flow of royalties’ mean that I don’t need to do a 9 to 5 job. Happy days.

1998年にリリースされて500万枚以上売り上げたアルバムだよ。4曲俺らのカバーをしていて、そのローヤリティーは俺の人生を大きく変えたね。妻の Rachel と素敵な家を買ったし、5時から9時の仕事をする必要もなくなった。幸せな日々だよ。

MESSAGE FOR JAPAN

Diamond Head have only been to Japan once in 2008. It was a fantastic concert and a wonderful experience. I really do hope we can get back to Japan next year, that would be a dream come true.

DIAMOND HEAD は一度だけ、2008年に日本に行ったね。素晴らしいコンサートで、最高の経験だったよ。本当に来年また日本に戻りたいんだ。そうなれば夢が叶うね!

BRIAN TATLER

DIAMOND HEAD Facebook Page
DIAMOND HEAD Official Site
SILVER LINING MUSIC

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です