hacktivist-outside-the-box-690x690

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【HACKTIVIST : OUTSIDE THE BOX】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BEN MARVIN OF HACKTIVIST !!

Hacktivist_July2014_DannyAckerley_HI

There’s safety in numbers, but HACKTIVIST carving a path of their own! UK based five piece just released Up-date ver. of Nu-Metal, amazing “Outside the Box” !!

DISC REVIEW “OUTSIDE THE BOX”

ラップと Metal-core, Djent というモダンな要素を融合させた UK の新鋭 HACKTIVIST がデビューフルレングス “Outside The Box” をリリースしました!!
様々に拡散するモダンメタルのサブジャンル。中でも HACKTIVIST の音楽性、イデオロギーは異彩を放っていますね。勿論、ラップをメタルに取り入れたのは決して彼らが初めてではありません。90年~00年代にかけてトレンドとなった Nu-Metal ムーブメントの中で LIMP BIZKIT, KORN といったバンドたちがメタルの領域を押し広げたことは実に意味がありました。そして HACKTIVIST は、その Nu-Metal をアップデートし、現代に蘇らせているようにも思えます。
モダンメタルという観点から見れば、HACKTIVIST は UK ミルトン・キーンズを中心とする Tech-Metal シーンの強い影響を受けていることが分かります。FELLSILENT, HEART OF A COWARD, そして TesseracT。コロッサルなリフワークとアトモスフェリックなメロディーは彼らから受け継いだものでしょう。
“No Way Back” と “False Idol” を聴けば、彼らがその Tech-Metal と Hip Hop を見事に融合していることが分かるでしょう。ギターとエレクトロニカも担当する Timfy James のメロディックな歌唱と二人の MC が繰り出すラップのカウンターパートとなっているのが、Tech-Metal 由来のギターリフ、ローエンドだと感じました。つまり、彼らは Post-Meshuggah なギターリフやリズムを Hip Hop のトラディショナルなビートの代用品として使用し、見事に独自のサウンドとして昇華させているのです。
加えて、HEART OF A COWARD の Jamie、ENTER SHIKARI の Rou がゲスト参加している “Decieve and Defey” “Taken” は特に象徴的ですが、両バンドを想起させるようなアトモスフェリックなエレクトロニカの要素も多分に取り入れており、トレンドもしっかり見据えていることが分かります。
またダブルMC J と Ben を活かしたメッセージ性も彼らの特徴でしょう。扱う題材は政治、社会、そして環境問題にまで及びます。Electrogrimepop Metal とでも表現出来そうな “Hate” はバンドの”Hater”達への強烈な自己主張。”Why you wanna hate on us?”と投げかける彼らのリリックからは、若さと弱さと自信が共存しているようにも感じました。
全体的に見て、彼らのデビュー作は Nu-Metal や Eminem といったあの時代の才能に再び焦点を当てながらも、決してノスタルジーに留まっておらず、実験性も勿論ですが、 “Elevate”に象徴されるように、Nu-Metal にはあまり存在しなかった美しいメロディーも作品のキモでキャッチーさも満点。彼らの試みは成功を収めたと言えるでしょう。今回弊誌では、MC の Ben Marvin にインタビューを行うことが出来ました。どうぞ!!

12509449_1098032336894396_5724787167690718638_n

HACKTIVIST “OUTSIDE THE BOX” : 9.3/10

【INTERVIEW WITH BEN MARVIN】

HACKTIVIST_141215_00025

Q1: This is the first Interview with you. So, at first, could you tell us about the band? How did Hacktivist come to be? And what’s the meaning behind your band name “Hacktivist”?

【BEN】: The beginning of Hacktivist was an experiment. I introduced J to Tim and J began recording his solo stuff at Tim’s studio. While he was there Tim showed J a metal track he’d be working on. J spat some bars over the top of it to see how it sounded. They sent it to me that night and i was overwhelmed. I threw some vocals in the mix, we put it online. We had such a big response to the track that we decided to take it seriously and start a full live band. The rest is history! The band name was Tim’s alias before the band. We are supporters of anonymous and the work they do. It’s a name that reflects us as people and also lyrically. It is also an awesome word and is memorable!

Q1: 本誌初登場です!まずはバンド結成の経緯と “Hacktivist” というバンド名の由来を教えていただけますか?

【BEN】: HACKTIVIST の始まりは実験のようなものだったね。最初に僕が J を Tim に紹介したんだよ。それで J は彼のソロ作品を Tim のスタジオでレコーディングし始めたんだ。J がスタジオにいる間に、Tim は彼が取り掛かっていたメタルの楽曲を聴かせたんだ。それでその楽曲に J がラップを加えてみたんだよ。その晩、彼らは僕にその音源を送って来たんだけど、想像以上だったね。僕がそのミックスにボーカルを入れて、ネットに上げてみたんだ。すると、その曲が大きな反響を呼んでね。だから僕たちは真剣にフルのライブバンドを始めようと決めたのさ。後はご存知の通りさ!
バンド名は、実は Tim がバンドに入る前の別名だったんだよ。僕たちは Anonymous と彼らの行為のサポーターだからね。だから、HACKTIVIST (社会的、政治的目的でハッキングを行う人) という名前は人としても、歌詞の面でも僕たちを反映している訳さ。単語もカッコいいし、覚えやすいよね!

Q2: So, your newest album “Outside the Box” is just out now! How are you feeling now? And how are the reactions so far

【BEN】: We’re all feeling amazing and extremely proud to have released the album. It’s been a long time in the making but it has been worth it. So far the fans reactions have been very positive and we’ve had a lot of good feedback!

Q2: デビューフルレングス、”Outside the Box” がリリースされましたね!今のお気持ちはいかがですか?また、これまでの反響はどうですか?

【BEN】: バンド全員が最高の気持ちでいるよ。このアルバムをリリース出来て本当に誇らしいね。制作には長い時間を要したんだけど、それだけの価値はあったよ。今のところ、ファンからのリアクションもとてもポジティブで、沢山の良いフィードバックをもらっているよ。

Q3: When you named this great album as “Outside the Box”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of the album?

【BEN】: The album title ‘Outside The Box’ reflects us as band both lyrically and musically. I like to think we are different to other artists. Our lyrics are diverse but mainly focused on political issues. This is something a lot of bands avoid. We like to address our issues/concerns with the world full on with no forgiveness. We also touch on a few other subjects on the album. Taken is about the loss of our loves ones. I think this is the most emotional and heartfelt song on the album.

Q3: アルバムタイトルを “Outside the Box” としたのはなぜですか?作品のコンセプトや歌詞のテーマを教えてください。

【BEN】: “Outside the Box” というタイトルは歌詞、音楽、両面からバンドとしての僕たちを反映しているんだ。僕は、HACKTIVIST が他のアーティストたちとは異なると考えているんだよ。歌詞は多様性に富んでいるけど、主に政治的な問題にフォーカスしているよね。それって大抵のバンドなら避けたがることなんだ。僕たちは自身の関心や問題を、許しの無いこの世界で何とか対処したいんだよ。
まあいくつかは他の題材も扱っているけどね。”Taken” は愛する人を失うことについて。アルバムで最もエモーショナルかつ心に染み入る楽曲だと思うよ。

Q4: Your debut EP was released in 2012. So, four years passed. How have you evolved from “Hacktivist”?

【BEN】: Definitely. We still have the Hacktivist sound but we have expanded our style in many ways. The great thing is because we have made our own genre in some ways we have no limitations. People never know what to expect. I like it that way.

Q4: デビューEP “Hacktivist” からは4年経ちましたね。その間に、バンドはどのように進化しましたか?

【BEN】: 本当に。4年も経ったね。僕たちは今でも核となる “Hacktivist” サウンドを保っているけど、自分たちのスタイルはいろいろな方法で拡大させて来たね。ある意味、僕たちが独自のジャンルを作り上げたことは、素晴らしい成果だと思う。僕たちに限界はないんだ。みんなは HACKTIVIST が次に何をやるのか想像出来ないだろうね。僕はそういうのが好きなんだよ。

Q5: So, Rap meets Metal was the trend of late 90’s generally. Off course, Limp Bizkit, RATM, and KORN are pioneer of the genre. What inspired you to begin the style in 2010’s?

【BEN】: We are all big fans of rap and metal so it seems stupid to us to not mix the two. I guess the only thing that inspired us was making music we wanted to make regardless of current trends or expectations. We never wanted to be just ‘another band’ and we never will be.

Q5: そのあなた達のスタイルですが、所謂ラップメタルは90年代のトレンドでしたよね?勿論、LIMP BIZKIT, RAGE AGAINST THE MACHINE, KORN といったバンドがパイオニアでした。それを今、2010年代に始めようと思ったのはなぜですか?

【BEN】: まず、バンド全員がラップとメタルの大ファンなんだよ。だから、その2つをミックスしない手はないと思えたんだ。僕たちを唯一インスパイアするのは、作りたい音楽を作るという信念だけだよ。現在のトレンドや売れ線なんて関係ないね。僕たちは”別のバンド”になりたいと思ったこともないし、これからもそうだよ。

Q6: But, Hacktivist doesn’t stay only Nu-Metal. Your music has modern elements like Metalcore, Djent. So, do you think your music is up-date ver. of Nu-Metal?

【BEN】: You could say that. I think if nu metal came out now it would probably sound like Hacktivist. However on the other hand I think Hacktivist is the result of an experiment which may have never happened unless we did it.

Q6: ただ、所謂 Nu-Metal だけに留まっている訳ではなく、Djent のようなモダンさも取り入れていますよね? Up-Date された Nu-Metal とでも言えそうですが。

【BEN】: うん、そういう言い方でも構わないよ。僕はもし Nu-Metal ブームが今の時代に起こっていたら、おそらく HACKTIVIST のようなサウンドだろうと思うんだよ。だけど、一方で、HACKTIVIST は僕たちがやらなければ起こることはなかった実験の成果だとも言えるね。

10409042_1000645456633085_2567584221319723166_n

Q7: Speaking of rap, hip hop, Kendrick Lamar wins five time Grammy awards. I think his music has popularity, messageful, and modern aspects. Do you feel sympathy with him?

【BEN】: Kendrick is respected by all the band. He is definitely up their with the greats in modern hip hop. He’s managed to get to the top without talking about the same recycled shit you hear in most modern mainstream rap. We play his stuff a lot on our tour bus.

Q7: ラップ、Hip Hop と言えば、Kendrick Lamar はグラミー5冠を達成しましたね。現代を象徴するようなアーティストですが、彼に共感は覚えますか?

【BEN】: Kendrick はバンド全員からリスペクトされているよ。彼はモダン Hip Hop の偉人たちの中でも間違いなくリーダー的な存在だね。彼は、普段君が耳にしているクソみたいな使い回しでモダンなメインストリートラップを使用することなく、頂点まで上り詰めたんだよ。彼の作品は僕たちのツアーバスでもよくかかっているんだ。

Q8: Lot’s of great guest appearance like Jamie Graham of Heart of a Coward, Rou Reynolds of Enter Shikari joined in the album. Are they exceptional persons or bands for you in the scene?

【BEN】: Yeah Shikari and HOAC are both good friends of ours and also great bands. It seemed natural to get them on the album. They both bring even more elements to the album!

Q8: “Outside the Box” には Heart of a Coward の Jamie Graham や Enter Shikari の Rou Reynolds も参加していますね?彼らはあなた達にとって、シーンの中でも特別な存在ですか?

【BEN】: うん、Shikari と HOAC は良い友達で、素晴らしいバンドだよね。彼らに参加してもらうのは自然なことに思えたんだ。2人共、アルバムにさらに色を加えてくれたよ。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED BEN’S LIFE!!

LIMP BIZKIT “CHOCOLATE STARFISH AND THE HOT DOG FLAVOURED WATER”

71TC4sj6MrL._SX355_

EMINEM “THE MARSHALL MATHERS LP”

The_Marshall_Mathers_LP_second_cover

AFI “THE ART OF DROWNING”

AFI_-_The_Art_of_Drowning_cover

KORN “ISSUES”

817Pxt2KcuL._SY355_

DR. DRE “CHRONIC 2001”

DrDre-2001

【MESSAGE FOR JAPAN】

10168014_1663126260607264_7974260729463893221_n

Japan is the one country i’ve ALWAYS wanted to go to. I really hope we can get out to you guys soon! Keep supporting H, we’re coming for you!

日本は “いつも” 僕が行きたいと思っている国の1つなんだ。君たちに本当に早く会いたいよ!サポートを続けてくれ。会いに行くよ!

BEN MARVIN

HACKTIVIST FACEBOOK PAGE
HACKTIVIST Official Site

Outside The Box

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です