NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【FREEDOM CALL : M.E.T.A.L.】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHRIS BAY OF FREEDOM CALL !!

“We Just Used The Word “Metal“ For This Common Threat. In This Moment We Got This Vision. If All People Around The World Would Be Metal Fans…We Would Have Peace On Earth!”

DISC REVIEW “M.E.T.A.L.”

「今日の世界において全ての元凶の一つは、全員が共通の価値観やバランスの上で生きていないことなんだ。異なる興味、宗教間の行き違い、そして政治家は金の亡者さ。だから僕たちは “メタル” という言葉を共通点に提案したんだ。もし世界中全ての人たちがメタルファンだったら…きっと世界に平和をもたらすことができるはずさ。」
白砂糖に蜜を敷きつめたウルトラブライトなメロディー、劇画的王道ファンタジーな世界観、そしてディフォルメを加えたユーモアの精神。FREEDOM CALL は自らが掲げる “ハッピーメタル” のクルセイダーとして20年ものキャリアを積み上げてきました。
十字軍の魔法は、マスターマインド Chris Bay の演奏者、メロディーメイカー、そしてプロデューサーとしての卓越した能力を三叉撃として発動しています。
例えば SAXON 中期の快作 “Metalhead” のキーボードを聴けば Chris のマルチな才能と音算能力が伝わるはずです。さらに、根からはオールドスクールを、葉脈からはコンテンポラリーを吸収したポップの大樹 “Chasing the Sun” で花開いた光の音の葉は、メロディーの騎士に相応しい壮麗と華美を誇っていたのですから。
「”車輪の再発明” を行うつもりはないんだよ。音楽において最も重要な部分は、リスナーを心地よくすることなんだから。例え1人でも FREEDOM CALL の楽曲を聴いて幸せになってくれる人がいるなら、僕は完全に満足なんだ。」
ポジティブに振り切れたハッピーメタルの真髄は全てがこの言葉に集約しています。メタルをただキャッチーの極みへと誘う Chris の大願は、そうして10枚目の記念碑 “M.E.T.A.L.” で完璧に実現へ至ることとなりました。
メタルの数字である “666” を敢えて避け、エンジェルナンバー “111” をタイトルへと掲げたメタルとゴスペルの白き調和 “111 – The Number of the Angels” で FREEDOM CALL はリスナーを “ハッピーメタル” の領域へと巧みに誘い込みます。
記念碑としてリアルなメタルアルバムを目指した作品において、タイトルトラック “M.E.T.A.L.” はまさにメタルの予想可能性、完成された様式を現代的に具現化した楽曲でしょう。Brian May の遺伝子を引き継いだギターの魔法はクラッシックな隠し味。実際、「新曲を全部シンガロングするのが聴きたいね。」 という Chris の言葉は伊達ではありません。一聴しただけで全て口ずさみたくなるほど、”M.E.T.A.L.” の “11” 曲は突き抜けてキャッチー&ハッピーです。
ただし、人生を変えたアルバムに ELP, SUPERTRAMP が含まれていることからも、楽曲の豊富なバラエティーやフックが他の平面的なメタルレコードとは異なることが伝わるはずです。「ただメタルを書いて生み出し続ける “メタルマシーン” みたいにはなりたくないからね。」 “Sail Away” を筆頭に、キーボードやシンセサイザーのエフェクトが醸し出す音の風景も時に神々しい奇跡、無類のドラマを演出します。
そして何より、ソロアルバムの影響は絶大でした。”The Ace of the Unicorn” などは特に顕著ですが、「おそらく、両方の感覚があるんだろうな。僕は間違いなくオールドスクールなソングライターなんだけど、同時にモダンな音楽にも合わせていこうとしているからね。」 の言葉が示す通り、メンバーの変遷と共に再生を果たした FREEDOM CALL のポップセンスはモダンにアップデートされていて、典型的なロック/メタルのイヤーキャンディーにメインストリームの計算された洗練を巧みに練り込んでいるのです。
もちろん、FREEDOM CALL に宿る “光” の正体とは、”Keeper” を継ぐ者の使命であるメジャーキー、メジャーコードの完璧なる支配でしょう。陽光と哀愁のコントラストこそドイツの誇り。ダーク&シンフォニックに統一された前作 “Master of Light” はむしろ異端でした。しかしそれ以上にコンテンポラリーな音の葉までも抱きしめるポジティブなスピリットこそが核心なのかもしれませんね。
それにしても、FREEDOM CALL 然り、MAJESTICA 然り、FROZEN CROWN 然り、GLORYHAMMER 然り、TWILIGHT FORCE 然り、今年は推進力と旋律の二重奏が革命的なメロディックパワーメタルの快作が多数降臨していますね。
今回弊誌では、Chris Bay にインタビューを行うことが出来ました。「僕たちは “ハッピーメタル” の十字軍で、自らが光の…マスターなんだから。」どうぞ!!

FREEDOM CALL “M.E.T.A.L.” : 9.9/10

INTERVIEW WITH CHRIS BAY

Q1: First of all, how was your first-ever Japan show in 2017? Did you like our country?

【CHRIS】: Our trip to Japan was one of our most exciting tour activities ever. Many years in advance we were already talking about and waiting for such an opportunity to play shows in Japan.
Finally the dream came true and we were overwhelmed about the hospitality, the incredible support and enthusiams of the Japanese metal heads.
But finally we didn’t only enjoy and appreciate the shows in Tokyo and Osaka, we also used our time for a short but intense day trip in Tokyo.
Hopefully we can come over to Japan soon, to introduce our new album „M.E.T.A.L.“.

Q1: まずは2017年に行われた初来日公演の感想から聞かせていただけますか?日本は気に入りましたか?

【CHRIS】: 日本への旅は、僕たちにとってこれまでで最もエキサイティングなツアーとなったね。あの公演の何年も前から日本行きの話はしていたし、ああいったライブの機会を待っていたんだよ。
遂に夢が叶ったって感じだったね。それに日本で受けた歓迎、素晴らしいサポート、そして熱狂的なメタルヘッズには圧倒されたよ。東京と大阪でのショウを楽しんだだけじゃなく、東京で短いけど濃密な観光も行うことが出来たんだ。
叶うなら、また日本にすぐ戻りたいよ。僕たちの新作 “M.E.T.A.L.” を紹介するためにね。

Q2: After Japan show, you released also first-ever solo record “Chasing the Sun”. I really love the album, and I feel it showed your positive and pop aspect strongly, right? What made you create less-metal record?

【CHRIS】: Thanks a lot, great that you like it. I’m constantly working on different styled song material. I don’t want to feel like a „metal machine“, which is only producing and writing metal music. I’m an artist with different facettes…my personal reason to become an artist was, that I want to feel free in all concernings.
I grew up with the music of the 80’s/90’s and could collect my inspiration to make music.
After producing a Freedom Call album, I’m researching for new energy and creative ideas. That’s possible to me while writing on different styled music, like my solo album.

Q2: 日本でのショウの後、あなたは初のソロアルバム “Chasing the Sun” をリリースしましたね?
実にポジティブでポップな素晴らしいレコードでしたが、なぜメタルから距離を置いた作品を制作したのでしょう?

【CHRIS】: ありがとう、気に入ってくれて嬉しいよ。僕は異なるスタイルのマテリアルを常に作り続けているんだ。ただメタルを書いて生み出し続ける “メタルマシーン” みたいにはなりたくないからね。僕は異なる顔を持ったアーティストなんだ。アーティストになった理由も、全ての束縛から自由になりたかったからだからね。
僕は80/90年代の音楽を聴いて育ったんだ。そこで音楽を創造するインスピレーションを養ったんだよ。
FREEDOM CALL のアルバムを制作した後、僕は新たなエナジーとクリエイティブなアイデアを再度探していたね。僕はソロアルバムみたいに、異なるスタイルの音楽を書くことが可能なんだ。

Q3: So, Chris, I think you are one of the greatest melody maker in the metal world. It’s sometimes old school, but sometimes really modern. Are you interested in mainstream music and recent music scene?

【CHRIS】: Thanks for the amazing compliment. Probably it’s both of them. I’m definitely an old school songwriter, but I’m also trying to keep up with the modern time.
Because of working almost day by day in my studio, it’s quite difficult to find enough time to listen to music beside my projects. The downside of being a professional musician and producer is, that you’re loosing the ability just to enjoy to listen to music. When music is playing I’m immediately starting to analyse and check the musical and technical issues.
The melodies and songs I’m writing, are just flowing out of me. I do not plan or calculate a concept of song & sound before. I’m just letting my heart and passion talk.

Q3: あなたはメタル世界で最も偉大なメロディーメイカーの一人だと思いますよ。
もちろん、基本はオールドスクールですが、最近ではモダンな感覚を感じさせる時もありますよね?

【CHRIS】: 素晴らしい賛辞をありがとう。おそらく、両方の感覚があるんだろうな。僕は間違いなくオールドスクールなソングライターなんだけど、同時にモダンな音楽にも合わせていこうとしているからね。
ただ、ほとんど毎日スタジオで過ごしていると、自分のプロジェクト以外の音楽をチェックする充分な時間がなかなか取れないんだ。プロのミュージシャンやプロデューサーになることの欠点は、単純に音楽を楽しむという能力を失ってしまうことだろうな。音楽がかかると、僕はすぐに音楽的なことやテクニカルなことの分析を始めてしまうからね。
僕の書いているメロディーや楽曲は、ただ自分の中から流れ出てくるものなんだ。楽曲やサウンドのコンセプトを予め計画したり計算したりはしないんだよ。ただ心と情熱に語らせるのさ。

Q4: Actually, “Metal is for Everyone” becomes one of the biggest metal anthem in Japan! You know, It has very Metal-admiring lyric. How did you come up with that idea?

【CHRIS】: Great to hear, that the metal fans in Japan are liking this song. There is a quite simple vision in behind. One reason of all trouble in our world today is, that all people are not living in common and balance. The interests are different, the religions are misunderstood and politics saying, that just money is talking.
We released our video clip „Metal is for everyone“ in 2017. We invited via social media like Facebook, Instagram and more, many people around the world to be part of the videoclip. The reaction was incredible and you see many of our fans from all around the world full of happiness and joy.
We just used the word „Metal“ for this common threat. In this moment we got this vision. If all people around the world would be metal fans…we would have Peace on Earth!

Q4: 前作に収録されていた “Metal is for Everyone” はここ日本でとても有名なメタルアンセムになりました。非常にメタルを賛美したような内容でしたよね?

【CHRIS】: 日本のメタルファンが気に入ってくれて嬉しいよ。あの曲は非常にシンプルなビジョンで作ったんだ。
今日の世界において全ての元凶の一つは、全員が共通の価値観やバランスの上で生きていないことなんだ。異なる興味、宗教間の行き違い、そして政治家は金の亡者さ。
“Metal is for Everyone” のビデオクリップを公開したのが2017年だったね。僕たちは Facebook や Instagram といった SNS を通じて、世界中沢山の人たちにビデオへと参加してもらったんだ。反響は驚異的だったね。世界中の僕たちのファンが幸せと喜びに満ちていることが伝わるだろ?
だから僕たちは “メタル” という言葉を共通点に提案したんだ。もし世界中全ての人たちがメタルファンだったら…きっと世界に平和をもたらすことができるはずさ。

Q5: OK, let’s talk about your incredible new record! It seems the spirit of title track “M.E.T.A.L.” is kind of a successor of “Metal is for Everyone”. But what made you choose that magical word “M.E.T.A.L” for the album title?

【CHRIS】: He, he, many persons were asking for a special meaning or about a shortcut of the word M.E.T.A.L.
Nothing of both, it’s just written on it, what’s in it.
We’re celebration this year our 20 years anniversary of Freedom Call and it’s the 10th studio album…so we decided to write this time a REAL Metal album.
But anyways…we are really working hard on our music and we’re taking our productions absolute serious. But we don’t take ourselves too serious. Freedom Call got the nickname of a magazine from US, „The happiest metal band in the world“…eventually we have to manifest it again and again.

Q5: では最新作 “M.E.T.A.L.” について話しましょう。タイトルトラック “M.E.T.A.L.” はまさに “Metal is for Everyone” のスピリットを引き継いでいるように思えます。マジカルな言葉をタイトルに選びましたね?

【CHRIS】: はは、沢山の人が “M.E.T.A.L.” に込められた特別な意味や、何かの頭文字なのか聞いてきたよ。どちらも違うね。書かれたままの言葉さ。
今年は僕たち FREEDOM CALL 結成20周年のアニバーサリーで、なおかつ記念すべき10枚目のアルバムとなったね。だから今回は、”リアル” なメタルアルバムを書こうと決めたんだ。
だけど…そうだね、僕たちは音楽に対して真剣に全力で取り組んでいるし、作品だってとてもシリアスなものだよ。ただ、自分たちのことを必要以上にシリアスに捉えてはいないんだ。アメリカの雑誌では、”世界一ハッピーなメタルバンド” の称号を得たんだよ。

Q6: Generally, “666” is the number of the beast, and the number of the metal. But you choose “111”, the number of the angels. I feel it have to do with “M.E.T.A.L” is more positive and melodic album than your past works. Do you agree that?

【CHRIS】: Exactly, we, as Happy Metal band we may use a song name „111 – The Number of the Angels“
But this title is a very special and personal song to me. Since years, combinations around the number „1“ are appearing many times to me. If it’s the traffic sign on a freeway, which is announcing the time 11:11 o clock, it’s the hotelroom number „111“ I got allocated…
First time some persons around me were bit scared because of this „magic“.
But after recognizing, that in the esothericm, the number one means „light“ and the combination „111“ – the number of the angels, I’m feeling in a good company and well protected in life.

Q6: 一般的に、”666″ こそが “Number of the Beast” でメタルの数字です。ただ、あなたたちがオープナーで選んだのは “111” のエンジェルナンバーでした。このあたりにも、ハッピーでポジティブなバンドの姿勢が伺えますね?
特に “M.E.T.A.L.” は実にポジティブなアルバムです。

【CHRIS】: まさにね!僕たちはハッピーメタルバンドとして “111 – The Number of the Angels” を楽曲のタイトルにしたんだ。
ただ、このタイトルは僕にとってとても特別でパーソナルなものなんだ。何年か前から数字の “1” の組み合わせが何度も僕の前に現れていてね。例えば高速道路の標識とか、時計が11:11を指していたり、ホテルの部屋が “111” 号室だったりとかね。
最初、僕の周りの人たちはこの “魔法” にちょっと怯えていたんだ。だけど秘伝の中で、”1″ は光を意味し、”111″ が天使の数字だと分かった後は、僕には良い守護者がいて、人生が守られているように感じるんだよ。

Q7: It seems “Ronin” is Japanese Samurai word, right? Is there any conceptual story in “M.E.T.A.L” record?

【CHRIS】: Yes, that is the main topic of this song. This song is written by our guitarist Lars Rettkowitz. He is a big fan of your country Japan and it’s culture, mythology and history.
A Ronin is a fighter and warrior without a master…it’s quite similar what Freedom Call is…we’re crusading for Happy Metal and we’re our own masters…of light.

Q7: “Ronin” は日本語の “浪人” を意味していますよね?

【CHRIS】: うん、それが楽曲のメイントピックなんだよ。この曲はギタリストの Lars Rettkowitz が書いたんだ。彼は君たちの国、日本とその文化、神話、歴史の大ファンだからね。
浪人は主人を持たない闘士で戦士だよね…その状況は FREEDOM CALL ととても似ているんだよ。僕たちは “ハッピーメタル” の十字軍で、自らが光の…マスターなんだから。

Q8: When I first knew you was Moon’Doc. So, I think you are second generation of German metal, right? What’s first generation like Helloween, Gamma Ray, Heaven’s Gate and Running Wild to you?

【CHRIS】: Yes, that was my first time I have been in Japan in 1996. Toghether with Herman Frank, the former and guitarist of Moon Doc. Also my friends and fellows of Heaven’s Gate were in company.
It’s an all time discussion…how was first. Of course, band like Helloween were interpreting the typical German melocic metal, but you also could find elements in their music of bands they were before, like Deep Purple, Black Sabbath or even the Beatles.
We won’t invent the wheel twice. The most important part of music is, that it’s making the people feeling better. if I can make a single person happy while listening a song of Freedom Call, I’m totally satisfied.

Q8: あなたを初めて知ったのは MOON’ DOC でした。ジャーマンメタルの第2世代と言える時期のバンドでしたよね?
あなたにとって、HELLOWEEN, GAMMA RAY, HEAVEN’S GATE, RUNNING WILD といった第1世代のバンドはどんな存在なんでしょうか?

【CHRIS】: そうだね、あのバンドで初めて日本に行ったんだ。1996年、ギタリスト Herman Frank と一緒だったね。良い友人たちである HEAVEN’S GATE もね。
誰が最初かっていうのはいつも議論される話題だよ。もちろん、HELLOWEEN みたいなバンドは典型的なジャーマンメロディックメタルの先駆者だと解釈されているよね。だけど、よくよく彼らの音楽に耳を傾ければ、その中に DEEP PURPLE, BLACK SABBATH, それに THE BEATLES でさえ発見することが出来るんだ。
僕たちは “車輪の再発明” を行うつもりはないんだよ。音楽において最も重要な部分は、リスナーを心地よくすることなんだから。例え1人でも FREEDOM CALL の楽曲を聴いて幸せになってくれる人がいるなら、僕は完全に満足なんだ。

Q9: So. Hip Hop and electronic music conquer the music chart now. Do you think “M.E.T.A.L.” makes metal No.1 again?

【CHRIS】: An entry into the charts is an appreciation for the record label’s work and for the band’s status. But it’s definitely no predicate for the quality of music.
I’m much more interested about the reaction of our fans and the result we’ll see on tour.
We are playing many concerts this and next year, then we can enjoy the reaction of the fans face-to-face.

Q9: 現在、Hip hop, エレクトロニカが世界を席巻しています。”M.E.T.A.L.” は再度メタルをNo.1に返り咲かせることが出来ますか?

【CHRIS】: チャートに入ることはレコードレーベルの働きと、バンドのステータスに対する評価にはなるね。だけど、間違いなく音楽のクオリティーを評価する基準にはならないんだよ。それよりも、僕はファンのリアクションやツアーの結果の方が気になるね。
今年そして来年、僕たちは沢山のコンサートを行うよ。そこでファンの顔を直接見ながら反応を楽しむことが出来るんだからね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED CHRIS’S LIFE

THE BEATLES “1962-1966” “1967-1970”

EMERSON LAKE & PALMER “PICTURES AT AN EXHIBITION”

DEEP PURPLE “MACHINE HEAD”

SUPERTRAMP “FAMOUS LAST WORDS”

SAXON “THE EAGLE HAS LANDED”

MESSAGE FOR JAPAN

Hey metal heads in Japan, we are more than happy, that our new album „M.E.T.A.L.“ already appeared in Japan.
We are wishing you lots of fun while listening to our new songs.
And next time we’re coming over to play live in Japan, we wanna hear you sing along all new songs.
We are already looking forward to meet our Japanese friends and fans soon.

やあ、日本のメタルヘッズたち!最新作 “M.E.T.A.L.” が日本でも発売されてとても嬉しいよ!新曲を聴いて沢山楽しんで欲しいな。
次に日本に行くときは、新曲を全部シンガロングするのが聴きたいね。日本の友人やファンに会うのを楽しみにしているよ。

CHRIS BAY

FREEDOM CALL Facebook Page
FREEDOM CALL Official Site
STEAMHAMMER Facebook Page
日本盤のご購入はこちら。AVALON online

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です