cover_khemmis_h-700x400

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KHEMMIS : HUNTED】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KHEMMIS !!

3540375987_photo

Modern But Traditional! Denver Based Four Piece Doomed Rock’n Roll Act, Khemmis Has Just Released One Of The Most Important Doom Record “Hunted” !!

13906612_1816497521903702_7755444378323654042_n

DISC REVIEW “HUNTED”

US デンバーの Doom Metal カルテット KHEMMIS がリリースした 2ndアルバム “Hunted” はシーンの注目を一身に集めています。アルバムは、老舗メタル誌 Decibel Magazine でアルバムオブザイヤーを獲得した他、様々な音楽誌、ウェブサイトで2016年のベストアルバムに選ばれているのです。
KHEMMIS のデビュー作 “Absolution” は MASTODON と PALLBEARER のちょうど中間に位置するようなモダンな Doom / Sludge 作品で、近年活気を得て来た Doom シーンにまた新たな才能が舞い降りたことを知らしめました。
しかし博士号を持つメンバー2人が牽引する、この知的でメタルに忠誠を誓ったバンドが同じ場所へと留まることはありませんでした。デビューフルから僅か15ヵ月で届けられた KHEMMIS の次章 “Hunted” はそのイメージを明らかに変化させていたのです。
インタビューにもあるように、遂にバンド全員がコンポジションに参加した “Haunted” はよりクラッシックロック、トラディショナルメタルの領域へと接近したレコードとなりました。全5曲、44分の作品は全てがロックの美学に捧げられています。
“Three Gates” はアルバムを象徴する楽曲です。THIN LIZZY や MOTORHEAD をモダンなスラッジサウンドで再現したかのようなリフの暴走に、美麗なツインギターハーモニーが切れ込むとそこはまさしく KHEMMIS の世界。凶暴なグロウルと共に突き進むサウンドの壁が突如として崩壊し、叙情を極めたクリーンボーカルが紡がれる刹那は奇跡的とも言えるほどロックを体現しています。
実際、バンドの要でギター/ボーカル Phil Pendergast と Ben Hutcherson のコンビネーションには目を見張るものがありますね。2人の繊細なまでにレイヤーされたギターハーモニーは WISHBORN ASH を想起させるほど美しく、バンドの顔となっています。加えて、Ben のダーティーなボーカルと Phil のクリスタルのようにナーバスな歌声のコントラストは、インタビューで述べているように”モダンなレンズ”を通した Doomed Rock’n Roll を体現する重要な鍵だと言えるでしょう。
さらに叙情味を加速させた “Beyond The Door” では、JUDAS PRIEST のゴージャスなハーモニーアルペジオ、そして IRON MAIDEN の3連シャッフルが Doom という枠組みの中で効果的に使用されています。故に楽曲はテンポや拍子をプログレッシブと言えるほど頻繁に変えて行きますが、スロウ一辺倒でなく、ダイナミズムを追求するその姿勢には、哀愁に満ちたメロディーとも相俟って北欧の巨人 CANDLEMASS を思い起こさずにはいられませんね。
アルバムを締めくくるタイトルトラック “Hunted” は13分の壮大なエピックです。BARONESS をイメージさせるローチューンドのファズギターで MERCYFUL FATE を再現したとも言えるドラマティックな前半部分に魅了されたリスナーは、後半の荘厳でアトモスフェリックなアコースティックパートからトレモロリフまで導入したモダンで壮大、感動的な大円団に驚愕し喝采を捧げることでしょう。そこには YOB や NEUROSIS をしっかりと通過し咀嚼した、2010年代のバンドだからこそ持つ多様性、強みがありますね。
KHEMMIS は勿論、よりアトモスフェリックスかつサバス、70’s Prog に接近した PALLBEARER、そして煌びやかな 80’s Metal と現代的な Black Metal を融合させた SUMERLANDS などが話題となっているように、確かにレトロリバイバルの波はメタルシーンにも押し寄せています。ただ焼き直すだけではなく、各バンドとも”モダンなレンズを通して音楽を見ていることが重要で、興味深いレトロフューチャーなサウンドはこれからさらに拡がりを見せていくことでしょう。
今回弊誌では KHEMMIS にインタビューを行うことが出来ました。日本人にこそアピールする素晴らしいメロディーを持つバンドです。どうぞ!!

KHEMMIS “HUNTED” : 9.8/10

【INTERVIEW WITH KHEMMIS】

khemmis-810x507

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about your band? How did Khemmis come to be? And what’s the meaning behind your band name “Khemmis”?

【BEN】: I moved to Colorado in 2012 to being work on a PhD. Phil was already a student in the same doctoral program, and we quickly hit it off once he found out my research is on rock and metal music. Looking to round out the lineup, I put an ad on Craigslist which featured a picture of Jawas from Star Wars carrying a first generation SunnO)) Model T. Dan e-mailed me almost immediately and we met up at TRVE Brewing, where Zach just happens to be the head brewer. Having also recently relocated to Denver, he was looking to create some interesting and heavy music. Our collective love of Sabbath, ZZ Top, Thin Lizzy, Iron Maiden, 70’s Scorpions, Judas Priest, and good beer has brought us from those early days to where we are right now.

Q1: 本誌初登場です!まずは、バンド結成の経緯を教えていただけますか?

【BEN】: 僕は2012年にコロラドへ移ったんだ。博士号取得のためにね。Phil はすでに同じ後期博士課程の生徒だったんだ。僕がロックやメタルを探究していると分かるや、すぐに打ちとけたね。
ラインナップを見てみると、まず僕は求人サイトにジョーズがスターウォーズから初代の Sunn モデル Tアンプを運ぶ写真を載せたんだよ。Dan はほとんどすぐにメールを送ってきて、僕達はトゥルーメタルバーである TREV brewing で会ったんだ。Zach はたまたまそこの責任者だったのさ。彼もデンバーには最近移ってきて、興味深くヘヴィーな音楽をクリエイトしたかったんだよ。
僕たちの BLACK SABBATH, ZZ TOP, THIN LIZZY, IRON MAIDEN, JUDAS PRIEST, 70’s SCORPIONS への愛、そして素晴らしいビールが初期から現在までバンドを繋げているんだ。

Q2: Could you tell us about your musical background, upbringings? What inspired you to become musician?

【BEN】: I come from a long line of musicians. My grandfather played, and built, just about every string instrument you can imagine — banjos, dulcimers, guitars, and even a full size harp. My father played guitar for decades, starting in his teens. I have a number of cousins who play music as well. It seemed fairly obvious that I would pick up the guitar as well, but I think most of the family was surprised by how seriously I have always taken music. Though it doesn’t pay the bills, I approach it like a second job because it is an incredibly important part of who I am. The few months between when I moved to Colorado and when we started Khemmis were brutal — I got into a pretty unhealthy, unhappy rut rather quickly. The catharsis of creating and playing music is part of what keeps me sane. I grew up listening to anything my parents would have on, often classic rock (e.g., Yes, Jethro Tull, Steely Dan, Little Feat, and the Beatles) and country/folk (e.g., Lyle Lovett, John Prine, Earl Scruggs).

【PHIL】: I come from a long line of tone-deaf working-class folks. Needless to say, they weren’t particularly musical. But I have been a huge music fan ever since my dad gave me his record collection as a kid, which included many of the bands Ben mentioned, as well as some old soul, R&B, and blues stuff. My excitement for music meant I gravitated to the guitar in high school and eventually became somewhat proficient at it once I started playing with other people. It wasn’t until this band that I thought I’d give singing a real shot, though I was always the loudest and most out-of-tune kid in the elementary school choir!

Q2: Ben と Phil の音楽的な背景、ミュージシャンになろうと思ったきっかけについて話していただけますか?

【BEN】: 僕は長く連なるミュージシャンの家系なんだよ。祖父は、君がイメージできる全ての弦楽器を演奏し組み立てていたね。バンジョー、ズルシマー、ギターにフルサイズのハープまでね。父も10代でギターを始めて、何十年も弾いてきたんだ。従兄弟も沢山いるんだけどみんな音楽をプレイするよ。
だから僕がギターを選んでプレイするのは半ば当たり前だったんだけど、それでもほとんどの家族は、僕がここまで真剣に音楽に取り組んでいて驚いたと思うよ。音楽で稼いでいる訳じゃないけど、第2の仕事みたいにね。それは音楽が僕にとって本当に重要な部分を占めているからなんだ。
コロラドへ移って KHEMMIS を始めるまでの何ヶ月間かは残酷なものだったね。不健康で不幸せで早くもマンネリ化していたんだよ。音楽を創造し、プレイするカタルシスによって正気が保たれているんだから。
僕が聴いて育ったのは、YES, JETHRO TULL, STEELY DAN, LITTLE FEAT, THE BEATLES といったクラッシックロック、それに Lyle Lovett, John Prine, Earl Scruggs といったカントリー、つまり両親が聴いていたものだね。

【PHIL】: 僕は音楽の素養などない労働者階級の家系なんだ。言うまでもなく、家族は特に音楽をやっていた訳ではないよ。だけど子供の頃、父がレコードコレクションを譲ってくれてからは、音楽の大ファンだと言えるね。
レコードコレクションには、Ben が挙げたバンドも多く含まれていたし、古いソウル、R&B, ブルースも入っていたんだ。そこから始まった音楽に対する情熱により、高校でギターに重点を置くこととなり、他の人とプレイすることで徐々にプレイも習熟してきたと思うな。
このバンドを始めるまでは、本気で歌うことになるなんて思っていなかったよ。小学校の合唱では、一番うるさくて、一番音を外す子供だったんだから!

11931009_1683690748517714_6259668295157717597_o

Q3: Your newest record, “Hunted” was released in 2016! OK, lot’s of famous magazines, webzines, and listeners choose it as the best album of the year. Could you imagine such a big reactions?

【KHEMMIS】: Any band that puts their heart into a new album wants it to be well received, but you never know how the realm of music journalists will respond to what you’ve created. All we knew was that we had made an album that we loved, and we hoped that others would connect with it. We certainly didn’t expect things like getting Decibel’s Album of the Year, or ever appearing in Rolling Stone!

Q3: 2016年にリリースされた最新作 “Hunted” は様々な有名雑誌、ウェブサイト、リスナーが年間ベストアルバムに選出する一枚となりました。ここまでの反響を想像していましたか?

【KHEMMIS】: 心を込めてアルバムを作るアーティストなら、当然高い評価を得たいと思うよね。だけど、音楽ジャーナリズムの分野がどう反応するかなんて分からないんだ。
僕たちが分かっていたことと言えば、大好きだと言えるアルバムを作ったこと、そしてみんながこの作品と繋がって欲しいと願っていたことだけなんだよ。
まさか Decibel のアルバムオブザイヤーを獲得し、Rolling Stone 誌に登場するなんて思ってもみなかったよ。

Q4: So, when you named this great record “Hunted”, what was in your mind? Could you tell us about the concept, lyrical themes of the album?

【PHIL】: It was inspired by terrifying dreams I’ve always had since I was a child, and I wanted to give myself a chance to really analyze them and figure out what they meant to me. We all agreed that it was a good concept for an album, and I wanted to do something more lyrically cohesive on this record than the last one, so it ended up being a great fit.

Q4: この偉大な作品を “Hunted” と名付けた理由、併せてアルバムのコンセプトを教えてください。

【PHIL】: 作品は、僕が子供の頃からいつも見ている恐ろしい夢にインスパイアされているんだ。その夢が僕にとって、どういった意味を持つのか分析し、理解する機会を得たかったんだよ。全員がアルバムに合うコンセプトだと納得したね。
前作よりも、歌詞の面でまとまったものを作りたかったんだ。最高にフィットするものになったと思うよ。

a1898116533_16

Q5: Regarding the artwork, I really love your beautiful album cover. And it seems that there is continuity between “Absolution” and “Hunted”. What’s the story behind that?

【KHEMMIS】: We like wizards, war, Tolkien, and Frank Frazetta. We conveyed this to our friend, the talented Sam Turner, and he knocked it out of the park.

Q5: アートワークも非常に美しいですね。前作 “Absolution” との繋がりも感じられますが?

【KHEMMIS】: 僕たちが題材として好きなのは、魔法使い、戦争、トールキン、フランク・フラゼッタといったものだよ。それを友人で才気溢れる Sam Turner のところに持ち込んだんだよ。最高の仕事をしてくれたね。

Q6: I feel your debut record, “Absolution” was focused on more sludgy element like Mastodon, Baroness. But “Hunted” has more old-school Doom, classic Rock feeling. Do you agree that? If so, what made you change the style in the short term?

【KHEMMIS】: On ‘Absolution,’ Ben and Phil brought in songs that were more or less complete and we polished them up together. This time, we fleshed things out in a more collective manner, focusing on writing the best songs possible rather than simply stringing together a bunch of riffs. When mapping out the songs, we focused on writing actual verses and choruses. We try to take the listener on a journey rather than doing something obvious and predictable. As a result, we spent a lot of time together trying to figure out transitions so that we can combine a lot of different, but thematically cohesive, elements into each track. With the increased focus on songwriting, it seemed only natural to emphasize the rock ’n’ roll side over the sludginess of the first album.

Q6: デビュー作 “Absolution” は MASTODON や BARONESS をイメージさせるスラッジ要素にフォーカスしていたように感じました。
対して “Hunted” はオールドスクールなクラッシックロック、メタル、ドゥームに近いですよね?短期間で音楽性が変化したようにも思えます。

【KHEMMIS】: “Absolution” では、Ben と Phil がほぼ完成した楽曲を持ち込み、全員で一緒に磨き上げたんだけど、今回は、より集団的なやり方で、ただ出来るだけ最高の楽曲を書くことにフォーカスしたんだよ。単に一緒に沢山のリフを眺めるだけじゃなくね。
今回は楽曲を組み立てる時に、具体的なヴァースやコーラスを書くことに焦点を置いたんだ。明快で予想可能なことよりも、リスナーを旅へと連れ出したかったのさ。結果として、音楽の変化を理解するために多くの時間を共に過ごしたね。
そうすることで、様々な、しかしテーマ的に密接した沢山の要素を各楽曲に落とし込むことが出来たんだよ。ソングライティングへ強く集中したことで、ファーストアルバムのスラッジ的な側面より、ロックサイドが強調されたのは自然なことに思えるね。

Q7: Pallbearer is typically, Doom is moving forward to modern, eclectic, atmospheric realm, I think. But your attempt of representing Doom seems to be different from them. Why do you stick on old-school Metal, classic Rock? What’s modern to you?

【KHEMMIS】: We’re glad you pick up on the difference. People love to compare us to Pallbearer, which is a flattering comparison (we love those dudes and their band) but also extremely frustrating because their style is so densely layered and atmospheric while ours is much more about heavy riffs, harmonized leads, and straightforward love of rock ‘n’ roll. It seems that many folks hear slow, heavy music with clean vocals and default to that comparison. We think of ourselves as sounding more like Iron Maiden or Thin Lizzy on a heavy dose of quaaludes! A lot of modern doom has focused on aping Sabbath and worshipping at the altar of Iommi; while that can make for some good music, our inspiration is less directly connected to Sabbath and more an attempt to channel the feeling of early rock and metal through a relatively modern lens.

Q7: PALLBEARER は典型的ですが、ドゥームの世界もモダンでエクレクティック、アトモスフェリックな方向に進んでいるように感じます。
KHEMMIS には確かにモダンなサウンドも存在しますが、中でもクラッシックなロック、メタルに拘っていますよね?

【KHEMMIS】: 君がその違いに気づいてくれて嬉しいよ。みんな僕たちと PALLBEARER を比べるのが大好きなんだよ。僕たちは彼らもバンドも大好きだし、嬉しい比較ではあるんだけど、同時にすごくフラストレーションが溜まる事柄でもあるんだ。というのも、彼らのスタイルはとても濃密で、レイヤーされたアトモスフェリックスなものだけど、僕たちはもっとヘヴィーなリフ、ツインギターのハーモニー、そしてストレートなロックへの愛情を全面に押し出しているからね。
おそらく、多くの人はクリーンボーカルを乗せたスロウでヘヴィーな音楽という点で、デフォルトのように比較するんだろうね。だけど自分たち自身では、大量の催眠剤を打ったヘヴィーな IRON MAIDEN や THIN LIZZY のようだと思っているんだ!
多くのモダンドゥームは、BLACK SABBATH を真似て、アイオミの祭壇を崇拝することに重きを置いているよね。勿論、それによって良い音楽も生まれているんたけど、僕たちのインスピレーションはあまりサバスに直接繋がってはいないんだよ。より初期のロックやメタルの感覚を、比較的現代的なレンズを通して表現しようとしているんだよ。

Q8: Amazing Phil’s voice reminds me Candlemass, Mercyful Fate. Beautiful twin guitar harmony is definitely from Thin Lizzy, Iron Maiden, and Judas Priest. But you are from Denver, US, haha. What’s European metal aspects to you?

【PHIL】: That is a really flattering compliment! Well I first played in a Judas Priest cover band in High School, and like the rest of the guys have loved all the bands you mentioned for forever. Honestly we are just huge fans of classic, traditional metal and those leads and clean vocals are intrinsic to the spirit of that sound. Vocally I’m consciously avoiding trying to sound like anyone in particular, though; Bruce Dickinson is the best Bruce there will ever be, and no one can out-King Diamond the King. I’d rather do something a little different and try to draw more on singers like David Bowie, Steve Winwood, and Phil Lynott for inspiration, singers who are closer to the natural tone of my voice.

Q8: 確かに、驚異的な Phil のボーカルは、CANDLEMASS や MERCYFUL FATE を想起させますし、美しいツインリードのハーモニーは IRON MAIDEN や JUDAS PRIEST 由来のものでしょう。
それらは全てヨーロッパのメタルですが、あなたたちはアメリカのデンバー出身です(笑)

【PHIL】: 最高に嬉しい褒め言葉だね!僕が初めてプレイしたのは、高校の JUDAS PRIEST のカバーバンドだったんだ。他のメンバーも、君が挙げたバンドたちに永遠の忠誠を誓っているよ。正直に言って、ただクラッシックで伝統的なメタルの大ファンというだけなんだよ。君が言ったようなクリーンボーカルやツインギターそのサウンドの精神に内在しているものなんだ。
ボーカルの面で言うと、僕は意識的に特別誰かのようなサウンドになることは避けているんだよ。Bruce Dickinson はこれからも最高の Bruce だろうし、だれも King Diamond を KING DIAMOND から追い出すことは出来ないよ。
それならば僕は少し変わったことをやりたいね。David Bowie, Steve Winwood, Phil Lynot といったシンガーをインスピレーションとするような歌を描きたいんだよ。彼らは僕のナチュラルな声に近いしね。

khemmis_2015-500x400

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED BEN & PHIL’S LIFE!!

BEN HUTCHERSON

AT THE GATES “SLAUGHTER OF THE SOUL”

slaughter_of_the_soul-2

WEAKLING “DEAD AS DREAMS”

220px-deadasdreams

NEUROSIS “THROUGH SILVER IN BLOOD”

81ecvzl80tl-_sy355_

YOB “THE UNREAL NEVER LIVED”

the_unreal_never_lived

STEELY DAN “PRETZEL LOGIC”

pretzel_logic_album

PHIL PENDERGAST

JIMI HENDRIX “ARE YOU EXPERIENCED?”

areyouexpuk

IRON MAIDEN “NUMBER OF THE BEAST”

ironmaiden_numberofbeast

BLIND FAITH “BLIND FAITH”

blind-faith-blind-faith-front

DAVID BOWIE “ZIGGY STARDUST”

81evnoh4ujl-_sy355_

SLEEP “HOLY MOUNTAIN”

r-3710970-1360327080-3859-jpeg

【MESSAGE FOR JAPAN】
15440421_1879569555596498_6450893220015378335_o

Thank you so much for your support! It blows our mind that we have fans in Japan, and we would absolutely love to bring our riffs over and party with all of you. Cheers!

サポートを本当にありがとう!日本にファンがいるなんてビックリだし、絶対に僕たちのリフを携えてみんなとパーティしたいね!!

KHEMMIS

KHEMMIS Facebook Page
KHEMMIS Official Site
20 Buck Spin Facebook Page

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です