12802803_10156589907460483_5541563957616061458_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE ALGORITHM : BRUTE FORCE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH REMI GALLEGO OF THE ALGORITHM !!

639cea52-ed3c-4b7f-b71c-7c66fa3dd187

Electronica meets Prog-Metal! One of the originator of “Progtronica” from France, THE ALGORITHM has just released their new masterpiece “Brute Force” !!

DISC REVIEW “BRUTE FORCE”

エレクトロニカ/EDM とモダンメタル/Djent を融合させ独自の音楽を発信する、フランスの奇才 THE ALGORITHM が新作 “Brute Force” をリリースしました!!
勿論、PERIPHERY, ANIMALS AS LEADERS, BORN OF OSIRIS など、最新のモダンプログメタル界隈において、エレクトロニカの要素は必修科目。当たり前のように使用されています。ただ THE ALGORITHM として知られる Remi Gallego のように、その2つをシームレスに繋いでいるアーティストは未だ存在しないでしょう。彼こそが “Progtronica” のトレンドセッターなのです。
新作 “Brute Force” でもポリリズムを多用したアグレッシブなリズム、モダンなリフは健在。そして美麗で数学的に構築された EDM サウンドが独特のアトモスフィアを発しています。さながら Remi Gallego が築き上げた音楽の現代建築のように。
とは言え、今回の作品は畳み掛けるようなインテンシティーと共に、よりバランスがとれたキャッチーなアルバムの様にも思えます。例えば、シングルカットされた “Pointer” はロシア民謡のような印象的なメロディーが、Post-Meshuggah なギターリフ、リズムの上で綿密に構築されています。同時に、新機軸としてギターソロを導入しており、結果としてメタルとEDMのバランスが絶妙の仕上がりになっていますね。インタビューでも語っているように、過去の作品に比べてより人間味、エモーションを導入したことで、さらなるファン層獲得にも繋がるように感じました。
また、タイトルトラック “Brute Force” はクラシカルなアプローチが見事な佳曲。例えば、Castlevania のようなゲーム音楽にも通じるドラマ性が白眉です。
Breakcore トレンドセッター、同郷の Igorrr が参加した “Deadlock” には貪欲に新機軸を導入する Remi のアーティストとしての矜持が強く現れているように感じました。凶悪さを纏った”生の”ギターリフが衝撃的ですね。
Post-Rock の影響すら感じるスロウな “Userspace” に Dub, Breakcore 色の強い “Shellcode” まで楽曲は実にバラエティー豊かです。
全体的に見れば、今作は主要海外誌のレビューにおいて、DAFT PUNK が手がけたディズニーのSF映画 “Tron : Legacy” のサウンドトラックと比較されることが非常に多く、それはつまり、人生を変えたアルバムにも上げているように、強い影響を受けた同郷の偉大な先輩の域にまで Remi Gallego の世界観が肉薄して来ている証のようにも思えました。
今回弊誌では、その Remi にインタビューを行うことが出来ました。短いですが、彼独特の考え方は伝わると思います。どうぞ!

12802803_10156589907460483_5541563957616061458_n

THE ALGORITHM “BRUTE FORCE” : 9.2/10

【INTERVIEW WITH REMI GALLEGO】

The_Algorithm_resize-700x420

Q1: How was the Japan Tour 2014? Lot’s of fans were surprised at your splendid performance!

【REMI】: It was amazing, I’ve always been dreaming of playing there and actually doing it was like a dream becoming true. I was very pleased by the atmosphere and the people, I really can’t wait to come back.

Q1: Japan Tour 2014 はいかがでしたか?素晴らしいパフォーマンスに日本のファンは興奮していましたよ!

【REMI】: 素晴らしかったね。ずっと日本でプレイすることを夢見ていたんだよ。だから実際、あのツアーは夢が叶った瞬間だったね。日本の雰囲気や人々を大好きになったよ。日本に戻るのが本当に待ちきれないね。

Q2: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about your project? How did The Algorithm come to be? And what’s the meaning behind your project name “The Algorithm”?

【REMI】: I started this project when I was a computer science student, being influenced by progressive metal and IDM music. My goal was to create a fun blend of the two. I came up with the name while I was studying algorithms at university. Computers has always been my main influence.

Q2: 本誌初登場です!まずは THE ALGORITHM というプロジェクトを始めた経緯、そして名前の由来を教えてください。

【REMI】: 僕はこのプロジェクトを、コンピューターサイエンス(計算機科学)の学生だった時に始めたんだ。プログメタルと IDM に影響されてね。僕のゴールはその2つを面白くブレンドすることなんだよ。THE ALGORITHM という名前は大学でアルゴリズムを学んでいる時に思いついたんだよ。コンピューターはいつも僕の一番の影響元なんだ。

Q3: So, your newest album “Brute Force” is just out now! How are you feeling now? And how are the reactions so far?

【REMI】: The reactions are really good. I’m very happy with the feedbacks online and on tour. It’s a lot of fun to play these tracks live and it’s great to see the crowd going crazy with it!

Q3: 新作 “Brute Force” がリリースされましたね!今はどういったお気持ちですか?またこれまでの反響はいかがですか?

【REMI】: 反響はとても良いよ。ネット上やツアーでのフィードバックにはとても満足しているんだ。アルバムからの楽曲をライブでプレイするのはとても楽しいし、観衆がそれに合わせてクレイジーになるのを見るのは最高だよ!

Q4: When you named this great album “Brute Force’, what was in your mind? Could you tell us about the concept of the album?

【REMI】: The concept of a brute force attack is to try different element of a dictionnary sequentially until you find the right solution. I often use this as a composition technique, and try different structures and musical elements until I hit the nail and find the craziest riff. The title of this album really represents the way I write music in The Algorithm.

Q4: “Brute Force” のコンセプトを教えてください。

【REMI】: “Brute Force” (総当り攻撃) のコンセプトは正しい解決方を見つけるまで、頭から辞書の異なる意味を当てはめて行くことなんだ。僕はしばしばこの方法を作曲術にも応用するんだよ。異なる構成や音楽的要素を、ズバリとハマるまで試していって、最高のリフを作るんだ。つまり、アルバムタイトルは THE ALGORITHM での僕の作曲法を見事に表現しているんだよ。

Q5: How was the writing and recording process? I think Mike Malyan was replaced by Jean Ferry of Uneven Structure, and Max Michel of Kadinja is focusing his own project. Off course, it’s about only live show. But did you record everything by yourself?

【REMI】: I always recorded everything by myself, I love having the freedom to change things and I always feel the need to have the control over what i’m writing. It makes me able to go deeper and crazier with certain ideas. For example, I like programming drums because I can always add and subtract things, which is something you can’t do when you record drums. All the guitars are recorded though, with this album I tried to bring a little bit of a organic flavour every now and then, which often means “guitar solo” or “guitar riff”. I think it was important to bring this human feeling to the music, and it’s a lot more fun for me to play live.

Q5: レコーディングはどのように行われたのでしょう?ライブメンバーはドラムスが Mike Malyan から UNEVEN STRUCTURE の Jean Ferry に交代、ギタリストの Max Michel は自身の KADINJA に集中しているようですが、レコーディングは全てあなた1人で行ったのですか?

【REMI】: 僕はレコーディングはいつも自分1人で全てを行っているんだ。自由に変更を加えたいし、いつも自分が書いたものは自分がコントロールする必要があると感じているんだよ。1人でレコーディングを行うことで、アイデアをさらに掘り下げ、クレイジーなものに出来るんだ。
例えば、僕はプログラミングのドラムスが好きなんだけど、それはいつでもフレーズを加えたり減らしたり出来るからなんだよ。それは生のレコーディングされたドラムスでは出来ないことでしょ?
全てのギターパートも僕がレコーディングしたんだけど、この作品では時々、少しオーガニックなフレーバーを持ち込んでみたんだよ。つまり、ギターソロとかギターリフといったものをね。こういった人間味を音楽に持ち込むのは大事なことだと思うよ。ライブでプレイするのもより楽しくなったしね。

Q6: Title track, “Brute Force”, you did fantastic classical approach. You know, I remind game music like Castlevania. Do you have the influence from that kind of 8bit Game music?

【REMI】: I love chiptune music. I’ve grown up listening to it and I still do. That’s basically why I love arpeggios and crazy synth melodies. My favorite soundtracks are from Megaman, Street Fighter II and more recently Undertale.

Q6: タイトルトラック “Brute Force” ではクラッシック的なアプローチが素晴らしいですね。Castlevania のようなゲーム音楽をも想起させます。

【REMI】: うん、僕は Chiptune が大好きなんだ。そういう音楽を聴いて育ったし、今でも聴いているよ。僕がアルペジオやクレイジーなシンセサウンドを愛するのもルーツはそこなんだよ。ロックマンやストリートファイターⅡ、最近では Undertale のサントラがお気に入りなんだ。

10245286_10203828777780915_7945853728657625056_n

Q7: “Deadlock” features the breakcore trendsetter, Igorrr. Did you think you take breakcore elements in the song with his guest appearance?

【REMI】: I don’t know what style we took influence from in particular but it was a lot of fun for sure! I love Igorrr and it was an honour for me to work with him.

Q7: “Deadlock” には Breakcore のトレンドセッター、Igorrr が参加していますね。Breakcore の要素を楽曲に取り入れる意図があったのでしょうか?

【REMI】: 特にどんな影響を受けているのかはわからないんだけど、勿論、とても楽しい試みだったね!Igorrr が大好きだし、彼と仕事が出来たのは栄誉なことだよ。

Q8: So, you are one of the originator of Electronica / EDM meets Modern Metal / Djent. Do you think this genre will become more popular in the near future? Are there any artists you are sympathy with?

【REMI】: I don’t know if this is gonna be more or less popular. I don’t think about that, I just create my own style of music and I like being unique. I know that a lot of people are influenced by what I do to create their own brand of blipblip-core (that’s how it’s actually called), and that’s the best reward I could ask for.

Q8: あなたは エレクトロニカ/EDM と モダンメタル/Djent を融合したオリジネーターの1人です。このジャンルは将来的により人気を得ると思いますか?

【REMI】: 人気になるか、その逆かは分からないよ。正直、あまり気にしていないんだ。僕は自分のスタイルで作り続けるだけだし、ユニークな存在でいるのが好きなんだよ。多くの人が僕のスタイルに影響を受けて所謂、BlipBlip-Core なるジャンルを作っているのは知っているよ。そしてそれは最高の報酬だと言えるね。

1965062_10203695279363538_1017411771295319350_n

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED REMI’S LIFE!!

THE DILLINGER ESCAPE PLAN “MISS MACHINE”

Dillinger_Escape_Plan_'Miss_Machine'_album_cover

DAFT PUNK “DISCOVERY”

17668

STREET FIGHTER Ⅱ”O.S.T.”

av00421

JUSTICE “CROSS”

Justice_-_Cross_(2007)

APHEX TWIN “DRUKQS”

Aphex-Twin-Drukqs2

【MESSAGE FOR JAPAN】

10615376_10206570878571721_4224003257625832862_n

Thank you! Katajikenai!

ありがとう、かたじけない!!

REMI GALLEGO

THE ALGORITHM Facebook Page
THE ALGORITHM Official Site

The Algorithm

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です