13346272_1085339188190066_8394469882184082413_o

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ASTRONOID : AIR】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BRETT BOLAND OF ASTRONOID !!

327f07e2-7f40-4133-8fdd-9a060d981036

Five Piece From Massachusetts, ASTRONOID Has Just Released Their Phenomenal Debut Full-Length “Air” !! “Dream Thrash” Reaches New Realm Of Metal Music !!

DISC REVIEW “AIR”

ミュージックシーンには、時にリスナーの想像を遥かに超えて、ジャンルの壁を平然と、無慈悲なまでに叩き壊すような存在が現れます。マサチューセッツを拠点とし、”Dream Thrash” を指標する5人組 ASTRONOID はまさにそういったバンドでしょう。彼らが Blood Music からリリースしたデビューフルレングス “Air” は、メタルシーンのトレンドを左右しかねないほどの傑作にして重要作となりました。
Black Metal に新たな要素を加えた Post-Black と呼ばれるジャンルが注目を集める、昨今のメタルシーン。多幸感を伴うアトモスフィア、Shoegaze 要素を融合させた ALCEST, DEAFHEAVEN、WOLVES IN THE THRONE ROOM, 実験的な Math / Prog 要素を果敢に取り入れた KRALLICE, LITRUGY は間違いなく Post-Black シーンのフラッグシップだと言えますね。
ASTRONOID はその両輪、 Shoegaze, Math / Prog 要素のみならず、Thrash Metal, Prog, Post-Rock, Power Metal, Dream Pop など実に多様なジャンルをミックスし、”Black Metal の最終形態” とでも表現したくなるような新しい音楽を生み出したのです。
“Up and Atom” は彼らの革新性を象徴するような1曲です。基本的には ALCEST のような Post-Black のフォーマットに適応した楽曲は、しかし冒頭から独自の顔を見せてくれます。キーワードはボーカルハーモニー。幾重にもレイヤーされた天上の歌声、ファルセットが紡ぐ極上のメロディーはリスナーをユートピアへと誘います。MEW の緻密に構築された幻想世界を思い出すファンも多いでしょう。時にブラストビートをも織り交ぜた、アグレッシブでテクニカルなバックの演奏との対比、マッチングの妙はアルバムを通して存在し、 ASTRONOID を”ネクストレベル”のバンドへ引き上げています。
さらに、中盤に用意された、あの HELLOWEEN を想起させるような、Power Metal 的展開はショッキングとさえ言えますね。なぜなら、モダンメタルバンドがこういった明白なメタルらしさをアピールする機会はほとんど無いからです。ツインギターハーモニーやアルペジオを多様したこのパートは、違和感なく楽曲に溶け込み、トレモロリフへと繋がりながら見事なドラマティシズムを演出していますね。
続く “Resin” も傑出した楽曲で、ボーカルの”壁”とでも形容したくなるような荘厳なるハーモニーは Devin Townsend の遺伝子を引き継いでいるようにも感じます。音の”壁”はボーカルだけではありません。シンガーでマルチプレイヤーの Brett を加えたトリプルギターとベース、4本の弦楽器が創出する、美しくも圧倒的なサウンドウォールは壮観で、心から生で体感してみたいと思えますね。
一方、タイトルトラック “Air” は比較的ストレートな “Up and Atom” と比べて実験的な一面を覗かせます。思わずカウントしたくなるマスマティカルな構成はブルックリンのシーンを意識しているようにも感じました。
さらに、プログレッシブという見地からみれば、”Obsolate” は明らかに CYNIC のリフワーク、浮遊感を独自の方法で体現しており、後半のボコーダーから難解なギターソロへと続くパートは彼らのチャレンジが身を結んだ瞬間だと言えるでしょう。
51分間のシネマティックなドリームスケープは、多幸感と希望に満ち、ポップさの限界までプッシュしながら、アグレッションと実験性をも多分に盛り込んだ、Black Metal のマイルストーン的な作品となりました。個人的には今年のベストアルバムであると確信しています。
今回弊誌では、バンドの中心人物、ボーカル/ギター担当の Brett Boland に話を聞くことが出来ました。間違いなく近い将来、大ブレイクするバンドです。日本から火が着けば嬉しいですね。尚、作品は下記の Blood Music Bandcamp から Name Your Price でダウンロード可能です。どうぞ!!

12986965_1050732118317440_8864427566629277774_n

ASTRONOID “AIR” : 10/10

【INTERVIEW WITH BRETT BOLAND】

2013_11_13_astronoid_78

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about your band? How did Astronoid come to be? And what’s the meaning behind your band name “Astronoid”?

【BRETT】: The band started as a studio project with Dan Schwartz and I. He had to do a recording for a school project, and I had written a couple songs. We molded the songs and got Nick Thornbury from Vattnet Viskar to sing on one of them. That became the November EP. During that recording process, Dan and I were immersed in Mass Effect 3. While we were talking about it, I screwed up saying “asteroid” and said “Astronoid” instead. We thought it was funny and named a song after it. We later decided it was a perfect name for the project. It was original, sounded cool, and represented our sound well and we liked the attached memory. After we finished the project, I decided to make a Bandcamp and make the music available online. Once there, the songs started to take on a life of their own. People were making videos for them on YouTube and sharing the music. It was really awesome to see. Dan and I decided that it would be fun to make a full band out of the project and play live. We started working on “Stargazer” and getting a band together.
Casey Aylward from Hetfield & Hetfield joined us on guitar, and he now plays in Vattnet as well. He and I have played together in almost every musical project we have ever worked on and have been friends since 4th grade. Matt St. Jean, previously of Vattnet Viskar, was another great friend of ours. We work together really well and he’s one of the best and most creative drummers I know. We started practicing as a band and released the “Stargazer” EP. After the EP came out we started playing shows and they were going well, but we did not feel we were doing the music justice because all of the guitar parts were not being covered. Mike DeMellia, Matt’s cousin, was a perfect choice for this. He took the atmospheric parts and it made a huge difference. So here we are with the current line up.

Q1: 本誌初登場です!まずはバンド結成の経緯と、バンド名の由来を教えていただけますか?

【BRETT】: バンドは Dan Schwartz と僕のスタジオプロジェクトとして始まったんだ。彼は学校の宿題でレコーディングを行わなければならなくて、僕がちょうど何曲か書いていたんだよ。だから楽曲を組み立てて、VATTNET VISKAR の Nick Thronbury にその内の1曲を歌ってもらったんだ。それが “November EP” になったのさ。
そのレコーディングの間、Dan と僕は Mass Effect 3 (ゲーム) にハマっていたんだ。2人でその話をしている時に、僕が間違って Asteroid を Astronoid と言ってしまったんだよ。面白かったから、それを曲名にしてみたんだ。後に、僕たちはこのプロジェクトの名前にも相応しいと思ってそうしたのさ。オリジナルだし、サウンドもクールで、僕たちの音楽も良く表現しているね。
そのプロジェクトを終えてから、僕は Bandcamp にアカウントを作って、ネットで僕たちの音楽を購入出来るようにしようと決めたんだ。そうしたら、楽曲は僕たちの手を離れて独自の生命を得始めたのさ。リスナーはそのビデオを You Tube にアップし、音楽をシェアしてくれたよ。素晴らしい気持ちだったね。だから僕と Dan はプロジェクトをバンドにして、ライブを行ったら楽しいんじゃないかと考えたんだ。僕たちは “Stargazer” に取り掛かり、バンドを集めたよ。HETFIELD & HETFIELD の Casey Aylward がギターで加入したんだけど、彼は今 VATTNET VISKAR でもプレイしているよ。彼と僕は、携わってきたほとんどのプロジェクトで共にプレイしているんだ。4年生からの友達だしね。
ex- VATTNET VISKAR の Matt St. Jean も僕たちの素晴らしい友人の1人だよ。彼とはとても上手くやれているし、僕が知る中でも最高で最もクリエイティブなドラマーの1人さ。
僕たちはバンドとして練習を始め、”Stargazer” EP をリリースしたよ。その後からライブも始めたんだけど、まあ上手くいっていたね。ただ、全てのギターパートがカバー出来ていなかったから、何か違和感はあったんだ。Matt の従兄弟である Mike DeMellia はそれに対処するための最高の選択だったね。彼がアトモスフェリックなパートを担当すると、大きな違いが出たんだよ。そうやって今のラインナップが固まったんだ。

Q2: So, your debut full-length “Air” set to be released soon !! How are you feeling now?

【BRETT】: We are so excited to share this. It has been more than 2 years in the making, and it feels good to finally have it out for people to hear. If it weren’t for Dan telling me to stop, we would still be working on it. It’s great to work with Dan in that way. He knew before I did, that continuing efforts to “perfect” the album would only start to degrade it at that point. We all agreed and are extremely proud of the end result. We went with our instincts on this record, not really trying to do anything besides writing music we wanted to hear. It’s been incredible seeing the reactions that the record has been generating. Throughout the writing process we had the same reservations some of the people hearing it for the first time are having. Is it metal? Are we metal? We came to the conclusion that it really doesn’t matter and we just wanted to continue writing in this musical direction. The direction of the album also pushed us more as musicians. We took more time practicing our parts to really nail everything. With the release of “Air” we are ready to take our live performance to the next level and can’t wait to play these songs live.

Q2: そうして遂にデビューフル “Air” がリリースされましたね!

【BRETT】: 本当にこの作品をシェア出来て興奮しているよ。制作には2年以上かかったし、遂にみんなに聴いてもらえると思うと良い気持ちになるね。
もし Dan がもう切り上げようと言ってくれなければ、僕たちはまだ作品を作っていただろうね。そういう意味でも Dan は頼りになるよ。彼は、”完璧”を目指す弛まぬ努力が、ある時点から作品の質を落とす行為にもなるということを知っていたんだよ。だから、作品には全員が納得し、誇りに思っているね。
このレコードでは、僕たち自身の本能に従ったんだ。自らが聴きたい音楽を作るという目的以外には何も考えなかったね。この作品が生み出す反響は本当に驚異的だよ。
ライティングプロセスを通して、アルバムを初めて聴いた人が “これは Metal かな?” “彼らは “Metal なの?” と疑念を持つことを心配していたんだよ。だけど、結局それって大したことじゃないという結論に至ったね。だから後はこの方向性で作曲を続けるだけだったよ。
この作品の方向性は、ミュージシャンとしての僕たちをも成長させたね。お互い、自分のパートを全てが完璧になるまで、より時間をとって練習したんだ。”Next level” に到達したパフォーマンスの準備は整っているから、ライブで披露するのが楽しみだね。

Q3: When you named this great album “Air”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of “Air”?

【BRETT】: A lot was going through our heads when it came time to name the album and we came up with a lot of names that didn’t fit. The name of the album had to encompass so much. The album was built from the instrumentals to the vocal melodies, the lyrics, then the song titles. All of the words included in the album were written through the feelings the music inspired. I feel the music conveys a message, and I had to translate that message into lyrical form. “Air” has a constant theme, but we encourage listeners to find their own interpretation of the record. The album title was taken from the song “Air”. We felt that the title perfectly summed up the feeling of the record, and the lyrics mean a lot to me. Whatever we picked needed to perfectly wrap up the album, and I feel like the name does just that..

Q3: タイトルを “Air” と決めた理由、併せて作品のコンセプトを教えてください。

【BRETT】: アルバムのタイトルを考えている時は、様々な候補が頭に浮かんだんだ。だけどどれもフィットしなかったね。
この作品はまずインストルメンタル、それからボーカルメロディー、歌詞、そして楽曲のタイトルという風に組み立てられていったんだよ。だからね、アルバムの全ての言葉は音楽にインスパイアされて書かれているんだ。それってつまり、音楽が運んで来たメッセージを、僕が歌詞の形に訳したようなものなんだよ。
“Air” には作品を通してテーマが存在するんだけど、リスナーには自身の解釈を行って欲しいと感じているんだ。アルバムタイトルは “Air” という楽曲から取られたんだけど、それは完璧にレコードの雰囲気を要約しているのに加えて、その歌詞が僕にとって意味のあるものだったからなんだよ。アルバムを完璧に要約する必要があるなら、まさしく “Air” がピッタリだったと言うわけさ。

Q4: So, I feel your previous EP “Stargazer” focused on more Post-Black sound. That means, “Air” becomes heavier and more powerful. Do you agree that? How have you evolved since “Stargazer”?

【BRETT】: Absolutely. Stargazer seemed to expand more upon November. When we started working on “Air” we could have gone into multiple directions. It was really hard to narrow down what we wanted to do. The first song written for the record was “Tin Foil Hats.” From there, we overwrote since we were developing the sound. In total we had about 15-16 songs written for the album knowing they all wouldn’t make it on. We didn’t know where the songs would take us or how they would fit in the grand scheme of the record, so we finished them all. It was important to finish every thought because new ideas developed from each song, even those that didn’t make the final cut. Most of the songs that made the album were the last ones written. The process was really fun and we hope you enjoy the result.

Q4: 前作 “Stargazer” EP は所謂 Post-Black に近いサウンドだったように思います。”Air” はよりヘヴィーでパワフルなアルバムですよね?

【BRETT】: 全くその通りだよ。”Stargazer” は “November” をより発展させた作品だったように思う。
“Air” に取りかかった時には、僕たちは多様な方向性に進もうとしていたね。やりたかったことを狭めるのは本当に難しかったね。このレコードのために書いた最初の曲が “Tin Foil Hats” だったんだ。そこから書きすぎというくらい曲を書いたね。全てが使われることは無いと分かっていたけど、トータルで15~16曲は書いたかな。その曲たちがどこへ連れて行ってくれるのか、レコードの計画にどうフィットするのか分からなかったから全てを仕上げたのさ。
さらに新しいアイデアが生まれて来るから、全てを仕上げることが重要だったんだ。だからアルバムに収録されている大半は、最後に書かれた楽曲たちなんだよ。プロセスは本当に楽しかったから、その結果を楽しんでくれたらいいな。

Astronoid-810x506

Q5: OK, we can hear lots of musical aspects from “Air”, like Metal, Post-Black, Prog, Shoegaze, Alternative… I really love your way of mixing genres. You refer to your music for “Dream Thrash”, does that mean Shoegaze or Post-Black dreamy sound meets Thrash Metal?

【BRETT】: When we were talking with ‘J’ from Blood Music, he came up with the term “dream thrash.” We loved it. We aren’t strictly black metal, shoegaze, thrash, or any other single genre, so we thought it seemed appropriate. I hate putting a genre label on anything, but if there has to be something I think “dream thrash” fits. Dream-pop bands like Mew, HEALTH, and M83 have had a huge influence on our writing, and so have thrash and black metal bands.

Q5: 仰る通り、作品には多様な要素が含まれていますね。あなた達ご自身ではその音楽性を “Dream Thrash” と呼んでいるようですが?

【BRETT】: Blood Music の J と話した時に、彼が “Dream Thrash” という言葉を思いついたんだよ。僕たちも気に入ったね。
僕たちの音楽は、Black Metal, Shoegaze, Thrash, その他どの1つのジャンルにも定義出来ないからね。だから適当だと思ったのさ。
ジャンル分けのようなことは嫌いなんだけど、もし必要ならば “Dream Thrash” が相応しいね。MEW, HEALTH, M83 のような Dream-Pop バンドからは大きな影響を受けているし、Thrash や Black Metal も勿論だからね。

Q6: Your layered vocal harmony is really beautiful and attractive all through the album. You mentioned Mew or Devin Townsend for your influences. Do you think your layered harmony comes from these two artists?

【BRETT】: Believe it or not, the vocal harmony style came from Def Leppard. Pyromania and Hysteria are perfect. I always got so pumped singing along with those choruses and admired the vocal production using 100 layers of awesome harmonies. My style of singing comes more from Jonas Bjerre of Mew and Devin Townsend. Bjerre has had a huge influence on my vocals. He always seems to find a way to create a vocal melody you wouldn’t expect, and it’s still catchy as hell. His use of falsetto and full voice is incredible. Devin Townsend is just a monster. His vocals on Ocean Machine are what influenced me most. I love his dynamic range. He can be so soft and gentle and then overpower everything with his full voice. He is amazing. Combining those different vocal elements seemed natural to me, and I hope the fans find it to be an interesting combination.

Q6: アルバムを通して、ボーカルハーモニーが実に美しく魅力的ですよね。あなた達は、お話にも出た MEW に加えて Devin Townsend なども影響元として挙げていますが、彼らのボーカルハーモニーにインスパイアされている部分はありますか?

【BRETT】: 信じるか信じないかは自由だけど、僕たちのボーカルハーモニーは DEF LEPPARD にインスパイアされているんだ。”Pyromania” と “Hysteria” は完璧だよ。僕はいつも彼らのコーラスに合わせて歌ってアガっているんだ。100もの素晴らしいハーモニーを重ねたボーカルプロダクションには本当に頭が下がるね。
僕のボーカルスタイルは MEW の Jonas Bjerre と Devin Townsend の影響をより受けているね。Bjerre は多大な影響を与えたよ。彼はいつも期待以上のメロディーを生み出しているように思うね。そしてそれが最高にキャッチーなんだよ。ファルセットもフルボイスも驚異的さ。
Devin Townsend はただただモンスターだね。彼の “Ocean Machine” でのボーカルは僕に最も影響を与えているよ。彼のダイナミックなレンジが大好きなんだ。ソフトでジェントルな歌声から、驚異的なフルボイスまで使いこなすからね。最高だよ。
今挙げたような異なるボーカルの要素を融合させるのは、僕の中では自然に思えるね。ファンも僕のルーツに興味を持ってくれたらいいな。

Q7: From the view point of your tremolo riff, blast beats Black Metal aspect, lot’s of “Post-Black” Metal bands have emerged now a days. Alcest, Deafheaven have Shoegaze aspect, And Krallice, Litrugy have Math/Prog aspect. I think you have these two and adding much more. It can be said “Final Form of Black Metal”. What’s your thought?

【BRETT】: I hope bands continue to push genre limits. That’s how really great stuff happens. I love traditional black metal, shoegaze, thrash, dream pop and many other styles. I love anything that is original and has heart. The album is a product of what we were listening to at the time and what was going on in our lives. We were all listening to a ton black metal as well as Devin Townsend and Mew. We pushed ourselves to write something interesting that we would want to listen to. We wanted to create something that was uniquely us, and that represented us.

Q7: トレモロリフ、ブラストビートなど、あなた達の中に Black Metal の要素は確実に存在しています。近年、 ALCEST, DEAFHEAVENのような Shoegaze との融合、KRALLICE, LITRUGY のような Prog/Math-Metal との融合による Post-Black Metal ムーブメントが台頭していますが、ASTRONOID はそういったもの全てを咀嚼した上で、さらに様々な要素を吸収していますよね?まさに Black Metal の最終形とも呼べそうですが?

【BRETT】: アーティストならジャンルの限界に挑戦するべきだと思うんだ。そうやって真に素晴らしいものが生まれるんだよ。僕は、トラディショナルな Black Metal, Shoegaze, Thrash, Dream Pop, 他にも様々なスタイルが好きなんだ。オリジナルでハートがあるものならばね。
このアルバムは、僕たちが聴いてきたもの、人生に起こったことの結晶なんだよ。メンバー全員が、Devin や MEW と同じくらい沢山の Black Metal を聴いて来たね。そこから、僕たち自身でも興味深く、聴きたいような音楽を書くようにプッシュしたんだ。ユニークで僕等を表現するようなものをね。

Q8: Especially “Up and Atom”, you have definitely Power Metal like Dragonforce influences, I think. And that’s very “New” style for the Modern Metal bands. What made you mix Power Metal elements?

【BRETT】: The power metal sound is a result of my love of classic 80’s metal. I love Metallica, Judas Priest, Iron Maiden, and also modern bands like 3 Inches of Blood and Skullfist. I was listening to Protest The Hero right before I sat down to work on the record, and I wanted to write a riff like them. They are incredible players. “Up and Atom” was my attempt to write something that sounded similar, and it ended up coming out completely different, but I loved where it was going and just went with it. “Up and Atom” was the most natural song for me to write. I wrote it in one sitting. That song means alot to me on so many different levels and I love all the influences that have made their way in there.

Q8: “Up and Atom” では特に、Power Metal からの影響を感じました。所謂、モダンメタルのバンドでは珍しいですよね?

【BRETT】: Power Metal サウンドは、僕の80’s Metal に対する愛情の結晶と言えるね。METALLICA, JUDAS PRIEST, IRON MAIDEN は勿論大好きだし、もっとモダンな 3 INCHES OF BLOOD や SKULLFIST なんかも気に入っているんだ。
“Air” に取りかかる前に、PROTEST THE HERO を聴いていたんだけど、まさに彼らのようなリフが書きたかったんだ。彼らは驚異的なプレイヤーだよ。
“Up and Atom” ではその PTH に近いサウンドにしようとしたんだ。結果的に全く違うサウンドになったけどね。だけど僕はあの曲の方向性が気に入っているし、凄く自然に書けたんだよ。だから、あの曲は色々な点で僕にとってとても意味があったし、大好きだよ。

Astronoid band

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED BRETT’S LIFE!!

METALLICA “RIDE THE LIGHTNING”

Metallica_-_Ride_the_Lightning_cover-2

My Dad bought ReLoad, and it was the heaviest thing I’d ever heard. So being the 9-year-old I was, I wanted to hear more from this so-called “Metallica.” The album with the electric chair on the cover looked cool, so I got that one. I wasn’t ready… My poor 9-year-old ears were not ready to hear “Fight Fire with Fire.” I didn’t know what was going on. It was so fast that I could barely process it. After that, I needed faster and heavier. That’s where my love for metal started. Metallica will always be my favorite band. I also learned to play guitar by only learning Metallica songs. Downpick. Everything. Always.

父が “Reload” を買ったんだ。それは僕にとって今までで最もヘヴィーなレコードだったね。だから9歳になる頃には、もっと “Metallica” が聴いてみたくなったんだよ。このアルバムは、電気椅子のアートワークでクールだったし、手に入れてみたんだ。準備が出来てなかったね…9歳の耳には “Fight Fire With Fire” は早すぎたね。
それから段々とヘヴィーでファストなものを求めていったんだ。メタル愛の原点だね。METALLICA はいつだって僕のフェイバリットバンドだよ。METALLICA の音楽だけでギターを学んだんだよ。ダウンピッキング、他にも全てね。

THE DILLINGER ESCAPE PLAN “CALCULATING INFINITY”

220px-CalculatingInfinity

I was perusing a music store one day. They had these scanners in the store where you could scan a barcode and listen to a 15 second preview of a song. The tubes on the cover looked cool. I scanned it. I heard whatever noise came out of those headphones, and just left the record store. I didn’t buy it. It was like I just witnessed some sort of tragedy, and I just needed to leave. I thought about this record for a week; how I needed to hear it again. I was pulled back to the record store, and I had to buy it because I couldn’t stop thinking about it. I don’t even think I liked it yet, but I kept playing it over and over. At heart, I’m a drummer, and Chris Pennie’s playing on this album changed my playing forever. It also changed the way I thought about music.

CD屋さんでバーコードをスキャンすると15秒試聴出来るサービスがあったんだ。アートワークの電子管がクールだったからスキャンしてみたんだよ。ノイズのようなものがヘッドフォンから聴こえて来て、僕はCD屋さんを後にしたんだ。買わなかったんだよ。何か悲劇を目撃したような感覚になって、ただ離れる必要があったね。
一週間このレコードについて考え、もう一度聴くべきだと思ったんだ。この作品についてばかり考えていたから、そのCD屋さんにまた行って買わざるを得なかったね。好きだとは思えなかったけど、何度も繰り返し聴いたね。
僕はドラマーでもあるんだけど、このアルバムでの Chris Pennie のプレイは僕のドラミング、延いては音楽についての考え方さえも変えてくれたんだよ。

BETWEEN THE BURIED AND ME “THE SILENT CIRCUS”

220px-TheSilentCircus

This album is so important to me because they were heavy as hell but then went into beautifully sung parts. Tommy Rogers is incredible. He’s an amazing vocalist, and I love his lyrics. I strive to be more like him. The part that really grabbed me was the end of “Mordecai.” It’s beautiful, and I wish I wrote it. They made me realize it’s okay to bend genre barriers and make something your own.

このアルバムは僕にとってとても重要なんだ。なぜなら、彼らは最高にヘヴィーだけど、美しく歌われるパートも備えていたからね。Tommy Rogers は驚異的だよ。ボーカルも勿論素晴らしいけど、歌詞も大好きなんだ。彼のようになりたいと努力しているよ。
特に惹かれたのは “Mordecai” の終盤だね。美しいし、ああいったものが書きたかったんだ。彼らのお陰で、ジャンルの壁を壊して独自の音楽を作っても構わないと分かったんだからね。

COHEED AND CAMBRIA “IN KEEPING SECRETS OF SILENT EARTH:3”

In_Keeping_Secrets_of_Silent_Earth_3_cover

This album came out and initially didn’t do much for me. They were an “emo” band back then, and I didn’t care. I was too naive to realize their progressive brilliance. Eventually it clicked. Claudio Sanchez is a songwriter like no other. The riffs on that album are crushing, and it continuously flows into different emotional states. It’s perfect. They are all incredible musicians. Josh Eppard is one of my all time favorite drummers. That guy just knows how to groove and play something so simple and perfect. I admire his patience behind the kit. “The Crowing” will always be one of my favorite songs of all time.

この作品が出た当初は、あまり響かなかったんだ。彼らは “Emo” バンドだったから、あまり気にしていなかったのさ。彼らのプログレッシブな素晴らしさを理解していなかったんだね。それから遂にハマったんだ。Claudio Sanchez は他に類を見ないソングライターだよ。このアルバムのリフは衝撃的さ。それが異なる感情の中に流れて行くんだ。完璧だよね。全員が素晴らしいミュージシャンでもあるね。
Josh Eppard は僕のフェイバリットドラマーの1人さ。彼はグルーヴとは何かを知っているし、シンプルだけど完璧なプレイをするね。”The Crowing” は僕のオールタイムフェイバリットソングの1つだよ。

ALCEST “LE SECRET”

Alcest_-_Le_Secret_(Reissue)

This was the first band that was doing something similar to what I wanted to do with Astronoid. It inspired me to create the band. I was at a local record shop, just looking around with Casey Aylward (Astronoid, Vattnet Viskar). I found an album that resembled a hardcover book. The artwork was absolutely breathtaking. I had never heard of the band. The EP was $18 and consisted of two songs. A little too expensive to take a chance on, so we left. Casey and I were driving away from the record store, and I couldn’t stop thinking about the album. I turned the car around and bought it. I put it straight in my CD player. The first track started, and it was cool. It sounded like black metal, but a little more emotional. Then the vocals came in… Casey and I looked at each other dumbfounded. Singing over black metal!? I instantly fell in love. I had been listening to Wolves in the Throne Room and Deafheaven’s Roads to Judah wishing for something like this. “Le Secret “ inspired me to write the song Astronoid. That EP is so important to me, and I’m really happy that I turned back for it. Astronoid probably wouldn’t exist without it.

ALCEST は ASTRONOID でやりたいことに近かった最初のバンドさ。お陰でバンドを結成したんだから。
僕は地元のレコード店で Casey とウロウロしていたんだ。ハードカバーの本みたいなレコードを見つけてね。息を呑むほど美しいアートワークだったんだ。聞いたことのないバンドで、18$ 2曲入のEPだったね。ちょっと高いかなと思ってそのまま店を出たんだ。
それから2人で運転して帰っていたんだけど、このEPのことが頭を離れなくてね。引き返してCDを買って、すぐにカーステに突っ込んだんだ。1曲目が始まってすぐにクールだと思ったね。Black Metal のようだけど、よりエモーショナルだった。ボーカルが入って来ると、お互い顔を見合わせて驚愕したね。Black Metal で”歌う”だって??すぐに恋に落ちたよ。それからは WOLVES IN THE THRONE ROOM や DEAFHEAVEN の “Roads To Judah” なんかを聴いて来たね。”Le Secret” は ASTRONOID の楽曲に影響を与えているよ。非常に重要な EP で、これ無しでは ASTRONOID は存在しなかっただろうね。

【MESSAGE FOR JAPAN】

12063424_961787603878559_3976221031620936258_n

We love your soup; Astronoid thanks you for Dark Souls; and we can’t wait to visit someday and play some shows!

僕たちは日本のスープが好きだよ。Dark Souls を作ってくれてありがとう。いつか日本に行ってライブを行うのが待ちきれないね!!

BRETT BOLAND

ASTRONOID Facebook Page
ASTRONOID Official Site
BLOOD MUSIC Bandcamp Page “ASTRONOID-Air”

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です