タグ別アーカイブ: shoegaze

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MØL : JORD】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH FREDERIK LIPPERT OF MØL !!

Denmark Based Five Piece Blackgaze Outfit, MØL Re-Mixes Agression And Beauty With Their Widscreen Debut Record “Jord” !!

DISC REVIEW “JORD”

興隆するデンマーク黄金世代の鋭鋒。常闇で光芒に焦がれしブラックゲイズの申し蛾 MØL がリリースした透徹のデビュー作 “Jord” は、ジャンルの虫籠を稀有なる羽音で切り裂きます。
前身となる ANTENNAS TO NOWHERE で、SLOWDIVE や MY BLOODY VALENTINE からインスピレーションを得たシューゲイズ/ドリームポップサウンドを追求していた Nicolai Hansen と Ken Klejs が MØL を立ち上げたのは2012年のことでした。
以来、セレスティアルな空気をエクストリームの白刃で裁断し巻き起こすバンドの “嵐” は、DEAFHEAVEN, GHOST BATH, OATHBREAKER, heaven in her arms 等と共にブラックゲイズの地図に新風を吹き込んでいます。
MØL がこの新興サブジャンルでまず傑出している点はコンパクトなバランス感覚から際立つコントラストかもしれませんね。エセリアルなシューゲイズサウンドとブラッケンドのアグレッションが双璧を成すジャンルにおいて、MØL ほどその両翼を巧みに美しく羽ばたかせるバンドはいないでしょう。
どちらか一方にに重心を振り、ともすれば片翼をほとんど犠牲にするバンドも多い中、8曲42分というコンパクトなデザインの中で光と闇を鮮明に浮き上がらせる彼らの手法は際立っています。
ツインピークスと Angelo Badalamenti のメランコリー、サスペンスを受け継ぐイントロダクションが印象的なアルバムオープナー “Storm” はまさにその MØL のシグニチャーウイングを大きく広げた春の嵐。リバーブの霧が晴れるやいなや、ハイピッチのスクリームとブラックメタルのフェロシティーがリスナーの眼前に広がります。
とはいえ、バンドがメロディーを放棄することはありません。鳴り響く雷鳴と騒乱のドラムワークを上昇気流に駆け上る、トレモロのハーモニーはあまりに気高く流麗。そうして対比に根ざしたインテンシティーは、ポストロックのアンビエンスを宿すアウトロへと収束していくのです。
「アルバムのテーマは、青く回転するこの星でいかに限られた時間を過ごすかについてなんだ。死と時間に関する疑問への思考や黙想なんだよ。」とインタビューで語るように、スカンジナビアの厳しくも壮大な自然を通して生と死、時間に焦点を当てたレコードは実際テーマと音楽が見事にシンクロしているように思えます。
“Penumbra” で緩やかに刻まれるミュートを施したギターの音色は、確かに時計の針を示しつつ終着駅へのカウントダウンを隠喩しているのでしょう。
“Vakuum” と “Lambda” に纏わるコントラストはアルバムのハイライトと言えるかもしれませんね。愛する人を失うことについて書かれた “Vakuum” は、ボーカル Kim がパーソナルな領域を追求したが故にデンマーク語で歌われる楽曲。怒りの感情が支配する作品で最もアグレッシブかつファストな真空の牙は、スラッシュやブラックメタルを前面に押し出しながら、ナチュラルに荘厳なる木漏れ日を浸透させていきます。
一方で、”Lambda” は80〜90年代のメロウなシューゲイズサウンドを意図的に狙ったインストゥルメンタルソング。Kevin Shields の理想を嫋やかに楽曲へと落とし込み、儚くも幻想的、エアリーな桃源郷を具現化しているのです。バンドのルーツ、闇と光はこの場所で交差し、極上のダイナミズムを創出し、再び羽搏き飛び立ちます。
「そこからブラックメタルとシューゲイズよりも多くのジャンルを引き出したい。」と Frederik が語るように、”Virga” には GOJIRA のプログレッシブな精神が宿っていますし、アルバムを締めくくるタイトルトラック “Jord” は LAMB OF GOD の息吹を吸い込むモダンメタルとシューゲイズの壮大なる交差点です。多様性まで手に入れたスカンジナビアの夜蛾は、そうしてシーンに煌めく鱗粉を散りばめていくはずです。
今回弊誌では、ギタリスト Frederik Lippert にインタビューを行うことが出来ました。LANTLOS の “.Neon” や DEAFHEAVEN の “Sunbather” との比較は避け難いでしょうが、よりワイドスクリーンなアプローチが魅力的な快作。
ROLO TOMASSI や CONJURER も揃えるレーベル Holy Roar Records にも注目です。「現在デンマークシーンは才能と共に爆発的な進化を遂げているよ。まさにメタルの黄金世代が勃興しているのさ。」どうぞ!!

MØL “JORD” : 9.8/10

INTERVIEW WITH FREDERIK LIPPERT

Q1: This is the first interview with you. So, could you tell us about yourself and band itself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【FREDERIK】: Well, we have a slight age gap between some of the members of the band, so there is some difference in the music we listened to while growing up. I listened to Led Zeppelin and Deep Purple, because my father listened to it and that is my earliest memory of being exposed to rock and heavy metal.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話していただけますか?

【FREDERIK】: そうだね、実を言うとバンドのメンバーの中には少し世代間のギャップがあるんだよ。だから聴いて育った音楽には異なるものもあるんだ。
僕は LED ZEPPELIN や DEEP PURPLE を聴いて育ったね。父が聴いていたからなんだけど。ただ、それが僕にとって最初のロックやメタル体験となったのは確かさ。

Q2: What inspired you to start playing guitar? Who was your musical hero at that time?

【FREDERIK】: I think it was listening to bands like Mastodon and Between The Buried and Me at a very young age and thinking: “Wow! There seems to be more to guitar than just blues licks. I’ve gotta learn how play stuff like this!” So probably Bill Kelliher and Paul Waggoner where the heroes at that time. But then, very quickly, my focus as a guitar play starting shifting to more experimental genres like shoegaze and post-metal. Then the heroes became Kevin Shields and Brian Eno.

Q2: ギターを始めたきっかけや、当時のヒーローについてはいかがでしょう?

【FREDERIK】: ギターを始めたのは、MASTODON や BETWEEN THE BURIED AND ME をとても若いころに聴いたのがきっかけになったと思うんだ。「彼らの作品にはブルースギターのリックだけじゃなくて、もっと広がったギターの可能性がある!弾き方を学ばないと!」と思ったね。だからおそらく、Bill Kelliher と Paul Waggoner が当時のヒーローだったと思うな。
ただ、そこからすぐに僕のギタープレイの焦点はシューゲイズやポストメタルといった、より実験的なジャンルへとシフトしていったんだ。つまりヒーローも Kevin Shields や Brian Eno へと変化したわけさ。

Q3: Nicolai and Ken have played together in Antennas To Nowhere, a shoegaze dream pop act. So, from there, how did MØL come to be? It seems MØL means moth in English. What made you choose that word for your band name?

【FREDERIK】: MØL was started by Nicolai and Ken after Antennas To Nowhere ended. They wanted to create heavier music, while still keeping some of the ethereal sounds they had adored in their previous shoegaze band. They, as well as the rest of the band, were inspired by bands like Alcest who seemed to bridge these two opposite genres. I initially joined on bass, but as the sound of the band evolved, I switched to guitar and we found another bass player. A few line-up changes later, here we finally are with a line-up we love.
Initially the idea behind the name was symbolic of the music we were trying to create. A moth is this creature that lives in the dark but is always searching for the light. It is a being of contradictions. That’s kinda what our music is an expression of. We know that we are rooted in “dark” music (various genres of metal), but we still try to create “light” ethereal and harmonious sounds as well.

Q3: Nicolai と Ken はシューゲイズ/ドリームポップアクト ANTENNAS TO NOWHERE で共にプレイしていたわけですが、そこから “蛾” の名を冠する MØL へどのように進展したのでしょうか?

【FREDERIK】: MØL は Nicolai と Ken が ANTENNAS TO NOWHERE が終わった後に立ち上げたんだよ。彼らは、ATN で志向していたエセリアルなシューゲイズサウンドを保ちつつ、よりヘヴィーな音楽を創造したかったんだよ。彼ら、そして残りのメンバーも、正反対にも思えるその二つのジャンルを繋ぐ架け橋、ALCEST のようなバンドにインスピレーションを得ていたんだ。
実は、最初僕はベースで加入したんだよ。だけどバンドのサウンドが進化するにつれて、僕はギターにスイッチし、新たなベースプレイヤーを探すことにしたんだ。そうして何度かのメンバーチェンジを経て、今の愛するラインナップに辿り着いたのさ。
バンド名を決める時に、鍵となったのは僕たちが作ろうとしている音楽をシンボライズすることだったね。”蛾” は闇に生きる生物だけど、いつも光を探しているよね。つまり、ある意味矛盾を抱えた生き物なんだよ。それって僕たちの音楽の表現方法と似ているよね。
僕たちはダークな音楽、メタルの様々なジャンルをルーツとしていながら、同時にエセリアルな “光”、ハーモニックなサウンドも創造しようとしているんだから。

Q4: Now, let’s talk about your amazing debut-full “Jord”. I think Jord means earth, mother nature or terra that we live in, right? Could you tell us about the concept or lyrical themes of this record?

【FREDERIK】: Well, the title is the Danish word for “Earth”, “soil” and “ground”. There are different ways to interpret it. It is an album about how we choose to spend our limited time that we are given on this blue marble spinning in space, and the ideas and contemplations that follow these questions of death and time. It is also about our environment and the its fleeting nature, reflected in our own existence. Most of the songs can be interpreted with this in mind and others are about some of the personal experiences our singer, Kim, has had, and how they relate to the overarching themes of death, time and nature.

Q4: では素晴らしきデビュー作 “Jord” について話しましょう。”Jord” とは私たちが住む地球、母なる自然を指しているようですね?

【FREDERIK】: そうだね、このタイトルはデンマーク語で “地球” “土壌” “地面” って意味を持つんだ。いくつか異なる訳し方があるんだよ。そしてアルバムのテーマは、この宇宙の中で青く回転する星で、いかに限られた時間を過ごすかについてなんだ。死と時間に関する疑問への思考や黙想なんだよ。
同時にこのレコードでは、環境、そして僕たち自身に反映される儚き自然にもフォーカスしているんだ。
楽曲のほとんどはそういったテーマに分類されるね。
そして他のいくつかは僕たちのシンガー Kim の個人的な経験によるものさ。

Q5: “Vakuum” is typically, I think your blackend aggression, heaviness, that kind of “anger” makes Møl stand out amongst others in the “Blackgaze” genre. It means your black metal, hardcore roots reflect on your music so deep, right?

【FREDERIK】: Yeah, we would like to think of ‘JORD’ as being a culmination of many of our influences, as well as, a contemplation and evolution of those influences. ‘Vakuum’ is an example of the aggression from different influences. Nothing is a constant and everything is changing, we’re all going to end up in the ground someday. We live very short lives, so whatever pleasure you derive from life, you really have to get as much as you possibly can out of it. You can’t escape the fact that we’re all going to die. Death is everywhere, in our news and in nature. Hardcore and black metal based on that are definitely some of the genres who influenced this song.

Q5: “Vakuum” は象徴的ですが、バンドの持つ “ブラッケンド” なアグレッションやヘヴィネス、怒りの感情は “ブラックゲイズ”のシーンにおいても MØL を際立った存在にしていますね?ブラックメタルやハードコアのルーツがより深く鮮明に根付いているように感じます。

【FREDERIK】: まさに、僕たちは “Jord” を様々な影響の集大成だと考えているんだよ。受けてきた影響は同時に熟慮され進化も遂げているんだけどね。
“Vakuum” はまさに異なる影響から生まれたアグレッションの証明だよ。永続的なものなんてないし、全ては変化していくんだ。そうして僕たちはいつか最終的に土に戻る。とても短い人生を生きているんだから、その間に出来るだけ多くを享受すべきなんだよ。
死からは逃れられないし、それは日常的なものだよ。そうした闇に根ざすハードコアとブラックメタルは間違いなくこの楽曲に影響を与えているね。

Q6: Also, ethereal, dreamy elements from 80’s, 90’s shoegaze and post-rock is your strong point. Title track “Jord” is typically, that contrast between beauty and aggression creates lot’s of emotions in your music, right? Anyway, whats your favourite track from your debut and why?

【FREDERIK】: That’s always a hard question. Personally, I would have to pick ‘Lambda’ since it is very contradictory to the rest of the album. Its an instrumental, slightly slower, shoegaze song. Plus, Jean-Michel from Gojira liked it on Instagram and who can argue with an endorsement like that?

Q6: とはいえ、もちろん先程仰ったように “闇” と “光” の対比こそがバンド、”Jord” のアイデンティティーです。中でもあなたが特に気に入っている楽曲を教えていただけますか?

【FREDERIK】: とても難しい質問だね。個人的には “Lambda” を推したいね。というのも、この曲は他の楽曲ととても毛色が異なっているからね。インストゥルメンタルで、すこしゆっくりしていて、シューゲイズソングだからね。
それに、この楽曲は GOJIRA の Jean-Michel がインスタでライクをしてくれたんだよ。これ以上に確かな保証はないでしょ?

Q7: So, you are often labeled as blackened shoegaze movement, alongside the likes of off course genre’s pioneers Alcest and Lantlôs and it’s successor, Deafheaven, Wolves in the Throne Room, Ghost Bath and Oathbreaker. Do you feel comfortable with that comparison?

【FREDERIK】: To a certain degree, sure. Some of our musical heroes, such as Alecst and Lantlos, were great inspirations in our early years as a band. The ethereal shoegaze mixed with the bleakness of black metal has always intrigued us, ever since we were younger and were exposed to the genre. We definitely identify with some of the characteristics of the genre, but we are in no way a traditionalistic band. We like to mix it up and draw upon more genres than just black metal and shoegaze. We appreciate being compared to such great bands as Oathbreaker and Deafheaven, but we don’t necessarily identify with that comparison.

Q7: 所謂、”ブラックゲイズ” として ALCEST, LANTLOS, その後続 DEAFHEAVEN や GHOST BATH, OATHBREAKER などと比較されることに関してはどう感じていますか?

【FREDERIK】: ある程度は納得しているよ。だって、その内のいくつか、ALCEST や LANTLOS は僕たちの音楽的なヒーローで、バンドとして初期に多大なインスピレーションを得ているんだからね。
ただ、エセリアルなシューゲイズサウンドと、ブラックメタルの荒涼をミックスする手法は、いつだって僕たちを魅了してきたんだ。僕たちがもっと若くてこのジャンルに晒される前からね。
だからもちろん、僕たちは間違いなくこのジャンルの特徴をある程度は受け継いでいるけど、決して伝統的なバンドというわけではないんだよ。
つまりね、僕たちはブラックゲイズを混ぜ合わせて、そこからブラックメタルとシューゲイズよりも多くのジャンルを引き出したいのさ。
OATHBREAKER や DEAFHEAVEN のような素晴らしいバンドとの比較には感謝するけど、その比較が必ずしも僕たちを特定するわけではないんだ。

Q8: I love recent Danish metal scene so much. There are lot’s of nice bands like you, Cabal, Vola, Ghost Iris. How do you describe Danish scene now?

【FREDERIK】: Vibrant and growing. Bands like Cabal, Vola and Ghost Iris completely deserve all the attention they get, but there are also other Danish metal bands that deserve more attention. Bands like Morild (an atmospheric black metal band) and Konvent (an all-girl doom band) are also deserving of some international attention. The entire scene in Demanrk is just exploding with talent at the moment. A golden age of metal might be on the horizon in Denmark.

Q8: 近年のデンマークシーンは、あなた方をはじめ、CABAL, VOLA, GHOST IRIS など新世代の台頭が著しいですよね?

【FREDERIK】: まさに活気に溢れ、成長を遂げているね。君が挙げたようなバンドは、完璧に彼らが集めている注目に値するよ。
ただ、デンマークには他にももっと注目に値するバンドがいてね。アトモスフェリックブラックメタルの MORILD、全員が女の子のドゥームメタル KONVENT なんかも海外から注目されるべきだろうな。
とにかく、現在デンマークシーンは才能と共に爆発的な進化を遂げているよ。まさにメタルの黄金世代が勃興しているのさ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED FREDERIK’S LIFE

MY BLOODY VALENTINE “LOVELESS”

GOJIRA “FROM MARS TO SIRIUS”

ULVER “BERGTATT”

SLOWDIVE “SOUVLAKI”

ALCEST “SOUVENIRS D’UN AUTRE MONDE”

MESSAGE FOR JAPAN

Hello Japan! We love you all and cannot wait to play in your beautiful country someday! From day one, we’ve had support from Japan, despite the seemingly impossible distant between our two countries. We appreciate all the support through the years and hopefully we will see you all at a venue in Japan! Here’s to hope! Love – MØL

日本のみなさん、こんにちは! 君たちが大好きだし、いつか君たちの美しい国でプレイするのが待ちきれないね!MØL の始まりから、とても遠い場所にある日本からのサポートを受けてきたよ。何年ものサポートに本当に感謝しているし、みんなと日本のライブハウスで会いたいと思っているよ!愛を込めて。

FREDERIK LIPPERT

MOL Facebook Page
MOL Bandcamp
HOLY ROAR RECORDS Facebook Page
HOLY ROAR RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VIVA BELGRADO : ULISES】JAPAN TOUR 2017 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CÁNDIDO GÁLVEZ OF VIVA BELGRADO !!

unnamed-26

One Of Spain’s Most Well Thought Screamo/Post-Rock Act, Viva Belgrado Will Come To Japan With Splendid New Record “Ulises” !!

DISC REVIEW “ULISES”

スペイン、コルドバから世界を見据える激情ハードコア/ポストロックバンド Viva Belgrado 待望の初来日が Tokyo Jupiter Records の招聘により決定しました!! スウェーデンの巨人 Suis La Lune、スペインの熱風 Viva Belgrado、そして日本の新たな才能 Archaique Smile, Of decay and sublime が集結する二夜は、激情と美麗が交差する奇跡の瞬刻となるでしょう。
「鮮明で美しいアトモスフィアと、スクリームのコントラストを創造するのが好きなんだ。」インタビューで語ってくれたように、Viva Belgrado は情熱的な激情サウンドと、ポストロックの壮観なる美装を兼ね備えた南欧の逸材です。すでに欧州ハードコア/ポストロックのメジャーフェス Primavera Sound, Fulff Fest, ArcTanGent に出演を果たし、2年間で5度のユーロツアーを行うなどその勢いはまさにとどまるところを知りません。
バンドがリリースした最新作 “Ulises” は、都市や空港、オフィスといった現代社会の日常を舞台とした21世紀の叙事詩です。インタビューを読めば Cándido が各所で “True” “Honest” “正直” “誠実” というメッセージを発していることに気づくでしょう。
「僕たち自身の叙事詩を伝えたかった。」と語る Viva Belgrado の目的地は決して薄っぺらなプレハブの仮設物語ではなく、正直で誠実なアティテュードを携えたリアルなストーリーだったのです。
成功を収めたファーストフルレングス “Flores, Carne” のフォローアップとなる “Ulises” は、前作のアートワークに描かれた優艶な花々が “Ulises” のアートワークにおいて奔放に成長を果たしたように、自身の鮮麗なスタイルを磨き上げ、伸び伸びとしかし着実にスケールアップを果たした意欲作に仕上がりました。
アルバムオープナー “Calathea” は Viva Belgrado のその芳醇な音楽を象徴する楽曲です。パンクの推進力、ハードコアの衝動、ポストロックの情景、スクリーモの直情は、カラテアの新緑のごとく純粋に溶け合いバンドのリアルを伝えています。楽曲の隅々まで見透せるほどにクリアなプロダクションも白眉ですね。
Cándido の声はまさにこの叙事詩の主人公だと言えるでしょう。スクリームし、ラップし、アジテートし、朗読するそのボーカルはまさしく規格外で、さらにその全てがスペイン語を介することにより唯一無二の魅力を発していますね。
時に幸福を、時に悲哀を、時に情熱を、そして常に真実を運ぶ彼のリズミカルなラテンの響きは、リスナーに想像を超えるインパクトを与えることとなるのです。
実際、”Por la mañana, temprano” や “Apaga la llum” は Cándido の存在が成立させた新たな風です。ローズピアノを使用しポストロックの論理で構築されたソフトで繊細な楽曲は、しかし同時にダンサブル。よりコンパクトでストレートな作品を目指したという “Ulises” において、パンクのエナジーで疾走する “Erida” のような楽曲と見事なコントラストを描き出していますね。
Cándido の囁くようなラップは、スペイン語のセクシーな語感を伴いながらエキゾチックで現代的なムードをもたらし、”Apaga la llum” では “En Tokio no paraba de nevar” / “東京では雪が止まなかったんだ” としっかり愛する日本についても触れています。
アルバムは DEAFHEAVEN の息吹を吸収した光のシューゲイズ “Ravenala” で壮大に幕を閉じました。
今回弊誌では、バンドのボーカリストでギターもプレイするCándido Gálvez にインタビューを行うことが出来ました。envy や La Dispute のファンもぜひチェックしてみて下さいね。どうぞ!!

a3808346354_10-2

VIVA BELGRADO “ULISES” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VIVA BELGRADO : ULISES】JAPAN TOUR 2017 SPECIAL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ALCEST : KODAMA】JAPAN TOUR 2017 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NEIGE OF ALCEST !!

13975490_1254260777939853_9121865998646674986_o

The Pioneer Of Post-Black Metal From France, ALCEST Returns To Roots And Opens Up The New Chapter With Their Newest Album “Kodama” Influenced By Japanese Folklore !!

DISC REVIEW “KODAMA”

今や世界規模で注目を集める、儚くも美しいフランスの Post-Black Metal デュオ ALCEST が Neige の幼少期、そして宮崎駿さんの名作”もののけ姫”にインスピレーションを得たという新作 “Kodama” をリリースしました!!これまでも、寺院でプレイしたり、”Souvenirs d’un Autre Monde” 収録 “Tir Nan Og” でゲーム”クロノトリガー”に対するオマージュを行うことにより日本に対するリスペクトを表していた ALCEST ですが、彼らのその想いが本格的に詰まった作品は、さらにこの地でのファンを増やすことでしょう。
ALCEST は所謂 “Blackgaze”、Black Metal と Shoegaze を融合させたパイオニア的存在です。幻想的で内省的。メランコリックな繊細さと悲痛な激しさが生み出す圧倒的なダイナミズム、神々しいまでの美しさはシーンに衝撃を与え、DEAFHEAVEN などに続く Post-Black のうねりを創出したのです。
一つの潮流を生み出した ALCEST が発表した前作 “Shelter” は “Sun-Kissed” などとも表現される、言わば”光”のアルバムでした。メタルらしさを極力排し、多幸感溢れる Shoegaze / Indie サウンドを前面に押し出した作品は、確かに彼らの特徴であるダイナミズムが失われたという点では物議を醸しましたが、それ以上に極上の Post-Rock へと進化し、溢れ出る目も眩むような光の渦、SIGUR ROS にも似たアトモスフィアが 「やはり ALCEST は凄い!」 と世の中を納得させたように思います。
“Kodama” は “Shelter” と対になるカウンターパーツ的な作品と言えるかもしれません。インタビューにあるように、もののけ姫と通じる自然を食い物にする現代社会、そしてその闇の部分でもあるテロリズムが ALCEST を動かしました。ある意味メタルのルーツに戻り、よりダークな1面にフォーカスした”最も怒れる”作品は、それでもやはり徹頭徹尾 ALCEST です。そして同時に、彼らの新しいチャレンジである POP センスが花開いたアルバムであるとも言えるでしょう。
アルバムオープナー、タイトルトラックの “Kodama” はレコードを象徴するような楽曲です。確かにここには ALCEST のシグニチャーサウンドである、 Black Metal の冷たいギターや、Shoegaze のドリーミーなメロディーがレイヤーされていますが、同時にアリーナポップに由来する要素も存在します。COCTEAU TWINS や DEAD CAN DANCE に触発されたというボーカルは何と全てがインプロヴァイズされたもの。非常にキャッチーかつ神秘的なそのメロディーラインはリスナーをもののけの森へと誘い、楽曲をよりスピリチュアルな高みへと押し上げています。この手法は、”Je suis d’ailleurs” の冒頭などでも聴くことが出来ますね。
加えて、インタビューで語ってくれた通り、グランジやインディーロックからの影響も新たな可能性を提示します。楽曲後半に見せる Neige のギターワークは群を抜いていて、シンプルかつ少ない音数で空間を意識した印象的なフレーズを奏で、故意にラフなプロダクション、サウンドで NIRVANA のようにコードをのみ激しくストロークすることで、楽曲の幅を広げることに成功していますね。Neige のコンポジションスタイルである、光と影のバランスを完璧なまでに復活させながら、さらに進化を遂げた凄みがここにはあります。
ファーストシングル、”Oiseaux de Proire” は王者がメタルへの帰還を高々と告げるアルバムのハイライトでしょう。TOOL や SMASHING PUNPKINS さえ想起させるオルタナティブな感覚を備えたギターリフと、ノスタルジックで郷愁を誘う珠玉のボーカルメロディーで幕を開ける楽曲は、Neige の咆哮を合図に突如としてその怒りの牙を剥きます。Winterhalter の鬼気迫るブラストビートに乗って疾走する、メランコリックなトレモロリフはまさしく ALCEST のアイデンティティー。挿入されるキャッチーなアコースティックパートは進化の証。溢れるようなそのエナジーは、もののけ姫終盤にししがみが首を落とす場面をイメージさせますね。インタビューで言及している通り、”二面性” “対比” “進化” に拘るアートの開拓者らしい完璧な展開美を持ったシネマティックな楽曲だと思います。
タイトル、山本タカトさんをオマージュしたアートワークからコンセプト、”対比”の妙まで強く日本を意識した “Kodama”。今回弊誌では、Neige にインタビューを行うことが出来ました。音楽、歌詞、コンセプト、演奏、全てを司るまさに ALCEST の心臓が非常に深く丁寧に語ってくれました。日本の雑誌だからこそ行えた価値あるインタビュー。どうぞ!!

13775883_1236687363030528_6024899683831844032_n

ALCEST “KODAMA” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ALCEST : KODAMA】JAPAN TOUR 2017 SPECIAL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ASTRONOID : AIR】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BRETT BOLAND OF ASTRONOID !!

327f07e2-7f40-4133-8fdd-9a060d981036

Five Piece From Massachusetts, ASTRONOID Has Just Released Their Phenomenal Debut Full-Length “Air” !! “Dream Thrash” Reaches New Realm Of Metal Music !!

DISC REVIEW “AIR”

ミュージックシーンには、時にリスナーの想像を遥かに超えて、ジャンルの壁を平然と、無慈悲なまでに叩き壊すような存在が現れます。マサチューセッツを拠点とし、”Dream Thrash” を指標する5人組 ASTRONOID はまさにそういったバンドでしょう。彼らが Blood Music からリリースしたデビューフルレングス “Air” は、メタルシーンのトレンドを左右しかねないほどの傑作にして重要作となりました。
Black Metal に新たな要素を加えた Post-Black と呼ばれるジャンルが注目を集める、昨今のメタルシーン。多幸感を伴うアトモスフィア、Shoegaze 要素を融合させた ALCEST, DEAFHEAVEN、WOLVES IN THE THRONE ROOM, 実験的な Math / Prog 要素を果敢に取り入れた KRALLICE, LITRUGY は間違いなく Post-Black シーンのフラッグシップだと言えますね。
ASTRONOID はその両輪、 Shoegaze, Math / Prog 要素のみならず、Thrash Metal, Prog, Post-Rock, Power Metal, Dream Pop など実に多様なジャンルをミックスし、”Black Metal の最終形態” とでも表現したくなるような新しい音楽を生み出したのです。
“Up and Atom” は彼らの革新性を象徴するような1曲です。基本的には ALCEST のような Post-Black のフォーマットに適応した楽曲は、しかし冒頭から独自の顔を見せてくれます。キーワードはボーカルハーモニー。幾重にもレイヤーされた天上の歌声、ファルセットが紡ぐ極上のメロディーはリスナーをユートピアへと誘います。MEW の緻密に構築された幻想世界を思い出すファンも多いでしょう。時にブラストビートをも織り交ぜた、アグレッシブでテクニカルなバックの演奏との対比、マッチングの妙はアルバムを通して存在し、 ASTRONOID を”ネクストレベル”のバンドへ引き上げています。
さらに、中盤に用意された、あの HELLOWEEN を想起させるような、Power Metal 的展開はショッキングとさえ言えますね。なぜなら、モダンメタルバンドがこういった明白なメタルらしさをアピールする機会はほとんど無いからです。ツインギターハーモニーやアルペジオを多様したこのパートは、違和感なく楽曲に溶け込み、トレモロリフへと繋がりながら見事なドラマティシズムを演出していますね。
続く “Resin” も傑出した楽曲で、ボーカルの”壁”とでも形容したくなるような荘厳なるハーモニーは Devin Townsend の遺伝子を引き継いでいるようにも感じます。音の”壁”はボーカルだけではありません。シンガーでマルチプレイヤーの Brett を加えたトリプルギターとベース、4本の弦楽器が創出する、美しくも圧倒的なサウンドウォールは壮観で、心から生で体感してみたいと思えますね。
一方、タイトルトラック “Air” は比較的ストレートな “Up and Atom” と比べて実験的な一面を覗かせます。思わずカウントしたくなるマスマティカルな構成はブルックリンのシーンを意識しているようにも感じました。
さらに、プログレッシブという見地からみれば、”Obsolate” は明らかに CYNIC のリフワーク、浮遊感を独自の方法で体現しており、後半のボコーダーから難解なギターソロへと続くパートは彼らのチャレンジが身を結んだ瞬間だと言えるでしょう。
51分間のシネマティックなドリームスケープは、多幸感と希望に満ち、ポップさの限界までプッシュしながら、アグレッションと実験性をも多分に盛り込んだ、Black Metal のマイルストーン的な作品となりました。個人的には今年のベストアルバムであると確信しています。
今回弊誌では、バンドの中心人物、ボーカル/ギター担当の Brett Boland に話を聞くことが出来ました。間違いなく近い将来、大ブレイクするバンドです。日本から火が着けば嬉しいですね。尚、作品は下記の Blood Music Bandcamp から Name Your Price でダウンロード可能です。どうぞ!!

12986965_1050732118317440_8864427566629277774_n

ASTRONOID “AIR” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ASTRONOID : AIR】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【HAMMOCK : EVERYTHING AND NOTHING】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ANDREW THOMPSON & MARC BYRD OF HAMMOCK !!

12525259_10153583156573510_9140200577798995286_o

Ambient / Shoegaze Duo From Nashville, Hammock Has Just Released Their Newest Album “Everything And Nothing” !! New Realm of “STARGAZE” !!

DISC REVIEW “EVERYTHING AND NOTHING”

Ambient, Shoegaze, Post-Classical, Post-Rock といったアトモスフェリックなジャンルを股にかける、ナッシュビルのデュオ HAMMOCK が新作 “Everything and Nothing” をリリースしました!!至上の美しさはそのままに、明らかに前作までのアンビエントフィールドから1歩歩みを進めた今作で、遂に HAMMOCK はより多くのリスナーから注目を集めることでしょう。
前作 “Oblivion Hymns” は大きく実験的な方向に振れた作品で、ビートすら存在しない “Post-Classical” な世界観で全編覆われた異色の作品でした。しかしインタビューでも触れられているように、それ以前の作品群と比較しても、今作には “Dissonance” に象徴されるような、英語詞を持ったボーカル曲が多数収録されているという明確な変化が存在します。彼らが作品の”核”と語るその変革は、HAMMOCK のサウンドを一般的なリスナーにもより受け入れられやすい Dream Pop / Shoegaze の方向に強く導く結果となっていますね。
それは結果として、”Clarity”, “Burning Down The Fascination” のように強いビートを持った、バンド史上最もヘヴィーでロック寄りの楽曲も生まれることにも繋がりました。
とはいえ、この76分の映画のような大作には、”We Could Have Been Beautiful Again” や “She Was in the Field Counting Stars” のような、自身悠久の名曲 “Tape Recorder” にも匹敵する、彼らのインストゥルメンタル曲でも最高に美麗な部類の佳曲も収録されており、以前からのファンにも納得のサウンドスケープを堪能することが出来ますね。
彼らの音楽を聴いていると、他のアーティストからは決して感じることの出来ない仏教観、さらには”禅”にも通じる瞑想体験を通過することがあるように思います。”Wasted We Started at the Ceiling” は特に、そのヴァイブと新たな”核”を融合し見事に投影した楽曲です。エコーの向こうで鳴り響くギター、マントラのようなボーカル、酩酊を誘うようなストリングス。全てがスローモーションで、リスナーはただ楽曲の”波動”に身を任せるのみ。”悟り”に到達するという表現は少々大袈裟かも知れませんが、全身で暖かい安心感を享受出来る HAMMOCK の見事なコンポジションはこの楽曲が証明するようにさらに高いレベルに達しており、まさしく唯一無二ですね。
今回弊誌では、HAMMOCK の2人、Andrew Thompson と Marc Byrd にインタビューを行うことが出来ました。日本人写真家、菅武志さんの手によるアートワークも素晴らしいですね。どうぞ!!

81jm1YFuRsL._SX425_

HAMMOCK “EVERYTHING AND NOTHING” : 9.2/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【HAMMOCK : EVERYTHING AND NOTHING】

PICK UP ARTIST + PREMIERE: “TEEN DREAM DEATH MACHINE” 【DRÆMINGS】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “TEEN DREAM DEATH MACHINE” OF DRÆMINGS !!

DREAMY, DARK, HAZE POP WITH SOME SHOEGAZE. LISTEN TO THE BRIGHTEST HOPE OF DOOM-POP FROM SUMERIAN RECORDS !!

dr10422476_609602155837797_3089778848481438555_n

ANIMALS AS LEADERS, VEIL OF MAYA, ERRA, PERIPHERY といったテクニカルでハードなバンドを多く抱える SUMERIAN RECORDS からレーベルとしては異色のアーティストがデビューを果たします。DRÆMINGS。名前の通りドリーミーでアンビエント、少しダークでポップな女性ボーカルのグループです。勿論、このレーベルからデビューする訳ですからただポップなだけではなくシューゲイズ、エレクトロニカといったモダンな要素も大いに感じられますね。DOOM-POP と呼ばれているようです。というのもバックのメンバーはあの A PERFECT CIRCLE の JEFF FRIEDL と MATT MAJUNKINS 。現在 THE BETA MACHINE でコラボしている2人の才能も注がれています。繊細で美しい珠玉のメロディーを生み出すのは KIMI RECOR。美人です。実は以前レーベルメイト、DARKEST HOUR の曲にもゲスト参加していたりしますが今回遂にチャンスを掴んだといった感じでしょうか。同郷同レーベルの NIGHT RIOTS と共に新境地を開拓しつつある SUMERIAN の将来を担うかもしれませんね。

I love Japan, I want to come play there so very badly. It’s one of my top places to see!  I make dark pop music that you can dance to or cry to. Japan, you are a beautiful strange world, and I hope to come visit you soon!

日本が大好きなの。とてもライブをやりに行きたいわ。一番行きたい場所の一つなのよ!私はあなた達が踊ったり泣いたり出来るようなダークポップミュージックを作っているの。日本は美しくて不思議な場所ね。すぐに行ければいいなあと思っているの。

KIMI RECOR

 

dr10968228_619696158161730_5418142516574729957_n

FFO: Depeche Mode,MBV, The Cure, Enya, Patti Smith, Lana Del Rey, FOTY, Stars of The Lid, Fugees, Deftones, Sleep, Wolves in the Throne Room, Nick Cave, Ace of Base, FKA Twigs, Kate Bush, Eurythmics

dr11002501_619892351475444_3340143450666880080_n

DRAEMING FACEBOOK PAGE
mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! OUR FB PAGE ! THX!

JAPANESE VIDEO PREMIERE【SOUNDS OF SPUTNIK】>>>NEW BORN FEAT. UMMAGMA


【NEW BORN FEAT. UMMAGMA】

BY SOUNDS OF SPUTNIK

MARUNOUCHI MUZIK MAGAZIN Presents JAPANESE VIDEO PREMIERE OF SOS!!!

SOUNDS OF SPUTNIKの初PVを日本独占公開です!!

【ABOUT NEW BORN】

a1035057760_2

New Born, the debut album from Moscow’s Sounds of Sputnik, is a kaleidoscope of reverb-soaked guitar, calculated drums, thick bass, and angular guitars intertwined with ethereal vocals. This is extraordinary noise-pop, with layered harmonies, interlacing synth and distorted guitars. Sounds of Sputnik paired up with Canadian-Ukrainian duo Ummagma to co-write, produce, and record this album, to be released on UK label Ear to Ear Records. Ummagma’s Shauna McLarnon and Alexx Kretov both contribute solid warming vocals.

モスクワ出身、SOUNDS OF SPUTNIKのデビューアルバムNEW BORNを文字に表すと、リバーブに浸した万華鏡のようなギター、計算されたドラムワーク、厚みのあるベース、エッジーなギターに絡み合う天上のボーカルといった感じになるでしょうか。 幾重にも折り重なったハーモニー、網目のように張り巡らされたシンセサウンド、そしてディストーションの効いたギターを味わえる極上のNOISE-POPです。 SOUNDS OF SPUTNIKは今回、カナダ/ウクライナのデュオUMMAGMAと共に作曲、プロデュース、レコーディングを行いました。UKのレーベルEAR TO EAR RECORDSから発売されます。UMMAGMAのShauna McLarnonとAlexx Kretovがそのソリッドで温もりのある歌声を披露していますよ。

【WHAT’S SOUND OF SPUTNIK LIKE?】

imagesu

This project leans heavily on a shared love of melodic dream pop, post-rock and shoegaze with each member bringing their own influences: aspects of Lush, Curve, My Bloody Valentine and No Joy cleverly blend with Hammock, Jesus & Mary Chain and The Twilight Sad to create remarkable “dream noise”.

このプロジェクトはMELODIC DREAM POP,POST-ROCK,SHOEGAZEへの愛に溢れています。
LUSH,CURVE,MY BLOODY VALENTINE,NO JOY CLEVERY BLEND WITH HAMMOCK,JESUS & MARY CHAIN,TWILIGHT SADといったアーティストからの影響をメンバー各自が持ち込んで素晴らしい”DREAM NOISE”が誕生しました。

【12 YEARS】

無題k

Rewind about 12 years ago. Roman, Shauna and Alexx were collaborating a bit until Shauna and Alexx left Russia. After losing contact for an entire decade, the three finally reunited last year and quickly beginning to work on new material. This release is a timely show of beauty in the face of the current ugly situation occurring between Ukraine and Russia.

12年前、このプロジェクトの3人(Roman,Shauna,Alexx)はShaunaとAlexxがロシアを離れるまで少しの間コラボレートしていました。10年もの間連絡を取らないでいましたが、昨年ついに再集結し早速新しいマテリアルに取り掛かりました。現在ウクライナとロシアの間で起こっている醜い現在の状況に対してこのアルバムはその2国間の美しい一面を提示しています。

【PERSON CONCERNED】

無題l

New Born features drummer Graham Bonnar (Swervedriver/ Brian Jonestown Massacre) on ‘Overdrive’, and remixes by Malcolm Holmes (Orchestral Manoeuvres in the Dark), psych rock producer Fran Ashcroft (Damon Albarn, Lords of Acid), Russian producers Morozov and Oleg Mezherovsky, and Brazil’s Mind Movies. British producer Marc Joy (Primal Scream, Mike Peters, Oasis Golden Fable, Bernard Butler) provided mastering support.

アルバムではGraham Bonnar(SWERVEDRIVER/BRIAN JONESTOWN MASSACRE)が’Overdrive’に参加しています。Malcom Holmes(Orchestral Manoeuvres in the Dark),サイケロックのプロデューサーFran Ashcroft(Damon Albern,LORDS OF ACID)などがリミックスを行い、UKのプロデューサーMarc Joy(PRIMAL SCREAM,Mike Peters,OASIS,GOLDEN FABLE,Bernard Butler)がマスタリングのサポートを行っています。

【MESSAGE FOR JAPANESE FANS】

1474411_742304745798651_1972793562_n

From Shauna

“From a small room with four walls, the music is born but still cannot grow if it is listened to only by its creators. We want this seed to scatter in the wind and grow in fields across the planet. This is our introduction to Japanese listeners and we are eager to grow this music in Japan too! Thank you to every listener and for the sound-space we share at the time you are listening…  This unites us with you in growing this music. Arigatou”

“壁に囲まれた小さな部屋で音楽は生まれます。ただ作者だけに聴かれていたとしても音楽は育ちません。私達はこの種を風に乗せて運び、世界中で育てたいと思っています。このビデオと記事は私達から日本のリスナーへの「初めまして」です。この音楽を日本でも育みたいと強く願っているのです。聴いていただいた全ての皆様にありがとうと言いたいです。あなたがこの曲を聴いている時、私達は同じ時と場所に居るのです・・・私達は繋がっていますよ。Arigatou”

後にこの記事を読まれて興味を持たれたレーベル、DJ、レヴュワーの方がもしいらっしゃいましたら当サイトのコメ欄、メールフォームでも構いませんし直接アーティストの方に連絡でも良いのでぜひコンタクトを取ってみてください。日本のマーケットにとても興味があるそうです!!

www.ummagma.com www.facebook.com/ummagma www.facebook.com/soundsofsputnik

CD、MP3の購入はこちらから