NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE PINEAPPLE THIEF : MAGNOLIA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BRUCE SOORD OF THE PINEAPPLE THIEF !!

pt600292_10151540616328497_756974340_n

BEAUTIFUL, AND INTELLIGENCE・・・AWESOME POST-PROG BAND FROM UK, THE PINEAPPLE THIEF WILL COME TO JAPAN ON 4/26 !!

POST-PROGRESSIVE SOUND を掲げるレーベル KSCOPE を ANATHEMA, STEVEN WILSON, TESSERACT などと牽引する THE PINEAPPLE THIEF。4/26 に行われる EUROPEAN ROCK FES VOL.2 で初来日を果たします。THE FLOWER KINGS をメインアクトとするこのフェスに彼らを招聘したのは大英断だと思います。そもそも KSCOPE の抱えるアーティストは先に挙げた以外に KATATONIA にしても HAKEN にしても海外の評価に日本での知名度、評価が全く追いついていない状況です。オルタナ、アトモスフェリックといった枕詞がつくと途端に腰が引けてしまう音楽ファンが日本にはなぜか多いですね。確かに派手なインタープレイ、決めフレーズといったカチカチのプログレではないかもしれませんが POST-PROGRESSIVE、美しく知的な楽曲の構築というプログレの精神性はしっかり受け継いでいると思います。とにかくこのレーベル、アーティストを無視して現代の音楽シーンを語る事は出来ませんし、知らないというのはあまりにも勿体無いですね。実際 THE PINEAPPLE THIEF の最新作 “MAGNOLIA” はジャケット、音楽、ストーリー、全てが揃った大傑作でした。”ALONE AT SEA” のコーラスを聴いてもらうだけでも彼らの素晴らしさが伝わると思います。キャッチーで何度もリピートしたくなるメロディーこそ彼らの本質なのですから。今回弊紙では KATATONIA の JONAS とも WISDOM OF CROWDS というプロジェクトを行う多忙なフロントマン BRUCE SOORD に独占インタビューを行いました。

【BRUCE SOORD】

pt10647085_10152723580033497_5111695680021748472_n

Q1: European Rock Fes Vol2 has just announced. Line up are The Flower Kings, Kaipa, Atoll, And you. This is your first time coming to Japan. How are you feeling now?

【BRUCE】: Since we started playing European festivals, Japan has always on our ‘must play’ lists! Being asked to play the European Rock Fes Vo2 is a great honour. We can’t wait to meet the Japanese audience.

Q1: EUROPEAN ROCK FES VOL.2 の発表がありましたね。THE FLOWER KINGS, KAIPA, ATOLL と共に参加が決まりました。初来日となりますが現在のお気持ちを聞かせて下さい。

【BRUCE】: ヨーロッパのフェスでプレイするようになってから日本は常に僕たちの”マスト・プレイ”リストに挙がっていたよ。EUROPEAN ROCK FES VOL.2に誘われたのは実に光栄だったね。日本のオーディエンスに会うのが待ちきれないよ。

eurorockfes2-1

Q2: Anyway, “Magnolia” is really awesome. I think that’s one of the best prog album in 21st century, It peaked at number 55 on UK album chart, and chosen at album of the year number 5 on Prog Magazine. Are you satisfied with these reactions?

【BRUCE】: As an artist it’s difficult to ever be satisfied. But yes, it’s nice to be included in these lists and especially nice that you think it’s good too! We worked exceptional hard to make Magnolia as good as possible form the song writing through to the recording and production. It didn’t come cheap, but it was worth every penny.

Q2: “MAGNOLIA” は本当に素晴らしいアルバムでしたね。UKアルバムチャートで55位、PROG MAGAZINE のベストアルバムでは年間5位でした。この結果には満足ですか?

【BRUCE】: 一人のアーティストとして満足する事はそう簡単ではないね。ただそうだね、そういったリストに入って特に君たちが良いと思ってくれているのは嬉しいね!”MAGNOLIA” の製作では特に厳しく働いたからね。ソングライティングからレコーディング、プロダクションも出来るだけ良くしようとしたんだ。決して安くはなかったけどそれだけの価値はあったね。

pt10366149_10152955359753497_2005469210835938568_n

Q3: We can be so imaginative with listening “Magnolia”. So, is this concept album? Would you tell us the lyrical theme or concept of “Magnolia”?

【BRUCE】: Lyrically it’s about love, life, loss and death – pretty much a consistent theme throughout TPT albums. During the song writing process, I lost people I loved, I experienced wonderful and horrible things. Something all of us do, which is why I hope the themes are universal.

Q3: “MAGNOLIA” を聴くととても創造的になれます。歌詞のテーマやコンセプトを教えて下さい。

【BRUCE】: 歌詞は愛、人生、喪失、そして死についてだよ。ほとんどが THE PINEAPPLE THIEF のアルバムの永続的なテーマだね。作曲中に僕は愛する人を失い、素晴らしい事と恐ろしい事を経験した。そういった事は誰もが経験する事だし、だからこそ僕は歌詞のテーマにするんだ。

Q4: Also, art work is very beautiful. You used Storm Thorgerson’s work before, and it seems you are particular about artwork. Why did you use this artwork?

【BRUCE】: Our drummer Dan Osborne found the piece, by a French artist called Patrick Gonzales. When he showed me the piece, I immediately knew it was the cover. Call me old fashioned but I am still passionate about the whole package.

Q4: アートワークもとても美しいですね。以前 STORM THORGERSON を起用したりとアートワークにも拘りがあるように思えます。今回このアートワークに決めた理由を教えて下さい。

【BRUCE】: ドラマーの DAN OSBORNE がフランスのアーティスト PATRICK GONZALES のこの作品を見つけたんだ。彼がこの作品を僕に見せた時、すぐにこれがアルバムカバーだって判ったね。時代遅れだって言われるかもしれないけど僕はまだ全体のパッケージに拘っているんだ。

Q5: The Pineapple Thief’s music is obviously different from typical prog music. I think your music is modern, alternative, organic, atomospheric and dynamic. More eclectic than any other typically prog bands. Do you have uncomfortable feeling called as prog band?

【BRUCE】: Well I used to, but not any more. ‘Prog’ is no longer a dirty word, thanks to bands like Porcupine Tree, Opeth, Anathema and the like bringing credible progressive music to the masses. Your description of our music pretty much sums up the progressive ethos! As a song writer, I always strive to keep things original and eclectic, but I never forget my progressive roots.

Q5: THE PINEAPPLE THIEF の音楽は明らかに典型的な”プログレ”とは違いますね。モダンでオルタナティブ、オーガニックでアトモスフェリック、そしてダイナミックです。他の”プログレ”バンドよりもエクレクティックですよね。それでも”プログレ”と呼ばれる事に抵抗はないですか?

【BRUCE】: うん、昔は抵抗があったね。今はそうでもないけど。”プログ”という言葉がもうダサくなくなったからかな。PORCUPINE TREE, OPETH, ANATHEMA といった大衆にプログレッシブミュージックの信頼感を植えつけてくれたバンドたちには感謝しないといけないね。僕たちの音楽に対する君の表現は本当に最高だしプログレの精神だね!ソングライターとして、オリジナルでエクレクティックなものを作ろうと努力しているよ。ただプログレのルーツは忘れた事がないよ。

Q6: I think “Magnolia” is more catchy and strong than your works from the past. How did you “progress” from “All the Wars”?

【BRUCE】: Thanks, it’s always nice to know the songs are progressing. It’s certainly something I have focussed on over the past albums, to develop the hooks, especially developing the vocal. I used to be ‘a guitarist who would sing’ but now I see the vocal as a true instrument. I wish someone had told me earlier in my career!

Q6: “MAGMOLIA” は過去作に比べてキャッチーで力強いと思いました。”ALL THE WARS” と比べてどのように進化しましたか?

【BRUCE】: ありがとう。進化しているって言われるのはいつも嬉しいね。今回は確かに過去作に比べてフック、特にボーカルを進化させる事にフォーカスしたよ。これまで僕は「歌うギタリスト」だったけど今はボーカルを真の楽器としてみている。もっと前に誰かが教えてくれていれば良かったんだけどね!

Q7: Bruce collaborated with Jonas Renkse. “Wisdom of Crowds” was great album. Anyway, what do you think about Kscope and their artists like Anathema, Steven Wilson, Katatonia, and TesseracT?

【BRUCE】: They are all great artists and deserve all the success they are getting. I couldn’t be happier being with Kscope. They are a perfect label and really care about their artists.

Q7: BRUCE が KATATONIA の JONAS とコラボレートした “WISDOM OF CROWDS” は素晴らしかったですね。KSCOPE のアーティスト、ANATHEMA, STEVEN WILSON, TESSERACT そしてレーベルについてどう思っていますか?

【BRUCE】: 彼らは偉大なアーティストだし彼らの手にしている全ての成功に値するよ。KSCOPE じゃないとダメだね。完璧なレーベルだしアーティストを本当にケアしてくれるんだ。

pt18708_10151306977623497_1918044054_n

Q8: What’s the meaning of your band name The Pineapple Thief? Why did you name so?

【BRUCE】: Ha, there was no real method to it! Back in 1999 this was only designed to be a one album experiment. I picked the name from a US indie film called ‘Eve’s Bayou’. There is a scene where a girl is branded a pineapple thief for stealing a pineapple. I wasn’t expecting us to last 10 albums.

Q8: THE PINEAPPLE THIEF というバンド名の由来を教えて下さい。

【BRUCE】: そんなに大した意味はないんだ(笑) 1999年に1枚だけアルバムを作れる事になってね。アメリカのインディー映画 “EVE’S BAYOU” から名前を付けたんだ。少女がパイナップルを盗んで焼印を押されるシーンがあったんだ。まさかそれから10枚もアルバムを出すなんて思ってもみなかったからね。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED BRUCE’S LIFE !!

 THE ALAN PARSONS PROJECT “TALES OF MYSTERY AND IMAGINATION”

ptalan-parsons-project-tales-of-mystery-and-imagination-1976

SUPERTRAMP “CRIME OF THE CENTURY”

ptSupertramp_-_Crime_of_the_Century

PINK FLOYD “DARK SIDE OF THE MOON”

ptDark_Side_of_the_Moon

BECK “SEA CHANGE”

pt71NCe251tqL._SL1054_

BIFFY CLYRO “ONLY REVOLUTIONS”

pt41wA5Vmug0L

【MESSAGE FOR JAPAN】

pt10354949_10152537419293497_8049449475171170174_n

Me and my mates used to be into Japanese cinema, Audition being a particularly memorable experience!. I must confess I need to swot up on Japanese popular music though before we hit your shores.
A message for Japan? Not many western bands get the honour of playing in Japan – we can’t wait to bring you our show, see you there!

僕と仲間は日本映画にハマっていたんだ。”オーディション”は特に記憶に残っているよ!告白すると日本に行く前に日本のPOPSを勉強する必要があるね。そんなに多くの西洋のバンドが日本で演奏出来る訳じゃないんだから誇らしいよ。ライブをするのが待ちきれないな。日本で会おう!

BRUCE SOORD

THE PINEAPPLE THIEF FB PAGE
EUROPEAN ROCK FES VOL 2 INFO

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! ON OUR FB PAGE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です