NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SPIRITUAL BEGGARS : SUNRISE TO SUNDOWN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH PER WIBERG OF SPIRITUAL BEGGARS !!

886363_1147082545322142_3136692350577330490_o

SPIRITUAL BEGGARS is back with powerful and varied new record “Sunrise to Sundown” !! Keyboard maestro, Per Wiberg talks about new album, Michael Amott, his other projects and OPETH !!

Michael Amott, Sharlee D’Angelo (ARCH ENEMY), Per Wiberg (ex-OPETH), Apollo Papathanasio (FIREWIND), Ludwig Witt (GRAND MAGUS) というメンバーが集結する押しも押されぬスーパーバンド SPIRITUAL BEGGARS が強力な新作 “Sunrise to Sundown” を引っ提げシーンに戻って来ました!!
90年代に、3ピースでのハードロック/ストーナースタイルの追求をテーマに船出をしたバンドは、メンバーを緩やかに変えつつ、クラッシックロックの伝統を守ることに意義を見出すようになりました。決して華々しく、モダンな音楽ではないためか、その高い音楽性に対してまだまだ充分な人気、評価を得られていない様にも思われます。彼らが目指す形の一つの完成系とも言える今作で、状況は変わるのでしょうか?
アルバムは彼らのカタログの中でも、最も多様性に満ちており、同時に、JB という唯一無二の素晴らしいシンガーの後任という重責を担った Apollo の実力が遂に全て発揮された作品と言えるでしょう。そして、前作からその比重を増しつつあった Per のキーボード、オルガンの素晴らしさをさらに堪能出来る作品だとも感じました。ただ、古くからのファンには、例えば “Sedated” のような Frank Marino 直系ブルースロックサイドの Michael の燃えるようなプレイを懐かしむ声もあるかもしれませんね。彼はこれ以上何かを証明する必要もない訳ですし、楽曲に合ったソロにシフトするのも頷ける話だとは思いますが。
DEEP PURPLE の “Woman From Tokyo” を想起させるキラーチューン、”Diamond Under Pressure” はハモンドとギターのコンビネーションが白眉。元々 Per のインスト曲だったそうですが、2人の協力体制は今回も抜群の様です。KISS のリズムと Sykes 加入以前の WHITESNAKE 的ヴァイブを有するタイトルトラック共々、亡き Jon Lord が乗り移ったような Per のプレイ、サウンドは圧巻の一言ですね。
JUDAS PRIEST と RAINBOW を掛け合わせたような “What Doesn’t Kill You” や Dio 期 BLACK SABBATH を彷彿とさせる “No Man’s Land” では Apollo をボーカルに起用したことが実に活きています。ブルースからエピカルなメタルまで幅広くカバーする彼の長所が出ていますね。
また、バンドのプロギーな一面も今作の重要なポイントとなっています。”No Man’s Land” の中間部で BEATLES が現れることに驚くリスナーは多いでしょう。”Turn to Stone” のメロトロンは実に美しいですし、アルバムを締めくくる URIAH HEEP 的叙情絵巻 “Southern Star” の中間部では KING CRIMSON へのオマージュを感じることが出来ますね。実際、あの時代のロックの多様性、空気を見事に再現した強力なレコードだと感じました。
今回、弊誌では ex-OPETH のキーボーディストとしても知られるマエストロ Per Wiberg にインタビューを行うことが出来ました。今作は Per のアルバムだと思いますよ。どうぞ!!

12801494_1176208479076215_3473456303599044347_n

SPIRITUAL BEGGARS “SUNRISE TO SUNDOWN” : 9.6/10

【INTERVIEW WITH PER WIBERG】

per-wiberg

Q1: Hi, Per! “Sunrise to Sundown” is just out now in Japan! How are you feeling now?

【PER】: Good, I’m glad that we managed to make another album and I’m really happy how it came out.

Q1: SPIRITUAL BEGGARS の新作 “Sunrise to Sundown” が日本先行リリースされましたね!今はどういったお気持ちですか?

【PER】: いい気分だよ。また新作を作ることが出来て嬉しいし、作品にも本当に満足しているよ。

Q2: Costin Chioreanu did a very good job! It’s a really nice psychedelic artwork. So, where did the concept of “Sunrise to Sundown” come from?

【PER】: The album was actually supposed to be called something else first but when we saw the artwork we thought it would fit really well with the song Sunrise To Sundown.

Q2: Costin Chioreanu が良い仕事をしていますね!サイケデリックで素晴らしいアートワークです。”Sunrise to Sundown” のコンセプトはどういったものですか?

【PER】: 実はアルバムは最初、違ったタイトルになるはずだったんだ。だけどこのアートワークを見たら、”Sunrise to Sundown” という楽曲にとてもフィットすると思ったね。それでこのタイトルに決めたんだよ。

Q3: “Diamond Under Pressure” reminds me Deep Purple classic, “Woman from Tokyo”. The combination between you and Michel seems to be still great in this album. Isn’t it? What are the best scores at Michel’s guitar work for you?

【PER】: I like that he always thinks about the song first. He’s got a good ear for dynamics and he’s got a great sense of capturing the essence of the song in his lead work as well I believe.

Q3: “Diamond Under Pressure” は DEEP PURPLE のクラッシック “Woman From Tokyo” を想起させますね。あなたと Michael のコンビネーションも相変わらず抜群です。

【PER】: うん、彼はいつも楽曲を最優先するから好きなんだ。ダイナミクスを聴き分ける良い耳を持っているし、楽曲のエッセンスをリードプレイに取り込むセンスも抜群だよね。それは僕も追求しているものなんだよ。

Q4:Title track, “Sunrise to Sundown” has good feeling that Whitesnake had before Sykes Era. Were you conscious of Jon Lord sound strongly in this album? What’s him to you?

【PER】: Jon Lord has always been a big inspiration of course. If it wouldn’t be for him and a few others I think most keyboard players in hard rock/metal would sound very different. Guys like Lord, Emerson and Hensley created the blueprint for how to use keys within this style of music in many ways. When I’m playing in ’Beggars I’m trying to continue this tradition.

Q4: タイトルトラックの “Sunrise to Sundown” には John Sykes 加入以前の WHITESNAKE のヴァイブが感じられますね。先程の “Diamond Under Pressure” にも言えますが、今作では Jon Lord を特に意識したようにも思えたのですが?

【PER】: 勿論、Jon Lord はいつだって大きなインスピレーションの源だよ。彼とあと何人かが居なければ、大半のハードロック/メタルのキーボーディストは全然違うサウンドを鳴らしていただろうね。Lord, Emerson, Hensley といった人たちが、こういったスタイルの音楽でどうやってキーボードを使うか、その青写真を作り上げたんだ。僕は、SPIRITUAL BEGGARS でプレイする時は、その伝統を引き継ぐ努力をしているんだよ。

1403268_671787112851690_637677339_o

Q5:Ludwig Witt submitted two songs for the album. I think this is the first contribution for the band as a songwriter. I felt “Sunrise to Sundown” has much more varied sounds than your previous release “Earth Blues”. Do you agree that? If so, do it have anything to do with Ludwig’s contribution?

【PER】: Ludwig has always been an important part of ’Beggars songwriting and arrangements. This was the first time he brought in 2 finished songs with lyrics and everything though. I think both of the songs are very good and yes I also believe it adds to the variety of this album.

Q5: ドラマーの Ludwig Witt がアルバムに2曲提供しています。彼が楽曲を提供したのは初ですよね?前作 “Earth Blues” よりバラエティーに富んだ作品となったのには、その辺りも関係するのでしょうか?

【PER】: Ludwig は SPIRITUAL BEGGARS のソングライティングやアレンジにおいて常に重要な役割を担って来たよ。歌詞まで全て完成した2曲を持ち込んだのは今回が初めてだったけどね。2曲ともとても良い出来だよね。うん、確かにこの2曲がアルバムをバラエティー豊かにしていると思うよ。

Q6:”I Turn to Stone” and “Southern Star” reflects band’s proggy side. The Mellotron sound of “I Turn to Stone” is really great. And the guitar phrase of “Southern Star” seems to be homage of “In The Court of The Crimson King”. The artwork is also looks like “Lark’s Tongues in Aspic”, haha. Anyway, did you go to new King Crimson gig? What’s your thought about the reunion?

【PER】: I haven’t seen King Crimson live but if I had the opportunity I’d love to see one of their reunion shows.

Q6: 今回はプロギーなアプローチも目立ちます。”I Turn to Stone” のメロトロンパートは見事ですし、”Southern Star” 中間部のギターパートは “In The Court of The Crimson King” へのオマージュのようにも感じられました。KING CRIMSON のリユニオンについてはどう思っていますか?

【PER】: まだ彼らのショーは見ていないんだ。だけどもし機会があれば、彼らのリユニオンショーの内1度は見てみたいと思うよ。

img_0-2

Q7: Anyway, is Spiritual Beggars your main band now? I think you are also in Candlemass, and Kamtchacka. Is there any bands or project you are involved in?

【PER】: As most people know all of us in Beggars are busy with many things and it takes a lot of planning to be able to record and play live with this band. We’re always try to make the most of the time we have available for Beggars. The band I play and tour the most with is Kamchatka as it’s something that we do all the time. With Candlemass it’s festivals and selected shows and no longer tours. I also play with a Swedish band called Switchblade and we just recorded a new album which will be released this year. I do lots of things on my own as well and there might be some more stuff released in the future.

Q7: あなたは他にも CANDLEMASS や KAMTCHACKA など多くのバンドに関わっています。現在、SPIRITUAL BEGGARS はあなたのメインバンドなのでしょうか?

【PER】: みんな知っているように、SPIRITUAL BEGGARS のメンバーは全員他のバンドでも忙しいんだ。だからこのバンドで新作を制作したり、ライブを行うにはかなり時間が必要なんだよ。全員可能な限りこのバンドに時間を割くようには努力しているんだけどね。
今最もプレイしツアーを行っているのは KAMTCHACKA だよ。全員が時間が割けるからね。CANDLEMASS はフェスと限られたショーだけでツアーは行っていないんだ。あとはスウェーデンの SWITCHBLADE というバンドでもプレイしているんだ。ちょうど新作のレコーディングを終えたばかりで、今年リリースされるんだよ。自分自身でもいろいろとやっているから、もっとマテリアルが溜まったらいつかリリース出来るだろうね。

Q8: So, the first time I saw you was Opeth show in Japan. That was amazing moment to me. Anyway, you parted ways with Opeth, have you ever heard their newest album “Pale Communion”? Looking back now, do you think your departure is right decision for you?

【PER】: I actually heard a few songs from Pale Communion at Fredriks(Opeth guitar player)house but I haven’t heard the whole album. It sounded good and it seems like they’re happy playing that style of music which is cool. For me personally it was definitely the right decision to do something else. I believe it’s important to try new things to be able to develop as a musician and as a person.

Q8: あなたは OPETH と道を分かちましたが、彼らの最新作 “Pale Communion” は聴きましたか?今振り返ってみて、その決断は正しかったと思いますか?

【PER】: うん、何曲かは Fredriks (OPETH のギタリスト) の家で聴いたよ。アルバムを通しては聴いていないんだけどね。良いと思ったし、何よりああいうスタイルの音楽をプレイ出来て満足しているように思えたね。クールだよ。個人的に脱退して他のことに取り掛かるのは完全に正しい決断だったよ。僕は、ミュージシャンとして、人として、さらに磨かれるには、新しいことに挑戦することが重要だと信じているんだ。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED PER’S LIFE!!

JIMI HENDRIX “BAND OF GYPSYS”

51XtWa3SqVL._SY300_

BAD BRAINS “BAD BRAINS”

Bad_Brains_debut

MILES DAVIS “BITCHES BREW”

MI0002360584

DIAMANDA GALAS “THE DIVINE PUNISHMENT”

Diamanda_Galas_The_Divine_Punishment

BLACK SABBATH “VOL.4”

Black_Sabbath_Vol._4

【MESSAGE FOR JAPAN】

634352326440127500

It’s always great to come to Japan and play music and I hope I will be back sooner than later. It’s nothing I take for granted and it still amazes me that a lot of people on the other side of the world are interested in and support the bands that I play in, thanks and hope to see you soon again!

日本に行ってプレイするのはいつだって最高なんだ。すぐにでも戻りたいよ。僕がプレイしているバンドを、地球の反対側で沢山の人たちが興味を持ってサポートしてくれる。当たり前だなんて思わないし、今でも僕は驚いているんだよ。ありがとう、すぐ会えたらいいな!!

PER WIBERG

SPIRITUAL BEGGARS FACEBOOK PAGE
SPIRITUAL BEGGARS OFFICIAL SITE
www.insideoutmusic.com
TROOPER ENTERTAINMENT

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です