NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DANIMAL CANNON : LUNARIA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DAN BEHRENS A.K.A DANIMAL CANNON!!

411077_454588297886257_897471750_o

“Chiprog-Metal” is born!! Genius, Danimal Cannon has just released Chiptune and Prog-Metal cross-over masterpiece “Lunaria”!!

【DISC REVIEW : LUNARIA】

EDM/Chiptune 界の革命児、DANIMAL CANNON が”クロスオーバー/エクレクティック”な音楽が求められている昨今の音楽シーンに衝撃を与える新作 “Lunaria” をリリースしました!!
DANIMAL CANNON とはチップチューンアーティスト/ギタリスト Dan Behrens のソロプロジェクト。作曲にギターと任天堂ゲームボーイを使用し、プログメタルとチップチューンを融合させたそのユニークな音楽性は、まさに奇才と呼ぶに相応しいですね。”Lunaria” は3枚目のアルバムとなりますが、完全に一皮剥けたこの新作でその知名度は飛躍的に向上することでしょう。
作品は、月が原始地球と火星ほどの大きさの天体が激突した結果形成されたとされる “ジャイアントインパクト説”をテーマとしたコンセプトアルバム。アルバムオープナー “Axis” こそ、彼が創作する “Chiprog-Metal” を体現する楽曲だと思います。キラキラとしたキャッチーなメロディーと、ヘヴィーグルーヴィーなリフが見事に融合。チップチューンサウンドとギターシュレッドが楽曲の主役を巡って鬩ぎ合うかのような、極上のスリルを味わうことが出来ますね。
対して、月の女神に扮した女性ボーカル Emily Yancey をフィーチャーしたタイトルトラック “Lunaria” は息をのむほどの美しさ。例えば、チップチューンのような電子音に感情が宿るのかという懐疑的な音楽ファンをも虜にするような普遍的魅力に満ちています。ゲームボーイは1989年に発売されたハードです。実は、そのサウンドチップは同時に3音までしか鳴らすことが出来ません。にもかかわらず、ここまで幻想的なサウンドを生み出す彼のプログラミングテクニックには驚くばかりですね。
また、アートワークや “Collision Event” からは、彼がファイナルファンタジーシリーズ、そして植松伸夫氏に多大な影響を受けていることに気づくでしょう。この辺りはゲームのサントラも手がけるコンポーザーとしての面目躍如といったところ。同時に自身がボーカルをとる NIN リスペクトな “Surveillance” というロック寄りの楽曲も収録されており、アルバムは実にチャレンジングでバラエティーに富んでいますね。
今回弊誌では、Dan Behrens にインタビューを行うことが出来ました。やはり日本の文化には思い入れが強いようですね。どうぞ!

ALBUM ART Lunaria_RGB_1500x1500

DANIMAL CANNON “LUNARIA” : 9.6/10

【INTERVIEW WITH DAN BEHRENS】

153

Q1: Hi, Dan! This is our first interview. So, at first, could you tell us about yourself? You are involved in lot’s of projects like Danimal Cannon, Armcannon, Metroid Metal, and Game Soundtracks. How do you separate each of them? Which one is your main project?

【Dan】: Hi, My name is Dan Behrens but I perform onstage as Danimal Cannon. I’m known for my music where I combine my Gameboy with guitar shredding. I also compose music for videogames.
Currently Danimal Cannon is my main project, when you collaborate with other people like with Armcannon and Metroid Metal it takes much longer to accomplish goals because individual members have lives and families to tend to. Meanwhile as solo artist Danimal Cannon I can travel and write music more freely. It can be difficult to manage my time between all of them, but I learn a lot from my bandmates so it’s worth it to me to keep doing it.

Q1: 初インタビューです。まずはあなた自身について聞かせてください。あなたは DANIMAL CANNON, ARMCANNON, METROID METAL など沢山のプロジェクトに関わっていますね?

【Dan】: やあ、僕の名前は Dan Behrens。ステージでは Danimal Cannon と名乗っているよ。ギターシュレッドとゲームボーイを組み合わせた音楽で知られているね。ビデオゲームの音楽なんかも作っているんだ。
今は DANIMAL CANNON が僕のメインプロジェクトだよ。ARMCANNON や METROID METAL のように他のプレイヤーとコラボレートする場合は、個々の生活や家族もあるから、どうしても完成までに時間を要してしまうね。だけど DANIMAL CANNON はソロアーティストだから、もっと自由にツアーや作曲が出来るんだ。全てをこなすために時間を作るのは大変だけど、バンドメイトから学ぶことも多いから続ける価値があるんだよ。

Q2: So, your knowledge and enthusiasm for the Game music is incredible. And your way of mixing Metal and Game music is very unique. What’s inspired you to play or love Game music?

【Dan】: When I was in college in 2003 I heard of people covering songs from the NES/Famicom and immediately fell in love with them. Soon I was producing my own doujin covers of Rockman songs. In order to perform the songs accurately I would download the audio source code from the games (NSF files) and study the music. When I did this I learned about the Famicom sound chip and how the composers would use unique musical ideas to work with the limitations of the Famicom. Many years later I saw people performing new original music on Nintendo Gameboys. I thought it sounded amazing, it was similar but much bigger and heavier sounding than the Famicom songs I used to cover. I used my knowledge of Famicom audio to start making new original music on Gameboys.

Q2: あなたのゲームミュージックに対する知識や熱意は驚異的です。そしてその知識を活かした METAL meets GAME な音楽性もとてもユニークですね。ゲームミュージックにハマったきっかけは何でしたか?

【Dan】: 僕が大学に通っていた 2003年、僕は NES/ファミコンの曲をカバーしている人の演奏を聴いてね。すぐに恋に落ちたよ。間もなく僕はロックマンの同人カバーを制作していたね。
正確に演奏するため、僕はゲームからオーディオソースコード(NSF Files) をダウンロードして音楽を学んだんだ。その過程で、僕はファミコンのサウンドチップや、コンポーザーたちがファミコンという限界の中でどのようにユニークな音楽的アイデアを機能させているかを学んだんだよ。
何年かして僕は、任天堂のゲームボーイで新しいオリジナルな音楽を演奏している人を見たんだ。素晴らしいと思ったね。勿論、僕がカバーしていたファミコンの曲に似ているんだけど、もっとビッグでヘヴィーなサウンドだったんだ。だから僕はファミコンオーディオの知識を活かして、ゲームボーイで新しいオリジナルな音楽を作り始めたのさ。

Q3: I first saw you was the video of Castlevania ⅲ, 2010. It seems you love Japanese Game and Game music. Could you tell us about your thought of Japanese game, music and culture?

【Dan】: If you travel to New York City, you will see advertisements for Hollywood movies and television shows everywhere. That is our popular culture in America. When I traveled to Tokyo a few years ago, I saw billboards for anime and videogames. I am a big Dragon Quest fan and found a city bench with the final boss from Dragon Quest 4 on it, one of my favorite games! The popular culture in Japan is much more in line with my personal interests. Even the popular music is better! I make progressive music and enjoy complex sounding music. Japanese pop music has much more interesting chords than western pop music which tend to be very simplistic.

Q3: 私があなたを初めて知ったのは 2010年に “Castlevania ⅲ” をカバーしていた動画でした。日本の音楽やゲームに思い入れがありそうですね?

【Dan】: ニューヨークに行けば、ハリウッド映画やテレビの広告がそこかしこにあるだろう?それがアメリカのポップカルチャーなんだ。何年か前に僕が東京に行った時は、アニメやゲームの広告板を見たよ。僕はドラゴンクエストの大ファンなんだけど、街のベンチにまでドラクエIVのラスボスが描かれていたんだ。あれは大好きなゲームなんだけどね!
日本のポップカルチャーは、より僕の個人的な興味と繋がっているね。ポップミュージックにしてもより良いじゃないか!僕はプログレッシブな音楽を作っているし、複雑なサウンドを楽しめる。日本のポップミュージックは、シンプルな西洋のそれに比べてより興味深いコードを使用しているよね。

Q4: Anyway, your newest album “Lunaria” is just out now! Amazing album!! I remind “Final Fantasy” series from the artwork, haha. It seems the album is about Giant Impact Theory. So, could you tell us about the concept of “Lunaria”?

【Dan】: Lunaria is a combination of “Lunar-aria” and is about the story of our moon, how it was created, and how it helps life on Earth thrive today. I thought it was a great story that the most violent event in Earth’s history may be the only reason we are alive today. I told the story from the perspective of a moon goddess, what would she think as a lifeless celestial body while the world it orbits thrives? It’s a story of sacrifice.
The art was done by Minerva Mopsy, and we definitely referenced some of the Final Fantasy art by Yoshitaka Amano. I am a big Final Fantasy fan, and I thought the story might fit a game like that. We tried to capture the spirit of Amano’s style rather than directly copy him.

Q4: 新作 “Lunaria” の話をしましょう。素晴らしい作品に仕上がりましたね!アートワークはファイナルファンタジーシリーズを想起させます。”Giant Impact Theory” (月が地球と天体の衝突によって生まれたという説)についてのコンセプト作だそうですね?

【Dan】: “Lunaria” とは “Lunar” と “Aria” が合体した造語なんだよ。ストーリーは、僕たちの月がどうやって作られ、地球の繁栄に役立っているかについて。地球の歴史上最も危険なイベントが、僕たち人間が生きている唯一の理由だなんて凄い話だよね。僕はこの物語を月の女神の視点から伝えているんだ。生命の無い天体が繁栄する時、彼女はどう思うだろうね?
アートワークは Minerva Mopsy の手によるものだよ。そして間違いなく、天野喜孝氏が生み出したファイナルファンタジーのアートの内、幾つかとは関連があるね。僕はファイナルファンタジーの大ファンで、この物語はあの様なゲームにフィットするだろうと考えたんだ。直接コピーするんじゃなくて、天野さんのスタイルのスピリットを取り入れたかったのさ。

Danimal-Cannon-2016-by-Chiptography

Q5: I really love the title track “Lunaria”. What a beautiful song!! You know, female singer Emily Yancey took part in “Lunaria” and “Postlude”. Also, we can listen to another vocal in “Surveillance”, and I feel NIN influence from it! Anyway, do you think your interest move to vocal song gradually?

【Dan】: I’ve always been more confident as a guitar player than as a singer so I mostly made instrumental music. Emily is a professional opera singer and she used to live in the apartment next to mine. I would hear her practicing through the walls and her voice was gorgeous. I searched for a reason to collaborate with her for many years, and realized she could be the voice of my moon goddess. She did a fantastic job and maybe we’ll collaborate again!
With “Surveillance” I decided to try doing vocals myself. A friend mentioned to me that it’s fun to yell about your problems over loud guitars, and he was right. I was angry about government surveillance issues in America and decided to make a 90’s industrial style song about it. A lot of those songs were very political in nature, so the style was a perfect fit for how I was feeling at the time. I think the song turned out very well, but I’m still not going to sing very often, I’d rather play a guitar solo.

Q5: タイトルトラック “Lunaria” は実に美しいですね!この楽曲と “Postlude” には女性シンガー Emily Yancey が参加しています。NIN を想起させる “Surveillance” にもボーカルが入っていますが、あなたの興味が、徐々にボーカル入の楽曲にシフトしているのでしょうか?

【Dan】: 僕は常にシンガーとしてよりギタリストとしての自分に自信があるから、ほとんどがインストの楽曲なんだ。Emily はプロのオペラシンガーで、昔アパートの隣の部屋に住んでいたんだよ。壁越しに彼女の練習を聴いていたんだけど、実に素晴らしい声だったね。何年も、彼女とコラボレートする理由を探していたんだけど、彼女こそ僕の月の女神の声になれるんじゃないかって悟ったんだよ。素晴らしい仕事をしてくれたし、またコラボレートするだろうね!
“Surveillance” に関しては、僕が歌ってみようと決めたんだ。友達が、ラウドなギターに乗せて君の問題を叫ぶと楽しいって言ってたんだけど、彼は正しかったね。僕は行政調査問題に怒っていたから、それについての90’s インダストリアル風味な楽曲を作ることにしたんだ。そういった楽曲たちは本質的にとてもポリティカルだったよね?だからその時の僕の感情に完璧にフィットしたのさ。この曲では上手く行ったけど、まだそんなに歌おうとは思わないね。ギターソロを弾く方が良いよ。

Q6: So, how was the writing process? I think you wrote “Lunaria” using Gameboy. Is that true? If so, What made you so?

【Dan】: Yes, it was written using a Nintendo Gameboy and my guitar! I use homebrew software called Little Sound DJ that lets me sequence music using the Gameboy soundchip. There are a lot of people doing it, in 2014 I played a festival in Tokyo called Square Sounds that was devoted to people making music on videogame hardware!
What makes writing on the Gameboy fun is that the sound chip is so weird that you have to make very interesting musical decisions to make it sound good. The hardware and interface really force you to make unique sounding music. It’s sort of like how my compositions would be very different if I wrote it on a distorted guitar, a piano, or a violin.

Q6: 先程お話にも出ましたが、”Lunaria” もゲームボーイを使用して制作されたのですよね? 具体的にはどのようなやり方だったのですか?

【Dan】: うん、任天堂ゲームボーイと、僕のギターを使って書いたんだ!”Little Sound DJ” というホームブルーを使って、ゲームボーイサウンドチップの音楽を配列することが出来るんだよ。2014年に東京の Square Sounds という、ゲームハードウェアで音楽を作っている人のためのフェスでプレイした時に、そういうやり方をしている人は沢山居たよ。
ゲームボーイを使って書く楽しさは、サウンドチップが変わっているから、サウンドを良くするためにとても興味深い音楽的決断をしなければならない点だね。そのハードウェアとインターフェイスによって、本当にユニークなサウンドを作らなければならなくなるんだ。ギターやピアノ、バイオリンで書くのとは全く異なるよ。

Q7: How have you evolved over the course of making “Lunaria”? And what’s your musical goal?

【Dan】: I am more confident in my music now since I started making Lunaria. I always just made the music I wanted to hear, and enough people have told me that it’s good that I can trust my instincts when writing. Now I can take chances and experiment, like doing vocals for “Surveillance”. If I think it sounds good, I’m confident other people will too.
My musical goal is to do more composing for videogames. To me it’s really fun to have a musical challenge. A game developer may tell me “we want a Final Fantasy battle sounding song, but it takes place in a digital world so make the instruments sound like a dial-up modem”. It’s sort of like a musical Iron Chef competition where I really get to test my musical and production skills .

Q7: “Lunaria” は以前の作品に比べて、格段にクオリティがアップし進化していますね。あなたがさらにここから目指すもの、音楽的なゴールは何でしょう?

【Dan】: “Lunaria” を作り始めた時に比べて、今の方がより自分の音楽に自信があるね。僕はいつも、自分が聴きたい音楽を作っているだけなんだけど、多くの人が良いと言ってくれるから、作曲に関する僕の本能を信じられるんだ。今は僕がボーカルをとった “Surveillance” のような実験を行うチャンスもあるしね。僕が良いと思ったものは他の人も良いと思うだろうという自信があるんだよ。
僕の音楽的ゴールは、もっとゲームのサントラを制作することだよ。音楽的挑戦をするのが楽しいんだ。”ファイナルファンタジーの戦闘のような音楽が欲しいんだけど、戦いはデジタルの世界で起こっているから、楽器のサウンドをダイアルアップモデムのようにして欲しい” 例えばゲームの開発者はこんな要求をして来る。さながら音楽版料理の鉄人みたいだよね。僕の音楽とプロダクションのスキルが真にテストされるよ。

Q8: Do you think EDM/Chiptune are going to become more important element in the metal scene? OK, Babymetal also use that, haha. Off course, you are the pioneer of this genre, which chip-metal artist do you dig?

【Dan】: I have been hearing a lot of electronic music making its way into metal music recently. I don’t think it’s a bad thing, I’ve always enjoyed both kinds of music. My new album was reviewed on many metal websites and I enjoyed hearing their opinions. The reviewers were split, half of them thought it sounded new and interesting, they loved it. The other half would always say I made great music but they were not into the chiptune sound and thought it sounded like a gimmick. There are a large amount of people who haven’t heard my modern chiptune sound but might love it, my goal is just to gain enough exposure for them to find it. But not everyone loves the chiptune sound, and that’s OK too.
There’s another chiptune artist named Virt who has made some of my favorite progressive metal sounding albums. He’s a game composer as well, I take influence from him in many ways.

Q8: あなたも深く関わっている EDM/Chiptune はメタルシーンでさらに重要度を増していくのでしょうか?

【Dan】: 最近は、メタルにエレクトロニカの要素を加えた音楽を良く聞くよね。悪いことじゃないと思うよ。僕はいつも両方を楽しんで来たからね。僕の新作も多くのメタルサイトでレビューされたけど、彼らの意見を聞くのも楽しめたよ。レビュワーたちの意見は2つに分かれていたね。半分は、新しくて興味深い、大好きだという意見。残りの半分は、僕は良い音楽を作っているけど、ギミックみたいでチップチューンが好きになれないという意見だったんだ。まだ僕のモダンなチップチューンサウンドを聴いたことのない人は多いだろうけど、きっと気に入るはずさ。
僕のゴールはもっと露出を増やして、そういった人たちに見つけてもらうこと。勿論、みんながチップチューンサウンドを好きな訳じゃないだろうけど、それはそれで別に構わないよ。Virt というチップチューンアーティストがいるんだけど、彼は僕の大好きなプログメタルサウンドのアルバムを作っているよ。彼はゲームミュージックの作曲家でもあるんだ。僕は彼からいろいろと影響を受けているよ。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED DAN’S LIFE!!

METALLICA “METALLICA (BLACK ALBUM”

Metallica - Black Album-2

it’s the reason I picked up a guitar when I was 12 years old!

OPETH “BLACKWATER PARK”

130

it was the first death metal band I listened to, it was so heavy, yet so beautiful. I didn’t know music could have both qualities before that album.

MESHUGGAH “DESTROY ERASE IMPROVE”

400x400

that album completely changed the way I hear and approach rhythm now. The jazzy guitar solos are so good too!

VIRT “FX3”

a0135690405_16

it was the first chiptune album that I couldn’t stop listening to. It was a big influence on me to start making chiptune music myself.

DIRTY LOOPS “LOOPIFIED”

81aEPnb1F0L._SL1400_

I never heard pop music be so complex, and so jazzy! This album made me changed how I add detail to my music. They’re immensely talented.

【MESSAGE FOR JAPAN】

58271_641111725900579_1690062845_n

I love Japan and would love to return as soon as possible! Next time I need a Shinkansen pass so I can see the rest of the country. I love your food and culture, and also how you celebrate very talented guitar players!

日本が大好きだよ。出来るだけ早く戻りたいね!次に訪れる時は新幹線のパスが必要だね。それがあれば行ったことのない場所にも行けるからね。食事も文化も大好きだし、君たちが才能あるギタリストを好きだって知っているんだよ!

DAN BEHRENS

DANIMAL CANNON FACEBOOK PAGE
DANIMAL CANNON BANDCAMP
(怒りの以下略) Danimal Cannon : “Lunaria” Review

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です