12440253_10153407804681821_4494426992620332694_o

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VEKTOR : TERMINAL REDUX】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DAVID DISANTO OF VEKTOR !!

12370847_10153234793521821_2225664775298985612_o

US Sci-fi Prog Thrash Outfit, Vektor Returns With “Terminal Redux”, An Intense And Intelligent Masterpiece For The First Time In Five Years !!

DISC REVIEW “TERMINAL REDUX”

Thrash Revival ムーブメントで頭角を現し、SF的な世界観と Proggy なインテリジェンスで黄金世代にも匹敵する個性を作り上げた US の4人組 VEKTOR が、実に5年振りの新作 “Terminal Redux” をリリースしました!!
73分にも及ぶ大作SF映画のような作品は、アグレッションとアトモスフィア、直情性と実験性の対比が見事で、リスナーにランニングタイムの長さを感じさせないフックに満ちた傑作に仕上がりました。
アルバムオープナー、VOIVOD meets WATCHTOWER とでも例えたくなる “Charging The Void” はまさに VEKTOR を象徴するような楽曲です。キャッチーかつアグレッシブなリフワーク、Black Metal にも通じるようなトレモロとブラストビート、効果的に挿入されるテンポチェンジ。彼らが指標する “Sci-fi Prog-Thrash” のレシピを惜しげも無く披露していますね。
近未来感を演出するドラマティックなコーラスも実に効果的です。エピカル&ドラマティック。”Terminal Redux” は間違いなく以前の作品よりも大幅にドラマ性が増しています。
そのエピカルな進化を強く物語るのが、アルバムの最後を飾る3曲 “Pillars of Sand”, “Collapse” から “Recharging The Void” の流れだと感じました。
“Pillars of Sand” はただただ、キラーチューンという言葉がシックリくる壮絶で強烈な哀愁溢れる5分間。ドラマティックでクラシカルな David と Erik のツインギターは白眉ですし、DEATH の “Crystal Mountain” を思い出すファンも多いのではないでしょうか。
9分を超える “Collapse” の前半は、ボーカル David DiSanto のメロディアスな歌詞をフィーチャーしたほとんどバラードとも呼べる新機軸。この楽曲にとどまらず、David は前作まで多用していた金切り声を抑え、ミッドレンジを生かして”歌う”ことによりフォーカスしているように感じます。SLAYER の Tom Araya も “South Of Heaven” 以降、そういったアプローチを取ることが多くなりましたが、攻撃性を失わず説得力を増した現在の2人のには通じるものがありますね。こちらも DEATH の影響を感じさせる、メタルアンセム的な後半とのマッシュアップが、より楽曲をエピカルで印象的にしています。
続く14分近い大曲 “Recharging The Void” はアルバムを締めくくる楽曲で、同時にアルバムオープナー “Charging The Void” と対となる楽曲。”Terminal Redux” の縮図とも言えるエピックチューンは Thrash と Prog を巧みに融合させ、全てのピースを最高の位置に配置した驚異的な展開力を誇る1曲です。驚くことに、アンビエントなミドルセクションでは David の素朴で優しいクリーンボーカルと共に、女性ソウルシンガーを起用しており、2人のデュエットが織り成す荘厳な雰囲気はリスナーに小宇宙を感じさせるほど美しいですね。
勿論、楽器隊の大健闘も記して置かなければなりません。”Psychotropia” のギターとベースのデュエルや “LCD” のイントロが示すように、時にクラシカル、時にジャジーなリードプレイは実にスリリングで、アルバムの重要な聴き所となっています。
さらに、しっかりと Thrash “Golden Age” の遺伝子を伝えている点もリスナーのリピートを誘います。VOIVOD, DEATH の名前は既に挙げましたが、”Pteropticon” で感じられるようなインテンスは KREATOR をも想起させ、David の Chuck Schuldiner, Mille Petrozza 直系のアジテイトと相俟って最高のエキサイトメントを創出していますね。
今回、弊誌ではバンドのフロントマン、ボーカル/ギターの David DiSanto にインタビューを行うことが出来ました。今年聴くべきメタルレコードの内の1枚。どうぞ!!

Vektor-Terminal_Redux

VEKTOR “TERMINAL REDUX” : 9.8/10

【INTERVIEW WITH DAVID DISANTO】

56BE29DF-vektor-terminal-redux-album-details-revealed-pre-order-launched-image

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band? How did the band start? And what’s the meaning behind your band name “Vektor”?

【DAVID】: Oh, it seems so long ago, haha. I started the band in Phoenix, Arizona in the early 2000’s. It took me a few years to find the right musicians because my music was so different than most other metal bands. I recorded a demo called Nucleus in 2002 where I played all of the instrument except drums. That recording helped me find like-minded musicians. Our guitarist, Erik, joined in 2004. Our drummer, Blake, joined in 2007, and Frank joined in 2008. I chose to name our band after the biological definition of vector. A vector is something that does not cause disease itself, but spreads disease by conveying pathogens between hosts. A mosquito is a vector for malaria. Vektor is a vector for our particular style of music and lyrics, which can be thought of as a spreading disease among more popular conformities of music. We spread disease by conveying pathogens, conveying our ideas between hosts. Our fans also become vectors by spreading our band out to their friends. So, let’s all become vectors: Vektonauts! We are spreading a disease that diminishes the affluence of boring music.

Q1: 本誌初登場です!まずはバンド結成の経緯と、バンド名の由来を教えていただけますか?

【DAVID】: かなり前の話になるね(笑)僕はこのバンドを2000年代初頭にアリゾナ州フェニックスで始めたんだ。僕の音楽は他の大半のメタルバンドとはかなり異なっているから、バンドにしっくりくるメンバーを見つけるのに何年か要したね。
2002年に “Nucleus” というデモを録音したんだけど、そこではドラムス以外全ての楽器を僕がプレイしているよ。あのレコーディングがメンバーを見つける助けになってくれたね。ギタリストの Erik は2004年に加わったんだ。ドラマーの Blake は2007年に、Frank は2008年に加わったね。
VEKTOR というバンド名は生物学に因んで選んだんだ。Vector (保菌生物) はそれ自体で病を引き起こすことはないんだけど、病原菌を運ぶことで病気を拡散するんだよ。例えば、蚊はマラリアの Vector だね。
VEKTOR は僕たちの特異な音楽や歌詞のスタイルを運ぶ Vector なんだ。もっとポピュラーな音楽基準に僕たちの”病気”を感染させるとも考えられるね。リスナーに僕たちのアイデアを運ぶことが、まるで病原菌を運んでいるみたいでしょ?さらにファンのみんなも Vector となり、友人にバンドを広めてくれるんだよ。みんなで Vector になろうよ!退屈な音楽が跋扈する社会に僕たちの音楽を感染させるよ!

Q2: Your newest album “Terminal Redux” is just out now! How are you feeling now?

【DAVID】: I am extremely excited! It has been done for several months now and it’s so nice that it’s out there and we don’t have to be so secretive anymore. We knew we had a good album, but all of the positive reactions have been unreal. We have been getting incredible responses from so many people around the world saying it’s going to be the “album of the year” and a lot more. I was a little caught off guard by all of the very flattering words everyone has been saying. We’ll try not to let it go to our heads, haha.

Q2: 新作”Terminal Redux” がリリースされましたね!

【DAVID】: うん、最高に興奮しているよ!制作には何ヶ月も要したから、遂にリリース出来て嬉しいし、もうアルバムの秘密を守る必要がないんだ。
良いアルバムを作ったことは分かっていたんだけど、これほどまでに反響が素晴らしいなんて信じられないね。世界中、沢山の人たちから驚異的な反響をもらっていて、この作品はアルバムオブザイヤーだなんて評価されているんだよ。ここまで絶賛されると少し驚いてしまうね。いい気にならないようにしないと(笑)

Q3: When you named this masterpiece “Terminal Redux”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of the album?

【DAVID】: To me, the title means the end revisited. It’s kind of a cyclical meaning. It should make sense to all those who read the lyrics carefully and find all the hidden meanings. The basic outline of the story is something like this: “Terminal Redux” begins with the lone astronaut from the title track of our previous album, “Outer Isolation”. He finds a life-rejuvenating molecule in space which he uses to rise through the ranks of a large, galactic empire called Cygnus. Total annihilation, human population control, and usrurping power are all parts of the overall story. The overall message of the concept is something I’d like the fans to figure out. I can say, though, that it deals with life and death, and the role we play in our Universe.

Q3: アルバムタイトルを “Terminal Redux” とした理由、併せて作品のコンセプトも教えてください。

【DAVID】: アルバムタイトルは、僕にとって、再訪の終焉を意味しているよ。循環的な考え方でね。歌詞を注意深く読めば、全ての隠された意味に気づくだろう。
基本的なストーリーはこんな感じだよ。”Terminal Redux” は前作 “Outer Isolation” のタイトルトラックに登場した孤独な宇宙飛行士の話から始まるよ。彼は若返りの分子を宇宙で発見するんだ。おかげで Cygnus という銀河帝国で順風満帆の出世街道を歩むんだよ。ストーリー全体には、完全殲滅、人口コントロール、軍による略奪などが関係してくるよ。ただ、このコンセプトが放つメッセージはファンに考えて欲しいと思うんだ。僕が言えるのは、生と死、そして宇宙における人間の役割について扱っているということだね。

Q4: It took five years since you released previous album “Outer Isolation”. What’s the reason for this long interval? And how have you evolved from “Outer Isolation”?

【DAVID】: There were a lot of factors involved. One of the biggest reasons why it took so long in between was because we moved the entire band from Tempe, Arizona to Philadelphia, Pennsylvania. It took some time getting settled in to new jobs and places to live. We already had some friends here, so that made things a little easier for us. Still, it was a big move for all of us. The other reason it took so long was trying to write the album while also having a full time job. I had the concept of the album in my head for several years, and I didn’t want to rush things. I wanted to properly convey my thoughts through our music and that took some time with everything else going on in my life. For me, “Terminal Redux” is more rich and dynamic than “Outer Isolation”. It feels more fluid. It’s a huge, epic story that flows as one cohesive concept album. We’ve taken elements of what we’ve done before and expanded upon them. The thrash elements are much more evolved, and we’ve taken our progressive side to even further extremes. I think it is our best work yet, and our most ambitious. We really solidified our sound with this album.

Q4: 前作 “Outer Isolation” からは5年の月日を要しましたね。その間にバンドはどのような進化を遂げたのでしょう?

【DAVID】: 長いインターバルには様々な要因が関係しているんだ。最も大きな理由の1つは、バンド全体がアリゾナ州タンパからペンシルバニア州フィラデルフィアに移ったせいだろうね。新しい仕事や住む場所を見つけるのに時間がかかったんだ。ここに友達はいたからいくらかは楽だったんだけどね。それにしても大移動だった訳だよ。
他の理由としては、フルタイムの仕事をしながらアルバムを書かなければならなかったということもあるね。だからと言って急ぎたくはなかったんだ。僕の考えが音楽を通して正しく伝わるようにしたかったし、他にも日々の生活で時間を取られることは多々あったからね。
僕にとって、”Terminal Redux” は “Outer Isolation” に比べてよりリッチでダイナミックなアルバムなんだ。より流動的な感じかな。壮大でエピカルなストーリーが、凝縮された1つのコンセプトアルバムのように流れていくんだよ。以前からの要素を元に、さらに押し広げて行ったんだ。
Thrash の要素はさらに進化を遂げ、僕たちのプログレッシブな要素も究極に突き詰めたんだよ。今までで最高の作品だと思うし、最も野心的な作品でもあるね。このアルバムで僕たちは自らのサウンドを本当に固めたと思う。

1040614_10151510501266821_1268211461_o

Q5: Anyway, “Terminal Redux” is like a magnificent Sci-fi movie. You know, off course, Sci-fi plays important role in your music and concept. What inspired you to take that kind of influence to your music?

【DAVID】: Thank you! I would love to make the story into a movie or an anime series or something. It would be cool to see the story come to life. My main influence for liking Sci-fi comes from my dad. He’d let me watch all types of awesome movies when I was a kid that most parents wouldn’t let their kids go near, haha. “Bladerunner”, “Mad Max”, “The Howling”, “The Thing”, and “La Planete Sauvage” were some of my favorites growing up and to this day. It’s because of him that I not only got into sci-fi and horror, but also guitar. He taught me a bunch of Led Zeppelin songs when I was younger, so thanks dad! Haha. And to all the Japanese fans, I also like the old Godzilla movies and a few animes like “Ghost in the Shell” and “Evangelion”.

Q5: 仰る通り、”Terminal Redux” は壮大で、SF映画の大作のようですね。SF的なコンセプトは VEKTOR にとって常に重要な役割を担っていますが、あなたのインスピレーションの源を教えていただけますか??

【DAVID】: ありがとう!僕はこのストーリーを映画やアニメシリーズにしてみたいんだよ。実現したらクールだろうね!
僕が SF を好きになったのは主に父の影響なんだ。彼は僕が子供のころに色々なタイプの素晴らしい映画を見せてくれてね。普通の親なら許さないようなものまでね(笑)”ブレードランナー” “マッドマックス” “ハウリング” “遊星からの物体X” “ファンタスティックプラネット” といった映画を見て育ったし、今でも大好きなんだ。
父の影響は SF やホラーだけじゃなく、実はギターもなんだよ。彼は僕が子供のころ、沢山 LED ZEPPELIN の楽曲を教え込んだんだ。ありがとう、父さん!(笑)
あと、全ての日本のファンに伝えたいんだけど、僕は昔の “ゴジラ” の映画や、”攻殻機動隊” “エヴァンゲリヲン”のようなアニメも好きなんだよ。

Q6: Speaking of Sci-fi, you are often compared with legendary Voivod. OK, what’s Voivod to you? And I think their influences decreased in your new record. How about that?

【DAVID】: Voivod has been one of my favorite bands since I was a teenager. We actually got to tour with them a couple months ago. They asked us if we wanted to tour with them and of course we said YES! It was great hanging out with them every night backstage. They are the coolest guys ever, and we’re pretty good friends now. Although I love their music, I think our new record sounds less like Voivod than our previous albums. Even though people like to compare us to Voivod, the resemblance is only surface deep. Voivod is such a unique band that no one can copy them, only draw inspiration from. They’re one of a kind.

Q6: SF と言えば、VEKTOR はよく VOIVOD と比較されますよね?彼らはあなたにとってどのような存在ですか?また、新作では彼らからの影響が減少しているようにも感じましたが、いかがですか?

【DAVID】: VOIVOD は僕がティーンネイジャーのころから、大好きなバンドの1つだったね。実は何ヶ月か前に彼らとツアーを行ったんだよ。彼らが僕たちに一緒にツアーをしたいかい?と尋ねてくれたんだ。勿論、僕たちは YES! と答えたね。毎晩バックステージで彼らとツルむのは最高だったね。今まで会った中でも最高にクールな人たちだし、今ではとても良い友達なんだ。
僕は彼らの音楽を愛しているけど、新作は、以前のアルバムより VOIVOD の影響は減っていると思う。リスナーは僕たちを VOIVOD と比較したがるけれど、類似点は深海の表層部分だけなんだよ。VOIVOD はユニークなバンド過ぎて、誰もコピーなんて出来ないよ。インスピレーションを得るだけなんだ。唯一無二のバンドだよ。

1401x788-vektor1401-770x470

Q7: So, you are mostly categorized in Thrash metal. You know, lot’s of Thrash Revival bands emerged, but I think most of them don’t have equal quality of Golden age. However, definitely, “Terminal Redux” has!! Except for Voivod, I felt intense and intelligence that Death or Kreator had. Do you agree that?

【DAVID】: Thanks! I feel the same way about most modern thrash. It doesn’t have the same originality of the Golden age bands. Old-school bands actually had unique sounds. Death and Kreator are both great examples of unique sounding bands, and they are also huge influences for us. So yes, I agree with you. Both of those bands are brutal but also intelligent. We try to blend extreme music with deeper, philosophical topics.

Q7: 多くの Thrash Revival バンドが現れましたが、オリジネーターたちと同等のクオリティーを誇るバンドはなかなか存在しません、VEKTOR を除いては。”Terminal Redux” には VOIVOD 以外にも、DEATH や KREATOR のインテンス、アグレッション、インテリジェンスが感じられますね?

【DAVID】: ありがとう!僕も大半のモダンスラッシュには同じ思いを抱いているよ。黄金世代のバンドたちほどのオリジナリティは備えていないよね。オールドスクールなバンドは実にユニークなサウンドを備えていたよ。
DEATH と KREATOR はその素晴らしい例だね。勿論、僕たちにも多大な影響を与えているよ。だからうん、君の意見には同意するよ。その2つのバンドはブルータルだけど、同時に知的だよね。僕たちはエクストリームミュージックと深く哲学的なトピックをブレンドしようとしているんだよ。

Q8: Final two around ten minutes songs, “Collapse”~”Recharging the Void” are very dramatic, proggy and experimental. Clean part and female chorus are so effective. So, where did your prog aspects come from? And how do you keep the balance between aggression and experimental?

【DAVID】: In addition to death, black, and thrash metal, I’ve been a fan of art and prog rock from the 70’s for several years. Influences from bands like Rush, Pink Floyd, and Yes all make appearances in the last two songs. David Gilmour is one of my favorite guitar players and vocalists. I definitely drew inspiration from him on a few parts in the last two songs. I think moving to Philadelphia helped inspire the female soul singers. I may not have thought about using soulful backup singers it if we still lived in Arizona. Sometimes inspiration is a matter of circumstance. When writing our songs, it is always a balancing act between aggressive, experimental, and atmospheric parts. The challenge is to piece the song together in a way that makes sense. Sometimes it’s more impactful to make a sudden leap in dynamics, and sometimes it’s more impactful to make a gradual transition through a build-up. It depends on what you’re trying to say with the song. Sometimes I’ll have 100 versions of a song before I’m happy with it. Art is something that needs to be refined over and over until the true meaning of the piece is conveyed. This album was especially a challenge because I also had to think of the album as one giant song, so each part was carefully pieced together, rearranged, deleted, brought back in another form, and so on.

Q8: アルバム最後を飾る10分前後の2曲、”Collapse” ~ “Recharging the Void” の流れはドラマティックでありながら、プログレッシブで実験的でもありますね。あなたのクリーンボーカル、さらに女性コーラスとのデュエットが実に魅力的でした。アグレッションと実験性のバランスについてはどう考えていますか?

【DAVID】: Death, Black, Thrash メタルに加えて、僕は何年も、70年代のアート/プログロックのファンなんだ。RUSH, PINK FLOYD, YES といったバンドたちからの影響が全て最後の2曲に現れているよ。David Gilmour は僕のフェイバリットギタリスト/ボーカリストの1人なんだ。最後の2曲には、間違いなく彼からインスピレーションを得たパートがいくつかあるね。
フィラデルフィアに移住したことで、女性のソウルシンガーを起用しようと思えたんだよ。アリゾナに住んでいたら、ソウルシンガーを起用しようなんて思わなかったかも知れないね。インスピレーションは環境にも左右されるものなんだよ。
作曲をする時は、アグレッション、実験性、そしてアトモスフェリックなパートのバランスを考えているんだ。意味を成すように楽曲を繋ぎ合わせることこそがチャレンジなんだよ。時には急激なダイナミズムこそインパクトを与えることもあるし、時には緩やかな移行の方がよりインパクトを与えることもあるね。その曲で何を主張したいかによるんだ。アートは真の意味にたどり着くまで、何度も何度も精錬される必要があるね。
このアルバムは特にチャレンジだったね。なぜなら、アルバムを1つの巨大な楽曲のようにも考えなければならなかったからさ。だからどのパートも、注意深く編成され、リアレンジされ、削除や追加を繰り返し行ったんだよ。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED DAVID’S LIFE!!

METALLICA “KILL`EM ALL”

Metallica_-_Kill_'Em_All_cover-2

DESTRUCTION “ETERNAL DEVASTATION”

220px-Eternal_Devastation

SLAYER “SEASONS IN ABYSS”

Slayer_-_Seasons_in_the_Abyss

RUSH “2112”

Rush_2112

NOFX “THE DECLINE”

NOFX_-_The_Decline_cover

These albums probably had the biggest impact on my life because I heard them all in my teen years. They kind of shaped what types of things I would get into after that. They’re all classic albums in my opinion!

【MESSAGE FOR JAPAN】

12049415_10153133609301821_5564376214046609190_n

Japan was amazing!!! We had so much fun and the crowd was excellent both nights we played in Tokyo. We all love Japan, the people, and the culture so much! It was such a great experience and I hope we get to go back there soon. I want to give a shout out to Akira and Matsumoto from Spiritual Beast Records in Japan. They are great dudes! We can’t wait to see you all again. Sci-fi or Die!

日本は素晴らしいよ!!!東京でプレイした2回の夜は本当に楽しかったし、観客も最高だったね。バンドは全員日本、日本の人たち、日本の文化が大好きなんだ!実に素晴らしい経験だったし、早く戻りたいよ。Spiritual Beast Records の Akira と Matsumoto に感謝を述べたいね。彼らは最高だよ!ファンのみんなに会えるのが待ちきれないね。Sci-fi or Die!

DAVID DISANTO

VEKTOR Facebook Page
VEKTOR Bandcamp Page
SPIRITUAL BEAST OFFICIAL SITE “VEKTOR”
EARACHE STORE

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です