WORLD PREMIERE “DARKNESS” + INTERVIEW 【SPECIAL PROVIDENCE】


EXCLUSIVE: WORLD PREMIERE NEW SONG !! “DARKNESS” AND INTERVIEW WITH MARKO ADAM OF SPECIAL PROVIDENCE !!

“DARKNESS”

This song is maybe the most interesting or delicate one on the new album.
A very deep and emotional piece with a constantly pulsing polyrhytmic groove, which spice it up a bit and makes it hectic.

この曲は新作で最も興味深くデリケートかもしれないね。とても深遠でエモーショナルなパートが永続的なポリリズムのグルーヴに乗っていてそれが楽曲に味付けを加えエキサイティングになっているよ。

sp10301441_10152698519375873_3833719081531855523_n (2)

INCREDIBLE HUNGARIAN FUSION / PROG / METAL BAND SPECIAL PROVIDENCE SET TO RELEASE AWESOME NEW ALBUM ON 3/30 !!

ハンガリーから現れた SPECIAL PROVIDENCE。彼らの音楽を文字で表現するのは並大抵の事ではありません。非常にヘヴィーなパートもあればファンキーだったりジャズ色の濃いフュージョンだったりはたまたプログレな雰囲気も持っていたり。自らを progressivejazzrockmetalturbochill と名乗っているのは伊達ではありませんね。彼らの新作 “THE ESSENCE OF CHANGE” が3/30にリリースされます。個人的に彼らの魅力の一つは近頃聴く事が少なくなった70年代のいかにもフュージョンらしい爽やかで柔らかいメロディーセンスだと思っていたのですが、今作ではそういった良い部分は残しながらも文字通り CHANGE にも挑んでいます。具体的には今までほとんど感じる事のなかった DJENTY なグルーヴを各所で聴く事が出来るのです。さらに強力な武器を一つ得たといったイメージでしょうか。人脈的にも今作は DESTINY POTATO の DAVID MAXIM MICIC がゲスト参加していますし IT DJENTS, CIRCLE PIT といった新しいメディアと共闘している事からも彼らの CHANGE が感じられると思います。そして勿論、MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE も彼らと共闘します。新曲 “DARKNESS” を世界初公開!!加えてバンドの中心人物、ドラマーの MARKO ADAM に世界初で新作についてしっかり語って頂きました。

sp10560319_10152978847655873_334285626699041729_o

【ABOUT “ESSENCE OF CHANGE”】

Q1: Your new album “Essence of Change” set to release on 3/30 !! How are you feeling now? What is the new album like?

【MARKO】: To be honest we cant wait the release date. We’ve been working on this material more than a year.
We have never worked so much or have been prepared so hard on an album previously like we were with this material.
Creating ’Essence of Change’ was a blast, we really had an amazingly creative period.
This album is definitely the heaviest and the most progressive one so far. We are really proud of it and cant wait to release it!

Q1: 新作 “ESSENCE OF CHANGE” が 3/30 にリリースされますね。どんな作品になりそうですか?

【MARKO】: 正直言ってリリースが待ちきれないよ。一年以上この作品のために働いて来たんだからね。これほどアルバムのために労力をかけ念入りに準備した事はないね。”ESSENCE OF CHANGE” の製作は楽しかったよ。実にクリエイティブな期間だったね。このアルバムは確実に今までで最もヘヴィーでプログレッシブだよ。本当に誇りに思うし待ちきれないよ!

Q2: So, as far as I listened to, new album has heavy, dark, and djenty feeling more than “Soul Alert”. Is that the reason you named new album as “Essence of Change”?

【MARKO】: Yes, probably more Djent influence could be recognized on few tracks but not in general.
We’ve been listening tons of different musics from jazz to progressive metal but it’s been always like this since we ‘ve started, and it gives us a huge freedom while composing our music.
2014 was probably one of the most memorable years in the band’s life so far with all the mayor changes and new adventures within and around Special Providence. The bandmember change, working on the new material, recording the new album and signing to a new label, these changes just have taught and gave us a lot. We’ve learnt about each other, about relationships, about the life itself and above all to deal with the flow of change which always allowing us to be reborn time after time, to be creative, to take on and fight for new things, to change our beliefs and help us evolve. That’s why the upcoming album is called ESSENCE OF CHANGE.

Q2: 新作は前作 “SOUL ALERT” に比べてよりヘヴィーでダーク、DJENTY な要素も併せ持っていますね。そういった変化が新作を “ESSENCE OF CHANGE” と名づけた理由でしょうか?

【MARKO】: うん、おそらくアルバム全体ではないけどいくつかの曲でより DJENT の影響を感じられるだろうね。僕たちは JAZZ から PROG METAL まで様々な音楽を聴いている訳だけどそれはバンドを始めてからずっとだよ。そうする事でとても自由に作曲する事が出来るんだ。2014年はバンドにとってこれまででおそらく一番記憶に残る年になったと思う。SPECIAL PROVIDENCE を取り巻く状況に大きな変化があったからね。メンバーチェンジ、新作製作、新しいレーベルとの契約、こういった変化は僕たちに多くの事を教えてくれたよ。メンバーについて、お互いの関係、人生そのもの。結局そういった変化を経験する事で時には生まれ変われたり、クリエイティブになれたり、新しい事に向かい合えたり、信条を変えられたり、進化する事が出来たりするんだろう。だから新作を “ESSENCE OF CHANGE” と呼ぶ事にしたんだ。

Q3: Speaking of Djent, David Maxim Micic played in this album. Would you tell us the circumstances of that?

【MARKO】: We have met with David last summer, we’ve been lecturers in a music course in Brno, Czech Republic. We were hanging out together, jamming, talking a lot and we really became great friends moreover on stage we had a blast together, chemistry worked immedately. He is very nice guy!
So, basically we decided to invite him for a solo and he did an amazing job.

Q3: DJENT と言えば、新作には DAVID MAXIM MICIC がゲスト参加していますね。どういった経緯だったのでしょうか。

【MARKO】: DAVID には昨年の夏に会ったんだ。僕たちはチェコの BRNO で音楽コースのレクチャーを受けているんだ。一緒に遊びに出かけたり、ジャムったり、いろいろ話したり。本当に最高の友達になったよ。そしてそれ以上にステージでは最高だったね。ケミストリーが即働いたよ。とてもナイスガイだしね。だから彼を招いてソロを弾いてもらったんだ。最高の仕事をしてくれたね。

sp1391700_10151953675335873_1371136541_n

Q4: Would you tell us the process of composition? Are your songs written in Studio Jamming? Or one of the band member writes songs previously?

【MARKO】: These songs are mostly pre-composed by our keyboardist Kaltenecker Zsolt and guitartist Kertész Márton and than we are putting the ides together and orchestrating them. Its a really great creative process.

Q4: 作曲のプロセスを教えて頂けますか?

【MARKO】: 大抵は、キーボーディストの KALTENCEKER ZSOLT とギタリストの KERTESZ MARTON によって前もって書かれてあるんだ。それから僕たちは一緒にアイデアを出してオーケストレーションする。とてもクリエイティブなプロセスだね。

Q5: Would you tell us your guitar equipment?

【MARKO】: We are using an Axe Fx (Fractal Audio) both in live and studio as well.

Q5: ギターの使用機材を教えて下さい。

【MARKO】: 僕たちは AXE FX をライブでもスタジオでも使用しているよ。

sp1972270_10152682583615873_7377567278434373931_n

Q6: You are from Hungary. How’s the music scene of Hungary? You succeeded in “Soul Alert” and contracted with GEP Records. But generally, it seems so hard even for the good band to spread the word from Central / Eastan European region.

【MARKO】: Actually I think its very hard to break into the business nowadays from everywhere. But with 10 years of work and endless efforts and persistence it seems that we are really getting into the scene, getting lots of feedbacks from all around the world, getting more and more gigs and prestigious events to participate in. “Soul Alert” had brought the breakthrough in 2012 and I’m sure that the new album gonna help us to evolve on this path.
All of us are professionals, well- employed session musicians and representatives/endorsers of worldwide brands.

spa2012181409_2

Q6: あなた達はハンガリー出身です。ハンガリーのシーンはどんな感じでしょう?”SOUL ALERT” が成功を収め GEP レーベルと契約に至りましたが東欧のバンドが成功を収める事は簡単ではないようにみえます。

【MARKO】: 実際、この業界で成功を収めるのはどこにいたってとても難しいね。僕たちも10年間のたゆまぬ努力と忍耐の末やっと本当にシーンに食い込め、世界中からフィードバッグをもらえるようになり、ギグや有名なイベントの誘いも増えてきたんだ。”SOUL ALERT” は 2012 年にブレイクさせてくれたけどこの新作も僕たちをさらに進化させてくれると確信しているよ。僕たちは全員がプロフェッショナルで、人気のセッションミュージシャンでもあり、世界的なブランドとエンドース契約を結んでいるんだよ。

sp10453452_10152728626190873_1882883340878071950_n

Q7: How was live in Japan on 2012? You played with KBB. Do you remember that?

【MARKO】:  It was an amazing and very successful 5 days in 2012. We had a blast, great gigs with Baraka and KBB, met with lot of great people and musicians as well.Honestly, we cant wait to be back in Japan on tour, play and show our new music for the audience there.

Q7: 2012年には KBB と日本でプレイしましたね?

【MARKO】: 素晴らしく大成功の5日間だったね。最高のギグを BARAKA, KGB と行い素晴らしい人やミュージシャンと会ったね。正直日本にツアーで戻るのが待ちきれないんだ。僕たちの新しい音楽を日本のみんなに届けたいね。

【FIVE ALBUMS】

MARCO ADAM’S FIVE ALBUMS THAT CHANGED HIS LIFE !!

DEEP PURPLE “LIVE IN JAPAN”

bfimages

DREAM THEATER “IMAGES AND WORDS”

spダウンロード

PAT METHENY “IMAGINARY DAY”

sp41B7VABKF5L

TRIBAL TECH “ILLIIT”

spTribal_Tech_Illicit_album_cover

KARNIVOOL “SOUND AWAKE”

spSound_awake

【MESSAGE FOR JAPAN】

sp10169173_10152303461430873_3758536547339692452_n

Arigato! 😉 Looking forward to meet with you again great Japanese people!

SPECIAL PROVIDENCE

Follow us here:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です