10291743_10154032530480459_1788281788654116335_n

EXCLUSIVE INTERVIEW 【RODRIGO Y GABRIELA】JAPAN TOUR 2016 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH RODRIGO SANCHEZ OF RODRIGO Y GABRIELA !!

10291743_10154032530480459_1788281788654116335_n

Dublin based Mexican-Born acoustic guitar duo, Rodrigo y Gabriela are going to come to Japan in May! Don’t miss their exotic, melodious, technical, and ultra-accessible sounds !!

メキシコ出身、現在はアイルランドのダブリンを拠点として活躍するアコースティックデュオ、Rodrigo y Gabriela が5月に3年振りの来日を果たします!
メンバーは、リードギタリストでピックを使用した Al di Meora のようなメランコリックで流暢なギター捌きを得意とする Rodrigo Sanchez と、フィンガーピッキングとゴルペ(ボディーを叩く)を使用したパーカッシブなリズムプレイを主体とする紅一点 Gabriela Quintero の2人。
勿論、アコースティックギターを使用してラテン/フラメンコのスタイルで演奏を行うグループは多く存在しますが、彼らの魅力はそのキャッチーさと、ロックやジャズ、そしてポップスのテイストをふんだんに取り入れた躍動感溢れる音楽性だと思います。祖国メキシコではスラッシュメタルをプレイしていたという彼らの楽曲からは、メタルのアイデンティティーも強く感じることが出来ますね。
彼らが尊敬する偉大なミュージシャンたちに捧げられた2009年のアルバム “11: 11” を聴けば、彼らの幅広くエクレクティックな音楽性、魅力が伝わるでしょう。
以前にも METALLICA の “One”, “Orion” をカバーして来た彼らですが、”Atman” は Dimebag Darrell, さらにはメタルへのトリビュート。マスター Alex Skolnick をゲストに迎えてタイトで複雑なプレイを聴かせてくれます。
Al di Meora, Paco de Lucia, John McLaughlin というアコースティックギター史に輝く傑作”Friday Night In San Francisco” を残した3人には勿論、一人づつトリビュート曲が用意されていますね。
彼らがブレイクするきっかけとなった1つのきっかけは LED ZEPPELIN “Stairway to Heaven” のカバーでしたが、Rodrigo y Gabriela は常にオールドロックへの憧れも隠そうとはしません。PINK FLOYD に捧げられたタイトルトラックの美しさは間違いなくアルバムのハイライトですし、Jimi Hendrix の “Voodoo Chile” を引用した “Buster Voodoo” ではギターにエフェクトを使用する新しい試みも効果的ですね。
中でも、タンゴをもとに、クラッシックやジャズの要素を融合させたアルゼンチンのバンドネオン奏者 Astor Piazzolla に捧げられた “Hora Zero” は白眉で、彼らと同様に伝統とモダンの融合に挑戦した偉人への強い敬意が感じられます。
常に新しい挑戦を続ける姿勢も彼らの魅力の1つです。2011年には映画音楽の巨匠 Hans Zimmer と映画 “パイレーツ・オブ・カリビアン / 生命の泉” のサウンドトラックを手がけ新境地を開拓しましたし、2012年のセルフカバー作 “Area 52” ではキューバンオーケストラと共演しラテンの領域を拡大しています。
今回弊誌では、デュオのメインコンポーザーである Rodrigo Sanchez にインタビューを行うことが出来ました。Green Room Fes、ロドガブは初日に登場、単独公演もあります。どうぞ!!

【INTERVIEW WITH RODRIGO SANCHEZ】

12031462_10156000433670459_3864842625221489526_o

Q1:Your Japan Tour 2016 is just announced! Three years have passed since you had come to Japan last time. How are you feeling now? Do you have any special plans for the Tour?

【RODRIGO】: We are very excited to be coming back to Japan, and seeing our fans in Tokyo and Osaka; and we are playing in Yokohama for the first time, so that will be a new experience. We are getting ready to start the tour, and we should have some interesting surprises ready by the time we get to Japan.

Q1: Japan Tour 2016 がアナウンスされましたね!3年振りの来日ですが、どういったお気持ちですか?

【RODRIGO】: また日本に戻ることが出来て、とても興奮しているよ!東京と大阪のファンにまた会えるんだ。そして今回は横浜でも初めてプレイするよ。新しい経験が増えるね。もうツアーを始める準備は出来ているし、日本に着くまでには、いくつか興味深いサプライズを用意するつもりでいるよ。

Q2: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about Rodrigo y Gabriela. You lived in Mexico, and played Thrash Metal at first. Off course, you covered Metallica’s “Orion”, or Alex Skolnick took part in “11: 11. Most of our readers are Metal Heads or Prog Rock addicts, So, what kind of bands did you dig these days?

【RODRIGO】: “Master Of Puppets” by Metallica opened up a new world of thrash metal for us, through Metallica we then discovered Pantera, Testament, Sepultura, Megadeth and Anthrax, to name a few. Before Metallica, we liked Black Sabbath, Pink Floyd, Led Zep and Rush.

Q2: 弊誌初登場です!まずはデュオの成り立ちについてお聞きしたいのですが、お2人は元々メキシコでスラッシュメタルをプレイしていたのですよね?具体的にはどういったバンドにハマっていたのですか?

【RODRIGO】: METALLICA の “Master of Puppets” は僕たちに、スラッシュメタルという新しい世界への扉を開いてくれたんだ。それから PANTERA, TESTAMENT, SEPULTURA, MEGADETH, ANTHRAX といったバンドを発見していったんだよ。それまでは、BLACK SABBATH, RUSH, LED ZEPPELIN, PINK FLOYD といったバンドを好んで聞いていたね 。

Q3: Anyway, you moved to Ireland. What made you leave Mexico, and move to Ireland? For example, I think you could also choose to move to US. How about that?

【RODRIGO】: Moving to Ireland was a decision to avoid doing the obvious thing, to get outside our comfort zone; we knew nothing about Ireland the country that we came to. A friend mentioned it was a good place for musicians, but that is all we had to go on. It was so cold when we arrived, we even tried to move to Denmark as we thought it might be warmer. But we met great people and musicians who became our friends and appeared on our first recordings. We don’t ever think of our time in Europe as hard time. We would not be where we are now without those experiences. We tour a lot in the US and spend a lot of time there but right now we have no plans to move.

Q3: それからお2人は、メキシコを離れアイルランドに移住しましたね。例えば、近くのアメリカという選択肢もあったと思うのですが、なぜアイルランドを選んだのですか?

【RODRIGO】: アイルランドへの移住は、快適な状況から外に身を置く、馴れ合いを打破するために避けられない決断だったね。移住したアイルランドという国については何も知らなかったんだよ。友人が、ミュージシャンには良い国だとは言っていたけど、その情報だけで赴かなければならなかったんだ。
着いた時はとても寒くてね。もう少し暖かいだろうから、やっぱりデンマークに行こうかとさえ思ったくらいなんだよ。だけど、素晴らしい人、ミュージシャンたちと出会え友人となったりファーストアルバムのレコーディングに参加してくれたりしたからね。だから、ヨーロッパで過ごした時間が厳しい時だったなんて思ったことはないよ。ああいった経験無しに、今の自分たちがあったとは思わないな。
勿論、アメリカは沢山ツアーして多くの時間を過ごしたけど、移住しようと思ったことは無いね。

Q4: You have lot’s of influences like Rock, Jazz , but mainly, Your music is based on Latin / Flamenco technique. How different between Flamenco Guitar and Rock/Jazz Guitar?

【RODRIGO】: We definitely don’t play Flamenco music. We admire those great guitarists who are the masters of this style, but we play a fusion music ­ rock, mixed with heavy metal, mixed with jazz and latin influences. We don’t improvise in the same way that jazz musicians do. We don’t play a traditional style. A lot of the time we are breaking the rules. Of course we do play nylon stringed guitars and we use latin rhythms but the style is not Flamenco.

Q4: Rodrigo y Gabriela の音楽は Rock, Jazz からの影響も大きいですが、やはりラテン/フラメンコの音楽、テクニックがベースとなっていますよね?

【RODRIGO】: 僕たちは、全くフラメンコをプレイしてはいないんだよ。フラメンコスタイルの偉大なギタリストたちを崇拝はしているけどね。
僕たちがプレイしているのはロックとメタル、ジャズ、ラテンの影響をミックスしたフュージョンミュージックなんだよ。ジャズミュージシャンがやるようなインプロヴィゼーションもやらないし、つまりトラディショナルなスタイルじゃないってことだよ。何回もルールを壊して来たんだよ。
勿論、ナイロン弦のギターとラテンのリズムなんだけど、トラディショナルなフラメンコスタイルではないんだ。

47945

Q5: Unfortunately, Paco De Lucia passed away…”Master Maqui” was dedicated to him. Could you tell us about his greatness or influences? And do you think you two are successor of Paco, or Al Di Meola, Tomatito? Do you think it’s important to weaving history of Spanish Guitar?

【RODRIGO】: Paco de Lucia will always play a big role in the overall history of music, he was not only one of the best guitarists ever, he was also one of the most compelling composers of the last 100 years. I don’t think we are his successor, he was the master, and we are still his pupils, and probably always will be.

Q5: 残念ながら、偉大な Paco de Lucia が亡くなりました。あなた達は以前 “Master Maqui” という楽曲を彼に捧げていましたよね?彼の意志を継ぐという気持ちはありますか?

【RODRIGO】: Paco de Lucia は常に音楽全体の歴史の中で大きな役割を果たして来たし、これからもそうだよ。彼はこれまでで最高のギタリストの1人だっただけじゃなく、ここ100年で最も強力なコンポーザーの1人でもあったんだ。
僕たちが彼の後継者になるとは思わないよ。彼はマスターで、僕たちはまだ彼の弟子でしかないからね。そしておそらくはずっとそうだろう。

Q6: So, your latest album “9 Dead Alive” is dedicated to historical legends. Off course, ” 11:11″ was dedicated to legendary musicians. What made you choose “Dedication” for the theme of records recently?

【RODRIGO】: I think we are in a position of privilege, we have a global audience who may have discovered us from TV, or the movies; and they might not know about our musical influences, or the historical figures who we think made a difference to the world. I think if someone listens to Astor Piazzolla or is inspired to find out more about Harriet Tubman and her incredible life, then this can only be a good thing.

Q6: 最新アルバム “9 Dead Alive” の楽曲は歴史上の偉人たちに捧げられています。”11: 11″ では伝説的なミュージシャンに捧げられていましたよね? 近作で、”捧げる”ことをテーマとしているのはなぜですか?

【RODRIGO】: 僕たちはその”特権”を使用出来るポジションにいると思うんだよ。TV や映画で僕たちを知ってくれたファンが世界中にいる。彼らは僕たちの音楽的影響や、僕たちが世界を変えたと思っている歴史上の人物はきっと知らないだろうね。もし、僕たちが取り上げたことで、誰かが Astor Piazza を聴いたり、Harriet Tubman と彼女の驚異的な人生についてインスパイアされたりするなら、意味のあることだよね。

Q7: In “Area 52”, you collaborated with Cuban Orchestra “C.U.B.A” in Cuba. How was the experience? What made you try this great collaboration?

【RODRIGO】: It was a chance for us to revisit some of our earlier songs in a new and very exciting way. The album was recorded at Abdala Studios in Havana, founded by Cuban folk hero Silvio Rodriguez. We got the chance to work with some amazing musicians. The album was co­produced by Peter Asher who worked at Apple Records in the 60s. We also had some wonderful special guests like Anoushka Shankar on sitar, Carles Benavent on bass, who has played with Miles Davis, Chick Corea and Paco de Lucia, John Tempesta on drums, who has played with The Cult, White Zombie and Testament; and Palestinian group Le Trio Joubran. For us it was a chance to absorb some of this culture and talent and to have a very fun experience.

Q7: “Area 52” ではキューバでキューバンオーケストラ “C.U.B.A” と共演されましたね。新境地を開拓しました。

【RODRIGO】: あれは僕たちの初期曲に、新しくエキサイティングなやり方で再度フォーカスする良いチャンスだったね。あの作品はハバナの Abdala Studios でレコーディングされだんだ。キューバのフォークヒーロー Silvio Rodriguez が創設したスタジオさ。素晴らしいミュージシャンたちと共演する機会を得たよ。
作品は60年代に Apple Records で働いていた Peter Asher が共同プロデュースしているよ。ゲストも最高でね。シタールに Anoushka Shankar, ベースには Miles Davis, Chick Corea, Paco de Lucia とプレイしていた Carles Benavent, ドラムスは The Cult, White Zombie, Testament でプレイした John Tempesta だったからね。パレスチナの Le Trio Joubran も参加してくれたね。僕たちにとってもキューバの文化を吸収する良いチャンスだったし、とても楽しかったね。

Q8: So, basically, you don’t use vocal or electric guitar in your music. Is there any possibility to use them on a large scale?

【RODRIGO】: Well on the Area 52 album you just mentioned I did play some electric guitar. And also on the tour for that album. I played electric on the track H​anuman. The song was was originally written as a tribute to Carlos Santana, we now had a chance to give it more of a Santana vibe. I decided to use the electric guitar and added some solos to make it sound more like his style, and it did sound better but overall we will stick to acoustic guitars.

Q8: 基本的に Rodrigo y Gabriela はボーカルやエレキギターをフィーチャーしていません。将来的に使用する可能性はありますか?

【RODRIGO】: 君がさっき言及した “Area 52” とあのアルバムのツアーで僕はいくらかエレキギターを弾いているよ。ツアーでは “Hanuman” という楽曲で使用しているね。あの曲は元々、Carlos Santana へのトリビュートとして書いたんだ。さらにサンタナのヴァイブを加えようと思ってね。エレキギターを使用して、ギターソロを加えればさらに彼のスタイルに近づくと思ったんだよ。あの曲に関してはより良いサウンドになったけど、全体的に見れば、やはり僕たちはアコースティックギターに拘りたいね。

11705622_10155720727360459_1976509790009791522_o

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED RODRIGO’S LIFE!!

METALLICA “MASTER OF PUPPETS”

Metallica_-_Master_of_Puppets_cover-2

PINK FLOYD “THE WALL”

Pink Floyd The Wall HIGH RESOLUTION COVER ART

DAMIEN RICE “O”

31CJF5JFRYL

MCLOUGHLIN, DI MEORA, DE LUCIA “FRIDAY NIGHT IN SAN FRANCISCO”

71V-AG+e1hL._SY355_

JIMI HENDRIX “ARE YOU EXPERIENCED?”

Jimi+Hendrix+Are+You+Experienced+-+New+Zeal+409558

【MESSAGE FOR JAPAN】

Rodrigo y Gabriela_Rubyworks

Japan is a very special place for us, ever since we recorded our live album at the Duo Club in Tokyo in 2008. Take care everyone, peace and love, and we will see you in May.

日本は僕たちにとって、2008年に東京のクラブDUOでライブアルバムをレコーディングして以来、とても特別な場所なんだ。 Take Care, peace and love。5月に会おうね。

RODRIGO SANCHEZ

RYG JAPAN TOUR 2016

CcrBH4gUMAE6Ik7

東京5月23日(月) EXシアター六本木
OPEN 18:00/ START 19:00
TICKETスタンディング¥8,000、指定席:\9,000(税込/別途1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:3/19(土)
<問>クリエイティブマン 03-3499-6669
大阪5月24日(火) IMPホール
OPEN 18:00/ START 19:00
TICKETスタンディング¥8,000(税込/別途1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:3/19(土)
<問>キョードーインフォメーション 0570-200-888
チケットのご購入はこちらから
Rodrigo y Gabriela Facebook Page
Rodrigo y Gabriela Official Site
Sony Music “Rodrigo y Gabriela”

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です