NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SCARDUST : STRANGERS】SONIC STARDUST FROM ISRAEL


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SCARDUST !!

“The Name Holds Two Opposites. The Scar Dust Is The Trauma, It Is Ugly And It Hurts. But When You Join Both Words Together It Sounds Like Stardust, Which Is Something Ethereal And Beautiful.”

DISC REVIEW “STRANGERS”

「イスラエルには小さいながらもとてもパワフルで、最高のメタルバンドが集まっているのよ。ORPHANED LAND, WALKWAYS, SUBTERRANEAN MASQUERADE といった有名なバンドは氷山の一角に過ぎないの。」
米国と欧州、そして中東の交差点イスラエル。時に火薬庫にもなり得る複雑なその地で、音を宗教とするアーティストたちは、現実社会よりも容易に文化間の距離を縮めています。
デビューフル “Sands of Time” があの Prog 誌から “Extraordinary” という絶賛を浴びた SCARDUST も、イスラエルが生んだ極上の架け橋の一つ。世界に散らばるインスピレーションの結晶を集めながら、プログメタル無限の可能性を追求していくのです。
「僕はシンフォニックメタルというのは、プログロックの歴史を紐解けばその延長だと考えることが出来ると思っているんだ。」
バンドの専任コンポーザー、アレンジャー Orr Didi は、クラッシックとロックの甘やかな婚姻から始まったプログロックの起源が、現在のシンフォニックメタルへと続いている、そう主張します。実際、SCARDUST の音楽は荘厳なクワイアやストリングスのクラシカルな響きを抱きしめながら、メタルに宿るアグレッション、複雑な不合理、そしてテクニックの洪水をもしっかりとその身に受け止めているのです。
「優れたテクニックを持つことは、このジャンルには不可欠な要素だと思っているの。」
中でも、驚異的なハイトーンからグロウル、ラップにスキャットまで、ありったけの情趣を注ぎながら自由を謳歌する Noa Gruman の千変万化な詩情はあまりに独特に、楽曲の表情をコントロールしていきます。
実際、Russell Allen と Floor Jansen, そして Whitney Huston がディズニーの魔法で溶け合ったその歌の万華鏡は、JINJER の Tatiana Shmaylyuk に匹敵するほどユニークを極め、”テクニックとは肉体的なプロセスでありながら、心、身体、魂、表現を一つに結びつけ、感情的な側面を最終的な形に持っていくことを目的としているんだ” のギタリスト Yadin の言葉を実践しています。
「イスラエルに最高のオーディエンスがいることは確かなんだけど、その人数は決して多くないから母国よりも遠く遠く離れた世界を対象に音楽を演奏し、作らねばならないと理解しなきゃいけないんだよ。それがある意味もどかしい部分ではあるんだけどね。」
アートとエモーションの粋を極めた絶佳のメタルオペラを創造していながら、母国以外での活動に力を入れなければバンドを維持できないもどかしさ。その中で感じた疎外感や孤独は乗り越える野心を伴って最新作 “Strangers” へと投影されました。
散りばめられた楽曲の断片を組み込みながら驚異のテクニックでレコードへと導く “Overture For The Estranged”。そこから描かれる10曲のプログメタルドラマは、DREAM THEATER や SYMPHONY X の迷宮組曲に EPICA や NIGHTWISH のシンフォニーを集成した新世界。興味深いことに、その10曲はそれぞれが対になるパートナー曲を有して、5つの魅惑のストーリーを裏と表から語り尽くしていくのです。
ORPHANED LAND を手がけた Yonatan Kossov と Jens Bogren のプロダクションチームも、ドイツのハーディーガーディー奏者 Patty Gurdy も、40人の学生コーラス隊も、ダンスを誘う煌びやかなアンサンブルも、すべてはこの耽美でしかしゴージャスなメタル交響曲を嫋やかに彩ります。特に、SYMPHONY X から LANA LANE へとバトンが渡る “Tantibus Ⅱ” の扇情力は筆舌に尽くしがたい秘宝。
今回弊誌では、Noa, Yadin, Orr の3人にインタビューを行うことが出来ました。「SCARDUST には2つの相反するものが込められているの。スカーとダスト (傷の結晶) はトラウマで、醜くて痛いわよね。だけどこの2つの言葉を一緒にすると、スターダストのように聞こえて、それはエセリアルで美しい何かへと変化するのよ。」 どうぞ!!

SCARDUST “STRANGERS” : 10/10

INTERVIEW WITH SCARDUST

Q1: First of all, could you tell us how you found and got into metal/prog music in Israel, a country where metal is not so popular, maybe?

【NOA】: I started listening to Metal around the age of 15, with a group of friends. It was like a community, and without social media in our lives, I didn’t know about anything else outside of this group. We listened to bands like Metallica and System of a Down. This led me to discover Progressive Metal, with bands like Dream Theater and Symphony X, and I immediately fell in love with the genre. I was drawn to the endless possibilities of what you can do and the fact that there are no limits to the music. At the time, I didn’t even know about any Metal or Prog Metal scene in Israel, it felt to me like I have my own world that others are not a part of, and as a quirky teenager, I kind of liked it!
It was only years later when I discovered the Metal community here in Israel. It is small indeed, but very powerful, and filled with some of the best bands out there. Orphaned Land, Walkways, Subterranean Masquerade are only the tip of the iceberg.

【YADIN】: For me it started with Linkin Park and Guns n’ Roses as i started playing the guitar. Then it led to a brief period of Metallica, Iron maiden and SOAD.
One day, a good friend of mine introduced me to Dream Theater… and since then it’s all history and “practice your instrument” in order to try and recreate that magical sounds i’ve heard.

Q1: イスラエルにはそこまでメタル大国という印象はありません。そういった地で、どうやってメタル/プログと出会い、ハマっていったのですか?

【NOA】: メタルを聴き始めたのは15歳くらいの頃で、友達のグループの中で聴いていたの。それはコミュニティのようなもので、当時私たちの生活にはソーシャルメディアがなかったから、このグループ以外については何も知らなかったの。METALLICA や SYSTEM OF A DOWN のようなバンドを聴いていたわね。それがきっかけで、DREAM THEATER や SYMPHONY X のようなプログレッシブメタルを発見し、すぐにこのジャンルに惚れ込んだの。自分ができることの無限の可能性と、音楽に限界がないという事実に惹かれたのよ。当時、イスラエルでメタルやプログのシーンを知らなかった私には、他の人が知らない自分だけの世界があるように感じられたし、風変わりなティーンエイジャーだった私はその状況が好きだったの。
イスラエルのメタル・コミュニティを発見したのは、それから数年後のことだったわ。小さいながらもとてもパワフルで、最高のバンドが集まっているのよ。ORPHANED LAND, WALKWAYS, SUBTERRANEAN MASQUERADE といった有名なバンドは氷山の一角に過ぎないの。

【YADIN】: 僕は LINKIN PARK と GUNS N’ Roses を聴いてギターをはじめたんだ。それから程なくして、IRON MAIDEN, SYSTEM OF A DOWN, METALLICA といったバンドにハマっていったね。
そしてある日、親友の1人が DREAM THEATER を教えてくれたんだ…それからは、あの魔法のサウンドに挑戦し、再創造するため楽器を練習し続ける日々さ。

Q2: How did Scardust come to be? Where did your band name come from?

【NOA】: Around 2013, my dear friend Orr Didi and I, decided to dedicate some time to writing a big project together. We both knew it had to be Progressive Metal, and so we came up with a 60 minutes long Prog-Opera written for a Metal band, an orchestra, 3 choirs and 3 lead singers. In 2014 when we finished writing it, we started looking for musicians and this is when Yoav Weinberg (drummer) and Yanai Avent (bassist) joined the picture. We tried playing the opera together, but shortly realized that this project is more than a young band like us, with no resources, could chew. And so by the ending of 2014 we ditched the project and wrote a new one, fitting and tailored for the band, found Yadin Moyal (guitarist) and Lior Goldberg (former keyboardist), and recorded our first EP – Shadow. It was released in early 2015, and this is when Scardust was officially born.
The name holds two opposites. The scar dust is the trauma, it is ugly and it hurts. But when you join both words together it sounds like Stardust, which is something ethereal and beautiful.

Q2: 印象的なバンド名ですね? SCARDUST 結成の経緯を教えていただけますか?

【NOA】: 2013年頃、親愛なる友人 Orr Didi と私は、一緒に書き大きなプロジェクトを始めることに決めたの。そのプロジェクトがプログレッシブメタルであるべきことはわかっていたから、メタルバンド、オーケストラ、3人のクワイア、3人のリードシンガーのための60分のプログオペラを思いついたのよ。
2014年にこのオペラを書き終え、ミュージシャンを探し始めたんだけど、Yoav Weinberg(ドラマー)とYanai Avent(ベーシスト)がすぐに加わったの。私たちは一緒にオペラを演奏しようとしたんだけど、すぐにこのプロジェクトは私たちのようなリソースのない若いバンドでは咀嚼しきれないほどのものだと気付いたのよ。
そして2014年の終わりまでに、私たちはプロジェクトのかたちを捨て、バンドに合った新しいマテリアルを書いて、 Yadin Moyal (ギタリスト) と Lior Goldberg (前キーボーディスト) を見つけ、初のEP “Shadow” をレコーディングしたの。それは2015年初頭にリリースされ、これが正式に SCARDUST が誕生した瞬間と言えるわね。
この名前には2つの相反するものが込められているの。スカーとダスト (傷の結晶) はトラウマで、醜くて痛いわよね。だけどこの2つの言葉を一緒にすると、スターダストのように聞こえて、それはエセリアルで美しい何かへと変化するのよ。

Q3: What’s the hardest part of being in a metal band in Israel and Middle East?

【YADIN】: I think it’s as hard as any other country with non-metal mainstream music, which is the vast majority in this day and age.
The main part of the so called “struggle” is to knowingly play and make music aimed far far away and less for your home country (By quantity) although we have THE BEST audience here in Israel.

Q3: イスラエルや中東地域でメタルバンドとしてやっていく上で、苦労することは何ですか?

【YADIN】: まあイスラエルではというか、現代の多数派であるメインストリームの音楽が幅を効かせる他の国も同じだと思うけど、メタルでやっていくのは難しいよね。
イスラエルに最高のオーディエンスがいることは確かなんだけど、その人数は決して多くないから母国よりも遠く遠く離れた世界を対象に音楽を演奏し、作らねばならないと理解しなきゃいけないんだよ。それがある意味もどかしい部分ではあるんだけどね。

Q4: Regarding Middle East, I’ve had interviews with bands like Orphaned Land and Myrath. They were very oriental in their music, sometimes incorporating Middle eastern folk instruments, but you guys are more European metal, right?

【NOA】: There are definite folk European inspirations in our music. I was raised in Israel but my family has roots in Europe, and is also very musical. When I was a child we used to sing and play French, British, Irish, Russian, and more music together, plus listen to a lot of European classical music, so I guess it sank in.
That being said, we draw inspiration from everything we like. Among other things, one can find some hidden Middle Eastern inspiration gems in the music as well.

Q4: 中東のバンドといえば、弊誌でも ORPHANED LAND や MYRATH といったバンドにインタビューを行ってきました。彼らはオリエンタルな要素や、中東の伝統楽器を積極的に取り入れていましたよね?あなたたちはもっとヨーロピアンなテイストを主張していますよね?

【NOA】: 間違いなく、私たちの音楽にはヨーロピアンフォークからのインスピレーションが存在するわね。私はイスラエルで育ったんだけど、家族のルーツはヨーロッパにあるの。とても音楽的な家族でね。だから子供のころは、家族でフランスやイギリス、アイルランドにロシアの音楽を一緒に歌い演奏していたのよ。ヨーロッパのクラッシックも沢山聴いていたわね。だからそうやって、あの場所の音楽に浸っていたんだと思うわ。
まあ、言ってみれば私たちは好きなもの全てからインスピレーションを得ているんだろうね。私たちの音楽に、隠れた中東のインスピレーションを見出す人だっているんだから。

Q5: Many metal fans may think that symphonic metal lacks technique and aggression, and prog metal lacks melody, but Scardust’s music covers both, best of both worlds, would you agree?

【ORR】: Thank you! I’m glad you see it this way. I often take a more literal view than most on Symphonic Metal as well as a more historical view on Prog. In its origin, progressive rock is a combination between classical music (a very wide definition) and rock music. I like to think of progressive metal in the same way, but with a wider range of aggressiveness in all aspects of the music. When you look at it this way, choirs and orchestral instruments are a natural addition, as they have been a part of many traditions of classical music for a while, and technical “shredding” on them has been going on since the days of Tchaikovski (like in the Romeo and Juliet Overture) and maybe even before. Many bands choose to put emphasis on different elements. For example, in many cases these instruments’ parts have been minimized or never written in order to give the performers space to improvise. In others there was just not enough space in the mix. Many bands have used them well (Dream Theater: Six Degrees of Inner Turbulence, Symphony X: The Odyssey). As for the melody in Prog, it’s the same as in classical music. Some Prog songs like Home by Dream Theater or Comfortably Numb by Pink Floyd have very catchy melodies, while some others are more inspired by 20th century classical music and include more textural and less melodic content. Those even exist in the same albums as the pieces mentioned above! Also, prog has many great bands who make brilliant music but put less emphasis on technique like Seventh Wonder, IQ, or Porcupine Tree.

Q5: シンフォニックメタルにはテクニックやアグレッションが、プログメタルにはハーモニーやメロディーが足りないと感じているメタルファンも多いでしょう。SCARDUST は両方のいいとこ取りのようなバンドだと感じています。

【ORR】: ありがとう!その見解は嬉しいね。僕はシンフォニックメタルというのは、プログロックの歴史を紐解けばその延長だと考えることが出来ると思っているんだ。
プログレッシブロックのその起源は、クラシック音楽(非常に広い定義)とロック音楽の融合だったよね。僕はプログレッシブメタルも同じように考えているけれど、音楽のあらゆる面でのアグレッシブさの幅を広げているから好きなんだ。
こう考えると、クワイアやストリングスはクラシック音楽の伝統の一部だからプログメタルに自然に加えられるべきもので、テクニカルなシュレッドだってチャイコフスキーの時代から(ロミオとジュリエットの序曲のように)いやおそらくそれ以前から行われていたんだよね。
ただプログメタルにおいて多くのバンドは、異なる要素に重点を置くことを選択しているね。例えば、演奏者が即興で演奏できるようにするために、楽器のパートは最小限に抑えられていたり、書かれていなかったりすることもある。また、クラッシックと即興の融合のために十分なスペースがなかったというケースもある。それでも、DREAM THEATER の “Six Degrees of Inner Turbulence” とか SYMPHONY X の “The Odyssey” みたいに上手くやっているバンドもいるよね。
プログロックのメロディに関しては、クラシック音楽にあるものと同じだろう。DREAM THEATER の “Home” や PINK FLOYD の “Comfortably Numb” みたいなプログ曲には非常にキャッチーなメロディがあるけど、一方で20世紀のクラシック音楽にインスパイアされたものもあって、そういう楽曲ではより質感を重視してメロディは少なくなっているよね。両方の趣向が同じアルバムに収録されていることもあるんだから!また、プログには、SEVENTH WONDER や IQ、PORCUPINE TREE のように、テクニックを重視せずに素晴らしい音楽を作っている最高のバンドだってたくさんいるんだよ。

Q6: Still, you all have great technique, including the incredible range of Noa’s vocals, don’t you? What musicians have influenced you?

【NOA】: Thank you! We believe that having good technique is an integral part of the genre. Singing wise, I got influenced by the powerful voices of amazing Metal singers like Russell Allen and Floor Jansen, the perfect technique and soulful approach of 90s divas like Whitney Huston and Mariah Carey, and the subtleness of the Disney princesses I grew up on.

【YADIN】: Technique is a different word for ability in that manner. And in our kind of music, you need plenty of it.
More so, practicing and polishing your craft – while it’s a physical process, it connects mind, body, soul and expression to one being aimed at bringing the emotional aspect to its final form. Practice makes you a better person with discipline and respect for the instrument and other fellows practitioners.
.

Q6: Noa の驚異的なボーカルレンジをはじめ、メンバーはテクニシャン揃いですね。どういったミュージシャンから影響を受けて来たのでしょう?

【NOA】: ありがとう!良いテクニックを持つことは、このジャンルには不可欠な要素だと思っているの。
歌に関しては、Russell Allen や Floor Jansen のような素晴らしいメタルシンガーのパワフルな声、Whitney Huston や Mariah Carey のような90年代歌姫の完璧なテクニックとソウルフルなアプローチ、そして私が育ったディズニープリンセスの繊細さに影響を受けているのよ。

【YADIN】: テクニックというのは、そういう意味では能力とは別の言葉だよね。僕たちの音楽にはそれがたくさん必要なんだ。
テクニックとは肉体的なプロセスでありながら、心、身体、魂、表現を一つに結びつけ、感情的な側面を最終的な形に持っていくことを目的としているんだ。練習は君をより良い人間にし、楽器や他の練習者への敬意と規律を持った人間にしてくれるからね。

Q7: The band seems to have a full-time composer. So, you are an outstanding storyteller, right? “What was the story behind “Strangers”?

【ORR】: I am the band’s full time Arranger. As for the composition, me and Noa wrote the music together so she would be as suitable to tell you about it as I am, and she would tell you that there isn’t a story, but five different ones! The album is written in both theme and variations and arch form, two classical forms combined. That’s why every song on the album has a parallel song on the other side of it, a song that shares its story, sound, atmosphere, lyrical and musical themes, and other elements. They all deal with different ways of being estranged, each pair from two sides of a single coin.

Q7: 楽器を演奏しない専任のコンポーザーを抱えるバンドはなかなか珍しいですよね。故にストーリーテラーとしての深みが増しているのではないでしょうか?

【ORR】: 僕はバンドの専任アレンジャーなんだ。作曲に関しては、僕と Noa が一緒に曲を書いているから、彼女も僕と同じように話をするのに適していて、「ストーリーは一つじゃなく、5つの異なる物語があるの!」と言ってくれるはずさ。
このアルバムは、テーマと変奏の両方で書かれていて、2つのクラシカルな形をアーチ型に組み合わせたものなんだ。だからアルバムに収録されているすべての曲には、その向こう側に並行する曲があって、ストーリー、サウンド、雰囲気、歌詞や音楽的なテーマ、その他の要素を共有する曲が存在するんだ。いずれも、それぞれのペアがワンコインの表裏一体となり、さまざまに “Strangers” 疎外されることについてを扱っているんだよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED SCARDUST’S LIFE

NIGHTWISH “ONCE”, SYMPHONY X “V-THE NEW MYTHOLOGY SUITE”, “SHALMO GRONICH & THE SHEBA CHOIR”, QUEEN “A NIGHT AT THE OPERA”, HADORBANIM “KOBI”

(NOA)

DREAM THEATER “SCENES FROM A MEMORY”, “IMAGES AND WORDS”, TEXTURES “SILHOUETTES”, SYMPHONY X “THE DIVINE WINGS OF TRAGEDY”, THE FACELESS “AUTOTHEISM”

(YADIN)

DREAM THEATER “SIX DEGREES OF INNER TURBULENCE”, SYMPHONY X “THE ODYSSEY”

(ORR)

MESSAGE FOR JAPAN

I heard you have a beautiful country with an amazing culture, and I can’t wait for this mess to be over so we can come visit, and hopefully also play some shows! Thank you for having us here, and stay safe, Noa.

We are eager to visit Japan. Its one of the most interesting places for me to visit. From the culture to history and from sushi to mochi! We’ll meet you there one day for sure !!! Yadin.

日本は美しい国で素晴らしい文化を持っていると聞いているわ。このコロナの混乱が終わるのが待ちきれないの。そうすれば日本を訪れ、ライブが出来るかもしれないから!ありがとう、Stay safe! Noa

日本にぜひ行ってみたいんだ!文化から歴史、寿司から餅まで、僕にとって最も興味深い場所の一つだから!いつか日本で会おうね!!Yadin

SCARDUST Facebook
SCARDUST Bandcamp
M-THEORY AUDIO

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です