NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SCOTT HENDERSON : PEOPLE MOVER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SCOTT HENDERSON !!

“There’s Nothing Sadder Than Young Guitar Players Who Only Listen To Heavy-metal. There’s So Much Great Music Out There To Learn From, And It’s Unbelievable To Me That Someone Would Stick To Listening To Only One Style. It’s Like Being In Musical Prison.”

DISC REVIEW “PEOPLE MOVER”

「オープンマインドで音楽スタイルに囚われないことがとても重要だね。若いギタリストがメタルしか聴かないことほど悲しいことはないよ。学ぶべき音楽は沢山あるんだ。」
ジャズとブルース、クラッシックにロック、そしてファンクのスピリットを理想的にミックスし、フュージョンの翼を蒼の音空へと広げるギターレジェンド Scott Henderson は、特定のジャンルに囚われる創造のあり方を “音楽の刑務所” と断罪し包音力の重要性を語ります。
Joe Zawinul, Jean-Luc Ponty, Chick Corea といったジャズの巨匠に認められ共演を果たす一方で、TRIBAL TECH、ソロ活動、さらには Victor Wooten, Steve Smith との VITAL TECH TONES に Jeff Berlin, Dennis Chambers との HBC など豪華なサイドプロジェクトまで、Scott の音楽的な冒険は非常に多岐に渡ります。
TRIBAL TECH の登場は衝撃的でした。自身で “ギアヘッド” と語るように最新テクノロジーや MIDI を惜しげもなく投入し、複雑なコンポジションやオーケストレーションをジャズとロック、ファンクのキャンパスへと落とし込むバンドの野心は、停滞していたインスト/フュージョン世界を再始動へと導く原動力にも思えたのです。もちろん、メカニカルでロマンチック、テクニカルかつアンサンブルを極めたハイパーフュージョンの根底には、Scott とベースマン Gary Willis が誇る最高峰の知性と技術がありました。
ただし、Guitar World 誌のNo.1ギタリストをはじめとして、様々なアワードや高評価を得た TRIBAL TECH も Scott にとっては表現形態の1つにしか過ぎなかったようです。同じ音楽性を長く続けると飽きが来てしまうの言葉通り、Stevie Ray Vaughan が降臨したかのようなソロレコード “Dog Party” を契機として Scott は何年もブルースの荒野を探求することとなりました。
「僕はそれぞれ異なる理由で多くの音楽スタイルを愛しているよ。ブルースのソウルやフィーリング、ジャズのハーモニーと表現豊かなインタープレイ、ファンクをプレイする時の体感、ロックのパワー、クラッシックやプログロックの美しきコンポジション。全てが僕を幸せにするのさ。」
そうして近年、Scott Henderson は自らの音楽地図を遂に完成へと導いているように思えます。最新作 “People Mover” は実際、コンポジションにおいてマエストロの最高到達点かも知れませんね。
「僕はジャズが死んだとは思っていないんだ。けれど、ジャズのコンポジションがいくらかは失われた芸術となっているように思えるね。つまり、沢山の偉大で新たなプレイヤーは登場しているけど、偉大なライターはそんなに多くないんだよ。僕が聴く限りではね。」
ファストに絶妙にアウトする複雑怪奇なリックの数々、オーバードライブのエナジーは当然 Scott の象徴だと言えますが、彼自身はむしろリズムの魔法、洗練されたハーモニーや調性の美しさを宿した多様な作曲の妙に現在より重きを置いています。
事実、アルバムはシームレスにジャンルの境界を繋いでいます。Holdsworth と Jeff Beck の完璧なる婚姻 “Transatlantic”、TRIBAL TECH を想起させるソリッドなファンカデリックフュージョン “Primary Location”、疾走する4ビートに Wes Montgomery イズムを織り込む “Satellite”、PINK FLOYD の叙情とエモーションを封入した “Blood Moon”、ブルースの奔放をペダルの魔法で解放する “Syringe”。その緊張と緩和、繊細と躍動のダイナミズム、楽曲のバラエティーはまさに “Lost Art” に相応しき輝きを放っていますね。
今回弊誌では、Scott Henderson にインタビューを行うことが出来ました。「僕の考えでは TRIBAL TECH が唯一革新的だったのは、音楽を事前に書くことなくスタジオでジャムって、それを後のプロダクションでコンポジションに落とし込んでいくやり方だろうな。」どうぞ!!

SCOTT HENDERSON “PEOPLE MOVER” : 9.9/10

INTERVIEW WITH SCOTT HENDERSON

Q1: “People Mover” is definitely incredible, maybe kind of a culmination of your career. Jazz/Fusion and Funk/Blues is mixed naturally and seamlessly. Was that your musical goal of this record?

【SCOTT】: I don’t really have any specific goals when I sit down to write for an album. My only hope is that my playing has improved and I have some new vocabulary since my last album. Also, I’m sure I’m somewhat influenced by the music I hear, and I listen to just about everything. I’ve actually been listening to classical music more than usual so maybe that had something to do with the writing on this album.

Q1: 最新作 “People Mover” は驚異的ですね!あなたの二大テーマである、ジャズ/フュージョンとファンク/ブルースがシームレスに溶け合った最高到達点にも思えます。

【SCOTT】: アルバムを書く時、僕は特定のゴールを設けたりはしないんだ。唯一の望みは、前作に比べて僕のプレイが改善して、新たなボキャブラリーを得ることだけなんだよ。
同時に、その時々聴いていた全ての音楽にいくらかは影響されることを認めなくてはならないだろうね。今は通常よりもクラッシックをよく聴いているんだ。だからもしかしたらそれが、今回の作曲に影響したのかもしれないね。

Q2: I really love the “guitar spaceship” artwork and I feel it has 70’s feeling strongly. Does it reflects the concept of “People Mover”?

【SCOTT】: I try to create artwork which fits the title cut of the album. I’m a big science-fiction fan and I think People Mover is a futuristic sounding title. I’m writing instrumental music so I don’t have song titles before I write the song – I listen to the music after it’s done and see if it reminds me of anything. The song People Mover reminds me of travel, so I thought a spaceship in the shape of a guitar would be a cool cover. I bought a cheap Squire Strat and my daughter and I decorated it with model parts from the Millennium Falcon. The artist did the rest in Photoshop. I’m really happy with the way it came out.

Q2: ギターを宇宙船に模した70年代風のアートワークも素晴らしいですね!作品のコンセプトと関連しているのでしょうか?

【SCOTT】: アルバムのタイトルにフィットするアートワークを作ろうとしたんだよ。僕は大の SF ファンだし、”People Mover” ってタイトルが近未来感溢れるサウンドに思えたんだよ。
僕はインストゥルメンタルミュージックを書いているから、楽曲を書く前にタイトルはつけないんだ。楽曲が仕上がりそれを聴きながら考えていくんだよ。タイトルトラックの “People Mover” は宇宙旅行を思い起こさせたね。だからギターの形をした宇宙船のカバーがクールだと思ったんだ。
僕は娘に安価な初心者向けスクワイアのギターを買って、ミレニアム・ファルコン号 (スターウォーズの) のプラモデルパーツで装飾していったんだ。残りはアーティストがフォトショップて仕上げてくれたよ。こうやって仕上がってとても満足しているよ。

Q3: So, you have almost 40 year’s career, and have got so many guitar awards. But is there any new challenge in guitar technique or sound making you explore in “People Mover”?

【SCOTT】: It’s always a challenge to come up with new ideas and new sounds that I haven’t used on previous albums. I definitely went pedal shopping and found some really cool ones which are more on the unusual side. I’m a gearhead so I love experimenting in the studio with different tones. The most difficult thing is finding the right place in the music for each sound effect.

Q3: あなたはほぼ40年のキャリアを誇り、いくつものギターアワードを獲得してきました。それでも、”People Mover” でさらに新たなギターテクニックやサウンドの追求を行いましたか?

【SCOTT】: 僕はいつだって、前のアルバムでは使用しなかった新たなアイデアやサウンドを創造しようと挑戦しているんだ。”ペダルショッピング” に行って、ちょっと普通じゃないクールなサウンドを見つけるのが大好きだからね。”ギアヘッド” だからスタジオで異なるトーンを試すのもね。
最も難しいのは、そういったサウンドエフェクトをそれぞれ音楽の正しい場所に配置することだね。

Q4: I first knew you was amazing Tribal Tech’s “Illicit”. And that record changed my musical perspective strongly. Tribal Tech released “X” in 2011, and came to Japan in 2013. Was that Tribal Tech’s “Swan song”?

【SCOTT】: Thanks, I’m proud of most of the stuff I did with Tribal Tech, but In my opinion the only innovative thing we did was jamming in the studio with no pre-written music and then turning those jams into compositions in post production. I don’t think any other band did that, so for me it’s our most important accomplishment.

Q4: TRIBAL TECH の “Illicit” は私の音楽観を変えたレコードでした。バンドは2011年に “X” をリリースし、2013年には来日も果たしましたが以降活動はありませんよね?

【SCOTT】: ありがとう。僕は TRIBAL TECH で残したマテリアルの大半を誇りに思っているよ。ただ、僕の考えでは TRIBAL TECH が唯一革新的だったのは、音楽を事前に書くことなくスタジオでジャムって、それを後のプロダクションでコンポジションに落とし込んでいくやり方だろうな。同じようにやっていた他のバンドがあったとは思わないね。
だから僕にとって、あの方法論こそ TRIBAL TECH が成し遂げた最も重要な成果だったんだ。

Q5: Maybe, “Dog Party” was kind of a milestone for you. You parted ways with your trademark Jazz/fusion style, and explored Blues and Blues rock. But what made you so at that time?

【SCOTT】: The reason I made Dog Party wasn’t so much because of blues, but because of how much fun it is to go into the studio and play live to tape with no overdubbing and intricate gear. At the time, Tribal Tech was recording very complex albums with multiple keyboard tracks and midi synced to tape – kind of a technical nightmare. Dog Party allowed me to make a good old-fashioned vintage style album and play the music I grew up with. It really was like having a party!

Q5: ソロアルバム “Dog Party” はあなたにとって転機でしたよね? ジャズ/フュージョンのフィールドから離れて、ブルースの領域を探求し始めた作品でした。

【SCOTT】: “Dog Party” を作った理由の大半はブルースではなかったんだ。ブルースというよりも、オーバーダブや複雑なギアなしでスタジオに入り、ライブでプレイする楽しさを噛みしめるためだったんだよ。
あの頃、TRIBAL TECH は複数のキーボードと MIDI シンセを使用した非常に複雑なアルバムをレコーディングしていて、さながらテクニックの悪夢のような感じだったんだ。そんな時、僕が聴いて育ったような、古き良きヴィンテージな “Dog Party” を作ることで発散することができたんだよ。まさにパーティーのようにね!

Q6: Almost 10 years explore Blues, musically, personally, what did you find? And what made you come back to Jazz/Fusion realm?

【SCOTT】: I don’t really think about it much. My roots are in blues so I’ll always love that music, but I get bored playing any one style of music for very long. I love many styles of music for different reasons. The soul and feeling of blues, the harmony and expressive interplay of jazz, the feeling in my body from playing funk, the power of rock and roll, the beauty of composition in classical music and progressive rock – it all makes me happy.

Q6: あなたとブルースの冒険は10年ほど続いて、それからまたジャズの世界へ戻ってきたように感じていましたが。

【SCOTT】: あまり深く考えたことはないんだ。僕のルーツはブルースにあって、だからずっとブルースを愛してきたよ。だけど1つのスタイルをあまり長く続けてしまうと飽きが来てしまうんだよね。
僕はそれぞれ異なる理由で多くの音楽スタイルを愛しているよ。ブルースのソウルやフィーリング、ジャズのハーモニーと表現豊かなインタープレイ、ファンクをプレイする時の体感、ロックのパワー、クラッシックやプログロックの美しきコンポジション。全てが僕を幸せにするのさ。

Q7: We lost Alan Holdsworth, and lot’s of Jazz Giants are getting older. On the other hands, like Kamasi Washington, Robert Glasper, Snarky Puppy, lot’s of new talents come to the scene. What’s your perspective about “Jazz is dead” thing?

【SCOTT】: There are many new jazz artists coming up who are really great. Kids are starting to learn jazz at a much earlier age and the bar keeps getting raised. My friend Bruce Forman teaches at USC, and some of his students are in their early 20s and playing as good as anyone. I don’t think jazz is dead, though I find jazz composition to be somewhat of a lost art. Many great new players, but not many great writers that I’ve heard.

Q7: ジャズの世界は Alan Holdsworth を失いましたし、巨匠たちもやはり年齢を重ねています。
“ジャズは死んだ” というクリシェの一方で、近年 Kamasi Washington, Robert Glasper, SNARKY PUPPY といった新鋭も台頭してきていますよね?

【SCOTT】: 多くの素晴らしい新たなジャズアーティストが登場しているよね。キッズはジャズをより若い年齢から学びはじめているから、ハードルはどんどん上がっているんだ。
僕の友人 Bruce Forman が USC で教鞭をとっているんだけど、彼の生徒の何人かはまだ20代の前半なのに、他のプレイヤーと遜色ないんだからね。
僕はジャズが死んだとは思っていないんだ。けれど、ジャズのコンポジションがいくらかは失われた芸術となっているように思えるね。つまり、沢山の偉大で新たなプレイヤーは登場しているけど、偉大なライターはそんなに多くないんだよ。僕が聴く限りではね。

Q8: So, you are also teacher at MI. When young guitarists want to be professional guitar player, is there any advice for them?

【SCOTT】: The best advice I have for any young guitarist is to transcribe. You can’t learn in a bubble, you have to learn from all the great musicians who came before us. It’s also very important to be open minded and listen to more than one style of music. There’s nothing sadder than young guitar players who only listen to heavy-metal. There’s so much great music out there to learn from, and it’s unbelievable to me that someone would stick to listening to only one style. It’s like being in musical prison.

Q8: あなたも MI で教鞭をとっていますよね。プロのギタリストを目指す若者にアドバイスをいただけますか?

【SCOTT】: 全ての若いギタリストに贈る最高のアドバイスは、コピーしてみること。狭い場所からは何も学べない。僕たち以前に登場した、全ての偉大なギタリストから学ぶべきなんだ。同時に、オープンマインドで音楽スタイルに囚われないことがとても重要だね。
若いギタリストがメタルしか聴かないことほど悲しいことはないよ。学ぶべき音楽は沢山あるんだ。僕にしてみれば、ただ1つのスタイルに拘るなんて信じられないね。それってまるで音楽の刑務所に囚われているようだよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED SCOTT’S LIFE

WEATHER REPORT “TRAIL SPINNIN'”

MAHAVISHUNU ORCHESTRA “BIRDS OF FIRE”

GENTLE GIANT “POWER AND THE GLORY”

LED ZEPPELIN “LED ZEPPELIN Ⅱ”

TOWER OF POWER “TOWER OF POWER”

WEATHER REPORT の “Tailspinnin” が僕の初めて聴いたジャズ/フュージョンアルバムだった。今でも大好きなレコードさ。それ以来、沢山の WEATHER REPORT 作品のファンになったんだ。だから Joe Zawinul とプレイする機会を得たことは僕のキャリアにおけるハイライトのひとつだよ。
MAHAVISHNU ORCHESTRA の “Birds of Fire” も僕にとってとても重要なアルバムだ。ジャズ/フュージョンギターを耳にした最初のアルバムだったからね。John Mclaughlin は伝説的ギタリストで、長年リスペクトを捧げてきたよ。彼はプレイヤーとして優れているだけじゃなく、偉大なコンポーザーでもあるからね。
GENTLE GIANT の “Power And The Glory” は大いなる影響を受けたプログロック作品だね。YES も大好きなんだけど、GENTLE GIANT の方がより実際のクラッシックに近いからね。彼らのクラッシックとロックを融合するやり方には、僕のキャリアを通して影響を受けているよ。
“Led Zeppelin Ⅱ” は僕のオールタイムフェイバリットで、今でも僕は彼らが史上最も偉大なロックバンドだと信じているんだ。僕が Richie Blackmore, Jeff Beck, Johnny Winter, Jimi Hendrix といった他のギタリストを愛しているにしてもね。どんなバンドも LED ZEPPELIN ほど偉大なカタログは残していないよ。
最後のアルバムはとても難しいね。ファンクと R&B を愛しているからね。TOWER OF POWER は僕にとって重要なバンドだよ。”What is Hip” とか “Soul Vaccination” みたいな曲があるからね。SLY AND THE FAMILY STONE の “Flesh” も影響は大きいね。それに James Brown 全てのレコード。Beyonce のファンでもあるんだよ。

Weather Report “Tailspinnin” was the first jazz fusion album I ever heard and is still one of my favorite records. Since then I’ve become a fan of many Weather Report albums, and having the opportunity to play with Joe Zawinul was one of the highlights of my career. Mahavishnu Orchestra “Birds Of Fire” was very important for me because it was the first time I’d ever heard jazz fusion guitar. John McLaughlin is a legendary guitarist and someone I’ve looked up to for a long time, not just for his playing but because he’s also a great composer. Gentle Giant “Power And The Glory” is a progressive rock album that had a big influence on me. I also love Yes, but Gentle Giant is closer to actual classical music. The mixing of classical and rock has influenced me throughout my whole career. Led Zeppelin II is one of my all-time favorite albums and I still believe think that they were the greatest rock band of all time. Even though I love other rock guitarists like Richie Blackmore, Jeff Beck, Johnny Winter and Jimi Hendrix, I don’t think any band has a catalog of music as great as Led Zeppelin. The last album is very difficult because I love funk and R&B. The album “Tower Of Power” was really important to me because of the songs “What Is Hip” and “Soul “Vaccination”, both amazing songs. Sly and the Family Stone “Fresh” was also a big influence on me. The song “In Time” is one of the funkiest songs ever recorded. Also everything James Brown ever recorded, and I’m also a huge fan of Beyoncé.

MESSAGE FOR JAPAN

My CD’s are available in Japan through P-Vine Records, and I’ll be playing at the Cotton Club in Tokyo on October 11 and 12, 2019. I’m really looking forward to coming there and having delicious Japanese food! I live in Los Angeles and many people say that the Japanese food here is as good as in Japan. That is definitely not true.

僕の CD は P-Vine を通して購入出来るよ。東京の Cotton Club で10/11と12にライブをやるよ。本当に日本に行くのが楽しみだよ。美味しい日本食もね!
僕はロサンゼルスに住んでいるんだけど、ここの日本食は現地と遜色ないってみんな言うんだよ。絶対そんなことないけどね。

SCOTT HENDERSON

SCOTT HENDERSON Official Site
P-VINE

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です