12832513_1159228684111468_6590611399365013670_n-2

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DIZZY MIZZ LIZZY : FORWARD IN REVERSE】JAPAN TOUR 2016 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TIM CHRISTENSEN OF DIZZY MIZZ LIZZY !!

Dizzy Mizz Lizzy Rødovre Rådhusplænen 27 maj 2016

Danish Legend is back!! DIZZY MIZZ LIZZY has just released their new milestone, “Forward In Reverse” for the first time in twenty years!!

DISC REVIEW “FORWARD IN REVERSE”

リユニオンを果たしたデンマークの巨人、DIZZY MIZZ LIZZY が遂に待望の復活作 “Forward In Reverse” を日本先行リリースしました!!
ロック/メタルの概念が再構築された90年代初頭、ヨーロッパから登場した DML は確実にゲームチェンジングな存在でした。主に US 主導で発生した大きなオルタナティブの波は、革新的でしたが、”メロディー” に対する考え方の違いから1部で拒否反応を生んだのも事実です。しかし、ユーロという土壌で育まれた DML の音楽は、両者の優れた部分を併せ持ったハイブリッドな存在として、2枚のアルバムしか残さなかったにもかかわらず、解散後もデンマーク本国はもとより、日本、そして世界中で愛され続けて来たのです。
20年振り、通算3枚目のフルレングスとなる “Forward In Reverse” には3曲ものインストゥルメンタルトラックが収録されています。そしてこの3曲こそが DIZZY MIZZ LIZZY の Yesterday & Today を紐解く鍵となるような気がします。
アルバムオープナー “Phyling Pharaoh” はタイトルが示す通り、オリエンタルなムードを纏っています。こういった浮遊感のあるエスニックなメロディーは、90’s オルタナバンドにも通じ、例えば、名曲 “Waterline” のインストパートなどでも聴くことが出来ますね。
“Frey” は美しいアコースティックな小曲。Tim が強く影響を受け、名作”Ram”を完全再現してしまうほど敬愛している Paul McCartney が THE BEATLES 時代に残した “Blackbird” を彷彿とさせます。
そして “Mindgasm”。彼らの特徴である “リズム遊び” を最大限に活かした楽曲は、躍動感に満ち、少しずつ音の並びやリズムパターンを変化させていくことで、独特のスリルとダイナミズムを生み出していますね。
言い換えれば、「Alternative, Beatles, Progressive」。この3要素こそ DML の解体新書だとアピールしているように思えたのです。余談ですが、”3″ という数字には、インタビューで語ってくれたように思い入れがあるようで、勿論、バンドは3ピースですし、タイトルトラック “Forward In Reverse” は3拍子で構築された復活の狼煙です。
では、彼らは単にノスタルジアのためだけに再結集したのでしょうか? 否。”Rotator” からの20年は作曲家としての Tim、演奏家としての DML を見事に成熟させました。
Loud Park 2015 で目撃した DIZZY MIZZ LIZZY は非常にオーガニックでスポンティニュアスなライブバンドでした。次々と繰り出される、インプロヴィゼーションやインタープレイは、あの Jimi Hendrix を想起させるほどで、ロックの源衝動を喚起させるに充分な凄みがありましたね。そして、彼らは “Forward In Reverse” にもその空気感をそのまま持ち込んでいます。インタビューにもある通り、インストを多数収録したのは、”今”の彼らの演奏家としての充実ぶり、自信の現れでしょう。
楽曲面で見れば、”Made to Believe” “Love At Second Sight” のような新しい DML のアンセムとなるような楽曲と並んで、Tim がソロで養ってきたより内省的でメロディアスな “Something So Familiar” “Say It To Me Anyway” も収録されており、さらに音楽性の間口が広がった印象です。また、Tim はトレードマークであるギターとボーカルのユニゾンを過去作よりも多用しており、DML のカムバックを強く印象付けています。
結果として、リユニオン作品としては異例の、瑞々しさに満ちたフレッシュで新たな代表作が誕生したように思います!
今回弊誌では、Tim にインタビューを行うことが出来ました。5月には単独公演も控えています。どうぞ!!

12832513_1159228684111468_6590611399365013670_n

DIZZY MIZZ LIZZY “FORWARD IN REVERSE” : 9.8/10

【INTERVIEW WITH TIM CHRISTENSEN】

12115571_10153698592749533_7490469841718032980_n

Q1: How was Loud Park 2015? Actually, I was there, your performance was incredible. Lot’s of Japanese fans looking forward to your full-set Japan Tour 2016!!

【TIM】: Loud Park was amazing! We were a little worried about not being metal enough for this festival, as we shared the bill with such bands as Slayer and Megadeth. But we wrote a custom made set list for this evening, skipping all the ballads and just going for the throat! It seem to work, cause the fans loved it. The Japanese fans are the best!

Q1: Loud Park 2015 はいかがでしたか? 私もその場に居たのですが、驚異的なパフォーマンスでしたね! 日本のファンはフルセットで行われる Japan Tour 2016 を楽しみにしていますよ!

【TIM】: Loud Park 2015 は素晴らしかったよ!正直、僕たちはこのフェスに相応しいほどメタルじゃないかも知れないと心配していたんだ。SLAYER や MEGADETH といったバンドと共演する訳だからね。
そういう理由から、あの夜のために特別なセットリストを作ったんだよ。バラードを省いて、ただアグレッシブな楽曲を並べたんだ!上手くいったようだね。ファンは気に入ったようだから。日本のファンは最高さ!

Q2: What made you reunite Dizzy Mizz Lizzy again? You reunited in 2009, 2010 only for the live shows. But for this time, was it important for you to make new materials as DML?

【TIM】: We’d been talking for a while about doing another tour sometime in the future, as all three of us had such an amazing time being back together. We agreed very early on that IF we were to do it again, we should do it differently than 2010. The obvious was too try and write music together again. New music! We didn’t have any album plans in the beginning, but that changed after the first couple of songs were done. We kind of fell in love with the band all over again.

Q2: なぜ DML のリユニオンを再度行うことに決めたのですか? 2009、2010年にもライブのみのリユニオンを行っている訳ですが。今回は新しいマテリアルを世に出すことが重要だったのでしょうか?

【TIM】: 2010年のリユニオンが終わった後、将来的にはまたツアーをやりたいねと話していたんだ。3人ともあのツアーで素晴らしい時を過ごしたからね。ただ、もし、またリユニオンをやるなら、2010年とは違った形にするべきだと早い段階で同意していたんだ。
明確な違いは、音楽をまた共に作ってみるという点だったね。新しい音楽だよ!当初は、アルバムを作る計画までは頭になかったんだ。だけど、最初の数曲が完成すると変化が起きたね。僕たちはこのバンドにまた恋に落ちたんだよ。

Q3: Your new record “Forward In Reverse” will be released for the first time in twenty years. How do you feel now?

【TIM】: We are all very pleased with the result and it feels so good to have a whole album full of new material that we can relate to from where we are today. We will always love to play the old stuff, but it IS 20-22 years ago and those songs were written by kids at the age of 18-19. There’s a long distance now and our relation with the old material is purely historical and nostalgic.

Q3: その新しい DML の音楽、20年振りの新作 “Forward In Reverse” が日本先行リリースされましたね!今のお気持ちはいかがですか?

【TIM】: まず、この作品には全員がとても満足しているし、今日の僕たちを反映した、全てが新曲のフルアルバムだから最高だよね。
勿論、昔の楽曲をプレイするのはいつだって大好きだよ。だけど、それらは18~19才のキッズが書いた20~22年も前のマテリアルだからね。今とはかなりの隔たりがあるし、繋がりを感じるのは純粋に歴史的だったりノスタルジックな理由からだね。

Q4: The same girl on the front cover of “Dizzy Mizz Lizzy” appears in the artwork of “Forward In Reverse again. Do you think “Forward In Reverse” is continuation of the album “Dizzy Mizz Lizzy” and “Rotator”? Or, did you try to make a totally “brand new” Dizzy Mizz Lizzy record?

【TIM】: We consider the girl, Lizzy, the band-logo. Our trademark. We’ve used the same picture for many things now, but always with a variation in the actual artwork. And yes, this a brand new album, by a grand old band.

Q4: デビューアルバム “Dizzy Mizz Lizzy” のアートワークに描かれていた少女が再び “Forward In Reverse” のアートワークにも登場していますね。 これが意味するのは、新作が “DML” “Rotator” の続編だということでしょうか? それとも全く新しい DML の始まりですか?

【TIM】: 僕たちはこの少女、Lizzy という名前なんだけど、をバンドのロゴだと考えているんだ。つまり僕たちのトレードマークだね。現在、あの絵は色々なものに使用しているんだけど、実際のアートワークに何かしらのバリエーションを加えるようにはしているよ。
そして作品についてだけど、うん、これは全く新しいアルバムだよ。老舗バンドが作ったね。

12045521_1050988284935509_4273071809051826628_o

Q5: I think the album title, “Forward In Reverse” means this reunion. Also, the title track, “Forward In Reverse” has Triple time (rhythm). I thought this is the metaphor of “three piece” band. What do you think of that?

【TIM】: That’s interesting. It hasn’t crossed my mind at all. We did, however, have a working-title for the album for a long time. The title was going to be ‘3’. Plain and simple. We changed it at the very last minute, because we felt there was a lot more substance to the title ‘Forward In Reverse’.

Q5: アルバムタイトル “Forward In Reverse” はこのリユニオンを指しているように思いました。そしてタイトルトラックは奇しくもDMLがスリーピースであることを暗示するかのような、3拍子の楽曲ですね。

【TIM】: 興味深いね。全く考えたこともなかったよ。だけどね、実はこの作品には長い間ワーキングタイトルが付いていてね。それが”3″だったんだ。簡素で単純だね。
本当に最後の最後でそれを変更したんだ。なぜなら、”Forward In Reverse” の方がより本質をついたタイトルだと感じたからなんだよ。

Q6: How was the writing process? I think “Brainless”, “Made to Believe” and “Love At Second Sight”, those kind of songs make us feel “DML is back!” . On the other hand, “Something So Familiar” and “Say It To Me Anyway” are more like Tim’s solo style. I don’t doubt if those two tracks are on Tim’s solo album. Did you arrange those two with Martin and Soren as well?

【TIM】: There are no ‘Tim solo songs-leftovers’ on this album. However, I do see what you mean. Every song I’ve written has been from the heart. Sometimes it goes in one direction, sometimes in another. Soren and Martin was in all the whole thing. All 12 tracks. If ‘Something So Familiar’ and ‘Say It To Me Anyway’ sounds a bit more like Tim-solo songs, it might have to do with the way I’ve developed my writing over the years and of course that both songs have a ballad-feel to them.

Q6: 作曲はどの様に行われたのでしょう? “Brainless”, “Made to Believe”, “Love At Second Sight” といった楽曲は DML が帰って来たことを確信させてくれますね。
一方で、”Something So Familiar” “Say It To Me Anyway” といった楽曲はより Tim のソロアルバムに近いスタイルだと感じました。そういった楽曲も Martin と Soren と3人でアレンジを施したのですか?

【TIM】: このアルバムには”Tim のソロの残り物”は収録されていないよ。だけどね、君が言いたいことは分かるんだ。僕が書いてきた全ての楽曲は自分の心に従ったものだよ。1つの方向性に進んだかと思うと、時には別の方向にも進む。Soren と Martin は全てのプロセスに関わっているよ。12曲全てでね。
もし、”Something So Familiar” “Say It To Me Anyway” が少し僕のソロのように聴こえるとしたら、これまでに進化させて来た僕の作曲術と関係しているだろうし、勿論その2曲がバラード風だというのもあるだろうね。

Q7: There are three instrumental tracks. “Phlying Pharaoh” is oriental, “Frey” is beautiful, and “Mindgasm” is rhythmic. I think these three elements definitely express what DML is. Anyway, what made you record three Instrumental songs on the album?

【TIM】: We’ve always been focusing on the instrumental part of our songs. It seemed very obvious that this band could do all instrumental tracks too. I’ve always wanted to do that and what better time to do it, than with this comeback album for DML?

Q7: アルバムには3曲のインストゥルメンタルソングが収録されています。”Phlying Pharaoh” はオリエンタル、”Frey” は美しく、”Mindgasm” はリズミカルで、この三要素はまさに DML の音楽性を物語りますね。なぜアルバムにこの3曲のインストを収録したのでしょう?

【TIM】: 僕たちは、今までも常に楽曲のインストゥルメンタルパートには力を入れてきたよね。だから、このバンドは全てインストの楽曲でも上手くいくのは明らかだったんだよ。ずっとインスト曲を制作したかったし、それをやるのに、このカムバックアルバムより良いタイミングがあると思うかい?

Q8: We are concerning about how long this reunion will last. What do you think about that?

【TIM】: As long as all three of us enjoyed it and it makes sense, we will continue to make music together as a band. No plans of breaking up again.

Q8: さて、ファンはこのリユニオンがいつまで続くのか気になっています。今の考えはどうなのでしょう?

【TIM】: 3人全員が楽しめる限り、そしてバンドとして音楽を共に作り続けることに意味がある限り、続けるよ。もう一度解散する予定は今のところ無いよ。

11133927_969781229722882_6444424603315559307_o

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED TIM’S LIFE!!

That’s a tough one. A LOT more than 5 albums changed my life. But the first 5 that pop to mind could be

THE BEATLES “HELP”

234200

LED ZEPPELIN “PRESENCE”

Led_Zeppelin_-_Presence

EUROPE “THE FINAL COUNTDOWN”

Europe-the_final_countdown

MANIC STREET PREACHERS “THE HOLY BIBLE”

Manic_Street_Preachers-The_Holy_Bible_album_cover

GEMMA HAYES “NIGHT ON MY SIDE”

Gemma+Hayes+Night+On+My+Side+-+Sealed+479500

【MESSAGE FOR JAPAN】

42106

We’re coming to Japan as the first part of our 2016-tour. We can’t wait to see all of our fans and play a lot of the new songs. Of course we will play a lot of the old ones too. See you in May!!

僕たちの2016ツアーの幕開けは日本から。ファンのみんなに会って、新曲を沢山プレイするのが待ちきれないね。勿論、昔の曲も沢山やるよ。5月に会おうね!

TIM CHRISTENSEN

【DIZZY MIZZ LIZZY JAPAN TOUR 2016】

dml-800

B5Flyer_Back_sample

チケットのご購入はこちらから。DIZZY MIZZ LIZZY JAPAN TOUR 2016 特設ページ
DIZZY MIZZ LIZZY Facebook Page
DIZZY MIZZ LIZZY Official Shop
SONY MUSIC JAPAN

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です