14441199_1177846075615357_2365582394507623410_n-900x444

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【WARDRUM : AWAKENING】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH STERGIOS KOUROU OF WARDRUM !!

1533816_628807887185848_454926234_n

The Full Of Emotion, Melody, And Technique. One Of The Great Modern Power Metal Outfits From Greece, Wardrum Has Just Released Their Masterpiece “Awakening” !!

DISC REVIEW “AWAKENING”

まさに百花繚乱、メタルの一大産地となったギリシャから現れた驚異の新鋭 WARDRUM が、バンドの最高傑作 “Awakening” をリリースしました!!アルバムを通して、心を打つ哀愁のメロディーと目覚ましいテクニックを高い次元で融合させた “Awakening” は間違いなく日本のメタルファンに強くアピールすることでしょう。
WARDRUM は前身の Prog-Metal バンド HORIZON’S END を母体として2010年に結成された5人組。ドラマーの Stergios Kourou が中心となり作詞作曲を手がけるという珍しい体制のバンドです。
FIREWIND, Gus G は勿論、SEPTICFLESH, ROTTING CHRIST, SUICIDAL ANGELS など様々なジャンルで才能豊かなバンドが存在するギリシャのメタルシーン。中でも、華麗でエモーショナルなメロディーと、ソリッドでタイトな現代的テクニックを備えた WARDRUM の Modern Power Metal は、弊誌が今年インタビューを行った SUNBURST と並んでモダンと伝統が織り成すヨーロピアンメタルの新たな潮流を期待させてくれますね。
インタビューでも語ってくれたように、WARDRUM の音楽は強くメロディーにフォーカスしています。現在、ボーカルを務める Yannis Papadopoulos は同郷の知性派 UNITIL RAIN のメンバーとしても知られる実力者なのですが、彼のワイドなレンジを使用し歌い上げる、エモーショナルで哀愁に満ちた調べはアルバムを通して傑出していますね。特に “Right Within Your Heart” は Yannis の熱い歌唱がドラマティックでファストな楽曲と完璧にマッチし、Power Metal 史に残るであろう名曲として燦然と輝いています。
WARDRUM を語る時、同時に忘れてはならないのがプログレッシブというワードです。”Sometimes” の印象的なアルペジオや、”On Skies of Grey” の見事な構成美を聴けば、WARDRUM が幅広い影響を持った多彩なバンドであることが分かるでしょう。
面白いことに、彼らが強く影響を受けたバンドとして挙げているのは、CRIMSON GLORY, SANCTUARY, CONCEPTION といった少しマイナーなバンド群。しかし、勿論 CRIMSON GLORY は QUEENSRYCHE にも通じますし、同様に SANCTUARY は NEVERMORE, CONCEPTION は KAMELOT と考えれば、彼らのアイデンティティーを理解しやすくなるはずです。
そして KAMELOT meets NEVERMORE というフレーズは、実は SUNBURST を表す際にも頻繁に使用されているのですから、このUSを代表する2大 Prog-Power バンドが与えた影響が最も開花している場所が実はギリシャであるという可能性も実に興味深いと感じます。
さらにバンドは Kosta Vreto という Gus G, Gus Drax と同じ土俵に上がる資格を備えたギターヒーローを有しています。ピックを一切使わず爪だけで凄まじいシュレッドから美麗なメロディーライン、そしてヘヴィーなリフまで自由自在にプレイする彼の姿はまさに圧巻の一言。
ただピックを使用しないというだけでなく、時に人差し指の背を使用したダウンストロークを選択したかと思えば、クラッシックギターのように全ての指を駆使してファストなプレイを繰り出す場合もあり、勿論、ピックを持たないためタッピングにも滑らかに移行することが可能。その非常にユーティリティーなプレイスタイルが、独創的で幅広い WARDRUM の音楽性を見事に牽引していると言えるでしょう。
CRYPTOPSY のギタリスト Christian Donaldson のスタジオワークによって “Awakening” の素晴らしくモダンなサウンドが具現化されていることも付け加えて置きましょう。
今回弊誌ではバンドの中心人物、Stergios Kourou にインタビューを行うことが出来ました。彼のシンコペーションを多用した多彩なリズムアプローチが WARDRUM を象徴することは明らかです。どうぞ!!

14441199_1177846075615357_2365582394507623410_n

WARDRUM “AWAKENING” : 9.5/10

【INTERVIEW WITH STERGIOS KOUROU】

1922328_671632052903431_8223648141183132104_n

Q1: Hi, Stergios! This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about your band? How did Wardrum come to be? And what’s the meaning behind your band name “Wardrum”?

【STERGIOS】: Hi Sin and thank you very much for this interview. Wardrum’s story begins in the summer of 2010, right when we decided to start a band and play our own metal music. Our style is a mixture of modern sounding “old school metal”, blended with progressive and power metal elements. The basic feel of our music can be described as a combination of anger and sadness, based in ultra-melodic wide-ranged vocals and superficial, but on-point technical music performance. Wardrum is the name we picked, because with our music we beat the drum of a war that all people need to remember, when they are drowning deep into every day’s needs. It’s the war to achieve their goals, the war to make their dreams come true. We released our first album Spadework in 2011, Desolation (2012), Messenger (2013) and our latest album Awakening, is out since 27.11.2016 in Japan via Spiritual Beast. So far we have toured only Europe but we have plans to spread the word in as many places as possible really soon.

Q1: 本誌初登場です!まずはバンド結成の経緯と、”Wardrum” というバンド名の由来を教えていただけますか?

【STERGIOS】: まずはインタビューを行ってくれて本当にありがとう。
WARDRUM のストーリーはは2010年の夏に始まったんだ。その頃にバンドを初めて独自のメタルをプレイしようと決めたんだよ。僕たちのスタイルは、モダンなサウンドとオールドスクールメタルをミックスしたもの。Prog-Metal と Power-Metal をブレンドしているとも言えるね。基本的に僕たちの音楽は、怒りと悲しみのコンビネーションと表現出来ると思う。その感情を、究極にメロディックなワイドレンジなボーカルとテクニカルな音楽で具現化しているのさ。
WARDRUM というバンド名に決めたのは、僕たちが音楽で陣太鼓を鳴らしている、つまりリスナーを鼓舞していることを、みんなに覚えていて欲しかったからなんだ。毎日の生活に取り込んで欲しかったんだ。目標を達成することも、夢を叶えることも、戦いだからね。
僕たちはデビュー作 “Spadework” を2011年に発売してから、”Desolation”, “Messenger” とリリースを重ね、最新作 “Awakening” を2016年の11/27に日本では Spiritual Beast から発表したんだよ。今のところ、ヨーロッパしかツアーを行っていないけど、出来るだけ多くの場所を本当にすぐ訪れる計画なんだ。

Q2: How is running the band in Greece? Lot’s of talented bands like you, Sunburst, Rotting Christ, Firewind have emerged from there. What’s the metal scene over there?

【STERGIOS】: There were always good bands in Greece, but I think these days the scene can be found at its best. There are many talented bands that work at a professional level and do their best to release good albums and stand out. If you check out some of the latest Greek Metal releases, I am sure that you will find many good bands that cover almost every genre of metal music.

Q2: WARDRUM はギリシャのバンドですが、メタルシーンはどうですか?最近では SUNBURST, ROTTING CHRIST, FIREWIND,SEPTICFLESH など様々なジャンルの才能豊かなバンドが現れていますね?

【STERGIOS】: ギリシャにはいつも良いバンドが存在するね。だけど、シーンは今がベストの状態なんじゃないかな。才能のあるバンドがたくさんプロとしてやっているし、良いアルバムをリリースし、際立った活躍を見せているね。
最近のグリークメタルをチェックすれば、様々なジャンルでたくさんの良いバンドと出会えることは保証するよ。

Q3: Anyway, your newest album “Awakening” is just out now! How do you feel now?

【STERGIOS】: We are very excited with “Awakening” and we cannot hide it. Why should we anyway. Since the pre-production we already knew that we’ve got something really good and we put our heads down to work, to make sure it will come out as good as possible. There is always something magic when you start working and seeing how your ideas take slowly form and finally get released. Awakening is an album with compositions that again balance between rage and sadness, with melody and meaning. The whole album is very energetic and we can’t wait to play these songs on stage. This was also our first collaboration with Christian Donaldson (Cryptopsy) who did the mix and mastering. Christian did a hell of a job and the album sounds unbelievable great! We especially need to thank him for that!

Q3: 最新作 “Awakening’ がリリースされましたね!今のお気持ちはいかがですか?

【STERGIOS】: “Awakening” には隠せないほどとても興奮しているよ。隠す必要もないだろ?プリプロダクションの段階から、僕たちは本当に良いものが出来るとわかっていたんだ。だから後は確実に出来るだけ良い作品が完成するよう、粛々と仕事を続けるだけだったね。最初に魔法がかかれば、あとはアイデアがゆっくりと形になり、遂には発表されるのを見守ればいいだけなんだよ。
今回の作品、”Awakening” も憤怒と悲しみ、メロディーと意味のバランスから作曲されたんだ。とてもエナジーに満ちたアルバムだから、ステージで披露するのが待ちきれないね。
ミキシングとマスタリングを行った CRYPTOPSY の Christian Donaldson とは初のコラボレートだったんだ。彼の素晴らしい仕事のおかげで、信じられないくらい良いサウンドになったんだよ!彼には特に感謝を伝える必要があるね。

Q4: Japanese fans are so excited about your music and “Awakening”. The Metal fans here tend to love melodic, technical, and oldschool metal. But did you expect such a good response from our country?

【STERGIOS】: This is the most pleasant surprise! Japan is quite know for it’s history, culture and the frantic metal fans. We are really excited and literally cannot wait to get there and play! I hope we will have the chance to do it with the new album’s tour. Playing on stage is the most loving activity for us and when the crowd is warm and frantic like the Japanese metalers, it’s just a dream come true!

Q4: 日本のメタルファンは “Awakening” を大変気に入っている様子です。元々、良いメロディーやオールドスクールなメタルを愛する傾向が強い国ですが、ここまでの反応を期待していましたか?

【STERGIOS】: 最も嬉しいサプライズだったよ!日本は歴史、文化、そして熱狂的なメタルファンで知られる国だからね。本当に興奮しているし、日本に行ってプレイするのが、文字通り待ちきれないよ!新作のツアーでそのチャンスがあれば良いんだけど。
日本のメタラーのような暖かく熱狂的な観衆を前に、ステージでプレイすることこそ僕たちが愛することなんだよ。実現すれば良いね!

3540327444_photo

Q5: When you named the album “Awakening”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of the record?

【STERGIOS】: The Awakening as an album, is just the 4th part of the Wardrum story. The awakening as a fact, happened right when we decided to start this band and there is a certain message that is repeated musically as well as inside our lyrics in all our albums. We started our basic activities with “Spadework”, followed our own path alone with “Desolation”, spread our message with “Messenger” and now the time has come, to let everyone join the “Awakening”. That’s why the lyrics mainly speak about the fact that nothing in this life is for granted or easy. The easiest thing is to give up and do nothing… but what about the dream? We all had a time were we planned our lives on our own unique way. This was before all these every day’s “must do” and obligations appeared to us and made us forget where we wanted to go. Wardrum’s music and lyrics is just a reminder to help us and you never forget the dream path you want to follow. Because if you do not do anything for you, nobody else ever will.

Q5: タイトルを “Awakening” に決めた理由、併せて作品のコンセプトや歌詞のテーマを教えていただけますか?

【STERGIOS】: “Awakening” は WARDRUM 物語の第4章なんだよ。実際、”Awakening” は僕たちがバンドを始めた時から存在し、全てのアルバムの歌詞と同様、音楽も繰り返しあるメッセージを伝えているんだ。
“Spadework” で活動を始め、”Desolation” で独自の道を開拓し、”Messenger” では僕たちのメッセージを広めることに成功したね。そして気は熟した。みんなに”目覚め”て欲しいんだよ。だから歌詞は主に、人生において当たり前のこと、イージーなことは存在しないというテーマを扱っているんだ。
諦めたり、何もしないことは最も簡単な選択だよ。だけど自分の夢はそう簡単に諦められるかい?僕たちの時間は、自分だけのユニークな人生になるよう計画して使うべきでしょ?だけど、日々の仕事や家事が立ちはだかって、本当に目指すべきところを忘れてしまいがちだよね。WARDRUM の歌詞や音楽が、追いかけなければならない夢を忘れない手助けになれば良いと思っているんだ。君自身が動き出さなければ、誰も手助けなんてしてくれないからね!

Q6: I really love “Right Within Your Heart”, “Time is the Enemy”. These songs are definitely killer tune, and have amazing melody. Where did the inspirations, influences of your melodic elements come from?

【STERGIOS】: Inspiration is something that always comes uninvited. It can be influenced, but cannot be scheduled. It can happen anytime, anywhere, when you drive, when you watch a movie, even when you sleep and you’re having a dream. That’s why we never say “OK, it’s time to compose a new album” but instead, we are permanently in “composing mode”. That’s the way it was from the beginning and that’s the way it will always be. We feel it really works for us. We pay a lot of attention to the vocal and guitar melodies, this is the basic fact every song needs to feel right for us and we never keep something that is just ok! We need to love it before having it included in an album.

Q6: “Right Within Your Heart” や “Time is the Enemy” は素晴らしいメロディーが存在する、まさにキラーチューンと言えますね。こういった WARDRUM らしいメロディーのインスピレーションはどこから得ているのでしょう?

【STERGIOS】: インスピレーションは思ってもみない場所から降りてくるんだよ。スケジュールに合わせて得られるものじゃないんだ。ドライブ中、映画を見ている時、寝ていて夢を見ている間でさえ、いつでも、どこでも得られるものなんだよ。だから WARDRUM は「さあ、新作の曲作りをしよう!」なんて言わなくて、常に作曲モードなんだよ。バンドを始めた頃からそうだし、これからもずっとそうだろうね。このやり方が本当にしっくり来るんだよ。
ボーカルとギターメロディーには特に注意を払っているんだ。その2つが納得いかなければOKは出さないし、全ての楽曲に存在する基礎だと思う。メロディーはアルバムに収録する前から気に入ったものである必要があるね。

Q7: Also, you have prog, modern aspects. “Sometimes”, “On Skies of Grey” especially reflect it. I felt your modern, flesh drumming is important part of Wardrum. Do you agree with that?

【STERGIOS】: “Sometimes” and “Skies” are very special songs for us. I wish we’d be always able to write such songs. We are musicians that like all kinds of music and thus have a wide range of influences. It’s a fact that we get some of these influences in our music. But we always do it in our own metal way. The same thing applies for the drums as well. I like all kinds of music as a drummer and get influences from fusion, funk and latin. But when I get everything inside Wardrum’s music, I always do it in a metal way.

Q7: 同時に WARDRUM の音楽には、”Sometimes” や “On Skies of Grey” が象徴するように、モダンでプログレッシブな側面も存在します。あなたの現代的なドラミングの貢献は大きいですよね?

【STERGIOS】: うん、その2曲は僕たちにとってとても特別なんだ。こういった楽曲を常に書くことが出来たらと思うよ。僕たちは様々なジャンルの音楽を愛するミュージシャンの集まりで、だから幅広い影響を持っているんだ。実際、その影響を僕たちの音楽に幾らかは投影しているからね。勿論、自分たちのスタイル、メタルであることは貫いた上でだけど。
同じことは僕のドラミングにも言えるね。僕はドラマーとしてあらゆる音楽を愛しているから、フュージョンやラテン、ファンクなんかの影響も受けているんだよ。だけどそれらを WARDRUM の音楽にミックスする時はメタルらしくやっているよ。

Q8: Surprisingly, Kosta doesn’t use picks. What’s the reason of that?

【STERGIOS】: Kosta is incredible. What can I say… He is a hell of a player, clean, powerful, versatile, a real shredder and he’s doing everything only with his nails. I don’t know if there’s any other guy on this planet that can play this type of up-tempo metal music, without a pick and without destroying his nails. I always say that I am really lucky to play with so talented guys like Kosta and Yannis.

Q8: さらに WARDRUM を語る時、ギタリスト Kosta について触れない訳にはいかないでしょう。ピックを使わず、全てを指で奏でる彼の才能は驚異的です。

【STERGIOS】: 本当に Kosta は驚異的だよ。何と言えば良いのかな…クリーンで、パワフルで、多才。本物のシュレッダーだよ。そして彼は爪で全てのプレイを行っているんだからね。アップテンポのメタルを彼のようなやり方でプレイ出来る人が他に、この地球上に存在するとは思えないな。ピックも使用しないし、爪も割れたりしないんだから。
僕はいつも Kosta や Yannis のような才能豊かなメンバーとプレイ出来て本当にラッキーだと言っているんだよ。

【FIVE ALBUMS】

TEN ALBUMS THAT CHANGED STERGIOS’S LIFE!!

IRON MAIDEN “SOMEWHERE IN TIME”

iron_maiden_-_somewhere_in_time-2

RUSH “MOVING PICTURES”

51mj9nq59ul-_sx355_

ACCEPT “METAL HEART”

metal_heart

TWISTED SISTER “STAY HUNGRY”

twister_sister_-_stay_hungry

SLAYER “SOUTH OF HEAVEN”

slayer_south_of_heaven_cover

METALLICA “MASTER OF PUPPETS”

metallica_-_master_of_puppets_cover-5

MOTORHEAD “NO REMORSE”

motorhead_-_no_remorse_1984

JUDAS PRIEST “PAINKILLER”

256

MEGADETH “RUST IN PEACE”

megadeth-rustinpeace-6

KING DIAMOND “FATAL PORTRAIT”

kingdiamond_fatalportrait

【MESSAGE FOR JAPAN】

wardrum-all2

Can’t wait to get there and play dear brothers! We hope it won’t be long, I ‘m sure we will all have a great time there. Until then, keep up the pace, live good, stay metal and Join The Awakening by following your dreams! Cheers!

日本に行ってプレイするのが待ちきれないよ、兄弟!早く実現すれば良いね、きっと素晴らしい時間を過ごせるはずさ。それまでは “Awakening” を聴いて夢を追いかけていて欲しい。またね!

STERGIOS KOUROU

WARDRUM Facebook Page
WARDRUM Official Site
Spiritual Beast “WARDRUM”

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です