COVER STORY + NEW DISC REVIEW 【EVERY TIME I DIE : RADICAL】


COVER STORY : EVERY TIME I DIE “RADICAL”

“This Record Is Just Very Pro-good Human Being. Pro Spirituality. Pro progress…”

RADICAL

アルコール依存症、結婚生活の困難、そして悪化する実存的危機と闘いながら、EVERY TIME I DIE のフロントマン Keith Buckley はどん底に落ちていました。バッファローの英傑たちが満を持して発表した9枚目のアルバム “Radical” はそんな地獄からの生還を綴ったロードマップであり、Keith にとって重要な人生の変化を追った作品と言えます。
前作 “Low Teens” からの数年間で、Keith は自分の人生と目標を再評価する時間を得られました。それは Keith にとって大きな転機となり、より健康的で楽観的な生活態度を取り戻すことにつながりました。同時にその変化は新譜にも深く刻まれ、プロジェクトに新鮮な音楽的アプローチをもたらすこととなるのです。”Radical” は、バンドのスタイルにおける限界を押し広げると同時に、彼らの特徴である視点を、より賢明で全体的な世界観へと再構築することになりました。鮮やかなカバーアート、狂気じみた新曲、そして迫真の演奏のすべてが、”ラディカル” な時代の “ラディカル” な心に寄り添う、2021年に相応しい作品でしょう。
あまりにも長い間、Keith Buckley は自分自身よりも、バンドやソング・ライティングに対して正直で居続けてしまいました。2020年3月に9枚目のアルバム “Radical” の制作を終えたとき、EVERY TIME I DIE のフロントマンはまだ酒に飲まれていて、家庭生活の静かな平穏とツアーの喧騒なる混沌を調和させるのに苦労し、何かが正しくないという逃れられない感覚と格闘し苦戦していました。ニューヨーク州バッファローにある GCR Audio の赤レンガの要塞の中で、信頼するプロデューサー、Will Putney と共に彼が絞り出した歌詞は、閉所恐怖症と限界に達した魂の不満が滲んでいましたが、それでも彼はまだなされるべき変化と折り合いをつけたばかりであったのです。
「自分の居場所がないことを知るために、自分の人生の惨めさを書く必要があったんだ」
Keith は率直に語ります。「一度アルバムが出たら、以前の自分には戻れないとわかっていた。だからこそ、”急進的な革命” なんだよ」
2016年にリリースした8枚目のLP “Low Teens” まで時を巻き戻しましょう。当時の妻Lindsay と娘 Zuzana の命を救った緊急帝王切開は成功しましたが、そのストレスと不安によって煽られた節目、その感情と衝動は Keith の曲作りに対する鮮明さと即応性を変化させました。彼は、アイデアをバラバラにするのではなく、生きたシナリオ、あるいは潜在意識の奥底から抜き出したシナリオを描くようになったのです。そうして彼は、これからの作品には引き金となる何か同様のトラウマ的な出来事が必要だろうとつぶやいていました。
2019年後半には EVERY TIME I DIE にとってのルーティンである2~3年のアルバム・サイクルは終了していました。一見、そのようなトラウマや傷は存在しないようにも思えましたが、Keith が自分の皮膚の下を掻きむしると、刺激の欠如がより深く、より深い不満の症状であることを伝え始めたのです。
「自分を見つめ直し、自分がどん底のアルコール依存症であることに気づいた。最悪の夫であり、おそらく最悪の父親だった。間違いなく最悪の自分だったんだ」

19ヵ月後、すべてが変わりました。Keith は1年間断酒を続け、妻とは別居しています。晴れた日の午後、都会から100マイル離れた森の中で娘の Zuzana とキャンプを楽しんでいます。そして、”Radical” がようやく日の目を見ることができたのは、16曲のアルバムに込められた自分の意志による変化を完全に理解し、それを実現する時間があったからだと、彼は強調するのです。「以前の自分に戻るつもりはなかったんだ…」と。
“AWOL”(「私たちの間の空間は、血も指紋もない犯罪現場のようだ」)や “White Void”(「暖かさが消えれば、終わりはただ永遠に続く/ここにいる必要はない、このまま生きる必要はない」)といったトラックには、ほとんど解釈の余地はありません。
「正直なところ、このアルバムには、自分が答えを出さなければならないと思って書いたことがあるんだ。このアルバムには道徳的な宣言が詰まっているよ。曖昧さがないんだ。脇道へそれることもない。花形的な比喩もない。俺は、人々がクソのように扱われ、俺自身もクソのように扱われることにうんざりしていると言っているんだよ」
当初、このパンデミックは立ち止まって考えるきっかけになりました。Keith は何年も前から家族を残してツアーに出ることを心配していました。だからこそ、今5歳になる Zuzana とロックダウンで一緒に過ごす時間は、次にいつ荷物をまとめなければならないかという心配をせずに済むとてもほっとするものだったのです。
「自分の人生を思い切って変えてみたんだよ。パンデミックですべてが頭打ちになったんだ。というのも、このアルバムはその時すでに作曲とレコーディングを終えていたからね。パンデミックは、実際にはレコードにまったく影響を与えなかったけど、レコードの生き方には影響を与えたよ。”Post-Boredom” のような曲は、パンデミックの後、新しい意味を持つようになった。”Dark Distance” のような曲は、パンデミックの前に、疫病が起こるように頼んでいることを今思えば少し奇妙に見えるな。
これらの曲は、俺が抱いていた恐れを顕在化させなければ、充実した人生を送れないと思ったことを歌っている。俺はパンデミックに耐え、その間に自分の人生を本当に変える必要があることに気づいたんだ。何かが間違っていると思った。そして、自分自身の真実を見つけ、それを受け入れ、それに従って生きていこうと決めたんだよな。まさにラディカルな時期だった」
実際、”Post-Boredom” は、バンドがこれまでに作った曲の中で、最も奇妙で最もキャッチーな曲かもしれません。パンク・ロックのエネルギーに満ちたこの曲は、異世界のブリッジセクションを誇り、強烈なクレッシェンドと “私の消滅” というリフレインがリスナーの精神に深く入り込むサビが特徴的で、絶対的に耳に残る曲。Keith はこのフレーズを信頼できる歌詞ノートに書き留め、ずっと曲の中で使いたいと考えていました。
「正直言って、このフレーズを歌うのは楽しいんだ。FALL OUT BOY のJoe Trohman と Andy Hurley と一緒に THE DAMMNED THINGS に参加して学んだことの一つは、彼らは文字通りナンバーワンのヒットシングルを出していて、時に人々は言葉の意味より語感を好むということを理解しなければならないということ。曲の意味という十字架に、いつも釘付けになる必要はないんだ。このフレーズは俺にとってとても中毒性があるように思えたし、それを使うことができてうれしいよ」
Keith はボーカリストですが、ゲストボーカルを招いてアルバムをさらに向上させることに躊躇がありません。
「MANCHESTER ORCHESTRA の Andy Hull は俺の世代におけるアート・ガーファンクルのような存在だから、本当に感謝している。サイモン&ガーファンクルが大好きだから、これは最高の賛辞として言っているんだ。Andy と俺との間には、友達以上の深いつながりがあるように感じるんだ。何に対しても同じような視点を持っているんだ、わかるだろ?それで、”Thing With Features” ができたんだ。Andy はスピリチュアルな人だし、たぶん宗教的でもあると思うんだ。この曲は亡くなった俺の妹のことを歌っているんだ。だから彼が参加することは俺にとって重要だった。なぜなら、彼なら歌詞を理解し、その内容を伝えれば、それを感じてくれると思ったからだ。そう、彼はそれを感じてくれたんだ。スタジオでそれを聴いた人たちはみんなそれを感じて、涙が出ていたよ。だから、本当に素晴らしい経験だったよ」

かつて、Keith は、EVERY TIME I DIE は最高のアルバムを作ったと確信し、以前にも増してバンドに誇りを持ち、その勢いがツアーで失われる心配もしていませんでした。しかし内省の時間が長くなるにつれ、彼は、自分を酒に走らせ続け、家族の絆を失い、自分の家の中で皮膚が這いずり回るほどになってしまった根本的な原因は、バンド生活よりも家庭で起きていることにあると気づき始めたのです。
Keith は、TALKING HEADS のフロントマンの象徴的な”Once In A Lifetime” の歌詞 “This is not my beautiful house” (これは僕の素晴らしい家じゃない。あのような素晴らしい家はどこにあるんだ?) を引用しながら、”David Byrne の瞬間” に気付いたと言い、さらに鋭い比喩で続けます。
「(同じ路線の)列車が爆発していたら、ハブに戻って誰が爆弾を付けているか探さなければならないんだ!」
そんな時に、Keith が “奇跡的な行動” と呼んだのは、10代からの旧友である Angie が突然手を差し伸べてくれたことでした。「ねえ、どうしてる?しばらく話していなかったから……」「俺は本当に…酷い状態だよ…」結婚生活は、名誉から義務へと歪み、息苦しいほどの重荷になっていました。
「80年代、90年代にアメリカで育って、結婚とはクソみたいなものだと信じ込まされていたんだ。女は満たされず、子供を産んで笑顔でいる。俺は人と結婚しているのではないことに気づいたんだ。結婚という制度と結婚していたんだよ。それにアルコール。俺は飲んでいるときの自分が好きだった。おしゃべりで面白くて、正直な人だったからな。でもやがて、自分はいつもそういう人間なのだと気づいたんだ。アルコールただ、彼を引き出すための道具に過ぎなかった。酒を飲むと、心が落ち着き、自分自身の波動に戻ることができたんだ。俺は、”よし、この感覚だけを大切にしよう” と思った。つまり “飲まずにそうなるにはどうしたらいいんだろう?” と。酒をやめてからは、”何が好きで、何が嫌いか” をひたすら追い求めたよ」
Keith と Angie は、意気投合し、ロマンチックな火花を感じながら、新たな一歩を踏み出しました。二人の着地は、今のところ、至って順調です。
「俺はこれまで、自分自身から離れること、逃げることについて書いてきたんだ。だけど今、俺はこのレコードを文字通り生きていて、生きていることの現れであることを望んでいるんだよ。俺は自分自身の真実から遠く離れ、アルコール依存症や罪悪感、恥、責任、義務などで徹底的に問題を複雑にし、本当の自分を見失っていたんだよな。それをすべて取り払うことができたら、”俺は何を愛しているのか?” と問うことができるようになったんだ。俺は旅行が大好きで、子供と一緒にいるのも大好きで、Angie と一緒にいるのも大好きだ。犬を飼いたい。そして、ずっと RV 車が欲しいと思っていた。よし!今すぐ手に入れるんだ!そしてAngie と俺は RV車 でフルタイムで暮らしてる。これでツアーをするんだ。バッファローの郊外に土地を持っててぶらぶらしたりいつもキャンプしてるんだよ。もっと多くのミュージシャンがそうしないのが信じられないくらいだ。いつもツアーに出てるんだから、家も一緒に持っていけばいいのに。トラックの後ろに停めるだけでいいんだ。簡単だよ」

彼自身の説明によると、本当の Keith Buckley について知るべきことは3つだけ。まず第一に、彼は絶対にゴミを散らかしません。次に、彼は根っからの犬好きで、話の最初に現在の愛犬リプリーを紹介し、ずっとフレンドリーな4本足の毛玉に囲まれて生きてきたと語ります。そして3つ目は、今でも「CM 見て泣いてしまう」ような人間であること。
Keith は、インターネットが普及する前に育ち、デジタル革命が起こったときにはオンラインID “Civ1” (NYHCの伝説的バンド Gorilla Biscuits の Anthony ‘Civ’ Civarelli にちなんで)を使っていたと説明し、「今でも時々子供のように感じるけど、俺の子供時代はもっと激烈だった」と語っています。
「もともと動物愛護に関心があったんだ。自分を守ることができないものを守る義務があると、いつも感じてたんだよな。俺の子供時代は、RAGE AGAINST THE MACHINE や EARTH CRISIS といったハードコア・バンドによって形作られたよ。彼らは “権力なんてクソ食らえ、弱い人々のために立ち上がるんだ” というようなバンドだった。その姿勢は、今でも俺の中にあるんだよね。
ハードコア・シーンの人たちが政治を担当したら、すべてがうまくいくような気がするんだ。少なくとも、進歩や社会正義に向けた、新しい素晴らしい旅に向けた前向きなスタートになるはずだ。
俺は15歳で動物愛護のデモに参加した。16歳のときには社会民主主義の本を読んでいた。それってハードコア・シーンがこれまで扱わなかったようなことではないんだ。ハードコア・シーンにいる人たちはとても親切で思いやりがあって、実際に政治を担当しているところを見たいような人たちなんだよな」
こうした Keith の価値観の根底にあったのは、2017年初頭に亡くなるまでレット症候群を患っていた妹の Jaclyn との関係であり、彼女への献身でした。
「妹が生まれたとき、俺はまだ5歳だった。つまり突然、俺は共感する必要が出てきたんだ…たくさんの共感をね。そして、妹が大きくなり、俺も大きくなるにつれて、その共感力にはより磨きがかかってきた。彼女とのつながりはますます強くなっている。彼女が亡くなったからといって、もう彼女との関係をやめるということはないんだよな。俺はとてもスピリチュアルな人間なんだよ。妹はしゃべれないほどの障害をもっていたから、俺はいつも彼女と非言語的な関係を持っていたわけだよ。それは、彼女がここにいないからといって変わるものではない。このアルバムを作っているときは、彼女と一緒にいることが多かったと思う」
バッファロー大学で文学の修士号を取得し、高校で英語教師をしてたこともあり、2015年の “Scale” と2018年の “Watch” という2冊の本の著者でもある Keith は、モダン・ハードコアの考える人というイメージもあります。彼はそのレッテルに納得しているのでしょうか?
「確かに、たくさん考えてきたよ。そうやって考える人間であり、長年にわたって多くの本を読んできたおかげで、今の俺があるんだよな。それを誇りに思うよ。旅をしている間、俺は本を読み続け、分析し続けてきた。だから、旅をしていることで、俺は苦しみを理解し、そこから美を生み出すことができるようになったんだ。俺はただ、人々が俺がみんなとは違うなんて思わないように願っているよ。俺は他の人と同じレベルにいて、ただもっと深いところにいるだけだから」
教師時代にも、Keith らしさは存分に発揮されていました。
「なぜ人々が過去を繰り返すのが好きなのか理解できないんだ。本当に驚かされるよ。俺は過去を認めて、”ああ、あれはクールだった” と思えるようになりたいんだ。でも、それを再現しようとするのは、俺個人にとっては不自然なことなんだ。多くの人にとって不自然なことだと思うけど、同じショーをすること、同じようは作品を2回出すこと……そんなことは考えられないんだよな。俺が高校の教師だったときでさえ、 毎時間シラバスを変えていたんだ。他の先生たちは、そんなことはしなくていいと言うんだけどね。でも俺は “いや、毎日5回も同じクソ授業をするのは嫌だ” と思っていた。そのアプローチは常に EVERY TIME I DIE を貫いている。 俺らは常に自分自身と他の人々に挑戦しようとしている。俺はバンドが新しい曲を演奏することを望んでいるんだ。何十年もの間、音楽ファンがそれを理解していないのはとても奇妙なことだ」

また、最近 Keith は知性とスピリチュアリティの出会いに惹かれているようです。その心境を現在の再認識と関連づけながら、 “Radical” のリリックができたのは、一種の “透視能力” があったからだと説明します。また、”とても信頼できる霊媒師” によって行われた “浄化” で、白いろうそくが黒い煙を上げて爆発したことに唖然としたと、皮肉交じりに語っています。
「変に聞こえるだろうけど、本当なんだ。これは第六感だけど、君たちや俺が素晴らしいユーモアのセンスを持つことができるのと同じように、通常の感覚では認識できないものも認識できるようになる。Angie や娘との関係は、これまでで最高のものだよ。たとえ俺が間違っていたとしても、神が存在しないとしても、家族は上手くいっているんだ」
“Radical” の幅広いテーマを掘り下げてみると、キースが非常に鋭い洞察力をもっていることに気づくはずです。例えば “Dark Distance” は、「疫病を与えてください…でも私が愛する人だけは助けてください」というリクエストでパンデミックを先取りしていました。”We Go Together” で彼は、自分の理想を実現するために行動する人々を批判することはしないが、実行する前にもう一度よく考えるように促しています。
「ワシントン D.C. の革命家?なるほど、政府を転覆させる必要があるのは正しいかもしれない。でも、QAnonの人たちに一歩下がってもらって彼らの知識の探求、答えへの渇望、調査能力がどこで間違ったのかを見てみようよ。それが正しく使われれば、素晴らしいことなのだから」
絶対的な “悪” と戦うことが、Keith にとっての生き甲斐ともなりつつあります。
「悪い人はいるもので、それに応じた接し方を学ばなければならないのは確かだよ。俺たちは政府というもっと大きくて手ごわい敵によって、めちゃくちゃにされていることを心に留めておくことが重要だ。でもね、人々の感じ方には、とても多くの共通点がある。今、世界では誰もがより強い権力に不信感を抱いているよ。権力に不信感を抱くのは、自分自身にも不信感を抱いているから。キャピトル暴動のようなことをなぜやっているのか、本当に焦点を当てる必要がある。政府やネット上のカルトに真実を求めても、誰も幸せになれないんだ。世の中がクソなのはわかるけどさ。でも、まずは自分がどういう人間なのか、できるだけ正直に、できるだけ裸で外に出てみれば、自分の周りで変化が起こり始めるはずだ。わかるかい?結局、もし変化が起きるとすれば、それは労働者階級の革命であって、与党にも野党にも望みを託すことはできないんだ。このアルバムはそれを体現していると思う。”Planet Shit” は、あの時まだ起こっていなかったキャピトル暴動のことさ。キャピトルでの暴動が起こるずっと前から、暴動や革命のアイデアを書いていただけなんだ」
まずは自分を信じることから始めるべきだと Keith は訴えます。
「なぜ誰も君を信用しないかって?自分自身が信用できないからだよ。それを元に戻して、自分が何者なのか、どうすれば自分を信じられるのかを学ぼう。そして前に進もう。俺も今、その過程にいるから。それは EVERY TIME I DIE を大切に思っている人たちが、強く歩んでいく旅だと思うんだ。俺のゴールは、今まで話してきた人たちに、違う方法で話して、物事を変えられるように、自分自身を変えられるようにインスパイアすることなんだ」
それでも、EVERY TIME I DIE 特有の皮肉も完全には失われてはいません。
「”The Whip” はドMとサドの性行為を歌った曲だ。俺と彼女のことだよ。このアルバムを書き始めたとき、マゾヒズムとかサディズムとか、そういうものをたくさん読んでいたんだ。でも、もっと感情的な部分にのめり込んでしまって、ちょうど性的な支配のような、所有と服従の相互作用のようなものにものめり込んでしまったんだ。そういう関係には寝室だけでは終わらないダイナミックさがあるんだよな。政府とか、支配者と被支配者の関係とか、そういうものまで含めてね。でも、この曲は支配と服従をストレートに歌っているんだ。それだけなんだ」

ただ、EVERY TIME I DIE のシニカルなユーモアに惹かれていたファンは、この “高揚感のある” アルバムをどう受け止めればいいのでしょう?
「このアルバム自体は、より良いものを実現するために書いたもの。”Radical” での俺は、とても存在感がある。”Low Teens” よりもユーモアがあるのは、俺が良い気分だったからだよ。そうさ、このレコードは高揚感と希望に満ちたレコードだ。”Low Teens” はあまり楽しいレコードではなく、とてもシリアスなレコードだったから、楽しくしたかった。今作ではもっと楽しさを取り戻したいと思っていたんだよ。俺は昔の俺がそうだったことを知っている。俺は彼を誇りに思っているよ。彼は正しいことをすべてやったと思う。過去の俺は、今の俺を育ててくれているんだよ。今なら、ひどい状況から抜け出した人間として、それを読み取ることができる。”Radical” を振り返って、”ああ、これはうまくいったから、とても高揚感のあるレコードになった” と言えるんだ」
8月26日、EVERY TIME I DIE は532日ぶりにライブを行いました。バッファローの400人収容の Rec Room を支配した彼らは、キャリアを横断する23曲のセットを猛烈に焼き尽くし、誰が見てもハードコアで最も猛烈なバンドの一つとしての資格を簡単に更新しました。それ以来、彼らはさらに数回ライブを行っていて、中でも21周年記念のFurnace Fest では、CAVE IN, CONVERGE, GLASSJAW, KILLSWITCH ENGAGE といったベテランのヒーローや同世代のバンドと共に、最も意義深いライブを行いました。
「何か違うことをしようとしたわけじゃないんだ。だけどあの夜はマジカルな感じがしたんだ」
1年半の沈黙の後、音楽的なアイデンティティを取り戻したという側面もあります。
「本当に、ライブを戻すのは赤ん坊の歩みだよ。でも、パンデミックから抜け出せるかどうかわからない時期があったことを考えると、大きな一歩に感じられるね。小さいけど着実な一歩を踏み出すことができたという事実が、大きな飛躍につながるんだ!」
ライブは、EVERY TIME I DIE のメンバーが、キャリアで最も長い休止期間を経て再会する機会にもなりました。その間に、創設者でギタリストの Andy Williams は、プロレスラーとしてのセカンドキャリアを華々しくスタートさせ、AEWではとんでもない口髭を生やしモノクルをつけた悪党ザ・ブッチャーとして有名になりました。
「Andy の活躍ぶりは誰もが知っている。彼がまだショーに出演しているという事実には驚かされるよ!」
Keith の弟でギタリスト Jordan は現在も多作なビジュアルアーティストとして活躍し、ベーシスト Stephen Micciche はいくつかビジネスを経営しています。一方、ドラマーの Clayton ‘Goose’ Holyoak は、彼にとってはじめての ETID 作品 “Radical” のレコーディングに参加し、セットアップにますます欠かせない存在になっています。
Keith は、自身の再生と改革を受けて、バンドメンバーが自分に対して “当然警戒している” と感じていますが、彼は新しい可能性を両手を広げて歓迎しています。
「次にみんなで集まるときに何が起こるか正直わからないよ (笑) でも、楽しみなんだ」
26日間の米国ツアーが迫り、2022年初頭には英国・EUでの公演が予定されています。そんななか、ツアー中のライフスタイルを持続可能なものにするための本格的な計画が進められています。Keith は、2021年夏の終わりに行われた短期間の公演を “試運転” だと考えています。BLINK-182の伝説的人物である Matt Skiba をはじめとする賛同者を探し、心を閉ざした否定的な人々や酒を押し付ける人々の有害なエネルギーを取り除くことが極めて重要だったのです。前述のトラックでバンドのバンの後ろを走ることで、Keith はしばしば酔っぱらっていつも無秩序なロードライフのサイクルから自分を切り離すことができ、同時に自分が落ち込んだときに退避できる安全な空間を確保することができました。
「正直言って、ちょっと不安なんだ。まだ完治していないからな。自分では気づいていない潜在的な地雷があるんだよ。バンドの世界は熱いんだ。みんな酔っていたり、疲れていたり、怒っていたり、自分のことで精一杯だったり。感情が沸騰している。でも、俺は今、そういう秘密の引き金が引かれたとしても、それにどう対処すればいいかを知っている。安全な場所を確保することが重要なんだよ」
自身の弱さを受け入れ、行動に注意を払い、女性主導の関係といった新しいライフスタイルの概念を学ぶことは、再建を続ける上で極めて重要なこと。
「この精神状態と今の生き方は、俺にとって何よりも大切なことなんだ。娘、Angie、両親、友人、そして自分自身との関係がね」

心を開き、悪人を罵り、自分の人生の中でうまくいっていない部分を切り捨てることで安心感を得た彼は、それを分かち合いたいと強く願っています。それは福音にも似た熱意。
「子供の頃と同じように、人を助けたいという気持ちが強いんだよ。俺はもう十分、自分の道を歩んでいるからね。俺が必要な人は、俺がここにいることを知っている。ソーシャル・メディアで俺を見つけることができる。ツアーの予定も知っている。”新時代の平和の教祖”みたいなふりをするつもりはないんだ。今はそんな場合じゃないんだよ。自分や仲間、同世代の人たちが傷つけられ、利用されるのを放っておくことが良いことだと、本気で信じていた人がいただろうか。いや、彼らには助けが必要だ。そのために怒りが必要なら、そうすればいい。怒ることが嫌な気分にさせるなら、それは正しい怒りだと思えばいい。悪い人には腹を立ててもいいんだよ」
Keith は自身の影響力についても熟知しています。
「俺は自分のアウトリーチを理解しているから、とても慎重になっている。ツイートすれば、最大で10万人が読む可能性があることも知っているからね。それは危険なことにもなり得るけど、俺が経験したのと同じような状況、あるいは現在俺が経験しているような、人間関係の質が良くないと感じる状況にある人たちを助けたいんだよ。
SNS が必ずしも人を助ける場所だというわけではなくて、俺はどんな場所でも人助けできると信じている。決して “こうしなきゃダメだよ” とは言わないけどね。世の中の急激な変化が、偶然にも自分の中のこうした急激な変化と一致したのだと思う。今は非常に分断しやすい時代だけど、アルバムの曲は、政治的な怒りを露わにした “Planet Shit” でさえ、実際には怒ってはいないんだ。利用されたり、嘘をつかれたりすることを嫌う人間としての歌なんだ。怒りのようなものが確かにあるんだけど、でも、それは正当化された怒りであって、恨みからくる怒りではないんだ。一方でこのアルバムには楽観主義や明るさもある。まさにコインの表と裏のようなものだ。ただ、人は何でもかんでも二面性を持ちすぎているような気がするね。つまり、物事はすべてがしっかり半分に分かれているわけではないんだよな。大抵、第3の選択肢があり、それが真実であるように」

SNS の否定的なコメントにはどのように対処しているのでしょう?
「正直なところ、これは俺がいつも使っている方法なんだけど、無視するようにしたら全くなくなったよ。ただ無視するんだ。一切認めないんだよ。そうすると、やがて収まる。個人的にイライラしたのは、”いつになったら新作が手に入るんだ” と言われることだった。これは奇妙に聞こえるだろうけど。でも、俺がこのレコードと歌詞を書いた2019年とは、大統領政権が変わっていて、いろんなことが変わっていた。だから、今頃は “Medicare For All” があるんじゃないかとか、最低賃金が上がっているんじゃないかとか、レコードが出る頃には俺が書いていることが全部時代遅れになっているんじゃないかと、ただただ期待していたんだよな。でも、それが実現しなかったことで、このアルバムはより身近で話題性のあるものになってしまった。一人の大統領がクソみたいなオフィスから叩き出されたからと言って、問題がなくなるわけではないんだ。政権が変わったからって何の意味もないんだよ。人々はまだ人種差別主義者なんだよ。アメリカ人は相変わらずクソだ」
Twitch でのストリーミング配信も Keith にとって重要な “説法” の場になっています。
「俺はただ、心のままに話すだけだよ。どんなものが出てくるかな。面白いこと、素敵なこと、良いこと。決して人種差別的なものはない、それは確かだ。
配信に誰を呼べばいいんだ?EVERY TIME I DIE のライブに来る人たちを招待すればいい。彼らは有害じゃないからな。そこから始めよう。ビデオゲームをしてたら客が来た。 素晴らしい奴らだ。 クソすばらしいコミュニティができ、それが広がっていく。番組がなくても、このコミュニティがあることをみんなに伝えているんだ。ショーのための、本当に健全な場になっているんだよ。もし俺がステージですべてを捧げることができないとしても、この椅子からすべてを捧げることができるかもしれないだろ?俺はただ話すだけで、本当にひどいことは何も出てこないと信じている。なぜなら、俺はひどい考えを持たないから」
Keith はバンドを離れてもこの福音の話をするつもりです。来年2月のETIDのライブの後に6日間の “An Evening With Keith Buckley” UKツアーを行い、さらに彼は、ツアー中に公園に車を停め、ソーシャルメディアを通じてそこにいることを公表し、ファンを招待してキャンプファイヤーを囲んで話をすることを提案しています。
「言いたいことはたくさんあるし、これは俺にとってとても意味のあることだから、ライブで話ができないなら公園でってね」
しかし、最終的には EVERY TIME I DIE の音楽が彼の最大のプラットフォームであることに変わりはなく、Keith はそれがますます正義の仲間を集める道標になることを望んでいます。
「”美徳の象徴” という考え方は、多くの善良な人々を震撼させたと思うんだ。でも、徳のある人を見分けるには、徳の高い人のサインは必要だ。そういう人たちと一緒にいたいんだよね。物事を変えていくのは彼らだから。俺は、 ETID がどこに行こうとも、世の中に良いことがないことに不満を持つ人々のサポートシステムになることを望んでいる。みんなで集まって、話し合えばいいんだよ。ここにいくつか歌があるから、それについて歌おう。どうせ行くならモッシュピットで盛り上がろうぜ!」

参考文献: KERRANG! :Behind Blue Eyes: The Radical rebirth of Keith Buckley

ALTPRESS:Every Time I Die’s Keith Buckley on daring himself to make ‘Radical’

CHORUS FM: INTERVIEW EVERY TIME I DIE

EPITAPH Bandcamp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です