21032577_10156651314894517_8929387060795538029_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TONY MACALPINE : DEATH OF ROSES】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TONY MACALPINE !!

20369791_10156542511729517_3712328381922289182_o

One Of the Most Satisfying Listens In The Shred Scene, “Death of Roses” Represent A Triumphant Comeback For Virtuoso, Tony MacAlpine !!

DISC REVIEW “DEATH OF ROSES”

癌との戦いに打ち勝った不撓不屈のギターマスター Tony MacAlpine が、復活の狼煙を上げる “Death of Roses” をリリースしました!!マエストロの新たなチャプターは、自身の “ハイライト” と断言する煌めく七つのモメンタムから始まります。
Tony が癌を患っている事実を公表したのは、2015年8月のことでした。快作 “Concrete Gardens” をリリースし、翌月には来日公演を控えて順風満帆まさに第二の全盛期を謳歌していた Tony のショッキングなニュースは即座にギター、メタルコミュニティーを駆け巡り、世界中のファンが彼の身を案じたのです。
祈りと支援の輪は当然ミュージシャンにも広がりました。2015年の12月に開かれた Tony のベネフィットコンサートには、Steve Vai, Zakk Wylde, John 5, Mike Portnoy, Billy Sheehan, Derek Sherinian といったレジェンドが集結。さらに Steve Stevens, Paul Gilbert, Steve Lukather, Joe Satriani 等のビッグネームも Tony のために自身のギターをドネートしたのです。
「Tony は親友で、実にスイートな人間で、最も才能のあるミュージシャンの一人だよ。」 コンサートを牽引した元バンドメイト Mike Portnoy はそう語ります。実際、インタビューを読めば彼の真摯で優しい人間性と音楽に対するストイックな考え方が浮き彫りになるはずです。
実は Tony を見舞った悲運は自らの病のみではありませんでした。時を同じくして愛する妻も癌に侵されていたのです。「病床からずっと妻のこと、彼女が経験しているであろうこと全てを心配していたんだよ。」 彼のこの言葉には、しばしば音楽の中にまでも滲み出るTony の豊かで温かな人間性が反映されていると感じました。
家族と共に困難な時を乗り越えた Tony が遂に音楽の世界へと帰還を果たす新作 “Death of Roses”。ハイライトであり新たなチャプターだと語る作品はまさに Tony の過去と未来の架け橋です。
31年のキャリアを通して、Tony はプログレッシブメタル、インストゥルメンタル、ジャズ/フュージョンの世界を股に掛けコアな音楽ファンに自身の純粋なる音のメッセージを伝え続けて来ました。
ヴァイオリンの技術を投影したシュレッドのみならずピアノまでをも自由自在に操り、クラシカルな旋律と流暢なギターハーモニーでエセリアルな美のシンフォニーを奏でた初期のソロアーティスト時代。Derek Sherinian, Virgil Donati とタッグを組みメタルとフュージョンを融合させた画期的なプロジェクト PLANET X。よりジャズ/フュージョンへとフォーカスしグラミーにもノミネートされたミュージシャンシップの権化 CAB。Steve Vai との共闘。Mike Portnoy, Billy Sheehan, Derek Sherinian、歴戦の強者たちとの邂逅、プログレッシブスーパーグループ PSMS。現代音楽への傾倒、そして多弦ギターと Djenty な要素まで吸収した近年のコンテンポラリーなスタイル。
復活の Tony が奏でる音楽は、その全てのエレメントがジグソーパズルのピースの如く集約し組み上げられた美しき曼荼羅、すなわち彼の本質であり中心なのかも知れませんね。
オリエンタルでキャッチーなメロディーと Vai ライクなスケールのチョイスが秀逸なアルバムオープナー “Chrome Castle”、スリリングなフュージョンの遺伝子を宿すシステマティックなコンポジションが Djenty でソリッドなリズムに映える “Axiomatic Jewels”、持ち前のクラシカルな素養とピアノの響きが多弦ギターの重低音と調和する “Synthetic Serenity”。実際、様々な要素が絡み合いレイヤーされた複雑でしかし頭に残る楽曲の数々は、Tony のミュージシャンとしての深潭、度量、奥深さを感じさせるに充分なクオリティーを誇ります。
中でもタイトルトラック “Death of Roses” のブルースを著しくエッジーに深化させる試みは、Scott Henderson, Hiram Bullock といった “本物” と浮名を流してきたハンガリアンセンセーション Gergő Borlai​ の助力も得て、作品に類まれなるダイナミズムをもたらしていますね。Jeff Beck, そしてその Henderson とはまた異色のブルースに対する切り口が光ります。
アルバムは、MESHUGGAH が奏でる現代音楽といった様相の低音リフと、アンビエントで優雅な調べが交互にダンスを踊る “Shundor Prithibi” で幕を閉じました。もしかしたら、Tony はここに病床で感じた闇と光を投影しているのかもしれません。そしてベンガル語で “美しい地球” を意味する “Shundor Prithibi” は、2枚組として設計された “Death of Roses” の後半、新たな宇宙へと繋がっていくのです。
今回弊誌では、Tony MacAlpine にインタビューを行うことが出来ました。「インストゥルメンタルミュージックは人間の精神世界への道であり、僕たち全員を結びつけるものなんだよ。」 二度目の登場です。どうぞ!!

21032577_10156651314894517_8929387060795538029_n-2

TONY MACALPINE “DEATH OF ROSES” : 9.8/10

INTERVIEW WITH TONY MACALPINE

14045693_10155142588689517_4412643954162551998_n

Q1: First of all, Japanese fans have been really worried about your illness and hoped you were getting better. How are you now?

【TONY】: Thank you for the love support and great concern. I am doing very well and feel much better. My wife is also feeling much better also. Now i am back to work in the live music atmosphere and playing shows to wonderful audiences again. I have always been very honored to be in the position to play the music that i desire and also in front of people that understand the origin of it.Instrumental music is a pathway to the human spirit and it bonds all of us in ways that no other art can or will.

Q1: 日本のファンはあなたが病床にあると知って以来、回復を祈り続けて来ました。現在の体調はいかがですか?

【TONY】: まず、愛のあるサポートと心配をありがとう!とても体調が良くてね。回復したよ。妻も同様に回復したんだ。今はライブにも復帰して、素晴らしいオーディエンスの前でまたプレイしているんだ。
僕は、自分が望む音楽を演奏する立場にあること、そして僕の起源を理解している人の前で常にプレイ出来ることを非常に光栄に思っているんだよ。
インストゥルメンタルミュージックは人間の精神世界への道であり、僕たち全員を結びつけるものなんだ。他の芸術にそれができるとは思えない程にね。

Q2: You got over a serious illness with strong spirit and brave. What were you thinking about during your treatment?

【TONY】: My wife was very sick for quite a while and i have always been worried about here and all that she had gone through. My thoughts were about i had somewhat better understanding of what she must have endured through this very difficult process. As time went on and i started to improve i was very wrought with a lot of musical emotion and motivation to write and record. But realistically when you are very ill getting better is the only thing that stands between you doing what you want and what you must do..its a bit of a great divide.

Q2: 精神と言えば、あなたは深刻な病気を強い精神力と勇気で克服しました。治療の最中は、どんなことに想いを巡らせていましたか?

【TONY】: 僕の妻もしばらくの間酷い病気だったんだ。僕は病床からずっと妻のこと、彼女が経験しているであろうこと全てを心配していたんだよ。とても困難な経過の中で、彼女が耐えなければならないことを幾らかでも理解出来たらと考えていたんだよ。
時間が経ち病状も良くなると、僕には新たなレコードを書くための沢山の音楽的な感情とモチベーションが湧いてきたんだ。
とは言え、現実的には酷い病気を患っていれば、回復することこそがやりたいこととやらなければならないことを意味するだろうね。生死の境な訳だから。

TonyMacAlpine_Benefit_eml-705x1024

Q3: During your illness in late 2015, musicians banded together for “A Benefit for Tony MacAlpine” at the Wiltern Theater in Los Angeles. Have their support been strong power for you?

【TONY】: It was an act that was full of love and positive energy and it willed me to continue to find the courage to endure more and more of these very painful procedures. You really cannot get any useful and positive momentum to fight if you do not have love and support to power you through. I love each and everyone of them for coming to my side during this period in my life. It was an extremely moving and honest action by all of the musicians and fans!! Thank you to all!!

Q3: 2015年の後半には、LA の Wiltern Theater で多くのミュージシャンが集まってあなたのためにベネフィットコンサートを開催しましたね?

【TONY】: 本当にいっぱいの愛とポジティブなエナジーに包まれたイベントだったね。あのコンサートがあったから、僕は大きな苦痛を伴う治療に耐えうる勇気を見つけ、治療を続けることが出来たんだよ。
力を発揮するための愛とサポートがなければ、本当に効果的でポジティブなモメンタムを得ることは出来ないんだ。
僕の人生において、病床に在った期間、側に来て寄り添ってくれた全員、それぞれ一人一人を愛しているよ。だからあのコンサートは究極に感動的で、ミュージシャンとファンによる正直な行動だったんだ!みんな、ありがとう!!

Q4: So, “Death of Roses” becomes very happy surprise for your fans. And it seems the first in a projected 2-part release. Why did you announce the release of the album suddenly and separate in two parts?

【TONY】: Well i feel that the 14 songs of this latest compositional output need to be separated so they can fully be understood.It’s also not like they really need to coexist on the same CD anyway. I also feel it will give a much clearer toward the movement kind of realization to the entire work. It is also my desire that everyone prefers it this way because once ”Death of Roses “is understood musically then also the title will make clearer since when the next EP is released!

Q4: 病を乗り越えて初のレコード “Death of Roses” は嬉しいサプライズとなりました。それにしても突然のリリース、そして2枚組を別々にリリースするという驚きに満ちた作品になりましたね?

【TONY】: そうだね。僕はこの最新作の14曲にものぼるコンポジションのアウトプットを、リスナーに完全に理解してもらうために分割する必要があると感じたんだよ。
同時に、これらの楽曲は同じCDに存在する必要はないんだよ。僕はアルバムを分割することで、リスナーの作品全体を理解する意欲がより増して、明確になると感じたのさ。
同時に、みんなにもこのやり方を気に入って欲しいと望んでいるよ。なぜなら、一度 “Death of Roses” が音楽的に理解出来れば、次の EP がリリースされた時に方向性が分かりやすいでしょ?

Q5: Also, album title “Death of Roses” is so impressive after your fighting with Cancer. I feel your perspective about “Life” changed after recovering from illness. Do you agree that?

【TONY】: No i disagree. That’s not the intention or motive at all.
The title “Death of Roses” has nothing to do with any health setbacks that i have experienced. It is rather a musical collection of moments and times that i chose to preserve on record.Only after the release of the next EP will everyone fully digest what the 2 releases mean to each other and why i chose to release them tjis fashion. But yes i do understand how that could be interpreted to be understood that way.

Q5: タイトルの “Death of Roses” はどうしても、あなたと癌との戦いを想起してしまいますが。

【TONY】: いや、そうではないよ。僕にはそんな意図やモチベーションは全くなかったよ。
タイトルの “Death of Roses” は、僕が経験した健康上の問題とは全く関係ないんだよ。どちらかと言えば、僕がレコードに保存することを選んだ瞬間と時間の音楽的コレクションなんだ。次の EP がリリースされて初めて、二枚のレコードがお互いに意味すること、なぜ僕がこういった形でリリースしたのかみんなは完全に理解することが出来るだろうね。
だけど、そうだね、このタイトルが君のような解釈を生むことは理解しているつもりだよ。

Q6: You made “Death of Roses” as trio. Pete Griffin was also played on your previous album “Concrete Gardens. But Gergo Borlai is new face. What made choose them this time?

【TONY】: Yes Gergo Borlai is quite a musical sensation and an very magical powerful force. He is also a very busy player who is very active with many wonderful players and musicians.He fully was able to contribute to this CD on such a high level.I am very impressed with his musicianship and skill.
Pete Griffin is a amazing and quite innovative bass player who i had the pleasure of working and recording with on many occasions. Together we recorded the very successful EMGTV videos and are on tour as bandmates with Gergo Borlai. He also possesses the ability to fit into so many styles of music and bring out the best of the music’s finer points!

Q6: “Death of Roses” はトリオでレコーディングされた作品になりました。Pete Griffin は前作 “Concrete Gardens” でもプレイしていましたが、Gergo Borlai はニューフェイスです。

【TONY】: そうだね。Gergo Borlai はまさに音楽的なセンセーションで、とてもマジカルでパワフルな力となったね。
彼はとてもアクティブなミュージシャンで多くの素晴らしいアーティストと共演している忙しいプレイヤーなんだよ。そのハイレベルな才能で完全にこの作品に貢献してくれたね。彼のミュージシャンシップとスキルにはとても感銘を受けたんだ。
Pete Griffin は際立っていて、実にイノベーティブなベースプレイヤーだよ。様々な場面で彼とレコーディングするのは喜びなんだ。僕たちは一緒に非常に成功を収めた EMGTV のビデオを収録し、今は Gergo Borlaiとバンドメートとしてツアー中なんだ。
彼はまた、非常に多くのスタイルの音楽にフィットするし、音楽の細かいディテールを最高に引き出す能力を持っているんだよ!

22007718_10156777080769517_2810240439229053961_n

Q7: Musically, “Death of Roses” is sometimes so heavy, sometimes so melodic, sometimes so bluesy, and very complex record. Definitely, it’s the new chapter and challenging album for you, right?

【TONY】: Yes it very much is a new path for me and will continue to be a level in which i push myself deeper to explore. Its highlights also for me some directions in music that i am intrigued by and even though to me it’s a challenging CD it is not difficult to remember melodies and beats.
“Death of Roses” was a very natural CD for me to compose at this point of my life.I feel the next CD also shares the same attributes but however it is quite different once again. It is my desire also to have the same musicians on the next release as we expect to begin the actual recordings directly after my current USA tour is completed.

Q7: 音楽的には、”Death of Roses” は時にヘヴィーで、時にメロディック、ブルージーな瞬間も存在する複雑なレコードだと感じました。間違いなく、あなたにとって新たなチャプターの幕開けですね?

【TONY】: そうだね、このレコードは僕にとってまさしく新たな道なんだ。そして自分自身をこれほど深く探求出来るくらいのレベルを続けて行きたいと思っているよ。
同時にこのレコードは僕にとってハイライトとも言えるだろうね。僕が惹き付けられてきた音楽の方向性を達成し、チャレンジングな CD ですらあるのに、メロディーやビートを覚えるのは難しくないんだからね。
僕の人生の現時点において、”Death of Roses” はとてもナチュラルな CD なんだよ。そういった意味で次の CD も同じ性質をシェアしていると感じるけど、とは言えもう一度全く違う作品になるよ。
現在の US ツアーが終わればレコーディングを開始したいと考えているんだけど、次のリリースも同じミュージシャンを起用したいと思っているよ。

Q8: Mike Portnoy, Derek Sherinian, Billy Sheehan starts Sons of Apollo. I feel it would be perfect if it was double guitar of Bumblefoot and you, haha. Anyway, is there any project that you are currently involved in?

【TONY】: No presently i am devoting 100 percent of my musical energy and time into this musical movement. I do constantly have some interesting offers to do other things but i really need to stay buckled in for the ride here!

Q8: Mike Portnoy, Derek Sherinian, Billy Sheehan といった馴染みのミュージシャンが SONS OF APOLLO を立ち上げましたね。あなたも加わって BUMBLEFOOT とツインギターだったとしたら完璧だったのにと思いました(笑)。

【TONY】: いや、今現在は僕の音楽的エナジーと時間を100%この活動に捧げているんだよ。
コンスタントに興味深いオファーは受けているんだけど、本当にこのプロジェクトにはシートベルトを締めて取り掛からなければならないからね!

TONY’S RECENT FAVORITE FIVE ALBUMS

15672703_10155625490934517_3101311989216612170_n

I have no favorite anything.I wish i could make up something for interesting reading however it would be quite untruthful. For me music is constantly evolving and while i do not spend a considerable amount of time listening to other music i still read a large amount of classical piano works for both solo and Quartet. But if i do discover something i will let you know.

今はフェイバリットアルバムは存在しないんだ。興味深い記事にしたいとは思うんだけど、それでも嘘をつくのはあまりに信頼を裏切る行為だからね。
僕にとっての音楽はコンスタントに進化するもので、未だにソロとカルテットの大量のクラシカルピアノ作品を解釈しているところだから、他の音楽を聴くための充分な時間が割けないんだよ。だけど何か興味深い新たな作品を発見したら報告するね。

MESSAGE FOR JAPAN

TonyMacAlpine2017_8551

Thank you all.
I look forward to playing music live for you all in Japan in the very near future and i also hope you all stay healthy for years to come.
Much Love and Admiration…Tony MacAlpine

日本のみんな、ありがとう!近い将来、君たちみんなのためにライブでプレイすることを楽しみにしているよ。 それまでみんなには健康でいて欲しいと願っているんだ。
大きな愛と敬愛をこめて。

TONY MACALPINE

TONY MACALPINE Facebook Page
TONY MACALPINE Official Site
TONY MACALPINE OFFICIAL SHOP
FAVORED NATIONS ENTERTAINMENT Facebook Page
FAVORED NATIONS ENTERTAINMENT Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です