1915677_1178914468807278_3547806079552086244_n-2

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【FROST* : FALLING SATELLITES】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JEM GODFREY OF FROST*!!

press_photo_02

UK Based Modern Prog Titan, FROST* Set To Release Definitely Game-Changing Record “Falling Satellites” on 5/27!! “Progressive Pop” Movement Will Come !!

DISC REVIEW “FALLING SATELLITES”

モダンプログシーンのマイルストーンとなった重要作 “Milliontown” を生み出した、奇才 Jem Godfrey 率いる UK の4人組 FROST* が8年振りとなる待望の新作 “Falling Satellites” を5/27にリリースします!!
ボーカル/ギターに盟友 John Mitchell (Lonely Robot, It Bites), 新しいリズム隊として Craig Blundell (Steven Wilson), 
Nathan King (Level 42) という最強布陣を据えて制作された最新作が3枚目のスタジオアルバムとなる FROST*。興味深いことに、その3枚の作品は全て大きく異なる性質を持つのです。
勿論、3作とも、洗練されたサウンド、優れたメロディー、エレクトロニカとプログの融合という点では共通していますね。しかし、”Milliontown” がカラフルで爽快感溢れる作品であったのに対して、前作 “Experiments in Mass Apeal” は MUSE や RADIOHEAD をさえ想起させる実に内省的な作品でした。そして今作 “Falling Satellites” は間違いなく FROST* にとって最も “POP” なレコードと言えるでしょう。さらに、この作品で彼らはまたしても、モダンプログの領域を押し広げることになるかも知れませんね。
今回、FROST* がシーンに与える驚きは、モダンなエレクトロニカサウンドの大幅な導入です。具体的には ZEDD, SKRILLEX, さらには Justin Bieber の最新作さえ想起させる Dubstep / House を巧みにプログロックに組み込むことで、”Progressive Pop”, “Electronical Progressive Music” とでも形容出来そうな新しく衝撃的なサウンドを生み出しているのです。個人的には、Jem Godfrey の人気プロデューサーとしての1面が大きく反映されたレコードと言えるような気もしています。
“Towerblock” はまさに “Falling Satellites”, 新生 FROST* を象徴するような楽曲だと思います。中間部のスリリングなパートでは、Dubstep をシームレスにプログロックに取り入れていますね。ダンサブルな Jem のキーボードは本当に魅力的でリスナーの心まで踊らせます。同様の手法は、”Heartstrings” のイントロなどでも聴くことが出来ますし、さらに付け加えれば、モダンプログの旗手 HAKEN が新作の “The Endless Knot” という楽曲において似たようなアプローチをとっている事実は非常に興味深いと感じました(奇しくも両バンドとも 80’s prog を高く評価しています)。
また、Justin Bieber が “What Do You Mean” で Tropical House を取り入れ話題となったことは記憶に新しいですが、FROST* が “Closer To The Sun” において行ったアプローチは実はそれに近いのかも知れません。究極にPOPでダンサブル。同時に、ゲスト参加している Joe Satoriani のギターソロは知的かつメロディアスで、そこからの展開はまさにプログロックのそれです。見事な融合、何と巧みな作曲術でしょう!”Lights Out” も同様のフィーリングを持った楽曲ですが、こちらはよりアトモスフェリックで、女性ボーカル Tori Beaumont とのデュエットが白眉ですね。
さらに、”Closer To The Sun” を含むアルバム最後の6曲は “Sunlight” という32分の組曲にもなっているのですが、その中には “The Raging Against the Dying of the Light Blues in ⅞” のように、Jem がインタビューで言及している ANIMALS AS LEADERS を想起させるような Djenty なパートを持つ楽曲も組み込まれており、彼の音楽的な貪欲さには頭が下がる思いです。
とはいえ、決してトレンドばかりを追求しフィーチャーしている訳ではなく、”Numbers” で聴かれるイントロのシーケンスフレーズ(新楽器 “The Chapman Railbord” で奏でられている)などはまさに FROST* のトレードマークですし、Steve Vai 的なオーケストレーションも見事の一言。”Signs” も典型的な FROST* をイメージさせる佳曲ですね。
何より、アルバムを通して彼らが紡ぐメロディーの数々は、珠玉という言葉が相応しい心から魅力的なものばかり。”EPM(Electronic Progressive Music), “Progressive Pop”, 呼称はなんであれ、彼らが2016年にモダンプログシーンに投下するものの意味は非常に大きいと感じました。今回弊誌では、FROST* の頭脳、Jem Godfrey にインタビューを行うことが出来ました。意味のあるインタビューだと思います。どうぞ!!

1915677_1178914468807278_3547806079552086244_n

The full track-listing
1. First Day
2. Numbers
3. Towerblock
4. Signs
5. Lights Out
6. Heartstrings
7. Closer To The Sun
8. The Raging Against The Dying Of The Light Blues
9. Nice Day For It…
10. Hypoventilate
11. Last Day
12. Lantern (bonus track)
13. British Wintertime (bonus track)

FROST* “FALLING SATELLITES” : 10/10

【INTERVIEW WITH JEM GODFREY】

Jem_G

Q1: Your newest album, “Falling Satellites” set to be released on 5/27! How are you feeling now?

【JEM】: Tired, but excited! I’m busy getting ready for the gigs at the moment. Recording the album took a lot of effort too over the previous year so it’s been fairly non stop for nearly a year and a half now. I’m really looking forward to getting out to play again, but I’m also looking forward to the autumn when things will calm down and I can relax a bit. I would really like a vacation right now, but there’s no time!

Q1: 待望の新作 “Falling Satellites” が5/27にリリースされますね!今のお気持ちはいかがですか?

【JEM】: 疲れたけど興奮しているよ!今はライブの準備で忙しくしているんだ。昨年はアルバムのレコーディングに多くの労力を費やしたから、1年半ほどノンストップで働いていることになるね。ライブをまた行うのをとても楽しみにしているんだ。
だけど、秋には少し落ち着いてリラックス出来るだろうからそれも待ち遠しいね。本当に休みたいんだけど、時間がないんだよ!

Q2: So, your previous studio album “Experiments in Mass Appeal” was released in 2008. So, about six years have passed. In this long interval, off course, you released live recordings. But, why did it take so long for releasing new materials?

【JEM】: I got married and we had 4 kids, which is a lot harder work than I initially realized! Also with the way the music industry has been changed by illegal downloading initially and now, virtually free streaming, I had to develop some other businesses to pay the mortgage. Getting the businesses up and running along with the raising a young family meant there was very little time for anything else.

Q2: スタジオアルバムとしては、2008年の “Experiments In Mass Apeal” 以来6年振りの新作となりますね。勿論、ライブ作品のリリースはありましたが、なぜこれほど長く時間がかかったのでしょう?

【JEM】: 結婚して4人も子供が出来たんだよ。子育ては思っていたよりも大変だったね!
同時に、音楽産業の形が違反ダウンロードによって変わって来たという理由もあるね。今は事実上、フリーストリーミングとなっているのが実情だよ。だから、ローンを支払うために他の仕事を大きくする必要があったのさ。
事業を立ち上げ運営しながら、子供の世話までしていたから、他のことに割ける時間はほとんどなかったんだ。

635935451741371712

Q3: The line up has not changed since 2011, but it’s the first time for Nathan King and Craig Brundell to join the studio recordings. What made you choose them?

【JEM】: Andy Edwards, who had recently left us, recommended Craig to me. I’d heard of Craig around and about from the Roland UK connections that I had at the time. I checked him out and he was perfect – an extremely capable musician, up for doing some challenging stuff and is a lovely chap. Nathan was playing with It Bites at the time and John Mitchell put us both in touch. Again, the perfect musician for the job who fancied having a go and we get on really well. We’re all a bit scared of Nath as he can sing, play drums, guitar, bass and keyboards better than the rest of us. He’s also a vegan so he’s incredibly fit and healthy as well.This is the best lineup we’ve ever had and it was great to finally get to record them for a proper album. They played amazingly of course.

Q3: ラインナップは 2011年から変更はありませんが、Nathan King と Craig Brundell がスタジオアルバムに参加するのは初めてですよね?

【JEM】: 前のドラマーだった Andy Edwards が Craig を勧めてくれたんだ。ローランド UK のコネクションで彼については聞いていたから、チェックしてみたんだけど、完璧だったね。究極に有能なミュージシャンだし、チャレンジングなパートにも果敢に挑むし、何と言ってもいいヤツなんだよ。
Nathan は当時 IT BITES でプレイしていたから、John Mitchell が引き合わせてくれたんだ。彼も僕たちには完璧なミュージシャンで、とても上手くいっているよ。ただ、メンバー全員が Nathan を恐れている面もあってね。彼は歌もドラムスもギターもベースも、キーボードまで他のメンバーより上手くプレイ出来るからなんだけど。彼はベジタリアンでもあるから、最高にバンドにフィットする上にヘルシーなんだ。
とにかく、今までで最高のラインナップだし、遂に彼らをちゃんとしたレコードにフィーチャー出来て嬉しいね。勿論、最高の演奏を披露しているよ。

Q4:When you named this great album “Falling Satellites”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of this record?

【JEM】: My dad died in January just as I was finishing the album and with his death I saw a window in my own future. I saw my own death and I realised that I don’t want to lie on my deathbed realising I wasted my life away always thinking about the future, or working every hour of every day without stopping to make sure I was ok. Society always tells us to “aim for the stars”, but we never reach them. We may orbit the world and, metaphorically speaking, shine like stars for a while, but we will always fall to earth. We’re alive for such a short time in universal terms, let’s not waste these precious few years worrying about things that in 6 months time you won’t even remember. The concept of the album is positive message – Don’t worry about the trouble that may never come and don’t forget to enjoy the of your life.

Q4: 作品のタイトルを “Falling Satellites” としたのはなぜですか?アルバムのコンセプトと合わせて話していただけますか?

【JEM】: アルバムがちょうど完成しようとしていた1月に父が亡くなったんだ。彼の死に臨んで、自分の未来について考えてみたんだよ。それで悟ったんだけど、僕は死の床で、いつも先のことを考えたり、毎日毎時間自分は大丈夫だなんて考えながら働いて、人生を無駄にしてしまったことを知りながら去りたくはないとね。
社会はいつも僕たちに”星を目指せ”と言うけれど、結局そこに到着することはないんだよ。比喩的に言うと、僕たちは世界を軌道に乗って回っているのかもしれないね。しばらくは星のようにも輝くけど、いつも地球に向かって落ちていっているんだ。つまり人工衛星のように、輝くのはほんの一瞬なんだろうな。
宇宙の感覚からすれば、人間が生きているのは本当に短い間だよね。だからその貴重な何年間かを、先々の心配をして無駄にしないようにしようよ。アルバムにはそういったポジティブなメッセージが込められているんだ。
起こってもいないことを心配しないで。人生を楽しむことを忘れないようにね。

Q5: I felt “Numbers”, “Signs” and “Nice Day for It” are typically Frost* tracks. But, “Towerblock”, “Lights Out”, “Heartstrings”, and “Closer to the Sun” have very modern pop/dance/house electronic sounds. It’s no surprising, because you suggested it in “Experiments in Mass Appeal”. But, did you influenced by modern electronic / Dubstep artists, like Zedd, Skrillex, and even Justin Biber these days?

【JEM】: My first musical love is electronic music, I was into Depeche Mode, OMD, Visage, Ultravox, Gary Numan, Human League, Thomas Dolby, Sparks and Tomita etc…before I was into prog and so synths have always been my first love. After that there were the production showpiece albums like “90125” and “Big Generator” by Yes which were influential on my approach to sound. On the other side of things Steve Vai was a big influence too. When I heard “Passion And Warfare” I was totally blown away, but I also loved the mid 80’s Scritti Politti albums so in my head I was always fusing this stuff together. Also Vaughan Williams, Ennio Morricone, Goreki and John Barry have been big influences of mine… I love the power of orchestras and orchestration.Lately it’s been Animals As Leaders, Halloween Alaska, Son Lux, Jon Hopkins, Queens Of The Stoneage, Tim Exile, sElf… It’s a big mix of everything really. I just try and be inspired by as many influences as I can with everything Frost* does and hope that it somehow works.

Q5: アルバムには典型的な FROST* の楽曲と共に、モダンでポップなエレクトロニカサウンドを大胆に取り入れた楽曲もいくつか存在しますね?ZEDD や SKRILLEX のような Dubstep サウンドには驚かされました。

【JEM】: 僕が最初にハマった音楽はエレクトロニカだったんだ。DEPESHE MODE, OMD, VISAGE, ULTRAVOX, Gary Numan, HUMAN LEAGUE, Thomas Dolby, SPARKS AND TOMITA などなどに入れ込んでいたんだよ。プログロックにハマる前にね。だからシンセサウンドは僕の初恋なんだよ。
それから、プロダクション的に見本となるような作品、YES の “90125” や “BIG GENERATOR” なんかにハマったね。僕のサウンドに対するアプローチに影響を与えているよ。
一方で、Steve Vai が与えた影響も大きいね。”Passion And Warfare” を聴いた時は完全にぶっ飛んだよ。後は、80年代中盤の SCLITTI POLITTI の作品も愛しているね。だから僕の頭の中はいつもそういう音楽たちが混ざりあっているんだよ。
そうそう、Vaughan Williams, Ennio Morricone, Goreki, John Barry にも大きな影響を受けたね。オーケストラのパワーとオーケストレーションを愛しているんだよ。
最近では ANIMALS AS LEADERS, HALLOWEEN ALASKA, SON LUX, Jon Hopkins, QUEENS OF THE STONEAGE, Tim Exile, sELF…本当にそういったもの全てをミックスしているんだ。
僕はただ、FROST* で出来るだけ多くの影響からインスパイアされようと試みているだけなんだよ。それが上手く機能していると良いけど。

Q6:It seems you used new instrument called “The Chapman Railbord”. What kind of instrument is it? And what made you use it?

【JEM】: It’s a new instrument designed by Emmett Chapman who invented the Chapman Stick. It’s basically a 10 string Stick, but machined from a solid piece of aluminium so it has a very tubular tone and very stable tuning. The fingerboard is also textured so you can get infinite sustain out of it when using vibrato. I have mine set up in a 5ths and octaves tuning that Emmett tells me is unique! I also play it horizontally like a keyboard and play it through lots of different effects with mallets and eBow as well as tapping it. It makes a beautiful and sometimes disturbingly organic sound.

Q6: 今作では、”The Chapman Railbord”という新しい楽器を使用されたそうですね?

【JEM】: うん、Chapman Stick を発明した Emmett Chapman がデザインした新しい楽器だよ。
基本的には10弦のスティックなんだけど、硬いアルミニウムで仕上げているから、とても素晴らしいトーンと非常に安定したチューニングを誇るんだ。フィンガーボードもテクスチャード加工されているから、ビブラートをかけると無限のサステインが得られるよ。僕は Emmett が言うように完全5度とオクターブチューニングにセットしているんだけど、ユニークだよね!
同時に、キーボード的な水平移動を使用したり、マレット(木琴などを叩くバチ) や eBow でタップしたりすることで様々な効果も得られるんだ。美しく、時に不穏なくらいオーガニックなサウンドを生み出すんだよ。

Frost 2016

Q7: The final six songs forming a 32 minutes long suite called “Sunlight”. Joe Satoriani becomes gest appearance in this suite. Why did you make such a long suite? And could you tell us about the story of his joining?

【JEM】: I didn’t want to have another song like “Milliotown” that was a single piece of music 25 minutes. By doing that, I’d just have a 32 minute long song to go with Milliontown and the 17 minute long song “The Dividing Line” that we did a few years back. I wanted this to be more like how Marillion approached “Misplaced Childhood” or, more specifically, “Clutching At Straws” which is by far my favourite of the two albums.Joe very kindly agreed to play on the album after I played keys for him a few times on a couple of his tours.

Q7: Joe Satoriani も参加しているアルバム最後の6曲は “Sunlight” と呼ばれる32分の組曲となっています。デビュー作 “Milliontown” のタイトルトラックも 26分の大曲でしたね?

【JEM】: そうだね、ただ、1曲が25分もある “Milliontown” のような楽曲をもう一度作りたくはなかったんだ。組曲形式にすることで、”Milliontown” や何年か前にリリースした “The Dividing Line” に比肩し得る楽曲を得たね。
“Sunlight” については、MARILLION の “Misplaced Chiledhood” とか、もっと具体的には、”Clutching At Straws” のアプローチのようにしたかったんだ。この2枚は今のところ僕のフェイバリットなんだけどね。
Joe は僕がツアーで彼のために何度かキーボードをプレイしたこともあって、とても快くプレイしてくれたよ。

Q8: So, John Mitchell is only remaining original member of Frost* without you. I felt the connection of you and him become stronger. What is him to you?

【JEM】: We’re like the other side of each other’s musical brains basically. My wife and I will be together until we die. John is like my musical wife.

Q8: あなたを除けば、唯一のオリジナルメンバーである John Mitchell とのコンビネーション、絆もさらに深まっているように思います。

【JEM】: 僕たちは基本的に、お互いの音楽脳の一方なんだよ。僕の妻と僕は死ぬまで連れ添うけど、John は僕の音楽における妻のような存在だね。

a3851836474_16

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED JEM’S LIFE!!

ISAO TOMITA “SNOWFLAKES ARE DANCING”

Snowflakes_Are_Dancing.jpeg

EMERSON LAKE & POWELL “S.T.”

220px-Emerson,_Lake_&_Powell_-_Emerson,_Lake_&_Powell_(1986)_Front_Cover

GENESIS “THREE SIDES LIVE”

220px-ThreeSides82

JELLYFISH “SPLIT MILK”

Spilt_Milk_albumcover

PRINCE “SIGN O’ THE TIMES”

Prince_sign-o-the-times_250

【MESSAGE FOR JAPAN】

56E6C9E1-englands-frost-to-release-falling-satellites-album-in-may-includes-guest-appearance-from-joe-satriani-image

I genuinely didn’t know if we had any fans in Japan. I’m delighted that we do for sure. I speak for all the band when we say that we would absolutely love to come to Japan, it’s somewhere I’ve always wanted to visit personally and also somewhere Frost* would love to play so PLEASE can we all work together to make this happen somehow!!??

僕は純粋に、日本にファンがいるのかどうか知らなかったんだ。今回の取材でいることが分かって嬉しいね。
僕たちは物凄く日本に行きたいし、個人的にもいつも訪れたいと思っていたし、ぜひ FROST* でプレイしたいんだ。だからみんなで協力して実現させないかい!!??!

JEM GODFREY

FROST* Facebook Page
FROST* Official Site
INSIDE OUT Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です