an380595_10150706029329900_25117727_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ANEKDOTEN : UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NICKLAS BAKER OF ANEKDOTEN !!

aneunnamed

SWEDISH PROG LEGEND ANKDOTEN HAS JUST RELEASED THEIR NEWEST RECORDS, AND MASTERPIECE,  “UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE” !!

現代プログロックシーン最重要バンドの1つ ANEKDOTEN が8年の沈黙を破り新作 “UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE” をリリースしました。
メジャーなバンドを除いて所謂プログロックが忘れ去られようとしていた 90年代、スウェーデンから彗星の如く現れたのが ANEKDOTEN でした。存在すら忘れ去られていたメロトロンを大胆に使用し、過去のプログロックを新しいエッセンスを取り入れながら独自の方法で再構成した彼らの音楽はシーンに衝撃を与えました。今でこそ新しく目を引くようなプログロックバンドが次々と現れていますが、彼らが現れなければシーンは変わっていたかもしれませんね。過去と未来を繋ぐミッシングリンク的存在と言えるでしょう。
新作 UATGAG ですが率直に素晴らしいです。STEVEN WILSON の傑作で始まり、OPETH の来日で沸く今年のプログロックシーンですが、このアルバムを聴かずして語ることは出来ないでしょう。PER WIBERG がゲスト参加している事も相まって OPETH の近作と比較され、脳天気に「似てる」とさえ言われています。しかしインタビューでも触れられている通りこれは ANEKDOTEN にとっては完全にチョットマテチョットマテオペスサン。内容はさらに進化しサウンドもグレードアップしていますがバンドの本質は変わっていません。へヴィーの解釈を転換し変わったのはオペスサンです。逆に言えば最近の OPETH が好きだ結婚したいという向きは ANEKDOTEN の過去作全て要チェックかも知れませんね。
今回弊誌ではバンドの要である NICKLAS に話を聞く事が出来ました。どうしても10枚挙げさせてくれ!と申し出ていただいたので今回は10枚のアルバム。メタルをプログロックにプログメタルとは全く異なった方法論で取り入れた NICK らしい選択!手前味噌ながら非常に内容は濃いと思います。どうぞ。

YOU CAN BUY AND LISTEN TO ENTIRE “UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE” ALBUM HERE !!

【INTERVIEW WITH NICKLAS BAKER】

an379721_10151282967329900_2071508596_n
Q1: New album “Until All The Ghosts Are Gone” is just released !! How are you feeling now? And how is the reactions so far?

【NICKLAS】: I’m happy and proud of the record. I was not sure how well it it would be recieved but it seem it’s going down well. It’s always a bit scary the days before you deliver your little baby to the world but this time I was pretty confident that we had a really great album in our pocket. But you never know how people will react.

Q1: 新作 “UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE ” がリリースされましたね!!今はどういったお気持ちですか? また反響はいかがですか?

【NICKLAS】: 嬉しいしこのレコードを誇りに思っているよ。このアルバムがどう受け取られるのか判らなかったんだけど、評判は良いようだね。小さな子供を世の中に送り出す時は誰だって怖いものさ。だけど今回は僕たちのポケットに本当に素晴らしいアルバムが入っているって自信があったんだ。ただこれからどう評価されるかは判らないよ。

Q2: 8 years has passed since you released your last original album “A Time Of Day”. Why did it take so long?

【NICKLAS】: First of all we have been with our families breeding small Anekdoten babies. Also I have been doing three albums with my psych band My Brother The Wind and made the soundtrack to Norberto Ramos Del Val’s horror movie El Ultimo Fin De Semana. So I have been pretty busy and since I write most of the songs I haven’t been having my energies on just Anekdoten for some years. I had around ten songs when we started planning the recording 2 years ago. We deceided to record four songs in May 2013 and then we spent almost a year comlpleting them. We returned to the studio in May 2014 and recorded the last two songs and spent the fall doing overdubs. We started mixing the album in september and since our mixer Simon Nordberg is one of the most sought after producers in Sweden we had to wait here and there for him to have time with us. He was mixing the new Ghost album at the same time plus a bunch of other really big internationell act so he prerrty busy. We really wanted to use him so it was worth the wait.

Q2: 前作 “A TIME OF DAY” から8年経ちましたね。なぜそんなにも時間が掛かったのですか?

【NICKLAS】: まず僕たちには家族がいて子供達を養わなければならないんだ。同時に僕は自分のサイケバンド MY BROTHER THE WIND で3枚のアルバムを作り、NORBERTO RAMOS DEL VAL のホラー映画、”EL ULTIMO FIN DE SEMANA” のサントラも制作したんだ。だから僕はとても多忙だったね。
ANEKDOTEN の曲はほとんど僕が書いているんだけど、何年もそれに注ぐエネルギーを持てなかったんだよ。2年前にレコーディングの計画を開始した時は10曲くらいの予定だったんだ。2013年の5月に4曲を録音すると決めて1年をほぼそれの完成に費やした。2014年の5月にスタジオに戻って残りの2曲を完成させ秋はオーバーダブを行っていたよ。
アルバムのミキシングは9月に始めたんだけど、僕らのミキサー SIMON NORDBERG はスウェーデンでとても人気があるから彼が僕たちに時間を割いてくれるのを待たなければならなかったんだ。彼は GHOST の新譜に加えてビッグで国際的なアクトも手掛けていたからとても忙しかったんだ。それでも彼を起用したかったし待っただけの価値はあったね。

an380595_10150706029329900_25117727_n

Q3: “Until All The Ghosts Are Gone” is really great and worth for waiting. When did you name this awesome album as “Until All Ghosts Are Gone”, what was in your mind? Does it have conceptual story, or lyrical themes?

【NICKLAS】: Its’ really not a concept album but many songs are about the constant worries you have as a human and the situation of the world. When you get older and have children everything gets more real and I’m afraid that the world they will live in will be worse than the one we grew up in. It’s also about frailty of man. When all the ghosts are gone probably means when all the worries are gone and you will be in peace with your self.

Q3: 実際我々にも待った甲斐ある作品になりました。”UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE” と題した理由を教えて下さい。何かコンセプトはありますか?

【NICKLAS】: コンセプトアルバムではないんだけど、多くの曲で人の持つ慢性的な不安や世界の状況を歌っているよ。年をとって子供を持つと全てがリアルになってくるんだ。そして僕は子供たちが住む世界が僕たちの育った世界より悪くなるのではと危惧しているんだ。それは同時に人間の脆さでもあるね。全ての幽霊が消え去る時というのはおそらく全ての心配が消え去って平和に暮らせる時という意味なんだろうね。

Q4: So, you have released 5 albums before UATGAG. Which album are the most close to UATGAG? Or something definitely new?

【NICKLAS】: I think that we have developed as a band and that UATGAG is our greatest work so far. I think we in some parts have returned to the more proggy side of Anekdoten. Mayby not as messy as Nucleus but definetly as heavy. The melodies has also evolved. The production of this album is also more worked through and proper. We worked very hard to achive a special and unique sound. There’s so many albums nowadays that sound exactly the same. UATGAG was recorded both analog and digital and we only used proper gear and expensive microphones. We tried to set the right sound for the album already during the recording. Actually there’s not much eq overall. I think it came out well and I’m proud of it.

Q4: UATGAG 以前に5枚のアルバムをリリースされていますがどのアルバムに近いと思いますか?それとも全く新しいものなのでしょうか?

【NICKLAS】: 僕たちは常に進歩しているから UATGAG は今のところ最高傑作だと思っているよ。ANEKDOTEN の PROGY なサイドにいくらか立ち返ったような作品になっているね。”NUCLEUS” ほどダーティーではないけど確実に同じくらいへヴィーだと思う。
同時にメロディーも進化しているね。アルバムのプロダクションもより効果的で適切だ。特別でユニークなサウンドを作る事に心血をそそいだよ。昨今は全く同じようなサウンドのアルバムが多すぎるんだ。UATGAG はアナログとデジタル両方で録音され、適切な機材と高価なマイクロフォンだけを使用している。レコーディングの期間中適切なサウンドを模索していたね。全体的にイコライザーはあまり使用していないよ。素晴らしいデキになったと思うし誇りに思っているんだ。

Q5: This time also, we can enjoy guests appearance’s play. How did the collabolations with Per Wiberg and Teo Travis start?

【NICKLAS】: Per Wiberg has been a friend of ours since we were kids. Jan Erik had a band with him in our hometown Borlänge called Kajuku in the eighties so when I started thinking of havin a guitar/ organ duell on Shooting Star Per was the obvious choice. Of course he did a great job.
I first came across Theo when he sent me a mail many years ago asking to buy some Anekdoten cds. Apparently Steven Wilson had played Anekdoten for him and he liked our sound. I didn’t know about Theo at all but when I googled him I found out he were playing with Robert Fripp. So I sent him the cds for free. Some weeks later I went to a David Sylvian concert in Stockholm and he had this incredibly good flute and sax player with him. I was totally floored by his playing and when I got home and checked out who his name was I found out that it was Theo I have been seeing. When we were working on If It All Comes Down To You a year ago we had this part in the song that we almost deleted because we did’t know what to with it. I think it Peter came up with idea to try some flute on it. The first name I was thinking of was Theo Travis so I sent him a mail. He responded at once and were up for the task. I sent him the song and after a couple of days he sent it back with this incredible solos on it. We had several takes to choose from and after a lot thinking we choose the take that ended up on the album. He did not only save that part in the song, he made it the highlight. On the Japanese version of UATGAG that will be relased by Disk Union i May there will be bonus disk with an alternative mix of If It All Comes Down To You that will include another flute solo which is also fantastic.

Q5: 今回も豪華なゲスト陣ですが、PER WIBERG と THEO TRAVIS の参加はどのようにして決まったのですか?

【NICKLAS】: PER WIBERG は幼馴染みなんだ。JAN ERIK は彼と80年代に僕たちのホームタウン BORLANGE で KAJUKU というバンドをやっていたんだ。だから SHOOTING STAR でギターとオルガンのデュエルをやろうと思いついた時まず考えたのが PER だったんだ。勿論彼は素晴らしい仕事をしてくれたよ。
何年も前に ANEKDOTEN の CD を買いたいと言ってきたのが THEO との出会いなんだ。明らかに STEVEN WILSON は彼自身のために僕たちとプレイした。僕たちのサウンドが好きだからね。THEO の事は全く知らなかったんだけど、ググッてみて彼が ROBERT FRIPP とプレイしていた事を知ったんだ。だからタダで彼に CD を送ったよ。何週間か後にストックホルムで DAVID SILVIAN のコンサートに行ったんだけど、素晴らしいフルート/サックス奏者が DAVID とプレイしていたんだ。僕は完全に魅了されたね。家に帰って名前をチェックして初めてそのプレイヤーが THEO だったと判ったんだ。
1年前、”IF IT ALL COMES DOWN TO YOU” に取りかかっている時、どうしていいか判らなくてこのパートはもう少しで失くなるところだったんだ。そんな時 PETER がフルートを入れるアイデアを思いついた。僕が最初に思い浮かんだのが THEO TRAVIS でメールを送ってみたんだよ。すぐに返事が返ってきてどうすればいいのか聞いてきたんだ。この曲を送って数日後にはこの素晴らしいソロを入れて送り返してくれたよ。いくつかのバージョンを送ってくれたから、僕たちはかなり考えてこのアルバムバージョンを選んだんだ。彼はこのパートを救ってくれただけでなく、楽曲にハイライト作ったんだ。DISK UNION から発売される日本盤にはこの曲のオルタナティブミックスがボーナストラックで収録される予定なんだけど、そこでは彼の別のソロが聴けるよ。そちらも素晴らしいね。

Q6: Speaking about Per, The direction of Anekdoten and Opeth seems very close recently. What do you think about that?

【NICKLAS】: Well there has been comparison with UATGAG with Opeth later works but remember that we were doing this long before Opeth changed there style. I know Mike Åkerfeldt very well and he is a big Anekdoten fan and I’m a big Opeth fan. We actually talking sometimes about things we borrowed from each other 😉 He actually confessed on Swedish national radio that he ripped of Anekdoten. I have been ripping him of too. :-)

Q6: PER と言えば、ここのところ ANEKDOTEN と OPETH の音楽性は近づいているような気がします。

【NICKLAS】: うん、確かに UATGAG は 最近のOPETH の作品と比較される事が多いね。ただ思い出して欲しいんだけど、僕たちは OPETH がスタイルを変えるずっと前からこういう音楽をやっているんだよ。僕は MIKE AKELFELDT をよく知っているんだけど、彼は ANEKDOTEN の大ファンで僕も OPETH の大ファンなんだ。実際時々、お互いに拝借したアイデアについて話しているくらいなんだ(笑) 彼はスウェーデンのナショナルラジオで ANEKDOTEN からパクっているって告白しているし、僕も彼からパクっているよ(笑)

Q7: What is mellotron to you? Does the importance of mellotron increase before?

【NICKLAS】: The mellotron has always been a big part of Anekdoten’s sound and it still is. For us it is as important as the guitar, drums or bass. We have a big library of sounds for our mellotrons and it’s always a pleasure to work with. We also try to record the mellotron properly as King Crimson and Moody Blues did back in the days. Not just plug the thing into the mixing console. Instead we record the mellotron through amps and use really good microphones and pre-amps. I think the mellotron sounds on UATGAG are great. Over the years we learned a lot how to make them sound as good as possible. The mellotron is such an unique instrument. The sound always cuts through well in the mix. I have different mellotron sounds in my head when I write songs so yes it’s important to us.

Q7: メロトロンについて話しましょう。その重要性はあなたにとって以前より増していますか?

【NICKLAS】: メロトロンは常に ANEKDOTEN サウンドの重要な部分を占めてきたしそれは今も変わっていないよ。僕たちにとってはギターやベース、ドラムと同じように大切なんだ。僕たちのメロトロンには巨大な音のライブラリーが入っているし、使用するのはいつも楽しいよ。同時に、KING CRIMSON や MUDDY BLUES が昔にやっていたような適切な録音をしたい。ただプラグをミキシングのコンソールに入れるだけじゃなくてね。僕たちはアンプを通す代わりに素晴らしいマイクロフォンとプリアンプを使用しているからね。
UATGAG におけるメロトロンサウンドは素晴らしいと思うよ。何年にも渡ってより良いサウンドを追求してきたからね。メロトロンはユニークな楽器だよ。作曲する時はいくつもの異なったメロトロンサウンドが頭で鳴っているんだ。もちろん僕たちにとって重要な楽器だね。

Q8: What do you think about reunion of King Crimson? What do you expect for them?

【NICKLAS】: Actually I haven’t heard so much of the new line-up. All those drums are bothering me a bit but on the other hand Mel Collins is back he is hero for me. What a player. I hope to cathch them live soon.

Q8: KING CRIMSON のリユニオンについてはどう思っていますか?

【NICKLAS】: 実際、まだ新編成の彼らをあまり聴いていないんだ。僕にはドラムが多すぎて少しウザイかな… だけど MEL COLLINS が戻ったよね。彼は僕のヒーローなんだ。何て素晴らしいプレイヤーなんだろう!早く彼らのライブを見てみたいね。

【TEN ALBUMS】

NICKLAS BAKER’S TEN ALBUMS THAT CHANGED HIS LIFE!!

IRON MAIDEN “S/T”

an618l2lF4bwL._SY300_

BLACK SABBATH “SABBATH BLOODY SABBATH”

anBlack_Sabbath_SbS

THE BEATLES “WHITE ALBUM”

anTheBeatles68LP

KING CRIMSON “RED”

an41ZTEy1WywL._SY300_

MERCYFUL  FATE “S/T (1st MINI)”

anR-414180-1387222807-2818

PETER BROTZMANN “MACHINE GUN”

analbumcoverPeterBrotzmann-CompleteMachineGunSessions

POPOL VUH “NOSFERATU”

ancover_2653132272009

SUN RA “COSMIC SOUNDS FOR MENTAL THERAPY”

an220px-CosmicTones

ANNA SJALV TREDJE “TUSSILAGO FANFARA”

anna-själv-tredje-front

IL BALLETTO DI BRONZO “YS”

anIl_Balletto_di_Bronzo-YS

【MESSAGE FOR JAPAN】

an1546252_10152979015154900_4679885184498725349_n

Japan is our favorite country to play in. We love Japan and the japanese people from the bottom of our hearts and I hope we will return early next year. See you soon!

日本はライブで訪れる中でも大好きな場所だよ。日本を愛しているし、日本の人たちは心の支えだよ。来年の早い時期に行ければいいね。すぐ会おう!

NICKLAS BAKER

ANEKDOTEN FACEBOOK

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

 

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です