slowforever-1

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【COBALT : SLOW FOREVER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ERIK WUNDER OF COBALT !!

12496041_1088185584545362_5450327998149425831_o

“American Black Metal” has evolved ! Cobalt Return With Full-of-intensity Discs and a New Screamer on “Slow Forever”!!

DISC REVIEW “SLOW FOREVER”

“American Black Metal” という唯一無二のジャンルを確立した COBALT が衝撃的な2枚のレコードと新たなスクリーマーを得てシーンに戻って来ました!!
Black Metal の出自は勿論欧州です。しかし、当然ながら、シーンが人気を博し拡散するに連れて世界中から Black Metal バンドが現れるようになりました。US から現れる Black Metal は興味深いバンドが多いようにも感じますね。
WOLVES IN THE THRONE ROOM, PANOPTICON に代表される自然崇拝を掲げたアトモスフェリックなカスカディアンブラック、KRALLICE, LITRUGY といったエクスペリメンタルなブラックメタルなど多種多様で実に個性的。中でも COBALT は前作 “Gin” においてヨーロッパの Black Metal にUSロック/メタルからの影響を多大に持ち込み、シーンを驚かせました。
残念ながら、それから7年という長いインターバルの間に、強い絆で結ばれていた不世出のボーカル Phil と 全ての楽器をこなす Erik は袂を分かちます。事の詳細はインタビューを参照していただくとして、残った Erik は新たに LORD MANTIS などで知られる Charlie Fell とタッグを組むこととなりました。そうして、難産の末生まれた新作 “Slow Forever” は、キャッチーかつアグレッシブ、非常に濃厚で革命的なダブルアルバムとして遂にリリースされたのです。あの Pitchfork誌で8.4という高得点をマークしたことも記憶に新しいですね。
まず記して置くべきは、Erik もインタビューで認めている通り、もはや Black Metal の要素はほとんど残っていないという点でしょう。音楽だけにフォーカスすれば、”Slow Forever” は強烈なインテンシティーと高度なインテリジェンスを纏った純粋な “American Metal” と言えるのではないでしょうか。
アルバムを通して、作品は Erik の TOOL に対する憧れが見事に開花していますが、大曲 “King Rust” は特に象徴的です。ブラストビートの代わりに使用される、プリミティブでトライバルな本能的ビートはまさに Danny Carey のそれで、リスナーの思考に直接訴えかけるような力強さを持っています。
有機物質のように形を変えながら、次々と繰り出される印象的なリフワークとミニマルでマスマティカルなアプローチも実に効果的。同時に、新加入 Charlie の野性的で獰猛なスクリームにより、TOOL 以上に NEUROSIS を感じるリスナーも多いでしょう。
しかし勿論、アメリカンミュージックからの影響は TOOL のみにはとどまりません。アルバムオープナー “Hunt the Buffalo” に代表されるように、クリーンギターを使用したブルース/カントリー/フォークミュージックに通じるリックの数々も彼らの重要なアイデンティティーとなっていますし、それは、突き詰めれば Mark Tremonti が CREED, ALTER BRIDGE といった Post-Grunge の重要バンドたちの中で行ってきた挑戦にも通じます。
さらに、彼らを語る時、ニューオリンズのスラッジモンスター EYEHATEGOD と USアンダーグラウンドの雄 SWANS をイメージすればより理解が深まるでしょう。メタルとハードコア、パンク、オルタナティブロックとフォーク、ノイズなど、彼らのダークでクロスオーバーな精神性はまさに COBALT と深く通じているからです。特に、”Elephant Graveyard” はここ数年でも傑出した地下音楽のクロスオーバーチューンだと感じました。
今回弊誌ではバンドの頭脳、Erik Wunder にインタビューを行うことが出来ました。以前から敬愛する、ヘミングウェイの有名なノーベル賞受賞スピーチ “at best, writing is a lonely life” の一節を “Iconoclast” で使用していますが、同様の気持ちだったのかも知れませんね。どうぞ!!

12644814_1088186114545309_2611345978569716902_n

COBALT “SLOW FOREVER” : 9.9/10

【INTERVIEW WITH ERIK WUNDER】

ErikCobalt2-620x465

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band? How did Cobalt come to be? And what’s the meaning behind your band name Cobalt?

【ERIK】: Thanks for reaching out to do the interview Sin! It is great to hear that people in Japan are listening to Cobalt!Cobalt began in 2002 when Phil and I decided to put a new project together. We grew up playing in bands together over the years. First we were doing punk rock (when we were 13 and 14 years old), and over time we graduated to metal and all of its variations. Anyway, when Cobalt started out, Phil and I were tired of the other guys we were working with who weren’t taking the music seriously and were just flat-out lazy. So we were the two guys who were very serious about it and wanted to take things to the next level. We started out as a war metal/black metal band, because that was what we were really into at the time. And then over the years different influences seeped into the music and everything started to evolve. But Phil and I knew we had something unique to contribute to the world, and we just sort of followed that motivation.The name was something that Phil originally came up with. We mentioned the idea to me, and I really liked it. Cobalt (the metal) is an element in the periodic table. It is a base element on earth. It’s part of the DNA of existence, as we know it. We liked that idea a lot. Sort of the ancient, primal, genetic level of existence. It is also a name that doesn’t immediately sound like the band is a certain genre of music. It wasn’t specifically a black metal band name or anything else really. We liked that it was open to interpretation. Cobalt means whatever you want it to mean.

Q1: 弊誌初登場です!まずは、バンド結成の経緯と、バンド名の由来を教えていただけますか?

【ERIK】: うん。まずはインタビューの機会をくれたことに感謝するよ。日本にも COBALT を聴いてくれている人がいると知って嬉しいんだよ!
バンドは Phil と僕が新しいプロジェクトを共に始めると決めた2002年に始まったんだ。僕たちは何年も一緒にバンドでプレイしながら育ったね。
最初、13, 14の頃はパンクバンドをやっていたんだよ。時が経つにつれて、徐々にメタルとそのバリエーションにハマっていったのさ。とにかく、始めてみたはいい物の、バンドに加入するのは音楽を真剣に捉えていなかったり、怠惰なヤツばっかりでね。だから、真剣で、音楽をネクストレベルに到達させようという2人でやっていたのさ。
このバンドは War Metal / Black Metal として始まったんだけど、それは僕たちが当時本当にハマっていたからなんだ。何年か経って、異なる影響が音楽に現れ始め、全てが進化を始めたんだよ。だけど、Phil と僕は、世界に寄与するための何かユニークなものを持っているって知っていたよ。だからそのモチベーションに従っただけなんだ。
COBALT というバンド名は Phil が思いついたんだ。アイデアを聞いて僕も凄く気に入ったよ。コバルトという金属は周期表にある元素。地球の基本的な元素だよ。そして良く知られるように DNA の中にも存在するんだ。このアイデアがとても気に入ったんだよ。古の原始レベルの存在だからね。すぐにどんなジャンルの音楽をやっているバンドなのか伝わらない名前でもあるしね。特別ブラックメタルという感じはしないよね、むしろ他のジャンルみたいだよ。オープンな解釈が出来る点も気に入っているんだ。つまり、君が思うように意味を持たせてくれて構わないよ。

Q2: Anyway, Phil McSorly was out. I think he is childhood friend of you. Could you tell us about the story of his departure?

【ERIK】: Yes, Phil and I have been friends since we were kids, so he is like a brother to me. It was a very difficult thing having to kick him out of the band. When you spend years and years working with someone and being creative and coming up with new ideas, you form a close bond. So it was very sad the way things turned out with him. Basically what happened was he began to lash out and insult people on Facebook, using racial slurs and anti-gay stuff. Basically he was losing his shit and trying to insult everyone while he was at it. When all of that shit happened, I was already getting close to being finished with the new Cobalt album, and I was already booking studio time to record. So it was the worst timing ever! As it turns out, he was dealing with some severe PTSD from his time in the US Army, and he was also going through a lot of terrible personal stuff at the time. So he kind of just boiled over and lost his mind for a while. He was lashing out at people and even making physical threats to various people. There was just no way I could keep him in the band in the mental state he was in. I had to remove him from the band, as hard as that was. It was sad. Like losing a family member or something. So it was a very hard time. I knew that I had to continue on with the band because I had put years and years of work into the new album. I wasn’t about to let some insane Facebook drama get in the way of completing the new album. Luckily as the drama situation with Phil was happening, I had in mind someone who I felt could step in and do the vocals and have it still be Cobalt. That person was my long time friend Charlie Fell. When I offered the job to him over the phone, Charlie immediately accepted, and we began brainstorming and working on ideas for the album. So he is a great partner to have on board.

Q2: お話にもあったように、あなたと前シンガーの Phil は子供のころからの親友でした。そして、その Phil がバンドを離れましたね?

【ERIK】: うん、Phil とは子供のころからの友達だよ。兄弟のようなものだね。だから、彼をバンドから追い出すような形になったのは本当に難しい出来事だったよ。誰かと長年働いて、クリエイティブなアイデアを生み出せば絆は深くなるものだろう? だから彼を追い出さなければならなかったのはとても悲しかったね。
基本的に起こったことを説明すると、彼が Facebook で人種や同性愛について誹謗中傷を始めたんだよ。とにかくその時彼は我を忘れてしまって、全員を非難していたんだけどね。その事件が起こった時、僕はほとんど COBALT の新作を完成させようとしていたんだ。レコーディングのためのスタジオも抑えていたしね。だから今までで最悪の出来事だったよ!
後に分かったんだけど、彼は軍隊時代の厳しい PTSD に悩まされていたんだよ。同時に、個人的にも酷い出来事を経験していてね。だから爆発して、しばらく我を忘れてしまったような感じだね。とにかく彼は暴言を吐き、ある人たちには身体的暴力も与えてしまった。そのような精神状態で、彼をバンドに留めて置くことは流石に出来なかったんだよ。辛いけど、彼をバンドから離さなければならなかったね。悲しかったよ。家族を失うような感じだったな。
とにかく厳しい時期だったんだ。だけど僕はバンドを続けなければならないことを知っていたよ。新作には何年も労力をつぎ込んだからね。下らない Facebook ドラマに新作の完成を邪魔されたくはなかったんだ。
幸運なことに、Phil の事件が起こった時、僕の中で1人、COBALT に参加してボーカルを取れる人物が浮かんでいたんだ。長年の友人 Charlie Fell だよ。電話でオファーしたんだけど、Charlie はすぐに快諾してくれたよ。それから僕たちは相談を始めてアルバムのためにアイデアを出していったのさ。今は偉大なパートナーと共にいるということだね。

Q3:Your newest album “Slow Forever” is just out now! It’s the first time in seven years. How are you feeling now?

【ERIK】: I’m feeling great man! I’m very happy with how the album turned out, and the response from listeners has been amazing! People are really connecting with it, and for the most part everyone is very excited about it. Slow Forever really turned out to be a monolithic piece of music. All the hours and years spend working on it paid off in the end. We are currently putting together a live band to start doing tours as well, so I’m excited to get the ball rolling on that as well.

Q3: その新作 “Slow Forever” ですが、7年振りの作品ということになりますね!

【ERIK】: 最高の気分だよ!アルバムをリリース出来てとても嬉しいし、リスナーからの反響も素晴らしいんだよ!みんな本当にこの作品に入れ込んでくれているね。大部分の人がとても興奮してくれているんだ。”Slow Forever” は一枚岩のような音楽だと証明されたね。長年の苦労が遂に報われたんだ。
今はライブバンドを集めてツアーを始めるところだよ。とても興奮しているんだ!

Q4: When you named this great record “Slow Forever”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of the album?

【ERIK】: Phil and I came up with the name ‘Slow Forever’ when we were on a trip to Las Vegas many years ago. We were talking about how Cobalt has a very methodical, philosophical, stoic, almost ritualistic process when working on music. We work at a very deliberate pace. There’s a lot of patience involved. We have always believed it was more important to put out quality music than it is to put out multiple records of ‘just ok’ stuff. And in the end, that’s where you get longevity as band and with the people who support and listen to the band. If you are patient with the music and wait until the songs have reached a place where they are as strong as they could possibly be, you will have better results. So ‘Slow Forever’ represents the vision, dedication, endurance, and philosophical approach we take with our records. A long lasting ‘slow burn’ if you will. The lyrics on the album deal with the dual nature of mankind. Both the primal, animal instinctive side, and the philosophical, noble side. The ‘noble savage’ if you will. The album is really intended to tap into the lizard brain and bring about an ancient, instinctual response to the music. Getting the impulsive, ‘fight or flight’ responses going. The feeling of pounding on drums in the middle of the forest with a fire burning. Tapping into the natural, warrior juices in the brain.

Q4: “Slow Forever” というタイトルにはどういった意味が込められていますか?アルバムのコンセプトについても教えてください。

【ERIK】: “Slow Forever” というタイトルは、何年も前に僕と Phil がラスベガスに旅行した時思いついたんだ。
僕たちは COBALT の制作過程がいかに組織的、哲学的、ストイックでほとんど儀式的なプロセスかについて語っていたんだよ。実に計画的なペースで音楽を作っていたね。多くの忍耐も強いられたよ。”まあいいや”という楽曲で沢山のレコードを作るよりも、時間をかけても、クオリティーの高い音楽をリリースする方が重要だと常に信じていたんだ。結局、そっちの方がバンドとして長続きするし、ファンもより聴いてサポートしてくれるんだよ。我慢強く、楽曲が本来あるべき強さを手に入れるまで辛抱出来れば、より良い結果がついてくるって訳さ。
だから “Slow Forever” とは僕たちがレコードに取り入れているそのヴィジョン、献身、忍耐、哲学的アプローチを表したものなんだ。歌詞は人間の2面性について扱っているね。原始的で本能的な1面と、知的で気高い1面。気高く獰猛と理解してくれても良いよ。
この作品では本当にトカゲの脳に入り込んで、古の本能的な反応を音楽に取り入れようと意識したんだ。衝動的な、闘争・逃走反応を地で行くようなね。森の真ん中で轟々と火を燃やしながらドラムを叩きつけるような感覚。自然と戦士が脳の中で混じり合うんだ。

cobalt_slo03

Q5:New lead singer, Charlie Fell joined in the band and did really great job. He was in the Blackend Sludge band Lord Mantis. What’s the reason you choose him? Do you think he fills Phil’s talent?

【ERIK】: I chose Charlie to be the new Cobalt front man because I saw a lot of similarities between him and Phil when it comes to how the music should be presented and performed. Charlie has a lot of that crazy-eyed, wild animal approach to the vocals. Very savage. I had seen him play with Lord Mantis over the years, and I always loved his intensity and genuine emotion. He’s a true artist. I didn’t want someone who would come in and try to do what Phil did. I wanted someone who would bring something original and new to the music. Charlie has a lot of the same primal energy that Phil does. So the feeling of Phil is still there in the music, but the execution is different. His lyrics also bear a resemblance to Phil’s writing style at times, as far as themes and how he expresses certain feelings. So Charlie is the perfect replacement for Phil.

Q5: お話にも出ましたが、新しいシンガー Charlie Fell は素晴らしい仕事をしましたね!彼は Blackend-Sludge バンド LORD MANTIS にいた訳ですが。Phil の才能を埋めてくれたと思いますか?

【ERIK】: 僕が彼を COBALT の新しいシンガーに選んだのは、彼と Phil に多くの共通点を感じたからなんだ。音楽を制作し、パフォーマンスを行う上でね。Charlie は沢山の”イカれた目”を持っていて、ボーカルにワイルドで動物的なアプローチをするね。とても獰猛だよ。何年も彼が LORD MANTIS でプレイするのを見てきたけど、いつも彼の持つ緊張感と素晴らしいエモーションに魅力されて来たね。本物のアーティストだよ。
僕は誰かに Phil がやったことと同じことをやって欲しかった訳じゃないんだ。新しくオリジナルな何かを持ち込んで欲しかったんだよ。Charlie は Phil が持っていた原始的なエナジーを充分に持っているけど、遂行の仕方は異なるね。時に Charlie が生む歌詞も Phil と似ることがあるけど、テーマや感情の表現方法に限るからね。だから Charlie は Phil の完璧な代役なんだよ。

Q6: So, when “Gin” was released, I felt the influences from 90’s American rock, metal, and folk. You know, that’s why you were called like American Black Metal. Did you think the words expressed exactly what you were?

【ERIK】: I think that is a good description for Cobalt. We definitely have a lot of American influence in the music. I think that is what gives Cobalt a lot of its identity. We grew up in America, so a lot the stuff we grew up on seeps into the music.

Q6: 前作 “Gin” は、作品から90年代のアメリカが生んだロック、メタル、フォークの影響を感じさせました。故に “American Black Metal” などと呼ばれることもありましたね?

【ERIK】: うん、その言葉は良く COBALT を表現していると思うよ。間違いなく、僕たちはアメリカの音楽から沢山の影響を受けているからね。アメリカの音楽が COBALT にアイデンティティーを与えてくれたのさ。僕たちはアメリカで育ったし、沢山アメリカの音楽を聴いて育ったからね。

a0831984177_16

Q7: Anyway, “Slow Forever” dominates even your masterpiece “Gin”. Your musical visions become more wide, broad, and eclectic. Also, I felt your Black metal element decreased. How have you been evolved from “Gin”? Do you think you are no longer Black metal band?

【ERIK】: Slow Forever turned out to be a natural evolution from Gin. I think we have moved more into a territory all of our own. The black metal vibe is still there, but you’re correct in saying the new album seems to have less of the black metal influence. Those influences are still there, and I think a lot of the atmosphere of the music is very black metal. But I don’t know if I would call us black metal anymore. The music has evolved into its own thing, so I simply let it continue to happen. It’s not necessarily a conscious thing. It’s just how the music has turned out. I think at this point we’re making ‘Cobalt music’.

Q7: “Slow Forever” はその傑作 “Gin” をも凌駕していると感じました。音楽的なビジョンはさらに幅広くエクレクティックとなり、逆に Black Metal の要素は減少したように思います。

【ERIK】: “Slow Forever” は “Gin” からの自然な進化だよ。僕たちのテリトリーをさらに広げたように思うね。Black Metal のヴァイブもまだあるけれど、うん、君は正しいね、確かに新作でその影響は減少したように思う。
影響はまだあるんだけどね、アトモスフィアの面ではとても Black Metal だよ。だけど、これ以上僕たちを Black Metal と呼べるかどうかは分からないな。音楽は独自の進化を遂げているし、僕はただそれを続けようと思う。あまり気にすることもないと思うんだ。ただ音楽が証明してくれることさ。現時点で僕たちは COBALT の音楽を作っているんだよ。

Q8: KRALLICE, SANNHET, LITRUGY…lot’s of experimental Black metal bands are rising from America. They have math or prog elements. Speaking f math, I also feel TOOL’s influence from “Slow Forever”. So, do you feel sympathy with them?

【ERIK】: Yes, I’m a huge Tool fan. They might be my favorite band of all time. Their approach to writing, and their art and visuals have always amazed me. Their intensity, and the way they write these massive songs that just wash over you and grip you and put you in a certain mental state. I spent a lot of time tripping on psychedelic drugs to Tool, and I really got deep into the songs over the years. I had some old bootleg live VHS videos of some of the early Tool shows (Opiate/Undertow era) that I used to watch religiously. The band was just so intense and unique. I got so many ideas from that stuff. Tool is awesome on many different levels. Adam Jones is definitely an influence on my guitar playing, and Danny Carey is a huge influence on my drumming. So I would say those guys have been a very important influence on Cobalt.

Q8: アメリカと言えば、最近は KRALLICE, SANNHET, LITRUGY といった実験的な Black Metal バンドが登場していますね。彼らの音楽は時にマスマティカルでプログレッシブです。COBALT の新作にも、彼らに通じるような TOOL 的要素が多分にありますね?

【ERIK】: うん、僕は TOOL の大ファンなんだ。彼らは僕のオールタイム・ベストバンドだよ。作曲のアプローチ、アート、ビジュアルにはいつも感銘を受けているね。彼らのインテンシティーや強力な楽曲は、特別な精神状態を与えてくれるんだよ。多くの時間、幻覚剤でトリップしながら TOOL を聴いて過ごしたね。そうやって何年もかけて本当に深くのめり込んでいったのさ。
TOOL 初期(Opiate / Undertow 時代の) の古いブートレグを VHS でいくつか持っているんだけど、ほとんど宗教的に良く見たものだよ。バンドはただインテンスでユニークだったね。彼らのマテリアルからは沢山のアイデアを得たよ。TOOL は多くの異なるレベルで最高なんだ。Adam Jones は間違いなく僕のギターに影響を与えているし、Danny Carey は僕のドラムに多大な影響を与えているね。とにかく彼らは COBALT にとても重要な影響を与えているんだ。

2016326-cobalt-review-640x427

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ERIK’S LIFE!!

HIGH ON FIRE “SURROUNDED BY THIEVES”

220px-Surroundedbytheives

TOOL “AENIMA”

Aenima

COP SHOOT COP “ASK QUESTIONS LATER”

81reFtlvAxL._SX522_

SWANS “CHILDREN OF GOD”

220px-Childrenofgod

NEUROSIS “TIMES OF GRACE”

220px-TimesOfGrace

【MESSAGE FOR JAPAN】

Cobalt

Thank you for the interview and the great questions Sin! Very nice talking to you, and I hope to bring Cobalt to Japan someday!

いつか COBALT で日本に行けたらいいな!

ERIK WUNDER

COBALT Facebook Page
Profound Lore Records

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です