868a9f54-6e12-42dd-a3c2-3e14602821f1

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TWELVE FOOT NINJA : OUTLIER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NIK “KIN” ETIK OF TWELVE FOOT NINJA !!

twelve-foot-ninja-51690ee7d9fa3

Melbourne Based Heavy Fusion Quintet, Twelve Foot Ninja Has Just Released Gorgeous New Album “Outlier”!! Ninja Assassin Is Aiming At You !!

DISC REVIEW “OUTLIER”

オーストラリアの”十二尺忍者”、TWELVE FOOT NINJA が実にエクレクティックかつキャッチーな新作 “Outlier” をリリースしました!!
彼らの特徴、ニンジャミッションは、Funk, Latin, Salsa, Reggae, Bossa Nova, さらにはインドや日本の民族楽器まで使用した瑞々しいワールドミュージックの要素を見事 Nu-Metal, Modern Metal の領域に落とし込んでいる点にあります。さらには、そのスタイリッシュで磨かれたサウンドを、キャッチーで”ユーモラス”に仕上げリスナーに届けているのです。
アルバムオープナー、”One Hand Killing” の勇壮なパーカッションがアルバムの幕開けを告げると、リスナーは FAITH NO MORE と KORN と SOULFLY がニューオリンズで出会ったかのような、摩訶不思議で強烈なオリジナリティーに惹き込まれることでしょう。
アルバムを牽引する Nik “Kin” Etik の、スクリーム、クリーン、ファルセット、そしてリッチなボーカルハーモニーを巧みに使い分けた Mike Patton を想起させるカラフルでシアトリカルな歌唱はオープニングから全開です。90年代の Alternative / Post-Grunge なメロディーラインと、ラテン風の強烈な哀愁を巧みにミックスさせる彼の手法は、作品の重要なフックとなっていますね。
“Monsoon” を聴けば、彼らのワールドミュージックに対する傾倒が伝わるでしょう。インタビューでも語ってくれた通り、インドの Tumbi という楽器を大胆に使用した楽曲は、オリエンタルなムードに溢れた、ジャンルを股に掛ける重要な冒険です。Djenty なリフとカオティックなコードに絡み合う民族楽器のシンフォニーはファンをノックアウトするに充分なインプレッションを誇ります。
また、”Collateral” で日本の伝統楽器、三味線を使用しながら男らしいメタルを追求した直後に、 “Post Mortem” でスパニッシュギターとスペイン語を効果的に駆使するあたりはまさしく忍者の所業だと言えますね。
“Point of You” は彼らのキャッチーさを集約したような楽曲です。もはやメタルの領域にすら収まらないほどのポップネスを提示し、ホーンセクションをも大胆に使用した新しいチャレンジとなっていますね。MAROON 5 さえ想起させる、軽快で巧妙に設計されたこの曲はさらなるファンの獲得に大きな助けとなることでしょう。MAROON 5 と言えば、Djent と MAROON 5 を完璧に融合させた “Invincible” はもはや MAR00N 0 と呼ぶべきでしょうね!
ジャンルという観点から見れば、Nu-Metal, Djent, Chaotic Hardcore を内包する実に興味深い3M60CMの巨大忍者であることも付け加えておきましょう。
今回弊誌では、ボーカルの Nik “Kin” Etik にインタビューを行うことが出来ました。武士道に傾倒しているという素晴らしき異国の忍者たち。どうぞ!!

13615399_10154168827216438_504020229650994382_n

TWELVE FOOT NINJA “OUTLIER” : 9.6/10

【INTERVIEW WITH NIK “KIN” ETIK】

twelvefootninja02

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about your band? How did Twelve Foot Ninja come to be?

【KIN】: Twelve Foot Ninja was formed by guitarist Stevic MacKay and drummer Shane “Russ” Russell. They wanted to come together and form a band and they advertised for a singer in Melbourne – that’s how they found me.

Q1: 本誌初登場です!まずはバンド結成の由来を教えていただけますか?

【KIN】: TWELVE FOOT NINJA はギタリストの Stevic MacKay とドラマーの Shane “Russ” Russell が結成したんだよ。
彼らは一緒にやりたがっていて、バンドを結成したんだ。それからメルボルンでシンガーを募集したんだよ。そうやって僕を見つけたのさ。

Q2: Where did your band name, Twelve Foot Ninja, come from? Sometimes, you use Japanese Kanji for it like 十二尺忍者. Do you have much interest in Japanese culture or history?

【KIN】: The name came about from a game called “would you rather” between Stevic and a friend on a road trip. The question was something like “would you rather live in the Middle Ages with a machine gun and unlimited ammunition OR be a Twelve Foot Ninja?”. Stevic then decided it was a good name for a band.
As for having an interest in Japanese culture, I certainly do. I studied Japanese when I was at school when I was introduced to Japanese culture and food for the first time. I also have an interest in the life and teachings of the great Miyamoto Musashi and the filmography of Akira Kurosawa. Everyone else in the band loves Japanese imagery, food, and manga. Also, our manager studied Japanese at university, worked in Japan twice, and did a university thesis on Japanese corporate conglomerates. We have developed a band code called the ‘The Almond of Truth’ which is loosely based on Bushidou (武士道). It started off as a way to keep our tour bus tidy, to be frugal with limited resources, and to respect each other when living in close quarters. This code has now become a whole way of doing things including trials in the almond court. Even though our band name has ‘ninja’ in it, philosophically we are more aligned with samurai values. We’d like to learn a lot more about Japan and would love the opportunity to tour there!.

Q2: TWELVE FOOT NINJA というバンド名の由来を教えてください。時々、日本の漢字を使って”十二尺忍者”という風に記したりもしていますが、日本の文化や歴史に特別な興味をお持ちなのでしょうか?

【KIN】: バンド名は、Stevic と友人が車で旅をしている時に、”Would You Rather” (どっちが良い?)というゲームをしていて思いついたんだ。質問は、「弾切れのないマシンガンを持って中世で生きるのと、十二尺の忍者になるのはどっちが良い?」だったんだけど、Stevic はその時、バンド名にしようと決めたんだ。
日本の文化に興味があるかと言えば、間違いなくあるね。学校では日本語を学んでいたし、その時には日本の文化や食事を紹介していたんだよ。宮本武蔵の人生や教え、黒澤明の映画にも興味があるね。バンド全員が日本の絵画や食事、マンガが大好きなんだよ。
そして、僕達のマネージャーは大学で日本語を学んでいたんだ。日本で2回働いているしね。卒業論文は日本の複合企業についてだったんだよ。
実はバンドには”真実のアーモンド”という暗号があってね。武士道に根ざしているんだよ。ツアーバスを整然と保つことから始まって、限られた資源で節約して過ごしたり、狭い宿泊場所でお互いをリスペクトすることにも繋がるんだよ。今では何をするにもこの教えが元になっているんだ。
僕達のバンド名には、”忍者”の文字が入っているけど、精神的には、より”侍”の価値観に近いね。日本についてもっと学びたいから、ぜひツアーをしてみたいね!

Q3: So, your newest album “Outlier” is just out now! When you name this great record “Outlier”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes or “Ninja Mission” of the album?

【KIN】: We think of people who buy our music as outliers because they seem to be the exception in a world of piracy and freemium streaming. We named the album Outlier after these supporters because without them, we could not afford to keep making music. The themes on this new album are many and varied but I would say the central theme is mortality.

Q3: 新作 “Outlier” がリリースされましたね!タイトルの由来と、アルバムのコンセプトや歌詞のテーマを教えてください。

【KIN】: 僕達の音楽を買ってくれる人たちは”Outlier” “異常”だと思ったんだよ。世界に溢れる著作権侵害やフリーのストリーミングを利用しないという意味でね。そういったサポーターたちに因んでアルバムを “Outlier” と名付けたんだ。だって彼らがいなければ、僕達は音楽を作り続けることが出来ないんだから。
アルバムのテーマは様々で多岐に渡るんだけど、その中心は死についてだね。

Q4: “Outlier” is full of ridiculously eclectic sound, ranging from rock to metal to funk to Latin to hip-hop. I think it’s also a trademark of TFN. What inspired you to mix them? How can you make it all work?

【KIN】: We are all influenced by a wide variety of styles of music and the hardest part of writing music for Twelve Foot Ninja is creating smooth transitions between those different styles. But it’s definitely a challenge that we enjoy so that’s why we do it.

Q4: “Outlier” は Rock, Metal, Funk, Latin, Hip-Hop など実に幅広く、エクレクティックなサウンドに満ちています。そしてそれは、TWELVE FOOT NINJA のトレードマークとも言えますよね?

【KIN】: バンドの全員が、幅広く様々なスタイルの音楽から影響を受けているんだ。そして、TWELVE FOOT NINJA の曲作りで最も困難なのが、そういった異なるスタイルの間をスムーズに結びつける作業なんだよ。ただ、同時に間違いなくチャレンジングで楽しめる工程でもあるね。だからそうしているんだよ。

desktop

Q5: “Monsoon” is very special song for Japanese fans. It seems that you use Japanese traditional instrument “Shamisen” in this song. How did you know it? What made you use in the song?

【KIN】: We used a classical Indian instrument in ‘Monsoon’ that sounds similar to a shamisen called a tumbi. We actually used the Japanese Shamisen in ‘Collateral’ from Outlier and in a song called ‘Beneath The Smiles’ on our very first EP New Dawn.

Q5: “Monsoon” では日本の伝統楽器、三味線を使用していますよね?

【KIN】: ああ、あれは三味線に似ているけど、インドの楽器で Tumbi というものなんだ。
だけど、”Outlier” では “Collateral” で三味線を使っているし、僕達の最初の EP “New Dawn” の “Beneath the Smiles” でも使用しているよ。

Q6: “Point of You” symbolizes your “catchy” aspects. You know, It reminds me of Maroon 5, haha. Also, there are lots of horn sections here. Was the song challenging for you?

【KIN】: The song wasn’t particularly challenging. The lyrics and melody were written separately with different music months before the final sound bed was written. When I heard the music, the melody and lyrics that I already had fit perfectly.
As for the horns, it was the first time we’d ever utilized them for a song and I think it worked really well. Someone in the band suggested horns as something that might sound good with our music so we tried it out and it worked..

Q6: ホーンセクションが導入された、”Point of You” はあなた達のキャッチーな側面を象徴していますね? MAROON 5 を思い出しました(笑)

【KIN】: この楽曲は特にチャレンジングだったよ。歌詞とメロディーが、楽曲が出来る前の別々の時期に書かれたものだったからね。この音楽を聴いた時、僕の書いていた歌詞とメロディーが完璧にフィットすると思ったんだ。
ホーンセクションに関して言えば、楽曲に使用したのは初めてだったね。見事にハマったと思うよ。バンドの誰かが、ホーンセクションは僕らのサウンドに合うと言っていたから試してみた訳さ。

Q7: Sikth returns and The Dillinger Escape Plan will come to an end. I think your chaotic elements are mainly influenced by them. Do you agree with that? What are they to you?

【KIN】: There are many aspects to our sound and they are influenced by a multitude of bands. I think it’s great that Sikth have returned and their new music is particularly good. A lot of people are upset about The Dillinger Escape Plan ending but I think it was a wise decision to go out on top.

Q7: SikTh が復活し、THE DILLINGER ESCAPE PLAN がその歴史に幕を下ろそうとしています。この2つのバンドは、あなた達のカオティックな一面に強く影響を与えているように感じますが?

【KIN】: 僕達のサウンドにも沢山影響を与えているし、数多くのバンドにも影響を与えているよね。
SikTh のカムバックは素晴らしいし、新しい音楽も最高だよ。多くの人が THE DILLINGER ESCAPE PLAN の終焉に動揺しているけど、成功のために、僕は賢い決断だと思うな。

Q8: Aussie Prog / Tech Metal scene is outstanding these days. Karnivool, Dead Letter Circus, Ne Obriviscalis, Northlane, Plini, and off course TFN. Do you know them personally? What’s your thought about Aussie music scene?

【KIN】: The Aussie music scene is a rich and diverse scene made up of some of the world’s most talented musicians, performers and writers. We do know some of those bands personally and there are others that we haven’t met. But Australia is a small place and I’m sure we’ll meet those bands eventually and share a beer and a bbq together.

Q8: 近年、オーストラリアの Prog / Tech Metal シーンは際立っていますね!あなた達は勿論、KARNIVOOL, DEAD LETTER CIRCUS, PLINI, NE OBRIVISCARIS など百花繚乱と言えます。バンド同士の交流などはあるのでしょうか?

【KIN】: オーストラリアの音楽シーンは、多様性に富んでいるね。何人かの世界でも最も才能のあるミュージシャン、パフォーマー、ライターたちが形成しているからね。
個人的に知っているバンドもいるし、まだ会ったことのないバンドもいるよ。ただ、オーストラリアは狭い場所だから、偶然会うこともあるだろうし、そうしたらバーベキューをしてビールで乾杯さ。

twelve-foot-ninja-outlier-11

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED KIN’S LIFE!!

KISS “ALIVE Ⅱ”

alive_2_cover

The first band I fell in love with when I was 2 years old. I had KISS make up and a KISS guitar and I used to put on a KISS concert for my mum who would be sitting at the record player playing my favourite songs

THE THE “INFECTED”

the_the_-_infected_cd_album_cover

My dad gave me this album when I was a kid. Matt Johnson’s style of writing caught my imagination.

METALLICA “MASTER OF PUPPETS”

metallica_-_master_of_puppets_cover-4

A  friend at school made me a tape with both Master of Puppets and Kill ‘Em All (both by Metallica) but it was Master of Puppets that I was drawn to the most namely because of Cliff Burton’s superior bass playing.

MR.BUNGLE “S.T.”

mrbungle-mrbungle

Having already been a fan of Faith No More for years, I discovered Mr. Bungle after seeing Mike Patton wear a Mr. Bungle t-shirt in the film clip for Epic. One day I was in a record store and saw the album and immediately purchased it and have been a fan ever since.

FREDRIK THORDENDAL’S SPECIAL DEFECTS “SOL NIGER WITHIN”

41qm7thjhml

A friend of mine played this album to me at a party and I immediately fell in love with it. It was from this album that I discovered Meshuggah, my favourite band.

【MESSAGE FOR JAPAN】

twelve-foot-ninja

We love Japan and the japanese people from the bottom of our hearts and I hope we will come early next year. See you soon!

日本と日本の人たちを心から愛しているよ。来年の早い時期に行けたらと思う。すぐに会おう!!

NIK “KIN” ETIK

TWELVE FOOT NINJA Facebook Page
TWELVE FOOT NINJA Official Site
TWELVE FOOT NINJA Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です