NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【HAMMOCK : EVERYTHING AND NOTHING】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ANDREW THOMPSON & MARC BYRD OF HAMMOCK !!

12525259_10153583156573510_9140200577798995286_o

Ambient / Shoegaze Duo From Nashville, Hammock Has Just Released Their Newest Album “Everything And Nothing” !! New Realm of “STARGAZE” !!

DISC REVIEW “EVERYTHING AND NOTHING”

Ambient, Shoegaze, Post-Classical, Post-Rock といったアトモスフェリックなジャンルを股にかける、ナッシュビルのデュオ HAMMOCK が新作 “Everything and Nothing” をリリースしました!!至上の美しさはそのままに、明らかに前作までのアンビエントフィールドから1歩歩みを進めた今作で、遂に HAMMOCK はより多くのリスナーから注目を集めることでしょう。
前作 “Oblivion Hymns” は大きく実験的な方向に振れた作品で、ビートすら存在しない “Post-Classical” な世界観で全編覆われた異色の作品でした。しかしインタビューでも触れられているように、それ以前の作品群と比較しても、今作には “Dissonance” に象徴されるような、英語詞を持ったボーカル曲が多数収録されているという明確な変化が存在します。彼らが作品の”核”と語るその変革は、HAMMOCK のサウンドを一般的なリスナーにもより受け入れられやすい Dream Pop / Shoegaze の方向に強く導く結果となっていますね。
それは結果として、”Clarity”, “Burning Down The Fascination” のように強いビートを持った、バンド史上最もヘヴィーでロック寄りの楽曲も生まれることにも繋がりました。
とはいえ、この76分の映画のような大作には、”We Could Have Been Beautiful Again” や “She Was in the Field Counting Stars” のような、自身悠久の名曲 “Tape Recorder” にも匹敵する、彼らのインストゥルメンタル曲でも最高に美麗な部類の佳曲も収録されており、以前からのファンにも納得のサウンドスケープを堪能することが出来ますね。
彼らの音楽を聴いていると、他のアーティストからは決して感じることの出来ない仏教観、さらには”禅”にも通じる瞑想体験を通過することがあるように思います。”Wasted We Started at the Ceiling” は特に、そのヴァイブと新たな”核”を融合し見事に投影した楽曲です。エコーの向こうで鳴り響くギター、マントラのようなボーカル、酩酊を誘うようなストリングス。全てがスローモーションで、リスナーはただ楽曲の”波動”に身を任せるのみ。”悟り”に到達するという表現は少々大袈裟かも知れませんが、全身で暖かい安心感を享受出来る HAMMOCK の見事なコンポジションはこの楽曲が証明するようにさらに高いレベルに達しており、まさしく唯一無二ですね。
今回弊誌では、HAMMOCK の2人、Andrew Thompson と Marc Byrd にインタビューを行うことが出来ました。日本人写真家、菅武志さんの手によるアートワークも素晴らしいですね。どうぞ!!

81jm1YFuRsL._SX425_

HAMMOCK “EVERYTHING AND NOTHING” : 9.2/10

【INTERVIEW WITH ANDREW THOMPSON & MARC BYRD】

Hammock+Hires+2+SQUARE

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the duo? How did Hammock start? And what’s the meaning behind your name “Hammock”?

【ANDREW】: Hammock consists of Marc Byrd & Andrew Thompson. We write, produce & record all of our music, so we wear many different hats within the creative process.
Marc & I started recording what would become Hammock’s first release, “Kenotic”, in our off time in producing, writing & recording other artists.
We really had no plans to release that music, it was created purely for our own pleasure. Once we did decide to release it, we had no idea if anyone would like it or not. Much to our surprise, the response was quite favorable.
A few different names had been tossed around, but nothing really seemed to fit what we were writing. At some point, Marc was hosting an outdoor party at his house and a friend of ours noticed his hammock in the backyard & suggested we call our instrumental project “Hammock” and that stuck. Serendipity I suppose..

Q1: 本誌初登場です!まずはデュオ結成の経緯と、”Hammock”という名前の由来を教えてください。

【ANDREW】: HAMMOCK は Marc Byrd と Andrew Thompson から成るデュオさ。2人で作曲、プロデュース、全てのレコーディングを行っているから、2人ともクリエイティブなプロセスの中で様々な役割を果たしているよ。
当時、他のアーティストのためのレコーディングやプロデュースの合間を縫って、2人でレコーディングを始めたのが後に HAMMOCK 最初の作品 “Kenotic” となったんだ。リリースの計画は全く無くてね。ただ、純粋に2人が楽しむために作ったんだよ。気に入ってくれる人がいるかどうかなんてわからなかったから、反響がとても良好だったことには非常に驚かされたね。
デュオの名前は、HAMMOCK 以前に幾つか候補があったんだけど、僕たちの楽曲にピッタリハマると思えるものではなかったね。ある時、Marc が彼の家でアウトドアパーティーを開いたんだけど、僕たちの友人が裏庭で Marc のハンモックを見つけてね。僕たちのインストゥルメンタルプロジェクトを “Hammock” と呼ぶよう勧めてくれたんだ。まさにハマったね!セレンディピティだと思うよ。

Q2: Your newest album, masterpiece, “Everything and Nothing” is just out now! How are you feeling now?

【ANDREW】: Really excited to have “Everything and Nothing” out in the world. We worked on this one for a very long time before we found the core of the album. Once we did, we had to figure out which songs would best fit that core vision. It was an emotional time in our lives throughout that process, and I think that comes through in these pieces.

Q2: 素晴らしい新作 “Everything and Nothing” がリリースされましたね!今はどういったお気持ちですか?

【ANDREW】: “Everything and Nothing” を世に出せてとても興奮しているよ。アルバムの核を見つける前から、この作品には実に長い月日を費やして来たからね。
どの楽曲が”核”にフィットするか見極める必要があったんだ。そのプロセスは通して、僕たちの人生でも最もエモーショナルな時間だったね。そしてその試みは成功したと思うよ。

Q3: When you named this great album “Everything and Nothing”, what was in your mind? Could you tell us about the concept of the record?

【MARC】: The title is not meant to be a narcissistic statement in the sense of saying that “we have everything but it all really just amounts to nothing.” Instead it’s a way of describing “form and emptiness.” We were trying to express the idea that when you are almost worn down to “nothing” or “emptied out” then you have the space to be filled with and carry “everything.” An open space to live in and out of.

Q3: タイトルを “Everything and Nothing” とした理由、併せてアルバムのコンセプトを教えていただけますか?

【MARC】: タイトルは別にナルシスティックなステートメントではないんだよ。”僕たちは全てを持っているけれど、結局全ては無に帰すんだ”なんてことが言いたかった訳じゃなくてね。”形成と空虚”という考え方を述べたかったんだよ。
君がほとんど疲れ果ててしまって “Nothing” 空虚になってしまったとしても、その空白はすなわち “Everything”、全て何でも持ち込めるスペースにもなり得るんだよ。出入り自由なオープンスペースという訳さ。

Q4: So, your previous release “Oblivion Hymns” was toward “Post-Classical” element, I think. But you returned to ambient and shoegaze music in “Everything and Nothing”. Do you agree that?

【ANDREW】: Yes, that was a very purposeful move on our part. Having done a record like “Oblivion Hymns” with no beats and mostly neo-classical elements, we felt that the release to follow that should have a much more “aggressive” approach. We were a little bit worried that we went too far, but the reaction has been fantastic so far.

Q4: 前作 “Oblivion Hymns” は “Post-Classical” な方向に向かっていたと思うのですが、今回はアンビエント、シューゲイズに戻って来ていますよね?

【ANDREW】: そうだね。そしてそれはある意味とても必然的な回帰だったね。”Oblivion Hymns” のようなビートが無く、ほとんどがネオクラシカルな要素のレコードを作り終えた後、僕たちはより”アグレッシブ”なアプローチを取るべきだと感じたんだよ。ちょっとやり過ぎたかなとも思ったんだけど、リアクションは今のところとても良いんだよ。

_TEP0615

Q5: This time, the prominent lyrics are featured in six songs, and it’s rare thing for Hammock, I feel. What’s the reason of that?

【ANDREW】: That was part of the “core” of this record that I spoke of earlier. Hammock has always had a fair amount of vocals on our previous records, but they were used more as an additional instrument or texture, generally not as a focal element. We just seemed to naturally be gravitating in that direction on this particular release.

Q5: “Everything and Nothing” には明らかな”歌詞”の存在する楽曲が6曲ほど収録されています。HAMMOCK にとっては珍しい試みですよね?

【ANDREW】: うん、それこそが、さっき話したこのレコードの”核”となる部分なんだよ。HAMMOCK は過去の作品においても常に、かなりのボーカルを使用してきたけど、より楽器やテクスチャーの1部として加えられていたね。基本的に中心的な要素ではなかったんだ。だから今回は特に、自然とボーカルにフォーカスしたアルバムに向かって行ったように思うね。

Q6: Japanese photographer, Takeshi Suga did amazing job of artwork. Could you tell us about the story of his joining? And what is that kind of images for your music?

【MARC】: We intentionally went in a different direction visually. Rather than muted colors we wanted something brighter. Our manager showed us his work and we knew we wanted something like what he was doing. We had the title of the record and when we saw his work we were mostly drawn to the layered look… the “looking through” effect to see what lies beneath while at the same time remaining in plain sight. There was a sense of transparency in his work. Form and the emptiness, the particular and the whole, both captured simultaneously… Everything and Nothing.

Q6: 日本人フォトグラファー、菅 武志さんのアートワークも素晴らしいですね!

【MARC】: うん、今回僕たちは、ビジュアル的にも意図的に異なる方向へ進んだんだ。押えた色彩よりも、より明るいアートワークにしたかったのさ。マネージャーが彼の作品を見せてくれてね。まさに彼のやっていたもののようなアートワークにしたかったと分かったんだよ。
すでにレコードのタイトルは決まっていたんだけど、彼のレイヤードされた作品を見て、本当に惹き付けられたんだ。パッと見で残る印象と、”透視” 効果で見る印象が変わってくるんだよ。彼の作品には透明感があるね。”形成と空虚”、”部分と全体”。両面を捉えているよね。それこそが、”Everything and Nothing” なんだ。

Q7: Speaking of the artwork, Jonsi of Sigur Ros dealt with the artwork of “Maybe They Will Sing For Us Tomorrow”. What is Jonsi and the music of Sigur Ros to you?

【ANDREW】: We are both admirers of Sigur Ros. I think Marc had their first record when we were out on tour with different bands. It was probably the most listened to record out on that tour. I think that gave us hope that we could create music that was truly transcendental, even without the use of English in the lyrics. That raw emotion really motivated us to experiment in an effort to find our own unique voice.

Q7: アートワークと言えば、SIGUR ROS の Jonsi が “Maybe They Will Sing For Us Tomorrow” のアートを手がけていましたね。彼や SIGUR ROS の音楽についてはどう思っていますか?

【ANDREW】: 僕たちは2人共、SIGUR ROS を崇めているんだ。確か僕たちが他のバンドとツアーに出ていた時に、Marc が彼らのファーストアルバムを手に入れたんだよ。おそらく、ツアー中に最も聴いたレコードじゃないかな。
あの作品のおかげで、英語の歌詞を使用しなくても、真に卓越した音楽を作ることが出来るという希望を抱けたんだからね。あの作品の生々しいエモーションが、僕たち自身のユニークな声を探究するモチベーションになったんだよ。

Q8: So, your music is categorized lots of genres, like Post-Rock, Shoegaze, Post-Classical, and more. Are you concerned about that? And what’s musical goal to you?

【ANDREW】: We like to refer to it as “Stargaze” from time to time.
Sometimes I think the whole categorization of music can be quite distracting. Most of the music that really speaks to us really does defy any one label or description.
If we have a musical goal, I would say that it would be to create music that we would like to hear ourselves..

Q8: HAMMOCK の音楽は、Post-Rock, Shoegaze, Post-Classical, など様々なジャンルに例えられますが、あなた達自身ではどう捉えていますか?

【ANDREW】: それについては、しばしば “Stargaze” と称したりしているんだ。時々僕は、そういった音楽のカテゴライズ全てが狂気じみていると思うことがあるんだ。音楽の大半は、1つのジャンルや表現で括れるはずもないからね。もし僕たちにゴールがあるとすれば、自分たちが聴きたい音楽を作ることかな。

_TEP1391

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ANDREW & MARC’S LIFE!!

ANDREW THOMPSON

SIGUR ROS “AGAETIS BYRJUN”

ÁgætisByrjunCover

THE POLICE “REGATTA DE BLANC”

41R12CEXV6L

THE CURE “DISINTEGRATION”

CureDisintegration

BRIAN ENO “ANOTHER GREEN WORLD”

Another_Green_World

JOY DIVISION “UNKNOWN PLEASURES”

Unknown_Pleasures_Joy_Division_LP_sleeve

MARC BYRD

THE CURE “DISINTEGRATION”

CureDisintegration

THE CHURCH “STARFISH”

Starfish_album

THE SMITHS “THE QUEEN IS DEAD”

The-Queen-is-Dead-cover-2

THE VERVE “A STORM IN HEAVEN”

The_Verve_–_A_Storm_in_Heaven

HAROLD BUDD & BRIAN ENO “THE PEARL”

220px-Budd_&_Eno's_The_Pearl

【MESSAGE FOR JAPAN】

_TEP0440

Hello from Hammock! We hope to come and see you all soon.

やあ、HAMMOCK だよ!君たちに早く会いにいきたいね!

HAMMOCK

HAMMOCK Facebook Page
HAMMOCK Official Site
HAMMOCK Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です