タグ別アーカイブ: Israel

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NILI BROSH : SPECTRUM】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NILI BROSH !!

“There Are So Many More Professional Women Guitarists Kicking Ass Out There. I’d Rather Think Of It As “Everyone’s Era”, Where Gender, Race, Ethnicity (Or Genre!) Doesn’t Matter…I Hope The Era I Live In Is The One Where The Music Is What Matters.”

DISC REVIEW “SPECTRUM”

「プロフェッショナルの女性ギタリストがどんどん増えてきているわよね。だけどむしろ私は、性別、人種、民族、そしてジャンルでさえ関係ない “みんなの時代” だと思っているのよ…私の生きている時代は、音楽が大事な時代であってほしいわね。」
ある時は Tony MacAlpine の頼れる相棒、ある時は Ethan Brosh の美しき妹、ある時はシルクドソレイユのファイヤーギター、ある時は DETHKLOK の怪物、ある時は IRON MAIDENS のマーレイポジション。
多様性が特別ではなくなった “みんなの時代” において、イスラエルの血をひくギタープリマ Nili Brosh は培った音の百面相をソロキャリアへと集約し、性別、人種、民族、そしてジャンルの壁さえ取り払うのです。
「アルバムのジャンルに関係なく、それが音楽であるならば一つになって機能することを証明したかったのよ。だから文字通りスペクトラム (あいまいな境界を持ちながら連続している現象) というタイトルにしたの。私たちがまったくかけ離れていると思っている音楽でも、実際はいつも何かしら繋がっているのよ。」
地中海のバージンビーチからセーヌの流れ、日本の寺社仏閣、そしてマンハッタンの夜景を1日で堪能することは不可能でしょうが、Nili の “Spectrum” は時間も空間も歪ませてそのすべてを44分に凝縮した音の旅行記です。プログレッシブな音の葉はもちろん、R&B にジャズ、ワールドミュージックにエレクトロニカなダンスまで描き出す Nili のスペクトラムは万華鏡の色彩と超次元を纏います。
特筆すべきは、テクニックのためのインストアルバムが横行する中、”Spectrum” が音楽のためのインストアルバムを貫いている点でしょう。オープナー “Cartagena” から大きな驚きを伴って眼前に広がる南欧のエスニックな風景も、Nili にしてみればキャンパスを完成へ導くための美しき当然の手法。幼少時にクラッシックギターを習得した彼女が奏でれば、鳴り響くスパニッシュギターの情熱も感傷も一層際立ちますね。
“Andalusian Fantasy” では Al Di Meora のファンタジアに匹敵する南欧の熱き風を運んでくれますし、さらにそこからアコーディオン、ジプシーヴァイオリンでたたみ掛けるエスノダンスは Nili にしか作り得ないドラマティック極まる幻想に違いありません。
Larry Carlton のブルージーな表現力とエレクトロニカを抱きしめた “Solace” はアルバムの分岐点。日本音階をスリリングなハードフュージョンに組み込んだ “Retractable Intent”, プログとダンスビートのシネマティックなワルツ “Djentrification” とレコードは、彼女の出自である中東のオリエンタルな響きを織り込みながら幾重にもそのスペクトラムを拡大していきます。
EDM や ヒップホップといったギターミュージックから遠いと思われる場所でさえ、Nili は平等に優しく抱擁します。ただ、その無限に広がる地平は音楽であるという一点でのみ強固に優雅に繋がっているのです。それにしても彼女のシーケンシャルな音の階段には夢がありますね。鬼才 Alex Argento のプログラミングも見事。
今回弊誌では、Nili Brosh にインタビューを行うことができました。「音楽は音楽自身で語るべきだと信じてきたから、私にできることはお手本になって最善の努力をすることだけなの。もし私が女性だからという理由で私と私の音楽を尊重してくれない人がいるとしたら、それはその人の責任よ。」 どうぞ!!

NILI BROSH “SPECTRUM” : 10/10

INTERVIEW WITH NILI BROSH

Q1: First of all, you were born in Israel. From jazz, classical music, to metal, recently Israeli artists are leading the music scene. How does your being born and raised in Israel affect your music?

【NILI】: For me, I think it affected me in the different kinds of music I was exposed to. I grew up pretty connected to American culture, so I had those influences, but I also watched a lot of international movies and TV, and that brought a lot of other genres into my awareness that I wouldn’t have otherwise had.

Q1: あなたはイスラエルの生まれですよね? ジャズからクラッシックにメタルまで、近年イスラエルのアーティストは音楽シーンを牽引しているように思えます。
イスラエルの出自は、あなたの音楽に影響を与えていますか?

【NILI】: 私にとってイスラエルの出自により、様々な種類の音楽に触れられたことが重要だったわね。アメリカの文化に親しんで育ちその影響を受けたのはもちろんだけど、海外の映画やテレビもたくさん見ていたから、他のジャンルの音楽も意識できるようになったのよ。

Q2: It seems you’ve learned classical guitar from a young age, but Extreme and Nuno Bettencourt dragged you into the electric guitar world. What about them has changed your world?

【NILI】: The particular sound of Nuno’s “funky metal” was something that I’d never heard before, and it hit me really hard. It had everything that attracts my ear – catchy melodies, killer funky grooves, heavy riffs, crazy solos…it was a combination of a bunch of things I liked but never heard exactly put together that way before.

Q2: 幼少時にはクラッシックギターを学びながら、EXTREME と Nuno Bettencourt を聴いてエレクトリックギターに目覚めたそうですね?

【NILI】: Nuno のあの特別なサウンド、”ファンキーメタル” はそれまで全く聴いたことがないものだったわ。本当に衝撃を受けたのよ。私の耳を惹きつける全てを備えていたわね。
キャッチーなメロディー、ファンキーなグルーヴ、ヘヴィーなリフにクレイジーなソロ…私の大好きなものをたくさん組み合わせていたけど、あんな風に融合させた音楽は聴いたことがなかったわね!

Q3: In Iron Maidens, you shared “Murray Position” with Nita Strauss. Definitely, two of the greatest female guitarists were in the same band, same position. What did you think about Nita and what was your selling point compared to her playing at that time?

【NILI】: Nita and I were always good friends, and I think we bonded over sharing that role. I always thought she sounded great with The Iron Maidens, and brought a lot of personality and showmanship into it as well. I don’t know that I ever had a specific selling point, but I always try to go in as prepared as possible – that goes for any gig, whatever that means for that particular gig. In the case of The Iron Maidens, for me that meant to try and emulate the songs and solos as exactly as possible.

Q3: IRON MAIDENS では、Nita Strauss と Dave Murray の役割、”マーレイポジション” を分け合っていましたね。振り返れば実に豪華なバンドだったわけですが、当時 Nita についてはどう思っていましたか?

【NILI】: Nita と私はいつも仲良しで、この役を演じることで絆が深まったと思うわ。IRON MAIDENS において、彼女のサウンドは素晴らしいといつも思っていたし、同時にずば抜けた個性とショーマンシップを持ち込んでいたわよね。
私の場合、特にセールスポイントがあったわけじゃないんだけど、どんなライブでも常に可能な限りの準備をしていくようにはしているわ。IRON MAIDENS の場合は、曲とソロを可能な限り正確に再現するという意味になるわね。

Q4: When I first knew you was Seven the Hardway. Since then, you’ve been collaborating with Tony MacAlpine. Do you and he have a relationship like Yoda and Luke Skywalker?

【NILI】: Haha! I’m not really sure…I think we certainly did on stage! Unfortunately it never seemed like we had much time for hanging out – it always felt like there was just time for the rehearsals and shows. I’m certainly not complaining, but maybe we would’ve had the kind of relationship you’re talking about off the stage as well if we had more time to hang out!

Q4: あなたをはじめて知ったのは SEVEN THE HARDWAY だったと思います。それ以来、Tony MacAlpine とはコラボレーションを続けていましたよね?
彼とはある種、ヨーダとルークのような関係なのでしょうか?

【NILI】: はは (笑)!どうなんでしょうね…たしかにステージではそうだったように思うわ! 残念ながら、私たちはあまり一緒にいる時間がなかったように思えるの。いつもリハーサルとショウの時間だけでね。
不満があるわけではないけど、もしかしたらステージ外でもっと一緒に過ごす時間があれば、あなたが言っているような関係になっていたかもしれないわね!

Q5: In 2017, you joined Cirque de Soleil and played the iconic guitar solos from Michael Jackson’s music. What did it feel like for you to join the big circus and shoot the fire from your guitar?

【NILI】: It was definitely a big change for me! The environment and colleagues were super different than what I was used to up to that point. It was a bit of a learning curve – figuring out how to make it all about the performance, how to be safe, and how to play as best as possible while giving a whole “show” and running around in heavy and uncomfortable gear. Everything about that was completely worth it, though! Shooting the fire was probably the most fun part…it never got old!

Q5: 2017年にはシルク・ド・ソレイユに加わり、Michael Jackson の楽曲でアイコニックなギターソロをプレイしていましたね。ギターから火を放つ場面もあったようですが?

【NILI】: 私にとって大きな変化だったのは間違いないわね。環境も同僚も、それまで慣れ親しんできたものとは全く違っていたから。
どうすればパフォーマンスのためになるのか、どうすれば安全に演奏できるのか、どうすれば “ショウ” をしながら可能な限り最高の演奏ができるのか、重くて不快な装備で走り回ることができるのかを理解するには、ちょっとした学習が必要だったわね。だけどその全てが完全に価値のあるものだったわ。炎を放つのが一番楽しかったかもしれないわね。

Q6: I’m really impressed by your newest record “Spectrum”. It has so many “Spectrum”, colorful record. Especially, we are surprised at a spanish guitar of “Cartagena”, ”Andalusian Fantasy”. After that we can hear a beautiful sound of violin and accordion. Definitely, this is not an instrumental album for the sake of technique, it’s an instrumental album for diverse music. Would you agree?

【NILI】: Thank you! And yes of course – that was the point. It was always meant to be a literal spectrum, to show that music can work together as an album regardless of genre…that there’s always something connecting even the types of music we think are really far from one another.

Q6: 最新作 “Spectrum” には本当に感銘を受けましたよ。文字通り、様々な “スペクトラム”、色彩に溢れた作品ですね。
特にスパニッシュギターで畳み掛けるオープナーからの展開、さらにヴァイオリンやアコーディオンまで駆使した美麗。間違いなくテクニックのためのインストアルバムではなく、音楽のためのインストアルバムですね?

【NILI】: ありがとう!そしてそれはまさにこのアルバムのポイントよね。アルバムのジャンルに関係なく、それが音楽であるならば一つになって機能することを証明したかったのよ。
だから文字通りスペクトラム (あいまいな境界を持ちながら連続している現象) というタイトルにしたの。私たちがまったくかけ離れていると思っている音楽でも、実際はいつも何かしら繋がっているのよ。

Q7: When I had an interview with Yvette Young recently, she said “I do feel like it’s important to combat the sexism in the music scene head-on. I personally do feel like there’s a lot of stereotypes and preconceptions floating around, and I look forward to continuing to work hard so I can be a better example of what is possible to younger girls.”. What’s your perspective about her words and sexism in the scene?

【NILI】: I think there is definitely sexism out there – in all cultures, and not just specifically about music of course – and I agree with Yvette that working hard to be a good example is important. That’s always been my position: I’ve always believed the music should speak for itself, so all I can do is lead by example and put my best efforts forward. If someone doesn’t respect that because I’m female, that’s on them.

Q7: 最近 Yvette Young にインタビューを行ったのですが、彼女は 「音楽シーンに巣食うセクシズムと闘うことが重要なの。ステレオタイプや先入観がまだまだ支配する世の中で、もっとがんばって若い女性に何ができるのかよいお手本になりたいのよ。」と語っていました。

【NILI】: もちろん音楽に限ったことではないんだけど、あらゆる文化において性差別は間違いなく存在していると思うわ。だから Yyette のよいお手本にならなきゃって考えにはとても共感するわ。そしてそれは私のポジションでもあるの。
音楽は音楽自身で語るべきだと信じてきたから、私にできることはお手本になって最善の努力をすることだけなの。もし私が女性だからという理由で私と私の音楽を尊重してくれない人がいるとしたら、それはその人の責任よ。

Q8: Like Nita, Yvette, Sarah Longfield, and of course, you. Lot’s of guitar heroines hit the scene now. Actually, recently, Fender study reveals 50% of new guitar players are women. Do you think finally, “Women’s era” comes to the guitar scene?

【NILI】: I think it’s definitely becoming a lot more inclusive of everyone as time passes – as you’ve mentioned, there are so many more professional women guitarists kicking ass out there. I’d rather think of it as “everyone’s era”, where gender, race, ethnicity (or genre!) doesn’t matter…I hope the era I live in is the one where the music is what matters.

Q8: Nita, Yvette, Sarah Longfield, そしてもちろんあなた。今ではギターヒロインと呼べる才能が多くシーンに登場しています。
さらにフェンダーの調査では、今ギターをはじめる人の約半数が女性だそうです。ギターシーンに女性の時代が到来しているようにも思えますね?

【NILI】: 時間が経つにつれて、確実に誰もが参加できるようになってきていると思うわ。あなたが言うように、プロフェッショナルの女性ギタリストがどんどん増えてきているわよね。
だけどむしろ私は、性別、人種、民族、そしてジャンルでさえ関係ない「みんなの時代」だと思っているのよ…私の生きている時代は、音楽が大事な時代であってほしいわね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED NILI’S LIFE

EXTREME “PORNOGRAFFITI”

ANDY TIMMONS “THAT WAS THEN, THIS IS NOW”

GREG HOWE, VICTOR WOOTEN, DENNIS CHAMBERS “EXTRACTION”

STEVE STEVENS “FLAMENCO A GO GO”

CASUALTIES OF COOL “CASUALTIES OF COOL”

MESSAGE FOR JAPAN

I love you guys! Somehow I haven’t gotten the privilege to play in your wonderful country yet, but I hope that changes very soon! I’ve always appreciated your support, and all my best to Japan!

みんな、大好きよ!どういうわけか、私はまだ日本という素晴らしい国で演奏する機会に恵まれていないけど、それがすぐに変わることを願っているわ!日本の皆さんのサポートにはいつも感謝しているの、ありがとう!

NILI BROSH

NILI BROSH Facebook
NILI BROSH Official

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DISTORTED HARMONY : A WAY OUT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH YOAV EFRON OF DISTORTED HARMONY !!

“We Started As Classic Prog Metal, Evolved And Matured Into a Much More Modern Prog Act And I See No Need Or Desire To Add Oriental Elements Into Our Music.”

DISC REVIEW “A WAY OUT”

イスラエルに響く”歪のハーモニー” は世界へと波動する。プログメタルの過去と未来に干渉するクロノトリガー DISTORTED HARMONY は、その最新作 “A Way Out” で無謬のミッシングリンクを提示します。
まさにクラッシックプログメタルの “ユートピア”、”Utopia” でデビューを果たして以来、新世紀の象徴 Jens Bogren をサウンドエンジニアに据えたバンドはより多様でリッチなモダンプログの領域を探求し、温故知新のエキサイティングな融和をシーンにもたらしています。
確かに彼らの方法論は “歪” なのかも知れませんね。なぜなら、同じ “プログメタル” という看板を掲げていながら、クラッシックなレジェンドとモダンな新世代の音楽性、概念には時に多くの共通項を見出せない場合さえ存在しているからです。
しかし、クラッシックなプログメタルを出発点とする DISTORTED HARMONY は自らの豊潤なるルーツと向き合いながら、刺激的な現在、未来の空気をその音楽に反映しています。
「正直僕にはもう耐えられなかったんだ。プログメタルの “一般的な構成” のみと対峙するのは退屈になってしまったんだ。」実際、前作 “Chain Reaction” リリース時のインタビューでバンドのマスターマインド Yoav Efron はそう語っています。そうして彼らが辿り着いた “トリガー” は、Djent, エレクトロニカ、アトモスフェリックといったフレッシュなモダンプログレッシブの領域だったのです。
Amit と Yoel、2人の新たなギタープレイヤーを加え6人編成となった DISTORTED HARMONY が放つ “A Way Out” は、そうしてバンド史上最も鋭くヘヴィー、ダークでパーソナルな感情を宿すマイルストーンに仕上がりました。
EDMの煌びやかなシンセサウンドに導かれるオープナー “Downfall” はアルバムへのシンプルな招待状。小気味よい Djenty なリフエージ、ポリリズムの海に浮かび流れる甘く伸びやかなボーカルメロディーはまさしくバンドが到達した至高のクロノクロス。
よりエピカルな “Awaken” は、一際顕著に交差する時流のコントラストを浮かび上がらせます。ピアノとクリーンギターを使用したジャジーでシアトリカルな世界観は Devin Townsend の遺伝子を脈々と受け継ぎ、同時に繊細なデジタルビートとアトモスフェリックなシンセサウンドがリスナーのイメージを現代へと連れ戻すのです。
後半のアップデートされた Djenty なリフワークと DREAM THEATER ライクなシーケンスフレーズのせめぎ合いも、エスカレートするテクニックの時間旅行を象徴していますね。
そしてこの濃密なタイムトラベルにおいて、特筆すべきは深遠なるディープボイスから甘美で伸びやかなハイノートまで司る Michael Rose のエモーショナルな歌唱と表現力でしょう。
DREAM THEATER の “Awake” を KARNIVOOL や PORCUPINE TREE のセオリー、アトモスフィアでモダンにアップデートしたかのようなメランコリックな秀曲 “Puppets on Strings”, “For Easter” を経て辿り着く “A Way Out Of Here” は、Michael の才能を最大限まで活用しプログレッシブポップの領域を探求した感情の放出、叫びに違いありませんね。固定観念、支配から目覚め芽吹く自我。それはもしかするとバンドの進化した音楽性にもリンクしているのでしょうか。
そうしてアルバムは、高揚感に満ちた “We Are Free”, 荘厳なる “Someday” でその幕を閉じました。希望、喜び、解放、自由。そこに一筋の不安と寂寞を残しながら。
今回弊誌では、キーボードマエストロ Yoav Efron にインタビューを行うことが出来ました。「僕はあんなに小さな小さなシーンにもかかわらず、非常に豊かで多様なイスラエルのシーンにはいつも驚かされているんだよ。」どうぞ!!

DISTORTED HARMONY “A WAY OUT” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DISTORTED HARMONY : A WAY OUT】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ORPHANED LAND : UNSUNG PROPHETS & DEAD MESSIAHS】JAPAN TOUR 2018 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHEN BALBUS OF ORPHANED LAND !!

26239100_10155335466803036_5076795475446304632_n

Israel Based Middle-East’s Oriental Metal King, Orphaned Land Shows Their Protest & Anger To “Big Machine” With Their Newest Record “Unsung Prophets & Dead Messiahs” !!

DISC REVIEW “UNSUNG PROPHETS & DEAD MESSIAHS”

オリエンタルメタルの創始者にして、愛と平和の伝道師。イスラエルの至宝 ORPHANED LAND が偏見の鎖を断ち切る最新作 “Unsung Prophets & Dead Messiahs” をリリースしました!!複雑で荘厳、そして何より怒れる正義のアルバムは、世界を支配する全ての権力、不条理に対する強烈なプロテストとなるはずです。
90年代初頭からまさに “孤立した地” イスラエルで生を受けた ORPHANED LAND は、自らの地理的、文化的出自と真っ直ぐに向き合いながら不屈の精神でその活動を続けて来ました。
あのドキュメンタリー映画 “グローバルメタル” で驚愕と共に世界が発見した、西洋を起源とするメタルのフレームに中東のオリエンタルなフレーバーや民族楽器を持ち込む独特の手法は勿論正直で真摯なバンドの象徴だと言えますね。しかし、それ以上にアラビアを起源とするユダヤ、イスラム、キリスト三つの大宗教の融和を願い貫かれるバンドの高潔なるスピリットこそが多くのファンを魅了する理由なのかも知れません。
バンドが掲げるその崇高な理念が結実した傑作 “All is One” から5年のインターバルを経てリリースされた “Unsung Prophets & Dead Messiahs” は、祈りと願いで満たされた前作とは異なりより具体的に人の革新を促すアルバムだと言えるでしょう。
バンドはこれだけ政治、戦争、経済が危機に面する世界で沈黙を貫く世論に疑問を投げかけます。この状況はプラトンの “洞窟の比喩” ではないかと。残念ながら民衆は抜け出す努力を嫌い、暗い日常でも耐え時にはそれにしがみつきます。事実、キリストからガンジー、キング牧師、ケネディ大統領まで世界を救う “預言者”、もしくは “メシア” といった存在の多くは変革を起こす前に暗殺されて “歌い続ける” ことも叶わなかったのですから。
沈黙、停滞への義憤を宿すアルバムは、ギターと民族楽器を操る Yossi Sassi 脱退後初のアルバムともなりました。とは言え、当然 ORPHANED LAND に停滞などは似合いません。
「バンドにメインコンポーザーは存在しないよ。誰もが作曲していて、僕たちは各自のリフを巧妙にマッシュアップしているんだ。さながら大きなジグソーパズルのようにね。」 と Chen が語るように、より奔放で展開の妙を増したエピカルな楽曲群に大黒柱不在の影は感じられませんね。
さらに思索を進めれば、「”All is One” では確かに僕たちは意図的にグロウルを避けていたね。だけど、”Unsung Prophets & Dead Messiahs” では、全ての側面でただ音楽にメッセージを語らせることにしたんだ。」 という言葉に目が止まるはずです。
怒りや嘆きがプログレッシブなデスメタルのムードへと幾分か変換された作風は確かに過去の “Mabool” や “The Never Ending Way of ORwarriOR” を想起させますが、同時にここには未だ前作で開花した祈りのオーケストレーションやシンフォニックなコーラスも華麗に息づいており、結果としてそのキャリアを集約したかのような進化を遂げたと言えるのかも知れませんね。
女性ボーカルと壮麗なストリングスが誘うオープナー “The Cave” はその進化の象徴。極上のエモーションを湛える当代きっての歌い手 Kobi Farhi が時に壮大なクワイアと、時に自らの凶暴なグロウルと繰り広げるコール & レスポンスは、コントラストの魔法、異国のメロディーとシンセサイザーの響きに抱かれオリエンタルメタルを一際尊きメタルオペラの高みへと導きます。
8分間の観劇の一方で、RAMMSTEIN を思わせるダンサブル & キャッチーな “We Do Not Resist” は、エレクトロニカとオーケストレーションの海原を中東の民族楽器がまるでモーゼのように闊歩する異端でしかし印象的な楽曲。コンパクトで強靭なデザインは確かに新機軸。ダイナミックで一切予定調和のない冒頭の2曲でリスナーは自らの “洞窟” から抜け出るはずです。
さらに PORCUPINE TREE や GENESIS, PINK FLOYD の面影を宿すプログレッシブメランコリックな “Chains Fall to Gravity” では Kobi の名唱とレジェンド Steve Hackett の名演を同時に堪能出来る佳曲。まるで演歌のような一期一会の熱唱が生み出す情念は、いつしか Steve の左手へと乗り移りブルースの優しさでリスナーを繋ぐ頑なな鎖を断ち切って行くのです。Jens Bogren のしなやかなサウンドデザインも相変わらずお見事。
BLIND GUARDIAN の Hansi Kursch がトレードマークのメロディーで色香を漂わせるトラディショナルなメタルアンセム “Like Orpheus”、AT THE GATES の Tomas Lindberg が唸りを上げるコンテンポラリーな “Only the Dead Have Seen the End of War” まで ORPHANED LAND はそうやって思想や人種、宗教のみならず音楽の世代やジャンルも繋いでいるのかも知れませんね。
今回弊誌ではギターと木琴、さらにブズーキ、サズ等の民族楽器を扱う Chen Balbus にインタビューを行うことが出来ました! 「影響力は僕たちが望むほど大きくはないんだよ。だけどね、一つくらいは希望が必要でしょ?」 4月の来日も決定しています。どうぞ!!

25289439_10155259140788036_7151430873757102733_n-2

ORPHANED LAND “UNSUNG PROPHETS & DEAD MESSIAHS” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ORPHANED LAND : UNSUNG PROPHETS & DEAD MESSIAHS】JAPAN TOUR 2018 SPECIAL !!