ce5ec256-0507-4ae2-a9e8-9b713012fa87

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CANDIRIA : WHILE THEY WERE SLEEPING】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JOHN LAMACCHIA OF CANDIRIA !!

candiria

The Pioneer Of Experimental Extreme Music, Candiria Has Just Released Their Ambitious New Album “While They Were Sleeping” For The First Time In 6 Years !!

DISC REVIEW “WHILE THEY WERE SLEEPING”

ブルックリンが生んだ、モダンエクストリームミュージックのパイオニア CANDIRIA が6年の沈黙を経て、新作 While They Were Sleeping” と共にシーンへと帰還を果たしました!!バンドの成熟/進化と原衝動が共存するアルバムで、彼らは自らの価値を再度証明しています。
CANDIRIA の冒険は90年代の中盤から始まりました。メンバー各自が持ち寄った様々な影響、Hardcore は勿論、Death Metal, Hip Hop, Jazz, Fusion, Ambient, Noise といったバラバラな音楽をミックスし、奇跡とも思える革新性と共に圧倒的な存在感を見せつけたのです。現在のエクストリームミュージックシーンは、エクレクティックであることが命題のようにも思えるほど、ジャンルをクロスオーバーした作品が注目を集めていますが、その礎を築いたバンドの1つは間違いなく CANDIRIA ですし、後続に与えた影響は計り知れないと思います。
中でも “The Process of Self-Development”, “300 Percent Density” の2作は白眉。”シームレス”というキーワードの下、切れ目なく、流体のようにしなやかに形を変え続けるエクスペリメンタルな音楽とグルーヴ、そして黒人ボーカリスト Carley Coma のラップからスクリーム、グロウルへと自在に行き来するフレキシブルなボーカルが一体となり押し寄せる波は圧倒的で、今日でも新鮮さを保ちながらシーンのマイルストーンとして輝いていますね。
好調のバンドをアクシデントが襲ったのは2002年のことでした。ツアー中のバンが事故に遭い、メンバーが瀕死の重傷を負ってしまったのです。悲劇がメンバーに落とした影、そしてその影響は明らかでした。2004年に復活したバンドが発表した、強烈なタイトルの作品 “What Doesn’t Kill You…” では実験的、チャレンジングなムードが減退し、メロディーによりフォーカスしたある意味”らしくない”アルバムだったのです。以降、 CANDIRIA のシーンにおける存在感も徐々に減退していきました。
John がインタビューでも語ってくれたように、”While They Were Sleeping” は行き詰まりを感じ、長い休養を経たバンドが再生を果たした、フレッシュで野心的なレコードです。睡眠状態にある社会を “They” と表現し、成功を逃したミュージシャンがその崩壊した社会で王となるコンセプトも、アメリカの現在、そして何より彼ら自身の今を投影しているようで、見事にハマっていますね。
アルバムオープナー、 “While They Were Sleeping” はまさに CANDIRIA の堂々たる帰還、そして現在の立ち位置を告げています。近作のメロディックな歌唱と共に、Carley のラップやグロウルが大々的にフィーチャーされたマスマティカルでアグレッシブな楽曲では、中盤のアンビエントで Jazzy なパートが極上のコントラストを生み CANDIRIA の色を強く主張します。近作での方向性を活かしつつ、バンドが最も生き生きとしていた頃の感覚をしっかりと取り戻したタイトルトラックは純粋に魅力的で、作品を象徴していますね。
実際、アルバムを牽引するのは確実に Carley の千変万化で万華鏡のように多彩なボーカルでしょう。”Mereya” で聴ける Jazzy なスキャットは全くのサプライズですし、 “Forgotten” で堂々とキャッチーなアリーナロックを歌い上げたかと思えば、”The Whole World Will Burn” ではクールなラップでオリジネーターの凄みを見せつけます。まるで彼のボーカルがそれぞれの楽曲の個性を決定しているようにさえ感じますね。
特筆すべきは、”Wandering Light” と “Opaque”。奇しくも VAUREEN の Andrea Horne がフルートとボーカルでゲスト参加をした2曲は、成熟した Carley とバンドの現在を伝えています。
ヘヴィーでカオティックな “Wandering Light” に突如挿入される美しいフルートの響き、そしてオーガニックなボーカルは絶妙のアクセント、フックになっていますし、”Opaque” に至っては、2人のデュエットとギターのメロディーが心を打つ、バンド史上初の感動的なバラードです。
こうした CANDIRIA の新たな魅力、進化が自然に作品の流れに溶け込んでいることからも “While They Were Sleeping” はただアグレッション、ポリリズム、テンションノート、カウンターメロディーという彼らの原点に回帰しただけのレコードではないことが伺えます。6年ぶりの新作は、さらに音楽性、演奏、歌唱の幅を広げ、知性と攻撃性、実験性とキャッチーさを巧みに共存させた CANDIRIA の新たな記念碑であるのです。
唯一彼らと似たような方向性を選択しているのが、実は USオルタナティブの雄 DEFTONES であることを付け加えて置きましょう。
今回弊誌では、バンドのギタリスト John LaMacchia にインタビューを行うことが出来ました。彼は別プロジェクト SPYLACOPA で THE DILLINGER ESCAPE PLAN の Greg ともプレイしているシーンが認める奇才。どうぞ!!

3c41d80d

CANDIRIA “WHILE THEY WERE SLEEPING” : 9.6/10

【INTERVIEW WITH JOHN LAMACCHIA】

spylacopa-interview-620x350

Q1: Hi, John! Your newest album “While They Were Sleeping” is just out now! 6 years have passed since you had released “Kiss the Lie”. What was the reason of this long interval?

【JOHN】: The band was inactive during that period of time. After Kiss The Lie was recorded, everyone in the band wanted to do other things. I became heavily involved in my other music project, Spylacopa and I also started a record label. The other members of the band had other things going on as well.

Q1: 新作 “While They Were Sleeping” が遂にリリースされましたね!前作 “Kiss the Lie” からは6年が経ちました。

【JOHN】: うん、その6年の間、バンドは活動していなかったんだ。”Kiss the Lie” のレコーディングを終えたあと、メンバーは皆、他のことをやりたがったんだよ。
僕自身も別のプロジェクト、SPYLACOPA に深く関わるようになったし、レコードレーベルも始めたからね。他のメンバーも同様に他のことをやっていた訳さ。

Q2: When you named the great album “While They Were Sleeping”, What was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of the record?

【JOHN】: My personal motivation was to make an album that would basically put us back on the map and ignite our fanbase and at the same time make some new ones. From a lyrical perspective, this album is in a sense, a concept and storyline inspired by the social and political climate that we are living in today in our country. It was something Carley had worked on during the writing process for the album. .

Q2: 新作のタイトルを “While They Were Sleeping” に決めた理由、併せてアルバムのコンセプトや歌詞のテーマを教えてください。

【JOHN】: 今回のアルバムを作るための個人的なモチベーションは、僕たちを再び重要な存在へと戻し、ファンベースを喚起し、同時に新しい何かを作るという点にあったね。
歌詞の見地からみれば、このアルバムはある意味、僕たちが住むアメリカという国の今日の社会、政治情勢にインスパイアされたコンセプト、ストーリーラインだと言えるね。Carley がアルバムのライティングプロセスでずっと取り組んでいたことなんだ。

Q3: Coincidently, Meshuggah has just released their new album “The Violent Sleep of Reason”. There is a kind of common sense between these two titles. Do you agree that?

【JOHN】: Oddly enough, I spoke to Tomas Haake of Meshuggah about this. He was just as surprised as we were to learn of the similarity in our album titles. I believe there is a collective consciousness within the music and art world that equates the state of things, socially, politically and technologically to a great sleep. A state of inhibition, hyper normalization and a reduced perception of the environment we exist in.

Q3: MESHUGGAH がリリースしたばかりの新作のタイトルは “The Violent Sleep of Reason” で、社会が睡眠状態にあることを喚起するという意味では、偶然にもあなた達の新作タイトル “While They Were Sleeping” と似た感覚がありますよね?

【JOHN】: とても奇妙なんだけど、僕は MESHUGGAH の Tomas Haake とそのことについて話したんだよ。彼も、MESHUGGAH と CANDIRIA のアルバムタイトルが似ていることに気づくと、僕たちと同じように驚いていたね。
僕は音楽とアートの世界には、集合意識のようなものが存在すると信じていてね。その意識は、社会、政治、テクノロジーが大いなる睡眠状態にあると見なしているんだ。つまり、抑圧され、均一化され、知覚、理解力が減少させられた環境に僕たちは生きているんだよ。

Q4: Long time drummer, Kenneth Schalk left and Danny Grossarth join in the band. Also, Julio Arias, second guitarist took part in Candiria. How did the member change affect the sound of “While They Were Sleeping”?

【JOHN】: Ken technically left the band a very long time ago in 2006. He was partially active for some of the non studio album material that was released during the time the band was inactive. Namely the Toying With The Insanities Series of remixes and rare tracks that I released on my label, Rising Pulse Records. The Invaders 7″ and then some of the music that wound up on While They Were Sleeping was recorded in 2010/2011. When we began getting serious about making a record, hitting the road again and becoming a fully active, functioning band, the band and Ken tried to make the bi coastal thing work but unfortunately we simply could not. Dan came into the fold out of necessity and it turned out to be the best thing for us. He is an incredible drummer, a team player and just so happens that Dan was a fan of the band and studied Kens playing for many years. It wasn’t long before we were writing for the new album and I think the transition was pretty smooth. We are extremely proud of this record and his performance and contribution. Julio Arias is one of Carley Comas best friends. He is also a very talented guitar player and multi instrumentalist. He has a great attitude and is a great fit for us, musically and personality wise.

Q4: このインターバルの間に、長年バンドを支えてきたドラマー Kenneth Schalk がバンドを離れ、Danny Grossarth が加入しましたね。同時に、セカンドギタリストとして Julio Arias もバンドに加わりました。

【JOHN】: Ken は厳密には、かなり昔の2006年にはバンドを離れていたんだよ。脱退した後、彼はバンドが休止中にリリースされた、スタジオアルバムではないマテリアルのいくつかで叩いていたんだ。僕のレーベル Rising Pulse Records からリリースした “Toying with the Insanities” というタイトルの、リミックスやレアトラック集なんだけどね。
“While They Were Sleeping” へと繋がる “Invaders” の7インチや他のいくつかの音楽は、2010/11にレコーディングされたんだよ。 その後、真剣に新しいレコードを作りツアーに出て、完全にバンドとして活動を再開しようとなった時、バンドも Ken もお互いに歩み寄ろうとしたんだ。だけど残念ながら、不可能だったね。
ドラマーが必要となったから Dan が加入したというのもあるんだけど、蓋を開けてみれば僕たちにとって最高の結果となったね。彼は驚異的なドラマーで、チームプレイヤー。そして偶然にもバンドのファンで、Ken のプレイを何年も学んでいたんだよ。それから新作の曲作りまで長くはかからなかったし、メンバーの移行も実にスムーズに進んだと思うよ。僕たちはこのレコード、そして彼のパフォーマンスや貢献を非常に誇りに思っているんだ。
Julio Arias は Carley の親しい友人の1人だったんだ。彼はとても才能のあるギタリストというだけでなく、マルチプレイヤーでもあるんだよ。素晴らしい姿勢の持ち主で、だからバンドにフィットしたんだよ。音楽的にも性格的にもね。

12771708_10154714686439062_6907543704990263013_o

Q5: “Opaque” is the first attempt of ballad for the band. “Wandering Light” has organic sound of flute. Do you think that was brought by the maturity of Candiria?

【JOHN】: Strange that you mention both of those songs together. Andrea Horne of the band Vaureen was the guest vocalist on Opaque and she also played Flute on Wandering Light. Vaureen is a very cool band, although they are very different than Candiria in some ways. Candiria has always had guest musicians on our albums. Andrea just seemed to have the right sensibility, musically for the moods we were going for for those two songs.

Q5: “Opaque” はバンドにとって初のバラードと言える試みですし、”Wandering Light” ではフルートを使用した実にオーガニックなサウンドを聴くことが出来ますね。CANDIRIA が成熟したと感じるファンも多いでしょう。

【JOHN】: 君がその2曲に同時に言及したのは不思議な偶然だね。VAUREEN の Andrea Horne がゲストとして “Opaque” で歌っているんだけど、彼女は同時に “Wandering Light” でフルートもプレイしているんだからね。VAUREEN は実にクールなバンドだけど、CANDIRIA とは色々な面でとても異なっているんだ。
CANDIRIA はいつもアルバムにゲストミュージシャンを迎えているけど、Andrea はまさに、僕たちがその2曲で音楽的に体現したかったムードにピッタリな感覚を備えていたんだよ。

Q6: Candiria is a pioneer of mixing metal, jazz, hardcore, hip hop and ambient. What inspired you to start the unique style? And is there any modern bands you have sympathy with?

【JOHN】: The members of the band all love so many different styles of music and we all love fusing those different styles of music together. It is something we all get pretty excited about when we find a way to successfully bring different musical realms together. The hard part is to make it sound very natural.

Q6: CANDIRIA は Metal, Jazz, Hardcore, Hip Hop そして Ambient といった様々な異なる音楽的要素をミックスした、エクストリームミュージックのパイオニア的な存在です。こうしたユニークなスタイルを始めたのはなぜですか?

【JOHN】: バンドのメンバー全員が、本当に多くの異なる音楽ジャンルを愛しているんだよ。そして僕たちはそれらの異なるスタイルをミックスして形にすることが気に入っているんだ。
異なる音楽的な領域を見事に融合する方法を見つけた時は、本当にメンバー全員がエキサイトするんだよ。自然な感じのサウンドにするのが難しいからね。

Q7: So, 14 years have passed from the accident. Do you think the incident affected your view of life, emotion, and music?

【JOHN】: I don’t think you can come that close to death and not be changed as a person. Personally, the accident that happened 14 years ago was not my first near death car related incident. I have been in a couple of other really bad car wrecks that should have killed me. For some time I thought that I was cursed and I would eventually die in a car crash.

Q7: バンドを襲った恐ろしい事故から14年が経ちました。あの体験が、人生観、エモーション、そして音楽性に与えた影響はどのようなものでしたか?

【JOHN】: 僕は例え瀕死の体験をしたとしても、人格まで変わるとは思っていないんだ。
個人的には、14年前に起こった事故は、僕にとって最初の死を意識した交通事故という訳ではなかったんだよ。実は他にも2、3回、車の事故で危うく死にかけているからね。しばらくは僕は呪われていて、いつか車の事故で死ぬと思っていたよ。

Q8: You are also the member of Spylacopa. Can we expect the new material near future? What do you think about the decision of Greg and The Dillnger Escape Plan’s retirement?

【JOHN】: Yes I am. Thank you for noticing. I am working on a vinyl release of the original Spylacopa release with Greg, Jeff Caxide and Julie Christmas and then will continue to release material. As far as The Dillinger Escape Plan deciding it is time to part ways, I can only sympathize. Candiria is just coming back from a very long and much needed hiatus. We needed the individual growth. We needed to separate to regain an appreciation for what we do. Maybe Greg, Liam, Billy and Ben need to be away from each other for a while. Just cause that is what they need as human beings. Maybe they genuinely care about their friendships and the band may have been taking a toll on that. I can only speak from my own personal experiences really. Whatever the reason they decided to part ways, I respect them for putting as much energy into that band as they did and I am sure they will each move on to do amazing things. They already have been actually ha.

Q8: お話にも出ましたが、あなたは SPYLACOPA のメンバーでもあります。近々、SPYLACOPA の新しいマテリアルも期待できますか? また同僚である THE DILLINGER ESCAPE PLAN の Greg が、TDEP を終わらせることについてはどう思いますか?

【JOHN】: うん、SPYLACOPA もやっているよ。気づいてくれてありがとう。僕は Greg, Jeff Caxide, Julie Christmas と共にオリジナル SPYLACOPA の Vinyl をリリースするため働いているところさ。それから新しいマテリアルをリリースしていくよ。
THE DILLINGER ESCAPE PLAN の決断についてだけど、別々の道を進む時が来たんだと思うな。僕はとても良く分かるよ。CANDIRIA はちょうど、とても長くて、必要だった休養から戻ったところだからね。僕たちは個人的に成長する必要があったんだよ。そして別れることで、自分たちの音楽に対する真価を取り戻す必要があったのさ。
おそらく、Greg, Billy, Liam, そして Ben はお互いにしばらく距離を置く必要があるんだよ。それはもう人間だから仕方がないと思うな。おそらく、彼らは心から友情を大切に思っているから、バンドはその代償になるのかも知れないね。まあ僕は、自分の経験からしか話せないけど。
彼らが別々の道を行く理由が何であれ、あのバンドに注いで来たことをリスペクトしているし、これからも各自で素晴らしいものを作っていくだろうな。まあ実際彼らはいつも素晴らしいんだけど(笑)。

13501738_10155112644554062_8867968234411613557_n

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED JOHN’S LIFE!!

BLACK SABBATH “S.T.”

black_sabbath_debut_album

SINEAD O’CONNOR “THE LION AND THE COBRA”

the_lion_and_the_cobra_sinead_oconnor_album_-_cover_art

SWANS “SOUNDTRACKS FOR THE BLIND”

220px-soundtracks_for_the_blind

MILES DAVIS “SKETCHES OF SPAIN”

81y6c9wivll-_sy355_

KING CRIMSON “LARKS TONGUES IN ASPIC”

larks_tongues_in_aspic_album_cover

【MESSAGE FOR JAPAN】

12234934_10154437907089062_2034289389937765343_n

We are very excited about the idea of coming back to Japan!! Maybe we will see you in 2017. Please order the new Candiria album, While They Were Sleeping! Thank you! !

僕たちはまた日本に行くというアイデアにとてもエキサイトしているんだ!!おそらく、来年君たちと会えるだろう。CANDIRIA の新作”While They Were Sleeping”をオーダーして欲しいな!ありがとう!

JOHN LAMACCIA

CANDIRIA Facebook Page
Rising Pulse Records
Metal Blade Records

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です