a1708542931_16 (1)

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SITHU AYE : SET COURSE FOR ANDROMEDA】JAPAN TOUR 2016 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SITHU AYE !!

12187714_10156225237590581_5851660646082224988_n-2

One of the most important release of Instru-Metal scene in this year !! Sithu Aye set to release magnificent double album “Set Course for Andromeda” on 5/4!!

DISC REVIEW “SET COURSE FOR ANDROMEDA”

我らが “先輩” こと、グラスゴーが生んだ才気あふれる新世代ギタリスト Sithu Aye。5/13から始まる初の日本ツアーに先駆けて、5/4に新作 “Set Course for Andromeda” をリリースします!
フルアルバムとしては2012年の “Invent the Universe” 以来となる新作は、ダブルアルバム、76分の壮大なエピックに仕上がりました。同時に、最も重要な今年の Instru-Metal 作品になることは間違いないでしょう。
近作では、コラボレートも行った PLINI と路線を同じくするような、メロディー重視でフュージョン要素の濃い音楽性にフォーカスしていた Sithu Aye ですが、”Set Course for Andromeda” では “Invent the Universe” 以前のようなヘヴィーグルーヴやテクニカルな展開を大幅に復活させており、改めて彼のアイデンティティーを強く印象付けています。同時に、ジャズ、オーケストラ、シンセサイザーといった幅広い要素も巧妙に使用されており、多様性に富んだ現代的なアルバムとも言えるでしょう。
ゲストソロイストも実に豪華。同志 Plini をはじめ、David Maxim Micic (DESTINY POTATO), Aaron Marshall (INTERVALS), Mark Halcomb (PERIPHERY), Yvette Young (Covet), THE HELIX NEBULA というモダンギターシーンを象徴するようなプレイヤーたちが集結し作品に色を添えています。
チップチューン的イントロが印象的な “Set Course for Andromeda!!!” 、”Constants and Variables”, “Transient Transistors” のヘヴィーグルーヴはまさに初期 Sithu Aye ですし、驚くほどジャズな “Spiral” まで Disc 1の多様性はカラフルな万華鏡のよう。ただ、Disc 1では全ての楽曲にゲストを配しているのに対して、Disc 2、29分の大曲 “The Andromedan” は彼1人で作曲、ソロ、プロデュースを全てこなしていることを考えれば、作品のキモは Disc 2 にあるようにも思えます。
実際、大曲の第一楽章 “PT1: A Single Step” は、新しいことに挑戦したかったと語る Sithu の意志を体現したかのような楽曲です。ジブリ作品を想起させる雄大でオリエンタルなメロディーが、ストリングス(二胡)とアコースティックギターを伴って紡がれる美しい楽曲は、彼の新しい1面を伝えると共に、代表的な1曲となる可能性を秘めています。
さらに見事なのは、”The Andromedan” 自体も、”A Single Step” で提示したオリエンタルなテーマを巧妙に変化させつつ使用しながら、彼の様々な魅力を引き出し伝えている点です。”PTⅡ: Mystic Village” でのミニマルなポストロック、”PTⅣ: The Darkness Within” から “PTⅤ: Rebirth” にかけての Djent + Dream Theatre 的ダークでテクニカルな展開、そしてオーケストラルな大円団 “PTⅥ: Mother of Creation” まで、息つく間もないほど濃厚な音楽世界はリスナーを壮大な宇宙旅行へと誘います。
さらに、ソロイストとしての Sithu も素晴らしく円熟して来たように感じます。見事なコール&レスポンス、リックの豊富さ、そして強烈なエモーション。楽曲のレベルを一段引き上げるようなソロワークが秀逸なギターアルバムでもありますね。
今回弊誌では Sithu さんに3度目のインタビューを行うことが出来ました。テクノロジーコンサルタントという仕事を辞して、フルタイムミュージシャンとして挑む彼の新たな出発は、野心的でキャッチーで多様性に富んだ素晴らしいレコードと共に始まります。どうぞ!!

1918366_10156631545605142_1573221703835400586_n

SITHU AYE “SET COURSE FOR ANDROMEDA” : 10/10

【INTERVIEW WITH SITHU AYE】

CASEbf7f29b196bc89eec0a322234ce769e0

Q1: Hi, Sithu san! Your first Japan Tour will start soon! Have you decided the set list?

【SITHU】: こんにちわ! I am incredibly excited for the Japan Tour with Protest the Hero, Cyclamen and Reflections and I am so excited to be visiting Japan for the first time! It’s just over one week away at the time of writing and I’ve started to learn a little bit of Japanese, so hopefully I can speak a little bit when I am over there.I have indeed decided my setlist. I will be playing a few songs from the new album and some favourites from other albums too. And I may or may not be playing a song from Senpai EP too!

Q1: 初の日本ツアーが始まりますね!セットリストはもう決まりましたか?

【SITHU】: こんにちは!PROTEST THE HERO, CYCLAMEN, REFLECTIONS との日本ツアーには凄く興奮しているよ。日本を初めて訪れることができるのも最高だね!ツアーまであと一週間くらいだけど、少し日本語も勉強し始めたんだよ。だから、日本に着く頃には少し話せればいいなあ。
うん、セットリストは決めてあるよ。新作から何曲かと、他のアルバムから僕のお気に入りもやるんだ。”Senpai EP” からの曲もやるかもしれないね!

Q2: So, it seems you’ll leave your job and pursue music full time. I think that’s very important decision for your life and for your music fans. What made you so?

【SITHU】: I think I was coming to a point where I had to choose between a comfortable, steady job or doing what I really wanted to do, which is making music and playing live shows. The biggest hurdle is financial, but I was in a position where I would be able to afford basic things like rent and bills and for me I’d happily sacrifice money so that I can do what I want to do. The other issue that the kind of job I was working is very corporate and I really struggled with travelling when I wanted to be home, recording my album. Also, the career progression of my job means that the longer a stay, the less time I would have for music. I think I had to decide what really mattered to me the most at that point. Anyway, at the time of writing, this is my last week at my job and afterwards I will be dedicated all my time towards writing and recording music. I am incredibly excited and starting with a tour in Japan is the best possible start for me as a full time musician.

Q2: 先日、仕事を辞めてフルタイムのミュージシャンになると仰っていましたね?あなた自身と、ファンにとっても重要な決断だと思いますが。

【SITHU】: 決断の時が来たと思ったんだ。快適でステディな仕事を続けるか、音楽を作りライブを行うという本当にやりたいことをやるかのね。最大のハードルは金銭的な問題だったね。だけど、基本的な家賃や支払いくらいはなんとかなるくらいのポジションにいたし、お金を犠牲にするのは気にならないからね。
他には、僕が働いていた会社は厳しくて、家でレコーディングしたいのに出張が多くてね。キャリアが進むに連れて、さらに拘束は増えて音楽に割ける時間は少なくなってしまうだろう。だから、どこかで決断しなければならなかったんだよ。
ちょうど仕事が最後の週だったんだ。だからこれからは全ての時間を作曲とレコーディングに割けるんだよ。凄く楽しみだし、僕のフルタイムミュージシャンとしてのスタートが日本ツアーなのも最高だね!

Q3: Anyway, your newest album “Set Course for Andromeda” set to be released soon! This is definitely epic, double album with 76 minutes long. What inspired you to make such a magnificent album?

【SITHU】: The main reason is that the last full length album I did was Invent the Universe, which was released almost 4 years ago in October 2012. I felt I really needed to create something musically that was a much bigger piece of work than an EP and I felt that I owed it to my fans and followers. As for whether it’s magnificent or not, that is up for the person listening to decide. For me at least, it’s my most ambitious piece of music to date.

Q3: 新作”Set Course for Andromeda” もリリース間近です!ダブルアルバム、76分の大作ですが、なぜこういった壮大な作品に仕上げたのでしょう?

【SITHU】: 主な理由は、最後に作ったフルアルバムが “Invent the Universe” で、2012年の10月リリースだからほぼ4年経つことだね。EP よりもより濃厚な音楽的な何かを作り、ファンに届ける必要があると強く感じていたんだ。
壮大かどうかは、聴く人によるだろうけど、少なくとも僕にとっては今までで最も野心的な作品だよ。

Q4: Your previous release “Senpai EP” focused on the theme of Anime culture. The direction has changed pretty much in the short period of time, because “Set Course for Andromeda” is the story about space travel, I think. Off course, “Senpai EP” was really great record and made you popular especially in Japan, but can you say “Set Course for Andromeda” is more “Serious” record than “Senpai EP”?

【SITHU】: I guess it is more serious in a way, in that I’m not making a joke or parody about anime tropes and clichés. Set Course for Andromeda is not really about the theme though, in that I wanted the focus to purely be about the music. I take the music for Senpai EP just as seriously as any of my other music though, but the theme is not serious I guess.Senpai EP was some of the most fun I’ve had making music though, and I will definitely be making a Senpai EP II and maybe even a Senpai EP III.

Q4: 前作 “Senpai EP” はアニメ文化にフォーカスした作品でしたね。今回は宇宙旅行をテーマとして扱っており、より”シリアス”な作品のようにも思えます。

【SITHU】: ある意味よりシリアスだと思うよ。アニメの比喩や決まり文句についてのジョークやパロディではないからね。ただ、”Set Course for Andromeda” には特にテーマはないんだ。純粋に音楽にフォーカスしたかっただけなんだよ。
“Senpai EP” の音楽は他の作品と同様にシリアスなものだったよ。でも、確かにテーマはシリアスではなかったね。ただ作品を作っている時は本当に楽しかったんだ。間違いなく “Senpai EPⅡ”は制作するし、”Senpai EPⅢ”も作るかもしれないね。

11215531_10154085058649083_563647295776433392_n

Q5: I think Disc 1 is about the way to Andromeda, and Disc 2 is the story in Andromeda. Do you agree that? Could you tell us about the story of the record?

【SITHU】: Disc I wasn’t really ever meant to have a story, but I guess you could say it is about going to Andromeda. But going to Andromeda in a really terrible spaceship, flown by a bunch of space cadets who have no idea what they are doing (sometimes I imagine the space cadets are Megumi, Hanako and Mari from Senpai EP!).I wanted Disc II to be like a journey, and one of my friends suggested looking at Monomyth by Joseph Campbell since what I was trying to do seemed like a hero’s journey. Monomyth is the idea that a hero’s journey follows a common set of sets and elements, so the six parts of The Andromedan are meant to tell different parts of a hero’s journey.I think the twist for The Andromedan is that I imagine that the space cadets that made it to Andromeda are actually watching the alien Andromedan go through his hero’s journey from their spaceship. And on the last part, Mother of Creation, I imagine the Andromedan accidentally seeing the spaceship and the aliens start worshipping the space ship as a new god, as their Mother of Creation. It’s kind of a play on the Star Trek Prime Directive being broken.

Q5: テーマは特にないと仰いましたが、Disc 1 はアンドロメダまでの道のりを、Disc 2 はアンドロメダでの出来事を表現しているようにも思えます。

【SITHU】: Disc 1 には全くストーリーが存在しないんだよ。ただ、アンドロメダへ旅立とうとしていると言うのもわかるよ。アンドロメダには本当に酷い宇宙船で向かうんだ。操縦のやり方も知らないような乗組員が沢山いるね。(時々、”Senpai EP” の Megumi, Hanako, Mari が乗っているような空想をするよ!)
Disc 2 は旅のようにしたかったんだ。友人の1人がジョーゼフ・キャンベルの英雄の旅を想起させると指摘したんだけど、それは僕が英雄譚を書きたかったからだろう。あの話はいくつかの舞台が集まって成り立っているんだけど、だから僕のアンドロメダの英雄譚も6つの異なるパートで構成されているよ。
おそらくは、スペースシップの乗組員たちは旅の途中でアンドロメダ星人に気づいていたんだろう。最後のパート “Mothe of Creation” では、偶然にもアンドロメダ星人がスペースシップに遭遇し、新しい神、想像の母として崇拝し始めるんだ。

Q6: Musically, “Set Course for Andromeda” is very rich in diversity. You know, off course, from Prog-Metal, Djent, Fusion, to Oriental, Post-Rock, even Jazz and strings are there. Did you want to make an album like “kaleidoscope”?

【SITHU】: Again, it was kind of reaction to how similar some of my previous releases like Pulse and 26 sounded. I really wanted Set Course for Andromeda to be long, diverse and progressive. I wanted to push myself and try new sounds that are unfamiliar for my listeners, but make it in a way that people would still be able to tell that it was me playing.

Q6: 音楽的には、”Set Course for Andromeda” は非常に多様性に富んでいますね。Prog-Metal は勿論、Djent, Post-Rock, Jazz やオーケストレーションまでさながら万華鏡のようですね!

【SITHU】: 僕は本当に “Set Course for Andromeda” を長く、多様性に満ち、プログレッシブな作品に仕上げたかったんだ。自分自身をプッシュしたし、僕のリスナーたちには聴いたことのないようなサウンドを届けたかったんだよ。ただ、勿論、僕がプレイしていると分かるような方法でね。

Q7: Also, heavy groovy guitar and Dream Theatre like technical aspects are back compared with “Senpai EP” and “Pulse”. In other words, I felt little bit coming back of “Invent the Universe” feeling. Do you agree that?

【SITHU】: I definitely wanted to add more heavy and progressive elements to the album, because it’s not something I’ve had in my music for a long time. You’re right that Invent the Universe is probably the last time I had something similar. Again, I just wanted to try something different. I think one of the worst things I could have done creatively is to fall into a sort of comfort zone when really, I should be pushing myself constantly.

Q7: 同時に、”Senpai EP” や “Pulse” に比べてヘヴィーでグルーヴィーなギター、テクニカルな展開が戻って来ているようにも感じました。”Invent the Universe” のように。

【SITHU】: うん、間違いなく僕はこのアルバムにヘヴィーでプログレッシブな要素を加えたかったんだ。そういったことは長い間やっていなかったからね。だから君は正しいよ。確かに似たようなことをやったのは “Invent the Universe” が最後だと思う。
繰り返しになるけど、何か違うことをやりたかったんだ。クリエイティビティという面では、快適なことを続けてしまうのが最も良くないように思うね。だからいつも自分をプッシュし続けるべきなんだよ。

Q8: Guest soloists are definitely the players represent modern guitar scene. How did you choose them? And how did select the songs for them?

【SITHU】: In all honestly, I’ve met and hung out with almost all of the guests on the album, except for David Maxim Micic (who I will be meeting later on this year!) and Mark Holcomb, who I’ll hopefully get the chance to hang out with in the future. Most of the guests are people I’ve enjoyed spending time with, and all of them are people I immensely respect musically and I love what all of them do.

Q8: ゲストのソロイストたちも、モダンギターを象徴するようなメンツが集まりましたね?

【SITHU】: 正直に言うけど、僕はこのアルバムに参加してくれたほとんどすべてのゲストと会って遊びに行っているんだ。David Maxim Micic と Mark Halcomb を除いてね。David とは今年の後半に会う予定さ。Mark ともいつか出会えたらいいなあ。
だから、ほとんどのゲストは一緒にいて楽しめる人たちなんだよ。全員を人間として、ミュージシャンとしてリスペクトしているし、彼らがやっていることも大好きなんだ。

12924342_10156687100755142_1895945781521103161_n

Q9: You became part of the roster of Mayones guitars. How do you like the guitar specifically?

【SITHU】: They’re just amazing guitars, incredibly well built and endlessly playable. I’ve always wanted to try one and when I did last year I fell in love with them straight away. I think for the style of music I play they are absolutely perfect. They’re also incredibly versatile too. They’re everything I look for in a guitar essentially!

Q9: Mayones ギターのロースターになりましたね。あのギターの特に気に入っている点を教えてください。

【SITHU】: ただ本当に素晴らしいギターなんだよ。実に巧く設計されているし、ずっと弾いていられるね。ずっと試してみたかったんだけど、去年遂に弾いてみてすぐに恋に落ちたよ。僕のようなスタイルの音楽には完璧にフィットするように思うね。同時に、非常に汎用性にも優れているし。僕がギターに必要だと思うものは全て備わっているよ。

【MESSAGE FOR JAPAN】

10298749_10155935695815142_603261566663275250_n-2

I want to visit all the maid cafes in Akihabara Only kidding! I do want to visit Akihabara, as well as all the tourist spots in Tokyo. I also want to visit all the guitar stores in Tokyo too, I’ve seen some amazing photos of the guitars they have! We will be visiting Osaka on tour and we have a few days in Kyoto afterwards, so I want to pretend that I’m on an anime high school trip.I will also visit all the restaurants because I love Japanese food too!Thank you for taking the time to read my responses! I hope to see you on tour in Japan and that you enjoy my new album! ありがとうございます!

秋葉原にある全てのメイドカフェに行きたい!というのは冗談だよ!
勿論秋葉原には行きたいけど、同じくらい東京の観光地は全て行きたいね。ギターショップも全部回りたいし。もう写真で素晴らしいギターはチェックしているんだ!
ツアーで大阪も行くし、その後何日か京都も訪れる予定なんだ。だからアニメの修学旅行のような感じになるだろうな。日本食も大好きだから、レストランも沢山行きたいね。
いつも僕のインタビューを読んでくれてありがとう!ツアーでみんなに会えたらいいな。新作も楽しんで欲しいね。ありがとうございます!

SITHU AYE

【PROTEST THE HERO, CYCLAMEN, REFLECTIONS, SITHU AYE JAPAN TOUR 2016】

12244484_10156181086485142_5647126761872133009_o

チケットのご購入はこちらから。
Realising Media Facebook Page
Sithu Aye Facebook Page
Sithu Aye Official Site
Sithu Aye Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です