カテゴリー別アーカイブ: JAPANESE VIDEO PREMIER

FULL ALBUM STREAM: “INVICTUS” 【GEORGE KOLLIAS (NILE)】


WORLD PREMIERE: FULL ALBUM STREAM !! “INVICTUS” OF GEORGE KOLLIAS (NILE)

WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “SHALL RISE / SHALL BE DEAD” OF GEORGE KOLLIAS (NILE) !!

INCREDIBLE DRUMMER, GEORGE KOLLIAS OF NILE SET TO RELEASE HIS FIRST SOLO ALBUM “INVICTUS” ON 5/19 !!

gk10262191_885563144793283_8246201604798632486_n

中近東、エジプトやメソポタミアの文化、音楽に大いに影響を受けた壮大にして激烈な US 産テクニカル・デスメタルバンド NILE。傑作 “ANNIHILATION OF THE WICKED” からバンドに参加しその座を守り続けているアメージングなギリシャ人ドラマー、 GEORGE KOLLIAS が初のソロアルバム “INVICTUS” を 5/19 にリリースします。GENE HOGLAN, DAVE LOMBARDO から VINNIE COLAIUTA, DAVE WECKL まで幅広く影響を受けた凄まじいドラミングは勿論、驚く事に、ドラムだけにとどまらずなんと全ての楽器を GEORGE がプレイしているとの事。ゲストには勿論 NILE のメンバー、加えて同郷の ROTTING CHRIST, FIREWIND のメンバーも参加しているそうです。今回弊誌ではアルバムからのファーストシングル “SHALL RISE / SHALL BE DEAD” を世界初公開!!もう一度言いますが、とても一人で全ての楽器をプレイしているとは思えない NILE も真っ青のテクニック、クオリティー、そしてブルータルさ。これはアルバムも大いに期待できますね。

gk10151804_898235083526089_6869285545478817038_n

【ABOUT “SHALL RISE / SHALL BE DEAD”】

“Shall Rise/Shall Be Dead is a fast song at the 260bpm range. It is not to easy, but a lot of fun to play and one of my favourites from my album. I really like that tempo range, which I always thought fits my drumming style well, but I also love the aggression that comes out of this song. It is not just the drumming that does it, but the riffs… the vocals…. or all as one. The percussion is really important for ‘Shall Rise’ and the rest of album as well. I spent plenty of time to find exactly what fits each composition. For this song, I went with big war drums to make it as epic as possible! I am very happy how this song turned out exactly how I envisioned it while writing. Yet having George Emmanuel from Rotting Christ adding a guitar solo made this one of my personal highlights. George nailed it!”

“SHALL RISE / SHALL BE DEAD” は 260bpm の速い曲だ。簡単ではないけど、演奏していてとても楽しいしアルバムで大好きな曲の一つだよ。僕のドラムスタイルにとても合っているからこのテンポが好きなんだけど、同時にこの曲が発するアグレッションも大好きだね。ドラムだけじゃなくてリフもボーカルも全てが一体となってね。パーカッションはこの曲だけじゃなくてアルバムの他の曲でも同じように重要だよ。多くの時間をその選定に費やしたね。この曲では出来るだけエピカルになるよう BIG WAR DRUMS を使用したよ。この曲がまさに心に描いたとおりに仕上がってとても嬉しいよ。ROTTING CHRIST の GEORGE EMMANUEL がギターソロを弾いてくれたんだ。個人的なハイライトだったね。 GEORGE は最高さ!

GEORGE KOLLIAS

Tracklisting
01. Echoes of Divinity
02. Invictus
03. The Passage
04. Aeons of Burning Galaxies
05. Shall Rise/Shall Be Dead
06. Voices
07. Treasures of Nemesis
08. Apocalypse
09. Epitaph
10. Through Empty Eyes of Light
11. Buried under the Flames
Bonus Tracks
12. Aeons of Burning Galaxies (R.Cooley Shred Version)
13. Voices (E. Karadimas Vox Version)
14. Epitaph (Drum Track)
15. Apocalypse (A. Trapalis Violin Version)
Line-up
George Kollias: all instruments


www.facebook.com/georgekolliasofficial

www.facebook.com/seasonofmistofficial

http://smarturl.it/KolliasShop
mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ PUSH LIKE! ON OUR FB PAGE!!

 

JAPAN PREMIERE: “DEPARTURE” + “HUMANISE / TALES EP REVIEW” 【CYCLAMEN】


JAPAN PREMIERE: NEW SONG !! “DEPARTURE (FT. YUURI)” OF CYCLAMEN !!

JAPANESE PROG METAL BUDDHA, CYCLAMEN SET TO RELEASE THEIR NEWEST DOUBLE EPs “HUMANISE / TALES” ON 5/27 !!

cy10489728_10153361617625809_663539600113799182_n

【PRE-REVIEW “HUMANISE/TALES EP”】

昨年はあの UK の伝説 SIKTH を招聘、共演し、今年は US PROG METAL の祖 CYNIC の招聘、共演及び UK-TECH FEST への出演も決定し乗りに乗っている JAPANESE PROG METAL BUDDHA, CYCLAMEN。常に攻め続ける彼らの新作はダブル EP !! 5/27 リリース、 HUMANISE / TALES と名づけられた CYCLAMEN の新たな挑戦はそのタイトルが重要なキーになっています。

cy10403645_10153315077915809_6309668854588472518_n (1)

“HUMANISE”

“Humanise”は極限までデジタルに頼らず、ボーカル、ギター、ベースは1テイク録り、必要最小限の編集(グルーブやピッチ調整などは一切施していない)で細作され、全楽器をマイクだけでレコーディングしました。ドラムはTravis Orbin (Darkest Hour)が担当、サンプルやトリガーは一切使わず, ギターもマイクを使いアンプを通して録音しました。ソフトウェアの楽器はEPを通して一切使われていません。
Cyclamenの音を極限にまでありのままにレコーディングし、一切飾らずに表現したEPとなります。

“TALES”

“Tales”は最小限の機材を使い、ラップトップケースに収まるほどのコンパクトなセットアップで、特に特別な環境も使わず「誰の自宅でも作れる環境」をテーマにデジタルプロセッサーの力を最大に発揮した作品となっています。「Departure」ではOutside the ComaのYuuriもゲストボーカルで参加。
この2つのEPを合わせて出すことにより、同じバンドでありながらも両極端なプロダクションでどれほどの差が出るかを体験していただき、「良いプロダクション」への答えはひとつではないことを感じて欲しい、という願いからできたリリースです。

なるほど。確かに画期的です。そしてここまでレコーディングの舞台裏を顕にしてくれるバンドが他にいるでしょうか?誰もが興味のある事ではないかも知れません。しかしダイハードで細部まで拘る彼らのファンには非常に嬉しい試みだと思います。”TALES EP” には完全な新曲が3曲、”HUMANISE EP” には 2nd アルバム “ASURA” からの再録が4曲収録されています。まずプロダクション以前に記しておきたいのが “TALES EP” に収録された新曲3曲の素晴らしさです。御伽シリーズ、蜘蛛の糸をモチーフにしたという “THREAD” 。そのヴァースは垂らされた一本の糸を伝うというよりはまるで蜘蛛の巣迷宮。拍子をとるだけで一苦労、プログレッシブな CYCLAMEN ワールドがのっけから全開です。コーラスで突然視界は開け光が差し込みます。この対比はまさに芥川。複雑さと明快さ。プログレとエモ。真面目とおちんちん。CYCLAMEN にはいつだって不思議なパラドックスが存在します。そしてそれこそが彼らの魅力の一つなのです。同時にバンドの創立者である今西氏の音楽に対する造詣の深さも重要なファクター。彼のポストロック好きは有名で6月にはあの THIS WILL DESTROY YOU の招聘も決定していますが、TALES EP の2曲目、”PRECIOUS” はそのポストロック愛が存分に炸裂しています。緩やかなタッピングにトレモロ、アトモスフェリックなボーカルといったポストロックの王道的タスクをあくまで CYCLAMEN 流に料理していて実に見事です。こういった曲を CYCLAMEN として発表するのは久しぶりとの事ですよ。生じた多幸感を切り裂くように、凄まじくカオティックなリフで “DEPARTURE” は幕を開けます。 SIKTH の MIKEE と OUTSIDE THE COMA というバンドをやっている女性ボーカル YUURI さんと今西氏のデュエットが秀逸。スラップ、タッピング、そして”語り”といったまさに CYCLAMEN の要素が詰まった充実の1曲に仕上がっています。よくもまあ最小限の機材だけでこれだけのものを製作出来たなあと驚くばかりです。対して極力デジタルを廃しアナログに拘った再録の HUMANISE EP。まずは何と言っても名手 TRAVIS ORVIN のドラミングに惹きつけられます。彼の若干突っ込み気味なリズム、繊細で鮮やかなフィルインに引っ張られるようにして一体となり突き進む CYCLAMEN の演奏には鬼気迫るものがあり、ライブの迫力をそのまま伝えるようなプロダクションは素晴らしいの一言でした。「3rdアルバムは必ず素晴らしいものにします。期待してください!!」これだけのものを提示した後に発した今西氏の言葉からはさらなる高みへ突き進む CYCLAMEN の姿しか見えませんね。もし未聴の方はCYNIC のライブ、5/27発売のEPs, 過去の作品たち。入り口は何でも良いと思います。ぜひ一度彼らの音楽に触れてみてください!!

cy10461660_10153256362555809_6949194598088912908_n

cy521991_10151655502125809_348730561_n

CYCLAMEN FACEBOOK PAGE
CYCLAMEN TUMBLR
mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ FOLLOW US ON FACEBOOK PAGE!!

WORLD PREMIERE: “THE PRICE” 【LEPROUS】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “THE PRICE” OF LEPROUS !! 

SPLENDID NORWEGIAN MODERN PROG BAND LEPROUS SET TO RELEASE THEIR NEWEST STUDIO ALBUM “THE CONGREGATION” ON 5/25 !!

le11082510_10153451272085101_2905768635573332151_n

IHSAHN との共演などという枕詞はもはや不要、ノルウェーの唯一無二、現代最高のプログメタルバンド LEPROUS が 5/21 に新作 “THE CONGREGATION” をリリースします。今回公開するのはアルバムからのファーストPV, THE PRICE”。傑作 “COAL” の路線を引き継ぎながらもエレクトロニカな雰囲気も感じられ、何よりやはり彼らの持ち味であるメロディーが素晴らしく、アルバムが楽しみでしかたがないですね。MIX は勿論 JENS BOGREN !!

le551513_10153366547910101_7687800095956348766_n

“The Price was the obvious choice for us to make a video of. It’s straight to the point, technical, focused, catchy and shows a new side of LEPROUS.
We’re very happy to be working with Twitchy Films also this time, and they’ve done a impeccable job creating an atmospheric and artistic video clip.”

“THE PRICE” はまさにPVにふさわしい曲だと思ったよ。テクニカルでキャッチーで同時に LEPROUS の新しい面も見せているよね!!
1. The Price
2. Third Law
3. Rewind
4. The Flood
5. Triumphant
6. Within My Fence
7. Red
8. Slave
9. Moon
10. Down
11. Lower
LEPROUS line-up 2015: 
Einar Solberg – Lead Vocal, Keys
Tor Oddmund Suhrke – Guitars
Øystein Landsverk – Guitars
Baard Kolstad – Drums
LEPROUS online: 
www.leprous.net/mobile (mobile website)

WORLD PREMIERE: “MEMORY PALACE” 【BETWEEN THE BURIED AND ME】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “MEMORY PALACE” OF BETWEEN THE BURIED AND ME !!

YOU CAN LISTEN TO “MEMORY PALACE” HERE !!

BETWEEN THE BURIED AND ME SET TO RELEASE THEIR NEW ALBUM “COMA ECLIPSE” ON 7/7 !!

bt11069505_10153229130763189_2401918551815635346_n

I wouldn’t say it’s a new sound, but it’s not as heavy and it’s weirder at times. More grown-up. I think it’s the biggest stylistic change for us since the period from [2005’s] ‘Alaska’ to [2007’s] ‘Colors.’

新しいサウンドだなんて言いたくはないんだけど、新作はあまりヘヴィーじゃないし時に奇妙な感じだ。成長したというのかな。ALASKA から COLORS の時くらい大きくスタイリスティックな変化だよ。

bt19621_10153254284613189_2078252702338053100_n

“Once again, the band has returned with an ambitious concept album. This time, the story follows the wanderings of an unidentified man, stuck in a coma, as he journeys through his past lives. Each song is its own episode in a modern day, sort of The Twilight Zone-esque fashion. The unidentified man enters each world and is offered a choice: stay, or move on to the next in search of something better, something more “perfect.”

もう一度、バンドは野心的なコンセプトアルバムに戻ってきたよ。今回、物語はこん睡状態に陥っている身元不明の男が彷徨う話だよ。彼は過去の人生を旅するんだ。どの楽曲も現代的な独自のエピソードを持っているんだ。トワイライトゾーン風のファッション感でね。身元不明の男はそれぞれの世界に入って選択を迫られる。留まるか、次の世界に進むか・・・より良い何か、より完璧な何かを求めて・・・

TOMMY ROGERS

bt11081475_10153272104928189_4248357050653243866_n

http://www.betweentheburiedandme.com/
http://www.youtube.com/btbamofficial

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

WORLD PREMIERE: “SOROR IRRMATOR” 【ANTHRAX】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !!”SOROR IRRMATOR” OF ANTHRAX !!

CARD-CARRYING MEMBER OF THE BIG FOUR, ANTHRAX SET TO RELEASE NEW ALBUM LATER ON THIS YEAR !!

anunnamed

グラミーにノミネートされること5回、METALLICA, MEGADETH, SLAYER, とともに THE BIG FOUR の一角を堅持し続ける THRASH METAL LEGEND, ANTHRAX。JON DONAIS をギタリストに迎えて初の新作の発表を今年の後半に控えて、新曲をコンピレーションに提供、公開しました。”SOROR IRRUMATOR”。前作 “WORSHIP MUSIC” もガッツィーな好作でしたが、同時にジョーイに合っていない曲、曲ごとの出来不出来が存在したのも事実。今回公開された新曲は前作のキラーチューン “FIGHT ‘EM ‘TIL YOU CAN’T ” を超えるような素晴らしいデキ。ジョーイのボーカルも冴え渡っています。アルバムに期待大です!!

an10945376_10153051055740469_5383956859352830682_n (1)

»Worship…« was made up of a lot of different types of songs, some thrashy, some very mid-90s ANTHRAX-sounding, but this new one is really thrashy.”
“WORSHIP MUSIC” はスラッシーだったり、90年代中盤の ANTHRAX ぽかったりと様々なタイプの楽曲を収録していた。新作はただほんとうにスラッシーなんだ。

CHALIE BENANTE

an10891681_10152936151440469_2084448201311536765_n

“The thing about ANTHRAX… we have this heavy, thrashy music and Joey’s powerful and melodic vocals. I love heavy music, but I also love melody, so the challenge is to blend them together so they sound like ANTHRAX, and I think we’ve done a really good job of that, especially on this new record.
I know that there are a lot of expectations out there for this new album, but that doesn’t really affect us because we write the way we write. We’re all from New York, so we love a challenge, and while I’m happy to have people say that ANTHRAX is back and that ‘Worship Music’ was the best album of our career, we raised the bar on this one, I think we have the goods with the new songs, and I’m proud to say that. At the end of the day, all you can do is have it come from the heart, do your best, and hope that people like it. That’s what we did with ‘Worship Music,’ and look what happened.”
結局、ANTHRAX とはヘヴィーでスラッシーな音楽とジョーイのパワフルでメロディックなボーカルなんだ。ヘヴィーな音楽を愛しているけどメロディーも大好きだ。それらをブレンドすると ANTHRAX になるんだ。これまでもよくやっていると思うけど新作では特に良い仕事が出来たよ。新作には大きな期待がかかっているのは知っているけど全く影響はないね。自分たちのやりたいように曲を作るだけさ。僕たちは全員ニューヨーク出身だからチャレンジが好きだ。ANTHRAX が戻ってきた、”WORSHIP MUSIC” は最高傑作だって言われるのは嬉しいね。今回はさらにハードルを上げたよ。素晴らしい新曲があるしそれを誇りに思っている。気に入ってくれたら嬉しいよ。

FRANK BELLO

an10806320_10152896809930469_3768125478141310042_n

“The lyrics I write tend to go along with the way the music sounds, and this new music is very angry, Lots of people said that »Worship Music« was a return to the roots of the band…well, this record is even more so. Unlike »Worship Music,« we wrote this new album with a line-up, with Joey in the band, and that has made all the difference in the world. Joey being a part of the band again, going on five years already, it definitely feels like a unit. Everything that was great about him on ‘Worship’ is there even more on this new record.”
僕が書く歌詞って音楽に沿っているんだけど、今回はとても怒っているね。”WORSHIP MUSIC” はバンドのルーツに戻ったって多くの人に言われたけど、このレコードはもっとかもね。”WORSHIP MUSIC” と違う点は、ジョーイがバンドにいる状態で作曲が出来た事だろうね。それは全然違ったものをもたらしたよ。5年前からジョーイはバンドに加わり今では完全にユニットのように感じる。新作では彼の素晴らしさが惜しみなく披露されているよ。

SCOTT IAN

www.anthrax.com | www.facebook.com/anthrax | www.nuclearblast.de/anthrax

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

WORLD PREMIERE: “CRUSHING THE HUMAN SKULL” 【VOID PARADIGM】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !!”CRUSHING THE HUMAN SKULL” OF VOID PARADIGM !!

FRENCH BLACK METAL SUPER GROUP VOID PARADIGM SET TO RELEASE THEIR 2nd ALBUM EARTH’S DISEASE !!

Band picture

以前 8bit/EDM を取り入れたオーサムなフレンチプロジェクトPRYAPISME を紹介しましたが、彼らのレーベル APATHIA RECORDS からフランスのブラックメタルスーパーグループがセカンドアルバム  “EARTH’S DISEASE” をリリースします。ATARAXIE, SORDIDE の JULIEN PAYAN, 同じく ATARAXIE の JONATHAN THERY, そして PIN UP WENT DOWN の ALEXIS DAMIEN というフレンチブラックの猛者たちが集い発信するサウンドは実にインテリジェンスでヒプノティックでストレンジ。それでいてブラックメタルの持つ”危険なにおい”も存分に発する素晴らしいアルバムです。特にIHSAHN, DEATHSPELL OMEGA, VED BUENS ENDE のファンにオススメです。

vp10947286_716853041756150_9062442861351995882_n

– Void Paradigm’s website: http://www.voidparadigm.com/
– Void Paradigm’s Facebook: https://www.facebook.com/voidparadigm
– Apathia Records’ website: http://www.apathiarecords.com
– Apathia Records’ Facebook: https://www.facebook.com/apathiarecords

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【STEVE HACKETT : WOLFLIGHT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH LEGENDARY MR. STEVE HACKETT !!

sh1601171_10151926426908590_2030473106_n

LEGENDARY ex-GENESIS GUITARIST MR. STEVE HACKETT TALKS ABOUT HIS UPCOMING ALBUM “WOLFLIGHT”, AND MORE !!

NEW SONG !! “THE WHEEL’S TURNING”

GENESIS の黄金期を牽引し、タッピングやスイープといった革新的な奏法をいち早く導入した伝説的ギタリスト STEVE HACKETT。昨今、GENESIS の楽曲をセルフカバーしたアルバム “GENESIS REVISITED 2” が大好評を博したり GENESIS の(ほぼ)オリジナルメンバーを集めたドキュメンタリーが話題をさらったりと GENESIS 関連で騒がしかった STEVE ですが 3/30 に久々のソロアルバム “WOLFLIGHT” をリリースします。先行試聴させて頂いたのですがこれが素晴らしい出来です!!前作 “BEYOND THE SHROUDED HORIZON” では美しいけれどフワッとした楽曲が増えていたのですが今作では若々しいエナジーを取り戻したかのようなダイナミックな楽曲が並びます。彼のワールドミュージック、クラッシックへの傾倒とロック、プログレといったルーツのバランスが素晴らしいですね。今回はなんと STEVE 自身による TRACK BY TRACK 楽曲解説も頂いたので詳しくはそちらをご参照下さい。

“WOLFLIGHT” RATING: 9,5 /10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【STEVE HACKETT : WOLFLIGHT】

WORLD PREMIERE: “SING TO GOD” 【CHARLIE BARNES】


WORLD PREMIERE: DEBUT SONG !! “SING TO GOD” OF CHARLIE BARNES !!

Talented singer & multi-instrumentalist Charlie Barnes, for the release of his forthcoming debut album ‘More Stately Mansions’ on the 11th May 2015

cbunnamed

UK は LEEDS から実に UK らしい素晴らしいアーティストがメジャーデビューします。CHARLIE BARNES。シンガーソングライター/マルチインスト奏者です。5/11 リリースのデビュー作 “MORE STATELY MANSIONS” から珠玉のデビュー曲 “SING TO GOD” をお届けします。OCEANSIZE, MUSE などを想起させるドラマティックで知的な楽曲、若々しい青さを感じさせるポストハードコアなリフワーク、JEFF BUCKLEY, FREDY MERCURY にさえ比肩し得るような見事なボーカル。そして QUEEN, 70年代のポンプロック、TRAVIS あたりから受け継いだ UK ロックの息吹とプライド。スター性、才能ともに抜きん出ています。
 cb10686610_10152393000081915_1650757187485256153_n

 【ABOUT “MORE STATELY MANSIONS”】

 I think this record, ”More Stately Mansions”, makes a much stronger statement than anything I’ve done before. I’ve always dealt in bold brushstrokes, and this set of songs is no exception.  Having said that, this is the first time I’ve felt confident enough to let things be reduced solely to piano and vocal for an entire song.  We were very aware during the recording process that we needed to make this album all about the vocals, the melody and the lyrics; but of course, with somebody like Steve on board, you can rest assured that you won’t go home without some enormous walls of sound to throw your best rock moves to.’
“MORE STATELY MANSIONS” は以前の僕のどの作品よりも強いステートメントを発しているよ。今までも大胆な作品を発表してきたけど今作も例外ではないね。初めて全曲でピアノとボーカルだけに集中できたから十分な自信があるんだ。

CHARLIE BARNES

cba1573047519_2

CHARLIE がDIYで以前リリースしたアルバム。FREE DOWNLOAD なので予習にぜひ!!
CHARLIE BARNES online:
SUPERBALL MUSIC online:

WORLD PREMIERE “DARKNESS” + INTERVIEW 【SPECIAL PROVIDENCE】


EXCLUSIVE: WORLD PREMIERE NEW SONG !! “DARKNESS” AND INTERVIEW WITH MARKO ADAM OF SPECIAL PROVIDENCE !!

“DARKNESS”

This song is maybe the most interesting or delicate one on the new album.
A very deep and emotional piece with a constantly pulsing polyrhytmic groove, which spice it up a bit and makes it hectic.

この曲は新作で最も興味深くデリケートかもしれないね。とても深遠でエモーショナルなパートが永続的なポリリズムのグルーヴに乗っていてそれが楽曲に味付けを加えエキサイティングになっているよ。

sp10301441_10152698519375873_3833719081531855523_n (2)

INCREDIBLE HUNGARIAN FUSION / PROG / METAL BAND SPECIAL PROVIDENCE SET TO RELEASE AWESOME NEW ALBUM ON 3/30 !!

ハンガリーから現れた SPECIAL PROVIDENCE。彼らの音楽を文字で表現するのは並大抵の事ではありません。非常にヘヴィーなパートもあればファンキーだったりジャズ色の濃いフュージョンだったりはたまたプログレな雰囲気も持っていたり。自らを progressivejazzrockmetalturbochill と名乗っているのは伊達ではありませんね。彼らの新作 “THE ESSENCE OF CHANGE” が3/30にリリースされます。個人的に彼らの魅力の一つは近頃聴く事が少なくなった70年代のいかにもフュージョンらしい爽やかで柔らかいメロディーセンスだと思っていたのですが、今作ではそういった良い部分は残しながらも文字通り CHANGE にも挑んでいます。具体的には今までほとんど感じる事のなかった DJENTY なグルーヴを各所で聴く事が出来るのです。さらに強力な武器を一つ得たといったイメージでしょうか。人脈的にも今作は DESTINY POTATO の DAVID MAXIM MICIC がゲスト参加していますし IT DJENTS, CIRCLE PIT といった新しいメディアと共闘している事からも彼らの CHANGE が感じられると思います。そして勿論、MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE も彼らと共闘します。新曲 “DARKNESS” を世界初公開!!加えてバンドの中心人物、ドラマーの MARKO ADAM に世界初で新作についてしっかり語って頂きました。

sp10560319_10152978847655873_334285626699041729_o

続きを読む WORLD PREMIERE “DARKNESS” + INTERVIEW 【SPECIAL PROVIDENCE】

FULL ALBUM STREAM: “A FURROW CUT SHORT” 【DRUDKH】


FULL ALBUM STREAM: “A FURROW CUT SHORT” OF DRUDKH !!

WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “TILL FOREIGN GROUND SHALL COVER EYES” OF DRUDKH !!

 NO PICTURE ! NO INTERVIEW ! UKRAINIAN MYSTERIOUS PAGAN BLACK METAL SET TO RELEASE NEW ALBUM “A FURROW CUT SHORT ” ON 4/20 !!

SUA059-Drudkh-500x500-72dpi-RGB-

 写真、インタビュー、一切 NG !! 秘密結社のようなウクライナの PAGAN BLACK METAL, DRUDKH が4/20に新作 “A FURROW CUT SHORT” をリリースします。ウクライナのエピカルなフォーク音楽を取り入れたメロディックでシネマティックなブラックメタルを指標しています。実はあの ALCEST の NEIGE と合体したプロジェクト OLD SILVER KEY で優れたアルバムをリリースしていたりします。今回もウクライナの詩から発想を得たアルバムになるそうです。
On ‘A Furrow Cut Short’, Roman is heavily drawing inspiration from 20th century Ukrainian poetry once more, which often deal with the bloody struggle of this old country to build a nation from foreign oppression. DRUDKH still refuse any kind of interview or promotion and demand to be understood through their music alone. This album equally represents the blood soaked sound of black despair and full hearted resistance to vile treachery and evil as well as the beauty of landscapes and culture. Listen carefully to hearts breaking.
Tracklist
1. Cursed Sons I
2. Cursed Sons II
3. To the Epoch of Unbowed Poets
4. Embers
5. Dishonour I
6. Dishonour II
7. Till Foreign Ground Shall Cover Eyes
Line-up
Roman Sayenko: guitars
Thurios: guitar, vocals
Krechet: bass
Vlad: drums, keyboards
dra1954356212_2

www.facebook.com/Drudkh.Official

www.facebook.com/seasonofmistofficial

http://shop.season-of-mist.com/predefined-search?id_list=93
mmmB5dvKwaCcAEznJZ

 PLZ PUSH LIKE! ON OUR FB PAGE!! THX!!